スバル インプレッサ スポーツの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

スバル インプレッサ スポーツの新型情報・試乗記・画像

インプレッサ スポーツの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

インプレッサ スポーツのモデル一覧

インプレッサ スポーツのレビュー・評価

(292件)

インプレッサ スポーツ 2016年モデルの満足度

4.28

(カテゴリ平均:4.3)

    インプレッサ スポーツ 2016年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • インプレッサ スポーツ 2016年モデル インプレッサには、5ドアハッチバックのスポーツと、4ドアセダンのG4という2種類のボディが設定されている。カカクコムのサイトもそれに合わせてふたつが設けられている。

      5ドアのスポーツが先に発売されたため、4ドアセダンについては、雪上試乗会で試乗した分を別途紹介している。そちらも参照して欲しい。

      インプレッサスポーツには、スバルが伊豆サイクルスポーツセンターで開催したメディア関係者向けのプロトタイプ試乗会に出席したほか、愛知県で開催した市販車の公道試乗会、さらに千歳で開催した雪上試乗会にも出席し、用意された広報車両に試乗した。伊豆と愛知での試乗会の試乗車は2.0Lエンジンを搭載するA
      続きを読む WD車のみだったが複数のグレードに試乗し、雪上試乗会では1.6Lエンジンを搭載するFF車にも試乗した。ここでは2.0L車を中心にレポートしたい。

      スバルは今回のインプレッサの開発に合わせて新しいプラットホームを開発した。スバルグローバルプラットホーム(SGP)と呼ぶプラットホームがそれで、これによって走りの性能を大きく向上させている。スバルに言わせれば“感動レベルの動的質感”ということで、その仕上がりに対して自信を示していた。

      外観デザインはダイナミック&ソリッドをテーマに存在感のあるデザインに仕上げたとのことだ。ただ、実際にクルマを見ても際立って特徴的なデザインとは思えない。というか、従来のインプレッサとからの変更感がそれほどでもないように思える。旧型モデルと間違えそうとまでは言わないが、キープコンセプトの正常進化の範囲にあると思う。

      インテリアについても質感の向上が図られているものの、これまた斬新なデザインというほどではなく、スバルの言う“心を奪われる大胆なデザイン”というのは、ちょっと大げさに過ぎると思う。

      まあ、発売する新型車について悪く言うメーカーがあるはずはないので、スバルの主張もそうしたものと考えたら良いだろう。

      デザインはともかく、走りに関してはその完成度の高さに驚かされた。プロトタイプ車の試乗会では、従来モデルと新型モデルの両方が用意されていて、それを乗り比べることができたのだが、乗り比べた確認するまでもなく、新型車は画期的に良くなっていた。新プラットホームSGPの効果が極めて大きいことが良く分かった。


      SGPをベースにした新型インプレッサのボディ剛性は、従来のモデルに比較すると最大で2倍にまで高められているという。同時に、衝突時のエネルギー吸収量も1.4倍に高められるなど、これまでのプラットホームやボディに比べて次元を超えた性能の向上が図られている。

      ボディ剛性の高さは操縦安定性の高さや乗り心地の良さにつながるので、走り始めるとすぐにその良さが分かる。じかりした足回りとボディ構造によって、ボディやフロアに入る余分な振動が遮断されているので、とても快適な走りが得られる。さらにコーナーでのロールも良く抑えられていて安定した姿勢でコーナーを抜けて行ける。しかもタイトなコーナーでの回頭性に優れるのも特徴だ。

      エンジンは水平対抗4気筒の1.6Lと2.0Lの設定があるが、いずれも基本的に従来のモデルからのキャリーオーバーである。もちろん細かな改良は加えられていて、アクセルワークに対するレスポンスが向上するなどの効果は得られているのだが、性能の向上はごく小幅なものにとどまっているのが実情だ。

      またトランスミッションもチェーン式CVTのリニアトロニックCVTで従来と変わらない。このCVTは名前こそリニアトロニックだが、その変速フィールはリニアリティに欠けるのが実情であり、パワートレーンに関してはもうひとつ物足りない印象がある。

      ただ、新プラットホームの採用によるボディとシャシーの向上幅が大きく、それによる走りの質感向上が大きいので、新型インプレッサは高く評価できるのだ。

      インプレッサスポーツの2.0L車では、2.0i-Lアイサイトに205/50R17タイヤが装着され、2.0i-Sアイサイトには225/45R18タイヤが装着されている。それだけでなく足回りのチューニングも18インチタイヤ装着を基本にチューニングされていて、走りの良さという点では2.0i-Sアイサイトが断然上位にくる。

      タイヤが大きくなる分だけ乗り心地がちょっと硬くなる感じはあるのだが、引き締まった感じの乗り心地はむしろ好感が持てるものである。

      なので走りを重視して選ぶなら2.0i-Sアイサイトのほうがお勧めなのだが、話はそう簡単ではない。価格は2.0i-Sアイサイトのほうが20万円以上高くなり、さらにタイヤが大きくなったことが影響して燃費が悪くなり、エコカー減税の対象から外れるので、燃費の減税分のダブルパンチで高くなる。

      18インチタイヤの装着車は、ステアリングのフィールに関しては、操舵に対してやや敏感過ぎるような感じもあったが、これは操舵に対して素直に反応する良さということもできる。

      インプレッサには最新世代のアイサイトが標準装備されるほか、ボルボに次いで歩行者エアバッグという安全装備も全車に標準で装備されている。これらを含めて車両価格は1.6LのFF車が200万円を切るところから始まる割安な水準に設定されている。今どきのクルマ選びとして、けっこうお勧めできるクルマである。

      参考になった 62人
      2017年3月12日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 5
      乗り心地 5
      燃費 3
      価格 5
    • コンパクトカー(ゴーンが来た時のマーチ)からの乗り換えです。エンジンは1,400で、15年近く乗ってても総距離は75,000程度。1月末で車検切れの為11月中旬から活動開始。
      メカに弱く、外観のオシャレさ以外にはクルマに対するこだわりがゼロ。アラフィフの夫婦2人(カミさんは運転しない)なので、ちょっともうコンパクトカーは卒業して、なんとなくそれなりに見栄えがして、乗り心地の良いやつにしようと。

      まずはノープランで立ち寄ったネッツで、以前からちょっと気になっていたCH−Rに試乗。シートに座るや否やのホールド感(ギュっとした包まれ感)と「意外と内装もセメてる?感」にタジタジしたものの、後方
      続きを読む 視界があまりにも悪く、晴れているのになにやら車内が暗めな感じ。
      次は、外観は全然好きじゃないけど、ひょっとしたら乗り心地がすごくいいんじゃないか、という期待のもと、ヴェゼルに試乗。ところが、ツボにハマる要素がひとつもなくて即日却下(営業マンは最高でした)。
      マツダはもう乗ってみる気もしないほどに外観が好きくなくて、あとはXVか?と思ってスバルへ。

      行ってみてインプレッサスポーツの佇まいが目に入って一目惚れ。なぜに今までSUVに絞っていたのかも意味不明。知人の2017年マイチェンのやつに載せてもらったときに、アイサイトに感動した過去もオーバーラップして一躍大本命にのし上がり、ここで競合として新たに浮かび上がるカローラスポーツはいろんな要素そっちのけでまず「カローラ」である事が許せず却下。ゴルフは高いから却下。というか、同じ値段でもインプレッサを選ぶだろう、ぐらいに惚れていた。

      12月の頭に1.6ISを契約し、車検切れから一週間の2月のはじめに納車。
      自分の境遇や候補のクルマなどを正直に話し、特に交渉もしませんでしたが値引きは結構出たかも(具体的な数字はうろ覚えなので省略)。
      能書きが長くなりましたが、以下、評価。

      【エクステリア】
      色はダークブルー。外観のオプションは特に無し。落ち着いていてムダの無い、引き算なオシャレ感にヨーロッパの風を勝手に感じていて、もうベタ惚れ。どれだけ見てても飽きない。

      【インテリア】
      質実剛健な感じ。見た目のインパクトは無く、質感も安っぽいところは安っぽい。ダッシュボードとか。いろんなスイッチとかの配置は、ムダ無く使い勝手が良い。

      【エンジン性能】
      メカに興味がなくて詳しい事はわからないけど、パワー不足は特に感じない。よく言われているCVTがどうのこうの、と関係があるのか知らないが、クリープ現象の進み方が不自然な気がする。

      【走行性能】
      ドッシリ安定してるクセにキビキビと曲がる。ずっと運転してたくなる。
      取り回しも良く、コンパクトカーからの乗り換えでもなれるのに時間がかからなかった。

      【乗り心地】
      静かでドッシリしてて「これが1600のクルマか?」とオドロく。ひと昔前のマークUとかのクラスの重厚感を勝手に感じてる。
      シートも、最初に座ったときのインパクトは無いが、疲れにくい。

      【燃費】
      良くない。街乗りオンリーだと11キロ程度をうろつくレベルかと思う。そもそも週末ドライバーなので、燃費が良いぶん高いクルマを買っても、ペイできるほど乗らない。

      【価格】
      アイサイト、電動シート位置調整、ドアミラー自動格納、ヘッドライトがキョロキョロ動く、フロントとサイドのカメラ、ブレーキホールド、などなど、これだけ便利で快適な機能満載でこの価格はすごいかなと思う。ナビが高いのはご愛敬。

      【総評】
      アイサイトはすごい。高速道路のロングドライブで、周囲の流れに乗って速度と車線をキープする事がいかに疲れる仕事なのかが、「目からウロコ」のレベルで痛感した。それをアイサイトがやってくれます。しかもドライバーの運転よりも滑らかに動く。

      何度も言うけど、この価格でこのクルマはビックリ。
      金を出しゃあいくらでもスゴいクルマは買えるんだろうけど、「それなりに乗り心地が良くて、見た目もちゃんとしてて、安全性能もバッチリなクルマが欲しいけどおカネもあんまし無い」という欲張りな庶民(ワタクシ)はもう悶絶。
      ステータス重視なら知らんけど、外車とか検討するまえに、ぜひとも一回は見ておいて損は無いクルマだと思います。
    • この車の前は日産ノートに長年乗っていました。ノートe-Powerに買い替えるつもりでしたが、試乗した所、自分が乗っていたノートとパワーに全然差が感じられなかった為幻滅。そこで、
      ○親身にしている地元ディーラーが本来はスバルのディーラーであること
      ○以前社用車でよく乗っていたサンバー(富士重工製の最終型)で山道のカーブで全然横に振られる感じがしない等、その走りの良さを実感しており、スバルに興味を持っていたこと
      からインプレッサを試乗してみた所、期待以上に走りの気持ちよさを感じられた為、購入に踏み切りました。

      【エクステリア】
      以前、スバルは地方のメーカーらしくデザインが洗練されてい
      続きを読む ないとよく言われていましたが、このインプレッサは普通にかっこいいです。ある意味保守的なデザインかもしれませんが、他メーカーのデザインが最近尖り過ぎて逆にダサくなっているのを見ると、このくらいがちょうどよいと思います。

      【インテリア】
      全体的なデザイン・質感はグレード相応の高級感はあります。
      しかし、運転席周りのレイアウトには難があります。まずハンドル・メーター・シートが中心に寄り過ぎている。シートの右側の空間に余裕がある一方で、フットレストがセンタークラスターに半ば食い込むような位置にあります。おかげで右側はスカスカなのに、左側はほぼ常時左膝をセンタークラスター脇につけているような状態。
      そしてハンドルがシートの中心線より左にオフセットされている。大概の車にこのオフセットはあるとのことですが、トヨタ・日産・ホンダ・スズキの車を運転した時にそんなものに気づくことはありませんでした。この車を運転していて初めて気づきました。それだけオフセット量が大きいということでしょう。
      恐らく上記2点の問題のせいでしょう。この車で長い直線区間を運転しているとハンドルの向きが真っすぐではないように思えたり、シートの座り方を間違えているように思えたりと、不快に感じられることが少なからずあります。
      あと、シートのホールド感にも不満があります。スポーツ走行に向いた車であるにも関わらず、シートのホールド感は弱め。きつめのカーブ等では車の走りにシートが着いていけていない感じです。

      【エンジン性能】
      これまで1.5Lの車にしか乗っていなかったこともありますが、さすがにパワーはありますね。上り坂や高速道路でもアクセルを踏めば踏むほど素直にパワーが出てくる感じで気持ち良いです。

      【走行性能】
      素晴らしいの一言。カーブの連続でも思う通りに曲がってくれるのはさすが走りのスバル(ただし、前述の通りシートが着いていけてないのが残念)。この車に乗るようになってから山道を走るのが楽しくなりました。

      【乗り心地】
      あまり意識していない所ですが、運転していて走りを素直に楽しめているので、スポーツ系の車として適したものなのでしょう。
      ただ、インテリアの項目にもある通り、シートのホールド感が弱いので、きつめのカーブだと乗り心地が損なわれるのが残念です。

      【燃費】
      さすがにあまり良くないですね。毎日通勤で20km程乗っていますが、エアコンを使わない季節でも10km/Lを超えるのがせいぜいです。エアコンを使う季節だと確実に10km/Lを切ります。

      【価格】
      相応でしょう。
      まあ、最近他メーカーの同クラスの車の価格が上がってきているようなので、むしろ割安かもしれませんが…。

      【総評】
      走りについては本当にさすがスバルというしかないです。ただ運転するだけで楽しい・気持ち良いと感じられる。こんな車を運転するのは初めてです。
      しかし、一方で運転席周りのレイアウトとシートの件はどうにかならないものか。これらの問題さえなければ文句なしに総合評価星5つなのですが、この2件の問題、特に前者は個人的にはかなり気になります。
      スバルさんにはこの問題に取り組んでもらいたいです。いくら走りが良くても、この問題が解消されないようだったら、次に買い替える時はスバル車を選びません。
    • 普通車で、諸費用込々300万以下で安全性能が高く居住性が高めの車を探していました。
      色んな車種が有る中で、衝突安全性とアイサイトVer3.0搭載及びツーリングアシストの追加、内装の質感でインプレッサスポーツD型を選びました。
      1.6Lと2.0Lのどちらを選ぶか迷いましたが、街乗り中心で有る事と2.0L直噴エンジンの信頼性がどうなのか分からなかったため、従来のボクサー水平対向エンジン1.6LのFFを選択しました。
      購入基準となる条件を満たしてくれている車種のため満足しております。
      燃費に関しては、特に気にしておりません。
      D型でちょっと残念だったのが、フロントセンサーがディーラーオプシ
      続きを読む ョンから無く成った事です。
      ディーラー曰く「前方視界支援のカメラがあるため取止めになった」そうで配線もバンパー手前まで来ていません。
      どうしても付けたい方は社外品になってしまいますね。
      社外パーツについては、1.6LのGT2,GT3より2.0LのGT6とG7の方が多い様です。
      私はノーマルで乗りますので気にしませんが、購入後エアインテークなど吸排気に関わるエンジンチューンや外装などカスタマイズしたい方は2.0Lを選んで頂いた方が良いと思います。




    インプレッサ スポーツのクチコミ

    (15893件 / 1240スレッド)

    クチコミ募集中

    インプレッサ スポーツのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    インプレッサ スポーツ 2016年モデル

    インプレッサ スポーツ 2016年モデル

    インプレッサ スポーツ 2016年モデルのクチコミを書く
    インプレッサ スポーツ 2011年モデル

    インプレッサ スポーツ 2011年モデル

    インプレッサ スポーツ 2011年モデルのクチコミを書く
    インプレッサ スポーツ

    インプレッサ スポーツ

    インプレッサ スポーツのクチコミを書く

    閉じる

    インプレッサ スポーツのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    インプレッサ スポーツ 2016年モデル

    インプレッサ スポーツ 2016年モデル

    インプレッサ スポーツ 2016年モデルのクチコミを書く
    インプレッサ スポーツ 2011年モデル

    インプレッサ スポーツ 2011年モデル

    インプレッサ スポーツ 2011年モデルのクチコミを書く
    インプレッサ スポーツ

    インプレッサ スポーツ

    インプレッサ スポーツのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ94
      • 返信数14
      • 2020年5月26日 更新
      4000キロ乗りましがタイヤの減りが異常に早いです
      すでに前輪の肩はかなり減ってます
      このままだと2万で交換かもです
      肩が減るので高い目で空気圧は2.5にしてます
      皆さんはどれくらいにしてますか
      レガシィのポテンザはこんなに減らなかっです
      • ナイスクチコミ41
      • 返信数22
      • 2020年5月25日 更新
      自粛中なので去年の話ですが
      色々批判のあるリニアトロニックですが、奥多摩周遊道路を朝8時開通と同時に五日市方面から走ったのですが、コーナー手前でしっかりブレーキングして
      アクセル開けながら立ち上がっていくと、トルクベクタリングでぐいぐい曲がって、そのまま加速すると4,000から5,000回転でステップ変速して、気持ち良く走れます
      自分はパドルシフトは必要なかったです
      続きを読むっても出来の良いミッションだと思います
      私にとってはパワーも充分です

      みなさんはリニアトロニックに不満を感じてますか?
      • ナイスクチコミ18
      • 返信数13
      • 2020年5月11日 更新
      インプレッサスポーツ 2.0i-Sで、タイヤの残り溝が5mmを切ったのでボチボチ交換しようかなと考えています。
      基本は同サイズの225/40R18 ですが、215/45R18でもいいのかなと思っています。
      直径が14mmくらいの差で約2%のアップ。速度差についてはメーター読み100km/h時にGPS測位による計測で96km/hだから
      98km/hの実車速になる計算。端数処
      続きを読む理の関係で99km/hの可能性はあるだろうが100km/h超にはならないだろう。
      エアーボリュームのアップで、少しマイルドになるだろうことは想像に難くない。加速力はやや落ちるかな。
      アドバン・スポーツ V105Fでの走行性能の高さは十分に分かったので、次はもう少し静かなタイヤにしたいとは思っています。
      予算は特には決めていません。まあ1本5万円くらいまででしょうか。
      銘柄や予算よりも、そもそも215/45R18に変えていいものかどうかが一番の悩みどころです。

      そこで、皆さんのご意見を頂ければと思っています。よろしくお願いします。

    インプレッサ スポーツの中古車

    インプレッサ スポーツの中古車相場表を見る

    インプレッサ スポーツとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止