プジョー 308HBの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

プジョー 308HBの新型情報・試乗記・画像

308HBの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

308HBのモデル一覧

308HBのレビュー・評価

(42件)

308HB 2014年モデルの満足度

4.53

(カテゴリ平均:4.3)

    308HB 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 308HB 2014年モデル GT Line プジョーのCセグメントである「308」が2世代目となり、2014年より、日本国内にも導入を果たしました。今回はメーカーの広報車両をお借りして、試乗を敢行しました。

      ライバルはすばり「ゴルフZ」。同車には、身内も所有し、散々乗っておりますが、「308GT Line」の抜かりのないデキには、驚きを隠せませんでした。

      「308」は、登場早々、「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2014」を受賞したほか、ヨーロッパの自動車業界に大きな衝撃を与えた一台です。

      エクステリアは、初代 「T7型」の彫刻的でインパクトのある顔つきから比べると、かなりオーソドックスなデザインとなり、高級感を前押
      続きを読む しにした印象です。筆者としては、初代の前衛的な顔つきが「308」という印象がなかなか取れませんが、「308GT Line」を細部まで観察すると、「ゴルフZ」を始め、世界のライバルたちにはない高級感に満ち溢れています。

      専用のフロントグリルはメッキを多用し上質感を演出。そこに、スポーティなブラックドアミラー、サイドスカートを装備する事でスポーツテイストを与えています。さらに、マットグレーダイヤモンドカットの大口径18インチ専用アロイホイールに225/40 ZR18という少々オーバースペックなタイヤを純正採用。

      インテリアもこのクラスでは、最高品質といっても過言ではありません。レッドステッチの革巻きステアリングやテップレザー&アルカンターラスポーツシートの質感も高く、センターコンソールはピアノブラック仕上げ。ブレーキ&アクセルペダルはアルミ製。乗員空間も「ゴルフZ」より広く、デザインも個性的で、プジョーの個性を細部にまで感じることができます。

      特に、ステアリング上部からメーター類を覗き込むような「i-Cockpit(アイコクピット)」は現行のプジョーが採用し、斬新です。メーターの指針が右側から反時計回りに動くタコメーターは、最初は戸惑ってしまいました。
      更に視線移動の少ないインパネ中央には、7インチの大型ディスプレイが装備され、空調、オーディオ、ハンズフリーフォン、ドライビングアシストなどほとんどの操作がタッチパネルで設定できるのも、ライバルに差をつけています。

      存在感のあるスポーティなエクステリアですが、エンジンは、1.2リッターの直列3気筒ターボ。たった1.2リッターで、しかも3気筒。このボディに相応しい走りをするか楽しみなところです。この心臓は、「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2015」にも輝いたユニットです。

      走り出して、黙っていれば小排気量であることはまるで感じません。動き出した瞬間からググッと押し出し感があり、グイグイ速度を乗せていきます。直列3気筒DOHC 1.2リッター直噴ターボエンジンは最高出力130PS/5500rpm、最大トルク230Nm/1750rpmを発生します。

      ワインディングで少々速度を上げても、プジョーの「猫足」を存分に味わえ、実にしなやかに足回りが動いてくれます。新開発のプラットフォームは、先代比100kgの軽量化を実現し、低重心化を図ったことで、左に右にロール感をまるで感じないままコーナーをクリア。225/40 ZR18というタイヤのグリップも相まって、ワインディングが実に楽しいクルマでした。

      走行モードを「ダイナミック」に切り替えてみると、メーターのバックライトが、ホワイトからレッドに。アクセルレスポンスが機敏になり、シフトタイミングも積極的に高回転を選びます。コーナーでの立ち上がりも明らかに速くなっています。また、サウンドも3気筒とは思えない野太いものに変化し、その気にさせてくれます。

      また、遊びゴコロも満載で、メーターパネル中央のマルチファンクションディスプレイには、エンジン出力やトルク、ターボ過給圧をグラフィカルなバーで表示。また、Gセンサーなどが表示されるのも、いかにもラテンのクルマで、質実剛健なドイツ車では絶対に装備しない機能だろうと感じました。

      ライバルに比べ装備も充実しながら価格も抑え、実用性に長けた「308GT Line」。走りも想像を超えるスポーティさを備えているのも大きな魅力の一つといえます。

      「ゴルフZ」の購入を考えている方に是非一度、見て欲しい一台です。



      参考になった 26人
      2017年1月16日 投稿
      満足度 5
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 5
      走行性能 5
      乗り心地 5
      燃費 5
      価格 5
    • 子供達も成人し大人数で移動する機会も減ったので来年を目処に買い換えを決意。別に新古車でいいじゃんってことで未使用外車も視野にいれ、ハイブリッドカーは好きじゃないのでディーゼルをメインに308 V40D4 MAZDA3 218Dなどをターゲットにして調査開始。GOLF TDIは来年モデルチェンジなので対象外としました。MAZDA3は静粛性は高く滑らかに走るのですがあまりにもパンチがない。VOLVO V40は逆に暴力的な加速はあるんですが立ち上がりが遅いのと低速域のカラカラ音や全体的な重さ古さが気になりました。次に行ったのがプジョー308。未使用の手ごろなモデルがあったのですが営業マンが頑張ります 続きを読む って言ってかなりの値引きを提示され試乗した段階でやられました。適度な軽さとしっかり感としっとり感。1.5Lでもトルクフルなエンジンと8速ATのリニアな加速フィール。逆回転タコメーターや擬音のエンジンサウンドとかわけのわからん仕様。なんか国産車との違いに圧倒されあれよあれよといいう間に嫁を説得し契約・納車の運びとなりました。
      【エクステリア】
      まぁ一般的なハッチバックではありますが、黒を基調とした特別仕様にブラックボディにすると、まるでダースベイダーのように不敵で格好いい。それにどっかVWに比べても品があるように見えました。
      【インテリア】
      ハンドルが小さいのがなんとも雰囲気があります。マリオカートWiiのハンドルを少し大きくしたくらいでその気にさせるサイズです。それ以外はオーディオ含めmazda3の方が上です。ナビは付けずにiphoneのカープレイで対応してます。動作は不安定ですが致命傷ではありません。またヨーロッパでは車との無線通信でいろんなことができるみたいですが日本では無理です。はっきり言って国産車のようにかゆいところに手を届かせるようなことはなく、かゆいところはかゆいままです。慣れの問題ですね。
      【走行性能】
      やっぱりこの車の売りはここですね。1.5Lディーゼル8速ATの素晴らしい走行フィール。2L比べると落ちるんでしょうが十分な力がありますし車重に対してバランスが取れてると思います。適度にしなやかな足回り。FFとは思えない4輪の接地感。走ってることを感じさせてくれるエンジン音。ちょっと固めでホールド感のあるシート。前者が3Lエスティマ でバスの運転手でしたから違いは歴然としています。ただただ楽しい。
      【燃費】
      まだ300KMで一般道:高速=8:2で18.5と表示されています。満タンで800から900KMは走りそう。嫁のタントよりよく走ります。エスティマ がハイオクだったこともあり燃料費は1/3程度かと。軽い気持ちでドライブに行けます。
      【まとめ】
      まだまだのりはじめなのでまたレビューします。この車を候補にしてネットでいろいろ調べましたが、本当にネガな意見が少ないしその通りだと感じます。営業マンに売り方が悪いんじゃない?みたいな話もしてしまうくらいいい車です。まぁ沢山走ってないことはオーナーからするとポジポイントの一つではありますけど。w。特に今回購入した車の特別仕様と黒のボディーの組み合わせは私の県ではこれ一台かもしれないという国産車では考えられないプライスレスな価値観をもてる車です。(決してイロモノではないですよ。)
    • 乗り換えの時期に日本車のデザインの悪さに欲しい車がないと思っていたところ、
      町で走っていた宝石のようなデイライトを綺麗に輝かせた美しいフロントマスクを見て一目惚れ。
      完全にエクステリア重視で選択し、ミーハーな気持ちで一日試乗に申し込みました。
      試乗したのはアリュールblueHDI...  運転の楽しさと快適さに完全に気持ちが持っていかれました。
      購入後約15000キロ走った個人的な感想を記載します。

      【エクステリア】
       フロントマスク(現行と同じ)は派手でもなく地味でもなく、絶妙なスタイリング
       デイライトとメッキパーツのバランスがよく飽きの来ないデザイン。
       サイドビュー
      続きを読む はバックドアウインドウの絞り込みが少なく比較的大きいわりに
       見た目はスッキリでメッキモールの効果もあって高級感が出てます。
       バックスタイルはテールライトのスリークローデザインが秀逸。
       ハッチ造形も日本車にはないわざわざボリュームを持たせた凝ったデザイン。
       フランス人の美的センスがさりげなく散りばめられてたまりません。

      【インテリア】
       i-Cockpit の 小径ハンドルとヘッドアップインストルメントパネルで
       運転席では日本車では味わえない異空間が広がります。
       特に右側に配置するタコメータの逆回転の動きがそれを醸し出します。
       悪評にある一つしかないカップホルダについては、
       大きなドアポケットに後付けで設置すれば運転席助手席共全く問題なしです。
       操作系が集約された7インチのディスプレイは、最新の液晶と比べると
       少々質感が落ちますが及第点です。アップルカープレイも接続可能でした。
       ただし純正ナビ(カロッツェリア)はちょっと割高感はあります。
       シートは大きめの座面と しっかりとホールドする背もたれが
       疲れや同乗者の車酔いを無縁のものにしてしまいます。

      【走行性能】
       300Nmの3リッタークラスのトルクでぐいぐい引っ張り、
       このトルクの利いた加速感はたまらなく気持ち良く快適です。
       足回りはフランス車の真骨頂でどんな速度域でも路面に吸い付き、
       ハンドリングも小径ハンドルと相まって
       とにかく思い通りのラインに俊敏に動きます。
       正に猫足と言われる走りに静粛性も高く
       高速道路では極端な話本当に疲れません。
       最近タイヤを 横浜ADVAN dB V552 に入れ替えした所、
       さらに性能向上しています。
       スポーツモードにすると、シフトタイミングが大幅に変更され
       マニュアルモードにしなくてもスポーツ走行が十分に楽しめます。
       ディーゼルなのにブンブン回り、エンジンサウンドもとてもいい音を醸し出します。

      【その他】
       高速道路での燃費はリッター20キロを軽く超えてきます。
       リアシートの足元は狭目ですが、大きなサイドウインドウと、
       座面が前席より高めに設定されているせいか
       見晴らしは良く圧迫感はあまり感じません。
       荷室もハッチバックにしては広めでなのでどんどん詰め込み可能です。

       安全装備の充実等、まだまだ書き足りない状況ですが、
       とにかく全てにおいて高いレベルでバランスがとれたいい車です。
       本当に良い車に巡り合えたことをとてもうれしく思っています。

    • 新車(2019yモデル)の場合はあまり気にしなくてもいいのですが、中古で308GTを購入する場合、前期(2016y)中期(フェイスリフト後6AT)後期(8AT)で細かいところが違いました。

      前期(2016-2017):
      6AT180PS。後期型8ATよりも燃費が良く、出力が高い(前期20.1km/リッター、後期18.7km/リッター)。理由は不明。
      マグネティックブルーがGT専用色。(現行はアリュールでも選べる)
      ACCがレーダーによる前車追従型だが、ブレーキの介入がない。
      カメラがないのでレーンキープシステムなどはない。
      8スピーカー+サブウーファーのDENONサウンドシステ
      続きを読む ムが標準装備。USB・ピンプラグ入力があるほか、CDが聴ける。
      マニュアルシフトはパドル・シフトレバーともにコントロール可能
      appleplay等は非対応。
      純正ナビはパナソニック製。
      モード切替はSPORTモードのみ。
      GT専用フロントフェイス(そのかわりフロント・リアともフォグランプなし)

      中期(2017-2018):
      基本的に前期同様だが
      カメラがついたのでレーンキープシステムが使用可能
      サウンドシステムはアリュール同等(6スピーカー、ウーファーなし)ピンプラグ廃止
      純正ナビがカロッツェリア?(未確認)他、日本語対応
      フロントフェイスがフェイスリフトした他グレードと共通に。(フロント・リアフォグが付きました)
      appleplay対応。
      ACCが前車追従型ではない、ただのクルコン(アリュール同等)という情報がありますが未確認。

      後期(2018-):
      基本的に中期同等だが
      8AT177PS。
      ACCがブレーキ介入するレーダータイプに変更(アリュールも)
      モード切替に「ECO」追加。
      シフトレバーが現行3008などと同じレバータイプに変更。マニュアルシフトチェンジはパドルのみに。
      CD廃止

      と考えると、
      アリュールの場合はどう考えても8AT以降のモデルを買うべき!と思いますし、実際走りの質感や燃費、税金や安全性等の面でも有利だったりしますが、GTの場合は非常に難しい、というか「何を捨てて何を取るか」の判断が必要です。
      出力・燃費はおそらく誤差の範囲になるとは思いますが、

      前期型の
      ・サウンドシステムが豪華、CDが聴ける
      ・現行型のテイストを含みつつ押し出し弱めのフロントフェイス
      ・シフトレバーで変速可能
      ・仕様からすると相当お買い得なプライスタグ(3年落ちでも100万中盤スタート)
      といったメリット

      ・カメラなし、フォグなし
      ・ACCにブレーキが介入しない
      ・純正ナビが色々と問題あり
      ・applecarplay使用不可
      ・8ATよりは段付きある加減速(マニュアルシフトには逆にメリットですが)
      ・コンソール系が日本語非対応
      といったデメリットを勘案して決めたいところです。

      (逆に中期型は「レア」という以外費用面もあまりメリットがないので、中古では考えなくてもいいのかもしれません)


      走りについてはGTに関しては前期・後期ともに大きく変わらない感じです。
      もう少し走りこんでレビューします。

    308HBのクチコミ

    (304件 / 57スレッド)

    クチコミ募集中

    308HBのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    308HB 2014年モデル

    308HB 2014年モデル

    308HB 2014年モデルのクチコミを書く
    308HB 2008年モデル

    308HB 2008年モデル

    308HB 2008年モデルのクチコミを書く
    308HB

    308HB

    308HBのクチコミを書く

    閉じる

    308HBのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    308HB 2014年モデル

    308HB 2014年モデル

    308HB 2014年モデルのクチコミを書く
    308HB 2008年モデル

    308HB 2008年モデル

    308HB 2008年モデルのクチコミを書く
    308HB

    308HB

    308HBのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ1
      • 返信数10
      • 2020年5月4日 更新
      GT BlueHDiの燃費がメーカーホームページでは20.4km/Lと記載されていますが比較サイトでは18.7km/Lと記載されており、マイナーチェンジの履歴が分かりません。国土交通省のホームページには2019年末時点での型式登録で類別区分に20.4km/Lの登録がありますが、いつマイナーチェンジしたか御存知の方はいらっしゃいますでしょうか。
      • ナイスクチコミ1
      • 返信数2
      • 2020年3月20日 更新
      2019年4月のアリュールを購入。
      走りは、最高。
      クルーズコントロールやレーンキープアシストは
      スバル車のほうがいい。
      • ナイスクチコミ7
      • 返信数0
      • 2019年9月14日 更新
      2015年式アリュール(ガソリン)に乗っていますが、
      エンジン起動時に強制的にAMラジオが流れます。
      起動時からBluetoothに繋がるようにできないものでしょうか?

    308HBの中古車

    308HBの中古車相場表を見る

    308HBとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止