プジョー 308SW 2014年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

308SW 2014年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
Allure2018年12月17日/マイナーチェンジ

308万円

119〜239万円   FF 5人 17.0km/L 1,199cc 1,320kg 130ps
Allure Special Edition2018年7月18日/特別仕様車

308万円

205〜239万円   FF 5人 17.7km/L 1,199cc 1,340kg 130ps
Allure BlueHDi Special Edition2018年7月18日/特別仕様車

328万円

234〜259万円   FF 5人 19.9km/L 1,560cc 1,400kg 120ps
Allure BlueHDi2018年12月17日/マイナーチェンジ

329万円

159〜298万円   FF 5人 21.6km/L 1,498cc 1,380kg 130ps
Allure BlueHDi TECH PACK EDITION2018年8月30日/特別仕様車

333万円

-

  FF 5人 19.9km/L 1,560cc 1,420kg 120ps
GT Line BlueHDi2018年12月17日/マイナーチェンジ

354万円

315〜339万円   FF 5人 21.6km/L 1,498cc 1,410kg 130ps
GT BlueHDi2018年7月18日/マイナーチェンジ

383万円

199〜348万円   FF 5人 18.2km/L 1,997cc 1,510kg 177ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
Allure2018年7月18日/マイナーチェンジ

304万円

119〜239万円   FF 5人 17.7km/L 1,199cc 1,340kg 130ps
Allure2017年10月28日/マイナーチェンジ

304万円

119〜239万円   FF 5人 17.7km/L 1,199cc 1,340kg 130ps
Allure2015年10月1日/マイナーチェンジ

303万円

119〜239万円   FF 5人 16.1km/L 1,199cc 1,340kg 130ps
Allure BlueHDi2018年7月18日/マイナーチェンジ

324万円

159〜298万円   FF 5人 21.0km/L 1,560cc 1,400kg 120ps
Allure BlueHDi2017年10月28日/マイナーチェンジ

324万円

159〜298万円   FF 5人 21.0km/L 1,560cc 1,400kg 120ps
Allure BlueHDi2016年7月12日/マイナーチェンジ

323万円

159〜298万円   FF 5人 21.0km/L 1,560cc 1,400kg 120ps
Allure BlueHDi Special Edition2018年1月5日/特別仕様車

328万円

234〜259万円   FF 5人 21.0km/L 1,560cc 1,400kg 120ps
Allure Special Edition2018年1月5日/特別仕様車

308万円

205〜239万円   FF 5人 17.7km/L 1,199cc 1,340kg 130ps
Premium2014年11月5日/フルモデルチェンジ

305万円

129.4万円   FF 5人 16.1km/L 1,199cc 1,320kg 130ps
GT BlueHDi2017年10月28日/マイナーチェンジ

381万円

199〜348万円   FF 5人 20.1km/L 1,997cc 1,510kg 180ps
GT BlueHDi2016年7月12日/マイナーチェンジ

378万円

199〜348万円   FF 5人 20.1km/L 1,997cc 1,520kg 180ps
GT Line2015年7月10日/マイナーチェンジ

338万円

159〜195万円   FF 5人 17.7km/L 1,199cc 1,340kg 130ps
Cielo2014年11月5日/フルモデルチェンジ

345万円

139〜175万円   FF 5人 16.1km/L 1,199cc 1,360kg 130ps

308SW 2014年モデルのレビュー・評価

(28件)

308SW 2014年モデルの満足度

4.59

(カテゴリ平均:4.31)

    308SW 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • 308SW 2014年モデル Cielo 2014年のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した新型プジョー308は、プジョーとしては珍しく、モデルチェンジで名前を変えずに登場しました。日本では2014年11月に発売されており、直後に神奈川県箱根で試乗会が行われました。ボディはハッチバックと、SWと呼ばれるワゴンの2タイプ。そのうちSWのインプレッションを報告します。

      ボディはホイールベースが20mm長い2730mm、全長は70mm伸ばした4585mmとしつつ、全幅は1805mm、全高は1475mmで、それぞれ15/85mm縮小しています。背が低くなったのは、旧型の3列シート7人乗りを止め、ワゴンとしてオーソドックスな2列シー
      続きを読む ト5人乗りになったためもありそうですが、タワーパーキングに収まる高さになったことは歓迎すべきでしょう。

      一方の全長は、同じ新型308のハッチバックでは逆に短くなっており、フロントノーズが共通なので、リアオーバーハングを伸ばしたことになります。おかげでこのクラスのワゴンとしては珍しく、リアがすらっと長い、ワゴンらしいプロポーションを実現していると感じました。落ち着いた雰囲気を取り戻したフロントマスクと合っています。

      インパネはステアリングを小径にして、遠くに置かれたメーターをリムの上から見るという、208や2008と同じスタイルになりました。センターのタッチパネルでエアコンやオーディオも操作し、スターターはボタン、パーキングブレーキは電動にした結果、滑らかな造形にもなっています。寒い時期には、上級グレードのシエロに標準装備されるガラスルーフからの柔らかい陽射しが心地良く感じられました。

      SWは旧型同様、ハッチバックよりホイールベースを長くしています。おかげで後席の足元はハッチバックより広いうえに、旧型では3分割のセパレートだったシートがベンチタイプになったので、かなり快適に過ごせます。一方の前席は固すぎず柔らかすぎず、サイドサポートはしっかりしていて、平面ではなく体にフィットした曲面でホールドしてくれるという、プジョーらしい作りでした。

      後方の荷室は全長拡大の効果もあり、容量は5名乗車時でも660L、後席を倒すと最大で1775Lにもなります。3列目シートがなくなったことで、巻き取り式トノカバーを床下に収納できることが可能になるなど、広さと使いやすさを高次元で両立した空間に仕上がっていました。

      新型308のプラットフォームは、PSAプジョー・シトロエン・グループが新開発したEMP2と呼ばれるタイプに切り替わっています。おかげで車両重量は1320/1360kgと、サイズを考えればかなり軽く仕上がっています。旧型は7人乗りだったこともあって約1500kgに達していましたから、かなりのダイエットです。

      それに対してエンジンは、旧型の1.6L直列4気筒ターボから、1.2L直列3気筒ターボにスイッチしていますが、箱根の山でも6速ATによる加速はまったく不満ありませんでした。 23.5kgmの最大トルクが、旧型の1.6Lターボと1kgmしか違わないことも大きそうです。しかも5000rpm以上まで回してもエンジンの存在が耳につかないなど、208以上の静粛性の高さも確認できました。

      サスペンションは、ハッチバックと比べるとリアがやや固めに感じましたが、その一方でホイールベースの長さが効果を発揮して、ショックを吸収するときのしぐさは、よりゆったりしていました。コーナーでは、ステアリングを切った瞬間にリアの重さを感じますが、その後は剛性感あふれるプラットフォームとプジョーならではのしなやかに動く足回りが、粘り腰を披露してくれます。

      試乗会後、ハッチバックを含めてさまざまなグレードの新型308に乗りましたが、ワゴンらしい伸びやかなスタイリングと、さまざまな用途に対応できるユーティリティを併せ持ち、キャビンを明るく演出してくれるガラスルーフを備えた308SWシエロが、個人的にはベストチョイスだと思いました。
      参考になった 10人
      2015年1月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 5
      エンジン 4
      走行性能 5
      乗り心地 4
      燃費 無評価
      価格 4
    • BMW X3→X3→X1とSUVを乗り継いで、当初全くノーマークだった
      プジョー308SWに乗り換えました。

      旅行先のフランスで見て一目ぼれしてしまったのですが、結果として
      大満足の乗り換えになりました。

      車に詳しいわけではないので専門的なレビューはできませんが、
      ご検討中の方へ少しでも参考になればと思います。

      【エクステリア】
      日本車にもドイツ車にもない外観だと思います。
      新型の208がルノーメガーヌのような涙目(プジョー的にはライオンの爪)フロント
      になるようなので308も今後はそうなるのかなと思いますが、
      今のフロントデザインは本当にカッコイイと思います。
      続きを読む
      テールはハッチバックタイプの「ライオンの爪」モチーフの方が見た目が
      精悍ですがあくまで好みだと思います。

      【インテリア】
      シンプルイズベストというには質素すぎるといえば質素すぎます。
      ゴチャゴチャとボタン類があるのが嫌いな私には最適なデザインですが。
      シートは固すぎず、ホールド感もあって前車より疲れないです。

      ゴルファーとして絶対的に重要な「キャディバッグが後部座席を倒さず載ること」
      という要件は楽々クリアしました。これには本当にビックリしました。

      【エンジン性能】
      新型の1.5ディーゼルターボ
      ディーゼル車に乗ったことがないので、比較はできませんが、
      前々車の3.0N/A、前車の2.0ガソリンターボに比べて、全く非力さは感じません。
      音もむしろ静かに感じるくらいです。
      性能自体を評価できるほどエンジンに詳しくないですが、急な上り坂でも
      高速での追い越しでも「エンジン頑張ってるなあ」という感じは全くしません。
      余裕で加速していく印象です。

      【走行性能】
      SUVに比べて何より変わったのは地面への接地感でしょうか。
      ロールという言葉が正しいのか分かりませんが、交差点の進入、進出や
      高速の出口などでピターっと4本足で接地している感覚です。
      これまでは助手席や後部座席にいる人に余計なGが掛かっているのが
      分かりましたが、それが全く感じられません。
      この車の性質ではない評価かもしれませんが。

      【乗り心地】
      まだ長距離を走っていないので、疲れ具合は評価できませんが、
      ロードノイズもほとんどなく、助手席の相方もすぐに就寝されていたので、
      乗り心地は良いと思います。
      オプションでパノラマガラスルーフにしましたが、想像以上に気持ちが良いです。
      運転席はあまり関係ないというレビューも購入前に見ていたので、
      2名乗車がメインのため、最後まで悩みましたが、結果としてつけて正解でした。
      車の中からお花見を楽しめるくらい開放的で車内が明るくなります。

      【燃費】
      街乗りメインで18km/lなので前々車、前車とは比べ物になりません。
      ただ、他のディーゼル車と比較するとどうなるかは分かりません。

      【価格】
      今回、色々な車を比較し、
      結果的にはこの車でこの価格で良いの?
      というのが結論です。

      日本車やドイツ車はナビやら安全装備やらをオプション化しているので、
      車体本体価格と乗り出し価格に差がありすぎです。

      今回オプションとして追加装備したのはパノラマガラスルーフとドラレコだけ。
      ナビはiOSのCarPlayかAndroidのAndroidAutoで全く問題なし。
      (両方使ってみましたが、UIはCarPlayの方が分かりやすい)

      【総評】
      まずは実物を見て、実際に乗ってみて欲しいというのが率直な意見です。
      本当に素直で乗っていて気持ちのよい車だと思います。

      「街中でほとんど見かけない」

      これにメリットを感じる方は是非。


    • 【エクステリア】独特な流れるようなフォルムが気に入っています。顔つきも後ろ姿もまとまりが良いです。

      【インテリア】黒を基調としたシックでシンプルなデザインです。小径ステアリングも良いです。

      【エンジン性能】力強い加速です。スポーツモードも楽しいです。

      【走行性能】優れた直進安定性とコーナリングの良さが光ります。静粛性も高いです。

      【乗り心地】超偏平タイヤの割には、シートが良いのでかたすぎない乗り心地です。

      【燃費】リッター約14q(市街地多め)。

      【価格】国産の同等クラスと比べても意外と手ごろかも。

      【総評】ナビが標準装備だったらうれしかったのですが、
      続きを読む とにかく運転が楽しい車です。
    • 1日試乗させてもらい、さらに最新の1.5Lディーゼルも試させてもらいました。
      走りの良さや、乗り心地の良さ、ゆとりのトルク感、ワゴンの高い積載性とクルマの基本性能ではゴルフバリアントを超えたと言っても良いですね。

      昨年のマイナーチェンジで残念だと指摘した点はすべて2019モデルでは改良されて出てきました。

      2018モデルとの比較で改良点を書きます。

      【復活したACC】
      ゼロからから追従する一般的なACCに改良された上、標準装備となりました。
      マイナー前は前車に追従しないクラシカルなクルーズコントロールしか装備されていませんでした。
      これはイマドキ当然の改良点ですね。
      続きを読む

      【やっとスマホに対応】
      フォルクスワーゲンゴルフもルノーメガーヌもこのクラスの最新モデルはすべてスマホのミラーリングに標準対応しています。
      この308は昨年のマイナーチェンジで欧州仕様はcarplayをはじめ三つのミラーリング技術に対応したのに、日本仕様では、高価なオプションで使い勝手の悪いパナソニックのナビを売りたかったのか?この機能が削除されていました。

      今回は全モデルでスマホ対応しており、最新のiOS12だとcarplayでイマイチ残念は純正のmapではなく、Google mapをセンターディスプレイに表示させて実用レベルのナビとしてスマホが機能させることが出来、パナソニックナビのオプション購入は不要となりました。

      【復活したパドルシフト】
      はAllureという基本グレードにもパドルシフトが標準装備となり、初期モデルと同等になりました。
      積極的にクルマを走らせようとすると、便利なものですが前回のマイナーチェンジで廃止されていました。

      しかもアイシンAGの設計した最新のトルコン8速ATとの組み合わせとなり、もはやゴルフの7速DSGをすべての面で凌駕してしまいました。

      【まとめ】
      もともと現行308はヨーロッパのカーオブザイヤーとったほどの出来の良い車です。
      基本はとても良い車ですが、日本仕様のマイナーチェンジは見た目にとどまり、いくつもの問題点を残した2018モデルとなっていましたが、その問題点を全てクリアした2019モデルとなって昨年行われた本国でのマイナーチェンジの内容が、日本仕様にもやっと全てが反映されました。

      もはや走行性能、機能、居住性、積載性の全ての面でゴルフバリアントを凌ぐモデルに正常進化しました。

      また、マイナーチェンジ後のモデルは有償でスマホ対応が出来るようになっていますので、すでに購入したユーザーに対する配慮もあるメーカーですね。

      今後はゴルフバリアントにもディーゼルが加わるようですが、個人的な意見ではありますが、もはやコルフバリアンントはこの308SWの2019モデルに対して優位性はほとんど無くなってしまいました。

      少ないとはいえ輸入車のありがちなマイナートラブルの可能性は否定できませんが、Cセグメントのスタイリッシュでかつ実用性の高いワゴンとしておすすめのモデルです。

    308SW 2014年モデルのクチコミ

    (198件 / 30スレッド)
      • ナイスクチコミ3
      • 返信数1
      • 2019年7月20日 更新
      1.6L、6速のディーゼルに乗っていますが、最近20.30分運転していると、加速中の回転数が1500位あたりで、体に体感できる振動で、エンジン(車が)ガタガタと震えて少しもたつき、アクセルを踏み込むとグイっと加速してギアチェンジします。2速から6速で症状がでています。ディーラーで何度かみてもらいましたが、エラー等の履歴はでていないため原因は不明、コンピューターのアップデートで様続きを読む子をみてくださいとのこと。どのような状況で症状がでるかもわかりません。同じ様な症状を経験した方はおられますか?
      高速巡航中とノロノロ運転中の両方で症状がでています。
      • ナイスクチコミ6
      • 返信数3
      • 2018年7月18日 更新
      あちこちで語り尽くされてそうな話すみません。センターに一個あるドリンクホルダー、コンビニやマクドナルドのコーヒーカップとの相性はどうなのでしょうか。レギュラーないしエスサイズ、ホットorアイス、気になります。よろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ4
      • 返信数0
      • 2018年4月19日 更新
      やっと、スピーカー交換が終わりました。

      ディーラーに入荷したのが17日、サービスピットの関係で取替えは本日になりました。

      例のナビソフトバージョンアップとレーダー探知機の移設も同時に終了です。

      さて音質の変化ですが、少しの変化しか期待していませんでしたが予想以上に変わりました。

      聴力には個人差もあり一概に違いを述べるのは控えますが商品はパイオニアTS−C
      続きを読む1730です。

      標準のツィーターはそのまま活きています。興味があるならTS−C1730をネットで仕様確認してください。

      まず、あたりまえに高音の切れはかなりアップします。
      中音域ですが引っ込んでいたいたボーカルは前にでてきます。
      100ヘルツから10Kヘルツを中音域とみた場合、かなり楽器の表現力はアップしてると思います。

      ディーラーでは定価通り21,000(本体)でした。ご自分でネット仕入れすれば安くなります。

      標準で問題ないと思うなら交換の必要はありませんが、わたしのように中音域、高音域がこもって聴こえ、かつ
      音に厚み、つやが不足してると思われるなら交換の意義もあると思います。

      ヘッドユニット自体の性能に不安を持っていましたが、とりあえず問題ないレベルでした。


    308SWの中古車

    308SWの中古車相場表を見る

    308SWとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止