トヨタ C-HR ハイブリッドの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

トヨタ C-HR ハイブリッドの新型情報・試乗記・画像

C-HR ハイブリッドの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

C-HR ハイブリッドのモデル一覧

C-HR ハイブリッドのレビュー・評価

(112件)

C-HR ハイブリッド 2016年モデルの満足度

4.26

(カテゴリ平均:4.31)

    C-HR ハイブリッド 2016年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • C-HR ハイブリッド 2016年モデル S トヨタの新型SUV、C-HRのうち、販売面での主力にもなっているハイブリッド車に、横浜市で行われた試乗会で乗ってきました。主にドライブしたのはベースグレードのSです。

      C-HRはホンダ・ヴェゼルの対抗馬として生まれたという声もありますが、ヴェゼルはフィット、C-HRはプリウスとプラットフォームを共有しており、厳密にはひとクラス上です。ボディサイズも全長4360mm、全幅1795mm、全高1550mmと、高さ以外は大柄になっています。

      スタイリングは、フェンダーやリアコンビランプの張り出しはかなり大胆ですが、一方で前後バンパーの開口部形状、Aピラーとリアフェンダー立ち上がりのラインな
      続きを読む ど、個々の線や面を揃えたおかげで、煩雑にならずまとまりのあるデザインとなっています。

      インテリアは、ドライバーを囲むようなインパネ、高めのセンターコンソールがスポーティな印象を醸し出すだけでなく、金属調のアクセントはマットなチタンカラーとするなどして、このクラスの国産車では異例に大人っぽい仕立てになっていることも印象的です。さらにスイッチ類はどれも扱いやすいうえに、スタイリングのベースにもなったダイヤモンドをモチーフとしていて、遊び心も感じます。

      窓枠に仕込んだリアドアのハンドルは扱いやすかったです。後席は窓が小さめなので閉鎖感はあるものの、身長170cmの自分なら楽に過ごせる広さがあります。荷室は床が高めであるものの、奥行きは余裕があり、デザイン重視でありながら開口部もしっかり取ってありました。

      ハイブリッド車のパワーユニットはプリウスと共通です。車両重量は80kg増えていますが、加速感は似ています。ただしパワーモードを選ぶと、マニュアル車のようにエンジン回転に段をつけて加速していくので、スポーティになった印象を受けます。

      試乗会で用意されたのは下ろしたての新車であり、乗り心地は低速での硬さが気になったものの、速度を上げていくにつれ揺れが少ない落ち着いたフィーリングに変わっていきます。大きなショックに出くわしてもガツンと来ることがなく、逆に過酷な状況になるほど真価を発揮するタイプで、ヨーロッパ車を思わせるチューニングです。

      ハンドリングは、プリウスほど低重心は意識させず、むしろ自然な曲がり方でした。この違いは開発したエンジニアも認めていました。腰高という意味ではなく、同クラスのヨーロッパ車のハッチバックに近い走行感覚の持ち主でした。

      C-HRハイブリッド車の価格は約264.6万円からで、プリウスの約15万円高になります(燃費に特化したEグレードを除く)。差額がこのぐらいならC-HRを選ぶという人も多いでしょう。現に販売台数はプリウスに迫る勢いです。ただここまで書いてきたように、デザインや走りなど、さまざまな部分でプリウスとは違う方向を目指していることもたしかです。
      参考になった 358人
      2017年3月17日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 5
      インテリア 4
      エンジン 3
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 無評価
      価格 4
    • とても親切な営業マンさんで、いろいろオプション付けて貰いました。
      ディスプレイオーディオが使いにくそうで、従来のカーナビも選択出来るようにして欲しかったです。CDを録音して聴けるようにして貰いたい。
      エントリーナビ選択です。
      12月に入ってからの納車です。

      ※因みに、車種情報欄にマイナーチエンジ後の選択肢が無かった。
    • 30プリウス(前期)→現行エクストレイル→C-HRに。
      乗り心地のいい車に乗りたくて、皆様のレビューを参考に1万キロ走った中古C-HRを購入。

      【エクステリア】やりすぎ感満載だが、個人的には○。

      【インテリア】全体的には○。でも2眼メーターはいただけない。昼に見ると、30年前の軽自動車並み。
      メーター回りはエクストレイルが非常に綺麗です。
      レビューの中で後席の居住性云々を見かけますが的外れなコメントかと。
      実際にC-HRを購入する人は、あまり気にしないのでは。
      ただし、左後方にバックするときは要注意。本当に見えません。試乗で要確認お願いします。

      【エンジン性能】常に
      続きを読む スポーツモードです。スタートダッシュや追い越し加速等、何も問題なし。
      30プリウスもスポーツモードオンリーでした。エコモードは必要と考えますが、切替が分かりにくい。
      始動時、必ずノーマルモードになるので、特に試乗の際は、加速が悪いと勘違いしている人が多すぎます。
      切替を分かりやすくするか、センターコンソールにボタンで設置すべきかと。

      【走行性能】購入した車はポテンザでしたが、弱アンダーでいい感じです。
      ステアリングもクイック過ぎないのに、回頭性が良く、危ないという感じが少ないです。

      【乗り心地】この項目だけで購入する価値あり。こんな乗り心地の良い登録車が有るんでしょうか?
      と言っても、フワフワではなく、かなり引き締まった足回りなのに、です。
      30プリウスは2tダンプ並みに乗り心地が悪かったので同じ会社が作ったっていうのが、いまだに信じられません。
      現行エクストレイルも細かいピッチングが多く、悪くはないけど乗り心地はいいとは言えません。

      【燃費】スポーツモードで普通に流して23kmくらい。30プリウスは同じスポーツモードで走って19qくらいでした。
      このへんはトヨタさん、進歩がすごい!

      【価格】LEDライト、9インチナビに純正ドラレコ、黒の本革シート、フロントガーニッシュ等、オプション盛りだくさんで総額、220万円でした。納車してから気づいたのですが電動リモコンフェンダーランプも付いてました、初めて見ました(笑),

      【総評】購入前にマイナーチェンジの情報も見ていました。
      フロント回りはかっこよくなりそうですね。
      ですが、予算的に新車は購入できませんでしたので、皆様の評価を見ての中古車の購入で満足してます。
      マイナーチェンジ後は中古車の流通も多くなると思いますので、購入してみてもいいのではないでしょうか。
      国内のメーカーさん全てが、C-HRの足回りを参考にしてくれることを望みます。

    • 【エクステリア】
      良くも悪くも粋なデザイン、デザインに関しては値段以上の価値を感じさせてくれる。
      このデザインを許容した事は、評価に値すると思います。

      【インテリア】
      立体的なパーツ、素材を上手く組み合わせ、値段相応の価値を感じさせてくれていると私は思います。

      【エンジン性能】
      静かでゆったりしたエンジン、反応は鈍いが車には合ったエンジン性能だと私は思います


      【走行性能】
      普通に進む、曲がる、止まる。

      【乗り心地】
      足回りが上手く路面からの入力をいなしていて個人的には良いと思います。

      骨格が凄くしっかりしている感じだと思います。

      【燃費】
      続きを読む
      良い。

      【価格】
      値段相応かなと思います。

      【総評】
      納車一週間の感想は良い車だなぁです、ただ難点を挙げるなら、、

      皆さまの言われる事と同じで、後部座席が狭く中肉中背の人までですね、ギリ普通に座っておけるのは、、次も、、とにかく収納が少なすぎます、車種専用カップホルダーや車検証をトランクに積むなど色々と工夫が必要でした。

      後、不思議に思った事でアシストグリップが後部座席に付いてない、こんなものなのかな?それとボンネットが古い車と比べてしっかり密着してるから閉める時にコツがいります。(かたい)

      不具合箇所の下回り錆び、ワイパー異音は対策済みだと思います。(2018、8月31日納車)

      まだ車幅の感覚、新しい機能等を掴みきれてませんが徐々に理解していけたらと思います。




      2019年9月、1年、16000km乗った感想。

      良かったや悪かった事、とにかく書きます。

      乗り心地が良い、ふわふわとかではなく段差や角のある衝撃を上手くいなす感じです、いい感じなので純正ショックを交換しつつ乗り潰そうと思います。

      コーナリング性能が普通で公道では安心して曲がれます、いいタイヤと足回りだと思います、維持費が心配。

      直進安定性は普通で安心して走れます。

      加減速に関しては1800のハイブリッドなりです、スポーツカーのような喜びは感じませんが、低速でEVに切り替わる事に優越感を少し感じてます、ブレーキ性能は普通です、残念ながら私の住む日本にはアウトバーン(笑)が無いので高速領域での走りはそれなりとしか言えません、因みに低速を積極的にカバーするハイブリッドなので高速領域では、ただの1800ccの車ですので期待しないように、端的に言えば高速、下道の燃費差がほぼ無い。

      斜め後ろに死角があるので注意が必要、目視及びミラーの車が居ると光るヤツを確認して車線変更する必要有り。

      幌車並に後方視界悪し、デザインとのトレードオフ。

      内装のラメ入りピアノブラックは汚れやすく、子供の手垢だらけ諦めが肝心、汚れを落とす毎に線傷が付き、かつホコリがよく目立つ、精神衛生上良くない。

      シートの作りは良いホールドもそれなり、フルバケットに比べると悪いが普段使う分には十分。

      室内は狭い、特に後部座席は狭い、子供、小柄な人なら(身長150センチ代までなら)普通に過ごせる、5人乗りは厳しい、4人乗りまで。

      自転車、ハンドル固定の六角を緩めハンドルを下向け
      横に寝かして入れたら一台載ります(無論後部座席を倒して)ただし腕力が要ります、載れば後は押し込めばいいですが横にして載せる時にそれなりの腕力必要。

      パワーバックドアがオプションでいいから欲しかった、バックドアが結構重い。

      とにかく収納が少ないオープン2シーター並の収納です。(つちやヤック及びシートバックポケットは必須アイテムです)

      意外に段差のあるところ(駐車場から道路)で下を擦ります。

      前の車が曲がり、交わす瞬間等に意外な距離でセーフティセンスが警報を鳴らしてくれます。

      センサー類(コーナーセンサー等)が標準装備で嬉しいです、後、センサーのデザインが最新です(フラットタイプ)

      癖の強いデザインで、未だに良いねと思います。

      ナビの更新(Tコネクト)は、少々手間ですが設定してしまうと、後は楽、自動更新の準備が出来ましたと時折知らせてくれて自動更新ボタンをタッチするだけ、最新の地図データを維持できる。

      ハンズフリー良好。

      Bluetoothでスマホのラインミュージック等のダウンロードした曲を流してます、便利。

      トヨタのメンテパック凄く幸せ。

      以上、思い付く限り書きました。

    C-HR ハイブリッドのクチコミ

    (2201件 / 189スレッド)

    クチコミ募集中

    C-HR ハイブリッドのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    C-HR ハイブリッド 2016年モデル

    C-HR ハイブリッド 2016年モデル

    C-HR ハイブリッド 2016年モデルのクチコミを書く
    C-HR ハイブリッド

    C-HR ハイブリッド

    C-HR ハイブリッドのクチコミを書く

    閉じる

    C-HR ハイブリッドのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    C-HR ハイブリッド 2016年モデル

    C-HR ハイブリッド 2016年モデル

    C-HR ハイブリッド 2016年モデルのクチコミを書く
    C-HR ハイブリッド

    C-HR ハイブリッド

    C-HR ハイブリッドのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ70
      • 返信数10
      • 2019年12月11日 更新
      ヘッドライン1回、テールランプ2回交換したのに、また液だれ発生。
      みなさんは、大丈夫ですか?一度よく見て確認してください。
      • ナイスクチコミ100
      • 返信数15
      • 2019年12月1日 更新
      C-HRハイブリッドにお乗りの方々へ質問いたします。ハイブリッドのヴェゼルを所有して僅か1年(走行4万km)ですが近日買い換えます。年4万kmと使い倒す自分には不合格車でしたが平均的な使い方をする人には悪くないと思います。詳しくは自分のヴェゼルのレビューにあるので省きます。買替候補はCX-3とC-HRですがC-HRはまだ試乗していません。重厚な乗り心地やハイブリッドが安定してい続きを読むると知り興味をもっています。C-HRについて三点質問させてください。

      <1>カーブのすれ違いでブレーキの誤作動はよくあるのでしょうか。
      ホンダセンシングはメーター表示70km前後からカーブ入り口でブレーキの誤作動が増えます。安全に走行しても対向車の速度が速いと防げず唐突にブレーキがギュッと一瞬作動します。頻度は年4万km走行でほぼ毎月一回はあります。C-HRの衝突軽減装置もカーブの安全なすれ違いでブレーキの誤作動はよくあるのでしょうか。

      <2>アクセルを踏んでも数秒反応しない(動かない)ことはあるのでしょうか。
      ヴェゼルは動き始めや加速の出だしなど体感2〜3秒は反応しないことが日常的です。走行バッテリーが切れたときも数秒アクセルが反応しないこともあります。またRからDシフト時にエンジンがかかると体感5〜6秒としばらく動きません。登坂車線でスマートに追い抜きたいときや狭い道沿いの駐車場でとても困っています。同じハイブリッドのC-HRも数秒アクセルに反応しないことはよくあるのでしょうか。

      <3>前車追従クルーズコントロールは安定しているのでしょうか。
      ホンダセンシングは前走車が一定速度で走行中でも速度と距離を保てません。じわじわ減速して離れては加速してブレーキを繰り返します。C-HRの前車追従クルコンも不安定なのでしょうか。

      以上三点ですが一点でも良いので教えてください。FFのGグレード購入を検討しています。自分のように年に4万km走るような方の意見もあると特に嬉しいです。次こそ車選びで失敗したくないのでよろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ11
      • 返信数6
      • 2019年11月17日 更新
      前期型のハイブリッドGに乗っています。
      後期型が出て、オプションにGRブレース、GRシフトノブが販売されるようになりましたので、早速デイーラに装着できるか確認をしたのですが、未だ装着例がないのでなんとも言えないと言われました。
      装着したよとかこんな情報あるよという方がおられましたら宜しくお願いします。

    C-HR ハイブリッドの中古車

    C-HR ハイブリッドの中古車相場表を見る

    C-HR ハイブリッドとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止