スズキ スイフトの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

スズキ スイフトの新型情報・試乗記・画像

スイフトの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

スイフトのモデル一覧

スイフトのレビュー・評価

(278件)

スイフト 2017年モデルの満足度

4.25

(カテゴリ平均:4.29)

    スイフト 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 42021年4月23日 投稿
      評価は今でも変わりません。
      自分的には高評価ですが、運転しだしてから1年3ヶ月で25000km、たまに奥さんも運転するようになりました。

      奥さんの感想
      ●Aピラーが。。
      女性で小柄な人は運転席を一番前にセッティングしてから運転するので、どうやらAピラーが相当太くて駄目みたいです。
      Aピラー付近ってツイーターがあってあんなに太いかな?
      そういう意味では新型フィットは見切りが良さそうだな。

      ●ハンドブレーキ
      ハンドブレーキのボタンが固いみたいです。

      確か教習所で昔聞いた記憶でハンドブレーキを引いて、ボタン押して下げるのやり方でやってるよーなんですけどね。

      奥さん
      続きを読む 曰く、他のセダンに乗った時は特にハンドブレーキのボタンが固いとかなかったみたいです。

      ま、僕が運転する時は全く問題ないんですけどね。。握力が弱いのかな??

      自分の感想
      ●燃費
      この季節に冷房lowで一番弱風で100km下道を走った際に26だったので、素直に凄い車だなと思いました。

      マイルドハイブリッドでもハイブリッドでもないただのガソリン車なんですけど、ホントこの車は燃費いい。

      自分的には15以上あれば燃費いいほうなので、ホント驚きです。
      普段使いでも16を切らないですね。

      ●セーフティサポート
      この車の良さを最大限に足を引っ張ってるのがこれ。

      多分、他社に比べ2歩も3歩も遅れているというか、精度が低すぎてお話にならないと感じている。
      (走る、曲がる、止まる、がいい車なので余計にこの安全装備の精度の低さが目についてしまう。。)

      もちろん必要な時にピーピー鳴るのは有り難いんだけど、人も車も障害物もない時に鳴る時もあるのでそんな時はどこが危険なの?って正直思う。

      ま、音が鳴るだけならまだしも、全く障害物がないときにブレーキがかかったときはマジで焦りました。

      ユーチューブで他の人が言っていたので危ないなぁと思っていたら、まさか自分も2回ほど経験してしまいました。

      衝突被害軽減ブレーキでしょ?
      障害物なしの際の誤作動は何とかして欲しいなぁ。でもこれも頻度が微妙なとこもあるのでディーラーに行くほどかどうかも難しいんだよなぁ。

      このセーフティサポートのレベルを是非とも上げて頂きたいと切に願います。
    • 今回、短時間でしたが、スイフトに乗る機会を得ました。このクルマは前から興味があったので、短時間の中でもしっかり走ってライバルとの違いを見てきました。ちなみに僕的にライバルは大きさで近いMAZDA2(旧デミオ)、ヤリスなので、今回はそれらとの比較評価でお届けします。でも、乗った日は桜を散らす春の嵐…!とってもシビアなドライブでした。

      タイムズカーシェアでお借りしました。走行12000kmの元気な個体でした。

      【エクステリア】
      パッと見たサイズ感はデミオやヤリスに近い。デザインもまとまりがあって良い。顔つきは虫みたい。カバみたいなヤリスよりはよっぽどいいが、デミオのような洗練された感
      続きを読む じはないかな。
      後部ドアのノブはC-HRにインスピレーションを受けたのかなって感じ。ただ、後部ドアを開けてみると、軽い。スッと開いた。何たって車重860kgというスーパーライトウェイト級だもんね。で、閉めてみたら…ま、軽いからこんなもんか。

      【インテリア】
      何年か前に家族で旅行に行った時、旅先で先代モデルに乗ったことがあった。その時はなんて狭いクルマなんだろうと思った。何せまだ成長し切っていなかった僕でさえ足を伸ばせば届くぐらいだった。しかし、現行モデルは広くなっている。車内の広さはデミオといいとこ勝負だろう。
      質感もデミオといい勝負だ。エアコンのスイッチはダイヤル式だが、とても使いやすい。ダイヤルが軽く動くし、3つあるダイヤルの真ん中はディスプレイになっており、これが視認性に長ける。シートもしっかり骨があってサポートしてくれる。そして、プラスチッキーなのをさほど感じないのが大きい。これはヤリスにも見習って欲しい。

      【エンジン性能】
      スイフトのエンジンは1.2Lの3気筒(91馬力)。ライバルはデミオが1.3Lの4気筒(91馬力)、ヤリスが1Lの3気筒(69馬力)というスペックだ(デミオはデミオだった頃に乗ったことはあるが、現行の1.5LになったMAZDA2、ヤリスの1.5Lモデルには乗ったことがない。)。
      エンジンのパワー感としては、デミオとさほど変わらないが、トルク感では気筒数に物言わせたデミオに一歩譲る。ヤリスとは同じ3気筒だが、0.2Lの余裕と馬力差でスイフトに軍配。
      ただ、やたら速い。デミオよりも速い。何故?そうか、軽さだ。恐らく800kg台の軽い車重でクルマがグイグイ前に進んでいたのだろう。

      【走行性能】
      まず、ボディがしっかりしている。軽量な中にもしっかりと剛性があり、スポーティーな走りの要となっていた。以前乗ったソリオやハスラーとはまるで別物だ。
      サスペンションはスポーティーを謳うだけあって、少々ハードにふってある。その為、路面の悪いところではややハネる。しかし、ストロークも多少はある。扁平率の高いタイヤとのマッチングもあり、路面が良ければしっとりとしたアシとも感じる。
      そのタイヤだが、スイフトは175/65R15というサイズのものを履く。ライバルのデミオは185/65R15とトレッドが1cm太い。僕個人的には、トレッドをデミオと同じく185にして接地面積とトラクションをもう少し確保すればより良いと思った。
      …と、ここまで好印象のスイフトだが、△な部分もある。まず、CVTだ。以前乗ったソリオもそうだったが、制御が目に見えてギクシャクしている。この辺りはヤリスを見習って、もう少し滑らかな制御になる様に改善して欲しいものだ。
      次にブレーキ。スイフトのはよく効く。むしろ効き過ぎるぐらいだ。これが慣れてさえしまえば大丈夫だが、今回の僕のようにレンタカーで初めて乗った人は意外に苦労するだろう。超カックンなので、止まる時はオカマ掘られないよう気をつけて…!?
      最後はスタビリティの問題だ。乗った日は大雨で、道は川のようになり、ただでさえ接地感が掴みにくい状態。そこへスイフトの武器であるはずの軽さが悪さをした。
      軽いことはメリットが多いが、どんなことにも弱点というのはある。軽さの弱点は、タイヤに荷重がかかりにくいことだ。クルマは、そもそも1トンの車重を4つのタイヤに分散しており、このタイヤにかかる圧力を荷重というが、これによってタイヤが路面に押しつけられ、路面と摩擦して熱をもつことでグリップを発生する。
      しかし、スイフトの軽い車重では荷重がかかりにくく、グリップも低い状態。そこへ今回の路面はもう最悪。走ると僅か50km/hで浮き足立ったような状態に。接地感が全く掴めないので怖い思いをした。軽さの思わぬ弱点を体感することになった。

      【乗り心地】
      ややハードにふってあるサスペンションだが、これが街中を流す分には意外にしっとりした感じで◯。峠道では若干カタいと思うかもしれないが、扁平率の高いタイヤのせいか、ここでも適度にロール感がある。しなやかなカタさというのかな?これは乗りやすい。

      【燃費】
      60km近く走って19.5km/L。数値としてはデミオ、ヤリスを凌ぐ。…と思っていたのだが、とあることをすると、このクルマの燃費は急激に悪化する。それは、Sモードだ。これはあまり使い過ぎない方が良い。
      今回の場合、出発時にメーター半分あったガソリン残量が、Sモードで10km程度走った後確認すると、残り1メモリになってしまっていた。これにはさすがに焦った。

      【価格】
      MT車もあって、質感もあって…これでこの価格なら、正直少し安いぐらいだと思う。やるなあ、スズキさん。

      【総評】
      我が国にコンパクトカー多しと言えど、僕はスイフトのような楽しいコンパクトカーというのは少ないと思う。
      今回、比較するライバルとしてデミオとヤリスを挙げたが、この3台は全てキャラクターが違う。デミオは快適性重視のクルマ、ヤリスは燃費重視のおサイフに優しいクルマ、そしてこのスイフトは手軽にスポーツを楽しみたい人向けのクルマと言える。僕はこの3台の中では、今までならデミオが絶対だったが、今回ばかりはスイフトを選ぶかデミオを選ぶか悩むかもしれない。
      今回はとても楽しいドライブだった。僕は、今後もスイフトのような楽しい走りをしてくれるコンパクトカーが生き残ってくれることを切に願っている。
    • 【エクステリア】最近の日本車ではない、ヨーロッパのホットハッチ系のデザインは貴重だと思います。

      【インテリア】
      デジタルパネルに移行されがちな昨今の車のなかでは、多少物足りなさはあるかも知れませんが、走り心をくすぐるデザインはカッコいいです。
      【エンジン性能】
      よく回ります。アクセルワークに思い通りに回ってくれる感じ。
      【走行性能】
      カーブ、コーナーリングが本当に気持ち良い。シートのホールド感が良く、日常の交差点、左右に曲がるだけでも、こんなにも気持ちいいのか!ってくらいスムーズに曲がってくれる。
      【乗り心地】
      RSだけど、そこまで硬いとは思わない。むしろ普通。ノーマルはも
      続きを読む っと柔らかいんだと想像するが、それは柔らか過ぎる気がする。
      【燃費】
      良くはないが、悪くもない。実燃費18km/lくらい。
      【価格】
      安い! この走行性能、安全装備がついて、総額200万以下で買えるのは奇跡です。
      もしいつかフルモデルチェンジしても、この価格イメージは守って欲しい。
      【総評】
      人馬一体とはこういう車だよね。走りたいように走れて曲がりたいように曲がれる。シートのホールド性能が良くて、本当に一体感が味わえる。
      ノートやらフィットやら、ヤリスやら叫んでますが、そんな人は是非とも乗って欲しい。
      最近は燃費やら電気やらばかりに目が行ってるけど、車ってそういうのだ!って思い出させてくれる車です。
      価格も相まって、買って損ないです。

    スイフトのクチコミ

    (8113件 / 947スレッド)

    クチコミ募集中

    スイフトのクチコミ対象製品を選択してください。(全5件)

    スイフト 2017年モデル

    スイフト 2017年モデル

    スイフト 2017年モデルのクチコミを書く
    スイフト 2010年モデル

    スイフト 2010年モデル

    スイフト 2010年モデルのクチコミを書く
    スイフト 2004年モデル

    スイフト 2004年モデル

    スイフト 2004年モデルのクチコミを書く
    スイフト 2000年モデル

    スイフト 2000年モデル

    スイフト 2000年モデルのクチコミを書く
    スイフト

    スイフト

    スイフトのクチコミを書く

    閉じる

    スイフトのクチコミ対象製品を選択してください。(全5件)

    スイフト 2017年モデル

    スイフト 2017年モデル

    スイフト 2017年モデルのクチコミを書く
    スイフト 2010年モデル

    スイフト 2010年モデル

    スイフト 2010年モデルのクチコミを書く
    スイフト 2004年モデル

    スイフト 2004年モデル

    スイフト 2004年モデルのクチコミを書く
    スイフト 2000年モデル

    スイフト 2000年モデル

    スイフト 2000年モデルのクチコミを書く
    スイフト

    スイフト

    スイフトのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ3
      • 返信数4
      • 2021年5月7日 更新
      スイフトスポーツを購入予定です。
      純正が高いため、安価な社外品を探しています。
      全方位モニターとandroid autoが使える安価なもの、教えて頂けないでしょうか。
      • ナイスクチコミ114
      • 返信数13
      • 2021年4月11日 更新
      2017年10月納車され、わずか1週間後。走行距離にして300kmを丁度過ぎた時からインパネ右側。
      より具体的に言うと…

      スピードメーターとエアコン吹き出し口の間付近からのビビり音が発生しました。
      走行中は常に出ている状況です。

      2017年10月納車のスイフト グレードは XGの5MTです。
      珍しくMT車の試乗ができたのですが、「乗り心地が硬いなぁ〜やっぱりR
      続きを読むSではなくて、標準車にしよう」
      そう思っていたところ、試乗させていただいたのはディーラーのメカニックのマイカーであり、しかもグレードはXLと知りました。
      (※この試乗させていただいたメカニックの車が、後々も話題に出てくることになります)

      カタログを見ていくうちに、XLには要らない装備やつけるつもりのないOPが付けられるだけのグレードと分かり、
      「XGならタイヤも扁平率65の15インチだし、より柔らかな乗り味になるだろう」
      そう思いXGに決めました。

      しかし、XGでも乗り心地は硬いですね(決して不快な硬さではないですが)

      上記を踏まえてですが、新車納車から300kmまでは順調に過ぎたのですが、300km過ぎた途端に上記の位置から
      「ビリビリビリ」と結構大きな音量でビビり音が出始めました。

      私はたまたま納車されたての、この車で旅行中でした。(その途中で300kmを超えました)

      ホテルに1泊して翌朝インパネ内部を下から覗き込むと、びっくりするほどスカスカ(いい意味で)
      これだけスカスカにするには、各種データープログラムの一新と、制御系の効率化が求められる筈で
      「ここまで徹底したからこそ、この重量なのだな!」と感心しきりでした。

      しかし…考えられるところを手が届く範囲でいじってみても、よく日もビビり音は消えず…

      そのまま帰路に購入したディーラーへ立ち寄ったのですが、
      「整備が立て込んでいてこの場で音の確認はできないので、1週間後に持ってきてほしい。」といわれました。
      そのわずか1週間の間もビビり音は消えることはありませんでしたが、音質は確実に変わっていきました。

      @ビリビリビリ  が常に出ていたものが
      Aバタバタ    と音質が代わり、
      Bピリピリピリ  の音質に代わったころには、出たりでなかったりになりました。

      長い待ちの1週間が終わり、ビビり音修理に預ける日が来ました。
      2017年10月21日15時が約束の時間でした。

      行くとメカニックが同乗し、すぐに音を確認してくれました(常時出ているのですから当たり前ですが)
      「2泊3日のお預かりとなっていますが、今日中にお返し出来ますね!」
      と勇ましい返事に嬉しく、代車を借りて帰りました。

      しかし…一切連絡が来ません。
      こちらから連絡をすると
      「音が消えない。いったんは消えたが、メーター本体から音が出ており、メーターを新品に交換するしかない。いったん車を返すので新品のメーターが入荷次第持ってきてほしい。」
      との話があり、ディーラーへ行くと、デジカメで撮った写真と動画があり、


      メーター本体(タコメーター・マルチインフォメーション・スピードメーター)の裏側には取り付け台座があり、右側はスピードメーターの右上。左側はタコメーターの左上にその台座があるのですが、その台座がなぜかハンドスピナーのようにくるくると回転するのです。
      動画ではビビり音と非常によく似た音質が出ることが確認できました。

      メカニックからは
      「新品のメーターが来ても作りは一緒。対策部品が出たという話も聞かないので交換したから治るという保証はできない。むしろ交換しても症状は治まらないと思ってもらったほうが良いと思う。またオドメーターもゼロに戻ってしまう。それでも良いか?」
      との話がありました。

      「メーターの作りの問題であれば、多数の異音クレームが出ているのでは?」と聞くと、
      「うちのメカニックがXLのMTに乗っているが、同じ音が出ている。彼は耐えられるレベルの音といっている。」
      との事です。(※これが私が試乗させてもらったXLのMT車です)


      CVTなら出ないという問題でもないと思います。エンジン回転数や、エンジンの振動に共振するのではなく、あくまでスピードに共振しており、より足回りの硬いRSなら顕著に出るはずなのですが、なぜかそのような報告いろいろググってみても一切報告はありません。

      「新品メーターに交換しなくとも、台座にクッション材を挟むことで対応できるのではないか?」
      と提案すると
      「写真ではわかりずらいが、メーター基盤との距離が狭すぎる。クッション材も確かに考えたのだがメーターからの発火の恐れがあり無理だ。」
      との事でした。

      同じような異音に苦しんでいる方や、「こういう対処法で治ったよ」そんなお話を聞ければと投稿した次第です。




      • ナイスクチコミ28
      • 返信数20
      • 2021年3月16日 更新
      昨年6月に2年落ちのスイフトXGリミテッド[ZC83S/CVT/2018年式]をディーラー系販売店にて購入しました。
      (走行距離7000km弱で購入)

      8ヶ月ほど経ち、毎回給油の度に実燃費よりも燃費計の数値が1.5-1.8Km/L悪いことに少々疑問を覚え
      他のスイフトオーナーさんや、スズキの車に乗っているオーナーさんはどうなのか質問させて頂くことにしました。

      続きを読むなみに、現在所有している「マツダ プレマシー」や、以前所有していた「ダイハツ ミライース」は
      実燃費の方が良いか同じくらいでした。

      燃費計の再設定(リセット)は実施済みで、給油の度にメーターリセット→燃費計リセットし、毎回同じガソリンスタンで
      給油しています。オイル交換もまだ1度しかしていませんが半年に1回トヨタディーラーにて省燃費車用オイル(0w15)を
      いれています。運転終了時のディスプレー表示の採点は96-100点の範囲ですのであまり荒い運転はしていません。

      使用環境は、1人乗り/田舎の街乗りメインで
      ・燃費計は、18.0−18.5km/L
      ・燃費計は、16.5 Km/Lくらいです。

      私の知っている他メーカーの車種は、ほぼ正確な値を表示してくれていました。
      スイフトは、使った燃料・残りの燃料の精度が今ひとつなのでしょうか?
      それとも、燃料計に表示する計算プログラムが正確性に欠けているのでしょうか?

      車好きな私にとって、いろいろなコンパクトカーを比較して購入した3代目スイフトはとてもお気に入りの車です。
      燃費計と実燃費の乖離が、私の車だけなのか、スイフト全体がそうなのか、スズキの車種がすべてがそういう傾向なのか
      知りたく思い質問させていただきました。

      子育て終わったらスイフトスポーツ(5MT)に乗りたいなぁ・・・と、密かな野望を抱いています。

    スイフトの中古車

    スイフトの中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較

    スイフトとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止