ボルボ V40 クロスカントリー 2013年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

V40 クロスカントリー 2013年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
T3 キネティック2018年7月19日/マイナーチェンジ

354万円

-

  FF 5人 16.0km/L 1,497cc 1,490kg 152ps
T5 AWD モメンタム2018年7月19日/マイナーチェンジ

429万円

248〜372万円   4WD 5人 14.8km/L 1,968cc 1,580kg 245ps
T5 AWD Tack Edition2018年12月18日/特別仕様車

434万円

-

  4WD 5人 14.8km/L 1,968cc 1,580kg 245ps
T5 AWD サマム2018年7月19日/マイナーチェンジ

459万円

269〜345万円   4WD 5人 14.8km/L 1,968cc 1,580kg 245ps
T5 AWD Classic Edition2018年12月18日/特別仕様車

469万円

358.0万円   4WD 5人 14.8km/L 1,968cc 1,590kg 245ps
D4 キネティック2018年7月19日/マイナーチェンジ

384万円

268〜298万円   FF 5人 21.2km/L 1,968cc 1,550kg 190ps
D4 モメンタム2018年7月19日/マイナーチェンジ

429万円

248〜348万円   FF 5人 21.2km/L 1,968cc 1,550kg 190ps
D4 Dynamic Edition2018年8月23日/特別仕様車

444万円

292〜318万円   FF 5人 21.2km/L 1,968cc 1,550kg 190ps
D4 サマム2018年7月19日/マイナーチェンジ

459万円

249〜378万円   FF 5人 21.2km/L 1,968cc 1,550kg 190ps
D4 Aktiv Edition2018年5月10日/特別仕様車

479万円

318〜370万円   FF 5人 21.2km/L 1,968cc 1,560kg 190ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
T32015年8月19日/マイナーチェンジ

339万円

198.0万円   FF 5人 16.0km/L 1,497cc 1,490kg 152ps
T3 アン ミカセレクション2016年4月5日/特別仕様車

389万円

227.0万円   FF 5人 16.0km/L 1,497cc 1,500kg 152ps
T3 キネティック2016年7月5日/マイナーチェンジ

354万円

-

  FF 5人 16.0km/L 1,497cc 1,490kg 152ps
T4 Nordic2014年4月24日/特別仕様車

380万円

124〜178万円   FF 5人 16.2km/L 1,595cc 1,440kg 180ps
T5 AWD2014年12月18日/マイナーチェンジ

385万円

98〜263万円   4WD 5人 12.4km/L 1,983cc 1,580kg 213ps
T5 AWD2013年12月2日/マイナーチェンジ

379万円

98〜263万円   4WD 5人 12.4km/L 1,983cc 1,580kg 213ps
T5 AWD2013年6月7日/マイナーチェンジ

359万円

98〜263万円   4WD 5人 12.4km/L 1,983cc 1,580kg 213ps
T5 AWD2013年5月7日/ニューモデル

359万円

98〜263万円   4WD 5人 12.4km/L 1,983cc 1,580kg 213ps
T5 AWD Drive-E2015年3月30日/特別仕様車

439万円

-

  4WD 5人 14.8km/L 1,968cc 1,580kg 245ps
T5 AWD SE2015年7月23日/マイナーチェンジ

419万円

188〜223万円   4WD 5人 14.8km/L 1,968cc 1,580kg 245ps
T5 AWD SE アン ミカセレクション2016年4月5日/特別仕様車

449万円

-

  4WD 5人 14.8km/L 1,968cc 1,590kg 245ps
T5 AWD イナトモ セレクション2017年4月18日/特別仕様車

459万円

-

  4WD 5人 14.8km/L 1,968cc 1,590kg 245ps
T5 AWD サマム2016年7月5日/マイナーチェンジ

459万円

269〜345万円   4WD 5人 14.8km/L 1,968cc 1,580kg 245ps
T5 AWD モメンタム2016年7月5日/マイナーチェンジ

429万円

248〜372万円   4WD 5人 14.8km/L 1,968cc 1,580kg 245ps
D42015年7月23日/マイナーチェンジ

364万円

198〜208万円   FF 5人 21.2km/L 1,968cc 1,550kg 190ps
D4 Dynamic Edition2017年8月22日/特別仕様車

414万円

292〜318万円   FF 5人 21.2km/L 1,968cc 1,550kg 190ps
D4 SE2015年7月23日/マイナーチェンジ

414万円

165〜268万円   FF 5人 21.2km/L 1,968cc 1,550kg 190ps
D4 SE アン ミカセレクション2016年4月5日/特別仕様車

449万円

248.0万円   FF 5人 21.2km/L 1,968cc 1,560kg 190ps
D4 イナトモ セレクション2017年4月18日/特別仕様車

459万円

-

  FF 5人 21.2km/L 1,968cc 1,560kg 190ps
D4 キネティック2016年7月5日/マイナーチェンジ

379万円

268〜298万円   FF 5人 21.2km/L 1,968cc 1,550kg 190ps
D4 サマム2016年7月5日/マイナーチェンジ

454万円

249〜378万円   FF 5人 21.2km/L 1,968cc 1,550kg 190ps
D4 モメンタム2016年7月5日/マイナーチェンジ

424万円

248〜348万円   FF 5人 21.2km/L 1,968cc 1,550kg 190ps

V40 クロスカントリー 2013年モデルのレビュー・評価

(26件)

V40 クロスカントリー 2013年モデルの満足度

4.59

(カテゴリ平均:4.31)

    V40 クロスカントリー 2013年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • V40 クロスカントリー 2013年モデル ボルボの最新シリーズであるV40にクロスカントリーが追加された。ボルボはかつてV70クロスカントリーでステーションワゴンに由来するSUVのジャンルを作り、これを広げてきた。今回はV40にSUV感覚のモデルとなるクロスカントリーを設定した。

      V40クロスカントリーには、ボルボ・カー・ジャパンが軽井沢で開催した試乗会に出席し、メディア関係者向けに用意している広報車両に試乗した。

      ボディの基本はV40のものだが、外観デザインはフロントグリルが専用のものになるのを始め、専用のルーフレール、サイドのスカッフプレート、リヤのスキッドプレートなどによって随所で差別化が図られている。見るからにSU
      続きを読む Vらしいデザインだ。

      インテリアは全体にスカンジナビアテイストを備えるとともに、ツートーンカラーのハイバックシートが強い印象を与えている。

      悪路走破性を高めるためにボディは30mm高くなり、着座位置も30mm高くなったが、駆動方式がAWD(全輪駆動)になったため、AWDシステムの出っ張りによって最低地上高は+10mmの145mmにとどめられた。これだと標準車とそう変わらない最低地上高である。

      とはいえ、SUV感覚のモデルであるだけに、オフロード走行を想定した仕様が用意されていて、急な下り坂で速度を制御するヒルデセントコントロールを標準装備するなど、本格AWDに近い走りを可能としている。

      搭載エンジンはV40の1.6LではなくRデザインと同じ2.0Lを搭載する。もちろん直噴+インタークーラー付きターボ仕様で、157kW/300N・mという余裕の動力性能を発揮する。AWD化によって車両重量はベース車に対して150kgほど重くなったが、動力性能の向上幅は重量増を補って余りある。

      当然ながら走りはとも元気が良い。最大トルクを発生する回転数は2700回転と、今どきのターボ車としてはちょっと高めながら、低速域でも十分なトルクを感じさせる。アクセルを踏み込めばすぐにトルクが盛り上がって、気持ち良く加速が伸びていく。

      トランスミッションがデュアルクラッチではなくスポーツモード付きの電子制御6速ATになったことも、滑らかな加速に貢献するものだ。スポーツモードを選択すれば、より高い回転数を維持して一段と元気の良い走りが可能になる。

      停止時にはスタート/ストップ機構(アイドリングストップ機構)によってエンジンが停止して燃費に貢献する。ただ、残念ながらエコカー減税は対象外だ。

      車高が高くなったことは一定程度に安定性に影響を与えている。同じエンジンを搭載するRデザインと乗り比べると、Rデザインのほうがよりスポーティな走りが得られるのが分かる。

      V40クロスカントリーもハルデックスカップリングによる電子制御AWDを採用するほか、V40に対して足回りを強化するなどの対策がとられているので、操縦安定性に不満があるわけではない。

      安全装備についてはベースのV40に採用されたのと同じ装備が設定されている。シティ・セーフティやヒューマン・セーフティのほか、歩行者エアバッグなどが標準またはオプションで用意される。ボルボらしい充実した安全装備を備えているので、今どきのクルマとして大いに魅力的なクルマである。

      V40クロスカントリーの車両本体価格は359万円。搭載エンジンが2.0LのT5でAWDであることなどを考えると、V40との価格差は納得モノといえる。オプションのヒューマン・セーフティとレザーパッケージを装着すると399万円になってRデザインと同じ価格になる。 なかなか微妙な設定だ。

      参考になった 7人
      2013年6月23日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 3
      乗り心地 3
      燃費 2
      価格 4
    • 【エクステリア】
      6年経っても見飽きません。
      【インテリア】
      もはや目新しさはない。
      【エンジン性能】
      急にトルクが立ち上がる
      【走行性能】
      ディーゼルは急にトルクが立ち上がり乗りにくい
      【乗り心地】
      日本の速度域では、乗り心地よい。ただし、ディーゼルの騒音と振動はひどい。
      【燃費】
      試乗なので不明
      【価格】
      安全装備考えれば妥当
      【総評】
      ディーゼルは、トルク特性、騒音・振動が気になり×です。
    • 先ずは車歴から、ホンダ エリシオンV6 本革 サンルーフを13年、子供がいなくなったので自分好みでCX−3 AWDディーゼル、ガンメタを購入、毎日乗る妻がヘッドレストの角度が合わないで頭痛がするとわずか半年ほどで売却。大きな車は不要だがしっかりとした質感のある車が欲しい、全く考えていなかった輸入車「ボルボV40」がふと目につく。
      妻もお気に入りでD4 サマムを購入 
      エリシオンもCX−3もトルクがある走りだったので今回もディーゼルに、マツダよりも音は大きかったがクルマ全体のデザインが気に入っていたので気にしないことにした
      今回はほぼ妻が決めました

      【エクステリア】
      エレガントでス
      続きを読む ポーティーでもある、日本車には無いデザイン
      後ろに掛けてのサイドの絞り込みラインが大胆で美しいと思う

      【インテリア】
      他車では見れないシートデザインにセンスを感じます
      色も明るいのがステキ、と妻
      革シートの見た目は良いが夏が熱い、熱すぎる、前車エリシオンではこんなことは無かった
      パンチング仕様にはならなかったのか、マツダより低いではないか

      【エンジン性能】
      【走行性能】
      このボディーには有り余るパワーとトルクでまるで暴れ馬、高速道路の坂道でもグイグイと加速、燃費の良いディーゼルカーのイメージではありません。100キロからでも物凄い加速です。
      出だしが頭打ちと言うか空回り感がディーゼルらしいですが、速度が乗ればとても静かでパワフル、1cmほど?アクセルを踏むだけで低回転でもグイグイと加速します、この辺りはノンストレス
      フロントが重たいようなやや腰砕けのような曲がり方のように感じますが普通の走行では問題なし
      路地などでの一時停止でもエンジンストップする敏感さは何とかならないのか? 再始動の度にボディーが揺れるw

      【乗り心地】
      長さが無いので小さな上下の揺れを感じます
      路面の凹凸をゴトゴトと結構拾いますが、これはタイヤをレグノくらいにすれば快適になりそうです。

      上部を絞ったデザインなので屋内の頭辺りの空間は狭く窮屈感はあります
      シート幅は広いともいえないがしっかりとサポートされている、と感じます
      後部座席はお世辞にも広いとは言えません、前後幅方向共です。
      いつもは1〜2人乗りがおすすめ

      【燃費】
      近場のちょいのりで14ほど? 現在2万キロで平均16,2と表示されています

      【価格】
      安全装備、各インテリアの装備などを他車と比べるとお値打ち感はあるが、見た目にこれが460万?とは思う
      これはボルボのネームバリューからして仕方ないか・・・
      今時にこの価格でレバー式のパーキングブレーキとはいかがなものか、マツダみたいに随時に進化して欲しい
      価格の割にインパネ周りもやや貧相

      【総評】
      エンジン音の静寂性はマツダやBMWから比べるとかなり劣ります、まるで宅配トラックですが走り出すと超快適
      郊外や高速を走り続けるような乗り方だと不満は無いでしょう
      満タンで1000q近くの走行距離は日帰りドライブでは給油を気にしないのが楽
      直角の坂道も登ってしまいそうなトルク感は爽快です、山岳地のドライブが得意でしょうか、ノンストレスの走行が可能でしょう
      停止時、初速、再始動時のディーゼルの音と振動を気にしなければ良いクルマです
    • アウディのA4に乗っていたのですが、エンジンオイルの減りが尋常では無くなってきたので、
      そろそろ買い替えか…と色々探していました。

      始めはAUDIのQ-2、マツダのCX-3や、アテンザなどを検討していたのですが、
      ふと街の中で見かけたV40に目が留まりました。

      「でも高いよな…」

      と思い、候補には数えなかったのですが
      中古だと予算の範囲内でもあるなぁ…とぼんやり考え始めることに。

      で、色々なディーラーにや中古車店に足を運んでいく中で、ふと
      「VOLVO」のディーラーにも行ってみよう!といきなり押しかけてしまいました。
      (一応電話で確認はしました)

      ディー
      続きを読む ラーに行ってまず思ったこと。
      国産車のディーラーの雰囲気とまるで違う。
      店内の雰囲気もいいですが、スタッフの方がなんせ良かった。

      そして色々と見せて頂きながら話を聞いていると
      「近く乗り換えのお客さんがいて、ちょうどV40のクロスカントリーなんです」というオファーが。
      その車を見て検討したい、となり10日後にその車が入庫され見に行ってみるともうめちゃくちゃキレイで。
      予算を大きく下回っていたこともあり、即決しました。

      しかしVOLVOってこんなによく出来ているんですね。
      AUDIはいい車でしたが、大衆車な作りでもありました。(古かったのもあります)

      今のVOLVOはこんなにもしっかり出来ているんだと感動しました。

      ディーゼルも社内にいれば静穏性は抜群。
      そしてなんせ燃費がすばらしい。
      AUDIの倍以上走ります(平均16km/L)


      この後もV40クロスカントリーを乗り継いでいきたいと強く思えるくらい、ホントに気に入りました。

      あとディーラーで買うべきですね。
      納車までの点検項目、交換部品は本当に多くて、これがディーラーの姿だな、と感心しました。
      以前アルファに乗ってたときは、ホントにディーラーがダメ過ぎてガッカリしましたが
      VOLVOはホントに良いですね。


      買ってよかった。
      毎日乗ることが楽しくて仕方ないです




    V40 クロスカントリー 2013年モデルのクチコミ

    (47件 / 12スレッド)
      • ナイスクチコミ9
      • 返信数2
      • 2018年4月1日 更新
      V40クロスカントリーがカッコいいな〜と思っているのですが、乗っている方にお尋ねします。

      ボルボはカー用品店や近所のガソリンスタンドなどでオイル交換ができるんでしょうか?

      それともディーラーでオイル交換し、そのつどオイル交換のお知らせ等をリセットしてもらうようになっているのでしょうか?

      近くにディーラーがないのでそんな面倒なクルマならあきらめようかと思って質問
      続きを読むさせていただきました。

      よろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ15
      • 返信数0
      • 2017年12月3日 更新
      12月中に登録未使用車の購入を考えています。

      登録から半年程度の17年モデルのモメンタムの登録未使用車が、年末と言うこともあって、正規ディーラーで総額330万円程度で買えるようなんですが、この登録済未使用車と現行の18年イヤーモデルとの違いは何でしょうか?

      16年7月のフェイスリフトほどの大きな変更は無いんだろうと思いますが、何か年次改定で18年のイヤーモデルが良く
      続きを読むなった部分もあるんだろうと思っています。

      大した変更でなければ、登録未使用車で決断しようと思っているのですが、。
      • ナイスクチコミ7
      • 返信数3
      • 2017年11月8日 更新
      5月26日(金)、V40 D4 クロスカントリー ルミナスサンドメタリックを引き取りに行き、すぐにボディーコーティング屋へ直行
      車両購入時は何時もそのディーラーにお任せだったのですが、ボルボさんの費用は高額で二の足を踏む。

      ガラスコーティングの2層仕上げで¥63,000(40%オフキャンペーン中)を発見、ホイールコーティングも込みです
      全面ガラスに撥水加工をし、ドアエ
      続きを読むッジとドアハンドル部、後席ステップへ保護フィルムを貼ってもらい
      オール込で¥85,000−でお願いできました
      30日か31日の引き取り予定です、楽しみです。

      本革のコーティングはボルボさんで依頼しました。

    V40 クロスカントリーの中古車

    V40 クロスカントリーの中古車相場表を見る

    V40 クロスカントリーとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止