三菱 RVRの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

三菱 RVRの新型情報・試乗記・画像

RVRの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

RVRのモデル一覧

RVRのレビュー・評価

(19件)

RVR 2010年モデルの満足度

4.01

(カテゴリ平均:4.3)

    RVR 2010年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • アウトランダーの弟分として登場したRVRは、クルマの性格を考えたらパジェロイオの後継モデルではないかとも思えるが、過去に大きくヒットしたRVRの名前にあやかって、RVRの名前を復活させてきた。

      デザインは高めの全高を持つSUVパッケージングを採用する。際立ってカッコ良いデザインとは思わないが、幅広いユーザーに受け入れられるデザインだと思う。

      いかにも三菱らしいまじめなクルマ作りが特徴で、後席の中央にも3点式シートベルトとヘッドレストレイントを用意するなど、基本的なことをちゃんとやっている。横滑り防止装置のASCが4WD車だけに標準で2WD車はオプションという点だけがやや弱いが、安全
      続きを読む 装備は全体として合格点を付けていい。今どきの国産車としては珍しいくらいの設定である。ほかのメーカーも見習って欲しい。

      比較的軽く作られたボディに1.8LエンジンとCVTの組み合わせを搭載することで、SUVとしてはかなり燃費の良いクルマに仕上げているのもポイント。全車がエコカー減税の対象になった。インパネ内に設けられた瞬間燃費と平均燃費が同時に確認できるメーターも、実用燃費向上の励みになるので良い。

      ただ、乗った後の印象が何とも希薄で特徴に欠けるのが難点といえば難点。普通に良くできたクルマなのだが、何ともインパクトに欠ける印象なのだ。

      先にギャランフォルティスにも搭載された1.8Lエンジンは燃費には優れるものの、アクセルを踏み込んで追い越し加速を得たいときなどはもうひとつ力不足の印象もある。102kW/172N・mのパワー&トルクはこのクラスの平均的な実力である。

      E、S、Gの3グレードが設定されて、各グレードに2WDと4WDがある。2WDにするか4WDにするかは積雪地に住んでいるかどうかで決めたら良いと思う。ただ、どうせRVRを買うなら4WDを選んだほうが良いと思う。4WD車は2WD車に対して26万2000円高の設定で、価格差がちょっと大きめの印象もあるが、これは4WD車には横滑り防止装置のASCが標準で装備されるため。それを考えると納得モノの価格差だ。

      グレードによって装備の違いがあり、それが価格差につながっているが、最上級グレードのGに買い得感がある。ほかのグレードを選んでオプション装備を追加するくらいなら、最初からGを選んだほうが良い。

      三菱が久々に投入した期待の新型車ながら、SUVの市場が縮小した日本でどれだけ販売台数を伸ばせるか。そこそこ手頃な価格設定には十分な競争力があるが、だからといってたくさん売れて大ヒットするようなクルマでもなさそうだ。

      参考になった 26人
      2010年12月29日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 4
      インテリア 3
      エンジン 3
      走行性能 3
      乗り心地 3
      燃費 4
      価格 4
    • 〈車両情報〉
      ・35000km走行の中古車を購入
      ・エアフィルタ、スパークプラグ、バッテリは純正交換
      ・AS&GOはキャンセラーにて常時キャンセル
      ・ボンディング
       エンジンフード、左右フェンダー、ヘッドカバー、
       E/Gヘッド、E/Gブロック、エキマニ、テールパイプに取り付け
      ・使用EGオイル:バルボリン MAX LIFE SN+ 全合成 5W-30

      〈1年間走行しての実燃費〉
      通年:12.93km/L (実走行20603km/消費燃料量1593L/給油回数47回)

      1~3月:12.74km/L
      4~6月:14.49km/L
      7~9月:12.64km/L
      1
      続きを読む 0~12月:12.33km/L

      ※カタログ燃費 4WD:14.0km/Lなので約9割。常時4WDロックなのを考えれば上々。


      〈タイヤ交換効果〉現在データ集め中

      ・新車装着 YH ASPEC 215/60 R17
       走行期間 17529km(R1.6月 5.5mm⇒R2.4月 4.0mm)
       通年燃費 12.59km/L
       
      ・摩耗交換 YH BluEarth-XT AE61 215/60 R17
      走行期間 1606km(R2.5月 新品~)
      通年燃費 16.86km/L 
       ⇒通勤のみなのに燃費が随分跳ね上がるが…データN増し収集中

    • 2代目RVRスポーツギアの後期モデルです。

      5年くらいで買い替えのつもりが、乗り心地が良いので、20年も経ってしまいました。同型車は、ここ数年とんと見てません。

      20年間ほとんどノートラブルでした。3年前にエアコンガスが抜けたくらいです。18年も使えば、エアコンもへたるんでしょう。穴を塞いだら、またギンギンに冷えるようになりました。
      唯一の悩みは、市中7km/lの燃費です。高速だと、14km/lまで伸びるので、遠乗り専用にしてます。2400ccは、パワフルで疲れません。

      あと、9年、頑張って欲しいです。30年乗れば、クラシックカーの仲間入りできそう。

      なお、昨年全塗装
      続きを読む (30万円くらい)したので、見た目ピカピカの新車です。じっと見ていく人もいます。
    • ※2018年モデルの最新型は自動ブレーキやクルーズコントロールが標準になり、価格も下がなりました。モデル末期ですが他のメーカーに比べても安いので気になる方は試乗をおすすめします。
      以下は平成27年の購入時のレビューです。

      平成27年に、走行距離が殆どない元試乗車の2012年モデルRVRのGグレード(FF)を購入し、1年ちょっと経過したので、再レポートしてみたいと思います。

      【エクステリア】
      先日、アメリカで発表されたフロントマスクはアウトランダーと同じダイナミックシールド(2016年モデル?)で格好良いと思います。人によっては2015年モデルのグリルや、フロントフェンダーのサイ
      続きを読む ドミラーをドアミラーと一体化したタイプの方が好みかも知れませんが、自分はジェットファイターグリルやサイドミラーが良かったので敢えて2012年モデルの中古を購入しました。

      【インテリア】
      シンプルすぎるかも知れません。そのせいか、2015年モデルではセンターパネルをピアノブラックに変更しています。三菱は財政上の都合なのか、アウトランダーからekシリーズまでステアリングが同じという徹底ぶりです。

      【エンジン性能】
      2011年10月のMCで1.8LエンジンがDOHCからSOHCになりました。また、アイドリングストップが標準化し、燃費、停車中の静かさを重視し、そちらのモデルを購入しました。

      【走行性能】
      発進は重めで、街乗りはかったるいと感じる方もいると思います。逆に高速等では80キロ以上から走りやすい感じがあります。発進のかったるさは、2015年モデルではCVT8で改善されているようです。本当はクルーズコントロールが標準の2010年モデルが最高だったのですが、2012年モデルでは廃止されており、中古での購入だったため後付けできず残念でした。ブレーキ性能ですが、以前載っていたランサーセディアワゴンの方が圧倒的に効きました。自動ブレーキが標準化されていないのが残念です。

      【乗り心地】
      アウトランダー譲りのプラットフォームを使っているおかげか、実際より大きな車に乗っているような安定感を感じます。乗り心地もソフトです。2015年モデルでは更にボディー剛性も上げているそうですが、逆に足回りは固めになっているようです。

      【燃費】
      GのFFですが、街乗りで11~12、高速で14〜15くらいです。以前乗っていたセディアワゴンより燃費が良いです。

      【価格】
      新車だと本体230万円、それにナビ、バックカメラやETC等のオプションを入れると、値引き入れても諸費用込みで260万円程度かかってしまいますが、2年落ちの試乗車落ちの中古で本体価格170万円、オプション、諸費用入れて200万円程度で購入したので満足です。探すとディーラーの試乗車落ちは結構あり、お得感があります。

      【総評】
      大きさは日産ジュークやスズキエスクードとほぼ同じですが、RVRはアウトランダーのプラットホームを使っており、見た目以上の乗り心地や剛性の良さがあります。
      ただ、三菱であること、自動ブレーキが無いことが足を引っ張って売れていません。それが気にならないのであれば、そのおかげで新車値引きは大きいし、中古車も安く買えるので、ぜひ試乗してみてください。

    RVRのクチコミ

    (475件 / 73スレッド)

    クチコミ募集中

    RVRのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    RVR 2010年モデル

    RVR 2010年モデル

    RVR 2010年モデルのクチコミを書く
    RVR 1997年モデル

    RVR 1997年モデル

    RVR 1997年モデルのクチコミを書く
    RVR

    RVR

    RVRのクチコミを書く

    閉じる

    RVRのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    RVR 2010年モデル

    RVR 2010年モデル

    RVR 2010年モデルのクチコミを書く
    RVR 1997年モデル

    RVR 1997年モデル

    RVR 1997年モデルのクチコミを書く
    RVR

    RVR

    RVRのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ175
      • 返信数11
      • 2020年1月9日 更新
      6年半経過して寒冷地の宿命でしょうが、マフラーから異音
      早速 ディーラーへ持ち込むと センターパイプ+マフラー¥13万の見積りでした。

      簡易修理を希望しても ディーラーは全交換を主張 納得いかないのでGSでリフトにあげると…
      センターパイプの保護カバーのネジが腐り バリバリ鳴ってるだけで 本体に穴は0でした。
      不正燃費で売り上げ減 そして修理車検も減なんでしょうが
      続きを読む、正規ディーラーが 平気で顧客を騙します。
      みなさんも 車のセカンドオピニオンしてください。
      • ナイスクチコミ93
      • 返信数16
      • 2019年9月23日 更新
      現在CX−3のD乗りですが、最初の車がランサーで、往年のパジェロやVR−4などの名車のファンです。全く取り上げれないので、上げましたw
      本日会社帰りに隣にあるディーラー寄って、現車を見ようとしたけど、やはり無かったw、エンジンや足回りは昔のままですが、エクリプスのターボやディーゼルが乗れば、CX−30の競合になるかもです。期待してます。

      • ナイスクチコミ31
      • 返信数5
      • 2018年10月3日 更新
      三菱自動車は2018年9月6日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同日販売を開始した。

      今回の改良では、安全装備の設定を拡大。衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報システム、オートマチックハイビームを全車標準装備とした。

      また後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付き)や、後退時車両検知警報システムを、全車にオプション設定した。

      なお、
      続きを読む2017年10月に設定した特別仕様車「アクティブギア」については、今後も販売が継続される。

      価格は210万4920円から269万2440円。

    RVRの中古車

    RVRの中古車相場表を見る

    RVRとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止