アストンマーチンの新車情報・自動車カタログ

タイプから探す
SUV
セダン
クーペ
オープンカー
価格帯から探す
1000万円以上
価格情報なし・販売終了
お役立ち情報・コンテンツ
スペック検索
自動車購入ガイド
自動車の取得・維持費
関連カテゴリ
中古車検索
自動車保険
車買取・中古車査定
カー用品
車検

注目のコンテンツ

アストンマーチンの最近発表・発売された車種

アストンマーチンの人気・注目ランキング

アストンマーチンの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

アストンマーチンの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順

アストンマーチンの新着レビュー

アストンマーチンは映画007にボンドカーとして登場するのでブランドに対する認知度の高さはそれなりにあると思う。でも、実際にはごく少数の高級車を販売するニッチな自動車メーカーであり、アストンマーチンがどんなクルマを作っているのか、具体的に知っている人は少ないのではないか。年間の生産台数はフェラーリよりもずっと少ないくらいで、ブランドとしての格の高さはジャガーをはるかに上回る。 ヴァンテージはフラッグシップモデルであるヴァンキッシュの下に位置するモデルで、DB9とは姉妹車のような関係にある。基本プラットホームは共通で、DB9がやや長めのボディに2+2のシートを配置するのに対し、ヴァンテージは2シーターの本格的なスポーツカーである。 当初、ヴァンテージにはアストンマーチンブランドのエントリーモデルとしてV型8気筒エンジンが搭載されていたが、2009年にV型12気筒エンジンを搭載したV12ヴァンテージが追加設定され、さらに2015年7月にエンジンの動力性能の向上を図ったV12ヴァンテージSが発売されている。 このV12ヴァンテージSには、日本自動車輸入組合が大磯プリンスホテルの駐車場をベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、アストンマーチン・ジャパンが出展した広報車両に試乗した。 外観デザインは見るからにスポーツカーのもので、流麗で引き締まった感じのクーペボディが作られている。独特の形状のフロントグリルやテールランプ、ウイングをかたどったエンブレムなどがアストンであることを主張する。 インテリアはいかにも高級車らしい手触りの良い本革シートやピアノブラックのパネルなどが印象的だ。330km/hまで刻まれたスピードメーターは日本では左斜め下のごく一部を使うだけになり、タコメーターはスピードメーターと対称的に左回りで針が駆け上がっていく。 インストセンターにあるスロットにキーを差し込んでエンジンを始動させると、これがV型12気筒エンジンの音かと思わせる透き通った感じのエンジン音が聞こえてくる。12気筒エンジンに乗るのは久しぶりなので、以前に乗ったときのことを良く覚えていないが、思ったよりもおとなしい感じのアイドリング音である。 ただこのV型12気筒6.0Lエンジンは自然吸気ながら421kW/620N・mの圧倒的な動力性能を発生し、0-100km/h加速はわずか3.9秒とされている。もちろん日本の一般道でそんな加速を試すことはできないが、この加速性能はこれぞアストンマーチンの実力といえるような性能である。 インストセンターのキースロットを挟んでD、N、Rのボタンが並び、さらにその左にスポーツボタンが設けられている。これを押してスポーツモードを選択すると、走りのフィールは大きく変わる。メリハリの効いたモード設定である。 エンジンルームをまたぐようにがっしりしたアンチロールバーが設けられているほか、さらに斜めにも補強が加えられていて、これが高いボディ剛性につながり、コーナーでの安定した挙動、軽快な挙動につながっている。高級車であることを忘れさせるような気持ちの良い走りだ。いや、ある意味で高級車ならではの走りの味なのかも知れない。 後方に搭載される7速ATのトランスミッションは変速時に軽いショックを感じさせるが、12気筒エンジンの回転フィールがその違和感を解消して余りある印象だ。 2人乗りスポーツカーというパッケージングながら、左右のシート後方には小さな物置スペースがあるほか、トランスミッションの影響を受けながらもトランクは一定の容量が確保されている。2000万円を超える超高級車ながら、意外な実用性も感じさせるクルマでもある。

718ボクスターから上級モデルへの買い替え候補として試乗しました。 【エクステリア】評価:5 フロントグリルのメッシュがやや大きい感じはしますが、全体的には申し分ない秀逸なデザインの車です。バーツを共用するAMG・GTより加飾は控えめで、まさにジェントルマンが乗っているという雰囲気。 つまみ上げられたダックテールとそれに沿って美しい弧を描くテールランプ、その下にあるアストンマーティンの羽のエンブレムの組み合わせはお見事という他ありません。デザインだけで欲しくなる名車です。 なので、あえてダークなカラーリングを選ぶ人が多いそうです。ホイールもブラック、フロントリップやサイドスカートもブラックが人気とのこと。シックに硬派に乗ろうぜ、ということらしい。 【インテリア】評価:4 ナビやメーターパネルはやや時代遅れなので4にしましたが、シートやダッシュボードはオールレザーで天井は全面アルカンターラでしつらえてあり、内装の質は極めて高いと思います。スピーカーの位置にもこだわっている(天井にマイク兼用のスピーカーとか見たこと無い)ので、インフォテイメントシステムを気にしないなら文句なく5です。 センターコンソール(収納)のふた、シートヒーター、ブラインドスポットモニターなどがオプション扱いになるので、ポルシェほどではないものの、フツーにオプションをつけていくと200万くらいになってしまいます。 どうしても後席が欲しいということでなければ、後席とラゲッジが完全に分かれているDB11より、前席の後方とラゲッジが一体で使えるこの車の方がむしろ使い勝手は良いと思います。ただし、コンソールのボタンレイアウトはこちらの方が旧式です。(DB11はフラットでスッキリしている) シートの座り心地は今まで乗った車の中で最高レベルでした。何時間でも乗っていられる気がします。シートにはエンブレムを入れられますが位置はヘッドレストではなく背もたれで、エンボスより刺繍の方が人気。前方視界も狭い方ですが、後方視界は絶望的なので駐車はカメラ頼りです。 【エンジン性能】評価:4 スポーツ(=ノーマル)、スポーツ+、トラックモードの3種類から選べます。スポーツモードでもクリープは強めで、バック時のトルクもありすぎるくらいなので慣れが必要。結構加減しないと最初の一踏みで体を持っていかれます。 シフトチェンジはスムーズですが、スポーツモードだとフル加速したときの反応は一瞬遅れます。このへんはポルシェのPDKが一枚上。トラックモードにすればよりリニアに反応するので問題はありません。そして鬼のような加速をします。500馬力は素人が扱っちゃいけない気がしますね。 とてもパワフルなエンジン(これもAMGから調達)ですが、アイドリングや街乗りでも主張が激しいのでそこがジェントルじゃなく残念なところ。あと踏むと水平対向エンジンのようなドコドコ音がします。官能的とはいえない音なのがマイナス。 【走行性能】評価:5 街乗り試乗でしたが、比較的コンパクトなサイズ感のボディと小さめのステアリングという組み合わせが実に走りやすかったです。軽いんだけどレクサスLCみたいにフニャフニャじゃないステアリングがいい。腕力がない方でも全く問題ありません。 アダプティブクルーズコントロールがない(クルコンのみ)のが惜しいところですが、どうせ抜いていくんでしょうから無くても問題ないかと。 【乗り心地】評価:4 スポーツカーなので5はつけませんでしたが、その中ではかなり良いと思います。90スープラやインチアップしていない718ボクスターよりは確実に上です。スポーツカーとしては文句なく5。 この車はエンジンモードの選択とサスペンションの硬さ選択がそれぞれ別になっています。3×3で好きな組み合わせを選べるのが面白いところ。一番硬い設定でも「硬いな〜」という感じはしませんでした。 【価格】評価:2 レアなオプション無しで乗り出し2,400万円くらい。デザインの秀逸さ、内装の質の高さ、走行性能の高さを考えるとまあこんなものでしょう。 ただ、アストンマーティン自体のリセールは極めて悪いそうなので、新車購入後の値落ちを考えると実質的なコスパは良くありません。ローンしか選択肢がない私には高い買い物になりそうです。 【総評】 とても良い車です。カッコいいし、速いし、乗り心地も良い。DB11より小さくて軽く、ラゲッジも使いやすいので、私としてはこちらをおすすめします。 問題は素人の手に負えないレベルの馬力と、エンジンの自己主張がやや強すぎることです。このモデルがアストンマーティンというブランドのエントリーモデルなので、「はじめまして」の人はこの車から入ってくる可能性が高い。そういう意味でこのセッティングは過剰だと思います。 BMWが3シリーズに320や318を追加したように、この車にもV6・400馬力で1,700万円というふうにデチューンしたモデルが欲しいと思いました。ポルシェでいうと、いきなり911ターボから入れと言われても敷居が高い。やっぱりカレラがあると助かるんですよね。 「そんなやつは買わなくていい」と言われればそれまでですが、業界自体は環境性能に向かっているわけで、どうせダウンサイジングするのであれば、運転レベルの敷居も多少下げてほしいなという気がします。

【エクステリア】 美しいの一言です。 特にサイドから見ると極上で、後部から長いボンネットにかけての曲線美が素晴らしいです。 これほど気品があり、落ち着いた美しさを持つ車を私は他に知りません。 【インテリア】 高級感とスポーティーの融合、モダンかつ豪華な英国スタイルです。 【エンジン性能】 性能というか、サウンドが何よりも素晴らしい。 身体の奥に響く低く野太いサウンドは最高の一言につきます。 もちろんトルクやパワーもあるのですが、スピードを出すエンジンとは別種と感じます。 踏めば滑らかに加速していきますし、速い車ではあるのですが… 【走行性能】 滑らかな乗り味で、落ち着く車です。 パワーもある、足回りもしっかりとした車で安心してドライブが楽しめます。 【乗り心地】 快適そのものですね。 野太いエンジンサウンドを聴きながら自然の中を走る時間は至福です。 【燃費】 リッター5〜6km、良くはないですがV12エンジンに燃費の良さは求めておりません。 【価格】 正直、金額的には高かったのですが、満足しているので☆5とさせていただきます(笑) 【総評】 流麗なデザイン、滑らかな乗り味、野太いエンジンサウンドどれを取っても素晴らしい車です。 この先もずっとこの車に乗っていきたい、そう考えています。

アストンマーチンの新着クチコミ

  • 返信数2
  • ナイスクチコミ13
  • 2021年1月20日 更新

20年7月にオーダーして21年3月上旬に納車予定。当初の予定から2ヶ月程早まりました

  • 返信数9
  • ナイスクチコミ48
  • 2018年10月10日 更新

https://www.youtube.com/watch?v=3bcqxiFPkx0  12;04分ごろ  世界で最も美しいスポーツカー アストンマーチン DB11 映画007でも有名です。  参考画像は、YouTubeの物から抜粋したものです。 動画を見ていけば分かりますが、この後赤線で囲った部分にエンジンフロントタイヤ付きます。  感の良い人は、何が言いたいか分かりますよね。 もたない、構造上弱すぎる 補強部品としてストラットタワーバーが付きますが、、、、(>_<)。  赤線の部分に車体の5-7倍の力が掛かり、また縦幅も短いのでその分テコ原理で応力も発生します。  なんでこんな物が量産体制で販売されたのかです。 現在は、コンピューター上で設計して強度計算もしています。    では何で  ”新素材”、軽くて、薄くて、強い でも、使ってみると弱いです。大型構造材料として使うとかなり痛い目に会います。  スマホ、時計、カメラ、スポーツ、小型部品などで使うのは良いのですが。    MRJもなかなか飛ばないのもこれです。   産学官政  これにケチを付けると痛い目に合います。 この動画をアップされた方にお礼申し上げます。  終わり。

  • 返信数5
  • ナイスクチコミ26
  • 2018年9月20日 更新

買う気まんまんでディーラーへ赴き、試乗させていただきました。 休日で比較的空いていることもあり、一般道ではありましたが、けっこうなハイスピードで走りました。 結論から言えば、ジェントルすぎて、刺激が足りなく、2千万強を払ってまで買いたいとは思いませんでした。 品のあるデザインが災いして、見栄を張れるクルマではありません。 遮音性に優れているので、外で聴くほど爆音が車内に響くことはありません。 建て付けもしっかりしていて、マクラーレンのような手作り感はなく、これならばAMGのS63クーペのほうが いいのではないかと感じました。リセールも大差ないと思います。(どちらも劇落ちしますが) ただ、アストンマーティンは、ニュル村でファクトリーを構え、頻繁にテスト走行をしています。 この規模の会社としては、かなりしっかりと走りの部分を考えたクルマ作りをしています。 どこかの日本メーカーのような、なんちゃってニュルで走りを鍛えたクルマではありません。ホンモノです。 しかし、その素晴らしい走りは、超ウルトラ低速社会の日本には必要ないんですね。 「地味」です。その一点だけが理由で買いませんでした。

  • 返信数3
  • ナイスクチコミ8
  • 2011年8月30日 更新

私はDB9のオープンにとても興味があります、購入された方ご感想をよろしくお願いします。

  • 返信数5
  • ナイスクチコミ32
  • 2008年7月10日 更新

10ヶ月まってやっと納車されました。 まだナラシ運転なので何とも言えないですが、 【よい点】 @目立ちます A音がいいです。 Bステッチがキレイです Cコーナーリングの安定性 【悪い点】 @リバースの入りが悪いです Aリバースのギアー比が高いような Bアクセルの戻りが悪いような 同等クラスだとSL、ポルシェなんだろうけど 両方乗った事はないので比較はできませんが アストンマーチンに乗ってるというだけで正直満足です

アストンマーチンの人気中古車ランキング アストンマーチンの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止