シトロエン C3の価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

シトロエン C3の新型情報・試乗記・画像

C3の自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

C3のモデル一覧

C3のレビュー・評価

(69件)

C3 2017年モデルの満足度

4.40

(カテゴリ平均:4.28)

    C3 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • C3 2017年モデル SHINE シトロエンブランドのコンパクトハッチバックとして欧州などでも人気の「C3」。日本への導入は2017年からですが、2021年1月にマイナーチェンジを行った中心グレードの「SHINE(シャイン)」に試乗しました。

      1分で分かるこのクルマの魅力は
      @ひと目見ただけで忘れることがない個性的なデザイン(一目惚れしそう)
      A驚くほどフラットなライド感や乗り心地の良さ
      B最近高騰気味のクルマにおいて比較的価格がリーズナブル
      というところでしょう。

      先に言っておくと、C3自体の設計はPSA(現在はステランティス)が使っていたプラットフォームの中では最新のものではありません(プジョー208な
      続きを読む どは最新型)。またADAS(先進運転支援システム)に関してもACCなどは搭載されていません(普通のクルーズコントロールは装備)。

      だから価格が安いのか、と言われると「そうであり、そうでない」と曖昧な答えになってしまいます。

      先進安全装備は現在のクルマにおいてやはり必要な機能と言えます。しかし、衝突被害軽減ブレーキやブラインドスポットモニター、レーンデパーチャーウォーニングなどは装備していますので、全然物足りない、というわけではありません。

      どうしてもACCが欲しいならば他社のクルマを選べばいいだけのことです。しかしそれでもこのクルマが魅力的に感じるのはそのデザインです。

      個性という表現があまりにも陳腐に感じてしまうほど斬新なデザイン。今回のマイナーチェンジでフロント周りのデザイン変更、また昨今のシトロエン車ではおなじみになったドア部に装着される「エアバンプ」など従来7個だったものが大型化され3個になることで、ワイド感が強調されています。

      エアバンプに関してはデザイン性だけでなく、スーパーなどで横に停まったクルマからのドアパンチにも有効なのはすでに高く評価されています。

      Bセグメントの5ドアハッチバックとはいえ、実際は大きく見えます。全幅は1750mmありますが、実際の取り回し性能は悪くありません。全高も1495mmに抑えてあるので立体駐車場への入庫も余裕です。一方で最低地上高が他車より少し高い160mmということもあり今流行りのクロスオーバーSUV的にも見えるところも良い感じです。実際この最低地上高のおかけでクルマへの乗降性は非常に楽チンです。

      今回特に魅力を増したのがフロントシートです。元々C3のシートは見た目よりかけ心地が良かったのですが、今回シャインのエメラルドインテリア仕様を選ぶと「アドバンスドコンフォートシート」にグレードアップされます。シートのスポンジの厚さを従来の2mmから15mmに拡大したとのことですが、これが身体にしっくり来ます。かけ心地は1クラス上のクルマ並み、何よりも路面からの細かな“ブルブル”といった振動をうまく吸収してくれるなど機能性も十分です。これに関してはこのシートを非搭載のC3と比較して感じたことなので、多くの人も十分体感できるはずです。また運転席にもアームレストが装着されます。価格アップはわずかなものですから選ぶならばこの仕様でしょう。

      一方で後席は座面の高さも少し不足気味なので、前席の感動的なかけ心地を期待すると意外に思うかもしれません。

      ラゲージルームの容量は5名乗車で300Lとまあまあの数値です。荷物の積み下ろしの際にバンパーの高さが気になりますし、分割可倒式シートを倒した際には段差も発生します。その分、万が一後方から追突された際の衝撃吸収性にも優れているはずですし、それを差し引いてもやはりこのデザインの魅力にはかないません。

      搭載するパワートレーンはプジョー車でも実績のある1.2L3気筒ターボエンジンにアイシンAW製の6速ATが組み合わされます。静粛性に関しても最新のプジョー208などに比べると一歩譲る部分はありますが、何よりも車両重量が1160kgと軽いこともあり、走り自体は軽快です。

      特に高速道路を走った際のフラット感や乗り心地の良さはなかなか見事なもので、前述したシートの出来の良さと相まって「へえー」と感嘆する部分も多かったです。

      都市型コンパクト的なアピアランスを持つC3ですが、実際高速道路を100km/hでクルージングしていてもエンジン回転数は抑えられており、前述した静粛性にも寄与します。

      また燃費に関しては「すごく良い!」とはいかず、今回の試乗では14.2km/Lでした。ガソリンもハイオク仕様なので気になる人もいるとは思いますが、この価格帯でこの走りとデザインが手に入るのであればバリューの面から見ればなかなかに魅力的な1台です。

      C3に限らずシトロエン車は定期的に装備を充実させた特別仕様車がリリースされています。この原稿を書いている段階でも「C-SERIES(269万9000円)」と「MODERN SALON(272万5000円)」の2種類の特別仕様車が設定されています。両車とも装備中心というよりは専用のカラーリングなどをメインとしていますが、いずれもオシャレ感満載であることは言うまでもありません。

      またインフォテインメントシステムに関しても現行モデルは7インチのミラースクリーン(ディスプレイオーディオのようなものと考えて貰ってよいです)がAppleのCarPlayやGoogleのAndroid Autoに対応しています。ディーラーオプションのカーナビはカロッツェリア製なので性能は期待できますが、やはり20万円超えというのは高いと感じます。ゆえにまずは無しでこれらを活用してみて、物足りないのであれば、後付けすれば良いでしょう。
      参考になった 14人
      2021年8月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 5
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 3
      価格 4
    • 見た目がすごく独創的で、淡いグリーンカラーとリアがオシャレだと思い試乗。内装は安っぽいがオシャレに見せるのがうまく、不満は出なさそう。肝心の走りは至って普通。輸入車、特にドイツ車だとガツンと効くブレーキが特徴的だが、この車のブレーキは国産との違いが感じられず。同じフランス車でもプジョーがかなりドイツ車寄りな味付けなので、オシャレな車には乗りたいがドイツ車のような『キツい外車感』のある乗り味はあまり好みではない方にはシトロエンはとても良い選択肢なのではないか。
    • 妻がメインに乗る、シトロエンクサラ(2台乗り継ぎ)の乗り換えです。
      悪名高いAL4ミッションに根気よく付き合っていましたが、それも他では得られにくい乗り心地と使い勝手のよさがあってのことで、デザイン的にも降りた今でも古臭さはなく良いクルマだったと思っています。

      さて、乗り換えるにあたり、クサラ(ワゴン)の絶妙な使い勝手に相当するサイズのクルマがなかなかありませんでした。
      中国向けへの影響か、このC3でさえも3ナンバー枠、幅もクサラの1710mmを超える1730mmです。
      国産に目を向けると、5ナンバー枠と、更に幅の広い3ナンバーで2極化しているように思いました。

      試乗したのは
      続きを読む 、フィアットパンダ○、ホンダシャトル○、トヨタアリオン△、シトロエンC3◎です。
      車庫の関係で、車幅のリミットを1740mm前後としたので、片寄ったクルマ選びになっていたと思います。

      決め手はやはりゼニスウィンドウ、価格板は更新されていませんが19km/L+1.2Lエンジンの経済性、室内インテリア(助手席で足が組めますw)、良くできた足廻り、素晴らしいシートetcです。
      納期の関係で、現行のセダクションレザーではなく、在庫のレザーエディション、違いはアルミホイールですが、私はレザーエディションの方が好きです。
      色はレッドですが、従来はオプションだった深みのあるメタリックで、近くに止まってる赤と見比べても、いい色だと思っています。

      妻はAT限定なので、MT経験がありませんが、毎日乗ってるだけあって、懸念の5ETGミッションにも慣れてきたようです。
      MT乗りの私が乗っても、慣れればオート+たまにダウンシフトするくらいで、さほどストレスは感じません。
      ただ、低速の微妙なコントロールはスキルが必要で、デパートの立体駐車の登坂などは、サイドブレーキは使います。

      このクルマの助手席は、コンパクトカーと思えないくらい快適です。
      足を組んで見上げる空の蒼さに、予想外に音質がイイ純正オーディオ、腰の痛くならないシート、しいてあげるならショートホイールベースならではのピッチング、でもよく抑え込まれていると思います。

      夜の首都高を走ると、ビルやスカイツリーが継ぎ目のないセニスウィンドウからよく見えて、ダイレクトにつながっている1.2Lエンジンのパワーに不満はなく、まるで首都高快適仕様かと思う足廻りが道路の継ぎ目を小気味よくこなしていきます。微妙に後輪が跳ねると少し曲がってくれるのも運転が楽です。

      1200kmほど走って給油は2回、燃費は遠出の15.7kmと通勤での14.1km、まあタイヤもソコソコ太いので期待通りです。

      このクルマのネガは、ストップアンドゴーのかったるさ、荷室の制限、外車っぽく見えないフロントデザイン、後席が大人には若干狭いかも、といったところでしょうか。エンジン音は、特にイイ音がするわけでもないですが、室内は結構静かです。

      国産の同クラスが目を三角にして燃費競争をしてるように見えますが、もっと乗ってるヒトを大事にするようなパッケージができないものかと思います。
      今回は国産にもチャンスの目はあったのに、一度知ったシトロエンからの乗り換えを決意させるようなクルマには出会えませんでした。

      2022/1追記
      走行距離63000km、ここまで初期不良で電動ファン系の故障が1回のみ、その後はノントラブルで何もないので拍子抜けしています。ずっとディーラー整備していますが、燃費が10〜12kmほどまで低下してきていたので、DIYでプラグを交換してみました。久々にエンジンルームを自分で覗いて、ラジエータにDENSOの文字をみつけ、だから壊れないのかと妙に納得。エアクリーナカバーを外してみて、吸気バラフライは何もしていないのにピッカピカ。外したプラグは欧州車なのにNGKの白金タイプ、でも当方が用意したBOSCH製と見比べて電極が減っているのが目視でわかりました。プラグ交換後はエンジンのかかりが明らかに早くなり、ちょっと遠出して一回目の給油で燃費が14km以上に復活しました。白金のプラグは10万kmくらい使えるかもしれませんが、燃費が2〜3割復活するなら、5万km交換で十分元がとれると思った次第です。
      足回りがへたってきて、樹脂の表面劣化が目立ってきてますが、メンテ次第でまだまだ活躍してくれそうです。満タン給油で800〜1000kmくらい走破できるのが何気に凄いクルマです。
      2022/2追記
      昨日、河津桜見物に久しぶりの遠距離ドライブ実施。帰りの真鶴道路で2時間ほど渋滞にはまったにも関わらず、443km走って目盛6割で本日給油24.25L、初のリッター18km超えを達成。
      新型C4に試乗し、乗り心地は素晴らしいがドラポジと視界の狭さに辟易し、改めてC3をリフレッシュしての延命を決意。前席スペースの広さと窓の開放感が改めて素晴らしいと実感。
    • 2010年式を代車にて1週間程度高速含めた日常利用。オドメーターは10万いかないが、結構ヘタってるかも、という前提で。

      エンジンが鈍重、今どきのターボ車の感覚だと面食らう。これはゴルフで言うと4前後の感覚、そのエンジンだと高速では70キロ前後が騒音とピッチングで快適と言えるスピード。それを超えると厳しい。メーターは210キロまで刻まれてるが、そこまで踏めるか?

      良いとことしては、ハンドルはやや重めではあるが、きちんとセンターキープしており、高速でも振られない、そこは国産コンパクトとは訳が違うのもわかる。
      ショックについても僅かながらではあるが、イナシを感じるもの。
      あとは前席の
      続きを読む シート、これは大きさ、ショックとも国産だと高級車よりしっかりしてる。

      しかし、良いとこ含めても一世代以上前のクルマ。今積極的に選ぶ理由は見つからない。

    C3のクチコミ

    (855件 / 106スレッド)

    クチコミ募集中

    C3のクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    C3 2017年モデル

    C3 2017年モデル

    C3 2017年モデルのクチコミを書く
    C3 2010年モデル

    C3 2010年モデル

    C3 2010年モデルのクチコミを書く
    C3 2002年モデル

    C3 2002年モデル

    C3 2002年モデルのクチコミを書く
    C3

    C3

    C3のクチコミを書く

    閉じる

    C3のクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    C3 2017年モデル

    C3 2017年モデル

    C3 2017年モデルのクチコミを書く
    C3 2010年モデル

    C3 2010年モデル

    C3 2010年モデルのクチコミを書く
    C3 2002年モデル

    C3 2002年モデル

    C3 2002年モデルのクチコミを書く
    C3

    C3

    C3のクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ98
      • 返信数28
      • 2022年6月25日 更新
      2019年7月納車の、C3セントジェームスに乗っています。納車時より、クーラーからと思われる異音に悩まされています。「キーン」と金属音です。ハウリングみたいな音でもあります。超高音でかなり不快です。クーラーを切ると異音はしませんので多分クーラーの音だと思います。通気口から聞こえる感じです。停車時には異音はしません。なるときは必ず走行時で数分ごとになります。異音が小さくなったり、続きを読む全くならない時もあります。皆さんのC3でもそのような症状ありますでしょうか?
      • ナイスクチコミ1
      • 返信数1
      • 2022年4月10日 更新
      C3 の車高を少し下げるため サス交換 ダウンサスを取り付けるのにフロントは交換するのにすごく手間がかかるのでしょうか?
      交換したことのある方 アドバイスをお願いいたします
      • ナイスクチコミ8
      • 返信数4
      • 2022年2月6日 更新
      2021/9月登録のC3シャインです。
      走りはとても楽しく最高なのですが購入当初からリヤの左右からカタカタ音が発生しています。
      ディーラーで初回の点検時に見てもらいましたがはっきりわかりませんでした(泣)

      音の出方ですが
      1.段差を超えたときなどに発生します。
      2.左右同じ場所から発生している気がします。
      3.感覚的にはリヤドアの真ん中あたりからトランクで発生。
      続きを読む
      4.トノボード外しても変わらず。
      5.トランク下のスペアタイヤ部外しても変わらず。
      6.リヤシートに乗って確認してもよくわからず。

      どなたか同じ症状で対応された方いませんか?
      気になって仕方がないので誰か助けて下さい!

    C3の中古車

    C3の中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較

    C3とよく比較される車種

    • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止