トヨタ ハリアー 2020年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

ハリアー 2020年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
S2020年6月17日/フルモデルチェンジ

299万円

-

  FF 5人   1,986cc 1,530kg 171ps
S 4WD2020年6月17日/フルモデルチェンジ

319万円

-

  4WD 5人   1,986cc 1,590kg 171ps
G2020年6月17日/フルモデルチェンジ

341万円

-

  FF 5人   1,986cc 1,570kg 171ps
G 4WD2020年6月17日/フルモデルチェンジ

361万円

-

  4WD 5人   1,986cc 1,630kg 171ps
G Leather Package2020年6月17日/フルモデルチェンジ

371万円

-

  FF 5人   1,986cc 1,580kg 171ps
G Leather Package 4WD2020年6月17日/フルモデルチェンジ

391万円

-

  4WD 5人   1,986cc 1,640kg 171ps
Z2020年6月17日/フルモデルチェンジ

393万円

439.9万円   FF 5人   1,986cc 1,590kg 171ps
Z 4WD2020年6月17日/フルモデルチェンジ

413万円

-

  4WD 5人   1,986cc 1,650kg 171ps
Z Leather Package2020年6月17日/フルモデルチェンジ

423万円

-

  FF 5人   1,986cc 1,600kg 171ps
Z Leather Package 4WD2020年6月17日/フルモデルチェンジ

443万円

-

  4WD 5人   1,986cc 1,660kg 171ps

ハリアー 2020年モデルのレビュー・評価

(9件)

ハリアー 2020年モデルの満足度

3.67

(カテゴリ平均:4.3)

    ハリアー 2020年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • 根拠もきっちり書いた上で、写真などの証跡も付けて、
      低評価と判断したため、項目毎にきちんと内容も書いてるんですが、
      あっという間に運営に削除されました。
      メーカーからお小遣いでももらってるのか?と勘ぐるレベル。

      評価だけ低レビューとからならわかりますが、
      注目度の高い車だからこそメーカーに忖度してるんでしょうかね。

      こういうことを平気で行う運営はどうなんだろう。

      まぁ食べログなどのあれやこれやを見るにつけ、
      普通にやるんでしょうけどね。

      これもどのくらい掲載されるのやら(笑)
    • みんなが崇める国産SUVがどんなものなのか身を持って体感したので率直な感想など。
      個体は黒のガソリンG 74km走行もの

      【エクステリア】
      ライトの変化以外はバンパー、サイドビューが先代とほぼ同じに…詳しくない人は新型と気付かない恐れも
      リアゲートの傾斜を強めクーペ感を強調し、ライトを極限まで眼光鋭く、お得意の目力アップし、リアランプはジャガー似の極細を一文字に繋げても、ブレーキランプは両端のみ。間のアクセサリーライトみたいにほんのり光るだけ。
      補足するハイマウントストップもロングタイプZの5分の1くらいしか点灯しない。
      相変わらずトヨタのブレーキ面積は極小でウィンカーよりこち
      続きを読む らの方が安全性大問題だと思う。
      ウィンカーも昼間は光量が足りない、後出しウィンカーされたら後続車は気付かでしょ。
      早めに合図する模範ドライバーなら良いけど。
      左ミラーの耳たぶはやはりブサイク。ミラーを細くした分余計目立つ。
      無くす為にはZだけOPのパノラマビュー装着しないといけない。
      若しくはデジタルアウターミラーを採用して解消できるようにするとか…
      標準フォグの形状、サイズも車体似合わない気がしますね。ここは5連LEDでないと。

      【インテリア】
      ガソリン車のメーターは初代セルシオから定番のオプティトロンメータは古すぎでは?今どきは全面液晶デジタルメーターでしょ。
      一番ダメなのは万里の長城のような取ってつけたようなセンスのないオーディオディスプレイのパネル。視界の邪魔。12.3インチなんてミニバンじゃないんだから要らないでしょ。
      まして中級グレード以下は8インチになり、余白が惨め。12.3は37万のオプション。酷い格差がここにあります。
      センターコンソールの、ほら穴カップホルダーはオプションで蓋付きアダプターを付けられます。
      オートブレーキスイッチはノブの前半に配置され使いづらく、奥まって見えずらい位置に配置し、メッキの加飾無し
      ヒーター関係は30万高のレザーパッケージにしないと付かないのも戴けない。
      あとRAV4と同じハンドルはデザイン的に野暮ったく、左側のディスプレイの切り替え説明書も無い十文字キーで切替えるようだが、営業に任せても燃費計を表示できなかった。

      Gグレード以上に標準化したデジタルインナーミラーはやたら細長くて映る範囲が狭い。また老眼には咄嗟にピント合わなく見づらい。
      こんなのを標準化するならCX5みたいにBSMやパノラマビューを付けるべき。
      トランクはGグレードはパワゲートだがハンズフリーはオプションでも選べないのはペケ

      【エンジン性能】
      試乗車はガソリン2リッターですが、約50km/hまではスルスル加速しますが、それ以上に加速しようちょいアクセル踏み増しただけで、何故かキックダウンし、ワンテンポ遅れて加速。
      同コースで試乗したRAV4アドベンチャーの方がリニアに加速したので車重の影響かな。
      旧型より細くなったタイヤですが、ロードノイズも予想以上に耳につきました。

      【走行性能】
      ハンドルは車体に合わせか車線変更でさえモッサリ、その時ワンタッチウィンカーが無いのが判明。
      まさか現代カーで無いとは…正直不便です。
      路駐の車避けセンター跨いだらステアリングがブルブルと振動してビックリ。
      デフォルトでLTAが作動してた模様。

      【乗り心地】
      至ってフツー。車体重いためドッシリ安定感はあるが、路面の継ぎ目でタイヤのバタバタ感あり、よって高級車のような静寂感もなし。
      乗り心地はRAV4と大差なし。
      キックスの方が滑らかで良かった。

      【燃費】
      営業マンも燃費計表示できず不明ですが、RAV4より増した車重ではチョイ乗りは一桁でしょうね。

      【価格】
      Gグレードにも付けれないZ標準のイルミ付ドアスカッフプレートや、リアドアのSUSガーニュッシュやオプション装着のパノラマルーフやパノラミックビュー等が多い。
      結局Zグレードを選ばないとコスパ悪く満足得られない。グレード間の装備格差がエゲツない

      【総評】
      試乗したRAV4のアドベンチャーと比較してもハンドル、アクセル操作からくる手応え、乗り心地、静寂性に高級感はなく肩透かしくらったような、期待し過ぎてたのかも知れません。
      まだRAV4の方が軽快感あり好印象でしたが、
      ハリアーガソリン車は見た目通り鈍重でした。
      営業は速さを強調してましたけど、、パワーと言うのりCVTで引っ張ってるだけ。
      全体的にトヨタの看板車種にしてはデザイン、装備共にこの車格にしては先進性が不足だと感じました。
      特に2リッターガソリンはパワー的にこの車重には役不足でしょう。最低でもターボ付きか2.5L積まないと。
      そういう意味では静寂性、パワー求めるならハイブリッド買ってくださいと言う暗のメーカーの戦略が透けて見えました。
      よってガソリン車はハリアーの廉価版と位置付けなら納得の試乗でした。




    • 【エクステリア】
      エクステリアデザインは先代のコンセプトを継承。
      全体では先代よりフロントオーバーハングが短く、リアオーバーハングが長くなっていてバランスが良くなっています。リアデザインは横長のテールランプにロングタイプのハイマウントストップランプの組み合わせが格好良いです。但し、Z以上でないと設定されないのが残念ですね。

      【インテリア】
      レザーパッケージのみが助手席もパワーシート、さらにシートヒーターも着きます。そのため、レザーパッケージの選択は必須と思いました。
      フロントのカップホルダーに蓋がない、ステアリングがRAV4やカローラと同一部品を採用しているなどコストダウン
      続きを読む した点が目立つため今一つの印象です。

      【エンジン性能】
      ガソリンエンジンでも、都市部で使用するならば十分な性能と思います。

      【走行性能】
      カーブでのロールもうまく抑えられており、新しいプラットフォームの効果を体感できました。

      【乗り心地】
      メーカーが開発の重点にしたこともあり、ガソリンエンジンでも静粛性が高い点が評価できます。

      【燃費】
      試乗のため無評価となります。

      【価格】
      ガソリンエンジンならば最上級のZレザーパッケージFFが423万円。ガソリン選択がリーズナブルと思います。

      【総評】
      購入後に後悔しないためにはレザーパッケージの選択は必須ですね。予算が許せばハイブリッドですが、ガソリンでも十分と思いました。ディーラーセールスマンもハイブリッドとガソリンが半分ずつの注文と教えてくれました。

    ハリアー 2020年モデルのクチコミ

    (1238件 / 62スレッド)
      • ナイスクチコミ167
      • 返信数17
      • 2020年7月13日 更新
      アルの点検時に新型試乗しました。
      以前2013プレに乗ってましたが、内装の質感チープになったように感じました。

      安全装備比べ物にならないぐらい良くなりましたが、価格据え置き分、微妙に質感抑えたのかな?
      ディラー全車取扱になったんで、以前より値引きも緩かったです。

      外観は新型いいんで、来年7人乗りも出たら本気で考えたいです。
      • ナイスクチコミ140
      • 返信数30
      • 2020年7月13日 更新
      以前60系ハリアーハイブリッド プログレスに乗ってた者です。先日80系試乗させてもらいました。
      もちろん内装や外装は異なりましたが、燃費や乗り味は60系と大差なく、内装もどちらかというと60系の方が造りがしっかりしている印象でした。外装は60系ハリアーはずんぐりむっくり、80系はスマートさを感じますが一長一短ですよね。PHEVや電気自動車化するなら別ですが60系ハリアーを今か
      続きを読むら買い求めても正直余り変わらないのではないかと思いましたが皆さんはどう思われましたでしょうか?
      • ナイスクチコミ70
      • 返信数10
      • 2020年7月13日 更新
      まじでしつこい。なんとかのアリア。
      ハリアー乗りが余程気に入らないらしいわね。
      誰がどんな経緯で車を買うかなんて分からないでしょ。
      借りに息子への死に際のプレゼントだったら?
      あなたが最後に子供へ送るものがあそこまで言われたらどう思うのでしょう?
      短い人生で最後まで見ててあげられなかった父親からの形見だったら。
      まぁ浅はかな人間はなにもかんがえずに言葉を選ばず人を傷
      続きを読むつけて生きていくんでしょうね。

    ハリアーの中古車

    ハリアーの中古車相場表を見る

    ハリアーとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止