フォルクスワーゲン ゴルフ 2009年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

ゴルフ 2009年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
TSI Comfortline2009年4月14日/フルモデルチェンジ

275万円

18〜188万円   FF 5人   1,389cc 1,290kg 122ps
TSI Comfortline Meister Edition2012年8月28日/マイナーチェンジ

279万円

75〜98万円   FF 5人   1,389cc 1,290kg 122ps
TSI Comfortline Premium Edition2011年8月3日/マイナーチェンジ

289万円

39〜103万円   FF 5人   1,389cc 1,290kg 122ps
TSI Highline2010年9月16日/マイナーチェンジ

329万円

23〜169万円   FF 5人 15.9km/L 1,389cc 1,340kg 160ps
TSI Highline2009年4月14日/フルモデルチェンジ

312万円

23〜169万円   FF 5人   1,389cc 1,340kg 160ps
TSI Trendline2012年1月16日/マイナーチェンジ

264万円

23〜128万円   FF 5人 19.0km/L 1,197cc 1,270kg 105ps
TSI Trendline2010年4月9日/マイナーチェンジ

257万円

23〜128万円   FF 5人   1,197cc 1,270kg 105ps
TSI Trendline Meister Edition2012年8月28日/マイナーチェンジ

249万円

40〜125万円   FF 5人 19.0km/L 1,197cc 1,270kg 105ps
TSI Trendline Premium Edition2011年8月3日/マイナーチェンジ

263万円

54〜96万円   FF 5人   1,197cc 1,270kg 105ps
GTI2010年7月27日/マイナーチェンジ

368万円

38〜215万円   FF 5人   1,984cc 1,400kg 211ps
GTI2009年9月5日/マイナーチェンジ

366万円

38〜215万円   FF 5人   1,984cc 1,400kg 211ps
GTI adidas2011年1月21日/特別仕様車

398万円

96〜120万円   FF 5人   1,984cc 1,400kg 211ps
GTI Edition 352011年9月15日/特別仕様車

418万円

129〜199万円   FF 5人   1,984cc 1,410kg 235ps
R2010年3月1日/マイナーチェンジ

505万円

119〜238万円   4WD 5人   1,984cc 1,530kg 256ps

ゴルフ 2009年モデルのレビュー・評価

(56件)

ゴルフ 2009年モデルの満足度

4.59

(カテゴリ平均:4.31)

    ゴルフ 2009年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • ゴルフ 2009年モデル R 次期「R」の開発も進む中、以前試乗したメーカーの広報車にてレビューを記します。(冬場の試乗です。)

      ゴルフY(5K型)をベースにしたプレミアムスポーツ「ゴルフR」も「R32」の後継モデルとして登場。「R」はもちろんレーシングの略。「VWインディヴィデュアル社」の手によって開発され、時代の流れに従いながらも、歴代ゴルフ最速のマシーンに仕上がっています。

      全幅は1790mmと数値上ワイドであるが、取り回しは非常に良好。大きく張り出した各冷却系を収める専用バンパーは、路面から近く、350mlのコーラーの缶程の最低地上高。フロントから駐車する際には、車輪止めには、十分注意が必要です。また飛
      続きを読む び石のよる塗装のチッピングも付きやすく、広報車両にも、多々身受けられた。タッチペイントは必須アイテムかもしれない。

      センター2本出しの大口径テールパイプからは、アイドリングから実にドスの効いた重低音を奏で、深夜に抜け出すのは、ご近所に少々気を使う程です。特にフル加速時には、変速の度に「バフッ!」という市販車とは思えない迫力。また4000rpmあたりからの咆哮は涙モノ。重低音+共鳴音がミックスされ、最新の味気ない(失礼)エンジンを積むアルファなど相手にならない。ウインドウを閉めると、極めて遮音性の高いキャビンのはずなのだが、この咆哮は常にドライバーを刺激する。毎日の生活の中では、この演出が、邪魔になることもあるだろう。しかし、車外で、走り去る「R」の発するサウンドを聞くと、本当にゴルフなのか?という程エキサイティングです。

      街乗りでは、DCC(ダンパーの減衰力を3モードから選択可)をコンフォートに設定してしていけば、路面のダンピングをほとんど拾わない。乗り味は非常に快適である。初代「ゴルフW」の「R32」に初めて乗った際の「脚硬い!」と開口一番に発したのがちょっと懐かしい。DSGは非常に滑らかでトルコン並といえるが、微速でのアクセルワークではやや気を使う。DSG搭載直後の「ゴルフXGTI 」ほどでないにせよ、トルクの立ち上がりがやや唐突であるため、トロトロ運転の場合、助手席の首が前後に振られないように右足のさじ加減が必要。

      先代「R32」のような3.2L V6の大排気量でグイグイともって行かれる加速とは、また次元が違う。街中のシグナルスタートでは、「R32」の方が「速い!」と感じるかもしれないが、それも一瞬。「R」は、2400rpmで最大トルクを発生するエンジン特性。1.2barのターボパンチが一気に速度を持ち上げ、アクセルに足を乗せているだけで、次の信号ではギョっとする速度に達している。

      高速道路では、「ちょっと待ってよ、Rさん」というほど速い。DSGのSモードに放り込みアクセルを底まで踏み付けると、6400rpmからのレッドゾーンを飛び越え、7000rpmまで実に鋭く吹け上がる。適度にクロスしたギア比のため、速度上昇の衰えがなく、ドライバーの感覚より速度が先行し、それこそあっという間に「R」“誕生国”の速度域に到達する。その速さは暴力的などといった野蛮なものではなく、緻密かつ精巧な速さ。路面に推進力だけを伝える「4モーション」の恩恵を感じる。その後、0-100`加速をGPS測定器で測ってみたが、Sモード全開でいつも5秒少々を記録。これは一級のスポーツカー数値そのもので、ワタクシが試乗したVWでは紛れもなく最速といえる。

      関東近郊のクローズドワインディングにブルーの「R」で舵をきった。標高を稼ぐ度に路上脇の積雪が増し、終いにはアスファルトが雪面に変わった。「4モーション」の恩恵をこれほどまでに感じるチャンスはまずない。ステアリングをフルロックまで切るようなコーナーでも、4輪に計算されたトルクを振り分け、破綻してしまうようなことは皆無。さらにハードなコーナーでお尻が流れても、軽くカウンターを当てるだけで、クルマを“見えない線路”に引き戻してくれる。また、ガチガチに凍りついた圧雪路からの発進も至って容易で、何もなかったかのように猛進する。

      ドライ路面のワインディングでは、とにかく鼻先が軽いという印象。目の前に迫るつづら折れでも、軽快なターンインでクリア。ちょっとやりすぎても、「4モーション」の制御に助けられ、「R」はいたってクールに対応してくれる。ワタクシの腕では、一体限界がどこにあるのか?という高次元なレベルだ。

      「R」はゴルフの格好をしたスポーティバージョンではなく、スポーツカーそのものだ。


      参考になった 6人
      2013年7月4日 投稿
      満足度 5
      エクステリア 5
      インテリア 4
      エンジン 5
      走行性能 5
      乗り心地 5
      燃費 4
      価格 4
    • 【エクステリア】
      このタイプの車が好きなのでよいです。銀色がいいですね。
       ただドアが重すぎです。

      【インテリア】
       スイッチの配置は非常に分かりやすいのでベンチマークというのは理解できます。
       ただ、とにかく地味です。内装も暗く感じます。スイッチの類も全体的に硬いです。
        
      【エンジン性能】
       1.4Lということですが、4人乗っても別に不自由はなかったです。

      【走行性能】
       信号が連続して低速で走る場面ではギクシャクしますので、
       渋滞の多い地域での待ち乗り使用には向いていないと感じました。

      【乗り心地】
       可もなく不可もなく。

      【総評】
      続きを読む  友人の車です。TSIの1.4リットルらしいですがグレードは不明です。
       祭りの準備のため出してくれた車ですが、軽トラも後から必要となり
       友人が軽トラに乗って出かけ、急遽私が友人の車を運転して1日準備であちこち走りました。
       
       世界展開している車ですので、急にハンドルを握ることになっても全く違和感なく運転が出来ました。
       こういうところはさすがだなと感じました。

       ただ、自動車評論家の方がこぞってべた褒めしていたので、どれほどの車かと期待して運転したものの、
       至って普通の車で拍子抜けしました。
       勝手にですが、ものすごく期待をしていた車だけに一気に熱が冷めた感じです。

       信号が連続して低速で走る場面ではギクシャクしますのでCVTに慣れてしまうとイマイチ感は強いです。
       適材適所というか、街中でなくて、渋滞もないところを長距離走ったりするだけであれば
       感想もまた変わってくるのかもしれないです。
    • 【エクステリア】長く乗れそうな飽きの来ないスタイルがよい。

      【インテリア】 見やすいメーターやスイッチなど前モデルからの乗り換えで戸惑うことがない。

      【エンジン性能】どのグレードのエンジンでも満足できる。

      【走行性能】ハンドルに手を添える感覚で運転できるので長距離ドライブが疲れない。

      【乗り心地】路面の変化を吸収する足回りが国産車には戻れない大きな要因。

      【燃費】信号が少ない田舎なので17〜18`の実燃費はすばらしい。

      【価格】まずまず。

      【総評】
      前車WGTXに13年28万キロから乗り換えて、7年でまもなく20万キロになります。
      飽きることなくい
      続きを読む つまでも乗りたいと思っています。数年後に[が出るころには
      30万`になりそうですがずっと乗り続けたいです。
    • 【エクステリア】
      能ある鷹は爪を隠す

      【インテリア】
      シンプル イズ ザ ベスト

      【エンジン性能】
      異次元(比国産車)

      【走行性能】
      期待以上の安定感と加速感

      【乗り心地】
      大満足

      【燃費】
      こんなものでしょう🐤

      【価格】
      費用対効果抜群(比輸入車)

      【総評】
       マニュアル車からの乗り換えなので、運転が快適すぎて最初の頃は最高で1日2000キロ走ったこともありますが、疲労感より爽快感が勝ってました。
       前の車が20万キロ近くになって故障が多くなったので、買い換えようと当時人気のいろんな車を試乗して、失望続きだったのです
      続きを読む が、途方にくれていた時に故徳大寺さんの本を見て、初めて運転した時の感動を忘れられません。
       今でも電気自動車とか他の話題の車種を試乗したりしてますが、乗り替える気にはなりません。燃費的には不利で絶滅危惧ですが、ハイオクのツインチャージャーとDSGの魅力ですね☺
       それと可愛い感じの外観のおかげで、前に乗ってた車と比較して覆面や白バイに目をつけられなくなったのも大変有り難いです🍀😌🍀たまにプリウスに割り込まれてイラッとするのも罰金払うのに比べれば、ご愛敬です🎵

    ゴルフ 2009年モデルのクチコミ

    (1698件 / 125スレッド)
      • ナイスクチコミ352
      • 返信数37
      • 2019年5月1日 更新
      質問なんですが…昨年、中古のゴルフ6ハイラインを購入し、現在…走行距離が7万キロになりました!

      大きな部品交換や故障がなく乗れるのは、何万キロくらいが一般的でしょうか?

      国産車だと、15万キロくらいが一般的だと思われますが…★

      個体差はあると思われますが、みなさんのゴルフの走行距離とコンディションを教え下さい★

      よろしくお願いします!
      • ナイスクチコミ18
      • 返信数12
      • 2019年4月26日 更新
      ゴルフ6のHLに乗ってます。
      距離は12万キロになりますが、最近70キロくらいから、異音がなります。それに合わせて振動も。
      タイヤの回転に合ってる感じなので、ハブかと思ったのですがディーラーでは違うと言われました。
      タイヤも新しいのに替えてもダメです。
      ハンドルはぶれないですけど、スピードをあげると音が大きくなるので、気になって仕方ありません!
      ハブでもタイヤでもなけ
      続きを読むれば、あとは何がありますか?
      車屋でもわからずでした。
      おそらくフロントからだと思うのですが。
      • ナイスクチコミ47
      • 返信数8
      • 2019年4月4日 更新
      似たようなスレが多いと思いますがすみません。

      2010年式ゴルフ6 コンフォートラインを知人から譲り受けました。
      7年目の車検を済ませたばかり、走行距離はもうすぐ50,000qです。

      譲り受ける際に、
      2-3年目からジャダーが出ていたということと、
      リコールでプログラムの書き換えを行っており、
      ディーラーでは、ざっくりと「そういうものですから、様子を見ながら
      続きを読むお乗り下さい」くらいだったそうです。
      (良くもなく、悪くもなくな対応と思います。)

      譲って頂いて乗ってみると、他の国産AT車やCVT車と比べると、確かに発進時に気を使います。

      1.発進時には車がしっかり動き出すまでアクセルを踏み込まない。
      2.上記でもし、ジャダーが出たら、アクセルを戻して踏みなおす。
      3.上り坂で発進する際には、ヒルスタートアシストが解除された感触を感じてからアクセルを踏み込む。

      などで、それなりにジャダーは抑えられております。
      ただ、坂道を登り切った先で(だんだん速度が下がって)低速で90度に曲がる際など、
      高い確率でジャダーになりかかります。

      知人もジャダーが出始めてから3-4年は日常的に乗っていたので、
      いきなり壊れる確率は低いだろう、ダメならダメで判断すれば良いという判断で譲って頂いてます。
      見知らぬ中古車屋で購入するよりは程度が判るというのも判断基準です。

      ここで質問なのですが、
      ゴルフ6にお乗りの方で、5年の保証が切れたけど、
      ジャダーが出つつも壊れないから修理をしないで乗り続けている方はいらっしゃいますか?

      他、ゴルフ6でDSGのメカトロなり、クラッチ、DSGオイルなど交換されたことにより、
      国産車のATのように、全くジャダーと言うか、DSGのクセがなく乗っている方、
      (保証が切れた後の修理代も判るとありがたいです)

      また、かなり改善されたというゴルフ7では、国産ATのようにクセが無いよ〜。
      と言う方、

      7速乾式DSGのお車にお乗りの方の情報を頂けたらと思います。

      乗っていて楽しい車ですので、長く付き合えたらと考えております。

    ゴルフの中古車

    ゴルフの中古車相場表を見る

    ゴルフとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止