シトロエン C3 2017年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

シトロエン C3 2017年モデルの新型情報・試乗記・画像

C3 2017年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
FEEL2022年5月1日/マイナーチェンジ

254万円

139〜219万円   FF 5人 21.0km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
MODERN SALON2021年7月1日/特別仕様車

272万円

268.0万円   FF 5人 21.0km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
SAINT JAMES2021年11月4日/特別仕様車

272万円

148〜258万円   FF 5人 21.0km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
SHINE2022年5月1日/マイナーチェンジ

278万円

129〜268万円   FF 5人 21.0km/L 1,199cc 1,160kg 110ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
FEEL2022年1月1日/マイナーチェンジ

245万円

139〜219万円   FF 5人 21.0km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
FEEL2021年9月21日/マイナーチェンジ

237万円

139〜219万円   FF 5人 21.0km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
FEEL2021年1月7日/マイナーチェンジ

236万円

139〜219万円   FF 5人 21.0km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
FEEL2020年4月1日/マイナーチェンジ

229万円

139〜219万円   FF 5人 18.2km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
FEEL2018年12月3日/マイナーチェンジ

226万円

139〜219万円   FF 5人 18.7km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
FEEL2018年3月22日/マイナーチェンジ

219万円

139〜219万円   FF 5人 18.7km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
FEEL2017年7月7日/フルモデルチェンジ

216万円

139〜219万円   FF 5人 18.7km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
SAINT JAMES2019年6月10日/特別仕様車

260万円

148〜258万円   FF 5人 18.7km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
SHINE2022年1月1日/マイナーチェンジ

268万円

129〜268万円   FF 5人 21.0km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
SHINE2021年9月21日/マイナーチェンジ

260万円

129〜268万円   FF 5人 21.0km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
SHINE2021年1月7日/マイナーチェンジ

258万円

129〜268万円   FF 5人 21.0km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
SHINE2020年4月1日/マイナーチェンジ

254万円

129〜268万円   FF 5人 18.2km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
SHINE2018年12月3日/マイナーチェンジ

250万円

129〜268万円   FF 5人 18.7km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
SHINE2018年3月22日/マイナーチェンジ

243万円

129〜268万円   FF 5人 18.7km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
SHINE2017年7月7日/フルモデルチェンジ

239万円

129〜268万円   FF 5人 18.7km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
SHINE Debut Edition2017年7月7日/特別仕様車

226万円

144〜178万円   FF 5人 18.7km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
EDITION 20212021年1月7日/特別仕様車

269万円

239.9万円   FF 5人 21.0km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
ELLE2018年5月14日/特別仕様車

245万円

188〜189万円   FF 5人 18.7km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
CAFE EDITION2018年6月7日/特別仕様車

252万円

179〜205万円   FF 5人 18.7km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
CARAMEL EDITION2020年7月16日/特別仕様車

256万円

-

  FF 5人 18.2km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
COLORADO EDITION2018年8月20日/特別仕様車

252万円

-

  FF 5人 18.7km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
C-Series2021年4月1日/特別仕様車

269万円

-

  FF 5人 21.0km/L 1,199cc 1,140kg 110ps
INSPIRED BY JAPAN COLLECTION2020年9月17日/特別仕様車

256万円

219〜238万円   FF 5人 18.2km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
JCC+2019年1月28日/特別仕様車

258万円

178〜205万円   FF 5人 18.7km/L 1,199cc 1,160kg 110ps
ORIGINS COLLECTOR'S EDITION2019年3月28日/特別仕様車

262万円

183〜205万円   FF 5人 18.7km/L 1,199cc 1,160kg 110ps

C3 2017年モデルのレビュー・評価

(38件)

C3 2017年モデルの満足度

4.41

(カテゴリ平均:4.29)

    C3 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • C3 2017年モデル SHINE シトロエンブランドのコンパクトハッチバックとして欧州などでも人気の「C3」。日本への導入は2017年からですが、2021年1月にマイナーチェンジを行った中心グレードの「SHINE(シャイン)」に試乗しました。

      1分で分かるこのクルマの魅力は
      @ひと目見ただけで忘れることがない個性的なデザイン(一目惚れしそう)
      A驚くほどフラットなライド感や乗り心地の良さ
      B最近高騰気味のクルマにおいて比較的価格がリーズナブル
      というところでしょう。

      先に言っておくと、C3自体の設計はPSA(現在はステランティス)が使っていたプラットフォームの中では最新のものではありません(プジョー208な
      続きを読む どは最新型)。またADAS(先進運転支援システム)に関してもACCなどは搭載されていません(普通のクルーズコントロールは装備)。

      だから価格が安いのか、と言われると「そうであり、そうでない」と曖昧な答えになってしまいます。

      先進安全装備は現在のクルマにおいてやはり必要な機能と言えます。しかし、衝突被害軽減ブレーキやブラインドスポットモニター、レーンデパーチャーウォーニングなどは装備していますので、全然物足りない、というわけではありません。

      どうしてもACCが欲しいならば他社のクルマを選べばいいだけのことです。しかしそれでもこのクルマが魅力的に感じるのはそのデザインです。

      個性という表現があまりにも陳腐に感じてしまうほど斬新なデザイン。今回のマイナーチェンジでフロント周りのデザイン変更、また昨今のシトロエン車ではおなじみになったドア部に装着される「エアバンプ」など従来7個だったものが大型化され3個になることで、ワイド感が強調されています。

      エアバンプに関してはデザイン性だけでなく、スーパーなどで横に停まったクルマからのドアパンチにも有効なのはすでに高く評価されています。

      Bセグメントの5ドアハッチバックとはいえ、実際は大きく見えます。全幅は1750mmありますが、実際の取り回し性能は悪くありません。全高も1495mmに抑えてあるので立体駐車場への入庫も余裕です。一方で最低地上高が他車より少し高い160mmということもあり今流行りのクロスオーバーSUV的にも見えるところも良い感じです。実際この最低地上高のおかけでクルマへの乗降性は非常に楽チンです。

      今回特に魅力を増したのがフロントシートです。元々C3のシートは見た目よりかけ心地が良かったのですが、今回シャインのエメラルドインテリア仕様を選ぶと「アドバンスドコンフォートシート」にグレードアップされます。シートのスポンジの厚さを従来の2mmから15mmに拡大したとのことですが、これが身体にしっくり来ます。かけ心地は1クラス上のクルマ並み、何よりも路面からの細かな“ブルブル”といった振動をうまく吸収してくれるなど機能性も十分です。これに関してはこのシートを非搭載のC3と比較して感じたことなので、多くの人も十分体感できるはずです。また運転席にもアームレストが装着されます。価格アップはわずかなものですから選ぶならばこの仕様でしょう。

      一方で後席は座面の高さも少し不足気味なので、前席の感動的なかけ心地を期待すると意外に思うかもしれません。

      ラゲージルームの容量は5名乗車で300Lとまあまあの数値です。荷物の積み下ろしの際にバンパーの高さが気になりますし、分割可倒式シートを倒した際には段差も発生します。その分、万が一後方から追突された際の衝撃吸収性にも優れているはずですし、それを差し引いてもやはりこのデザインの魅力にはかないません。

      搭載するパワートレーンはプジョー車でも実績のある1.2L3気筒ターボエンジンにアイシンAW製の6速ATが組み合わされます。静粛性に関しても最新のプジョー208などに比べると一歩譲る部分はありますが、何よりも車両重量が1160kgと軽いこともあり、走り自体は軽快です。

      特に高速道路を走った際のフラット感や乗り心地の良さはなかなか見事なもので、前述したシートの出来の良さと相まって「へえー」と感嘆する部分も多かったです。

      都市型コンパクト的なアピアランスを持つC3ですが、実際高速道路を100km/hでクルージングしていてもエンジン回転数は抑えられており、前述した静粛性にも寄与します。

      また燃費に関しては「すごく良い!」とはいかず、今回の試乗では14.2km/Lでした。ガソリンもハイオク仕様なので気になる人もいるとは思いますが、この価格帯でこの走りとデザインが手に入るのであればバリューの面から見ればなかなかに魅力的な1台です。

      C3に限らずシトロエン車は定期的に装備を充実させた特別仕様車がリリースされています。この原稿を書いている段階でも「C-SERIES(269万9000円)」と「MODERN SALON(272万5000円)」の2種類の特別仕様車が設定されています。両車とも装備中心というよりは専用のカラーリングなどをメインとしていますが、いずれもオシャレ感満載であることは言うまでもありません。

      またインフォテインメントシステムに関しても現行モデルは7インチのミラースクリーン(ディスプレイオーディオのようなものと考えて貰ってよいです)がAppleのCarPlayやGoogleのAndroid Autoに対応しています。ディーラーオプションのカーナビはカロッツェリア製なので性能は期待できますが、やはり20万円超えというのは高いと感じます。ゆえにまずは無しでこれらを活用してみて、物足りないのであれば、後付けすれば良いでしょう。
      参考になった 13人
      2021年8月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 5
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 3
      価格 4
    • 2021年モデルのシャインを買いました。新車で2か月乗った印象です

      【エクステリア】基本、この車を買う人はこの形に惚れて買うんじゃないでしょうかね。
      ま、好みの問題ですけど、私は大好きです。日本車のコンパクトカーはどうも買う気が出ないです。
      特にガンダムのような形は無理ですので、強いて言うとマツダデザインは好きです。

      【インテリア】マイチェン前とあまり変わってないのですが、それなりにチープさがないのはうまいと思う。お金かけるところにかけているというか。上手く安いパーツを使っているというか。

      【エンジン性能】よく回りますし、ターボのパワーは感じます。十分ですね。踏んだら踏ん
      続きを読む だだけ出る感じでレスポンスもいいです。下の方のトルクは強さを感じます。

      【走行性能】ディーラーによると、マイチェン前からすると、だいぶ1−2速、2−3速のショックは改善したそうですが、それでも少しあります。あとはトランスミッションに学習機能があるそうですので期待しています。これも味だと思えるところが仏車です。このシフトアップ時のショックより気になるのがエンブレの強さです。2速で引っ張りすぎている設定のせいか、アクセルがニュートラルの状態で走ると、結構きついエンブレがかかりますし、ブレーキとのバランスが難しくて、最終的に止まるときに、カックンになりやすい。私はそれも味だと思ってますが。

      【乗り心地】これは最高でしょう。素晴らしいと思います。日本のコンパクトカーのような軽さを感じない、どっしりとしていて静粛性も高く、買う人の多くがここに惚れこむんだと実感できます。
      ホイルベースが長く(その分小回りは効かない)安定性、直進性がはっきりとわかる。文句なしです。

      【燃費】マイチェン前からは15%良くなったとのことです。気にしてはいませんが、短距離の街乗りばかりだと9Km−10Kmくらいかな。おまけにハイオクですから、燃費重視の人にはお勧めできません。

      【価格】初期投資という意味では、それほど高い車ではないですが、メンテナンスはやっぱり外車ですのでそれなりに単価が高い。でももう一台アウディQ5に乗ってるんで、それと比べるとすごく安いです。日本車と比べると勝てないです。

      【総評】前に乗ってたフィアットもうそうだったのですが、あらゆる難を許せるだけの特徴・個性があります。スペックをドライに見るような方は、似たような値段+アルファでマツダ3やヴエゼルやCHRが買えますのでスペック比べたら絶対に乗れません。日本車以外に選択肢がなくなると思います。装備や安全機能は日本車からすると落ちますし、小物やペットボトル入れるのも苦労するし、燃費もそこそこでランニングコストも割高。でも所有する喜びがあります。日本車にはない乗り心地とか、エクステリアとか。おフランスという、それだけで嬉しくなるような所有感覚。
      価値観の問題なので良い/悪いはないでしょう。トラブルですが色々な車屋さんに聞いてみたところ、今は英国(レンジローバーとか)の方が圧倒的に怖いそうです。PSAはかなり進化して今はほとんど問題ない。ただし電装系(走りに直接関係ないところ)は細かい難はあります。
      私の車は外れではないようですが、それでもメインモニターの表示がおかしくなったことはあります。リセットしたら治る程度。
    • 購入後5か月を経過したところです。今のところ大きな不具合はありません。
      シトロエン車の他のレビューで記載ありましたが、センサー類の誤報が数回出ました。
      オイルレベル警告、ブラインドスポットモニターエラーなど。
      さすがに警告灯が点いたときは驚きましたが、まあドイツ車でもあったのでセンサー類は
      エンジン再起動2回くらいして消えれば無視で問題なし、と。

      【エクステリア】
        甘すぎない曲線、鼻につかないユニークさが目を引きます。
       街中を走行していると、かなり注目を浴びています。

      【インテリア】
        奇抜ではなくさりげないオシャレがあります。もちろん、Bクラス並みの低コスト
      続きを読む での作りこみなプラスチッキーな部分はあるのですが、正直気にならないデザインがされています。
        座席は特に秀逸で、細かい振動を吸収する思想が徹底しています。長時間座って疲労感が増すか減るかは個人の好みと思いますので敢えて言いませんが、振動吸収にたけている点、柔らかすぎない点は実車で確認してみたほうがよさそうです。

      【エンジン性能】
        いい。小排気量ターボは使いがってがよい。ただし、大人数や大荷物ではさすがに頑張っている感じは否めません。このクラスの車重を引っ張り2名程度の乗車であれば楽々です。

      【走行性能】
        500キロを超えたあたりからサスペンションが馴染んだようです。やわらかめに吸収ができるようになったと感じます。ただし、フランス車のふわふわというイメージはありません。段差乗り越えも普通にどしどし来ます。
        ミシュランのタイヤも16インチと大きめでやわらかめのようです。
        シフトの変則ショックについて酷評があるのですが…そうですか?ギクシャクまではしてません。ターボが効いてくることと何か関係でもあるのでしょうか。
        むしろ低速でのトルクが大きい点が効いていて出だしでの不安はないです。高速走行時に6速に入るタイミングが90キロ程度なのがこんなものかな、という感じです。
        気になるのが、アイドリングストップです。エンジン停止するので、上り坂だと発進時に下がる。これを防止する機構が2〜3度の登り勾配から効いてくるのですが、できれば常に効いてほしい。わずかな勾配で若干下がります。アイドリングストップはエンジン開始時は常にオンなので、不要なら都度オフにする操作が必要です。常時オフにできるようにしてほしいですね。

      【乗り心地】
        ホイールベースが長め、車幅がある程度あるので、ふらつきは感じません。ロールがやや大きいという人がいますが、どんだけスピード出したらそうなるんでしょう…。
        低速時は比較的小回り重視(とはいえ5.5メーター)でハンドルは軽く、高速時はどっしりとした安定感があります。
        正直、これまでの車より楽です。

      【燃費】
        街乗り8〜9キロ、高速13キロ程度で平均11キロ、という実質燃費です。

      【価格】
        プライスが明確で、オプションはほぼ趣味の世界なのでフロアマット以外は不要。なのでリーズナブルに感じます。価格戦略が明確なのはいい。

      【総評】
        いいですよ。可能なら登録済み未使用車で買えば乗り出し230万です。
    • 【エクステリア】
      最近よく見かけます。外見はとてもすてき。みとれて、ディーラーに試乗に出かけました。昔のc3も好きなので併売してくへるとうれしかった。
      【インテリア】
      なんとなく、日本車的で、特別感はかんじられませんでした。センターコンソールには、carplayが接続できるモニターがありますが、位置はエアコン吹き出し口のしたです。最近の流行りは、ダッシュボード付近ですから少し古さを感じさせます。
      後席の窓の大きさや、天井の高さは心地よく感じました。
      【エンジン性能】
      3気筒1200のターボエンジンはかろやかな加速を引き出します。気持ちの良いエンジンです。
      ただし、低速走行時には、
      続きを読む ハンドルに振動が伝わってきます。三気筒だとしかたのないことなのでしょう?
      【走行性能】
      トルクコンバータ式のトランスミッションはシフトアップ、ダウンともなめらかで自在に操る楽しみがあります。ブレーキも自然に効きます。
      ただ、シフトレバーの操作感が悪く、プラスチックのおもちゃのようです。壊れそうで怖い。操作感はたいせつですよ。遅さにはなれても、操作感になれることはありません。

      アイドリングストップのエンジン再始動時に嫌な振動を感じました。また停止直後、発進時に滑らかに運転できるのか、そこは十分試せませんでした。結構、そこ大切だと思うのですが、試乗コースに信号があまりなくためせませんでした。
      【乗り心地】
      アイポイントが高く、腰高です。ホイールベースも短いのかなと思わせる感じがあります。普通に乗れる範囲ですが、何か強く引きつけられる、あえてこれを買おうとおもわせるものはありませんでした。
      【価格】
      営業の方によれば車格はポロと同じとのことですが、総合的にはこちらのほうがよいかなとおもいました。値段に対してのバリューが高い感じがします。もちろん、ポロとこの車は、方向性がまるでちがうので、好み次第です。
      【総評】
      ドイツ車に比べて、こちらの方が日本で乗るのには扱いやすいと感じました。それは道路事情が、フランスの方が日本に近いのでしょう。また後席も含めて、ゆったりとした室内も魅力です。

      反面、特別感にかけました。エクステリアはすてきですが、メカ的な部分では日本車の方が良いと思います。そうするとほとんど、値段と維持費の勝負になり、日本車でいいじゃんということになります。

      この車を買う人はエクステリアに惹かれて買うのだと思いますが、そうでなければ、あえて冒険して買う理由は見出し難いです。

      あとあえていうなら、マニュアルモードでしょうか?ただ、走行安定性の問題とのバランスで、どうなのか、ちょっと長い距離乗らなきとなんともいえません。

      いまひとつ買いたい気持ちにならないのは、なんでも燃費を良くして、大きくして、SUVにすれば、売れる、という感じの車ばかりだからてます。冷めてしまう。つまらないですね。

    C3 2017年モデルのクチコミ

    (654件 / 72スレッド)
      • ナイスクチコミ1
      • 返信数1
      • 2022年4月10日 更新
      C3 の車高を少し下げるため サス交換 ダウンサスを取り付けるのにフロントは交換するのにすごく手間がかかるのでしょうか?
      交換したことのある方 アドバイスをお願いいたします
      • ナイスクチコミ7
      • 返信数4
      • 2022年2月6日 更新
      2021/9月登録のC3シャインです。
      走りはとても楽しく最高なのですが購入当初からリヤの左右からカタカタ音が発生しています。
      ディーラーで初回の点検時に見てもらいましたがはっきりわかりませんでした(泣)

      音の出方ですが
      1.段差を超えたときなどに発生します。
      2.左右同じ場所から発生している気がします。
      3.感覚的にはリヤドアの真ん中あたりからトランクで発生。
      続きを読む
      4.トノボード外しても変わらず。
      5.トランク下のスペアタイヤ部外しても変わらず。
      6.リヤシートに乗って確認してもよくわからず。

      どなたか同じ症状で対応された方いませんか?
      気になって仕方がないので誰か助けて下さい!
      • ナイスクチコミ14
      • 返信数10
      • 2021年11月30日 更新
      2020/12登録、 C3 インスパイアード バイ ジャパン コレクション(型式3BA-B6HN05)アーモンドグリーンに乗っております。エンジンオイルを下抜き交換したいのですが、ドレンボルトの締め付けトルクをご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授ください。宜しくお願い致します。

    C3の中古車

    C3の中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較

    C3とよく比較される車種

    • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止