ボルボ V60 2018年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

V60 2018年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
T5 Momentum2018年9月25日/フルモデルチェンジ

499万円

-

  FF 5人 12.9km/L 1,968cc 1,700kg 254ps
T5 Inscription2018年9月25日/フルモデルチェンジ

599万円

-

  FF 5人 12.9km/L 1,968cc 1,700kg 254ps
T6 Twin Engine AWD Inscription2018年9月25日/フルモデルチェンジ

749万円

-

  4WD 5人   1,968cc   340ps
T8 Twin Engine AWD Inscription2018年9月25日/フルモデルチェンジ

819万円

-

  4WD 5人   1,968cc   405ps

V60 2018年モデルのレビュー・評価

(2件)
  • 参考になった 18人
    2019年2月5日 投稿
    【エクステリア】
    シンプルでカッコいい。先代のボッテリ感からシャープな印象になった。昔の「弁当箱」とも違ういいデザインだと思う。

    【インテリア】
    スイッチ類が少なく、スッキリした見た目も落ち着く。
    シートの座り心地は少々硬めだが疲れにくい。
    タッチスクリーンにエアコンスイッチまで集約されてされて操作が面倒かと思ったが、ボイスコントロールで「暑い」、「寒い」と言うと温度が下がったりする。「温度を25℃に設定」と喋っても温度が変更される。音声認識の出来はいい方だが、認識し損なうと音楽を検索しがち。
    純正ナビはやや使いにくい。Car playが使えるが、画面目一杯に地図表示ができない
    続きを読む 。それでも他社より面積は大きいのだが...
    タッチスクリーンで細かい設定ができるが、機能が多すぎてまだ把握しきれない。

    【エンジン性能】
    2リッターターボは加速には十分だが、車重が重いせいか過激な加速はしない。走行モードがコンフォートなら3速以降は2000rpm以下で静かに加速してくれる。ダイナミックは3000rpmまで引っ張るがエンジン音が不快に感じる。
    登坂もスムーズで馬力に余裕がある。回転数を上げていくと音はガサツな印象。8速トルコンATとの相性は低回転で発揮されるようだ。

    【走行性能】
    直進安定性がが高い。車重があるのであまりグイグイ曲がる感じではない。高速道路で長距離移動向き。
    発進時と2速の変速時にわずかにショックを感じる。3速以降はとてもスムーズ。
    ブレーキフィールは悪くないが停止直前にブレーキを緩める動作をすると、アイドリングストップと相まって止まる時にギクシャクする。ブレーキの踏み加減でのアイドリングストップがかからないようにするのが非常に難しい。アイドリングストップをキャンセルしてもカックンブレーキ傾向が残る。
    アイドリングストップとブレーキの味付けはマツダ アテンザの方が出来が良かった。

    【自動運転技術・安全性能】
    パイロットアシストはステアリングへの介入をしっかり感じる。白線が認識できる高速道路なら手を添えているだけでほとんど運転を任せられる。ただし、カーブの多い区間や走行車線を走っているとJCT、IC出口付近ではやや不安定になるのであくまで運転補助に留まる。特に積雪のある区間は白線が薄くなっていることが多いので注意。
    一般道では使う場面はないだろう。介入がかえって恐い。
    パイロットアシストがあると空いている高速道路を走る時はとても楽で、バスやトラックを追尾してるとハンドルを握ってリラックスできる。
    安全面では前走車が左折するのを見切ってアクセルを踏むと、追突防止の警告が出てしまう。V60に乗るときは余裕を持って穏やかに運転することを求められているようだ。

    【乗り心地】
    新車のせいか足まわりが少し硬めで段差のコツコツ感があるが、そこまで不快ではない。カーブでのロールも少なめ。
    リアサスペンションがリーフスプリングを使うインテグラル方式とのことで不安だったが、思ったより悪くない。荷室の広さも確保できているので許容範囲内。
    ボルボは5000~10000km程走ると乗り心地が改善するらしい?

    【燃費】
    信号の少ない郊外の一般道で10km/l前後。
    渋滞、信号が多いと7〜8km/l。
    高速のみで100km/hr巡行だと16〜17km/l。
    高速は思ったより伸びる。

    【価格】
    カタログ通り車体価格599万。値引きは発売間もなかったので厳しく、下取り車の査定は少し頑張ってもらえた。
    オプションは特につけるものがなかったが、希望の色の在庫が残り1台で19インチホイールのみオプションがついていたが、そちらはオマケしてもらえた。シートベンチレーション付きのワゴンで、運転支援、安全装備満載ならドイツ車よりお買い得か。

    【総評】
    ステーションワゴンで、優位な運転支援技術を持つのは現状ではスバル、メルセデス、そしてボルボ3社である。
    ボルボはメルセデスより安いものの、装備面が充実している。エンジンも設計が古いが、2リッター未満のダウンサイジングエンジンより2リッターターボは魅力的に感じる。
    パッケージはXC60からの流れで概ね完成されており、安心できる。
    アイドリングストップとブレーキの問題がなければ満点だったが、高速道路メインで使うなら間違いなくオススメできる一台と言える。
    満足度 4
    エクステリア 5
    インテリア 5
    エンジン 4
    走行性能 4
    乗り心地 4
    燃費 5
    価格 5
  • 参考になった 25人
    2018年11月5日 投稿
    【エクステリア】
    これまでのV60より洗練されてて目立ちます。
    【インテリア】
    アンバーが好みでしたが、設定がないボディ色でしたので、ここは残念。
    それ以外はドイツ車や日本車にない感じがかなり良いです。
    【エンジン性能】
    ディーゼルの設定が無いのが残念ですが、ゆったりストレスなく走ってくれます。
    【乗り心地】
    ゆったりした乗り心地
    【燃費】
    まだ、評価出来るまで走っていませんが、今現在は10km切ってます(⌒-⌒; )
    【価格】
    VOLVOも値段が上がりました。でも、デザインと装備を考えるとBMW等よりは安いです。
    【総評】
    角ばったVOLVOで無くなったので興味を
    続きを読む 無くしていましたが、約10年ぶりにVOLVO戻ってきました(^^)
    やっぱり良いですねー、家族の評判も良いです。
    VOLVO V70に10年以上乗りましたが、ガタがきたのでVW GOLFに乗り換え、でも、やっぱりステーションワゴンが欲しくなりフルモデルチェンジ近くのBMW3シリーズを検討していました。そこにV60が発売との知らせが、早速試乗したらもう気持ちはV60に(^ ^)あーでも、ディーゼルがあったらもっと良かった(⌒-⌒; )
    値引やサービスも10月登録なら頑張っていただけるとの話があり、あっさり契約してしまいました。
    納車までに初めて車の取り扱い説明書をじっくり読みました、でも、まだ、分からない事がいっぱい(T_T)
    走りはドイツ車の方が上ですが、ゆったりステーションワゴンな感じの走りでこれはこれで好きですね。
    燃費はまだ、数キロしか走ってませんが、まだ、何とも評価出来るまで走っていませんが、それ以外はかなり満足です。
    次の週末に片道300kmドライブする予定がありますので、その時に色々な機能を試し、燃費も見てみたいと思います。
    先ずは納車されたのでご報告を(^ ^)
    満足度 5
    エクステリア 5
    インテリア 5
    エンジン 4
    走行性能 3
    乗り心地 4
    燃費 3
    価格 4

V60 2018年モデルのクチコミ

(122件 / 13スレッド)
    • ナイスクチコミ4
    • 返信数5
    • 2019年3月17日 更新
    ハンズフリーでテールゲートの操作が可能なのはもはや高級車だけではなくなりましたが、
    所有車両としては初めてだったので期待していました

    でも、反応がシビアすぎません?
    数十回の訓練でなんとかコツ(センサーの場所と感知する動作速度)をつかみましたが、
    こんなにピンポイントで繊細な操作が必要なんでしょうか?

    もっとイージーの方が良いのにな、と思ったのは私だけでしょう
    続きを読むか?
    • ナイスクチコミ22
    • 返信数10
    • 2019年3月12日 更新
    車の購入に際して、初めて輸入車も視野に検討していたところ、v60が気に入って商談しています。
    そこでご教示いただきたいのですが、
    T5インスクリプション 色はペブルグレー
    オプション等として、外・内のコーティング 、リアシートヒーター
    納車は5月 で、諸経費・税込み610万円の提示です。
    65万円程の値引きになりますが、これは妥当というか、まずまずの値引き幅な
    続きを読むんでしょうか?
    当初、あまり値引きはできない、と言ってたのに、割とすぐにこの金額を出してきたので、よくわからなくて…。
    あと、オイルやタイヤはディーラーで購入(交換)すると、かなり高いと思うのですが、普通にオートバックスみたいなところで購入しても大丈夫なのでしょうか?
    基本的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
    • ナイスクチコミ29
    • 返信数7
    • 2019年3月8日 更新
    現在アウディA5SBに乗っていて次を検討しています。海山に行くので、AWDは必須、荷物が多いのでワゴンかハッチバック、A5で氷雪路で走り続けてアンダーパネルが破壊された経験があるので、ロードクリアランスのある方が良い、と言うことで、背高ワゴンのV60クロカンは有力候補だったのですが、ディーゼルが来ないと言うことでガッカリ。あの問題でディーゼルがなかなか持って来られなかったVW/続きを読むアウディが完全に減速し、メルセデスとBMWがディーゼルでシェアを伸ばしているのに、ボルボジャパンのこの判断は全く理解できません。

    トルクフルで燃費の良いディーゼルの魅力を私は15年前の英国駐在時代に知り、アウディA4アバントの1.9TDIqがカンパニーカーでした。ヨーロッパではディーゼル燃料の価格はハイオクガソリンと一緒で、レギュラーが一番安いのですが、それでも大多数の人がディーゼルを選んでいました。日本ではディーゼルの価格が一番安いので、さらに利点が大きく、ディーゼル車の躍進は全く不思議ではありません。また、トラックなどの状況を見るとディーゼル車が日本で何らかの制限を受ける可能性は考えづらく、ボルボジャパンの「小型車のディーゼルは入れない」と言う判断はあとで大間違いだったと言われることでしょう。クロカンでないV60ではAWDに乗りたいとなるとメルセデスのEクラスが買える値段のハイブリッドしか選択肢がなく、さらにボルボのハイブリッドは実績豊富とはいえず、リセールバリューは期待できず非常にハードルが高い。

    V60はデザインや質感は良好だったので、クロカンは期待していました。今はまずはステルビオのディーゼルに試乗してみるか、と考えています。プランBはパサート・オールトラックとか。V90クロカンはディーゼル追加してるのに、と返す返すもボルボジャパンの判断が残念です。早く社長を変えて欲しい。

V60とよく比較される車種

  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止