ボルボ XC60 2009年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

XC60 2009年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
T52014年10月1日/マイナーチェンジ

519万円

150〜238万円   FF 5人 13.6km/L 1,968cc 1,770kg 245ps
T52014年2月20日/マイナーチェンジ

513万円

150〜238万円   FF 5人 13.6km/L 1,968cc 1,770kg 245ps
T52013年8月27日/マイナーチェンジ

489万円

150〜238万円   FF 5人 11.1km/L 1,998cc 1,790kg 240ps
T52012年8月17日/マイナーチェンジ

499万円

150〜238万円   FF 5人 9.7km/L 1,998cc 1,790kg 240ps
T5 AWD R-DESIGN2016年2月1日/マイナーチェンジ

675万円

328.0万円   4WD 5人 11.0km/L 2,497cc 1,860kg 254ps
T5 AWD R-DESIGN2015年7月23日/マイナーチェンジ

675万円

328.0万円   4WD 5人 11.0km/L 2,497cc 1,860kg 254ps
T5 AWD SE2016年2月1日/マイナーチェンジ

599万円

289〜328万円   4WD 5人 11.0km/L 2,497cc 1,860kg 254ps
T5 AWD SE2015年7月23日/マイナーチェンジ

599万円

289〜328万円   4WD 5人 11.0km/L 2,497cc 1,860kg 254ps
T5 AWD クラシック2016年8月23日/マイナーチェンジ

629万円

305〜398万円   4WD 5人 12.3km/L 1,968cc 1,860kg 245ps
T5 LE2011年10月5日/マイナーチェンジ

509万円

99〜188万円   FF 5人 9.7km/L 1,998cc 1,790kg 240ps
T5 OCEAN RACE EDITION2011年10月12日/特別仕様車

559万円

119〜138万円   FF 5人 9.7km/L 1,998cc 1,810kg 240ps
T5 R-DESIGN2014年10月1日/マイナーチェンジ

655万円

155〜308万円   FF 5人 13.6km/L 1,968cc 1,770kg 245ps
T5 R-DESIGN2014年2月20日/マイナーチェンジ

631万円

155〜308万円   FF 5人 13.6km/L 1,968cc 1,770kg 245ps
T5 R-DESIGN2013年10月25日/マイナーチェンジ

584万円

155〜308万円   FF 5人 11.1km/L 1,998cc 1,790kg 240ps
T5 R-DESIGN2012年8月27日/特別仕様車

569万円

155〜308万円   FF 5人 9.7km/L 1,998cc 1,790kg 240ps
T5 SE2014年10月1日/マイナーチェンジ

579万円

145〜315万円   FF 5人 13.6km/L 1,968cc 1,770kg 245ps
T5 SE2014年2月20日/マイナーチェンジ

574万円

145〜315万円   FF 5人 13.6km/L 1,968cc 1,770kg 245ps
T5 SE2013年8月27日/マイナーチェンジ

529万円

145〜315万円   FF 5人 11.1km/L 1,998cc 1,790kg 240ps
T5 ラグジュアリー・エディション2015年4月8日/特別仕様車

569万円

-

  FF 5人 13.6km/L 1,968cc 1,770kg 245ps
T6 AWD2014年10月1日/マイナーチェンジ

619万円

186〜459万円   4WD 5人 9.0km/L 2,953cc 1,930kg 304ps
T6 AWD2014年2月20日/マイナーチェンジ

616万円

186〜459万円   4WD 5人 9.0km/L 2,953cc 1,930kg 304ps
T6 AWD2013年8月27日/マイナーチェンジ

629万円

186〜459万円   4WD 5人 9.0km/L 2,953cc 1,930kg 304ps
T6 AWD2012年8月17日/マイナーチェンジ

619万円

186〜459万円   4WD 5人 9.0km/L 2,953cc 1,930kg 304ps
T6 AWD R-DESIGN2016年2月1日/マイナーチェンジ

719万円

120〜388万円   4WD 5人 12.3km/L 1,968cc 1,900kg 306ps
T6 AWD R-DESIGN2014年10月1日/マイナーチェンジ

719万円

120〜388万円   4WD 5人 9.0km/L 2,953cc 1,930kg 304ps
T6 AWD R-DESIGN2014年2月20日/マイナーチェンジ

718万円

120〜388万円   4WD 5人 9.0km/L 2,953cc 1,930kg 304ps
T6 AWD R-DESIGN2013年10月25日/マイナーチェンジ

699万円

120〜388万円   4WD 5人 9.0km/L 2,953cc 1,930kg 304ps
T6 AWD R-DESIGN2012年8月17日/マイナーチェンジ

679万円

120〜388万円   4WD 5人 9.0km/L 2,953cc 1,930kg 304ps
T6 AWD R-DESIGN2011年10月5日/マイナーチェンジ

669万円

120〜388万円   4WD 5人 9.0km/L 2,953cc 1,930kg 304ps
T6 AWD SE2014年10月1日/マイナーチェンジ

649万円

93〜188万円   4WD 5人 9.0km/L 2,953cc 1,930kg 304ps
T6 AWD SE2014年2月20日/マイナーチェンジ

646万円

93〜188万円   4WD 5人 9.0km/L 2,953cc 1,930kg 304ps
T6 AWD SE2011年10月5日/マイナーチェンジ

609万円

93〜188万円   4WD 5人 9.0km/L 2,953cc 1,930kg 304ps
D42016年2月1日/マイナーチェンジ

539万円

-

  FF 5人 18.6km/L 1,968cc 1,800kg 190ps
D42015年7月23日/マイナーチェンジ

539万円

-

  FF 5人 18.6km/L 1,968cc 1,800kg 190ps
D4 R-DESIGN2016年2月1日/マイナーチェンジ

675万円

254〜413万円   FF 5人 18.6km/L 1,968cc 1,800kg 190ps
D4 R-DESIGN2015年7月23日/マイナーチェンジ

675万円

254〜413万円   FF 5人 18.6km/L 1,968cc 1,800kg 190ps
D4 SE2016年2月1日/マイナーチェンジ

599万円

245〜435万円   FF 5人 18.6km/L 1,968cc 1,800kg 190ps
D4 SE2015年7月23日/マイナーチェンジ

599万円

245〜435万円   FF 5人 18.6km/L 1,968cc 1,800kg 190ps
D4 クラシック2016年8月23日/マイナーチェンジ

599万円

355〜369万円   FF 5人 18.6km/L 1,968cc 1,820kg 190ps
OCEAN RACE EDITION2012年7月24日/特別仕様車

569万円

-

  FF 5人 9.7km/L 1,998cc 1,810kg 240ps

XC60 2009年モデルのレビュー・評価

(15件)

XC60 2009年モデルの満足度

4.44

(カテゴリ平均:4.31)

    XC60 2009年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • XC60 2009年モデル T6 AWD SE ボルボのSUVの中では、個人的に最もスタイリッシュと思える、「XC60 AWD」。メーカーの広報車両を初夏に借り試乗しました。最近、マイナーチェンジが敢行され、エクステリアデザインを一新し、新デザインのヘッドライト、ワイドなフロントグリルと水平ラインを強調したクロームトリムが採用されましたが、“ゴツイ”感じでは、レビュー車に軍配が上がります。

      実車を目の前にすると想像以上にデカイという感想です。ディメンションは、全長4625mm×全幅1890mm×全高1715mmですが、全幅は1.9mに迫るので、相当な威圧感を受けます。

      車高はSUVにしては抑えられ、身長170センチ弱の筆者でも、
      続きを読む よじ上るという感じではなく、乗用車感覚でコクピットに収まることができます。乗降性は非常に優れているSUVです。

      ダッシュボード周りはスカンジナビアモダンをそのまま取り入れ、洗練された印象です。また、センターコンソールもドライバー側にオフセットされており、適度なタイト感がこの巨大なクルマと一体感を生み出してくれます。

      物理キーを持たない電子キーをダッシュボード上部に横向きに挿入し、「もう少し大きくしてもいいんじゃない?」と思えたスタート/ストップボタンを押すとエンジンが目覚めました。直列6気筒DOHC24バルブターボエンジンは3リッター。静粛性も高く、同社のイメージである5気筒エンジンとは比較にならないほど振動も抑えられている。

      電子式パーキングブレーキを解除して、やや無骨なシフトレバーをDレンジに放り込み「1930kgもある車体重量なんで、ほんわかと加速するのだろう?」と勝手に決め付けていた筆者とは、裏腹にガバッ!と加速。そして、グイグイ速度を持ち上げていく。改めてスペックを確認すると、このエンジンは最大出力304ps(224kW)/5600rpm、最大トルク44.9kg・m(440N・m)/2100〜4200rpmもある。しかも、レッドゾーンは7000rpmからときたもんだ。
      街中では、このパワーでアクセルに足を乗せているだけで、すべてが事足りてしまう。

      高速道路に滑り込み、アクセルを底まで踏みつけてみると、「グウォー」という実に勇ましいサウンドと共に3リッターエンジンは、きっちり7000rpmまで回りきり、2トンに迫るボディを猛進させていく。ドイツ車勢はパワーがある分、ブレーキの設計にも抜かりがなく、制動能力にも長けているが、後方を十分確認した上、このクルマの急減速を試みましたが、「BMW X3」などと変わらない制動性能を持つことが分かりました。
      ただ、「XC60」のブレーキは、街中など低速では、踏んだら踏んだだけ利くという自然なフィーリングで、現在の「カックンブレーキ」になれたドライバーには、最初利きが悪いと思うかもしれませんが、それはあくまで慣れの問題です。

      シフトレバーには、マニアルモードが装備されていますが、大トルクのおかげで、試乗中にはお世話になることはほとんどありませんでした。

      柔らかめの足回りは乗り心地もよく、また2mに迫る全幅も実際に運転席に収まれば、非常に見切りが良いため、さほど大きさを気にすることもありません。

      伝統の安全性、更には、現行車両では最も出来が良いといわれるオートブレーキシステムなど細部にも抜かりがありません。

      マイナーチェンジモデルが販売店では新車としてショールームにならんでいますが、レビュー車の新古車もまだまだ存在します。お手ごろ価格で、プレミアムSUVを手に入れるには、最適なクルマであるといえます。





      参考になった 12人
      2013年9月30日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 5
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 無評価
      価格 4
    • T4 V60、T5 V60、2台とも車検を通さずに今回のD4 XC60と、60シリーズを3台乗り継ぐ事になりました走行距離が一般の方より多く次の車検までに10万キロを超える為費用の懸念があり、また、たまたま2台とも車検前に当て逃げにあい、その修理費と車検代を頭金にして、ディーラーの担当者も下取り、値引きを頑張ってくれたので、なんとか買うことが出来ました。
      予算的にはV90 T5も圏内だったのですが、この新しい一連のエクステリア、インテリアがどうもピンとこなかったこと、T5だと現V60と同じエンジンであること(T6だととても買えない!)、そしてディーゼルの導入がない事も決め手に欠けました。
      続きを読む というのも、ボルボが一昨年ディーゼルを導入した時は、その音と振動が自分には合わず見送りましたが、最終モデルであるクラシックはネットの情報やセールスの「エンジンのマナー、静粛性、振動の押さえ込みであるもかなり進化しました」との声に推され、久々に試乗してみました。そして、その熟成に驚きました。
      前のT5 V60は本当にいい車でしたが、このXC60は更に高級感ある乗り味になっています。
      実家への500kmの往復が増え、その燃費を考えると、ハイオクとディーゼルの差額も含め、この経済性はかなり魅力的で、購入を決めました。
      年間2万キロ走ると、年間10万円以上の差額が出るようですから。
      今回もポールスターを導入したことで、200馬力、トルクは実に44キロを超えます。
      現在、半年弱で14,000kmを超えました!
      サスペンションも、エンジンもこなれてきて、ますます乗りやすくなりました。
      エクステリアは、写真よりも実際の方がはるかにカッコ良いです。色も思い切ってフラメンコレッドにしたのですが時間帯、天気によって見え方が変わります。
      晴れの日中は少しオレンジっぽくゴールドに光り、暗くなるとしっとり、ヌメッとした深い色味にかわり高級感が増します。
      マツダの鮮烈なソウルレッドと違って、少しシックな感じですかね。
      インテリアは、60シリーズほぼ共通なので見慣れているし、使い勝手も苦労しません。クラシック専用の木目調のパネルなどが使われているので、ここでも落ち着いた高級感があります。
      また、ナビ等もT4から7年の経過とともに大変使いやすくなっています。よくタッチパネルでないことをネガに書かれますが、指紋による汚れ、運転中の操作の危険性などを考えると、ハンドルでほぼ全て操作出来る、このシステムはかなり使いやすいと思います。
      室内の色使いは本革シートのベージュと同様で、ステアリングもベージュとチャコールグレーのツートン、パノラマサンルーフの開放感もあり、「おしゃれ!」と女性受けが良いのも嬉しいですね。
      エンジン性能ですが、ポールスターがなくても充分ですが、導入したことで加速がスムーズになり、また低速域の扱いがよりジェントルになりました。
      新しいマツダのCX5も試乗してその出来の良さに驚きましたが、よく指摘される出だしのモッサリ感は若干感じられました。これはBMW 320dでも感じたことです。ただ、320dのスポーツライクなセッティングはさすがと思いました。
      しかしCX5より100s以上重いXC60の出だしの気持ちよさは特筆に値すると思います。
      ハンドリング、ドライバビリティは、車高の高い車としてはロールも程よく抑えられていて、これは以前試乗した時よりも数段熟成されています。FFとしてなんの不足もありません。
      燃費ですが、高速を90kmで巡行していれば20km/Lを超えます。一般道でも14km/100はキープし、トータルで16km/L。満足です。
      乗り心地 これが1番嬉しいポイントです。ボルボはV60、V40とスポーティに舵を切りましたが、反面乗り心地は後退しました。前に乗っていたV70に比べて違う乗り物というくらい、硬い足のセッティングになりました。
      XC60も出た当時はやはり少しスポーティでしたが、この最終モデルはその味を残しつつ、大変乗り心地が良くなりました。
      それは同乗者がみな口を揃え、85歳になる母が「これはいいね」と言ったのにはびっくりしました。
      ボルボというメーカーは小さいながらとても真面目で、年時改良を最終モデルまで怠らずにしています。
      代車で乗ったV40も、デビュー当初から比べとても高級な乗り味になっていました。
      これまで、日本車も含め10数台乗り継いで来ましたが、MCされるたび、少なからず嫉妬に近い感情をもちました。一方、フルモデルチェンジされるとそっちにすぐ飛びつく浅ましい性格です。
      でも今回は、3月時点で新型XC60がまだ半年以上リリースされないこと、その上ディーゼルの導入が来春であること、そして現行モデルはこれ以上改良されないんだ、というへんな優越感。
      そこに価値を見出せたことは自分にとって、新しい発見でした。
    • ボルボの他車を契約した関係で、納車までの期間1週間ほど貸して貰いました。

      デザイン・インテリアは平凡な感じがありますが、シートの座り心地を含め、車内の居心地はとても素晴らしいです。気密性・遮音性が高いのか、他車のクラクション音が微かに聞こえる程度でした。

      室内のゆったりとした空間・静かな環境とシートヒータがあまりに心地良かったのか、隣で嫁が睡魔と必死に戦うも、結局口開けて気持ち良さそうに寝てしまっていました。

      パワーはディーゼルの豊なトルクは流石です、ただしこれだけの車体です、運転次第である程度の能力を発揮すると思いますが、当然ながらかっ飛ばす仕様にはなっていません。とは言え
      続きを読む 軽く踏むだけで心地良い推進力は常に感じられ、パワー不足を感じることはまずありません。多くの人が自然とゆとりを持った運転になってしまうと思うので、必要十分な性能でしょう。スペック上で気になる人はポールスター仕様にすれば良くて、それ以上のパワーなんて宝の持ち腐れになるだけです。

      燃費は走行約400km、都心渋滞有りのオール下道、半分はアップダウンのある山岳県道でこの大型乗用車には厳しい条件下でも平均17.8km/Lを記録しました。この条件で、かつこの車体にして2千円程度しかかからないのは驚異的です。年間2万km以上乗る私の場合、今のハイオク仕様の車に比べて、毎年15万円以上の経費削減になります。車体が大きいと言う理由で購入を見送っていた私にとっては目から鱗でした。

      安全機能は今年春モデルのS60よりさらに進化しています。衝突の危険を知らせてくれるブザーは、状況をより正確に判別してくれているみたいで、意図的にブレーキを遅らせている時は鳴らなくなっていました。また車線キープに関する通知は、音楽を一瞬消音して大人しい警告音に変わったと思います。これは道路の落下物などに関わらず発せられるので、眠くないときは手元のスイッチで切ってもよいと思うほどです。とにかくこれだとボルボの車側の過失での事故は相当減るでしょうね。こう言う機能は早く普及してもらいたいです。

      あとアイドリングストップ機能も改善されていて、変な震動で不愉快に思うことは一切ありませんでした。ブレーキを離して再始動したけど、前がなかなか進まない時なんかは、再度止まらないよう改良された?ようで、こう言った日々改良は評価に値すると感じます。

      値段はそれなりにしていますが、このSUV系は激戦区なので、結構値引きしてくれそうに感じます。ディーゼルということで国内だとマツダと競合しそうですが、シートなどの内装面、安全性能とブランド力で、こちらの選択肢も十分ありえると思います。レクサスRXより軽いので走りは断然こっちの方が良いはずで、バッテリーを積むハイブリッドでは、このトルクフルな走りは実現出来るはずもありません。来期発売されそうなベンツGLCよりは安価でしょうし、グループでアウトドアを楽しむ人にピッタリだと思います。

      VW系列の不祥事以来、世界的なシェアが変わりつつある中で、ボルボが日本のデンソーの技術を駆使して躍進しています。昔のただ武骨に強いボディーだけのメーカーではなくて、素晴らしいエンジンを開発し、強さとしなやかさを兼ね揃えつつあり、世界での評価が上がり続けているのも納得せざるをえません。きっと日本でもっと流行りそうな気がしています、参考にしてください。
    • 42015年12月1日 投稿
      【エクステリア】
      いかにもボルボなデザイン。
      浮ついておらず、質実剛健な印象。

      【インテリア】
      ラグジュアリーではないが、
      さすが北欧といったところか。
      シートが素晴らしい。

      【エンジン性能】
      悪くない。
      ディーゼル静か!
      トルクフルでストレス少ない。

      【走行性能】
      足回りもそれなりに優秀だし、
      クロスオーバーで走破性も期待できる。
      追従クルーズのブレーキが上手い。

      【乗り心地】
      ボルボは乗り心地が良い。
      特にシートが優秀。
      S60のシートほどじゃないが、
      これも期待に応えられるレベル。

      【燃費】
      ガソリンのAWDは悪い。
      ディー
      続きを読む ゼルは期待どおり。

      【価格】
      スペックや質感からすると安いが、
      同じ値段でそれなりの競合車が手に入るので、
      ニーズとのバランスをよく検討したい。

      なお未使用車などで良ければ、
      年式の浅いものも、お手軽価格。

      【総評】
      悪い車ではないし、乗って満足かと思う。
      他人から羨ましがられる車ではないが、
      良い選択肢だと思う。

      リセールは弱いです。

    XC60 2009年モデルのクチコミ

    (51件 / 10スレッド)
      • ナイスクチコミ9
      • 返信数7
      • 2017年10月18日 更新
      今月発売されるXC60ですが、T8を買うべきか、それともPHEVの機能などがもう少し改善されるのを待ってからにすべきか悩んでます。
      フル充電しても40キロ程度しか走れないのなら、どうなのかな??と
      ご意見頂けたらと思います❗
      • ナイスクチコミ47
      • 返信数13
      • 2017年10月9日 更新
      ディーラーに新型XC60の情報が入ってきた様です。電話で価格等は少し教えてもらったのですが、忙しいところだった様で詳しい諸元表は聞きそびれてしまいました。どなたか出力やトルク、車両重量等々の情報をお持ちの方がおられればお教えください。
      • ナイスクチコミ11
      • 返信数2
      • 2017年6月26日 更新
      来年あたりにモデルチェンジを予定しているとのことですが、
      現行のモデルの値引きを最大限に引き出すには、モデルチェンジ前
      どのくらい前に購入するのがベストでしょうか?
      ボルボで購入したことが無いので、ご存知の方がいらっしゃいましたら
      教えて下さい。よろしくお願いします。

    XC60の中古車

    XC60の中古車相場表を見る

    XC60とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止