三菱 アウトランダーPHEV 2013年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

アウトランダーPHEV 2013年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
G Limited Edition2019年9月12日/マイナーチェンジ

393万円

238〜341万円   4WD 5人 18.6km/L 2,359cc 1,860kg  
G2019年9月12日/マイナーチェンジ

430万円

81〜399万円   4WD 5人 18.6km/L 2,359cc 1,900kg  
G Plus Package2019年9月12日/マイナーチェンジ

458万円

289〜418万円   4WD 5人 18.6km/L 2,359cc 1,900kg  
G Premium Package2019年9月12日/マイナーチェンジ

499万円

107〜424万円   4WD 5人 18.6km/L 2,359cc 1,910kg  
BLACK Edition2020年6月4日/特別仕様車

441万円

-

  4WD 5人 18.6km/L 2,359cc 1,900kg  
ALL BLACKS Edition2019年10月31日/特別仕様車

482万円

369.0万円   4WD 5人 18.6km/L 2,359cc 1,900kg  
S Edition2019年9月12日/マイナーチェンジ

529万円

298〜429万円   4WD 5人 18.6km/L 2,359cc 1,930kg  

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
E2014年5月29日/マイナーチェンジ

341万円

129.8万円   4WD 5人 18.6km/L 1,998cc 1,770kg  
E2013年2月28日/ニューモデル

341万円

129.8万円   4WD 5人   1,998cc 1,770kg 118ps
M2017年2月9日/マイナーチェンジ

365万円

199〜209万円   4WD 5人 19.2km/L 1,998cc 1,830kg  
M2015年7月9日/マイナーチェンジ

359万円

199〜209万円   4WD 5人 19.2km/L 1,998cc 1,820kg 118ps
G2018年8月23日/マイナーチェンジ

418万円

81〜399万円   4WD 5人 18.6km/L 2,359cc 1,890kg  
G2014年5月29日/マイナーチェンジ

367万円

81〜399万円   4WD 5人 18.6km/L 1,998cc 1,790kg  
G2013年1月24日/ニューモデル

367万円

81〜399万円   4WD 5人   1,998cc 1,790kg 118ps
G Limited Edition2018年8月23日/マイナーチェンジ

393万円

238〜341万円   4WD 5人 18.6km/L 2,359cc 1,880kg  
G Limited Edition2017年11月16日/特別仕様車

382万円

238〜341万円   4WD 5人 19.2km/L 1,998cc 1,860kg  
G NAVI Package2017年2月9日/マイナーチェンジ

432万円

98〜357万円   4WD 5人 19.2km/L 1,998cc 1,860kg  
G Navi Package2015年7月9日/マイナーチェンジ

423万円

98〜357万円   4WD 5人 19.2km/L 1,998cc 1,850kg  
G Navi Package2014年5月29日/マイナーチェンジ

412万円

98〜357万円   4WD 5人 18.6km/L 1,998cc 1,800kg  
G Navi Package2013年1月24日/ニューモデル

409万円

98〜357万円   4WD 5人   1,998cc 1,800kg 118ps
G Plus Package2018年8月23日/マイナーチェンジ

447万円

289〜418万円   4WD 5人 18.6km/L 2,359cc 1,890kg  
G Premium Package2018年8月23日/マイナーチェンジ

479万円

107〜424万円   4WD 5人 18.6km/L 2,359cc 1,900kg  
G Premium Package2017年2月9日/マイナーチェンジ

468万円

107〜424万円   4WD 5人 19.2km/L 1,998cc 1,890kg  
G Premium Package2015年7月9日/マイナーチェンジ

459万円

107〜424万円   4WD 5人 19.2km/L 1,998cc 1,880kg  
G Premium Package2014年5月29日/マイナーチェンジ

443万円

107〜424万円   4WD 5人 18.6km/L 1,998cc 1,820kg  
G Premium Package2013年1月24日/ニューモデル

441万円

107〜424万円   4WD 5人   1,998cc 1,820kg 118ps
G Safety Package2017年2月9日/マイナーチェンジ

397万円

98〜308万円   4WD 5人 19.2km/L 1,998cc 1,850kg  
G Safety Package2015年7月9日/マイナーチェンジ

388万円

98〜308万円   4WD 5人 19.2km/L 1,998cc 1,840kg  
G Safety Package2014年5月29日/マイナーチェンジ

376万円

98〜308万円   4WD 5人 18.6km/L 1,998cc 1,790kg  
G Safety Package2013年1月24日/ニューモデル

376万円

98〜308万円   4WD 5人   1,998cc 1,790kg 118ps
S Edition2018年8月23日/マイナーチェンジ

509万円

298〜429万円   4WD 5人 18.6km/L 2,359cc 1,920kg  
S Edition2017年2月9日/マイナーチェンジ

478万円

298〜429万円   4WD 5人 19.2km/L 1,998cc 1,900kg  
SPORTS STYLE EDITION2014年10月23日/特別仕様車

412万円

144〜185万円   4WD 5人 18.6km/L 1,998cc 1,810kg  

アウトランダーPHEV 2013年モデルのレビュー・評価

(156件)

アウトランダーPHEV 2013年モデルの満足度

4.32

(カテゴリ平均:4.3)

    アウトランダーPHEV 2013年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • アウトランダーPHEV 2013年モデル G Premium Package 2012年12月26日に発表、翌年の1月24日から発売された三菱アウトランダーPHEV。途中、一部改良等は行われていますが、メーカーも「新型」と言い切ってしまう程の大幅改良モデルが登場、御殿場を中心に一般道と高速道を試乗しました。

      このクルマ、ランサーエボリューションの生産も終了する中、現在の三菱自動車においてデリカD:5と並んで登録車において重要な役目を担ったクルマです。

      定義としては曖昧な部分はありますが、いわゆる「ビッグマイナーチェンジ」にふさわしい内外装や性能向上を感じ取ることができます。試乗車は最上級の「G Premium Package」、マイナーチェンジ前のフロントマ
      続きを読む スクは確かに「地味」だったかもしれません。ただこれはこれで飽きのこないプレーンな印象でよかったと思っています。しかしビジネスである以上はそうもいきません。特に今回は欧州のプレミアムSUVとの勝負も視野に入れた大改良。同社の新しいデザインコンセプトである「ダイナミックシールドデザイン」によるフロントマスク周りは確かに迫力があります。実際、高速道路でルームミラー越しに見えた同業者が運転するクルマを見た時には思わず「車線変えようかな」と思った位。もちろん私も同じクルマには乗っているのですが・・・。

      デザインに関しては好みもありますが、マイナーチェンジ前と比べ、ここまで大きく変えたことは“吉”と出ているのではないでしょうか。

      一方でインテリアはステアリングホイールのデザイン、表皮などの変更、試乗車には本革内装が標準装備されていましたが、エクステリアほどのインパクトは少ないと感じました。コストも問題もあるのでしょう。基本造形は大きく変えられなかったので、マテリアルを中心に変更していますが、輸入車のプレミアムSUVと真っ向勝負、というレベルにはもう少し時間がかかりそう。つまりこのデザインコンセプトを具現化するには、次のモデルチェンジに期待するしかないと思います。

      一方走りに関してはこれは見事だ、という印象を持ちました。何よりも静粛性と乗り心地の向上が顕著です。元々静かなアウトランダーPHEVですが、エンジン始動中の遮音性能も向上していますし、特に高速道路では風切り音が驚くほど低減されています。開発者に話を聞くと、数ある中でもドアミラーの中に発生する空気の渦までも形状を変更することでこもり音なども大幅に低減しているとのこと。高速走行時にモーターだけで走行するとロードノイズが一番多く聞こえてくる。それでもその音すら遠くに聞こえる。この部分に関してはこのクルマが一番誇れる美点ではないでしょうか。

      乗り心地に関しても大幅な変更を受けていますので路面からの微小入力に関してはうまく押さえ込んでいます。試乗車の走行距離が短いこともあり馴染んでいない部分は路面からのコツコツという小さな突き上げを感じました。ただこれは走り込んでいくうちに改善されるでしょう。

      PHEVに関しては制御系に手を加えたことでカタログ数値も実用燃費(電費も含む)も向上しています。何よりもPHEVですから自分で充電が可能。プラグインハイブリッド車や純粋なEVは自宅等に充電設備がやはり必要になりますが、このクルマは極端なことを言えばマンションで充電設備のない人でも所有することができます。また試乗車には駆動用バッテリーの電気を最大1500Wまで出力できる100Vのコンセント(電源)が標準装備されていました(他のグレードはメーカーオプション)。別にアウトドアでなくてもこの装備は色々なシーンで役立つでしょう。購入時にはぜひ選んでおきたい装備です。

      他車にはないアドバンテージを持つこのクルマですが、コスパは高くともお値段自体は少々高め。純正ナビも含めたテレマティクスサービスもまだ発展途上ですから、個人的には先進安全装備が付き、最上位モデルより約70万円安い「G Safety Package」を購入して社外品の高性能ナビを付けるという選択もありだと思います。
      参考になった 30人
      2015年9月30日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 3
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 5
      価格 3
    • リタイヤに伴い、維持費削減のため Porsche Macan からの乗り換えを
      検討しておりアウトランダー以外には、新型SUBARUレボーグ、
      プジョー3008、メルセデスC220dを候補に挙げています。
      今回、アウトランダーPHEVの2019年モデルを6時間レンタルし、
      普段走っている道を走ってみました。
      地域としては、比較的交通量の少ない郊外の一般道と高速道路ですが、
      どちらもアップダウンが結構あるコースです。

      【エクステリア】
        三菱らしいスタイルの一言。
        決してカッコいいとは思わないが、飽きのこないデザインかと。
        ただ、リアビューだけはいただけない!
      続きを読む
      【インテリア】
        まさに10年前の国産車のデザイン。
        機能一点張りで、デザイン性はないとしか言いようがない。
      【エンジン性能】
        通常は発電用なので「黒子」と言った存在だが、走行用として
        直結となった時は結構頼りになる存在。
        2リッターに比べて格段に静かになったが、チャージモードでは
        やや唸り音が気になる。
      【走行性能】
        通常はシリーズハイブリッドのEV走行。ノーマルモードで走ると
        バッテリーが空っぽ近くまではほほEV走行。
        ただ、2モーターで合計トルクが34キロとなると、「普通に」
        走るには十分なパワー。
        しかもシステムのマネジメントが秀逸でとにかく静かでスムース。
        これだけでも買う価値はあると思うが、「速さ」が必要な場面では
        スポーツモードを選択すれば、まず不満はないと思う。
        ここだけで考えると、Macan からの乗り換えでも納得できるかも。
        しかも、車高が高く、決して固めたサスペンションでもないのに
        コーナーでの安定感もそこそこあって、ハンドリングもニュートラル
        な感覚。
      【乗り心地】
        これはイマイチ。
        平滑な路面ではアンジュレーションは上手く吸収して、しなやかでは
        あるが少しでも荒れた路面(舗装路でも)では、バネ下が暴れて
        ガッカリするようなフィーリングとなる。
        Macan の方が太いタイヤに硬いサスペンションなのに、しっとり感
        では上。
        今時のSUVとしては合格点とは言い難いように思う。 
      【燃費】
        120キロ走って約6リッター消費。
        回生ブレーキを多用して、チャージモードを上手く使えば
        カタログ燃費を超えることが可能と判断。
        ポイントは、通常はノーマルモードで走り、止まる時は
        回生ブレーキをこまめに操作。
        で、空いた平坦路を一定速度で走るときや、下り坂では
        チャージモードを選択して充電。
        こう言った操作を楽しめれば、燃費は期待以上。
      【価格】
        現状では唯一のシステムと言っても過言ではないので、工業製品
        としては価値ある逸品だが、所有する満足度としてはデザインや
        乗り心地という要素でやや不満が残り、結果としては「やや高い」
        と言わざるを得ない。
      【総評】
        長時間試乗を経て、候補から外れるところまではいかない。
        優れたPHEVシステムは捨て難いものがあるが、所有する満足度
        を何をもって判断するかで大きく評価が分かれるように思う。
    • 再レビューです。
      60000km、7.5年落ちで2013年式を購入、8か月乗りました。
      その間1月に車検をDで受けた際に容量測定してもらいましたが70.5%で残念ながら対象外。費用は7000円+税でした。
      おそらく半年くらいで切るでしょうから持ってきてくださいと言われ、6月にもっていったた69.8%で
      晴れて?バッテリー交換になりました。その際には測定料金は取られず。
      今入荷待ちで、バッテリーが入荷したら1週間預けて交換になる予定です。
      交換時は8年65000kmになり、EV走行可能距離は30kmです。

      【きっかけ】
      30kwリーフを1年前に中古購入。電気の静かさと運転の楽
      続きを読む しさに目覚め、2台目も充電したいと思い検討。40kwリーフ、BMWi3と悩み、レンジエクステンダーとしての優秀さを理由に購入。6万キロ中古ですが、そこは価格重視です。

      【走行性能】自宅充電で暖房器具も電化製品を設置したのですが、どういう時にどういう走行モードになるかが複雑です。黙ってドライブで乗る人には、車が重く大きく運転しにくいかも。私はマニアですので、回生ブレーキ調整のパドルシフトをガチャガチャ変えながら楽しく乗っています。

      【燃費】自宅充電とのミックスで20kmです。バッテリーがリニューアルされたら改善するかも。

      【外装】マイチェン前なのでノーマルだとチョと厳しいです。色々外装をネットで買ってつけました。
          YOUTUBEに載せています。

      【内装】評判悪いですが、私はシートも素晴らしいと思います。

      【サイズ】今国内で販売されているEV,PHEVでテスラモデルX含めても室内空間は一番です。
           EVだけど広く使いたい人には唯一無二の選択肢でした。
       
      RAV4PHVが発売されました。トヨタにあれをやられてしまうと国内他メーカーは太刀打ちできませんね。まず走行性能が段違いにいいし、バッテリー走行距離も長いです。
      新車価格もこみこみ600万クラスですが、アウトランダーのモデルチェンジ後がどういったものになるのか。。。
      とはいえ、中古だと200万以下ですし、車格や性能を考えると激安でしょう。
      肝心のバッテリー保証は中古でも最寄りのDにもっていけば受けられるので、格安中古も大いにありでしょう。
               
    • 【エクステリア】
      こののっぺりしたデザインはどうなんだろう…
      でも乗ってしまえば見えないからいいか、という感じでした。

      【インテリア】
      こんなものではないでしょうか。
      もとが百数十万安いアウトランダー(ガスランダーは二百数十万円台から)なので。
      高くてしょぼい、と言われたときはいつも百の位が2の車に百数十万のプラグインハイブリッド機能を乗せただけだからしょうがないよーと話していました。

      【エンジン性能】
      発電機が主なので、望むべくもないです。
      上り坂はきついですね。
      バッテリーがなくなると、追い越しできないです。

      【走行性能】
      ニュートラルステアな感じで、無
      続きを読む 理しなければよく曲がります。
      高速道路でも流れに乗って走れます。
      頑張れば、高級輸入車にもついていけることがあります。

      【乗り心地】
      ちょっと固め。でもロールが少ないので良し悪し。
      タイヤをレグノに変えたら、ロードノイズやら微振動やらが改善。でも高速コーナーで少しぐにゃってするようになりました。

      【燃費】
      高速メインの遠出でリッター16〜19でした。(街乗りはほぼ電気なので、燃費は不明)
      車重から考えればそこそこかな、と思います。
      以前乗っていたアルハイ(オラオラ顔の1つ前)は頑張ってもリッター13でした。
      自宅で充電できるので、遠出しない限りガソリンを入れることはほとんどありませんでした。
      うまく走ると、一般道かつエアコン停止のほぼ平たん路走行でバッテリーのみで60km走れたことがあります。

      【価格】
      機能・システム的には頑張った価格ではないでしょうか。
      絶対的な金額は安くないですが。
      トヨタが同じようなものを作ったら、あと50万から100万くらい高くなりそう。

      【総評】
      営業の方がハイブリッドで元を取ろうと思わないでください、1500w電源を利用して、いろいろなことができることに価値を見出してください!と話していましたが、その通りだと思います。
      が、自分の利用方法では1500w電源の出番はあまりありませんでした…
      また、ベースとなっているのが二百数十万円台のクルマなので、それを念頭においておけばそこまで不満は出ないと思います。

      あと、リセールは低いです。
      買い替えのディーラー巡りで査定に出すと、どういうわけか三菱が一番査定が低いです。
      日産、トヨタ、輸入車ディーラー2か所、三菱と回りましたが、三菱が最も低い金額を提示してきました。
      一番高いところと、三菱では3割以上差がつきました。
      自社の車を最も低い評価とするなんて…と愕然としました。
      乗りつぶさずにリセールを気にする方は、別の車(またはメーカー)にしたほうが良さそうです。
      今回の買い替えは三菱にはしないことにしました。
      【追記】
      書き忘れていたことを少々。
      このボディの大きさで、最小回転半径5.3mはなかなか良いと思います。
      狭い道でも曲がれる・Uターンも楽々なので、助かる場面はありました。
      MC後、排気量が上がってしまいました…細かい話ですが、パワーを求めないのであれば自動車税がちょっと安いMC前もアリだと思います。

    アウトランダーPHEV 2013年モデルのクチコミ

    (7822件 / 450スレッド)
      • ナイスクチコミ28
      • 返信数12
      • 2020年6月26日 更新
      レビューでも書きましたが、試乗を開始した途端に気になったのがタイヤのバタつきです。
      サスそのものは決して硬くはないのに少し路面が荒れているだけでタイヤが暴れます。
      そんなに重量級のタイヤでもないので、ダンパーがバネに負けているのか、ボディ剛性が
      弱いのか分かりません。
      ビルシュタインだとこの辺りは改善できているのでしょうか。
      或いは、何か改善方法があるのでしょうか、ど
      続きを読むなたかご教示下さい。
      • ナイスクチコミ2
      • 返信数3
      • 2020年6月20日 更新
      これまでオートドアロック付きの車に乗っていたせいで子供などが同乗する機会は
      余りないのですがオートドアロックユニットを探しています。型式GG2Wに適合する
      ユニットは探せたのですがマイナーチェンジ後の型式GG3Wに適合するユニットが
      見つけられません。

      現在、実際にGG3Wに取り付けて問題なく使っている方がいましたら教えて下さい。
      ディーラーに聞いてみたのですが分
      続きを読むからないとの返事でした。
      配線工事は不慣れなため難しい配線処理が必要ないユニットが希望です。

      宜しくお願いします。
      • ナイスクチコミ7
      • 返信数5
      • 2020年6月19日 更新
      初めまして。初期のランダーphevを購入して3月の車検時に駆動用バッテリーの容量が基準値より下回り交換となりましたが2ヶ月経っても音沙汰無しです。交換された皆様も結構待ちましたか?

      あと最近気付いたのですがフロントガラスの淵に見て分かる様な小さい気泡がプツプツと周り殆どになってたのですが皆様のは大丈夫でしょうか?これは劣化ですかね?

    アウトランダーPHEVの中古車

    アウトランダーPHEVの中古車相場表を見る

    アウトランダーPHEVとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止