ロータスの新車情報・自動車カタログ

タイプから探す
クーペ
オープンカー
価格帯から探す
1000万円以上
お役立ち情報・コンテンツ
スペック検索
自動車購入ガイド
自動車の取得・維持費
関連カテゴリ
中古車検索
自動車保険
車買取・中古車査定
カー用品
車検

注目のコンテンツ

ロータスの人気・注目ランキング

ロータスの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

ロータスの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
  • クーペ
    オープンカー
  • 1000万円以上
  • ア行
    英数字
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
  • クーペ
    オープンカー
  • 1000万円以上
    価格情報なし・販売終了
  • ア行
    サ行
    ヤ行
    英数字

ロータスの新着レビュー

ロータスは1967年発表のエラン+2以来、ラインナップに4座のGTカーを設定することを慣例としてきました。その最新版として2009年に発表されたのがエヴォーラです。そのエヴォーラが2015年にマイナーチェンジを実施し、エヴォーラ400となったのを機に、試乗会での印象を報告します。 ロータスの伝統どおりFRP製のボディは、フロント/リアまわりがエッジの効いた造形になり、フロントバンパーは開口部が増えて、アグレッシブになりました。空力性能や冷却性能を考えた結果とのことですが、個人的には以前の落ち着いた姿のほうがロータスらしいと思いました。 フレームはアルミ板を接着剤で組み上げたもので、エリーゼに似た構造ですが、エヴォーラのそれは専用設計です。エヴォーラ400では、サイドシルが従来より低く、幅も狭くなっており、乗り降りがしやすくなりました。インパネからドアトリムに流れるラインが流麗だったデザインは、外観同様、精悍さを増した造形になっています。 前席はレカロ製からスパルコ製に変更されており、片側で3kg軽くなりました。座り心地は以前ほどタイトではなく、大柄な人でも不満なく座れるでしょう。後席は依然として、大人が座れる空間ではありませんが、こちらも約3kgの軽量化を実現しているうえに、横幅が280mm広くなっており、荷物を置きやすくなりました。 キャビン背後に横置きされるエンジンは他の現行ロータス同様トヨタ製で、エヴォーラは3.5LのV型6気筒にスーパーチャージャーを装着しています。エヴォーラ400という車名が示すとおり、最高出力は350psから406psにアップしており、最大トルクは40.8kgmから41.8kgmに強化されただけでなく、発生回転数が4500rpmから3000-7000rpmとワイドレンジになりました。 車両重量はMT車で1395kgと、旧型より22s軽くなっていることもあり、加速はかなり強烈です。滑らかさも従来のエヴォーラより増していて、5000rpmあたりからの伸びが鋭くなりました。それでいてターボでなく、スーパーチャージャーを採用したおかげで、どんな回転数でも望みどおりの力を取り出せるので、ドライビングに集中できるという従来からの美点も持ち合わせています。 サスペンションは以前より固められていますが、ロータスらしく、鋭いショックは巧みに抑え込んでくれます。前後ともディスク径を拡大したブレーキは、素晴らしい効き味です。ステアリングは滑らかな操舵感が印象的で、ミッドシップらしくノーズの動きは軽快です。 ロールは感じられず、コーナーの出口が見えたところでアクセルペダルを踏み込むと、後輪が踏ん張り、豪快な加速とともに脱出していきます。その状況がステアリングやシートを通してドライバーに伝えられるので、超高性能車でありながら自分でコントロールしている実感が味わえるところもロータス的です。 ドライブ、スポーツ、レース、オフの4モードが用意されるDPM(ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント)は、ドライブからスポーツに切り替えると、車両姿勢制御システムが多少のコントロールを許容するセッティングに切り替わるとともに、スロットルレスポンスが鋭くなり、ロータスとしては珍しく豪快な排気音を響かせます。 これまでのエヴォーラは、2+2ということもあり、ロータスの中では穏やかな性格の持ち主でしたが、エヴォーラ400はアグレッシブな外観に見合った、ダイレクト感のある走りを備えていました。同じスーパーチャージドV6エンジンを積むエキシージに近いキャラクターに変化したような気がしました。

ロータスエリーゼが2021年で最終モデルとなるようです。 さみしい限りです。 このような人馬一体のモデルは今後望めませんでしょう。 アルピーヌもマツダロードスターもこの車に比較すると乗用車でしょう。 日本では1999年フェーズ1が販売されたと思います。 私は兄弟車の2003年ドイツオペル生誕100周年記念モデル、日本正規輸入80台を所有、同型車と現在まですれ違ったことがありません。 特筆すべきはそのタイヤサイズでフロント175−55−16、リア225−45−17 軽量ながら雨の日にフロントがハイドロしにくく、前輪のわだちを後輪がすぐに踏み越えるので、意外と安心して走れました。 また峠のコーナーを責める場合、おしりのすぐ後ろに後輪を感じながらノンパワーアシストの前輪を操舵するのですが、通常ミドシップでスピンモードに入るとお手上げですが、前輪から滑り出すんで初心者にはコントロールしやすく、最悪ガードレールに車体を擦り付ければ、転落も免れます。 足回りはダブルウィッシュボーン、アイバッハ製コイルスプリング、ビルシュタイン製ダンパー シャシーはアルミ押し出し材を接着してバスタブ状のシャシで68kg、ボディーはFRP,エンジン回りは耐熱性CFRPでした。 シャシーはミシリともせず、ガタツクとしても貼り付けされたボディーパネルです。 サスペンションは意外としなやかでストロークもあり乗り心地が良い。 車重は880kgでみずすましのように街中を走り抜けることが出来ます。 エンジンは2200cc 148ps 203Nmです。 Cd値は0.38で最高速の伸びはちょっと。 試乗車の基本構成は25年変わりませんがエンジンがトヨタ製1.8Lターボに(ロータスチューン) パワーが148>220Ps,トルクが203>250Nmに強化されています。 よって動力性能は 最高速が217>233Km(スピードメーターは300Km!) 0-100Km 5.9>4.6秒(レブリミット1速60Km,2速100Km) やはり加速がいいです。 25年変わらないアルミバスタブフレームはパワーが上がっても破綻なしです。 重量はターボと快適装備が増えて880Kg>940Kg足回りもそれなりに強化されているようです。 ひらひらではなく少し重厚な乗り味でしょうか。 高速走行はなしで評価不能です。 燃費も評価不能ですが、元気に走ればそれなりの燃費でしょう。 重量級ツインターボのリッター3なんてことは決してありませんが。

いつかはと思っていましたが、子供の学費等を考えるとなかなかこの手の車にお金をかけることはできません。 正直、前車 E92 M3もそれなりにお金がかかりましたが、4人がきっちり乗れる車と完全趣味車となるこの車ではハードルの高さが全く違います。それでもいつかは乗りたいと10年ほど前から思っていましたが、ちょっとしたタイミングと縁からエキシージを入手する事が出来ました。 購入したのは2011年式のエキシージS ロジャーベッカーエディションです。 この車は2ZZエンジンの最後のモデルとなりましたが、日本には正規輸入されることはありませんでした。 ということで私の車も並行輸入車の中古車です。 現行型は以前乗っていたRX-7 FD3Sのチューンドと性格が似ているような気がしますし、あそこまで重くなってしまうと私にはあまり魅力的には見えませんでした。 エキシージ、乗るなら1800CCと以前から決めていましたが、なかなか出物がなく、どうしたものかと思っていたところに非常に良い個体にめぐり合うことが出来ました。 ロジャーベッカーモデルは260CUPと同じ260PS仕様のエンジン、4PODキャリパー、強化クラッチ、トラコン、強化されたサブパネルなど、これでもかってくらい詰め込まれたモデルです。 また、エアコンや皮内装など、快適装備もついていて、260CUPほどスパルタンでもなく、待ち乗りも十分可能です。 それでも935キロに抑えられており、個人的にはほぼ理想に近い車だと思っています。 以下、項目ごとの評価となります。 【エクステリア】 これは文句なしの最高評価です。 とにかく目立ちまくります。フェラーリ、ポルシェよりも個人的にはこの車のデザインが好きです。 ずっと見ていても飽きません。とにかく最高です。 【インテリア】 シンプルというか・・・まあ、あっさりしていますね。 品質的にも決して高いとはいえませんが、この車は高級GTカーではありませんから、これで良いでしょう。 【エンジン性能】 この20年、いわゆるスポーツカーに乗り続けてきました。 ロータリーエンジンには20年のり、そのうち何度も名チューナーと呼ばれる方にエンジンを組んでもらっています。 現在乗っているNA型ロードスターも有名店でエンジンを組んでもらい、スーパーチャージドされたものですし、前車である E92 M3の超絶V8エンジン、その前に乗っていたE46 M3も直6エンジンの最高峰でした。 そういうある意味で個性の強いエンジンを載せた車ばかり乗ってきたわけですが、このエキシージのエンジンについても十分魅力的だと感じます。 高回転型エンジンにスーパーチャージャーで260PSを出しますが、低回転で若干レスポンスが鈍いものの、そこからは一気にレッドゾーンまで回っていきます。 以前はトヨタエンジンということですこしエンジンに関してはなめていたところもありましたが、今ではトヨタエンジンもなかなかいいね、と思っています。 絶対的な速さという意味では450PSを出していたロータリーや420PSのV8にはかないませんが、車重が軽いことで、相当な加速をします。おっさんとなり、目もついていきませんから(笑)これくらいで十分です。 というか、滅茶苦茶速いです。 【走行性能】 MRは初めてですが、あのトラクションのかかり具合といい、フロントの入りの鋭さといい、MRのすごさに驚くことが多いです。 まだまだ乗り始めたばかりで、MRの魅力のほんの浅いところに触れただけですが、これから乗りこなしていくのが楽しみです。 エンジンが横置きとか、本当の意味で性能を追求されていないとは感じますが、スポーツカーとはこういうものだということを実感できる車です。 【乗り心地】 ノーマルからすぐに車高調に交換しました。 クアンタムフロント10キロ、リア14キロですが、車高調の性能のよさもあって、決して乗りごごちは悪くありません。 もちろん、乗用車に比べるべくありませんが、この手の車としては剛性感も十分あり合格点だと思います。 【燃費】 街中でリッター8〜9といったところです。 NAロードスターと似たようなものですね。 まあ、FDのリッター4とか、M3のリッター5に比べればはるかにマシです。 【価格】 中古車なので評価しづらいですが、この手のスポーツカーとしてはお安めだと思います。ただ、本国の値段に対して高すぎる気もしています。 中古車としては、タマが少ないせいか、高値安定していますね。 下手したら6年前の中古車が、低走行ものは当時の新車価格とほぼ同額だったりします。 やはり重量とパワーのバランスが良い1800モデルは人気があるのだと感じます。 【総評】 私にとっては理想の車です。 先日、山に友人と走りにいきましたが、駐車場にとめていてもフェラーリ、ポルシェよりもよほど存在感があります。 あのコークボトルのようなボディラインはずっと見ていても飽きません。 走行性能も素晴らしいし、デザインも素晴らしい。 当然、乗降性など犠牲にしている部分もありますが、スポーツカーですから気になりません。 唯一、LSDが標準装備されていないところが、この手の車としては???ですが、それは後付で楽しむこととします。 FDは20年乗りましたが、この車も長く乗れると思っています。 いつまでも大事にしていきたいですね。

ロータスの新着クチコミ

  • 返信数14
  • ナイスクチコミ30
  • 2017年12月28日 更新

はじめまして。 3.5V6エキシージS(クーペ)の購入(中古)を検討しています。 憧れのロータスエキシージ! サーキット走行はしませんが、車が大好きでドライブなどいろいろ走りに行きたいなと思っています。 今は、夢ばかり膨らむのですが、実際エキシージオーナーの先輩方の所有した後の感想を是非聞かせて下さい。 宜しくお願いします。 ps.どんなマイナス意見でも結構です。ありのままの  感じたことを聞かせて下さい。   購入する気持ちは変わりませんが、いろいろと  知っておきたいです。

  • 返信数6
  • ナイスクチコミ1
  • 2017年6月1日 更新

エキシージのユーザーさんは、マニアックすぎるのか、ここへの書込みがないですね。 過給器付きのS(ロータス版GT3)は、とても気になる1台ですので、試乗してきました。 その1 ライトウエイトのヒラヒラ感全くなく、反対にすばらしいスタビリティを示す。公道ドライブのレベルでは、国産スポーティカーが、危険な挙動を示す速度域でも、ビターッと路面に張り付いてかつスイスイコーナーリングしますね。 その2 フラットトルクのためか、パワー感がない。加速Gもあまり感じない。一生懸命踏んだつもりだが、上まで踏み切れなかったのが原因か?ターボに慣れた身体には物足りないのか。 その3 エンジンのレスポンスが悪すぎ。アクセルを煽ったときや、アクセルを戻したときの回転の落ちが、SC付きとは言うものの悪い。NAタイプのレスポンスが良いだけに余計にそう思うだけ? その4 ドライビングポジションの良い位置が探せない。 ペダルとステアリングで合わせると、ひざがコラムポストに当たって、ヒールアンドトウが出来ない。 シートは、お尻の一点で支える感じがあり、長距離は辛そう。 で、総合的には悪くはないけど、うわさで聞いていたような、切れ味や凄みは感じられませんでした。 やはり、トヨタのダラーッとした2ZZエンジンがベースなので仕方がないのでしょうか? オーナーの皆さん。この迷える爺羊にご意見をくださいませ。

  • 返信数18
  • ナイスクチコミ43
  • 2016年5月20日 更新

ボクスター(700万)かエリーゼ(500万)+フィアット500C(200万)!予算と駐車場の点でボクスター1台所有かエリーゼ+フィアットの2台所有か迷っています^^; ボクスターをオールラウンドに使うか? エリーゼでドライブを愉しみ、500Cを普段使いにするか? 参考価格は勿論中古車価格です。 この3車種のオーナーには使い勝手も教えて欲しいです。

  • 返信数2
  • ナイスクチコミ4
  • 2011年3月7日 更新

この手の車でも値引きってあるんでしょうか?? お金がないなら買うなって怒られそうですが、同じもの買うなら少しでも安い方が良いなぁと思うわけですが。

  • 返信数5
  • ナイスクチコミ6
  • 2011年2月11日 更新

全財産をつぎ込んでエリーゼSを買いました 腰高な感じがするので車高を下げたいのですが、車高調を買う余裕はありません 国産車のようなダウンスプリングは出てないですかね?

ロータスの人気中古車ランキング ロータスの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止