スバル レガシィ アウトバックの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

スバル レガシィ アウトバックの新型情報・試乗記・画像

レガシィ アウトバックの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

レガシィ アウトバックのモデル一覧

レガシィ アウトバックのレビュー・評価

(223件)

レガシィ アウトバック 2014年モデルの満足度

4.63

(カテゴリ平均:4.31)

    レガシィ アウトバック 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • レガシィ アウトバック 2014年モデル レガシィ・アウトバックはステーションワゴンをベースにしたSUV感覚のモデルの市場を切り開いてきたクルマである。同時にスバルブランド車の中ではフラッグシップモデルとして位置づけられてきたクルマでもある。

      従来のモデルは大排気量エンジンを搭載することで、フラッグシップとしての性格を強調していたが、今回のモデルでは水平対向2.5Lエンジンだけを搭載するようになり、レガシィB4との違いは小さくなった。

      外観デザインについても同様で、Bピラーから前の部分はB4と共通。後部がワゴンボディになっているのがアウトバックの特徴で、伸び伸びとしたおおらかなデザインを感じさせる。室内空間についても後席ま
      続きを読む での部分はB4と共通で、ワゴンボディの後部に大きなラゲッジスペースを持つのがアウトバックの特徴だ。

      レガシィB4とアウトバックではエンジンの動力性能に違いはないが、足回りの仕様に違いがあるため、走りに関してはけっこう違いがある。アウトバックは最低地上高がB4に比べて50mm高い200mmに設定されているので、それによる影響はあるからだ。

      別の機会に乗ったのと合わせて、ベースグレードとリミテッドの両方に試乗したが、リミテッドのほうは18インチタイヤを装着していたのと合わせ、走りに引き締まった印象があり、ベースグレードはゆったりした走行感覚を感じさせた。リミテッドにはスタブレックスライドと呼ぶ新設計のダンパー装着されていて、これがコーナーでのロールをうまくコントロールしている感覚があった。

      ただ、リミテッドにしてもオンロードでの走りを追求するモデルではなく、ラフロードでの走りをこなしたり、あるいは高速クルージングでの余裕を楽しむタイプのクルマである。

      搭載エンジンの動力性能は129kW/235N・mというもので、このクラスのエンジンとしては平均的な実力といっていい。リニアトロニックCVTとの組み合わせで滑らかな走りを実現する。一般道から高速クルージングまで過不足のない性能を発揮するエンジンで、ゆったりとした走りに適している。快適な長距離ドライブを楽しみたいタイプのユーザーに勧められるクルマだ。

      ただ、アウトバックがフラッグシップモデルであるとするなら、2.5Lエンジンだけという設定には物足りなさも感じる。ターボ仕様のエンジンは必要ないにしても、トルクの余裕がある大排気エンジンを搭載する手はあったのではないか。

      試乗車は340万円ほどの本体価格にハーマンカードンのオーディオなどが装着されて380万円超の価格になっていた。スバルの最上級車らしい価格だが、ハードウェアが特徴に欠けるだけに、この価格帯のクルマを安定して売っていくのは難しいだろうと思う。その意味でも大排気量エンジンが欲しかった。

      参考になった 38人
      2015年4月1日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 3
      価格 3
    • 34歳の北海道民です。
      これまで軽のみで頑張ってきましたが、腰まで積もるドカ雪で出勤不能になったり、往復1200kmの帰省(道南⇔道東)からくる運転疲労に耐え切れなくなり、このクルマを購入しました。
      (ちなみに車種選定にあたり、候補にあげた対抗馬はCX5ディーゼル4駆)


      【エクステリア】
      2017大型マイナーチェンジのおかげで、より凛々しくクールな顔つきに生まれ変わったように思います。愛車を見る度にそのカッコよさにうっとりしています(笑)
      伸びやかで精悍なホークアイや、伝統の丸目フォグ、控え目なシルバー&メッキ加飾。他のスバル車にはないジェントルでコンフォートな価値観を見事に
      続きを読む 表現していると思います。良い意味で、オヤジ臭い大人のクルマです。
      それでいて最低地上高は200oを有しており(=1世代前のジムニーと一緒!)、アクティブギアとしても申し分ない。
      ただフロントフェイスとは対照的に、リアはちょっと物足りないかな。ここはマイチェンでもっと触って欲しかった部分です。特にリヤの灯火類がなんとなく平面的で、押し出しが弱いような。XVとかレヴォーグのような力強いリアフェイスが欲しかった、というのが個人的な感想です。


      【インテリア】
      トヨタのプレミアムSUVのような豪華さはもちろんないし、むしろそんなものはスバルには似合わないと思います。程よい装飾と追及された機能美が、絶妙のバランスで両立しており、まさに質実剛健といったところ。
      とは言っても、アウトバックはスバルの誇る旗艦車種。Limitedグレードなら、必要な装備は最初から全て揃っています。電動パワーシート、シートヒーター前後席、ステアリングヒーター、大型マルチインフォメーションディスプレイ付メーターなどここには書ききれません。他にオプションでつけるものと言えばサンルーフくらい。
      内装に関してはCX5とも悩みましたが、CX5はナビの選択ができず、しかも7インチと小さくしかも動きが遅いのが難点でした。アウトバックには、専用チューニングされた8インチDIATONEナビを装着。画質も操作感も上々で今のところストレスフリー。アウトバックにして良かったと思います。
      一つ欲を言えば、シートベンチレーションがあればなお良かったかな…(マツダのアテンザにはついてる)。


      【エンジン性能】
      ノンターボ2.5L水平対向エンジンの動力性能は、僕にとっては必要十分です。ゆるゆる走りたいので、そのポテンシャルの3割くらいしか使いきれていない(笑)
      当たり前だけど、今まで乗ってきた軽とは雲泥の差。峠でもスバル最大クラスの車体を、余裕のトルクでグングン引っ張り上げてくれます。随所に施された遮音対策のおかげで、巡行時はほとんどエンジン音が聞こえませんが、負荷をかけると遠くの方から聞こえてくる低音のボクサーサウンドが心地良いです。


      【走行性能】【乗り心地】
      思ったより固め?てのが第一印象でしたが不快なレベルではありません。凹凸を適度にいなし、そしてよく粘ります。
      Limited専用ダンパー「スタブレックスライド」の恩恵も相まってか、カーブもロールすることなくほぼフラットライドです。最低地上高200mmの車体をここまでコントロールできるとは・・・控え目にいって感動してます。
      さすが足回りのスバルね、こういう見えない所の技術が光るスバルが大好きです。


      【燃費】
      正直期待してなかったんですが、長距離&巡行で17km/Lまで伸びたことには驚きました。水平対向のイメージが覆りました。
      これまでに250kmほど走ってアベレージ14くらい。


      【価格】
      高価なクルマですが、このパフォーマンスで車体税込356万円は、冷静に考えるとバリュープライスだと思います。CX5ディーゼル4駆2.2L最上位グレードより20万以上安いです。
      詳しい見積り&値引き額については、https://jinseiart.com/regacyoutback-purchasepriceにまとめたのでよければご覧ください。


      【総評】
      日本にアウトバックというクルマ、そしてスバルというメーカーがあって良かったと思います。
      世界的にみても、水平対向×クロスオーバーSUVはスバルだけ。
      現行モデルは現在E型まで熟成が進んでおり、2020年にはフルモデルチェンジ予定。
      個人的には、車が本当の意味で完成するのは、徹底的にネガをつぶされた「末期モデル」だと思っているので、現行モデルは今が買い時だと思うし、最高のタイミングで買えたと思います
      はじめて新車で買った自分のクルマ、これから大事に乗っていこうと思います。

      【2019.5.13追記】詳しい納車レビューをhttps://jinseiart.com/regacyoutback-interiorexterior-reviewにまとめたのでよければご覧ください。
    • プジョー 308SW Allure BlueHDi から乗り換えです。
      X-BREAKを間近で見て一目惚れし、翌週には契約しました。

      【エクステリア】
      OUTBACKの伸びやかなスタイリングがいいですね。ブラック塗装されたフロントグリルや、ダークメタリック塗装のアルミホイル、海外仕様のルーフレールなど、アクティブギア感満載です。外装色は、当初、クリスタルブラック・マイカを予定していましたが、クリスタルホワイト・パールにしました。

      【インテリア】
      手触りの良い本革ステアリングがいいですね。ヒーター付きなのもGOOD。
      インパネですが、ソフトパットで仕立てられていて、イエローグ
      続きを読む リーンのステッチがアクセントになっています。安全装備を重視したため、DIATONEサウンド・ビルトインナビにしました。ピアノブラックの加飾はいいのですが、指紋跡が残るのが少し残念です。フロント・サイドビューモニターは、使い慣れると便利ですね。
      撥水加工のファブリック+合成皮革シートはありがたいのですが、ファブリック部分が少し滑りやすく感じます。

      【エンジン性能】
      2.5L 4気筒エンジンは、本当に滑らかに回りますね。基本的に、Iモードで走行していますが、出力不足は感じません。

      【走行性能】
      まさに全天候型ロングツアラーですね。直進安定性が優れていて、アイサイトの恩恵もあり、ロングドライブが苦になりません。雨の高速道でも安心して走れました。雪道も走りましたが、X-MODEの恩恵もありますが、抜群の走破性です。ワインディングでも、SUVであることを感じさせない軽快なハンドリングが印象的です。

      【乗り心地】
      乗り心地は、やや硬めで、しっかりしている印象です。足廻りが良く出来ていて、微振動を上手に抑え込んでいるようです。ただ、大きめの段差を乗り越えると、揺すられ感があり、収まりが悪いようです。SUVの重量のあるタイヤが影響しているのでしょうか。

      【燃費】
      燃費計で、街乗りは、9.5Km、高速道は、14〜15Km です。
      悪くない数字だと思います。

      【価格】
      X-BREAKは、装備内容から考えても、お買い得です。

      【総評】
      すでにフルモデルチェンジのニュースが発表されていますが、熟成の進んだ良い車だと思います。決して安い車ではありませんが、X-BREAKは、お勧めです。
    • 追記、
      納車後1ヶ月1000Km走り、納車直後の超ウキウキ気分から冷静になっての再レビューです。
      良いところも悪いところも正直に書きます。

      【エクステリア】
      外装色クリスタルブラックシリカはX−BREAKに似合っていてカッコイイです。
      出勤前と帰宅後にニヤニヤしながら眺めています。
      ただ、この時期は花粉&黄砂ですごく汚れが目立ちます。

      【インテリア】
      始めはスイッチ類の多さに戸惑いましたが、慣れると操作のしやすい配置になっている事がわかります。ただ、ハザードスイッチの場所がダメですね。運転ポジションから手を目一杯伸ばしても届きません。
      あと、シート座面の長さがもう少し
      続きを読む 欲しい。(当方身長180cm)
      バックモニターの画質がよろしくないですね。
      エンジンが暖まるのが遅いので、暖房の効きも良くない。
      自分と妻の両方が運転するので、アクセスキー毎のシートポジションメモリーは重宝しています。(ドアを開けるとシートが動く機能)

      【エンジン性能】
      欲を言えば低速のトルクがもう少し欲しいかな。
      とはいえ、総合的には必要十分ですね。
      加速した時のボクサーサウンドが心地良すぎて癖になります。

      【走行性能】
      初期状態は少し硬めに感じましたが、体が慣れたのか、足回りが馴染んだのかシチュエーションによっては少し柔らかくショックの収まりが悪いと感じました。
      ですが、ロールは抑えられていて首都高のカーブなどでもフラットに抜けられます。ハンドルを切った分だけしっかりと曲がる。車高があるにもかかわらず素晴らしいです。

      【乗り心地】
      低速よりも高速域の乗り心地の方がマイルドで好きです。この車はやっぱりツアラーですね。
      最近、ロードノイズが若干気になり出しました。
      かといって前車ミニバンより格段に静かです。
      許容範囲です。

      【燃費】
      燃費計で9.1Km
      高速走行時は15〜16Km
      以外と高速巡航時の燃費が良く嬉しい限りです。

      【価格】
      やっぱりどう考えても安いです。
      仮にアウトバックがT社から販売されていたら50〜100万は高いでしょう。

      【総評】
      我が家には4才と2才の子供が居ます。前車スライドドアよりも乗り降りが若干不便になった事くらいでそれ以外は不満はありません。ファミリーユーザーにも十分使える車です。子育て世代のお父さんだって車を楽しんでも良いじゃない!!!
      結果として、運転するのが楽しいです。
      買って良かったアウトバック!

      街中でアウトバックやスバル車を見かけると勝手に仲間意識を持ってます。今までこんな事はありませんでした。
      不思議ですね。スバルマジックでしょうか?

      これからも家族と共に大切な時間を過ごしていきたいです。

      長文失礼致しました。

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー―――

      T社2000ccミニバンからの乗り換えです。

      走行性能、静粛性に我慢ができず約2年半で乗り換えです。

      【エクステリア】

      まずは、これが気に入らなければ買いません!
      近くで見ると以外と大きいですね。
      特にフロントグリル周りのデザインが好きです。

      【インテリア】

      質実剛健って感じでしょうか。
      必要にして十分、他社の飾られただけの高級感は要りません。
      シートも大きく、ゆとりがあっていいですね。
      ステアリングヒーターが予想以上にいいです。

      【エンジン性能】

      車の性格から考えれば十分ではないでしょうか?
      飛ばす様な車ではないので。

      少し踏み込んでもエンジン音が遠くの方から聞こえるくらいで心地の良い音を聞かせてくれます。

      水平対向エンジン初めて乗りましたがいいですね。

      【走行性能】

      走る、曲がる、停まる、車としての基本性能がしっかりしていると思います。
      さすがスバル!!

      アイサイトの追従機能には驚きました。
      ごく自然に加減速をし、停止するまで申し分ないです。
      妻の運転よりも格段に上手です。 笑

      【乗り心地】

      荒れた路面等ではコツコツとタイヤの方から音が聞こえてきますが、シートまで振動が伝わって来るわけではないので、ショックが上手に吸収してくれてるんだと思います。かといって柔らかい訳でもなくどちらかと言うと若干硬めです。
      スタブラックスライドがいい仕事してるんですかね!?

      【燃費】

      納車されて間もないですが、街乗りオンリーで8〜9Km
      馴染んでくればもう少し行くかな?

      【価格】

      普通に考えて割安です。
      色々な装備が始めから付いていてこの価格。
      スバルさん頑張ってますね!

      【総評】

      色々な車を検討していた中、フラッ〜と立ち寄ったスバルでアウトバックに試乗して惚れました。
      担当営業の方も感じが良く色々と面倒観てくれたので良かったです。

      前車は運転するのも苦痛でしたが、これからはアウトバックが運転する事の楽しさを思い出させてくれそうです。

      4才の娘から車の音が静かでいいね!って、はなまる貰いました。

      まだ納車後 間もない感想なので時間が経過したら再レビューしようと思います。

    レガシィ アウトバックのクチコミ

    (15612件 / 1242スレッド)

    クチコミ募集中

    レガシィ アウトバックのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    レガシィ アウトバック 2014年モデル

    レガシィ アウトバック 2014年モデル

    レガシィ アウトバック 2014年モデルのクチコミを書く
    レガシィ アウトバック 2009年モデル

    レガシィ アウトバック 2009年モデル

    レガシィ アウトバック 2009年モデルのクチコミを書く
    レガシィ アウトバック 2003年モデル

    レガシィ アウトバック 2003年モデル

    レガシィ アウトバック 2003年モデルのクチコミを書く
    レガシィ アウトバック

    レガシィ アウトバック

    レガシィ アウトバックのクチコミを書く

    閉じる

    レガシィ アウトバックのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    レガシィ アウトバック 2014年モデル

    レガシィ アウトバック 2014年モデル

    レガシィ アウトバック 2014年モデルのクチコミを書く
    レガシィ アウトバック 2009年モデル

    レガシィ アウトバック 2009年モデル

    レガシィ アウトバック 2009年モデルのクチコミを書く
    レガシィ アウトバック 2003年モデル

    レガシィ アウトバック 2003年モデル

    レガシィ アウトバック 2003年モデルのクチコミを書く
    レガシィ アウトバック

    レガシィ アウトバック

    レガシィ アウトバックのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ14
      • 返信数10
      • 2019年5月22日 更新
      皆様ご覧になってくださりありがとうございます。
      現在X-Breakを検討中で、ナビで悩んでいます。
      アルパイン:ビッグXX9Z-OUT
      パナソニック:CN-F1XVD
      が希望なのですが、純正のサイド・フロント・バックカメラと連携できるかが不明で困っています。
      どなたかご存知でしょうか。

      よろしくお願いいたします。
      ※アウトバックで気に入っている点も聞きたいです
      続きを読む
      • ナイスクチコミ130
      • 返信数18
      • 2019年5月20日 更新
      サイドステップの樹脂部分に無数の傷がついてます。タイヤからの飛び石が原因かと思いますが、みなさんのアウトバックには付いていますか?

      対策及び傷の対処法などもありましたらお願いします。
      ちなみに、マッドガードは付けていません。
      • ナイスクチコミ40
      • 返信数12
      • 2019年5月20日 更新
      今年で購入して4年。走行距離はまだ31000Km程度で、スリップサインは出ていませんが、6月以降にタイヤを交換しようと思っています。
      純正のタイヤは225/60R18ですが、ホイールを7.5Jに換えてあるので、次は235/55R18にしようかと思っています。

      ブリジストンのお店で聞くと、ALENZAは純正よりグリップが弱く幅を変えても走行性能はアップしないので、お勧めし
      続きを読むないとのことでした。

      そこで、235/55R18をラインナップしている中で、下記の4つの中で選ぼうかと思ってるんですが、どれがいいでしょうか?
      年間走行距離が8000Km前後ですので、燃費性能は考慮しません。
      ドライ・ウエット性能が一番で、純正よりロードノイズが減少かマイルドになれば嬉しいという程度です。

      ヨコハマ
      ADVAN FLEVA V701
      ADVAN Sport V105

      ミシュラン
      Primacy 4
      LATITUDE SPORT 3

      夏には「PILOT SPORT 4 SUV」というのも予告されているのでそれも気になるんですが、海外のサイトではこのサイズが設定されていないので、まずは上記4本から絞りたいと思います。

    レガシィ アウトバックの中古車

    レガシィ アウトバックの中古車相場表を見る

    レガシィ アウトバックとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止