トヨタ RAV4の価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

トヨタ RAV4の新型情報・試乗記・画像

RAV4の自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

RAV4のモデル一覧

RAV4のレビュー・評価

(225件)

RAV4 2019年モデルの満足度

4.28

(カテゴリ平均:4.29)

    RAV4 2019年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • RAV4 2019年モデル Adventure 2019年4月に発売を開始して今年3月末までの販売台数も7万1539台とSUVジャンルでトップとなったトヨタRAV4のガソリンモデルである「アドベンチャー」にコロナ禍が発生する前に試乗しました。

      新型RAV4には2.5L直4ハイブリッドと2L直4のガソリン車をラインナップします。特にその中でもアドベンチャーはガソリンのみの設定で年齢を問わずアクティブ志向のユーザーをターゲットしたことで売れ線グレードとなっています。

      先に結論を言ってしまうと、アドベンチャーと他グレードは特にエクステリア周辺のデザインに大きな違いがあります。好みはあるとはいえ、ハイブリッド車でこのエクテリアが欲しいと
      続きを読む 感じている人もディーラーで話を聞くと一定数いることがわかります。

      もちろんいずれは(マイナーチェンジ時期?)そのような設定も追加されるかもしれませんがクルマの個性を際立たせるためにも初期導入はこのような形でラインナップしてきたと推察できます(トヨタの担当者の一部からもそのような意見はあったと聞いています)。

      ボディサイズは全長4610×全幅1865×全高1690mmと堂々としたものです。個人的には全幅が1800mmを超えるクルマは日本の道路事情を考えると積極的には購入しようと思いません。クルマの取り回し性能はボディサイズだけでなく、ステアリングの切れ角も含めた「最小回転半径」や運転席からの視界などトータルで判断すべきですが、それでも19インチアルミホイールを装着するグレードが5.7m、その他が5.5mに何とか抑えている点、また特に前方の見切りの良さも手伝って実用上に大きな問題はありません。

      新型RAV4の大きな特徴はグローバル環境で対応できる(特に北米市場)3種類のAWDシステムをグレードに応じて設定している点です。

      その中でもトヨタが結構プッシュしてきたのがこのアドベンチャーとG“Zパッケージ”(つまり19インチ仕様車)にのみ搭載される「ダイナミックトルクベクタリングAWD」です。

      簡単に言えば前後だけでなく後輪の左右間のトルク配分もコントロールできることでAWD車(特にFFベース)特有のコーナリング時のアンダーステアを抑える効果があります。

      またこのシステムの優れている点は「特にAWDは必要ない」と車両側が判断した際にプロペラシャフト前後の動力伝達をカットする「ディスコネクト機構」を装備している点です。これにより実用燃費を高める効果もあります。

      実は車両導入時にこの3種類のAWDの違いを専用のテストコースで試す機会に恵まれました。トヨタの開発陣が「それぞれのシステムの違いがわかりやすい」ということで設定したコースですからその差は顕著でした。

      アドベンチャーの場合は少しオーバースピードでコーナーに侵入した際にリア側から押されるような感覚でフロントがインにグイっと入ってきます。その分ややコントロール性は求められますが決して運転技量が高いとは言えない筆者でも少しだけリアを滑らすような感覚を保ちながら車両の動きは把握できる。そんな走りを楽しむことができます。

      一方で今回は触れませんがハイブリッド車の電気式AWDである「E-Four」もパワーと制御のバランスは抜群です。車両価格が異なりますので比較はしづらいのですが、安定志向であればこちらも候補に挙がります。

      一般道では一番感じたのが静粛性の高さ、そして接地性の確かさです。今やトヨタが誇る「TNGA」による新型プラットフォームが生み出す走りの質感向上に対して説明は不要ですが、街中の交差点を曲がる際でもステアリング操作に対しクルマの動きが素直です。最低地上高が200mm(19インチ仕様)あるSUVでも一拍遅れてグラッと来るようなロール感が本当に少ないのです。

      一方ステージが変わって高速道路を走ると静粛性の高さには驚かされます。前述したクルマの動きにプラスして後席にカメラマンを乗せた状態でも会話明瞭度が高いことがわかります。今後のトヨタ車は皆、こうなるはずですが、初代RAV4や他社のSUVを数台乗ってきた筆者からすれば「SUVの静粛性は大体こんなもの」と思っていたのを根底からくつがえされる程の進化を遂げています。

      エンジンに関しては必要十分の性能とは思いますが、ここ一発の追い越しなどは2Lエンジンではややツラい部分もあります。理想は2.5LのNAエンジンが欲しいところですが、そこは無い物ねだりなのと不足部分は「Direct Shift-CVT+10速シーケンシャルシフトマチック」がフォローしてくれます。このシーケンシャルシフトはレクサスUXのガソリン車に搭載された機構ですがトヨタブランドではRAV4が初、実用燃費をキープしつつ、いざという時にはダイレクトな変速フィーリングや走りを楽しむことが出来ます。

      冒頭に触れたようにアドベンチャーにはガソリン車しかありません。しかし専用の内外装のほか、先進安全装備も基本的なものは装備されているのでその点でもイチ押しグレードであることは間違いないでしょう。

      ただ購入時には上位グレードに設定されている「インテリジェントクリアランスソナー(2万8600円)」「リアクロストラフィックオートブレーキ+ブラインドスポットモニター(6万8200円)」は安全性の観点からも装着すべきでしょう。

      また快適装備としては大型の「パノラマムーンルーフ(14万3000円)」「快適温熱シート+運転席・助手席シートベンチレーション(他装備と一緒で8万1400円)」は将来のリセールバリューにもプラスに働くので少々高めでもオプション候補に残しておくことをオススメします。

      今後はハリアーや2020年秋にはヤリスクロス、そしてこのRAV4にも時期未定とはいえPHEVが導入されることでトヨタのSUVラインナップはさらに充実します。価格差や車格の違いはあるとはいえ、選択肢が増えることはユーザーにとってのメリットも増えることになります。これらの動向を見ながらSUV選びを楽しんで下さい。
      参考になった 46人
      2020年4月30日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 3
      エンジン 4
      走行性能 5
      乗り心地 4
      燃費 3
      価格 3
    • 【エクステリア】
      adventureセンシュアルレッドマイカです。明るい時と、陽が落ちた時で表情が変わるのが面白いです。明るいとラメが入ったような模様でなかなか綺麗ですよ。オフパケに無いのが非常に残念です。

      【インテリア】
      運転席側の収納がもっと欲しいのと、助手席グローブボックスが狭いと感じます。車検証入れや、取説類(最近のは多いし、厚い)が閉める時引っかかるレベル。車両の大きさと純正車検証のサイズ考えると、もう少し奥行きが欲しいですね。あとは後席の足回りが狭いのは致し方無いか。前席はクリアランスは最高なんで、そこはハリアーとの差別化なんでしょうか?
      オプションですが、バックモニタ
      続きを読む ーとパノラミックビューを付けて良かったです。このサイズは初めてだったので、駐車場の枠に入れるのがなかなか大変ですが、モニターのおかげでかなり上手に停められます。リアレンジに入れなくても、いつでも前カメラや左右、後ろのカメラを確認できるので、走行中表示するのも面白いです。
      あと、僕はつけなくて後悔したのですが、デジタルインナーミラーは欲しくなりました。後ろにバイクが停まっていた時、車幅に隠れてサイドミラーからは映らず。荷物は積んで無かったのでインナーミラーでは確認できてましたが…。デジタルインナーミラーの画像は問題無いですし、そもそも視野が広く死角を少なくできるので、欲しかったなーと思います

      【エンジン性能】
      エコモードは回転数2000を超えない設定なんでしょう。強制ふんわりアクセルでまさにエコな運転です。スポーツモードはアクセルレスポンスが良く、加速も充分楽しいです。ただ、街乗りはエコモードが強いですね。走り出し物足りないですが、市街地ではブレーキワークが減り、結果的に良いクルージングができます。

      【走行性能】
      ダイナミックトルクベクタリングのコーナリング、ハンドリングが異次元すぎると思います。まずは試乗してください。

      【乗り心地】
      ドアを閉めた時の、バムッという密閉された感覚、ガソリン車なのに静音が強すぎるが故にスピード感覚が麻痺する感じは感動しました。

      【燃費】
      サイズ的には妥当だと思います。エコモードで市街地運転して一時リッター18キロが出ましたが、どこまで信用していいものか。

      【価格】
      妥当ではないでしょうか。コミコミ400万、ローンを組みましたが、銀行ではなく、ディーラーローンで契約しました。担当さんが金利かなり頑張ってくれました。

      【総評】
      とにかく目立つ。運転が楽しい。後席に人を乗せなければ最高の車両だと思います
    • 【エクステリア】
      完全に見た目買いです。
      外装に不満はありません。

      【インテリア】
      シートベンチレーションはすごく気に入ってます。
      不満な点は特にありません。

      【エンジン性能】
      ちょっと力不足感はあります。
      信号待ちからの発進や坂道を登るときなど。

      【走行性能】
      サイズの割に意外と運転はしやすいです。

      【乗り心地】
      いいと思います。

      【燃費】
      通勤で片道15キロ走ってますが、リッター11キロくらいです。


      【価格】
      色々な装備やオプション付けて400以下なら安いほうなのかな?
      妥当な金額だと思います。

      【総評】
      続きを読む
      個人的には満足しています。
    • ハイブリッドXの4WDを購入。
      3月下旬契約の納車が6月中旬。納車まで約3ヶ月でした。
      前車はホンダの旧型ヴェゼルのハイブリッドXの2WDだったのでほぼヴェゼルとの比較になります。

      【エクステリア】
      モデリスタ仕様は自分好みだったので満足です。モデリスタ仕様は自分の地域ではあまり見かけないので気分が良いです。
      ただ前車のヴェゼルと比べると全長で約30cm、全幅で約8cm長いので大きく感じます。
      駐車場などは気を使いますが慣れたら大丈夫かと。でも細い道はあまり通りたくなくなってしまいました。

      【インテリア】
      ヴェゼルと比べると、エアコンの操作部分やシフトレバーなどが少しチ
      続きを読む ープな気がします。
      荷室の使い勝手はヴェゼルの方が良いです。後席を倒した時にヴェゼルはフラットになりますが、rav4は斜めになります。また、ヴェゼルは後席を上げて高さのある荷物を置くスペースが確保できます。

      【エンジン性能】【走行性能】
      2500ccなのでパワフルに感じます。加速も必要十分。
      上り坂のカーブでは後ろのモーターがパワーを発揮しているのか、グインって感じで曲がります(←伝わりづらいか汗)


      【乗り心地】
      遮音性はヴェゼルより良いです。ロードノイズが大きいというレビューもありますが、個人的には許容範囲というか静かに感じます。
      騒音測定アプリではヴェゼルが60dB後半〜70dB前半、60dB中盤〜60dB後半という感じです。
      通勤で片道30km、峠を2回ほど越える道を走っていますが、疲れにくく快適です。

      【燃費】
      初回に給油して500kmほどの走行です。
      燃費表示は18.0km/Lですが、まだ伸びると思います。ヴェゼルでは20km/L走っていたこともあるので、感覚的には同じくらいの燃費になりそうです。燃料タンクが55Lもあるので、今後1回の給油で1000km走れるかもしれません。

      【価格】
      ナビ、テレビは入れず、モデリスタパーツ、18インチタイヤ、LEDルームランプ、フロアマット、サイドバイザー等の基本装備などで総額430万円でした。
      自分に必要なオプションを付けたので納得しています。

      【総評】
      納車まで自分なりにRav4の良い所も悪い所も調べて、YouTube観て自分が乗った気になったり笑。
      待ちに待って乗れたRav4。
      ヴェゼルも良い車だと思っていましたが、車のランクが上がりそれ以上に良い車でした。
      長く乗り続けたいと思います。

    RAV4のクチコミ

    (13283件 / 1021スレッド)

    クチコミ募集中

    RAV4のクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    RAV4 2019年モデル

    RAV4 2019年モデル

    RAV4 2019年モデルのクチコミを書く
    RAV4 2005年モデル

    RAV4 2005年モデル

    RAV4 2005年モデルのクチコミを書く
    RAV4

    RAV4

    RAV4のクチコミを書く

    閉じる

    RAV4のクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    RAV4 2019年モデル

    RAV4 2019年モデル

    RAV4 2019年モデルのクチコミを書く
    RAV4 2005年モデル

    RAV4 2005年モデル

    RAV4 2005年モデルのクチコミを書く
    RAV4

    RAV4

    RAV4のクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ26
      • 返信数4
      • 2021年7月24日 更新
      フォレスターと購入悩んでいます。
      トータルで考えた時のRAV4の優位性、
      追従機能でのフォレスターと比較した時の特徴、
      使用感ぜひぜひ教えてください!
      • ナイスクチコミ2
      • 返信数4
      • 2021年7月24日 更新
      リアガーニッシュ ?あたりから異音がします。

      ・走行中、リアガーニッシュあたりから「きしきし」という
      異音がします。

      ・走り出しはしないことが多いですが、少し距離をはしる(5kmくらい)
      と「きしきし」となりはじめます


      ディーラーにて「リアガーニッシュ対策品」に交換しても
      改善しません。
      どなたか対策情報ありましたら教えて頂けるとありがたいです。
      続きを読む
      • ナイスクチコミ19
      • 返信数7
      • 2021年7月23日 更新
      2021年7月からadventureオーナーになりました。
      取説一冊だけの中古車からの買い替えなので、最近の車の取説の数と厚さにビックリしております(o_o)

      車検証や取説(ドラレコ、ナビ、メディア、他オプション)がグローブボックスにギリギリな感じで収められていたんですが、皆さんどのように保管してますか?
      グローブボックスには予備の芳香剤など、色々置きたい派なので、予
      続きを読む備スペース活用術などあれば知りたいですm(._.)m

    RAV4の中古車

    RAV4の中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較

    RAV4とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止