スズキ エスクードの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

スズキ エスクードの新型情報・試乗記・画像

エスクードの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

エスクードのモデル一覧

エスクードのレビュー・評価

(50件)

エスクード 2015年モデルの満足度

4.36

(カテゴリ平均:4.31)

    エスクード 2015年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • エスクード 2015年モデル  4代目エスクードは過去の3世代のエスクードとは趣を異にするクルマだ。過去の3世代は、ラダーフレーム方式のボディ構造(3代目はビルトインフレーム)を採用していたのに対し、4代目エスクードはモノコックボディになった。

       また過去の3世代はエンジンを縦置きに搭載するFR由来のメカニカルな4WDだったのに対し、今回のモデルはエンジンを横置きに搭載するFFベースの電子制御4WDになった。4代目エスクードは名前こそエスクードを継承するが、過去の3世代とは丸で違うクルマである。

       4代目エスクードには、スズキがミュゼオ御殿場をベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両
      続きを読む に試乗した。試乗グレードは4WDだった。また試乗会のほかにも別途個別に広報車を借り出し、河川敷のオフロードに持ち出して走破性を確認した。

       外観は普通の日本車とはやや異なる感覚のデザインで、これまでのエスクードに採用されていたクラムシェル(貝殻)タイプのボンネットフードを始め、スズキのSUVイメージを継承している。メッキのフロントグリルと丸型4灯式のLEDヘッドランプ(ロービーム)などが特徴だ。

       インテリアはほめて言うならSUV的な力強さと乗用車的なスポーティさを兼ね備えたものということになるが、ブラック基調のインテリアにシルバーの加飾というのでは、何とも古典的なSUVといった印象でもある。

       着座位置はやや高めながら、乗降性に不満はなく、アップライトな運転姿勢によって前方視界が大きく開けている。シートリフターやチルト&テレスコピック機能付きのステアリングによって、最適のドライビングポジションを取りやすい。シート形状はホールド性にも配慮されていて、4WD車にはシートヒーターも装備される。

       新型エスクードの走りはオンロードでは軽快なフットワークを、オフロードでは力強い走破性を感じさせるものだった。

       搭載されるM16A型エンジンは直列4気筒1.6Lの自然吸気DOHCで、86kW/151N・mのパワー&トルクを発生する。際立ってパワフルな実力ではないが、4WD車でも1210kgという相当に軽量なボディのため、力不足を感じるようなことはない。ボディはエスクード2.4に比べると400kmも軽いのだ。

       アクセルワークに対して素直に反応してクルマが動くほか、電子制御6速ATのスムーズな変速と合わせて爽快なドライブフィールを感じさせる。時速100kmでのクルージングでは、エンジン回転数が1800回転ほどに抑えられ、燃費も4WD車が17.4km/L(FFは18.2km/L)だからSUVとして優れた数値を得ている。

       オールグリップと呼ぶ電子制御4WDシステムはドライのオンロードでも効果を発揮する。4WDの駆動力配分を電動パワーステアリングと協調制御し、コーナーでの前後の駆動力配分を最適化するので、安定した姿勢でコーナーを抜けられる。これがオンロードでの軽快な走りにつながっている。

       悪路というか、道路から外れたオフロードにまでクルマを持ち出して試したら、想像する以上に高い走破性を持つことが分かった。

       ヘビーデューティーなメカニカル4WDも良いが、電子制御4WDはメカニカル4WDに比べていろいろなことができるので、その走破性はあなどれない。特にエスクードに搭載されたオールグリップはロックモードまで備えていて、緊急時の脱出機能を確保している。本格派クロカン4WDに匹敵する走破性を持つと考えていい。ヒルデセントコントロールなど4WDに必須の電子制御装備も用意されていて、悪路での安定した走行性能につなげている。

       オールグリップには、オートを基本にスポーツ、スノー、ロックという4つの走行モードが設けられている。エンジンを始動すると常にオートモードから始まるが、これは通常は2WDで走行して燃費を確保し、前輪のスリップを検知すると自動的に後輪に駆動力を配分して安定した4WD走行を実現する。ふだんはこの状態で走れば良い。

       スポーツモードは後輪に駆動力を配分して積極的に4WDシステムを使って加速の力強さやコーナリング時の旋回性能を高めるもので、スノーモードは雪道などの滑りやすい路面での走行に適したモードで、グリップ力を重視した走りを実現する。ロックモードは緊急用の脱出モードで、スノーモードを選んだ上で選択できる。

       オールグリップは電子制御4WDながら優れた悪路走破性を持ち、それでいながらFF由来の4WDらしい軽快さも備えている。日常のオンロードでの走りはとても快適だ。電子制御4WDは通常は2WDの状態で走るので、燃費の悪化も抑えてくれる。新型エスクードは、オンロードからオフロードまで、バランスの良い走りを実現するクルマと考えたら良いだろう。

       安全装備はレーダーブレーキサポートUを搭載する。これはミリ波レーダーを使った衝突被害軽減システムで、自動ブレーキの機能は最大で時速5kmから100kmの範囲で作動する。カメラを採用していないので人間を見分けることはできないが、クルマなどの障害物に対しては高い効果を発揮する。

       4代目エスクードの価格はけっこう抑えられている。FF車なら210万円強の設定で、4WD車でも240万円弱だ。カーナビやオーディオがオプション設定なので、これを装着する必要があるが、それを含めて考えてもかなりリーズナブルな水準である。スズキは年間1200台という極めて控えめな販売目標台数を設定しているが、実際には目標を大きく上回って売れると思う。

       ただエスクードに対しても注文を付けたいことはいくつかある。たとえば、SRSサイド&カーテンエアバッグが装備されていないことはそのひとつ。最近は側面衝突時の安全性が重視されるようになっているので、早期の設定を望みたい。


      参考になった 44人
      2016年5月14日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 3
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 4
      価格 4
    • 再々レビューですm(__)m
      満足度は変わりません、最高の相棒です!
      ですが納車時に気づかなかった微妙な点が見えてきたので覚書として残して措きます↓

      ・リアのドアパネルの音響関係がショボイ
      →6スピーカのフレコミで思わず喜びましたが、デッドニングしようとバラしたら最低限の制振材だけでスッカスカでした。スピーカも紙なので音を鳴らしきれないかも。フロントドアはしっかり制振されてたのでスズキの割り切り感が凄いです(この思い切りの良さが低コストに繋がってる?)

      ・レーダーブレーキがたまに不調に
      →個体差があるので、全員ではないと思いますが自分の相棒は二ヶ月に一回おかしくなります。寒
      続きを読む いときになりがちかな?自分の場合はエンジン切って再度始動すると直ります。

      ・収納があんまりない
      →前がホ○ダだったので差があるのは当然かも
      (ホ○ダは好きじゃないけど、ホ○ダ車のユーティリティの良さは世界一だと思う)

      ↑ドアの制振やユーティリティは自分で工夫して何とかなるレベルなので、唯一の不満はレーダーブレーキかな?これから購入を検討されるかたはデュアルブレーキなので関係ないかも?
      そしたら最高の車でっせd(^ω^;)

      兎に角自分は買って大満足してます(笑)
      10年は最低でも乗りたい!…塗装大丈夫かなぁ

      ★=====================★

      下記に能書きを垂れてしまいましたが、遂に購入!
      スイフトスポーツも欲しかったのですが、路面が凸凹の地域なのでSUVに…
      妻が大きい車は苦手ということでコンパクトSUVで絞ると、最終的にはVEZELとC-HR、CX-3が候補に(JUKEも良かったけど、やはりちょっと古い…RVRも同様)。走りだとC-HRも良かったがみんな乗りすぎてて…四駆も1.2ターボのみで、ハイブリッドのパワフルさに比べると…そんなことは無いかもしれませんが。
      cx-3は狭すぎるのと兄貴分のCX-5との価格差が少なすぎて辛い。
      結局最後までVEZELの後席の広さとシートアレンジの良さが心に残りましたが(前車がホンダだったし)、やはり周りが走り過ぎてるのとRSがFFのみなのが死ぬほどもどかしくてエスクードに心惹かれました(笑)

      乗り心地は抜群で、コーナーではしっかり脚が動くし直線ではしっとりした乗り心地。1.4ターボは良い加速感でカイエンやウルスみたいなのを望まなければ十分だと思います(フォレスターXTと比較されると弱いけど、もう新車でないし…)。
      シートヒーターやテレスコピックステアリングコラムなど有ると嬉しいものが過不足なくついてるのも良いです。レーダーブレーキも今のところ誤爆はありません。
      強いて弱点を言えば後席の狭さですね。フロントシートを一番後ろまで下げてしまうと170センチ程の人だと膝がシートバックに刺さります(シートバックカバーが無いので触れててもそこまで痛くありませんが)。五人乗車する際は乗員の身長を考慮して席順を決めないと大変です。

      まだ2000キロ程ですが買って良かったと思います。
      スズ菌に犯されてると言われたらそれまでですが…

      ★=====================★

      エスクードと言えばcr-v、rav4と並びコンパクトsuvの開祖とも言える存在。しかし、現在コンパクトsuvと言えば、cr-v→ヴェゼルやrav4→C-HRになり、エスクードはなんとも言えないたち位置になっている。
      街中で探してもほとんど見かけないことからも、この車の存在感の希薄さが伺える。
      そういう意味では、他人と被らない車を探してる人には持って来いの車かもしれない。
      欧州生産のこの車の動力性能や乗り心地は高いレベルに設定されているし、オールグリップによる電子制御はFFベースになったからといってエスクードから離れて行った人達を後悔させるほど強力で使いやすいシステムだ。シートヒータやACCなども全適で(てか、グレードが一個しかない)、コスパも高い。お買い得車である。不人気故に値引きもクロスビーや同型エンジンを積むスイフトスポーツと比較すればかなり期待できる。今の流行りに流されない、伝統のクラムシェルボンネットを基軸にしたカクカクしたデザインも目を惹く。
      もちろんデメリットもある。
      C-HRみたいな内装の質感はないし、ヴェゼルのように広くない(特に後部座席)。cx-3のような先進機能や、xvのような安全機能もない。本格的に山に入るならジムニーシエラのような車の方が良いし、カクカクデザインだったらレネゲードなんてのもある。値引きならジュークやRVRもある。
      ただ、総合力で見るならエスクードに軍配が上がるのではないか?車という日常に溶け込む相棒としての懐の深さ(悪く言えば器用貧乏?)がこの車にはあると思う。
    • 【エクステリア】
      性能考えるとエクステリアにそれほど開発費を割けないのでしょう。
      【インテリア】
      無骨で飾り気ないけど、機能面は問題なし。
      【エンジン性能】
      扱いやすいトルク特性。
      【走行性能】
      オンロードのみですが、不満ない加速と減速。車重の軽さも効いてます。
      【乗り心地】
      多少コツコツします。もう少し良いダンパー入れて欲しいが不快な揺れが続くことはありません。国産車の中ではシートの作りはよいので乗り心地に貢献してます。ロードノイズ、エンジン音はそれなりに入ってきます。
      【燃費】
      不明
      【価格】
      エクステリアとインテリアに納得出来れば、充実した安全装備と走行性能そし
      続きを読む て値引きも考えたらかなりお買い得です。
      【総評】
      2018年12月のマイナーチェンジにより、安全装備が充実しました。ハンガリー生産の海外組ですが、コスパに優れ道具としてガンガン使い倒すには良い車です
    • 一年乗っての再レビューです。

      前回のレビューで挙げた良い部分はそのままですが、
      少し触れたアイスバーン路面でのふらつき。
      もっと詳しく書くと、左右のタイヤが通る場所のμが違うとき、
      自動でリヤのトルク配分を行って修正しようとしているのでしょうか。
      その挙動の違和感が我慢できず、走行距離10000km足らずで手放すことになりました。

      特にそれが顕著なのがAUTOモード。
      SNOWやSPORTでは、若干ながらリヤにも駆動が掛かっているので違和感は少ないのですが、
      直進時は基本FFのAUTOでは、スリップの感知に対してトルク配分が大きいのか、
      滑るほうだけに駆動を増やしてい
      続きを読む るのか、真っ直ぐに走ってくれません。

      そして、車両運動協調システムがコーナーリングの際に内側にブレーキ制御をかけてくれるのですが、コーナーの最中に路面μが変わると一定のRで曲がってくれない。
      これはこまめにリヤのトルク配分を変えて、極力燃費の良いFFにしようとする制御の弊害ではないかと。
      スバルのアクティヴ・トルクベクタリングやマツダのGベクタリングでは、これほど違和感を感じなかったので、単純にスズキの制御がダメなのか?
      それとも僕の買ったエスクードの個体差・・・出来が悪かったのか?

      これではビスカスカップリングだけのアルトより安心して走れない。
      と言うか、軽自動車は雪道ではフラ付くのが当たり前って感じで納得できてしまう。
      しかし、エスクードみたいな車格の車でこれはダメでしょ。
      絶対的な販売台数も少ないし、北海道のアイスバーン地域でエスクードを乗っている人も少ないんでしょうが、他に不満が聞こえてこないのが不思議なレベル。

      エクステリア、1.4ターボエンジン、6ATの気持ちよさ、ブレーキのタッチ、
      FFのスイスポよりもエスクードにこそふさわしいと言えるマッチングの良さです。
      アイスバーンの無い地域や都市部で乗る分には問題有りませんが、
      4輪がしっかりと接地している感の欲しい人は、
      納得するまで試乗してみることをお勧めします。


    エスクードのクチコミ

    (1188件 / 197スレッド)

    クチコミ募集中

    エスクードのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    エスクード 2015年モデル

    エスクード 2015年モデル

    エスクード 2015年モデルのクチコミを書く
    エスクード 2.4 2005年モデル

    エスクード 2.4 2005年モデル

    エスクード 2.4 2005年モデルのクチコミを書く
    エスクード

    エスクード

    エスクードのクチコミを書く

    閉じる

    エスクードのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    エスクード 2015年モデル

    エスクード 2015年モデル

    エスクード 2015年モデルのクチコミを書く
    エスクード 2.4 2005年モデル

    エスクード 2.4 2005年モデル

    エスクード 2.4 2005年モデルのクチコミを書く
    エスクード

    エスクード

    エスクードのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ12
      • 返信数5
      • 2019年3月7日 更新
      昨年12月マイナーチェンジ後のこの車のスピーカーを交換された方はいらっしゃいますでしょうか?
      もしよろしければスピーカーとバッフルボード等の型番を教えて下さい。

      この車を購入検討中でフロントスピーカーを純正から替えたいのですが…
      マイナー車のためスピーカーの適合がわかりません。今後もわからないままかも知れません。
      某オレンジ色と黄色の店いずれも「マッチングがわからな
      続きを読むいからお受けできません」とのこと…。

      なので自力でのスピーカー交換を考えています。(自力ではバッテリー、タイヤ交換程度のレベルですが)
      当方「純正はチョット…」ということでメーカーはどこでもいいのですがセパレートでミドルクラス以上のものにしたいと考えています。

      他メーカーの競合SUVであればこんな悩みは…と考えると何だか悔しいです……

      なので社外のスピーカーに交換された方がいらっしゃいましたら是非よろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ107
      • 返信数9
      • 2019年1月13日 更新
      良い車なのだが、ガソリン価格高騰のこの時代に車重量以外の燃費対策なし
      本当に一部で噂の日本での販売終了する気なのだろうか?と思ってしまいます
      • ナイスクチコミ41
      • 返信数12
      • 2019年1月3日 更新
      コンビニ、ドラックストア等で、ドアミラーが細いのか、駐車スペースの白線が見えず、駐車に苦労しています。
      取替えで純正よりも縦長の製品とか、アフターパーツで良いものがありましたら是非
      ご教示お願いいたします。
      加齢のためもあると思いますが、夜間の、特に雨天時の運転でミラーの情報が読み取れません。夜間雨天時
      運転が怖いです。

    エスクードの中古車

    エスクードの中古車相場表を見る

    エスクードとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止