スズキ スイフト 2017年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

スイフト 2017年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
XG2018年10月11日/マイナーチェンジ134万円 68〜113万円   FF 5人 24.0km/L 1,242cc 870kg 91ps
XG (MT)2018年10月11日/マイナーチェンジ134万円 55〜150万円   FF 5人 23.4km/L 1,242cc 840kg 91ps
XGリミテッド (MT)2017年11月13日/特別仕様車145万円 79〜149万円     5人 22.6km/L 1,242cc 860kg 91ps
XGリミテッド2017年11月13日/特別仕様車146万円 99〜127万円     5人 24.0km/L 1,242cc 890kg 91ps
XG 4WD2018年10月11日/マイナーチェンジ149万円 89〜135万円   4WD 5人 22.8km/L 1,242cc 930kg 91ps
XR Limited (MT)2018年10月11日/特別仕様車150万円 120〜159万円   FF 5人 22.6km/L 1,242cc 870kg 91ps
XR Limited2018年10月11日/特別仕様車150万円 119〜147万円     5人 24.0km/L 1,242cc 900kg 91ps
XL (MT)2018年10月11日/マイナーチェンジ155万円 79〜155万円   FF 5人 22.6km/L 1,242cc 860kg 91ps
XL2018年10月11日/マイナーチェンジ155万円 79〜139万円   FF 5人 24.0km/L 1,242cc 890kg 91ps
XGリミテッド 4WD2017年11月13日/特別仕様車161万円 127〜159万円   4WD 5人 22.8km/L 1,242cc 950kg 91ps
XR Limited 4WD2018年10月11日/特別仕様車165万円 144〜185万円   4WD 5人 22.8km/L 1,242cc 960kg 91ps
XL 4WD2018年10月11日/マイナーチェンジ171万円 123〜159万円   4WD 5人 22.8km/L 1,242cc 950kg 91ps
HYBRID ML2018年10月11日/マイナーチェンジ162万円 89〜172万円     5人 27.4km/L 1,242cc 900kg 94ps
HYBRID RS2018年10月11日/マイナーチェンジ169万円 109〜178万円     5人 27.4km/L 1,242cc 910kg 94ps
HYBRID ML 4WD2018年10月11日/マイナーチェンジ177万円 115〜167万円   4WD 5人 25.4km/L 1,242cc 960kg 94ps
HYBRID RS 4WD2018年10月11日/マイナーチェンジ184万円 90〜189万円   4WD 5人 25.4km/L 1,242cc 970kg 94ps
RS (MT)2018年10月11日/マイナーチェンジ168万円 99〜195万円     5人 22.6km/L 1,242cc 870kg 91ps
RS2018年10月11日/マイナーチェンジ169万円 146〜164万円     5人 24.0km/L 1,242cc 900kg 91ps
RSt2018年10月11日/マイナーチェンジ170万円 118〜192万円     5人 20.0km/L 996cc 930kg 102ps
RS 4WD2018年10月11日/マイナーチェンジ184万円 149〜162万円   4WD 5人 22.8km/L 1,242cc 960kg 91ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
XG2017年1月4日/フルモデルチェンジ

134万円

68〜113万円   FF 5人 24.0km/L 1,242cc 870kg 91ps
XG (MT)2017年1月4日/フルモデルチェンジ

134万円

55〜150万円   FF 5人 23.4km/L 1,242cc 840kg 91ps
XG 4WD2017年1月4日/フルモデルチェンジ

149万円

89〜135万円   4WD 5人 22.8km/L 1,242cc 930kg 91ps
XL2017年1月4日/フルモデルチェンジ

146万円

79〜139万円   FF 5人 24.0km/L 1,242cc 890kg 91ps
XL (MT)2017年1月4日/フルモデルチェンジ

146万円

79〜155万円   FF 5人 22.6km/L 1,242cc 860kg 91ps
XL 4WD2017年1月4日/フルモデルチェンジ

161万円

123〜159万円   4WD 5人 22.8km/L 1,242cc 950kg 91ps
RS2017年11月13日/マイナーチェンジ

159万円

146〜164万円   FF 5人 24.0km/L 1,242cc 900kg 91ps
RS (MT)2017年1月4日/フルモデルチェンジ

159万円

99〜195万円   FF 5人 22.6km/L 1,242cc 870kg 91ps
RS 4WD2017年11月13日/マイナーチェンジ

174万円

149〜162万円   4WD 5人 22.8km/L 1,242cc 960kg 91ps
RSt2017年1月4日/フルモデルチェンジ

170万円

118〜192万円   FF 5人 20.0km/L 996cc 930kg 102ps
HYBRID ML2017年1月4日/フルモデルチェンジ

162万円

89〜172万円   FF 5人 27.4km/L 1,242cc 900kg 94ps
HYBRID ML 4WD2017年1月4日/フルモデルチェンジ

177万円

115〜167万円   4WD 5人 25.4km/L 1,242cc 960kg 94ps
HYBRID RS2017年1月4日/フルモデルチェンジ

169万円

109〜178万円   FF 5人 27.4km/L 1,242cc 910kg 94ps
HYBRID RS 4WD2017年1月4日/フルモデルチェンジ

184万円

90〜189万円   4WD 5人 25.4km/L 1,242cc 970kg 94ps

スイフト 2017年モデルのレビュー・評価

(93件)

スイフト 2017年モデルの満足度

4.25

(カテゴリ平均:4.31)

    スイフト 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • スイフト 2017年モデル スイフトは2000年に軽自動車のプラットホームをベースに作られた初代モデルが存在するが、実質的には2004年に発売された2代目モデルから始まったと考えても良い。世界市場に通用するクルマ作りを目指し、プラットホームから新開発したのが2代目スイフトだったからだ。

      2016年12月に発表、2017年1月から発売されたのは実質的に3代目となる4代目で、改めてプラットホームを新設するなど、気合の入ったクルマ作りがなされている。

      スイフトには、スズキが幕張ニューオータニをベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードはガソリン車のRStとハイブリッ
      続きを読む ド車のRSの2モデルだった。

      外観デザインは、スズキに言わせればスイフトのDNAを継承した存在感のあるデザインといことになるが、際立って特徴的かといえば必ずしもそのような印象ではない。むしろ世界にさまざまな個性を備えたコンパクトカーがある中で、競合車の中に埋もれてしまわないかと思われるようなところがある。

      内装はコンパクトカーとして水準に達する質感を備えていて、メーターパネル中央の液晶画面にはいろいろな表示が選べるほか、さまざまな走行情報を同時に表示することできる。相当に使い勝手の良いクルマでもある。シートはしっかりした座り心地でホールド性を高める改良も加えられている。

      インテリア回りについて注文を付けるとしたら後席の居住性で、競合車のひとつであるフィットが広い後席を持つのに比べるとかなり狭い印象になる。ただ、前席重視の空間設計はスイフトの個性ともいうべきもので、最初から後席に人を乗せることを重視していない。後席に乗せたいならソリオなどを選んで欲しいというとこだろう。

      RStに搭載されるエンジンは直列3気筒1.0LのDOHC直噴ターボ仕様だ。先に発売されたバレーノに搭載されるのと同じK10C型だが、バレーノでは無鉛プレミアムガソリン仕様になっていたのが、スイフトでは無鉛レギュラーガソリン仕様とされている。バレーノのときにはさんざん文句を言ったが、国内で売ろうと思ったら今どきプレミアムガソリン仕様はあり得ないだろう。

      ただし、バレーノが82kW/160N・mの動力性能を発生するのに対し、レギュラーガソリン仕様になったスイフトの動力性能は75kW/150N・mとやや劣る数字になっている。これは止むを得ないところである。

      エンジンは最近の直噴ターボ仕様らしく、低回転域からターボが効きだす設定。その分高回転域での伸びには物足りなさがあるかも知れないが、そんな走りが必要なシーンはごく限られたシチュエーションだけだ。低回転域から常用回転域あたりのトルク感はとても気持ちが良いもので、1tを切るスイフトのボディをけっこう元気良く走らせることができる。6速ATも上々の変速フィールだ。

      1.0Lターボはハイブリッドに比べると燃費が悪いのが難点だ。またFF車だけラサラインナップされていない。燃費はハイブリッドがマイルドハイブリッドとはいえ27.4km/Lを達成しているのに対し、RStは20.0km/Lにとどまるからだ。それなりに元気の良い走りが可能とはいえ、この燃費の差は大きい。エコカー減税のレベルに届いていないのは辛い。

      そう遠くない将来に、さらにスポーツ度を高めたスイフトスポーツが登場してくるはずだ。そのことを考えると、スポーツモデルが欲しいならスイスポを選べば良いので、今の時点でRStを選ぶ理由はそう多くないように思う。まあスイスポはRStよりもずっと高くなるだろうから、RStがちょうど良いと考えるユーザーがいるかも知れないが。

      もうひとつの試乗車であるハイブリッドのRSは、なかなか具合の良いクルマだった。RStがけっこううるさいクルマであるのに比べ、ハイブリッドは静かでスムーズな走りが可能。走りの質感という観点から考えるとRStよりハイブリッドのほうが断然優位に立つ。

      ハイブリッドの搭載エンジンは直列4気筒1.2LのK12C型。デュアルジェットにより67kW/118N・mの動力性能を発生する。これにモーター機能付き発電機のISGとリチウムイオン電池を組み合わせて搭載する。マイルドハイブリッドなのでモーターによるアシストはほんのわずかでしかないが、発進加速のときなどにアシストが加わるので、並の1.2Lエンジンを超えた走行フィールが得られる。しかも静かで滑らかである。

      トランスミッションは無段変速のCVTだが、パドルシフトを備えていて、マニュアル車感覚の走りを楽しむこともできる。

      新型スイフトが全体に軽快な走行感覚が得られるのは、ひとつは新プラットホームにより120kgに達する大幅な軽量化が図られたことが理由だろう。新型スイフトは全車が1tを切る車両重量となっている。もうひとつはRS系についていえば、ヨーロッパで磨き込まれた足回りを採用していることだ。日本よりも速度域の高いヨーロッパでの走りを基準にすることで、乗り心地をスポイルすることなく優れた操縦安定性を発揮するクルマに仕上げられている。これはターボとハイブリッドに共通する特徴だ。

      安全装備の充実化も大きなポイントだ。単眼カメラ+赤外線レーザーのデュアルセンサーブレーキサポートという新しい自動ブレーキを採用している。軽自動車などに採用するデュアルカメラブレーキサポートとどちらが良いかは微妙なところだが、人間も見分けて満足できる性能を備えていると考えていい。

      スイフトには欧州での販売も考えてか、アダプティブクルーズコントロール用のミリ波レーダーも備えている。本当なら、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた方式にしたほうが良かったのにと思うが、どうやら自動ブレーキとクルーズコントロールの要素技術は、それぞれが別に開発されていたため、このような設定になったようだ。

      参考になった 41人
      2017年4月29日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 3
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 4
      価格 4
    • 納車されて、ちょうど1カ月で、7,000kmちょっと走らせたので、再び、レビューします。

      【エクステリア】
      新色のバーニングレッドパール・メタリックは、洗車して綺麗な状態を保つと、爽やかな赤ですが、この梅雨の時期で、ボディーが汚れますが、少しくらいの汚れだと、あまり目立たず、暗めの赤に変化するくらいなので、あまり汚さないに越したことはないですが、お手入れは、神経質にならなくて良さそうです。(前の車の色が、黒だったので…)

      【インテリア】
      エアコン操作が、右のダイヤルのオートボタンを押して、左のダイヤルで風量調整、右のオートボタンのあるダイヤルで温度調整と、運転中でも見ないで操作
      続きを読む ができるので、非常に楽です。

      【エンジン性能】
      排気量1,242ccに、車の重量910kgの軽さというところで、他の1,500ccクラスの車より、加速が速い感じで、軽くアクセルを踏めば、簡単に50km/hくらいは出ます。
      加速がひと段落(?)すると、ヒュオンというような、少し高めのエンジンの抜ける音がするのが特徴的だなと思いました。

      【走行性能】
      この車は、コーナーを攻めるために創られた車だと思ってしまうようなくらい、グリップ力があります。
      舗装されている山道を、パドルシフトを上手に使いながら、70〜80km/hでの攻めの運転ができます。

      (注)レグノGR-XIIをはいて、やってるので、良い子は、真似をしては、いけません。

      【乗り心地】
      納車日に純正タイヤのエコピアから、レグノGR-XIIという、いいタイヤに付け替えたので、静粛性抜群で、振動も少なく、長い時間、乗っていても、あまり疲れません。

      【燃費】
      写真にアップした、燃費計の数値は、慣らし運転をやったあと、mobil1のESP(5W-30)という、エンジンオイルに交換して、エアコンOFFの状態で、埼玉県から、道の駅いたこ(茨城県潮来市)に利根水郷ラインを使って走ったときの数値で、約90kmの道のりでしたが、28.4km/Lという、カタログ値を超える数値を叩き出しました。
      (実燃費は、燃費計よりも少し低いです。)

      【価格】
      トータルで200万円です。スズキセーフティサポートパッケージの装着されてないもので、発注をかけたのですが、在庫がないと後から言われて、安全装置は半額で付けてもらったので、オプション値引きはその額です。

      【総評】
      最近の軽自動車は、カスタムモデルや特別仕様車などのモデルがあって、価額が高騰してきているのですが、維持費は、確かに軽自動車の方が安いです。
      思い当たる諸費用を並べていきます。
      毎年納める自動車税。
      軽自動車の新車が11,000円
      排気量1,000cc未満なら29,500円
      排気量1,500cc未満なら34,500円

      オイル交換時のオイル量が、若干増えるので、費用がかさむ。(4L缶を買って、余ったオイルは、持ち帰り、次に使う。ただし、鉱物油は、酸化しやすいので、部分合成油か全合成油にすること。)
      タイヤの交換時、タイヤが大きい分、タイヤ代が少し高い。
      車検代や車両保険料が軽自動車より高い。

      ただ、カーライフを考えると、同じ速度で走っていても、軽自動車と普通乗用車では、まわりの反応が明らかに違うので、私は、運転のストレスが、かなり減ったので、良かったです。
      (軽自動車だと、制限速度10〜15km/h位オーバーして走っていても、何故か煽られることが多々あり、ハザードランプを出して、道を譲ってました。
      それから、側道から右左折で、異様に割り込まれ、ブレーキを強めにかける場面が多々ありました。)

      そんな訳なので、コンパクトカーを選択肢のひとつとして、検討してみる価値はあると思います。
    • ディーラーの社用車を中古で購入しました。半年6000km乗ってのレビューです。

      【エクステリア】
      半年経っても見飽きることなく、いいデザインだなあと感じます。リアドアのノブ位置は特に違和感ありません。2ドアっぽく見えてデザイン的にはアリだと思います。
      RS系はノーマルより見た目の重心が下がりマッチョ感が強くなります。スイスポほどは威圧感がなく、節度あるスポーティーさが好印象です。ただフロントグリルの赤のラインは子供っぽくて嫌です。クロムメッキのパーツに交換したいです。

      【インテリア】
      外観同様スポーティーなデザインで、質感はそこそこ高いです。インパネはシンプルで見やすく、ボ
      続きを読む タン類は直観で操作できます。
      ハンドルは握りが太め、径が小さめで私好みです。D型形状は特に違和感ないですが、下側の表面がプラスチックになってて手触りが悪く、冬場は冷たいです。全部革巻きにして欲しかったです。
      シートは硬さやホールド感がちょうど良く、長時間運転してもお尻や腰が痛くなりません。

      【エンジン性能】
      アクセル操作に対するレスポンスは良いと思います。
      低回転では非常に静かなエンジンです。ハンドルに伝わってくる振動も小さく、アイドリング時はタコメーターで動いているか確認するくらいです。しかし2500回転あたりから煩くなり、心地よい良いエンジン音でもないため、積極的に回そうという気にはなりません。低回転でジェントルに運転するのに向いています。

      【走行性能】
      加速性能はエンジンのスペックから想像するよりずっと高いです。排気量を知らされずに運転したら1500~1600ccくらいに感じるでしょう。870kgという軽量ボディの効果は恐るべしです。
      5MTの感触はとても良いです。剛性感が高くスムースにコキコキと入ります。クラッチは軽くてつなぎやすく渋滞でも疲れません。今の時代にわざわざ新開発してくれたスズキの技術陣に感謝です。
      山道、特に下り坂では気持ちよくスイスイ曲がってくれます。高速道路での追い越し時はややパワー不足を感じます。直進性は問題ありません。
      ブレーキはとてもよく効きます。最初は少しカックンしましたがすぐに慣れました。

      【乗り心地】
      タイヤの空気圧に非常に敏感です。スズキに限らず点検に出すと必ず空気圧を高めにされるので、すぐに元に戻すようにしています。指定値は前2.5kg、後2.2kgです。前2.7kg、後2.5kgにされたときは突き上げが酷かったです。もし試乗車がこんな乗り心地だったらお客さんを逃すと思います。適正な空気圧にすれば、870kgという車重から想像するよりずっと重厚感がありあり、フラットな乗り心地です。

      【燃費】
      平日朝夕の通勤(平均時速15km程度):16km/L
      週末の郊外道路(平均時速40km程度):24km/L
      GWの高速道路(平均時速90km程度):26km/L
      が燃費計の読みです。満タン法では1~2km/L低めに出ます。
      ハイブリッドでなくアイドリングストップもなしでこの燃費が出るのは良い意味で予想を裏切られました。

      【総評】
      余計な機能を取り払い軽い車を作れば走行性能が上がり燃費も上がるというお手本のような車です。バッテリーは1万円もしない小さなもので維持費も抑えられます。これこそが真のエコカーではないでしょうか?

      【価格】
      新車価格もリーズナブルですが中古車はさらにお得でコスパ最高です。

      ※追記
      燃費計の写真をアップしておきます。関東で平地の県道と国道を60kmほど走った時の最高記録です。エアコンはONでした。
    • 【エクステリア】 XGがスポイラーでRSに変身したって感じです。

      【インテリア】 6スピーカーからRSシートまで「これでどうだ」と言っている様なてんこ盛り追加装備。

      【エンジン性能】街中走行中心なので1200ccノーマルエンジンで十分納得

      【走行性能】やはり車重が軽い為、想像より軽やかで私は満足しています。

      【乗り心地】 純正175/65r15タイヤを購入社外アルミに履かせました。私には185/55r16タイヤは固すぎます。

      【燃費】まだ乗り始めの為、正確な数字は出ていないので解り次第、報告します。

      【価格】特別仕様でかなりのオプション付、お買い得感満載で、
      続きを読む 購入価格は車両・オプション・税金含めカタログ車両価格のみにて購入。

      【総評】子供が免許取得したので子供用で初めは軽自動車でもと考えていましたが、最終的に軽自動車より安く購入できました。

    スイフト 2017年モデルのクチコミ

    (1157件 / 99スレッド)
      • ナイスクチコミ4
      • 返信数6
      • 2019年7月16日 更新
      現在、スイフト検討中です。

      グレードはXRリミテッドのCVT

      ネットや雑誌の情報より値引きが渋く、保留状態です。

      系列変えて交渉しましたが、本体値引きはどこも限界で11万。

      オプションはマット、バイザーのみだと値引き0。

      純正ナビつけると、3万引きの店と
      純正ナビとドラレコつけると8万円引きの店って感じでした。

      ナビとドラレコは社外と思って
      続きを読むましたが、あまりにも車体値引きが渋いので、純正もありかな?と思ってます。

      車体15万から20万、オプション2割引辺りを予想していましたが、時期が悪いのでしょうか?

      首都圏にいた頃は昔からメーカー問わず情報通りで交渉できていただけに、地域差もあるのかもしれませんが。(今は愛知三河です)
      • ナイスクチコミ7
      • 返信数7
      • 2019年7月13日 更新
      RStの中古を探しています。

      全方位モニターは不要と考えておりますが、
      様々なサイトで「セーフティパッケージ」と出てくる内容が、
      現行では標準となっているかと思うのですが、
      いつから標準となったのか調べきれず、教えていただければと思います。

      それにより、選び方が大きく変わるかと思いますので。
      よろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ10
      • 返信数7
      • 2019年7月8日 更新
      RSt(&AT)に乗っています。昨年3月初旬に新車購入し、1年4か月経過しています。

      最近(ここ1ヶ月くらい)になって、Mモードでパドルシフトを使ってシフトダウンする際に、
      シフトダウンしたつもりが、ギアが落ちておらず、フットブレーキを併用し減速するような現象が続いています。

      常時そうなるとは限りません。2〜3回押せばシフトダウンすることもあります。
      パドルシフ
      続きを読むトの効きが悪くなっているような感じです。
      ※シフトアップ「+」は問題なく機能しています。

      こうなる前までは「−」を押せば、確実に1段ギアが落ちていたので、
      エンブレ効かせながら減速してとういうような走りができない時があり、
      走りにくくて困っています。

      ディーラーにも相談してみましたが、周辺を走ったくらいでは、
      特に何も不具合は感じなかったそうです。 ※同乗走行したほうがいい?
      また、全国の他ディーラーにもそのような不具合の報告はないとのことです。

      6ATのパドルシフトで同じような現象が起きている方いませんでしょうか?

    スイフトの中古車

    スイフトの中古車相場表を見る

    スイフトとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止