ホンダ ヴェゼル 2013年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

ヴェゼル 2013年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
G ホンダ センシング2019年1月31日/マイナーチェンジ211万円 182〜188万円   FF 5人 21.2km/L 1,496cc 1,180kg 131ps
G ホンダ センシング 4WD2019年1月31日/マイナーチェンジ233万円

-

  4WD 5人 19.6km/L 1,496cc 1,270kg 131ps
X ホンダ センシング2019年1月31日/マイナーチェンジ220万円 119〜224万円   FF 5人 21.2km/L 1,496cc 1,190kg 131ps
X ホンダ センシング 4WD2019年1月31日/マイナーチェンジ242万円 145〜248万円   4WD 5人 19.6km/L 1,496cc 1,270kg 131ps
RS ホンダ センシング2019年1月31日/マイナーチェンジ252万円 135〜252万円   FF 5人 20.2km/L 1,496cc 1,210kg 131ps
TOURING ホンダ センシング2019年1月31日/マイナーチェンジ295万円 155〜273万円   FF 5人 17.6km/L 1,496cc 1,360kg 172ps
TOURING Modulo X ホンダ センシング2019年11月29日/マイナーチェンジ352万円

-

  FF 5人   1,496cc 1,360kg 172ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
G2016年2月26日/マイナーチェンジ

192万円

94〜189万円   FF 5人 20.6km/L 1,496cc 1,180kg 131ps
G2015年4月24日/マイナーチェンジ

193万円

94〜189万円   FF 5人 20.6km/L 1,496cc 1,180kg 131ps
G2013年12月20日/ニューモデル

193万円

94〜189万円   FF 5人 20.6km/L 1,496cc 1,180kg 131ps
G 4WD2016年2月26日/マイナーチェンジ

213万円

95〜193万円   4WD 5人 19.0km/L 1,496cc 1,270kg 131ps
G 4WD2015年4月24日/マイナーチェンジ

214万円

95〜193万円   4WD 5人 19.0km/L 1,496cc 1,270kg 131ps
G 4WD2013年12月20日/ニューモデル

214万円

95〜193万円   4WD 5人 19.0km/L 1,496cc 1,270kg 131ps
G ホンダ センシング2018年2月16日/マイナーチェンジ

207万円

182〜188万円   FF 5人 21.2km/L 1,496cc 1,180kg 131ps
G ホンダ センシング 4WD2018年2月16日/マイナーチェンジ

229万円

-

  4WD 5人 19.6km/L 1,496cc 1,270kg 131ps
X2015年4月24日/マイナーチェンジ

207万円

99〜199万円   FF 5人 20.6km/L 1,496cc 1,190kg 131ps
X2013年12月20日/ニューモデル

207万円

99〜199万円   FF 5人 20.6km/L 1,496cc 1,190kg 131ps
X 4WD2015年4月24日/マイナーチェンジ

228万円

134〜179万円   4WD 5人 19.0km/L 1,496cc 1,270kg 131ps
X ホンダ センシング2018年2月16日/マイナーチェンジ

216万円

119〜224万円   FF 5人 21.2km/L 1,496cc 1,190kg 131ps
X ホンダ センシング2016年2月26日/マイナーチェンジ

212万円

119〜224万円   FF 5人 20.6km/L 1,496cc 1,190kg 131ps
X ホンダ センシング 4WD2018年2月16日/マイナーチェンジ

238万円

145〜248万円   4WD 5人 19.6km/L 1,496cc 1,270kg 131ps
X ホンダ センシング 4WD2016年2月26日/マイナーチェンジ

233万円

145〜248万円   4WD 5人 19.0km/L 1,496cc 1,270kg 131ps
S2015年4月24日/マイナーチェンジ

219万円

97〜194万円   FF 5人 19.2km/L 1,496cc 1,210kg 131ps
S2013年12月20日/ニューモデル

219万円

97〜194万円   FF 5人 19.2km/L 1,496cc 1,210kg 131ps
RS ホンダ センシング2018年2月16日/マイナーチェンジ

247万円

135〜252万円   FF 5人 20.2km/L 1,496cc 1,210kg 131ps
RS ホンダ センシング2016年2月26日/マイナーチェンジ

239万円

135〜252万円   FF 5人 19.8km/L 1,496cc 1,210kg 131ps

ヴェゼル 2013年モデルのレビュー・評価

(89件)

ヴェゼル 2013年モデルの満足度

4.38

(カテゴリ平均:4.3)

    ヴェゼル 2013年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • ヴェゼル 2013年モデル S 昨年11月に東京モーターショーで初公開され、12月に発売されたヴェゼルは、1.5Lガソリン車と、これにモーターを組み合わせたハイブリッド車があります。そのうちスポーティな装備を施したガソリン車の最上級グレードSに、神奈川県逗子市で行われた試乗会で乗りました。

      スタイリングは、ライバルの1台である日産ジュークに負けない思い切りが見られます。フロントマスクは最近のホンダ車の常でやや煩雑な印象もありますが、サイドやリアは躍動的なラインをウインドーやランプの造形にうまくつなげていて、SUVらしい力強さとクーペのような流麗さがうまくミックスしています。近年のホンダ車ではベストデザインだと思いました
      続きを読む

      インテリアはそれに比べればオーソドックスですが、ドライバー側に傾けたセンターパネル、盛り上がったコンソールなどが、スポーティな印象をもたらしてくれます。コンソールの下には収納スペースもあるなど、日本車らしいきめ細かさも健在です。一方でパーキングブレーキを電気式にするなど、フィットより上級のクルマであることも伝わってきます。

      前席のヒップポイントはフィットより少しだけ高めで、その分座面の厚みも感じます。圧巻は後席で、身長170cmの僕であれば足が組めるうえに、角度は適切で、クッションの沈み込みも感じるなど、このクラスの国産車としてはかなり快適な居住空間でした。しかもセンタータンクレイアウトを生かして、低くフラットに畳めます。ユーティリティの点でも高得点が付けられます。

      1.5Lのガソリン直噴エンジンはフィットと基本的に同じで、131psの最高出力、15.8kgmの最大トルクも近い数値です。トランスミッションはCVTです。車両重量は、同じエンジンを積むフィットに比べて約100kg増しているものの、加速性能は十分でした。ただし遮音性については、もう少しのレベルアップを望みたいと思いました。

      足回りはスポーティさを狙ったとのことで、全般的に固めです。とくにSグレードは、他のグレードでは16インチだったホイール/タイヤを17インチにインチアップしているので、余計にそう感じました。ファミリーユースにも対応できるパッケージングを持つだけに、もう少し穏やかさが欲しいところです。

      ハンドリングは、フィットでは克服したかに見えたセンタータンク特有の前の重さにがやや気になりました。デザインやパッケージングについてはかなり魅力的で、上級車に匹敵する内容を持つだけに、それに見合った静粛性や乗り心地、ハンドリングを備えてほしいと思いました。
      参考になった 18人
      2014年2月27日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 3
      走行性能 3
      乗り心地 3
      燃費 無評価
      価格 3
    • 【エクステリア】
      まとまりのいいデザイン。下の黒い部分とのバランスがいい。他メーカーでやたら分厚いのがあるが、白黒で、お気に入りです。上級車にはガーニッシュ?が塗装されてるが、Xは素材の表面のままですが、もともとこの部分はSUVの車、輸入車や日本の他メーカーの高級SUVでもほとんど塗装されてないように思うのですが、年数たつと、白っぽくなってくるかもしれませんが、傷や汚れ気にしたくない部分なので、これで十分です。いやむしろこのほうがいい。

      【インテリア】
      グレードが下の方ですが、材質が違うが上のグレードと形は同じで、こちらのほうが私は落ち着く。センターパネルが上のクラスは塗装されて、き
      続きを読む れいですが、個人的には傷つけたり、指紋付けたり、汚れとか気になったりするので、気を使いそうで、こちらのほうが気楽でいいです。

      シートは、私の体にあってる。今までで一番かもしれない。私のはオプションのシートヒーターがついてるのですが、これは便利です。上級車には標準でついてますが、新車で買う場合、FFのXにはオプションで付けたほうがいいと思います。7万円高くなりますが、コンビシートとセットになっており、一部本革、合皮とファブリックとどこが何かよく区別わかりませんが、よくできた合皮です。 
      室内の広さは他メーカーの同クラスではダントツだ。後席はちゃんと大人が座れる。

      【エンジン性能】
      1500ccのエンジンだが、同排気量で、一番の馬力かと。CVTは嫌いな人も多いけど私的には、発進、バック、右折時の再発進など町中の操作に安心感がある。

      【走行性能】
      排気量の割によく走れる。私には十分以上。

      【乗り心地】
      私的には少し固め。乗り始めの頃は荒れた道で左右に揺さぶられる感じに違和感あったが、最近は慣れたのか気にならなくなった。

      【燃費】 
      以前の車よりはいい。ただ十分ではない。アイドリングストップがよく効く。嫌いな人が多いかと思うが、解除したければボタンを押せばやめれる。ただエンジン始動するたびに解除されるので、その都度押す必要あるが。個人的にはアイドリングストップは好きである。
      停止すると、ストンと止まり、ブレーキ緩めると少しブルブルとしてエンジン再始動する。この感覚なぜか好きです。
      セルモーターなど壊れやすくなるとか、バッテリーが高価になるとか、アイドリングストップ嫌う人いますが、モーターの作動時間わずかですし、今時そんなやわなモーターないと思うし、ヴェゼルの場合、キャパシタという充電器使ってるので、バッテリーはなぜかアイドリングストップ専用の品番でない。
      マイナー前のエンジン車の説明書には、アイドリングストップ専用と書いてない。私のマイナー後の説明書には、アイドリングストップ専用と記載されてるが、品番は同じで、アイドリングストップ専用の品番でない。実際についてるのもアイドリング専用でない。
      この点疑問に思ってます。ディーラーに交換時期が来れば聞こうと思ってます。

      【価格】
      同じクラスではリーズナブルと思います。

      【総評】
      外見は、かっこいい。室内空間も広い。取り回しも以前のは、5ナンバーだったが、少し大きくなったが、ほとんど変わらない。今のところ大満足です。
    • 【エクステリア】
      全体のフォルムがいいです。テールが特に好きです。リアのドアノブが目立たない
      ようにしてあるのいいです。ただライトがウロコのような変な模様になったのが
      いまいちです。初期型のシンプルなのが良かった。かなり印象が変わってます。

      【インテリア】
      まあまあいい作りです。センターコンソールやカップホルダーも使いやすいと思います。

      【エンジン性能】
      これは文句がないです。ヴェゼルを買うなら迷わずTOURINGにします。
      ターボは低回転から力があり滑らかに気持ちよく加速します。

      【走行性能】
      試乗なので良く分かりませんがハンドル切った時の反応やハンドルの重さ
      続きを読む など
      良かったです。パドルシフトでエンジンブレーキを使ってみましたが反応も良く、
      楽しめます。

      【乗り心地】
      いいと思います。段差を超えたときの感じは試乗なので分かりません。

      【燃費】
      試乗なので不明です。

      【価格】
      性能、質感を考えれば妥当な価格だと思います。

      【総評】
      CH-Rが出て一時はかなり販売台数で差を付けられましたがまた逆転したのは
      いいクルマだからだと思います。デザイン、エンジン性能、質感、装備などに
      不満はないです。SUVですが重心の高さはあまり感じず乗って楽しいクルマです。
    • なかなかスタイリッシュなデザインのSUVで、ファミリーにも結構人気があるようなので以前から気になっており、家族の愛車「シャトル ハイブリッド」の洗車ついでに試乗してきました。ホンダ車を所有するのは現在のシャトル ハイブリッドが初めてなのですが、どうも私の好みに合っているのか、どのクルマに乗ってもそれなりにフィーリングが合うようです。SUVはあまり乗ったことがないのでそれほど詳しくないのと、市街地を短時間試乗しただけなので、率直な感想を書きます。

      【エクステリア】
      SUVとしては精悍でいいデザインだと思います。個人的に国内メーカーのSUVでデザインが一番好きなのはハリアーですが、その次点
      続きを読む にきます。存在感のあるフロントフェイスと塊感のあるシルエットがよくまとまっていると思います。CX-5やCX-3のデザインもいいと思いますが、どうしてもリアの野暮ったさが気になります。ヴェゼルはリアもまあまあなので、全体的なバランスがいいと思います。ちょっとパーツの組み合わせを間違えて出荷しまったのではないかとさえ思われる妙なデザインの競合車種CH-Rよりよく売れている理由のひとつに、まずこのデザインのよさがあるのではないでしょうか。

      【インテリア】
      センタータンクレイアウトを採用しているだけあり、パッケージングがなかなかいいと思います。前席も後席も広々として開放感があり、荷室容量も393Lと、この車格にしては十分だと思います。内装のデザインは、マツダ車ほどおしゃれではありませんが、シートなどの素材感がよく上質な雰囲気で、各種装備のスイッチ類や収納も手の届きやすい場所に配置されています。個人的に、センターコンソールのデザインと使い勝手が気に入りました。

      【エンジン性能】
      ターボとは思えないようななめらかさで、出足から図太いトルクが出るので、とても扱いやすいです。このあたりは、さすがホンダのVTECターボという感じで、マツダのディーゼルターボより気持ちがいいです。レヴォーグに搭載されているスバルの1.6L 直噴ターボDITと比べても、なめらかさがまったく違うと思います。ガソリンターボの“本家”らしい、レベルの高さと熟成の跡が感じられます。

      【走行性能】
      低重心でボディ剛性がめっぽう強く、直進安定性やハンドリングもすぐれているので、SUVとは思えないようなキビキビ感のあるフィーリングです。走りの味付けは、なんとなくスバル車に似ている印象です。車幅が1770mmと、SUVとしてはコンパクトですが、それを感じさせないところに、ホンダの車体設計の巧みさを感じます。この走りのよさも、ライバルのCH-Rでは得られないものだと思います。

      【乗り心地】
      自動車ジャーナリストの評価でカタいというのがあったので、どんなものかと思いましたが、まったくカタいとは思いません。むしろ、しっかりとした接地感があって振幅感応型ダンパーの動きもごく自然なので、快適な乗り心地でした。ほかのSUVと比べると、CX-3とは比較にならないほど上質でどっしりとした乗り味で、走りの楽しさピカ一なものの、ややピッチングやローリングが多いCX-5より好みでした。

      【燃費】
      飽くまでカタログスペックベースですが、ツーリングはまあまあといったところです。ただし、この燃費でVTECターボのなめらかでパワフルな加速が得られることを考えると、マツダのディーゼルターボよりすぐれていると思います。

      【価格】
      エンジンやサス、補強材がいいものを使っているだけに、ツーリングはいいお値段です。ただ、1.5Lのノンターボ車や、HV車はお買い得でしょう。ホンダ車は中位グレードでも装備が充実していて、ナビの選択肢が多いこともありオプション費用が安く抑えられるので、乗り出し価格で比べた場合、C-HRよりかなり安くなるはずです。コスパはいいものの、高級車の価格帯となるCX-5などと比べれば、この価格でこれだけ上質なSUVが手に入るのは、高く評価できると思います。

      【総評】
      自販連の統計ベースでみると、SUVとしてはRAV4に次ぐ売れ行きですが、実際に試乗してみて、よく売れている理由がよくわかりました。SUVとしてはコンパクトで取り回しのいいボディながら、室内空間や荷室は広々としており、十分なパワーで好燃費と、これといった欠点がないので、購入後の満足度が高いクルマだと思います。ファミリーにも扱いやすいので、ベビーカーを積まなくなったら、FMC後に検討してもいいかな、と思えました。ただ、最近のホンダ車はデザインが迷走している印象があるので、飽くまでソリッドウィングフェイスを中心とした、精悍なデザインを正当進化させていることが条件になります。

    ヴェゼル 2013年モデルのクチコミ

    (1741件 / 184スレッド)
      • ナイスクチコミ10
      • 返信数5
      • 2020年4月11日 更新
      質問です。
      2018年2月以降に販売されたヴェゼルのガソリンタイプ X ホンダセンシングを検討しているのですが、
      フィット1.3 後期型 と比べて、下記がどう違うのか教えていただきたいです。

      ・ロードノイズ
      ・足回りの硬さによる体に来る振動
      ・静粛性

      この部分が一番気になります。
      ヴェゼルのガソリンタイプXやGはディーラーでも試乗車がほとんどなく確かめるこ
      続きを読むとができません。
      フィット1.3後期型はタイムズレンタカーでよく使うので感覚がわかっていて、
      それを基準として比較すると想像しやすいかなと思いました。

      両方乗ったことがある方、よければ違いを教えてください。
      • ナイスクチコミ9
      • 返信数4
      • 2020年3月9日 更新
      こだわりのグレードと外装色、RSスーパープラチナグレーメタリック。
      純正ナビを8インチに変更。
      オプション260,150円。
      値引き332,013円。
      総額2,670,000円。
      ガソリン満タン納車。
      営業・受付・整備士・店長による納車式と花束贈呈。

      新車奨励金として40,000円+QUOカード5,500円。



      乗っていての感想は、アイドリングスト
      続きを読むップのブレーキの効きがIMA車と比べ固い。エンジンスタートの左側はやりにくい。給油口開けるのにレバー操作がめんどう。エンジンスターター要らなかった。
      それでも内外装の質感とカッコ良さに惚れ惚れして満足しています。新車というのもありますが所有欲を満たす良い買い物が出来ました。
      • ナイスクチコミ57
      • 返信数4
      • 2020年1月18日 更新
      オデッセイ→ハリヤー→レクサスRXと乗り継いでこの暮れにヴェゼル ツーリングに乗り換え、大満足といったところです。

      4年ほど前、オデッセイを処分したときにヴェゼルを検討したのですが1.5Lガソリンとハイブリッドしかなく荷物を積んでの高速移動に非力で不安があったためハリアーを買ったのです

      なんといってもホンダはエンジンが良い、トヨタハリヤーなどのハイブリッド2.4Lは
      続きを読む最悪、第2東名で100Km以上出すとボコボコエンジン音が大きくなるだけで全く加速しない、なんちゃってSUV・婚活カー(ナンパ)車といったところ、勧めがあってレクサスRX3.5L直噴6気筒ハイブリッドハイオク仕様に変えたところ高速で100Km以上で静かにスーと加速、さすが後についてくる車はないが、200HPでも車重は2トンを有に超えているので決して機敏ではないです

      仕事で電材を200s位積んで1日都内を巡回することが多くレクサスRXは大きすぎ(アルファードとまっだく同じ)、駐車場や狭い道路では大変な苦労、ホイルなどあっちこっちこすって大損害、結局700万円を3か月で日本一の買取店で処分450万円(バカです)

      ヴェゼル ツーリングは一人で乗り、都内の巡回は小回りが利きエンジンパワー(170HP)は最高、首都高でも連続したカーブを一気に駆け抜ける、足回りが良いのでローリングがなくカーブが全く怖くない、シートを倒せばレエクサスRXよりたくさん荷物が詰める、200Kg積んでもエンジンパワーがあるため全く重量を感じない、

      難を言えば小さい車で足回りを強くしているため悪路で突き上げがきつい、ツーリングの名前の通りRVではなく舗装された良い道のロングドライブに向く車です

      燃費はエコモードOFF・アイドリングストップOFF、都内走行で約10Km、郊外で12kmといったところ(エアコンシーズンは1割ぐらい減か)レギュラーガソリンで安く十分です、ハイブリッドはトヨタで飽きました、燃費を気にしなければエンジンが止まったり回ったりするハイブリッドより、やっぱりシンプルで故障の少ないガソリン車が最高です(諸外国で小型ハイブリッドは不人気ですので)
      都内は信号の度停車、渋滞もひどくブレーキホールドは絶対必需品です

      余談ですがベゼルの車中泊はよくないと書いている方がいましたが、ハリアーもレクサスRXも狭いし、シートを倒してもフラットにならない、かなり斜めで介護ベット状態、車中泊なんかできませんので

    ヴェゼルの中古車

    ヴェゼルの中古車相場表を見る

    ヴェゼルとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止