アウディ S3 スポーツバック 2013年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

S3 スポーツバック 2013年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
ベースグレード2018年9月20日/マイナーチェンジ

615万円

199〜568万円   4WD 5人 14.7km/L 1,984cc 1,520kg 290ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
ベースグレード2018年1月1日/マイナーチェンジ

612万円

199〜568万円   4WD 5人 14.7km/L 1,984cc 1,520kg 290ps
ベースグレード2017年8月10日/マイナーチェンジ

606万円

199〜568万円   4WD 5人 14.7km/L 1,984cc 1,520kg 290ps
ベースグレード2017年1月26日/マイナーチェンジ

606万円

199〜568万円   4WD 5人 14.7km/L 1,984cc 1,520kg 290ps
ベースグレード2014年8月20日/マイナーチェンジ

599万円

199〜568万円   4WD 5人 14.4km/L 1,984cc 1,510kg 285ps
ベースグレード2013年9月17日/フルモデルチェンジ

560万円

199〜568万円   4WD 5人 14.4km/L 1,984cc 1,510kg 280ps
urban sport limited2016年8月25日/特別仕様車

664万円

348.0万円   4WD 5人 14.4km/L 1,984cc 1,510kg 285ps
Audi × SAMURAI BLUE 11 Limited Edition2014年5月15日/特別仕様車

671万円

-

  4WD 5人   1,984cc   280ps

S3 スポーツバック 2013年モデルのレビュー・評価

(7件)

S3 スポーツバック 2013年モデルの満足度

4.40

(カテゴリ平均:4.31)

    S3 スポーツバック 2013年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • S3 スポーツバック 2013年モデル コンパクトなA3のボディに強力な2.0Lの直噴ターボ仕様エンジンを搭載したモデルS3スポーツバック。Sの名前に恥じないスポーティな走りを実現する。

      S3スポーツバックには、日本自動車輸入組合が開催した試乗会に出席し、アウディジャパンが出展していた広報車両に試乗した。

      外観デザインは抑制の効いた仕上げという印象で、標準車であるA3スポーツバックとの差別化はそれほど際立ってはいない。フロントバンパーやリヤのディフューザー、排気管、アルミホイール&タイヤなど、良く見ればいろいろと異なっている部分があるが、ぱっと見たら、A3との違いが分からないのではないかと思えるくらいの差別化である。
      続きを読む
      インテリアもS3のロゴが入ったステアリングホイールやメーターパネル、シート表皮などに違いが設けられているが、これも同様に控えめな印象だ。インテリア回りの質感に優れるのはアウディならではの部分だが、最近は競合車もどんどん質感を高めていて、アウディだけが飛び抜けている感じではなくなってきた。

      搭載エンジンは直列4気筒2.0Lの直噴ターボ仕様。206kWのパワーを5100回転から6500回転で発生し、380N・mのトルクは1800回転から5100回転で発生する。A3に搭載される1.4Lの直噴ターボ仕様エンジンは、パワフルなCOD仕様でも103kW/250N・mの実力だから、パワーに関しては2倍の実力を発揮する。

      S3スポーツバックの車両重量はけっこう重い。フルタイム4WDに加えてパワフルなエンジンを搭載することなどにより、1.4LのA3に比べるとざっと200kgくらい重くなって1520kgに達している。でも搭載エンジンがパワフルなだけに走りは実にスポーティなものになる。

      アクセルの踏み込みに応じて気持ち良くエンジンが吹き上がり、それに伴って力強い加速が伸びていく。この感覚はS3でないと得られないものだ。

      足回りはけっこう硬めの味付けで、2245/40R18という大径タイヤを履くこともあって、しっかりした感じの乗り味を感じさせる。高架道路の継ぎ目部分などを走るときには、ちょっと硬すぎると思えるほどだ。

      足回りなどは、アウディドライブセレクトによって切り替えが可能だ。エンジンやトランスミッションのレスポンス、ステアリングの操舵力やサスペンションの硬さなどを調節できるから、道路状況とその日の気分に応じて切り替えて走れば良い。“個別”を選べば項目ごとの切り替えも可能だ。

      価格は560万円で、A3の1.4TSFI・CODに比べると200万円以上も高い。この価格差をどう見るかは人によってさまざまだろうが、個人的にはちょっと高すぎるようにも思う。1.8TSFIクワトロとの比較でも150万円以上も高いからだ。

      参考になった 9人
      2014年5月28日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 5
      走行性能 5
      乗り心地 4
      燃費 3
      価格 2
    • 【エクステリア】
      見た目は巨大ホイールとキャリパー以外すっとぼけています。街で見ても詳しい人以外気づかないと思います。

      【インテリア】
      バーチャルコクピットに映し出されるs3の文字以外はすっとぼけて平静を装っています。
      でも御多分に洩れず質感は高いです。
      290馬力もあるエンジンをコソコソ隠し持ってる感じがとても良いです。

      【エンジン性能】
      インプやランエボを想像していると、驚くほど紳士なエンジンです。
      ノーマルモードでのフィーリングはa3の2000ccと大差ありません。
      めちゃくちゃ大人しくて、多分誰でも乗れます。
      でもスポーツモードに入れるとかなり強烈です。
      続きを読む ターボも下から効くのでイメージ的には3.5Lくらいの自然吸気車の様です。
      個人的に3500〜5500rpm程度が気持ちよく走れました。
      試乗という事で3人乗ってましたがアッと言う間に法定速度を飛び越えそうになります。
      恐らく高速道路での再加速も素晴らしいと思います。
      くれぐれも街ではsモードに入れない様に。
      気をつけないとすぐ捕まります。

      【走行性能】
      スタビリティコントロール次第ですがコンフォートでは普通の車です。ちょっと制御かけ過ぎかなと思う所もありますが、普段使いなら気にならないレベルだと思います。
      スタビリティをダイナミック(?)に入れるとめちゃくちゃ硬くなります。
      ちょっと硬過ぎかなと思うくらい硬くなるのでサーキット走行がちょうどいいと思います。
      因みに私は街中でダイナミックで走ってトイレに行きたくなりました。笑

      【乗り心地】
      スタビリティとモード次第ですがコンフォートモードで普通のDレンジなら、本当に大人しく走るので快適です。エキゾーストは野太い音がしますが、私は心地よく感じるので全然許せます。
      因みにsレンジではどちらかというとV8みたいな音がして迫力満点です。

      【燃費】
      試乗という事で正確には判りませんでした。
      カタログ値は15kmlくらいですが、恐らく買って乗ったら加速が楽しいので悪くなると思います笑

      【価格】
      日本車を引き合いに出してしまうとどうしても高いです。
      仕方ない!!
      解決方法は
      (お金を貯める)
      以上。

      【総評】
      価格以外は大変満足です!
      こんな車があれば毎日楽しいなと心から思いました、
    • 2016年式に乗っています。

      【エクステリア】
      Aシリーズともっと区別をつけてほしかった。ただ、4本出しマフラーは凄く気に入ってます。RSの2本よりもこちらが好きです。
      あとはグリル。細いグリル、メッキがやや古臭く感じます。マットブラック、もしくは蜂の巣状のRSグリルに交換したいですが、ACC対応の物はまだ少なく高価です。
      Pで他の車と並ぶと小さく感じますが、場所を選ばないサイズという意味では不自由ないです。

      【インテリア】
      ややシンプルに感じますが、それがアウディの良さだと思ってます。唯一残念なのが、シートメモリーがないことです。最適ポジションを見つけても、他人に乗られる
      続きを読む と狂います。

      【エンジン性能】
      やはりRSに憧れてしまいますが、日本で乗るにはSで十分ではないでしょうか。285psは、昔のスポーツカーと同等です。街中でのダイナミックモードは持て余すほどだと思います。サーキットで260kmまで出しましたが、ブレず、さすがクアトロといった感じです。
      マフラー音はうるさ過ぎず、静か過ぎず、でしょうか。

      【走行性能】
      285psでもサーキットでは十分に遊べ、街乗りでは普通車として乗れる。優等生といっ感じでしょうか。クアトロなので、雨や雪でも安心して乗れます。18インチですが、これ以上は硬くしたくなかったので19インチは見送りました。

      【乗り心地】
      ベンツ と比べると、シートはベンツ の方が疲れない気がします。そこはやはりベンツ だと感心しました。後部座席はやや狭く、長距離の4人乗りは疲れるかも知れません。

      【燃費】
      満タンで580-600kmというところです。
      あまり良いとは言えませんが、燃費を気にして乗る車ではない気がします。

      【価格】
      エンジンを考えると妥当なのかも知れませんが、パッと見た目Aシリーズと変わらないのが残念です。何も知らない人から見たら600万の車には見えません。

      【総評】
      アルファロメオ、ベンツ 、BMWと乗ってきましたが、いずれも150ps程でした。なので、それと比べると走りは楽しく、私には申し分ありません。
      ベンツ 、BMWとよく比較されますが、もはやどちらが上とか下とかはないのでしょうか。
      それぞれに個性があり、それぞれの良さがあります。走りはこっち、エンジンはこっち、ブランドイメージはこっちなど、比べることが私にはナンセンスです。自分が乗って楽しい、見て楽しい、それが一番です。
      私は、グリルを除き、このフォルムが好きでS3を購入しました。迷っている方は、ネットの評価に惑わされず、自分のフィーリングで選んで下さい。
    • 今まで1.4L A3を8P、8Vと二世代乗り継ぎ、マイナーチェンジ前に長々交渉して、歯を食いしばってS3にしました。念願の'いつかはクワトロ’を達成しました。長く大切に乗ります。

      【エクステリア】
      知らない人が見れば、A3と違いがわからないようです。大きく違うのはホイールを除けばマフラーの本数、赤い大型キャリパー、少々エアロが入ってる程度。中身はまるで違うのですが、知る人ぞ知る車種です。
      マフラーが4本になってますが、低速時は内側二本しか使っていない為か汚れ方に露骨な差が出てきました。
      尚、ボディは専門のガラスコーティング屋さんに納車直後に施工してもらいました。

      【インテリア
      続きを読む
      それなりの値段ですから、それなりの質感です。不満はないです。シートの質はともかく1.4Lと違うのは座面が任意でちょっと広くできたり、電動ランバーサポートがつく事かな。ハンドルがレーシーな感じです。
      8Pの時は助手席シート下の収納があったのに8Vから無くなってます。S3でも助手席下の収納はありませんでした。つまらない所をケチるな〜。因みに運転席下の収納はあります。

      エアコン、ナビはA3と同じです。AUDIのナビは毎年地図がたぶん無料で更新されたり、オービスデータが入ってる所まで同じです。有り難かった事はないですが、アプリと連動して自車位置が携帯でわかったりします。
      問題はメーターです。A3とかは水温計だった所がブースト計に変更されてます。見た目はいいのですが、285PSもある車の過給器が動いている時にブーストメーターを見てる場合じゃありません。不要です。それより水温計も無くなったので、嫁のフォレスターみたいにMFDもないので車の状態がさっぱりわかりません。
      結局、ユピテルのレーダーandドライブレコーダーにOBDUケーブル接続して中身を見えるようにしました。

      【エンジン性能】
      不満なしです。
      ドライブモードのダイナミックモードが最大のエンジン性能なんでしょう。大変な事になります。変えた瞬間にアイドリングの音が変わります。
      まだ本領を発揮した事はありません。発揮できる場所が近くにありません。
      エコモードでもA3と比較にならない程エンジン音は大きいです。いい音ですが…。
      朝早く出る時は近所の方々を考えるとサッサと出発しようと思います。

      【走行性能】
      クワトロは明らかに1.4L A3のFFとの違いを感じさせてくれます。四輪の駆動を感じます。買ったかいがありました。
      DCTが6速より7速を望む声を聞きますが、乾式7速なら湿式6速の方でいいと思ってます。個人的に信頼感が違います。
      ドライブモードが多数あるので中々楽しいです。シフトアップのタイミングだけじゃなく、ハンドルの重さまで変わります。パドルがあるのでシフトダウン等で遊べます。また、パドルを使うとマニュアルモードになりますが、シフトアップを引き続けるとオートマに戻るので運転が楽です。ここら辺はA3も一緒。

      【乗り心地】
      A3と比較すると硬いです。しかし、乗っていて硬すぎると思った事はないです。そして慣れます。シートが良いせいかもしれません。
      ただS3の方が前輪のブレーキダストは更にヒドイです。

      【燃費】
      片道20数キロで通勤しております。A3が14〜16程度。S3は10〜12程度で当たり前ですが燃費はダウンしてます。因みにエコモードです。幅があるのはコースティングモードを使えた時間で幅が生じている為だと思ってます。

      【価格】
      それなりの装備ですが高いです。しかし、満足してます。また、同じディーラーで3台目なのでちょっと言えない程の値引きです。0万円にさせてください。
      スペアタイヤがないのですが、代わりにスペアタイヤ並みのサイズのウーハーがあります。エンジン音があえて大きい仕様なのでいらないです。個人的に無くていいので価格を下げてほしいです。

      【総評】
      色々書いてますが、満足してます。A3と比較しても明らかに性能も価格も違います。必要かどうかは個人の考え方でしょう。
      今回A3 1.8L クアトロも天秤にかけたのですが、あっちはオプションにナビやら安全装備等が別に設定されてます。S3は殆ど全てが盛り込まれてます。1.8L クワトロのオプションをS3と同装備にすると価格差は100万以下です。絶対的な違いはエンジンやマフラーや足回り、およびセッティングです。この差をどう考えるか?好きな人が買う車です。

    S3 スポーツバック 2013年モデルのクチコミ

    (7件 / 3スレッド)
      • ナイスクチコミ1
      • 返信数1
      • 2018年7月24日 更新
      ACCについて質問です。AUDIはクラスやイヤーモデルでACCの仕様が結構違うのですが、2015年モデルのS3は、30キロ以上でセッティング、30キロ以下でも自動ブレーキにて止まる、アダプタブルクルーズコントロールの仕様になりますでしょうか?
      中古車ディーラーによって答えがマチマチなので、混乱しています。現行モデルは当然自動ブレーキなのですが・・・マイナーチェンジ前のS3はど
      続きを読むちらでしょうか?
      1:30キロ以下は、ドライバーがブレーキをかける
      2:30キロ以下で、自動ブレーキによって設定した前車距離にて止まる。
      • ナイスクチコミ12
      • 返信数0
      • 2016年2月15日 更新
      先日機会がありましてRS3を試乗してみました。
      あまりの爆音で驚いてしまいました。
      マンション住まいの私としては購入したくても購入出来ない代物でした。
      諸問題なく購入出来る方が羨ましいです。
      • ナイスクチコミ1
      • 返信数3
      • 2016年1月26日 更新
      例えばボリュームを15で聞いていて、一旦エンジンを切って再始動すると、ボリュームが12に戻ってしまいます。
      取説を読んでも分かりません。ボリュームが戻らない方法を教えて下さい。
      よろしくお願い致します。

    S3 スポーツバックの中古車

    S3 スポーツバックの中古車相場表を見る

    S3 スポーツバックとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止