フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントの新型情報・試乗記・画像

ゴルフ ヴァリアントの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

ゴルフ ヴァリアントのモデル一覧

ゴルフ ヴァリアントのレビュー・評価

(89件)

ゴルフ ヴァリアント 2014年モデルの満足度

4.45

(カテゴリ平均:4.31)

    ゴルフ ヴァリアント 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • ゴルフ ヴァリアント 2014年モデル 2013年5月に発表されたゴルフZは、革新的なクルマ作りによるデキの良さが高く評価され、日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)を始め、ワールドCOTYとヨーロッパCOTYを完全制覇する結果を残した。2013年に限っていえば、ゴルフに勝るクルマはなかったといえる。

      2013年末には、ゴルフのワゴンモデルであるヴァリアントが発表され、2014年初頭から発売された。ゴルフZのヴァリアントには、フォルクスワーゲングループジャパンがベイサイドマリーナホテル横浜をベースに開催した試乗会に出席し、1.4リッターエンジンを搭載したハイラインに試乗した。

      ゴルフというとハッチバック車のイメージが強い
      続きを読む が、ゴルフVの時代にゴルフワゴンの名前で最初にヴァリアントが設定されて以来、各世代のヴァリアントが一定の人気を集めてきた。

      ゴルフYのヴァリアントの人気はさほどではなかったが、ゴルフZをベースにした今回のモデルはスタイリッシュなデザインなどにより、けっこう売れそうなクルマに仕上がっている。

      外観デザインはゴルフZをベースにしたもので、従来のモデルに比べるとすっきりした感じになった。全長を30mm延長し、全幅を15mm拡大しながらも、全高を45mm下げて1485mmに抑えたことによる。ワイド&ローの見るからにスタイリッシュな外観を持つようになった。インテリアデザインもゴルフZベースにものに変わり、エモーショナルさや質感を感じさせるものになった。

      試乗した上級グレードのハイラインにはアルカンターラのシートが標準装備され、コンフォートラインと合わせてレザーシートがオプション設定されている。

      室内の居住空間や後部のラゲッジスペースが拡大されたのはホイールベースが60mm延長されて2635mmになったことによる。ラゲッジスペースは標準状態でも605Lのスクエアな空間があるが、これはプリウスα、レガシィツーリングワゴン、アテンザワゴンよりも大きな容量だから凄い。

      背もたれはレバーを操作するだけで女性や子供でも簡単に倒せるようになり、倒すとフラットなラゲッジスペースが作れる。

      搭載エンジン2機種で、1.2Lと1.4Lのダウンサイジング直噴+インタークーラー付きターボ。いずれも7速DSGとの組み合わせだ。

      今回試乗したのは1.4Lエンジンを搭載したハイラインで、103kW/250N・mのパワー&トルクを発生する。ヴァリアントの重量はゴルフに比べると60kg重くなっている。なので、同じ動力性能であれば、その分だけ走りが鈍くなる方向に向かうはずだが、ゴルフヴァリアントを走らせていて走りの鈍さなどは全く感じなかった。

      アクセルワークに対するリニアなレスポンスを始め、低速域でのトルク感、スムーズな吹き上がりとパワーの盛り上がりなど、いずれもゴルフを走らせているのと変わらない感じだった。

      ハイラインの燃費はゴルフに比べ19.9km/Lから19.5km/Lへとわずかに下がっているが、これは車両重量の影響というよりACTと呼ぶ気筒休止機構がないことによるものと見られる。ACTは本国仕様のヴァリアントにも設定がないとのことで、これは重量増への対応を考えてのことだろう。

      足回りの印象もゴルフと同様で、しっかりした操縦安定性を確保しながら、高架道路の継ぎ目などでもショックをうまくいなしてくれる。試乗車はDCCと呼ぶアダプティブ・シャシー・コントロールをオプション装着したクルマだったので、モードの切り替えによってメリハリの効いた乗り心地と操縦安定性を味わえた。

      安全装備の充実度は高く、9個のSRSエアバッグを始め、プリクラッシュブレーキ、マルチコリジョンブレーキシステム、アダプティブ・クルーズコントロール、レーンキープアシストなど、最新の安全装備を備えている。

      快適装備は、ゴルフZが発売された時点では間に合わなかったカーナビが、ディスカバリー・プロという名前のインフォテイメントシステムとしてオプション装着が可能になった。17万8500円というリーズナブルな価格で装着が可能だ。

      ゴルフヴァリアントの価格はコンフォートラインが269万5000円で、ハイラインが322万5000円だ。ハイライン同士の比較では23万5000円高くなっているので、これがゴルフとヴァリアントの実質的な価格差と考えていいだろう。厳密には、前述のACTの有無などさらに違いがあるおだが、ざっと20万円高というのはまあまあ一般的な価格差である。

      試乗車は、ディスカバリー・プロ、DCC、レザーシート、サンルーフとほとんどフルオプションの状態だったので、車両価格ベースで396万円に達していたが、レザーシートとサンルーフを除けば350万円台で手に入る。

      多くの荷物を積む機会のある人はもちろん、そうでない人でも予算に合わせて積極的にヴァリアントを選んだら良いと思う。

      参考になった 12人
      2014年1月31日 投稿
      満足度 5
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 5
      走行性能 5
      乗り心地 5
      燃費 5
      価格 4
    • レヴォーグ2.0GT、アルテオンとの比較です。

      【エクステリア】
      他二台と比べると劣る気がします。

      ゴルフRヴァリアント<レヴォーグ<アルテオン

      ただ、マフラー4本は迫力があります。

      【インテリア】
      レヴォーグと比べると同等
      ただ助手席がパワーシートでないのはなぜでしょう?
      アルテオンと比べるといろいろ劣ります。

      ゴルフRヴァリアント=レヴォーグ<アルテオン

      メーターにナビがでるのは便利。
      荷室の使い勝手は一番よかったです。

      【エンジン性能】
      他と比べ勝っていると感じます。
      レースモードのサウンドはテンション上がります。

      ゴルフRヴ
      続きを読む ァリアント>レヴォーグ>アルテオン

      【走行性能】
      クイックで他と比べ勝っていると感じます。
      レヴォーグと比べ重いはずなのですが、なぜか軽く感じます。ホイルベースとドレッドがちいさいからでしょうか?
      アルテオンはクルーザーのようにゆったり動きます。

      ゴルフRヴァリアント>レヴォーグ>アルテオン


      【乗り心地】
      町乗りでは他の二台と比べると硬い気がします。
      逆に高速ではなぜかレヴォーグよりもフラットで安心感があります。
      アルテオンは町乗り、高速共に快適です。

      ゴルフRヴァリアント≦レヴォーグ<アルテオン

      DCCによるサスの減衰の変化量はあまり感じられませんでした。

      【燃費】
      他と比べ同等だと思います。
      町乗り9L、高速13L
      (アルテオンは予測値)

      【価格】
      一通りの装備は標準でついていますが、他と比べコスパは最も悪いと思います。
      アルテオンはアドバンスにすると最も高いですが、それを上回るくらい装備は充実しています。
      レヴォーグはオプションの選択の幅が広いので必要なものだけつけられるメリットがあります。

      ゴルフRヴァリアント<アルテオン<レヴォーグ

      【総評】
      アルテオンはスタイリング、装備、乗り心地で非常に魅力的でしたが、ボディサイズが大きすぎて、普段使いに支障がでる不安があり購入対象から外れました。
      レヴォーグはコスパの面で魅力的でしたが、前車がスバルでその際のお店が印象がよくなく嫁からNGが出ました。
      ゴルフRヴァリアントはモデルチェンジ前で値引きがよく、エンジン、走行性能の好印象で契約してしまいました。

      毎日の運転が楽しくなる車です。
      (レヴォーグではこうはならなかったと思います)
    • 「ああ、やっぱりこのクルマには勝てないか…」
      他車の試乗をして、それが良かったとき、私はその日のうちにマイカーのゴルフ7ヴァリアントと比較している。まだ身体に残った上々の他車の感触を脳内咀嚼しながら、ウキウキで自分のゴルフのハンドルを握るのだが、それまでの高めテンションはすぐ平常へ戻る。そして冒頭の感想を持つのである。

      ゴルフはとても残酷なクルマなのだ。

      ことごとく所作に品と落ち着きがあってレベルが高い。特徴なんて何にも無いのに。
      だから、おお、コイツは中々イイなっ!次の愛車はコレにしようかな?!と別のクルマの試乗で心ときめかせようとも、マイカーに乗るたび数分で現実に引き戻され
      続きを読む る。買い換える理由が見当たらなくなってしんみりとする。
      あなたが色んなクルマを色んな価値観でもって所有し生涯一喜一憂楽しみたいならば、ゴルフをマイカーにすることは最悪の選択肢だ。壊れない限りは、合理的な納得感をもって車を乗換えられなくなってしまう。
    • 通勤、アウトドアレジャーで年間5万〜7、5万キロ走行するヘビーユーザーです。だいたい1年未満落ち、走行5千キロ前後の中古車を2年から4年で乗り換えて来ました。日に千キロ走ることもありますので2000から3200のエンジンの車が中心でした。
      日本車はダンパー、シート、エンジンのヘタリが1年、5万キロで顕著に出ましたので、ランチョやレカロに交換して乗ってたこともあります。ビッグホーンが14万キロ、レガシーGTが7、5万キロが伸びた方であとは5、5万キロで手放しました。長距離、山道は1日の登山、釣り、撮影の活動の後はとても厳しかったです。まあ、4万キロ過ぎると別の車になるのが常でしたね。当然車の維
      続きを読む 持費は厳しかったです。
      そこで試したのがトラビック、14万までほとんど乗り心地変化無し。事情でパサートワゴンに乗り換え、これも同様変化無し。ただ、上級使用のためかヨーロッパの気候向きでパーツの故障が多く14万キロでスズキのヨーロッパボディの車に乗り換え、しかしエンジンとダンパーのヘタリで5万キロでゴルフ6のバリアントに乗り換え、ただしパサートの教訓からグーローバルなグレードトレンドラインを選ぶ。これははまりました。故障無しで25万キロまで走りました。13万キロまで新車並みの乗り心地、25万キロでも日本車の5万キロの乗り心地にはなりませんでした。5年目の車検の前でタイヤが高速でバースト、乗り換えとなりました。この車はダンパーはモンロー、シートはレカロ製と業界の人から伺ってます。シートは明らかでしたね。そして今はゴルフ7のバリアント、ボディは日本車に近くなり、シートもレカロではなくなり、ダンパーもオリジナルのようで6のような重厚感はなくなりました。ただし軽くなった分だけヘタリが遅くなり15万キロまでは乗り心地の劣化は特に感じてません。現在も17万キロですが充分日本車の3万キロくらいの乗り心地です。30万キロくらい行けそうです。タイヤは標準のブリジストントランザよりコンチのコンフォートコンタクトの方が全然いいですね。抵抗やブレがなく排気量が200くらい上がった感じで軽く加速します。高速では20キロは違います。以上ヘビーユースでは日本車よりヘタリの耐久性が4、5倍違いますね。10万キロ行っても日本車の新車より快適な乗り心地は長く続きます。そこが私には最高にマッチしたところです。ただし距離には強いですが年数についてはわかりません。気候の違いが細かい部品に出ることもあるあるようです。
      それと年間1万キロ程度の使用なら明らかに過剰品質でぎゃくにデメリットになることもあるようです。それと燃費も田舎では17から20の間程度です。山の下りでは40キロの距離走行で70キロの燃費が記録されたことがあります。あくまでもメーター上ですよ。給油はだいたい700キロ超えて42リットルくらいです。最近は少しシートのへたりを感じます。
      以上、これまでの経歴におけるゴルフバリアントの立ち位置でした。

    ゴルフ ヴァリアントのクチコミ

    (2220件 / 314スレッド)

    クチコミ募集中

    ゴルフ ヴァリアントのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    ゴルフ ヴァリアント 2014年モデル

    ゴルフ ヴァリアント 2014年モデル

    ゴルフ ヴァリアント 2014年モデルのクチコミを書く
    ゴルフ ヴァリアント 2007年モデル

    ゴルフ ヴァリアント 2007年モデル

    ゴルフ ヴァリアント 2007年モデルのクチコミを書く
    ゴルフ ヴァリアント

    ゴルフ ヴァリアント

    ゴルフ ヴァリアントのクチコミを書く

    閉じる

    ゴルフ ヴァリアントのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    ゴルフ ヴァリアント 2014年モデル

    ゴルフ ヴァリアント 2014年モデル

    ゴルフ ヴァリアント 2014年モデルのクチコミを書く
    ゴルフ ヴァリアント 2007年モデル

    ゴルフ ヴァリアント 2007年モデル

    ゴルフ ヴァリアント 2007年モデルのクチコミを書く
    ゴルフ ヴァリアント

    ゴルフ ヴァリアント

    ゴルフ ヴァリアントのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ4
      • 返信数9
      • 2019年3月12日 更新
      スマートキーの操作で質問です。
      運転終了後にハッチから荷物を取り出した後、その場で施錠することは出来ますか?
      • ナイスクチコミ16
      • 返信数8
      • 2019年3月8日 更新
      間もなくハイラインテックエディションが納車されます。
      新車購入なのですが受け渡しの時に確認しておく事ってありますか?
      今までの車は外見のキズくらいしか見ていなかったのですが、ここは見た方が良いとか、ゴルフ特有のチェックポイントなどありましたら教えていただけませんでしょうか。
      • ナイスクチコミ14
      • 返信数19
      • 2019年2月22日 更新
      認定中古車にて3年落ち、38000キロで購入し使用しています。新車登録から4年半、50000キロを超えたあたりから発進後の低速走行の際、下回りからキコキコ音が鳴り、速度を上げるとそれに合わせ音の間隔も早くなります。現在5年前の車検前、距離が54000キロ程度です。
      ディーラーにて見てもらった際には「ブレーキパットが国産よりも効くタイプのものが装着されておりそれが音を発生してい
      続きを読むる。」さらに「社員が使用している同モデルも50000キロあたりで異音が発生し120000キロ付近まで使用したところ音が消えたので様子をみてください」との事。
      そもそもブレーキ時でなく発進時の異音であること、さらに距離が延びるまで様子を見るというのはどうなのかと思いもやもやしております。
      同じようなキコキコ音(素人には何か回転しているものが発しているような感覚)の音を経験されたかた、対応や状況など教えていただけると幸いです。

    ゴルフ ヴァリアントの中古車

    ゴルフ ヴァリアントの中古車相場表を見る

    ゴルフ ヴァリアントとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止