ボルボ V60 クロスカントリーの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

ボルボ V60 クロスカントリーの新型情報・試乗記・画像

V60 クロスカントリーの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

V60 クロスカントリーのモデル一覧

V60 クロスカントリーのレビュー・評価

(14件)

V60 クロスカントリー 2019年モデルの満足度

4.50

(カテゴリ平均:4.3)

    V60 クロスカントリー 2019年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 車名のクロスカントリーに恥じないかどうか、ドライブがてら試しに雪遊びして来ました。。

      正直、なんちゃってクロスオーバーSUVなのでそれ程期待はしてませんでしたが、最低地上高210mmは伊達じゃ無く、雪道・雪原走行には重宝しました。。
      AWDと横滑り制御は、意外にもドライバーが積極的にハンドル、アクセル操作しなさいよ!的なセッティングで、ある程度まで車体を振り回すことも出来、大柄な割にコントロールしやすく楽しいです。。これには少し驚いたと共に、思わずニンマリでした。。

      ウィンターシーズンも終わりに近づき寂しい限りですが、グリーンシーズンには林道あたりにでも行ってどんなものか、楽しみ
      続きを読む たいと思います。
      長距離移動は疲れ難く、オンロードでは快適。オフロードもなんちゃってよりは行けちゃう、それでいて、アウトドアチックでは無いデザインで、見た目普通のワゴン。。

      そして何より良いのは、同じモデルに殆ど会わないことでしょうか。。笑
    • これまで15年にわたりアウディを乗り継いできましたが、日本でのアウディの価格高騰とパートタイムAWD化をきっかけに、ボルボに乗り換えました。

      【エクステリア】俗に言うDセグメントの現在のワゴンモデルの中で、非常に完成度の高い美しいデザインと感じます。先代と比べても新鮮感があり、ワイド&ローのプロポーションのボディが、高められたロードクリアランスやプロテクションパーツによって、スポーティさと道具感を醸し出していると感じます。ボディカラーはバーチライト。「白樺」をイメージしたと言うこの色はボディのキャラクターラインや抑揚をうまく見せてくれる一方で、汚れが目立ちにくい利点もあります。

      続きを読む インテリア】このモデルの珠玉と言って良いのがインテリア。非常に美しく、機能的かつ押し付けがましくない、完成度の高いデザインです。私は明るいインテリアを好むので、ブロンド+サンルーフを選びました。流木材を活用したトリムと、センターコンソールの縦長のディスプレイが印象的です。縫い目のきれいなインテグレーテッドレザーのダッシュボードや、ナッパレザーのシートは、価格以上の高級感があると感じます。

      【エンジン性能】欧州仕様にはあるD4のディーゼルモデルを、ボルボジャパンが輸入しないと決めたのが残念。BMWの3シリーズではもはや日本国内の販売台数の半数がディーゼルとのことで、ボルボジャパンの判断は全く理解できません。また、最近良くある2Lガソリン直4ターボを、このモデルも採用していて、動力性能的には不満はないのですが、フィーリングは良好とは言えず、さらにアイシン製と言われる8ATの制御がイマイチ。変速がピョコピョコ不規則に行われ、このトルコンの8ATはお世辞にも出来が良いとは言えません。

      【走行性能】V60シリーズで、日本に輸入されるモデルとしては唯一メカニカルなプロペラシャフトを持つAWDモデルという事実は重要だと感じます。ロードクリアランスは210mmとクロスオーバーとしては最大級で、非常に安心感があります。つい先日大雪が降った蓼科にこの車で行きましたが、積雪したワインディングロードでも下りのブレーキさえ注意していれば、全く問題なく快適に走れました。一方でステアリングフィールはイマイチでロードインフォメーションも希薄です。アダプティブ・クルーズコントロールやパイロット・アシストはすいている高速ではかなり有効で、ロングドライブが楽になります。

      【乗り心地】このモデルはリアのサスペンションが樹脂製の横向きのリーフスプリングという独特な仕様で、購入当初は突っ張る印象があったり、リアがバタつく印象があったのですが、3000Kmを過ぎてマイルドになってきました。とはいえ基本的には硬めの足で、スポーティな乗り味です。

      【燃費】悪い。日常使用では8Km/Lがやっと。ガソリンエンジンの燃費はボルボのアキレス腱であり、せっかくある経済的なディーゼルモデルを輸入しなかったことがさらに悔やまれます。

      【価格】装備のレベルと比してお値打ち。インテリアを筆頭に高級感はライバルを上回っているほか、安全装備はボルボのお家芸ですが、これも他社と比して最新の装備が標準でてんこもり。自動ブレーキは反応が過敏な印象はありますが、渋滞後尾で効いた際には安心しました。

      【総評】実際に海山に行き、SUVは避けたい人にとって選択肢のひとつとなり得ると感じます。ディーゼルを日本に入れないと言う判断が画竜点睛を欠くと感じますが、クルマとしての出来は良くコスパも高く欠点の少ないモデルと感じます。
    • 前車C-HR、ブリッジスマボでV40CCからの乗り換えとなります。
      3月に予約注文をし、4月に仕様確定、8月に納車されました。
      納車されてから1500kmほど走ったのでレビューいたします。

      【エクステリア】
      新色のバーチライトメタリックにしました。クロスカントリーのキャラクターにあっていて、とても気に入っています。また、エクステリアスタイリングキットも装着しました。ステンレスの装飾プレートがクロスカントリーの走破性をより印象づけていて、気に入っています。

      【インテリア】
      キャンプや釣りなどアウトドアが趣味なので、ブロンドの内装では雰囲気が合わないと思い、アンバーにしました(
      続きを読む なので本国発注)。温かみがあって、家族に好評です。スマホ置き場やアイウェアの収納がなく不便さは感じますが、なんとかなります。SENSUSナビゲーションですが、ほとんどの操作系を集約しており、慣れるまでに時間がかかります。2015年に作られたものなので、若干の古さは感じます。ハーマン・カードンのオーディオシステムは10万円の価値があるようには思えません。エージングが終われば変わることを願います。

      【エンジン性能】
      よくある2Lターボで、254ps、350Nmですが気持ちよく回ってくれます。低回転から最大トルクがフラットに続いていくので、必要十分にパワフルです。Dynamicモードを選ぶとスポーツカーのような特性に変わり、気持ち良いサウンドが聞こえてきます。

      【走行性能】
      オーバーフェンダーの影響で全幅1895mmと大柄ですが、最大幅であるミラーtoミラーはV60と同じ2040mmに収まっており、360度モニターもあるので、取り回しやすいです(参考までに、新型RAV4の最大幅は2150mm、C-HRの最大幅は2050mm、ヴィッツの最大幅は2020mmです)。V60試乗時にカックンブレーキ気味ななることが気になっておりましたが、クロスカントリーでは足回りのストロークの深さもあり、最高のブレーキができます。

      【乗り心地】
      最初はカドがあるような乗り心地が少し気になっていましたが、1000kmを超えたくらいからマイルドになってきました。V90のシャシーを使っていることもあり、ひとつ上のクラスに乗っているかのようです。荒れた路面やGがかかるようにカーブを曲がっても、案外車内は平和でビックリしました(着座姿勢やシート性能もあるのでしょう)。そこそこスポーティに走れますが、ゆったり余裕を持ったドライブがこの車にはあっているように思えます。キャンプ場のオフロードコースでオフロードモードを使ってみましたが、2輪トラクションが抜けるようなシチュエーションでも前へ進むことができましたので、AWDとして最低限の仕事はしてくれます。今度は雪場で試してみたいです。

      【燃費】
      2019年の8AT+2Lターボとして考えると、かなり悪いです。市街地では5~8km/L、郊外では9~10km/L、高速燃費は11~13km/L、高速でエコモードにしてコースティングを多様すると14km/Lくらいまで伸びました。マイルドハイブリッドなどの次世代のDrive-Eに期待です。

      【価格】
      オプションを結構つけたので総額は良いお値段となりました。値引きは記載しておりませんが、かなり頑張っていただけました。ライバルとなる欧州勢Dセグメントワゴンと比べると、コスパは高いように思えます。

      【総評】
      平日は都心での街乗り、土日はアウトドアに繰り出す生活にとてもフィットしています。使わないだろうと思っていたマッサージが長距離ドライブでの疲労軽減に繋がっています。先進安全機能は実際に使えるものが多く、長距離移動でのパイロットアシスト2は最高です。改善点を挙げるとすると、インフォテイメントシステムやコネクテッドの古さ、ナビ液晶画面とコックピット液晶画面の解像度の低さ、燃費の悪さあたりでしょうか。

      【Mオプション】
      ● チルトアップ機構付電動パノラマ・ガラス・サンルーフ
      ● ステアリングホイール・ヒーター
      ● リア・シートヒーター
      ● ウォッシャー一体型ワイパー
      ● テイラード・ダッシュボード(人工皮革仕上げ)
      【Dオプション】
      ● エクステリアスタイリングキット
      ● リア・バンパープロテクター

    V60 クロスカントリーのクチコミ

    (76件 / 12スレッド)

    クチコミ募集中

    V60 クロスカントリーのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    V60 クロスカントリー 2019年モデル

    V60 クロスカントリー 2019年モデル

    V60 クロスカントリー 2019年モデルのクチコミを書く
    V60 クロスカントリー 2015年モデル

    V60 クロスカントリー 2015年モデル

    V60 クロスカントリー 2015年モデルのクチコミを書く
    V60 クロスカントリー

    V60 クロスカントリー

    V60 クロスカントリーのクチコミを書く

    閉じる

    V60 クロスカントリーのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    V60 クロスカントリー 2019年モデル

    V60 クロスカントリー 2019年モデル

    V60 クロスカントリー 2019年モデルのクチコミを書く
    V60 クロスカントリー 2015年モデル

    V60 クロスカントリー 2015年モデル

    V60 クロスカントリー 2015年モデルのクチコミを書く
    V60 クロスカントリー

    V60 クロスカントリー

    V60 クロスカントリーのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ64
      • 返信数10
      • 2020年5月13日 更新
      3/21現在所有しているXC60の半年点検でディーラーに行きました。
      その際V60 Cross Countryの試乗車が用意できているとのことで試乗させて頂きました。
      グレードはT5 AWD PROです。V60でいうInscriptionに相当するグレードだそうです。

      【エクステリア】
       新世代ボルボデザインでとてもおしゃれです。
       T字型トールハンマーデザインの
      続きを読むヘッドライトをはじめ他社のどれとも似ていないデザインがとても良いと感じます。
       V60のスポーティーとは一味違い、大人な雰囲気を漂わせています。
       専用のエクステリアデザインとV60から65mm引き上げられた車高によるものと思います。
       個人的には都市部も良いですが、郊外で自然の中に佇むに車として雰囲気が非常に良いと感じます。
       フロントフェンダーに設けられた樹脂パーツが部品間でチリが合っていないのが気になりました。
       またV60は日本事情を考慮し全幅1850mmに収められていますが、V60CCは約1900mmまで大型化しているそうです。

      【インテリア】
       エクステリアデザイン同様新世代ボルボデザインです。色はブロンドでした。
       大型のガラスルーフから差し込む光と相まって非常に明るく清潔感漂うインテリアです。
       ドリフドウッドと言われる木目パネルが非常におしゃれです。
       フロントシートは90シリーズと同一のものでレザーの質感や硬さも良く非常に座り心地が良いです。
       左右席共に以下が装備され至れり尽くせりです。
        @シートヒーター
        Aベンチレーション
        Bマッサージ
       気になったのは以下です。
        @ステアリングヒーター未装備
        Aリアシートのシートヒーター未装備
        Bリア席に座った際の足入れスペースが思ったほど奥に足を入れられない

      【エンジン性能】
       ガソリンターボエンジンによるパワー254PS、トルク350Nm必要にして十分速いです。
       (日本での情報公開されていませんが恐らくV60とスペックは変更なしだと思われます。)
       ガソリンエンジンとしては低回転からのトルクがあり乗りやすいです。

      【走行性能】
       ステアリングフィーリングはV60と同様どっしり感があり、ここがXC60と大きく異なる点です。
       きっとワインディングを走らせたら楽しいのだろうなと感じました。
       ブレーキフィーリングも良く停車寸前の違和感も感じませんでした。

      【乗り心地】
       XC60より硬めですが、先代V60と比べて相当乗り心地が良くなっています。
       硬めではありますが縦揺れをパッシと収めてくれるのが心地良いです。
       静粛性が高くエンジン音やロードノイズが非常に小さい。
       騒音って長時間乗る際結構なストレスになるので静粛性高いのが非常に良いと感じました。

      【燃費】
       短時間の試乗のため未評価

      【価格】
       詳細価格がまだ出ていないため未評価

      【総括】
       非常に大人な車です。アウトドア等相性良いですが、品の高さも兼ね備えておりその辺が良いと感じます。
       ラゲッジスペースの使い勝手もV60同等で非常に考えられた使いやすさに考慮された設計になっています。
       個人的には以下のようなすみ分けなのかなと考えています。
       ●V60
         どっしりとした走り味を求めている比較的若い方が良いと思います。
         おしゃれとスポーティなデザインの調和が素敵ですね。
         FFで問題ない方。
       ●V60 Cross Country
         セダンやステーションワゴンから取り替えたい。でもSUVはアイポイントの変化量が大きく不安な方。
         ステーションワゴンとSUVの良いとこ取りでオリジナリティーを求める方。
         AWDが必要な方。
       ●XC60
         今世界中で注目されているSUV。
         以前からSUVに乗られている方をはじめ、これからSUVに乗ってみたい方。
         アイポイントが高く高速道路等ゆとりある運転を楽しみたい方。
         AWDが必要な方。
         ディーゼルエンジンが好みの方。

      気になっている方は是非試乗してみてくださいね。
      • ナイスクチコミ7
      • 返信数3
      • 2020年3月23日 更新
      はじめまして、間もなく初めてのボルボ乗りになります。

      私のV60ccは昨年7月に見積書をもらって内金を払い、当初11月〜12月には納車予定と言われたのが、私が選んだ仕様から受注生産になったせいか結局今年の3月まで延びました。
      8か月はなかなか待ち遠しいものですが、それはそれで楽しみに待っていました。

      いよいよ納車が近くなり、先日販売店から
      「注文書の打ち合わせが
      続きを読むしたい」
      と連絡を受けたため出向いたところ、
      「12月に本体価格の改定(値上げ)があった」
      とのことで、7月の見積より支払い総額が大きく増えることになりました。
      値引きはほぼ変わらず。

      消費税含め、登録月に合わせた諸税の変更は当然だと思います。
      ただ「本体価格」は内金を払った時点の見積が適用されると思っていたのです。
      しかし通関時点?で適用するとのこと。

      私からすれば本体価格の改定は不測の事態ですが、そういうものなのでしょうか?
      納期の長い輸入車あるあるなのでしょうか。
      • ナイスクチコミ17
      • 返信数7
      • 2020年3月14日 更新
      初VOLVOです。
      ゴルフRが5年目95,000kmになったので車検前に乗換ました。
      エンジンは思っていたより車重を感じることなく、あまりストレス無く普通に走るので、こんなもんかなぁ、、と。
      インテリアは、見た目は良いのですが、細部を見ると意外にも結構プラスチッキーしてて作りが安っぽい一面も、、、前車のゴルフの方が細部までしっかりした造りに感じました。
      後、一番驚いたの
      続きを読むはNAVIの馬鹿さ加減!ディーラーの担当云く、三菱ベースとの事ですが、使い勝手以前に、インフォメーションが絶対的に不足。交差点前の案内や車線案内が無く、旅先で何度も行き過ぎたり間違えたり、、、同じ輸入車でもこれ程違うかと驚くばかりのお粗末さは、車両価格にしては酷いなと。。

      雪道でのAWDの実力は、前車と比べても満足の行くレベルかなぁと感じました。同じシステムだから当然と言えば当然かもしれませんが、、、
      車重が重い分、圧雪路や新雪が積もった路面でも、より安定感がありますね。
      また、オフロードモードでのヒルディセントコントロールは豪雪地の急な下り坂では何度もお世話になり助かりました。。

      未だ7,000kmそこそこしか走ってませんが、NAVI機能とプラスチッキーなところ以外は、満足しております。。笑

    V60 クロスカントリーの中古車

    V60 クロスカントリーの中古車相場表を見る

    V60 クロスカントリーとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止