三菱 アウトランダーPHEV 2021年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

三菱 アウトランダーPHEV 2021年モデルの新型情報・試乗記・画像

アウトランダーPHEV 2021年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
M2023年2月1日/マイナーチェンジ 484万円 469〜488万円   4WD 5人 19.0km/L 2,359cc 2,010kg  
G2023年2月1日/マイナーチェンジ 517万円 465〜545万円   4WD 5人 17.8km/L 2,359cc 2,050kg  
G (7人乗り)2023年2月1日/マイナーチェンジ 527万円 480〜545万円   4WD 7人 17.8km/L 2,359cc 2,090kg  
BLACK Edition2023年2月1日/特別仕様車 526万円 518〜549万円   4WD 5人 17.8km/L 2,359cc 2,050kg  
BLACK Edition (7人乗り)2023年2月1日/特別仕様車 535万円

  4WD 7人 17.8km/L 2,359cc 2,090kg  
P2023年2月1日/マイナーチェンジ 570万円 440〜660万円   4WD 7人 17.8km/L 2,359cc 2,110kg  

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
M2022年10月27日/マイナーチェンジ

462万円

469〜488万円   4WD 5人 19.0km/L 2,359cc 2,010kg  
M2021年12月16日/フルモデルチェンジ

462万円

469〜488万円   4WD 5人 19.0km/L 2,359cc 2,010kg  
G2022年10月27日/マイナーチェンジ

495万円

465〜545万円   4WD 5人 17.8km/L 2,359cc 2,050kg  
G2021年12月16日/フルモデルチェンジ

490万円

465〜545万円   4WD 5人 17.8km/L 2,359cc 2,050kg  
G (7人乗り)2022年10月27日/マイナーチェンジ

505万円

480〜545万円   4WD 7人 17.8km/L 2,359cc 2,090kg  
G (7人乗り)2021年12月16日/フルモデルチェンジ

499万円

480〜545万円   4WD 7人 17.8km/L 2,359cc 2,090kg  
BLACK Edition2022年10月27日/特別仕様車

504万円

518〜549万円   4WD 5人 17.8km/L 2,359cc 2,050kg  
BLACK Edition (7人乗り)2022年10月27日/特別仕様車

513万円

  4WD 7人 17.8km/L 2,359cc 2,090kg  
P2022年10月27日/マイナーチェンジ

548万円

440〜660万円   4WD 7人 17.8km/L 2,359cc 2,110kg  
P2021年12月16日/フルモデルチェンジ

532万円

440〜660万円   4WD 7人 17.8km/L 2,359cc 2,110kg  

アウトランダーPHEV 2021年モデルのレビュー・評価

(81件)

アウトランダーPHEV 2021年モデルの満足度

4.67

(カテゴリ平均:4.28)

    アウトランダーPHEV 2021年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • PHEVなのに急速充電対応しているメリットは無い、むしろ急速充電など対応するべきではないという意見もありますが、それは一部のモラルの無きユーザーの存在や机上数字の羅列だけを引き合いに出した全くもって的外れな指摘であり、そこにアウトランダーPHEVに対して急速充電の必要性を判断する根拠は全くもって無いと言えます。

      むしろ、アウトランダーPHEVの実利用環境では、急速充電対応は三菱独自のサービスも含めてユーザーにとって非常にメリットが大きいのが事実なのです。

      @三菱ディーラーでの充電が格安
      まず三菱はPHEVやEVを「売って終わり」ではなく、使ってもらえるソリューションとして、独自で
      続きを読む しっかり充電インフラを整備しており、各ディーラーには必ず急速充電設備を備えています。
      これはPHEVやEVを生産、販売するメーカーとして大きなポイント。
      さらに三菱のすごいのはその中身であるサービス内容です。
      何と言っても三菱充電カードかつ、三菱ディーラーなら充電がめちゃくちゃ安い。
      他メーカーが改悪で値上げするなか、165円/30分と破格と言ってもいい安さであり、一回の充電量10kwだったとしても16円/kwhくらいで買電できる計算です。
      家庭では深夜電力でも30円/kwhまで高騰している現在、この充電の安さはアウトランダーPHEVが急速充電対応していることの強力なユーザーメリットとなっています。

      AVTHで家庭の電力系統へ給電できる
      VTHという設備を用意すれば、PHEVやEVから家庭へ電力供給できます。
      「なんだ、家庭へ電力供給なら1500wのコンセントがあるじゃん」と思ったあなた、VTHなら「家庭の電力系統と連携できる」という強力なメリットがあるのです。
      それは、クルマへの充電と家庭への給電を、状況に応じてダイナミックに制御できるということ。
      例えば、停電時にクルマのエンジンで発電した電力を、太陽光発電と合成して家庭の各部屋のコンセントから使用したり、太陽光の発電電力に応じて給電量や充電量を制御したりという制御は、VTHでしかなし得ません。
      そして最も重要なポイントとして、VTHに対応するにはクルマ側に「急速充電ポート」が必要なのです。
      つまり、PHEVの急速充電対応は単に外出先で早く充電できるというユーザーメリットだけでなく、災害対策や家庭での節電ひいてはco2削減というより、合理的なメリットもあるのです。

      そうしたメーカーの企業努力による画期的なソリューションや合理的なユーザーメリットを理解せず、単純に「ガソリンで走れるならPHEVなら急速充電は不要」という論調は、あまりにもユーザーを無視した暴論としか考えられません。
      私はアウトランダーPHEVが急速充電に対応していること、そしてこれからも対応し続けることに大いに賛成です。
    • 【エクステリア】
      好みですけど、実物はフロントの厚みに迫力があってかっこいいです。
      【インテリア】
      価格に見合う質感と思います。車体の割に収納は小さい印象。運転席、助手席の後ろにあるポケットは意外と便利です。ピアノブラックは指紋が気になります…
      【エンジン性能】
      エンジンあまりかかったことがありません。朝にエアコン付けたときだけ。
      【走行性能】
      曲がります。FRのような運転感覚。着座位置は高いのにロールが少なく同乗者も快適そう。この運転感覚が楽しくて購入しました。
      【乗り心地】
      少し硬いですが、ガツンと凹凸を拾うわけでもなく、問題ないです。
      【燃費】
      電気料金が上がってる
      続きを読む のでPHEVの恩恵は小さくなりました。電費、燃費ばかり気にするなら他メーカーのPHEVを購入すれば良いと思います。SUVでもFUN TO DRIVEを求める人には最高の車です。
      【価格】
      妥当
      【総評】
      運転を楽しむSUVとしては満点です。
    • Pグレード、納車5ヶ月、1800km走行での再レビューです。給電機能の項目追加を始め加筆修正しました。三菱歴26年、gg2w、gg3wに続き3台目のアウトランダーになります。

      【エクステリア】
      「機能的に優れた物は美しい」という言葉がありますが、機能的で良いデザインだと思います。コズミックブルーマイカのボディーカラーはダイナミックシールドのシルバーがよく映えます。

      サイズ感は、走っている分には大きさを感じません。ボンネットの両端がせり上がっているので車幅感覚もつかみやすいです(困ったときはカメラボタンでサイド等を確認でき、また、低速時ならパーキングセンサーが助けてくれます)。但し
      続きを読む 、最小回転半径が大きいので、バック駐車には慣れが必要です。

      【インテリア】
      内装はセミアニリンのレザーシートにブラック地にタンカラーのアクセント、今までの三菱車にはない上質感です。リフレッシュ機能は強くはないですが、嬉しいおまけです。但し、後席アームレストを倒すとラゲッジスペースが丸見えになるのはマイナスです。

      フル液晶のメーターパネル(ナビも表示できるなど機能も充実)と新搭載のヘッドアップディスプレイには近未来を感じます。但し、標識認識システム、一時停止の見落しを防いでくれるなど便利ですが、制限速度表示に度々誤りがあるのは惜しいところです。

      カーナビはナビ自体の性能は悪くないのですが、CD/DVDの再生機能やSDカードスロットがないのは残念です。

      インテリアで最も残念な点はラゲッジ以外の収納の小ささで、特にグローブボックスは分厚い取説を入れるだけでいっぱいになってしまいます。

      【動力性能】
      まずは加速性能、アクセルを踏み込まなくてもすーっと静かに、しかし力強く加速していきます。この感覚に慣れてしまうともうガソリン車には戻れません。ドライブモードは、日常では一般道でも高速道路でもノーマルで十分でしょう(まずベタ踏みすることはありません)。一方、峠道や首都高のワインディングではターマックモードで俊敏な走りが楽しめます。もっとも、不思議と無理をする気にならず、ゆとりを持って走ろうと思わせてくれる車です。

      続いてEV航続距離。旧型よりバッテリーが約1.5倍になったのに比例して、いや、回生の効きがよいため、2倍位に伸びた気がします。旧型では36kmくらいだったのが、新型ではエアコンオンで60km走ってもまだバッテリーに余裕があります。

      残念な点は、まず、パドルシフトをB3以上にするとエンジンがかかる(ブレーキを効かせるための仕様らしいですが)こと、次に、チャージモードにあまり意味がないこと(完了までに90分、ガソリン6Lを費やすので急速充電を使った方が効率的)です。

      【走行性能】
      走る、曲がる、止まるに関しては文句なしです。
      よく曲がり、そしてそのコーナリングも非常に安定しており、車高に関わらずロールや揺れがありません。ステアリングは軽やかですが、直進安定性も優れています。これらは三菱伝統のS-AWC、PHEVならではの低重心、そして一新された高剛性プラットフォームの賜物でしょう。

      法定速度まで加速したらB0滑走、信号手前や下り坂ではパドルシフトで回生ブレーキを効かせ減速、そんな運転がこの車の醍醐味です。そしてパワースイッチをオフにしたときに電費をみるのが楽しみになります。だから自然に急加速や急ブレーキを避けるようになり、安全運転志向になります。

      また、マイパイロットは使い方も簡単で挙動も滑らか、特に渋滞時に快適です。日産とのアライアンスの恩恵だと思います。

      但し、パドルシフトはステアリングに連動しているため、曲がりながらの操作が困難です。

      【乗り心地】
      硬めと言われがちですが、十分しなやかで良いと思います。静粛性も向上しており、ロードノイズも見事に遮音されています。シートのホールド性も高く、長時間の運転でも疲れません。

      夏場や冬場はリモートエアコン等のプレ空調で予め冷暖房しておけば乗り込んだ瞬間から快適です(エンジンがかからず電力消費も抑えられます。)

      気になる点は、信号待ち等の停車中にキーンというジェネレーター音がすることです。

      【給電機能】
      車を移動可能な基地にしてくれる、頼れる機能です。自宅に電力供給できるV2Hは勿論、屋外で最大1500w取り出せるAC100Vコンセントも大きな魅力です。そして、駆動用バッテリーが尽きればエンジンで発電でき、長時間電気を使えるのはPHEVならでの強みです。
      私は一般的な防災グッズに加えてIHクッキングヒーターや電気ケトル、電気毛布等をラゲッジスペースに常備しています。電化製品が使えることで災害時の選択肢が広がります。

      【燃費】
      走行1800kmのうち約700kmは高速道路でのセーブモード走行です。トータルでの燃費は25.6km/L、電費は4.7km/kWh、EV走行比率は66パーセントです(ちょい乗りが多いので電費が悪いのかも知れません)。

      1走行あたりの電費は悪くて3km/kWh、よくて6km/kWhです(榛名湖からの下りでは99.9kw/kWhを記録)。
      一方、燃費は高速道路でのセーブモードで約20km/L、市街地でのノーマルモードで30km/L前後です(EVプライオリティモードやエコモードにすればもっと伸びますが、3か月毎の20L給油の必要性から適度にガソリンを消費しています)。

      エアコンの電費や燃費への影響は、夏の冷房ではそれ程感じませんが、冬の暖房は結構響くので、電力消費の小さいシートヒーターやステアリングヒーターがありがたいです。

      【価格】
      補助金もありますし、この内容なら納得です。2度目の値上げを経た今でも価格以上の価値があると思います。

      【総評】
      元からのアウトランダー乗りからすると異次元の車に仕上がりました。この車ならライバルと十二分に渡り合えると思います。

    アウトランダーPHEV 2021年モデルのクチコミ

    (6912件 / 471スレッド)
      • ナイスクチコミ30
      • 返信数22
      • 2023年2月5日 更新
      色々ありましたが、6月注文→9月納車になりました!
      納車早々、オプションがほとんど付かないようですが…

      先に納車されてるオーナーの皆様は、純正オプション届きましたか??
      ETC2.0と、スポーティパッケージが最初無いのは非常に痛いですが、何ヶ月くらい待つものでしょうか…まさか、年末かな?(^_^;)

      特にETCは、アクアラインが往復で5000円近く変わってしまう
      続きを読むので、納期遅れが1ヶ月だとしても、先にどうでも良いETCを買ってきて付けてもペイできると考えてますが、どうでしょうか?

      何か参考になるご意見、宜しくお願いしますm(__)m
      • ナイスクチコミ39
      • 返信数26
      • 2023年2月5日 更新
      現在アウトランダー納車待ちです。
      皆さんの投稿を楽しみに納車待ちをしているところです。


      契約2022年10月27日(契約時の納車予定2月)

      12月末に1月20日〜31日生産予定とディーラーから連絡有 (ここまでは順調?)

      1月27日営業さんにその後の進捗を確認したところ、車体番号や完成日がまだわからないとディーラーから連絡有


      通常なら完成予
      続きを読む定日や車体番号が1月中旬にはわかるが、現在のところ連絡がないそうで遅れていることは
      間違いないとのことでした。
      昨今の状況からどの車種でも納期が遅れているのは承知ですが、初三菱車としてとても楽しみにしています^^
      同じように納車待ちの方いたら情報ください。


      ・Pグレード
      ・白黒ツートン
      ・スポーティーパッケージ
      ・バイザー
      ・フロアマット
      ・ETC2.0
      • ナイスクチコミ26
      • 返信数6
      • 2023年2月5日 更新
      みなさんこんにちは。ドアロックに関してなのですが、ドアロックしたあとドアハンドルを2回引くとドアが開く構造なのですが今の車はこの構造が主流なのでしょうか?以前乗っていた車ではドア内側のロックを解除しない限り何度ドアハンドルを引いても開かない構造だったのですが.....
      走行中子どもがドアハンドルを2回引いた為ドアが開いてしまいました。対策としてはチャイルドロックしかないのでし
      続きを読むょうか?

    アウトランダーPHEVの中古車

    アウトランダーPHEVの中古車相場表を見る

    愛車の買取価格をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!見積もりを比較して高額買取店を調べてみよう

    • Point01
      不要な営業電話に
      悩まない
    • Point02
      一回の入力で
      複数店舗に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較

    アウトランダーPHEVとよく比較される車種

    • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止