日産 リーフ 2017年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

リーフ 2017年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
S2019年1月23日/マイナーチェンジ324万円 158〜369万円   FF 5人     1,490kg 150ps
X2019年1月23日/マイナーチェンジ366万円 192〜319万円   FF 5人     1,510kg 150ps
G2019年1月23日/マイナーチェンジ399万円 198〜399万円   FF 5人     1,520kg 150ps
NISMO2018年7月31日/マイナーチェンジ403万円 309.8万円   FF 5人     1,520kg 150ps
e+ X2019年1月23日/マイナーチェンジ416万円

-

  FF 5人     1,670kg 218ps
e+ G2019年1月23日/マイナーチェンジ472万円

-

  FF 5人     1,680kg 218ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
S2017年10月2日/フルモデルチェンジ

315万円

158〜369万円   FF 5人     1,490kg 150ps
X2017年10月2日/フルモデルチェンジ

351万円

192〜319万円   FF 5人     1,510kg 150ps
X 10万台記念車2018年6月1日/特別仕様車

370万円

198〜319万円   FF 5人     1,520kg 150ps
G2017年10月2日/フルモデルチェンジ

399万円

198〜399万円   FF 5人     1,520kg 150ps

リーフ 2017年モデルのレビュー・評価

(60件)

リーフ 2017年モデルの満足度

3.84

(カテゴリ平均:4.31)

    リーフ 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • 42019年4月12日 投稿
      【エクステリア】
      3ナンバーで取り回しにくいですが、ソナーがついており運転はしやすい。ルームミラーもカメラで撮影されたのが写っている
      【インテリア】
      カーナビはおはようございます。こんにちわ等挨拶をしてくる。目的地につけば、おつかれさまです等礼儀正しい。
      シートヒーターとか、ハンドルヒーターとか、燃費悪くする装置はてんこ盛り、ハイテク装置満載、洗練されたコックピットです
      【エンジン性能】
      モーターは人工的に作られた音しか聞こえません。誰がどんな運転をしてもうまく運転できるようになっていて、直ぐに80KMくらいになり、120KMになると、アクセルが反応しなくなり、基本流れにのった運転
      続きを読む になる、120KMでもECOでエンジンは動きます。あとアクセルをはなすと回生ブレーキが働き、充電します。だから、アクセルにマイナスがあります。基本電気自動車ってすごいねと思います。
      【走行性能】
      アクセルをふめば、直ぐに80KMくらいまで立ち上がります。ハンドルを軽自動車より軽いです。ブレーキもよく効きます。回生ブレーキもエンジンブレーキより効きます。120KMよりは速度が上がらないような気がします。高速道路では無理な追い越しはできないように思います。
      【乗り心地】
      マジで静か、シートもホールド感あって心地よく、乗れる。振動もほとんどない。
      【燃費】
      電池で動いている為、電源を入れていると電池はへります。何キロ走ったからどれだけ減るのではなく、シートヒーター使用とかエアコン使用とかにより、電池のへりが違います、高速で走っても、ECOであれば電池を食わないし、とろとろでも走ったり、とまったりしてモーターに負荷をかけまくると、電池は減ります。また、電池なので、道の駅やスーパーで無料で充電できる為、いかに要領よくやるかによっても、電池の減り方は違います。カタログの表記にも問題あると思います。基本田舎で、運転して、300KM走って、急速充電2回して残50%でした。40Kで
      【価格】
      コスパはまだまだだと思います
      【総評】
      まちがいなく電気自動車の時代来ると感じさせる車であることは間違いないです。
    • 【エクステリア】
      ネットや画面越しに見ると普通のデザインかな〜と思っていましたが
      実際私の好みの色で納車されると「なかなか良いかも」と自分の中で評価が上がりました。
      周りの人からもよく褒められますw

      【インテリア】
      センターコンソールが特に使い勝手悪いです。
      収納も少ないです。
      また運転中にも切り替えたいボタン類が目視しにくい場所にあったりと
      全然使い勝手が良くありません。
      アナログ速度計の隣の液晶画面もハンドルのボタンポチポチと押して切り替えないといろいろな情報が見れません。
      純正ナビもアイコンになってしまって使い勝手がイマイチです。

      【モーター性能】
      私には
      続きを読む 必要十分過ぎます。

      【走行性能】
      普段eペダルですが加減速が気持ちいですね。

      【乗り心地】
      初期型リーフより車内が静かになっています。
      視点も丁度良く私は運転しやすいと思います。

      【燃費】
      平均電費7.8位です。
      のんびり走れば250〜300キロ走りそう。
      普段使い、ちょっとした遠出も心配なく走れます。

      【価格】
      定価はあり得ない価格ですが
      補助金+初期型リーフの特別下取り+値引き=100万円程の値引きになります。
      それでも高いので40kwGグレードの中古車がコスパ良いと思いますよ。
      4年間充電無料ですし。

      【総評】
      EVとしての使い勝手、走り、見た目は良いと思います。
      でも上に書いたようにインテリアが駄目過ぎます。
      この車は一応5人乗り設定ですが後部座席の真ん中が盛り上がっていて大人はまず無理です。
      初めて新車のEVを考えている方は、もう1〜2年くらい先が本当に良い車に出会えるのではーと思います。
      補助金、旅ホーダイがある今もある意味買い時かもですが。
    • エクステリア
      フルモデル以降はデザインは刷新されスタイリッシュに仕上がっていると思います。
      ボディのサイドのリアに伸びる窪みのラインが、さらに燃費を向上させるための技術だそうです。ただプリウスにも同様のデザインが見られますね。
      バッテリーの容量が増えたので、その分のバッテリーサイズは20mm厚くなり、車内空間の容量を保つために、最低地上高を15mm下げることで対応、その結果重心がやや下部に移り、かつ空気抵抗も改善され、走行安定性が増しているようです。

      インテリア
      シンプルで無難な印象です。
      価格に見合った高級感はないですが、プリウスのような奇抜なデザインがないのは好印象です。
      続きを読む
      ダッシュボードもスッキリしていて視界も良好です。

      エンジン性能
      馬力はかなり大きいと思います。
      静かに加速できるのはピュアEVならではのなせる技です。スポーツカーなみだと思います。

      走行性能
      パワステも思いの外強く効いているみたいで、ハンドリングはかなり軽く感じました。車両重量は2tありますが、その重さは全く感じさせず、コーナリング時も車体は安定してスムーズな走りを実現できます。

      乗り心地
      安定感があるために乗り心地も文句なしです。

      燃費
      街乗りで7-8km/kwhなので100%充電満タン状態で、単純計算434-496kmは走れると思います。納車時の航続可能距離は477kmと表示されていました。
      2019/5月にリリース予定のLeaf to Homeを今後自宅に導入予定ですが、東京電力の電化上手プランの夜間電力のみで充電したと仮定すると、上記の電費で、ガソリン車(150円/L)に置き換えた場合、100km/Lになります。燃費ではガソリン車では絶対に達成できない水準です。
      実燃費10km/Lの車と比べると年間10000km走行し、10年間立ったときの燃料費の差は135万円(150万円-15万円)です。

      価格
      e+Gはほぼほぼ500万円です。
      補助金は国から40万円、市から30万円あると考えると若干プリウスPHVよりも安くなる水準ですが、それでも高級車の部類には入ります。車としての魅力だけでなく、家の蓄電池としての付加価値を与えれば、長く乗れば乗るほど、コストパフォーマンスは向上し、反って安くなると思います。
      携帯電話のように2,3年で車を乗り換えるような方には不向きな車ですが、新車であれば最低10年は乗るような方ならおすすめできる車だと思います。
      エコカー減税も半端ないですし、購入時の車両取得税も無料なので、ピュアEVの利点は大きいです。オイル交換も不要です。バッテリーの寿命がどの程度なのかはわかりませんが、3列×96セルにしたことで、空冷効率も上昇させたことで、従来の40kwhモデルと比べると伸びるのではないかと言われています。これから長い時間をかけて検証していきます。

    リーフ 2017年モデルのクチコミ

    (4299件 / 189スレッド)
      • ナイスクチコミ5
      • 返信数1
      • 2019年5月18日 更新
      アイスヒューズに交換してる方はいるでしょうか?
      • ナイスクチコミ8
      • 返信数4
      • 2019年5月13日 更新
      購入してから数万キロ走っている方もいると思いますが、バッテリーの劣化(セグメントが減る?)がある方はいるでしょうか?
      少しでも乗れば徐々に劣化はありますが、目に見えてわかる劣化で知りたいです。

      乗り方によって違いますが、どれ位の走行で劣化するかわかればと思います。
      • ナイスクチコミ6
      • 返信数6
      • 2019年5月8日 更新
      この度40kwのリーフZE1を購入したのですが、スピーカーを社外品のセパレートに変えようと思うのですが、どなたかアルパイン製かパイオニアの物に交換された方はいらっしゃいませんか?品名とスピーカーと別で取り付けに必要なものを教えてください。

    リーフの中古車

    リーフの中古車相場表を見る

    リーフとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止