プジョー 308SW 2014年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

308SW 2014年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
Allure2018年12月17日/マイナーチェンジ

314万円

113〜278万円   FF 5人 17.0km/L 1,199cc 1,320kg 130ps
Allure BlueHDi2018年12月17日/マイナーチェンジ

335万円

145〜289万円   FF 5人 21.6km/L 1,498cc 1,380kg 130ps
TECH PACK EDITION2019年8月20日/特別仕様車

324万円

-

  FF 5人 17.0km/L 1,199cc 1,320kg 130ps
BlueHDi TECH PACK EDITION2019年8月20日/特別仕様車

346万円

263〜269万円   FF 5人 21.6km/L 1,498cc 1,380kg 130ps
GT Line BlueHDi2018年12月17日/マイナーチェンジ

361万円

289〜299万円   FF 5人 21.6km/L 1,498cc 1,410kg 130ps
GT Line BlueHDi Black Pack2019年9月3日/特別仕様車

369万円

288.0万円   FF 5人 21.6km/L 1,498cc 1,410kg 130ps
GT BlueHDi2018年7月18日/マイナーチェンジ

390万円

175〜329万円   FF 5人 18.2km/L 1,997cc 1,510kg 177ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
Allure2018年7月18日/マイナーチェンジ

304万円

113〜278万円   FF 5人 17.7km/L 1,199cc 1,340kg 130ps
Allure2017年10月28日/マイナーチェンジ

304万円

113〜278万円   FF 5人 17.7km/L 1,199cc 1,340kg 130ps
Allure2015年10月1日/マイナーチェンジ

303万円

113〜278万円   FF 5人 16.1km/L 1,199cc 1,340kg 130ps
Allure BlueHDi2018年7月18日/マイナーチェンジ

324万円

145〜289万円   FF 5人 21.0km/L 1,560cc 1,400kg 120ps
Allure BlueHDi2017年10月28日/マイナーチェンジ

324万円

145〜289万円   FF 5人 21.0km/L 1,560cc 1,400kg 120ps
Allure BlueHDi2016年7月12日/マイナーチェンジ

323万円

145〜289万円   FF 5人 21.0km/L 1,560cc 1,400kg 120ps
Allure BlueHDi Special Edition2018年7月18日/特別仕様車

328万円

224〜228万円   FF 5人 19.9km/L 1,560cc 1,400kg 120ps
Allure BlueHDi Special Edition2018年1月5日/特別仕様車

328万円

224〜228万円   FF 5人 21.0km/L 1,560cc 1,400kg 120ps
Allure BlueHDi TECH PACK EDITION2018年8月30日/特別仕様車

333万円

-

  FF 5人 19.9km/L 1,560cc 1,420kg 120ps
Allure Special Edition2018年7月18日/特別仕様車

308万円

229〜230万円   FF 5人 17.7km/L 1,199cc 1,340kg 130ps
Allure Special Edition2018年1月5日/特別仕様車

308万円

229〜230万円   FF 5人 17.7km/L 1,199cc 1,340kg 130ps
Premium2014年11月5日/フルモデルチェンジ

305万円

125〜140万円   FF 5人 16.1km/L 1,199cc 1,320kg 130ps
GT BlueHDi2017年10月28日/マイナーチェンジ

381万円

175〜329万円   FF 5人 20.1km/L 1,997cc 1,510kg 180ps
GT BlueHDi2016年7月12日/マイナーチェンジ

378万円

175〜329万円   FF 5人 20.1km/L 1,997cc 1,520kg 180ps
GT Line2015年7月10日/マイナーチェンジ

338万円

145〜195万円   FF 5人 17.7km/L 1,199cc 1,340kg 130ps
Cielo2014年11月5日/フルモデルチェンジ

345万円

79〜139万円   FF 5人 16.1km/L 1,199cc 1,360kg 130ps

308SW 2014年モデルのレビュー・評価

(32件)

308SW 2014年モデルの満足度

4.57

(カテゴリ平均:4.3)

    308SW 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • 308SW 2014年モデル Cielo 2014年のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した新型プジョー308は、プジョーとしては珍しく、モデルチェンジで名前を変えずに登場しました。日本では2014年11月に発売されており、直後に神奈川県箱根で試乗会が行われました。ボディはハッチバックと、SWと呼ばれるワゴンの2タイプ。そのうちSWのインプレッションを報告します。

      ボディはホイールベースが20mm長い2730mm、全長は70mm伸ばした4585mmとしつつ、全幅は1805mm、全高は1475mmで、それぞれ15/85mm縮小しています。背が低くなったのは、旧型の3列シート7人乗りを止め、ワゴンとしてオーソドックスな2列シー
      続きを読む ト5人乗りになったためもありそうですが、タワーパーキングに収まる高さになったことは歓迎すべきでしょう。

      一方の全長は、同じ新型308のハッチバックでは逆に短くなっており、フロントノーズが共通なので、リアオーバーハングを伸ばしたことになります。おかげでこのクラスのワゴンとしては珍しく、リアがすらっと長い、ワゴンらしいプロポーションを実現していると感じました。落ち着いた雰囲気を取り戻したフロントマスクと合っています。

      インパネはステアリングを小径にして、遠くに置かれたメーターをリムの上から見るという、208や2008と同じスタイルになりました。センターのタッチパネルでエアコンやオーディオも操作し、スターターはボタン、パーキングブレーキは電動にした結果、滑らかな造形にもなっています。寒い時期には、上級グレードのシエロに標準装備されるガラスルーフからの柔らかい陽射しが心地良く感じられました。

      SWは旧型同様、ハッチバックよりホイールベースを長くしています。おかげで後席の足元はハッチバックより広いうえに、旧型では3分割のセパレートだったシートがベンチタイプになったので、かなり快適に過ごせます。一方の前席は固すぎず柔らかすぎず、サイドサポートはしっかりしていて、平面ではなく体にフィットした曲面でホールドしてくれるという、プジョーらしい作りでした。

      後方の荷室は全長拡大の効果もあり、容量は5名乗車時でも660L、後席を倒すと最大で1775Lにもなります。3列目シートがなくなったことで、巻き取り式トノカバーを床下に収納できることが可能になるなど、広さと使いやすさを高次元で両立した空間に仕上がっていました。

      新型308のプラットフォームは、PSAプジョー・シトロエン・グループが新開発したEMP2と呼ばれるタイプに切り替わっています。おかげで車両重量は1320/1360kgと、サイズを考えればかなり軽く仕上がっています。旧型は7人乗りだったこともあって約1500kgに達していましたから、かなりのダイエットです。

      それに対してエンジンは、旧型の1.6L直列4気筒ターボから、1.2L直列3気筒ターボにスイッチしていますが、箱根の山でも6速ATによる加速はまったく不満ありませんでした。 23.5kgmの最大トルクが、旧型の1.6Lターボと1kgmしか違わないことも大きそうです。しかも5000rpm以上まで回してもエンジンの存在が耳につかないなど、208以上の静粛性の高さも確認できました。

      サスペンションは、ハッチバックと比べるとリアがやや固めに感じましたが、その一方でホイールベースの長さが効果を発揮して、ショックを吸収するときのしぐさは、よりゆったりしていました。コーナーでは、ステアリングを切った瞬間にリアの重さを感じますが、その後は剛性感あふれるプラットフォームとプジョーならではのしなやかに動く足回りが、粘り腰を披露してくれます。

      試乗会後、ハッチバックを含めてさまざまなグレードの新型308に乗りましたが、ワゴンらしい伸びやかなスタイリングと、さまざまな用途に対応できるユーティリティを併せ持ち、キャビンを明るく演出してくれるガラスルーフを備えた308SWシエロが、個人的にはベストチョイスだと思いました。
      参考になった 10人
      2015年1月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 5
      エンジン 4
      走行性能 5
      乗り心地 4
      燃費 無評価
      価格 4
    • 【エクステリア】
      端正で良いと思います。ワゴン化するときにホイールベースが伸びているので、「ワゴンらしくてきれい」と感じる人もいます。個人的には鼻先が短く胴が長いので「胴長短足」におもえます。色はきれいだと思います。LEDライトは思っていた以上に明るくてよかったです。 リアゲートのガラスハッチは残してほしかった。

      【インテリア】
      各席、狭苦しくなく、だだっ広くもなくちょうどよい感じです。 前席のカップホルダーとグローブボックスの狭さは問題です。シートそのものも大きめですが、少し腰にきます。ヘッドレストの位置に違和感を覚えます。i-cockpitには反対です。走行中に画面と指先を「視認
      続きを読む しないと」いけないのはいかがなものかと思います。オーディオは音質、操作性ともに悪いです。「ラジオを消せない」仕様は理解に苦しみます。 全面ガラストップは想像より良かったです。

      【エンジン性能】
      驚きました。3気筒/1.2lではないですよ。昔の3気筒のことや1.2lのことは忘れて評価が必要です。パワーそのものには問題はないと思います。低燃費を狙うプロファイルのせいなのかシフトアップが早くエンジンの伸びが感じられないのは残念です。 小排気量のせいなのかATのせいなのか不明ですがエンブレが効かないのでブレーキに頼ることになります。 音は静かな方かと思います。乗っていてあまり邪魔になるようなエンジン音ではありません。

      【走行性能】
      限界近くまで頑張ったことなどありませんが、その気になれば結構速いんじゃないでしょうか。 小さい段差の処理などは上手だと思います。年寄りは「やっと部長クラスの車になった」といって喜んでいます。

      【乗り心地】
      16インチのタイヤが良いです。ワゴンはやっぱり薄っぺらいタイヤを履かずに(不細工になったとしても)太くて優しいタイヤを履くべきと思いました。走行音もよく抑えてありますが、ワゴン特有のドラミングは少しあります。

      【燃費】
      皆さん程よくはありません。 都市部をウロウロすることが多いのですが(片道10Km以内)、最低8Km/lでした。高速だけでも17Kmくらいです。それでも自分の中では歴代最高燃費です。感覚的にここは賞味「1200ccの車」という感じです。

      【価格】
      私は中古で買いましたが、国産同種の車よりお得感がありました。 車の品質と比較するなら安いのではないかと思います。 プジョーは初めてなのですが、前のフランス車は(大きな故障はなかったものの)部品代が高かったので維持費は要注意ではあります。

      【総評】
      大人4人プラス犬2匹という条件(←レア)での車ならこのクラスでも最高評価に近いのではないでしょうか? ミニバンに魅力を感じない方、神経質でない方にはおすすめします(あと、DCTが信用できない方にも)。
    • 【エクステリア】
      フロント、サイド、リアのどこから見ても美しい。
      納車後5ヶ月が経過したが全く飽きません。
      ハリケーングレーもソリッドカラーながら艶があって
      渋く気に入っています。
      クラウンとすれ違うとデイライトの形状が同じで恥ずかしい。

      【インテリア】
      ファミリー向けミニバンからの乗り換えなので、
      指摘の多いドリンクホルダーは、確かに不便。
      運転席側のエアコン吹き出し口に、市販のホルダーを設置して解決。
      最後まで1.5LGTラインと迷いましたが、アルカンターラシートにやられました。
      パノラミックサンルーフは、夏少し暑かったが、寒くなってきたので
      晴天時に開けている
      続きを読む とポカポカと温室みたいで気持ちが良い。

      【エンジン性能】
      お題に書いた400N・Mの圧倒的なパワー感が魅力です。
      ディーラーで最新の1.5Lにも試乗し、街乗りでのパワー不足は全く感じませんでしたが、
      営業マンの「高速で○○km以上出したときに、差が出ると思います」とのお言葉で
      心が揺れ動き、上述のシートにやられ、GTを選びました。
      エコモードでも全くパワー不足を感じませんが、スポーツモードにすると
      アクセルレスポンスや加速力が激変し、違う車に変身します。
      アクセルオン時のドロドロ音とシフトダウン時がたまりません。

      【走行性能】
      高速になればなるほど安定します。
      カーブでの安定感も秀逸。運転が楽しい車です。
      プジョーの「猫足」というものを体験したかったが、
      18インチホイールということもあり、それほどしなやかさは感じません。

      【乗り心地】
      納車時は、段差を乗り越える時にゴツゴツ感があったが、
      走行2,000kmを過ぎたあたりから動きがなめらかになった。
      「車では寝られない」と言っていた子どもが後席で見事に寝落ち。

      【静粛性】
      窓を閉めていれば、ディーゼルとは思えない静粛性。
      ロードノイズも気になりませんが、
      パイロットスポーツをプライマシーに変えたらどうなるか夢想中。

      【燃費】
      毎日20kmの通勤と時々の遠出。
      5,000km走行後、平均燃費が16.3km。
      レギュラーガソリンより20円以上安い軽油を補給する度に、
      得した気分になります。


      【価格】
      300ちょっとで他人と違う車が欲しい方におすすめ。
      メル○○○、BM○、アウ○ィーのプレミアム御三家は、
      巷にあふれていますが、プジョーは滅多にすれ違いません。
      プレミアムカーではないので、気軽に乗れる点も魅力です。

      【総評】
      ファミリー向けミニバンを14万km乗り潰した上での車両入れ替え。
      ミニバンは卒業したく、はやりのSUVは走りが不満、人となるべくかぶらない車、
      さらに積載量も必要だったため、この車にたどり着きました。

      外観、パワー感、燃費、パノラミックサンルーフ、Apple CarPlay、
      ACC他運転支援システム、アルカンターラシート等々お気に入り点多数。
      毎日の通勤が楽しくて仕方がありません。

      長く大切に乗り続けたい車です。

    • 2011年式のシトロエン C4 Exclusiveからの乗り換えです。前前車がミニバンで、背の高い車の挙動の悪さに辟易してHBに乗り換えましたが家族が増え積載性も欲しくなり、ステーションワゴン一択でした。
      2014年のモデルチェンジから5年も経過しているので、レビューも今さら感がありますが、程度の良い中古車もたくさん出ているようなので、検討している方の参考になれば幸いです。

      【エクステリア】
      マイナーチェンジをしてフロントのデザインは今のプジョーのデザインの流れを汲んでかっこよくなったのですが、リアのデザインとのちぐはぐ感が出てしまったような・・・。全体の統一感で言ったら前期型や現行
      続きを読む のHBのほうが完成度が高いと感じます。
      とは言っても、ライオンさんが醸し出す存在感や品の良さを感じる全体の雰囲気はとても気に入っています。

      【インテリア】
      シンプルなデザインはいいのですが、小物の置き場所が少な過ぎます。シフトレバー奥にスマホが置けそうな場所がありますが、シガーソケットから電源とって、CarPlayでUSBを使うと、ほぼ使えなくなります。マイナーチェンジでCDスロットルが廃止になったのは時代の流れでわかりますが、CDの挿入口を塞いだだけのデザイン処理は手抜き感が否めません。せめてそこに小物入れを作ってほしかった。
      CarPlayは不具合多すぎで、勝手に再起動したり、Yahoo!カーナビを使っていると定期的に接続が切れます。アップデートでの改善を切望します。
      オーディオの音質ですが、納車前にオプションのパイオニアスピーカーに変えており概ね満足です。しかし音量を大きめにすると重低音に合わせてドアのどこかが小さくピリピリと震えて、その音が少しだけ不快に感じます。
      と、文句多めですが、全体的なデザインはとてもいい感じにまとまっており、所有感を満たしてくれます。もう小物の置き場所とかどうでもいいんだよ!って気持ちにさせてくれます。タッチスクリーンにいろんなものが集約されているのも賛否ありますが、インテリアがシンプルになり自分的にはありだと思います。

      【エンジン性能】
      アクセルを踏むとすーっと加速して、気がつけばすぐに速度オーバー、と言った感じ。400N・mという大トルクの割にはアクセル開度に対してのパワーが少し物足りなく感じました。決して遅いとは感じませんが全体的にジェントルな印象。おおらかな気分で乗れます。
      ところが、スポーツモードのボタンを押した瞬間から車が豹変し、アクセルを踏み込みとドンッと背中を押される強烈な加速感を味わえます。8ATのおかげか、どの速度域でも気持ちよく加速してくれます。
      ノーマルと比べると違う車に乗っているようで、ぶち切れたジェントルマンに変身します。この二面性のおかげで運転がとても楽しいです。
      ディーラーの方いわく、ここまで過激な変貌ぶりは308だけ。3008はもう少しおとなし目の設定と言っていました。実際はどうかわかりませんが。
      あと、外から聞くエンジン音はトラックです。

      【走行性能】
      そんなに攻めた走りをするわけではないので、限界値云々的なレビューはできませんが、i-Cockpitの小径ステアリングはめちゃくちゃいいです。とにかく運転しやすい。小径なので腕を動かす量に対して車が向きを変える量が大きいからなのかな?思い通りに気持ちよく曲がってくれます。慣れてくると他の車のステアリングがやたらと大きく感じてしまうという欠点があります。
      308に限らず欧州車全体で定評のあることかもしれませんが、高速での安定感も抜群です。意味もなく高速に乗りたくなってしまうので注意が必要です。

      【乗り心地】
      扁平率が低いタイヤのせいか段差を越える時に多少バタついた印象があり、ディーゼルの振動もそこそこ伝わってきてきます。でも悪いわけではありません。がっしりとした安定感があって、筋肉質の人におんぶしてもらってる感じです。
      シートはもう最高です。腰回りをつかんで離さない感じの安定感。一度ポジションを決めたらまったく動く必要がなく、このままずっと乗り続けてもぜんぜん疲れないんだろうな、という感じが即座に伝わってきます。これまで乗ってきたどの車より良いです。
      シトロエンC4と同じCセグメントで、C4もとても良かったのですが、1クラス上の乗り心地だと感じます。

      【燃費】
      街乗りと高速が8:2くらいの割合でリッター11km程度。スポーツモードが楽しくて多用していることも影響しているかもしれませんが、カタログ値が18.2km/lなので、単純にもう少し良くなってほしいところ。でもこの走りで、軽油で、贅沢言い過ぎかもしれません。

      【価格】
      1年落ち、走行2000km以下の試乗車か代車かに前後のドライブレコーダーとガラスコーティングを付けてもらって、めちゃくちゃお値打ちな金額で買わせていただきました。中古車情報を見るとこういった状態の良いものがたくさん出ています。狙い目です。

      【総評】
      走りが楽しくて、燃費が良くて、中古なら価格も安い。おしゃれで、所有感が満たされて、車に乗ることが楽しみになり、毎日にささやかな楽しみを与えてくれる。いろんな車種を検討しましたが、自分の経済力で手に入れられる中で、もっとも良い選択ができたと思います。

    308SW 2014年モデルのクチコミ

    (214件 / 31スレッド)
      • ナイスクチコミ51
      • 返信数14
      • 2019年10月18日 更新
      2ヶ月前に新古車で購入したのですが、今週はじめにエンジン警告灯が点いたのでディーラーに電話したところ、「修理は保証でやるので無償だが、診断料が別途6千円必要」と言われました。

      これって普通ですか?

      国産車を含め、保証修理というのが初めてなのでわかりません。

      故障内容の特定を含めて修理だと思うのですが、違うんでしょうか。
      皆さんの経験や考えを教えてください。
      続きを読む
      よろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ8
      • 返信数2
      • 2019年8月22日 更新
      1.6L、6速のディーゼルに乗っていますが、最近20.30分運転していると、加速中の回転数が1500位あたりで、体に体感できる振動で、エンジン(車が)ガタガタと震えて少しもたつき、アクセルを踏み込むとグイっと加速してギアチェンジします。2速から6速で症状がでています。ディーラーで何度かみてもらいましたが、エラー等の履歴はでていないため原因は不明、コンピューターのアップデートで様続きを読む子をみてくださいとのこと。どのような状況で症状がでるかもわかりません。同じ様な症状を経験した方はおられますか?
      高速巡航中とノロノロ運転中の両方で症状がでています。
      • ナイスクチコミ6
      • 返信数3
      • 2018年7月18日 更新
      あちこちで語り尽くされてそうな話すみません。センターに一個あるドリンクホルダー、コンビニやマクドナルドのコーヒーカップとの相性はどうなのでしょうか。レギュラーないしエスサイズ、ホットorアイス、気になります。よろしくお願いします。

    308SWの中古車

    308SWの中古車相場表を見る

    308SWとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止