プジョー 308HB 2014年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

308HB 2014年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
Allure2018年12月17日/マイナーチェンジ

283万円

88〜268万円   FF 5人 17.0km/L 1,199cc 1,270kg 130ps
Allure Special Edition2018年7月18日/特別仕様車

294万円

199〜238万円   FF 5人 18.1km/L 1,199cc 1,310kg 130ps
Allure BlueHDi2018年12月17日/マイナーチェンジ

304万円

156〜270万円   FF 5人 24.3km/L 1,498cc 1,330kg 130ps
Allure BlueHDi TECH PACK EDITION2018年8月30日/特別仕様車

309万円

-

  FF 5人 19.9km/L 1,560cc 1,360kg 120ps
Allure BlueHDi Special Edition2018年7月18日/特別仕様車

314万円

219.8万円   FF 5人 19.9km/L 1,560cc 1,360kg 120ps
GT Line2018年12月17日/特別仕様車

308万円

138〜268万円   FF 5人 17.0km/L 1,199cc 1,300kg 130ps
GT Line BlueHDi2018年12月17日/マイナーチェンジ

329万円

278〜318万円   FF 5人 22.4km/L 1,498cc 1,360kg 130ps
GT BlueHDi2018年7月18日/マイナーチェンジ

359万円

179〜298万円   FF 5人 18.7km/L 1,997cc 1,470kg 177ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
Allure2018年7月18日/マイナーチェンジ

279万円

88〜268万円   FF 5人 18.1km/L 1,199cc 1,290kg 130ps
Allure2017年10月28日/マイナーチェンジ

279万円

88〜268万円   FF 5人 18.1km/L 1,199cc 1,290kg 130ps
Allure2015年10月1日/マイナーチェンジ

279万円

88〜268万円   FF 5人 16.1km/L 1,199cc 1,290kg 130ps
Allure2014年11月5日/フルモデルチェンジ

310万円

88〜268万円   FF 5人 16.1km/L 1,199cc 1,290kg 130ps
Allure BlueHDi2018年7月18日/マイナーチェンジ

299万円

156〜270万円   FF 5人 21.0km/L 1,560cc 1,340kg 120ps
Allure BlueHDi2017年10月28日/マイナーチェンジ

299万円

156〜270万円   FF 5人 21.0km/L 1,560cc 1,340kg 120ps
Allure BlueHDi2016年7月12日/マイナーチェンジ

299万円

156〜270万円   FF 5人 21.0km/L 1,560cc 1,340kg 120ps
Allure BlueHDi Special Edition2018年1月5日/特別仕様車

314万円

219.8万円   FF 5人 21.0km/L 1,560cc 1,360kg 120ps
Allure Special Edition2018年1月5日/特別仕様車

294万円

199〜238万円   FF 5人 18.1km/L 1,199cc 1,310kg 130ps
Premium2014年11月5日/フルモデルチェンジ

284万円

119.4万円   FF 5人 16.1km/L 1,199cc 1,270kg 130ps
GT BlueHDi2017年10月28日/マイナーチェンジ

357万円

179〜298万円   FF 5人 20.1km/L 1,997cc 1,470kg 180ps
GT BlueHDi2016年7月12日/マイナーチェンジ

354万円

179〜298万円   FF 5人 20.1km/L 1,997cc 1,480kg 180ps
GT Line2018年7月18日/マイナーチェンジ

317万円

138〜268万円   FF 5人 18.1km/L 1,199cc 1,290kg 130ps
GT Line2017年10月28日/マイナーチェンジ

317万円

138〜268万円   FF 5人 18.1km/L 1,199cc 1,290kg 130ps
GT Line2015年7月10日/マイナーチェンジ

314万円

138〜268万円   FF 5人 18.1km/L 1,199cc 1,290kg 130ps
GTi 250 バイ プジョー スポール2016年2月22日/マイナーチェンジ

385万円

238.0万円   FF 5人 15.5km/L 1,598cc 1,320kg 250ps
GTi 270 バイ プジョー スポール2017年10月28日/マイナーチェンジ

443万円

219〜409万円   FF 5人 15.9km/L 1,598cc 1,320kg 270ps
GTi 270 バイ プジョー スポール2016年2月22日/マイナーチェンジ

436万円

219〜409万円   FF 5人 15.9km/L 1,598cc 1,320kg 270ps
Cielo2014年11月5日/フルモデルチェンジ

345万円

148〜178万円   FF 5人 16.1km/L 1,199cc 1,320kg 130ps

308HB 2014年モデルのレビュー・評価

(29件)

308HB 2014年モデルの満足度

4.50

(カテゴリ平均:4.31)

    308HB 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • 308HB 2014年モデル GT Line プジョーのCセグメントである「308」が2世代目となり、2014年より、日本国内にも導入を果たしました。今回はメーカーの広報車両をお借りして、試乗を敢行しました。

      ライバルはすばり「ゴルフZ」。同車には、身内も所有し、散々乗っておりますが、「308GT Line」の抜かりのないデキには、驚きを隠せませんでした。

      「308」は、登場早々、「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2014」を受賞したほか、ヨーロッパの自動車業界に大きな衝撃を与えた一台です。

      エクステリアは、初代 「T7型」の彫刻的でインパクトのある顔つきから比べると、かなりオーソドックスなデザインとなり、高級感を前押
      続きを読む しにした印象です。筆者としては、初代の前衛的な顔つきが「308」という印象がなかなか取れませんが、「308GT Line」を細部まで観察すると、「ゴルフZ」を始め、世界のライバルたちにはない高級感に満ち溢れています。

      専用のフロントグリルはメッキを多用し上質感を演出。そこに、スポーティなブラックドアミラー、サイドスカートを装備する事でスポーツテイストを与えています。さらに、マットグレーダイヤモンドカットの大口径18インチ専用アロイホイールに225/40 ZR18という少々オーバースペックなタイヤを純正採用。

      インテリアもこのクラスでは、最高品質といっても過言ではありません。レッドステッチの革巻きステアリングやテップレザー&アルカンターラスポーツシートの質感も高く、センターコンソールはピアノブラック仕上げ。ブレーキ&アクセルペダルはアルミ製。乗員空間も「ゴルフZ」より広く、デザインも個性的で、プジョーの個性を細部にまで感じることができます。

      特に、ステアリング上部からメーター類を覗き込むような「i-Cockpit(アイコクピット)」は現行のプジョーが採用し、斬新です。メーターの指針が右側から反時計回りに動くタコメーターは、最初は戸惑ってしまいました。
      更に視線移動の少ないインパネ中央には、7インチの大型ディスプレイが装備され、空調、オーディオ、ハンズフリーフォン、ドライビングアシストなどほとんどの操作がタッチパネルで設定できるのも、ライバルに差をつけています。

      存在感のあるスポーティなエクステリアですが、エンジンは、1.2リッターの直列3気筒ターボ。たった1.2リッターで、しかも3気筒。このボディに相応しい走りをするか楽しみなところです。この心臓は、「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2015」にも輝いたユニットです。

      走り出して、黙っていれば小排気量であることはまるで感じません。動き出した瞬間からググッと押し出し感があり、グイグイ速度を乗せていきます。直列3気筒DOHC 1.2リッター直噴ターボエンジンは最高出力130PS/5500rpm、最大トルク230Nm/1750rpmを発生します。

      ワインディングで少々速度を上げても、プジョーの「猫足」を存分に味わえ、実にしなやかに足回りが動いてくれます。新開発のプラットフォームは、先代比100kgの軽量化を実現し、低重心化を図ったことで、左に右にロール感をまるで感じないままコーナーをクリア。225/40 ZR18というタイヤのグリップも相まって、ワインディングが実に楽しいクルマでした。

      走行モードを「ダイナミック」に切り替えてみると、メーターのバックライトが、ホワイトからレッドに。アクセルレスポンスが機敏になり、シフトタイミングも積極的に高回転を選びます。コーナーでの立ち上がりも明らかに速くなっています。また、サウンドも3気筒とは思えない野太いものに変化し、その気にさせてくれます。

      また、遊びゴコロも満載で、メーターパネル中央のマルチファンクションディスプレイには、エンジン出力やトルク、ターボ過給圧をグラフィカルなバーで表示。また、Gセンサーなどが表示されるのも、いかにもラテンのクルマで、質実剛健なドイツ車では絶対に装備しない機能だろうと感じました。

      ライバルに比べ装備も充実しながら価格も抑え、実用性に長けた「308GT Line」。走りも想像を超えるスポーティさを備えているのも大きな魅力の一つといえます。

      「ゴルフZ」の購入を考えている方に是非一度、見て欲しい一台です。



      参考になった 26人
      2017年1月16日 投稿
      満足度 5
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 5
      走行性能 5
      乗り心地 5
      燃費 5
      価格 5
    • 1.6ディーゼル6at、この車を友人から数日間借りました。一見普通のハッチバック、でも実際は紛れもなくライトウェイトスポーツカーでした。特にスポーツモードでの加速は、めちゃアドレナリン出ました。こんな楽しい車に乗ったのは久しぶりです。スタートダッシュ60
      キロまでは敵少ないんじゃないでしょうか。また、小径ステアリングの遊びの少ないハンドリングもまさに車を俊敏に走らせてくれます。シートもソファーのようにお尻が沈むことなくスポーティーな走りに合っています。エンジンは静かなアイドリング状態からタイムラグなく一気にレッドゾーンまで快音とともに回ります。6速atはまるでマニュアルシフトのようにダイレク
      続きを読む トにシフトアップしていきます。タイヤは16インチで低速域での乗り心地もいいです。このクラスで18インチタイヤなんて必要でしょうか?そこには、タイヤメーカーの利権があるだけです。タイヤ交換代金高くつくだけですよ。今インテリアエクステリア静粛性燃費などにお金をかけ、肝心のパワートレーンがだめな車が多い中、この車は素晴らしい。友人からは欠点として、収納やナビエアコンタッチパネルなど聞いていましたが、この車の適した用途は1人もしくは2人乗りで自分の熟知した道を飛ばす、そんな用途があってると思います。タッチパネルなんて赤信号で停止時に触ればいいし、車検証は後席のサイドポケットに、ドリンクホルダーはホルダー部を収納すると紙パックのジュースが入る、これはいいアイデアですよね。また前席のサイドポケットが大きくボックスティッシュや地図が入ります。ナビは精度はいまいちかもしれませんが、知らない町ではやはり役立ちますし、加えてTVも見れるのでつけるべきだと思います。友人の話ではこのモデルはもう中古でしか買うことができず、現行は1.5ディーゼル8atに進化、動力性能そのまま、さらに低燃費となっているとのこと、今回試乗したモデルでも高速でリッター20キロ超えたので、さらに低燃費とは、プジョー恐るべし。また、次回のフルモデルチェンジでは、メーターがフル液晶になるらしく、現行のすっきりしたアナログメーターや現行のフロントマスクを好む人は今が買い時だそうです。
    • 【エクステリア】
      エクステリアに惚れて買ったくらいです。
      個人的にはツリ目より今のデザインの方が好みです。
      【インテリア】
      価格以上かと思います。安っぽくないです。個人的にはドア周りが好きです。
      ただし運転席周りの収納面は以下です。グローブボックスには車検証すら曲げて入れる必要があります(※左ハンドルなら広いそうです)。ドリンクホルダーも1個な上にサイズが微妙です。
      【エンジン性能】
      重い車体を難なく転がす事が出来る性能です。余裕を感じます。
      【走行性能】
      ステアリング操作に忠実。走っていて楽しいと思えます。
      【乗り心地】
      ボコボコしてる道が多い地域ですが、ストレスなく走
      続きを読む れるのは心地いいです。ただ、昔乗ったモデルの方が良かった気はします。
      Stop & Goの際、通常だと気になりませんが、ECOモードだと衝撃を強く感じる気がします。
      シートの調整が中々癖があると感じました(まさかのダイアル式)。今までは調整なんて適当に済ませてましたが、これはしっかりしないと腰を痛めるかも。実際納車直後に痛めかけました。調整後は問題ありません。
      【燃費】
      Stop & Goの多い時間帯の通勤で15-6 km/L。
      【価格】
      オプションなしでも全然いける装備での値段なので悪くないと思います。
      【気になる人は気になりそうな点】
      アプリとの連携がうまくいかない / Android Auto非対応
      CDプレイヤー廃止 / CarPlay対応だが若干不安定
      【総評】
      毎日乗っていて非常に楽しい。通勤時間すら楽しく思えるくらい気に入っています。
    • 【エクステリア】
      よく見ると実はデザインが凝っていてきれい。ドアミラーの黒を生かすためにパールホワイトにしました。夜の街灯の下ではブルーがかった輝きを見せます。ここ数年で私の知る限りでプジョーの塗装は格段に良くなりました。508に比べると黒いプラスチックが少なくて劣化して白い部分が目立他ちにくいと思います。デザインがいいのでもう少しDSみたいに屋根の色が帰られたりすると楽しと思います。
      【インテリア】
      必要にして十分ですがもう少しシートのサイズが大きいといいと思います。私が身長187pで天井に圧迫感を感じることはありませんが一度座ると固定される感じがします。シート生地もあるのでしょう。5
      続きを読む 08で使っていたオーダーのフロアマットが左右のフロントに使えました。後ろには10p程度切らなければ使えないようです。したがってフロント・リアのシート間が狭い。レーザーが少ない割にチープ感はありません。すべてをデジタル画面に集約されるためまったくシンプルで潔いのですが、エアコン操作も一旦ナビなどの他の画面消さなければならないのは手間です。
      【エンジン性能】
      どう考えても508SWGTBlueHDiよりもいいのです。まず2.0に比べて荒さがありません。8ATのせいなのか…まるでガソリン車のように静かにスルスルと加速します。またシフトチェンジも意識しません。80q/hでは6速しか上がりません。高速道路ではどうなのか楽しみにしています。
      【走行性能】
      プジョーらしい乗り味です。小さくて扱いやすく208よりも落ち着いて2008よりも安定感があり508よりも荒れたアスファルトの上ではガタピシしません。まだサスペンションがこなれていないのですが他の車にみられる突き上げ感がなくショックは波のようにいなされていきます。ハンドリングも自分を中心に曲がっていく様はとても楽しめます。購入前に118、クラブマン、コンパス、cクラス、300X、ポロ、ジュリアと手当たり次第乗ったのですが私の中でのベストは308でした。
      【乗り心地】
      やさしくスポーティーです。ハンドルを握って楽しいドラーバーズカーですが隣に乗っていても気持ちいいようです。今度後ろに乗ってどうなのか確認したいと思います。ただ上記したように一度座ると動きづらいのとシートがスポーツシート様なのでホールド感はよく、自由度は少ないです。
      【燃費】
      現在高速は乗っておらず地方都市の通勤渋滞ありでの燃費ですが22.7q/lです。高速では遥かに伸びそうです508SWに比べて燃料容量は10ℓは少ないのに。メーター表示では走行距離は変わりません。
      【価格】
      コストパホーマンスが高いと思います。安全装備も充実していてなおかつこのドライブの楽しさが他とは違うと思います。
      【総評】
      いい車です。ここがすごい!というところは目に見えてありませんが、乗ってしまえばきっと良さがわかると思います。そんな生き物っぽいところがある車だと思います。車にプレミアム感を求めない人には是非乗っていただきたいと思います。それと!ナビがカロッツェリアになりました。それだけでも308は格段に頭が良くなっているようです。508SWではそこも汚点でした。ただ既にボタンマークがあるのにナビがオプションで25万円というのはどうでしょうか?カープレイもあるのに。なんだかんだと小言も出てきますがとても気に入っています。それと!508SWの2台に使っていた17インチのホイールが合います。スタッドレスがそのまま使えました。

    308HB 2014年モデルのクチコミ

    (131件 / 25スレッド)
      • ナイスクチコミ11
      • 返信数7
      • 2019年6月15日 更新
      プジョー308で、Androidスマホの音楽をAUXでスピーカーから出力したいのですが、上手くいきません。どなたかご存じでしょうか。
      • ナイスクチコミ2
      • 返信数2
      • 2019年3月21日 更新
      こんにちは。初めて投稿させてもらいます。
      車の購入を検討していて、プジョー308HBも候補の一つに入れて、色々調べているのですが、アップルCarPlayに対応しているみたいなのでオプションのナビは付けなくてもいいと考えてます。
      そこで質問なのですが、オプションのナビを取り付けなくても、カー用品店などで売っている地デジチューナーやDVDプレーヤーの取り付け、視聴は可能でしょう
      続きを読むか?
      • ナイスクチコミ35
      • 返信数10
      • 2019年3月7日 更新
      今、308のディーゼル車(アリュールHDi)の購入を検討しています。

      自分の年齢(及び財力?)からして、自分の人生における車の購入は、あと2台くらいだと考えていまして、おそらく最後の車はハイブリッドもしくは電気自動車になると思うので、今回は最後のチャンスと思い、ディーゼル車を候補にしました。

      少なくとも10年は乗るつもりなのですが、この10年の間に、ディーゼルエンジ
      続きを読むンが時代遅れの内燃機関というレッテルを貼られて、ガソリンエンジンよりも早く淘汰されてしまうのではないかと危惧しています。

      マツダが、2030年代半ばでも、内燃機関を載せた車が大半を占めるという心強い見通しを立てているようですが、ヨーロッパでのディーゼル車衰退のニュースを読むにつけ、これからディーゼル車を購入しても大丈夫だろうか?と少々不安に感じています。


      将来のことは誰もわからないと思いますが、皆さんのご意見をお聞かせいただければと思います。

    308HBの中古車

    308HBの中古車相場表を見る

    308HBとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止