スバル インプレッサ G4 2016年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

インプレッサ G4 2016年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
1.6i-L EyeSight2018年11月2日/マイナーチェンジ194万円 168〜179万円   FF 5人 18.2km/L 1,599cc 1,300kg 115ps
1.6i-L EyeSight S-style2018年11月2日/特別仕様車210万円 174.0万円   FF 5人 18.2km/L 1,599cc 1,300kg 115ps
1.6i-L EyeSight 4WD2018年11月2日/マイナーチェンジ216万円 179.8万円   4WD 5人 17.0km/L 1,599cc 1,360kg 115ps
1.6i-L EyeSight S-style 4WD2018年11月2日/特別仕様車232万円

-

  4WD 5人 17.0km/L 1,599cc 1,360kg 115ps
2.0i-L EyeSight2018年11月2日/マイナーチェンジ218万円 159〜181万円   FF 5人 17.0km/L 1,995cc 1,320kg 154ps
2.0i-L EyeSight 4WD2018年11月2日/マイナーチェンジ239万円 129〜213万円   4WD 5人 16.8km/L 1,995cc 1,370kg 154ps
2.0i-S EyeSight2018年11月2日/マイナーチェンジ239万円 159〜238万円   FF 5人 16.0km/L 1,995cc 1,350kg 154ps
2.0i-S EyeSight 4WD2018年11月2日/マイナーチェンジ261万円 173〜237万円   4WD 5人 15.8km/L 1,995cc 1,400kg 154ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
1.6i-L EyeSight2017年10月5日/マイナーチェンジ

194万円

168〜179万円   FF 5人 18.2km/L 1,599cc 1,300kg 115ps
1.6i-L EyeSight2016年12月20日/フルモデルチェンジ

192万円

168〜179万円   FF 5人 18.2km/L 1,599cc 1,300kg 115ps
1.6i-L EyeSight 4WD2017年10月5日/マイナーチェンジ

216万円

179.8万円   4WD 5人 17.0km/L 1,599cc 1,360kg 115ps
1.6i-L EyeSight 4WD2016年12月20日/フルモデルチェンジ

213万円

179.8万円   4WD 5人 17.0km/L 1,599cc 1,360kg 115ps
1.6i-L EyeSight S-style2018年4月24日/特別仕様車

210万円

174.0万円   FF 5人 18.2km/L 1,599cc 1,300kg 115ps
1.6i-L EyeSight S-style 4WD2018年4月24日/特別仕様車

232万円

-

  4WD 5人 17.0km/L 1,599cc 1,360kg 115ps
2.0i-L EyeSight2017年10月5日/マイナーチェンジ

218万円

159〜181万円   FF 5人 17.0km/L 1,995cc 1,320kg 154ps
2.0i-L EyeSight2016年10月25日/フルモデルチェンジ

216万円

159〜181万円   FF 5人 17.0km/L 1,995cc 1,320kg 154ps
2.0i-L EyeSight 4WD2017年10月5日/マイナーチェンジ

239万円

129〜213万円   4WD 5人 16.8km/L 1,995cc 1,370kg 154ps
2.0i-L EyeSight 4WD2016年10月25日/フルモデルチェンジ

237万円

129〜213万円   4WD 5人 16.8km/L 1,995cc 1,370kg 154ps
2.0i-S EyeSight2017年10月5日/マイナーチェンジ

239万円

159〜238万円   FF 5人 16.0km/L 1,995cc 1,350kg 154ps
2.0i-S EyeSight2016年10月25日/フルモデルチェンジ

237万円

159〜238万円   FF 5人 16.0km/L 1,995cc 1,350kg 154ps
2.0i-S EyeSight 4WD2017年10月5日/マイナーチェンジ

261万円

173〜237万円   4WD 5人 15.8km/L 1,995cc 1,400kg 154ps
2.0i-S EyeSight 4WD2016年10月25日/フルモデルチェンジ

259万円

173〜237万円   4WD 5人 15.8km/L 1,995cc 1,400kg 154ps

インプレッサ G4 2016年モデルのレビュー・評価

(22件)

インプレッサ G4 2016年モデルの満足度

4.53

(カテゴリ平均:4.31)

    インプレッサ G4 2016年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • インプレッサ G4 2016年モデル 今回のインプレッサも、スポーツと呼ぶ5ドアハッチバック車と、G4と呼ぶ4ドアセダンの2種類のモデルが設定されている。

      インプレッサG4は、スバルが新千歳モーターランドをベースに開催した雪上試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。G4に試乗したのは基本的に圧雪路を中心にした雪上であることをお断りしておく。オンロードでの走りに関してはインプレッサ・スポーツのレビューを参考にしてほしい。

      インプレッサG4には、2.0Lエンジンを搭載したAWD車だけでなく1.6Lエンジンを搭載したAWD車FF車にも試乗した。FF車は新千歳モーターランド内の特設コースでの走りだったが、1.6i-Lアイ
      続きを読む サイトのAWD車では一般道を含めて長い距離を走らせた。

      外観デザインはアップデートされてはいるものの、オーソドックスな4ドアセダンの域内にとどまっている。飛び抜けて印象的ではない上に、4ドアセダンというボディ形状がより保守的な印象を与えているようにも思う。インテリアも際立って特徴的とはいえず、スバルでは斬新さを強調するものの、全体としては保守的な印象である。

      雪道で走らせたFF車の走りは想像する以上に良かった。タイヤがブリヂストンのブリザックを履いていたこともあって、AWDを走らせているのとほとんど変わらない感覚で運転できた。もちろん低μ路での発進や、ミラーバーン状態の路面での停止などということになれば、AWDとFFの違いははっきりするのだろうが、圧雪路での走りはそう変わらない。インプレッサではFF車の走りもあなどれないと思った。

      逆にいえば、FF車がこれだけ走るならAWD車はもっと魅力的なクルマになる必要があるのではないかとも思った。AWD車は価格がざっと20万円ほど高くなる上に、燃費も悪化(1.6L車で18.2km/Lが17.0km/Lに、2.0i-Lアイサイトで17.0km/Lが16.8km/L)するからだ。

      一般道(大半が圧雪路)で走らせた1.6i-LアイサイトのAWD車も良いクルマに仕上がっていた。エンジンの動力性能は2.0Lが113kWであるのに対し、1.6Lは85kWと明確な違いがあるが、タウンユースを想定した一般道の走りでは特に不満を感じさせるシーンはなかった。

      ワインディングなどで元気良く走らせようとしたら、1.6Lと2.0Lの差は明確なものになるのだろうが、最高出力を使うような領域以外ではそれほど大きな違いは感じない。

      リニアトロニックCVTとの組み合わせも同様で、2.0Lエンジン搭載車ではもっとレスポンスの良さが欲しいと感じるが、1.6Lエンジン搭載車に乗ると、これくらいで十分だな、という感覚になるから不思議なもの。

      さらに1.6L車には、2.0L車に設定のあるSIドライブが設定されないが、2.0L車でもSIドライブのモード選択による走りの違いはそう大きなものではないので、それがないからといって特にネガティブな印象にはならない。余分な操作をすることなく走らせたら良いという感覚である。

      足回りを中心にしたシャシー性能の良さは、雪道で走らせると一段と際立つ感じだった。新開発のスバル・グローバル・プラットホーム(SGP)による走りの質感向上が著しい。これが今回のインプレッサの最も良い点である。

      1.6i-LアイサイトAWDと2.0i-LアイサイトAWDの価格を比べると、2.0L車のほうがざっと15万円くらい高い。この価格差はなかなか微妙で、人によって1.6L車を選ぶ人と2.0L車を選ぶ人がいるだろうと思う。本革巻きステアリングホイール&シフトノブやフルオートエアコンなどの装備差を考えたら、実質的な価格差はさらに小さくなるから、2.0L車を選ぶ人が案外多いかも知れない。

      実際に購入するときには、カーナビや安全装備のリヤビークルデテクションなどを追加する必要があるから、購入の総予算も影響してくる。個人的には1.6L車でも十分という印象が強いが、それぞれの予算と好みに合わせて選んだら良いだろう。

      安全装備については、最新バージョンのアイサイトや歩行者エアバッグなどが標準で装備される。アイサイトは現在の自動ブレーキの中でも極めて高い性能を持つものであり、これを全車標準にしたのは高く評価して良い。安全装備は常に最高のものを用意すべきであり、装着の有無の選択を安易にユーザーにゆだねるべきではないからだ。

      参考になった 45人
      2017年3月14日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 5
      乗り心地 5
      燃費 3
      価格 5
    • 【エクステリア】
      好みによる所が大きいと思いますが、スタンダードなセダンのデザインのように思えて私は好きです。
      視界良好で見切りが良く運転しやすいのも大事なポイントです。
      程好いサイズの外寸に対して後部座席・トランクが広いのも大きな利点だと思います。
      例えばライバル車のひとつにアクセラセダンがありますが、デザイン面では劣るかもしれませんが、実用的な広さという面では明らかに勝っていると思います。
      それと、インプレッサスポーツに対して全長が長い分荷室自体は広いです。形状の問題でトランクスルーを使っても足りないぐらい大きな物は積めませんが、インプレッサスポーツよりも荷室容量自体は広いので意
      続きを読む 外と沢山の物が積めます。

      【インテリア】
      先代のインプレッサを親族が所有しているので比較すると、かなり質感がアップしていると思います。
      もちろん高級車には劣りますが、価格以上の質感ではないでしょうか。上でも述べたように後部座席が広い事も評価ポイントです。

      【エンジン性能】
      Iモードは加速が鈍くもっさりです。信号待ちの後の発進はアクセルを結構踏み込まないと前の車に置いていかれます。
      ただし、Sモードにすれば普通のアクセルワークで問題なく流れに乗れると思います。
      私は普段の都市部の走行はSモードで走り、高速道路の巡航時や信号が少なくてスイスイ走れる道を走る時だけIモードで走っています。
      基本をSモードで、時々Iモードにするぐらいの使い方の方が快適に走れるのではないでしょうか。

      【走行性能】
      ステアリングは重いと思いますが、その分安定感はあります。
      車体がしっかりしているので山道等でもしっかり曲がれます。

      【乗り心地】
      静粛性は悪くないと思います。段差の突き上げ感等は普通だと思います。
      この価格帯の車としては充分合格点をつけられると思います。
      装備も色々と付いていて、ウェルカムライティングやブルーシャワーライト付の室内灯、リヤワイパー、USB電源、電動パーキングブレーキ、オートクルーズコントロール等のアイサイト一式。
      B型にはブレーキホールド機能はありませんが、停車中にクルーズコントロールをセットすればブレーキから足を離しても一定時間車は動きません(信号待ちがかなり長い時等は数分経つと警告音の後に自動解除されます)。発進する時にクルーズコントロールを解除すれば普通に走り出せます。

      【燃費】
      都市部の街乗りだと1リッターあたり8kmぐらいです。高速道路をIモードでオートクルーズで走れば倍以上に伸びますが、街乗りの燃費は悪いと思います。

      【価格】
      車の基本性能と充実装備の割には安いと思います。諸費用込300万円未満でこれだけの車が買えれば割安だと思います。

      【総評】
      色々な車と乗り比べましたが、コスパは最高レベルだと思います。
      アイサイトは優秀です。長距離を快適に走れます。
    • スペックの比較や試乗を行い、テンロクのFWDと2.0LのAWDに絞りました。
      FWDの素直な挙動が気に入ったのと、インプレッサ自体が最低地上高の低いモデルで、降雪時に使うこともないだろうと考えテンロクのFWDに落ち着きました。
      8000km走行したので評価を残します。

      【エクステリア】
      シンプルというか、嫌みがないというか、どこか中性的(?)で飽きの来ないデザインだと思います。
      ハッチバックよりもリア外観はまとまっていて良いと思います。

      【インテリア】
      200万円前半の車ですので、豪華さはありませんが、良い意味で質素というか素朴というか、スッキリしていて良いと思います。
      続きを読む
      シートは長距離を走ると腰が痛くなりますが、フィットするレカロシートに乗せ換えることで快適になりました。

      【エンジン性能】
      直噴よりポート噴射が好きなので、ひいき目ではありますが、直噴全盛のこの時代によく作ってくれたと思うエンジン、走行性能です。
      エンジンとリニアトロニックの相性が良いのか、アクセルを踏むと気持ちよく加速します。
      ただ、絶対的なパワーはありませんので、高速道路での加速では現行のアルファードに置いてゆかれました。
      加速して優位さに浸ることはできませんので、高速道路では巡行に徹するような走り方が合っているように思います。

      【走行性能】
      ボディ剛性が高いおかげか、まっすぐ走るとどっしりと落ち着いていますし、カーブにさしかかると軽快に回頭します。
      そこからアクセルを踏めば安定した姿勢できれいに加速します、ブレーキも素晴らしいので、ついつい楽しくなってしまいます。
      また、ウェット路面での安定感も素晴らしいです。うちの車、雨が好きなんじゃないかと思うほど。
      ただし、走行距離が5000kmを超えるまでは、アクセルに対してチグハグな挙動をすることが多々ありました。
      アクセルを踏む走りを続けることで、いうことを聞くようになった気がします。

      【乗り心地】
      助手席も後部座席も、乗り心地は良いようです。
      16インチの偏平しすぎていないタイヤ、高いボディ剛性に対してリアスタビを省略したことなどが良い方向に効いているのではないかと思います。

      【燃費】
      街乗りで10〜13km/L、高速主体で15〜19km/Lです。
      燃費はあまり良くないと思います。
      楽しくなるとアクセルを踏んでしまいますし。

      【価格】
      アイサイト3に安全装備全部載せでスタートプライスは200万円しません。
      下取り車なし、キャッシュ一括払いで値引きも40万ちょっとしていただき、価格に関しては何も文句は言えません。

      【総評】
      ゴルフやEクラスなどの方が走行性能は良いですが、水平対向がのっていて、最後の和製アイサイトもついて、ファミリーカーながら運転も楽しめる。それでコミコミ200万円代前半というのはずるい気がします。パーツチョイスにメーカーの良心を感じますし。
    • 1999年型ホンダ・トルネオSIR-T(GF-CF4)を約18年乗り続けたが、
      ディーラーでのメンテナンス部品の供給が怪しくなってきたので買い換えを決断。

      買い換え決断時、ホンダにはトルネオと同様な性能のスポーティータイプのMT車がなかったので、
      当初はマツダ・アクセラ15S PROACTIVE (MT)を検討、試乗。

      ・視界が悪い(前方左横への視線移動がスムーズに出来ず、4:3のテレビを観ている感覚)
      ・ハンドリングはカッチリしていて気持ちよいが、すぐに慣れてしまい、どこか楽しくない
      等の理由から

      スバル・インプレッサ2.0ISを試乗し、上記の不満が解消されたのでイ
      続きを読む ンプレッサに決定した。


      【エクステリア】

      『デザイン』
      今流行りのスタイルだが、その中では割とオーソドックスなデザイン。
      正面から見ると、目つきの悪い「できるかなの ゴン太くん」

      『ドアの音』
      前席、後席のドアを閉める時の音は前車のトルネオと同等。

      『ボディ・コーティング』
      前車購入時に施工したコーティング(CPCペイントシーラント)が
      屋外駐車で18年経過してもボディの輝きを保ってくれたので、
      今回もディーラーオプションのウルトラグラスコーティングNE'Xを施工。

      本コーティングは
      撥水性が高く、流水で汚れもある程度洗い流す事が出来る。
      輝きが落ちてきた時にコンディショナーで拭き上げると輝きが戻ってくる。
      など、結構気に入っている。
      (このコンディショナーの価格が1本6,000円するのは痛い)

      後はどれだけ輝きを保つのか・・・20年は無理?

      『セダンを選択した理由』
      インプレッサ・スポーツと比較したが、
      @スペアタイヤが標準装備されている
      A後部座席を倒せば、長さ170cmの空間が得られ、
       (インプレッサ・スポーツは160cm)
       私の身長では車中泊が可能となる。


      【インテリア】

      『操作性』
      購入当初は、18年前の車からの乗り換えのため、
      電子表示や操作ボタンに戸惑ったが、なんとか慣れてきた。

      『収納』
      ペットボトルをセンターに2本、ドアポケットに1本、収納できるのは良い。

      もう1,2箇所、運転席前に小物を置く場所があればもっと良かった。

      『インテリアデザイン』
      銀色の飾りが多く、もう少しシンプルでも良かったと思う。

      後席のドア廻りの素材は前席と比べると、
      プラスチック材質むき出しなので、前席と同等にして欲しい。


      【エンジン性能】

      5000回転以上で頭打ち感があるので、無理に引っ張る事がなくなった。
      (レッドゾーンまで回す爽快感を味わえなくなった・・。)

      トルクの薄さはさほど感じない。


      【走行性能】

      『CVT』
      思っていた以上にリニアな反応を示し、微妙なアクセルワークが可能。

      エンジンブレーキの効きもMT車に近い感覚。

      急加速や急減速を行いたいときは、
      Dモードのままでパドルシフトでシフトダウンを行える。

      でも、MT仕様が欲しい。

      『コーナリング』
      FFとは異なり、後ろの車輪も一緒に舵を切る感覚があり、
      思い描いたラインを素早く曲がれ、楽しく運転が出来る。

      ただ、限界点での挙動を試すまでには至っていない。
      (もう歳なので、恐怖感が先に立つ)

      『ブレーキ』
      車を試乗する時は必ずフルブレーキを試しているが、
      インプレッサが最も良かった。

      ガンっとブレーキを践むと、ズバッと停止する。


      【乗り心地】

      当初はしなやかな動きが気に入っていたが、もう少し、クイックに操舵できればと、
      フレキシブル・タワーバーを装着。

      トレードオフで路面の凸凹をよく拾うようになった。


      タイヤの空気圧を高めにすると、
      低速域での揺すられ感が出てくる。

      結構、タイヤの空気圧に敏感なようだが、
      最適値をまだ探っている状態。


      【燃費】

      754.6リッターを給油して9,040km走行
      11.98km/リッター
      (320リッター給油まではレギュラー、以降はハイオクを給油)


      1速で7,000まで廻すなど、ガンガン飛ばしていた前車
      踏み込んでも4,000までなど、丁寧に走っているインプレッサ

      で、さほど変わらない燃費。


      【価格】

      車体価格は安い。

      カーナビなどは後付けでも良かったと感じている。


      【総評】

      乗り心地が良く、楽しく運転できて、
      長距離ドライブでも余り疲れを感じない。

      安全装備についてはブレーキを含め
      非常に気に入っている。

      ただ、
      やはり、MT仕様車は残していて欲しかった。



    インプレッサ G4 2016年モデルのクチコミ

    (200件 / 21スレッド)
      • ナイスクチコミ29
      • 返信数17
      • 2019年3月23日 更新
      2.0i-S B型乗りです。

      運転席側、雨が降ると水抜け穴からではなく、ドアパネルと内張りの間から雨水が滴ります。今日は日中は大雨で夕方には雨が上がり、ドアを開けたらビシャーっと水が流れ落ちてきました。

      症状は去年4月位からでディーラーでも見てもらいその時の原因は「ディーラーオプションで付けたドアミラーオートシステムの部品を取り付ける際、納整センターでの作業のやり方
      続きを読むが悪くドアパネルとビニールの間のブチルとの隙間があった為そこからの水漏れだった」との説明がありディーラーでブチルを貼り直しをしてもらい解決しました。

      ところがその後もドアパネルと内張りの間から水滴が垂れたりと三回位ディーラーで見てもらいました。その時もブチルの一部がくっついていなかったみたいでブチルを貼り直してもらいました。二週間前にも水が垂れていて見てもらいましたが内張りを剥がした状態で、営業担当と一緒に確認「ブチルの剥がれは無いんですよねぇ」と。「少なからず水は出ます」と言われて対策は無しでした。

      写真添付します。雨が降ると水がドアパネルの中を通り水抜け穴から抜けるのは分かります。水が内張りとドアパネルの間から出てくることは普通な事なんでしょうか?
      • ナイスクチコミ2
      • 返信数3
      • 2019年3月17日 更新
      1月下旬に1.6-L S-styleを購入しました。
      キーレスアクセス&プッシュスタートのMOPをつけなかったのですがエンジンスターターの装着は可能でしょうか?
      調べてみましたがプッシュスタート専用の物しか見当たらず…。
      もしプッシュスタートじゃないけどエンジンスターターつけてるよ、という方いましたらどのようなスターターつけてるか教えていただきたいです。
      • ナイスクチコミ2
      • 返信数3
      • 2019年3月4日 更新
      インプレッサ2,0の長距離性能はどうなんでしょうか? レガシィと比べてどんな差があるのでしょうか?インプレッサ欲しいので気になります。4人乗りでも何か不足するとか どんなことが起こるのでしょうか?

    インプレッサ G4の中古車

    インプレッサ G4の中古車相場表を見る

    インプレッサ G4とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止