日産 ノート e-POWER 2016年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

ノート e-POWER 2016年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
S2018年7月5日/マイナーチェンジ190万円 169.8万円   FF 5人 37.2km/L 1,198cc 1,190kg 109ps
X2018年7月5日/マイナーチェンジ202万円 89〜216万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,220kg 109ps
X ブラックアロー2018年7月5日/マイナーチェンジ211万円 165〜212万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,220kg 109ps
X FOUR2018年7月5日/マイナーチェンジ223万円 217.0万円   4WD 5人 28.8km/L 1,198cc 1,300kg 114ps
X シーギア2018年12月10日/特別仕様車225万円

-

  FF 5人   1,198cc 1,230kg 79ps
X シーギア リミテッド2018年12月10日/特別仕様車227万円

-

  FF 5人   1,198cc 1,230kg 79ps
X FOUR ブラックアロー2018年7月5日/マイナーチェンジ233万円

-

  4WD 5人 28.8km/L 1,198cc 1,300kg 114ps
X シーギア ツーリングパッケージ2018年12月10日/特別仕様車234万円

-

  FF 5人   1,198cc 1,230kg 79ps
X シーギア リミテッド ツーリングパッケージ2018年12月10日/特別仕様車235万円

-

  FF 5人   1,198cc 1,250kg 79ps
X FOUR シーギア2018年12月10日/特別仕様車247万円

-

  4WD 5人   1,198cc 1,310kg 79ps
X FOUR シーギア2018年7月5日/特別仕様車247万円

-

  4WD 5人   1,198cc 1,310kg 79ps
X FOUR シーギア リミテッド2018年12月10日/特別仕様車248万円

-

  4WD 5人   1,198cc 1,310kg 79ps
MEDALIST2018年7月5日/マイナーチェンジ235万円 108〜229万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,230kg 109ps
MEDALIST ブラックアロー2018年7月5日/マイナーチェンジ242万円 179〜238万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,230kg 109ps
MEDALIST X FOUR2018年7月5日/マイナーチェンジ256万円 235〜258万円   4WD 5人 28.8km/L 1,198cc 1,310kg 114ps
MEDALIST X FOUR ブラックアロー2018年7月5日/マイナーチェンジ264万円 254.8万円   4WD 5人 28.8km/L 1,198cc 1,310kg 114ps
NISMO S2018年9月25日/マイナーチェンジ267万円

-

  FF 5人   1,198cc 1,250kg 83ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
S2017年9月1日/マイナーチェンジ

190万円

169.8万円   FF 5人 37.2km/L 1,198cc 1,170kg 109ps
S2016年11月2日/ニューモデル

177万円

169.8万円   FF 5人 37.2km/L 1,198cc 1,170kg 109ps
X2017年9月1日/マイナーチェンジ

196万円

89〜216万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,210kg 109ps
X2016年11月2日/ニューモデル

195万円

89〜216万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,210kg 109ps
X シーギア2018年7月5日/特別仕様車

225万円

-

  FF 5人   1,198cc 1,230kg 79ps
X シーギア ツーリングパッケージ2018年7月5日/特別仕様車

234万円

-

  FF 5人   1,198cc 1,250kg 79ps
X ブラックアロー2017年9月1日/マイナーチェンジ

209万円

165〜212万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,210kg 109ps
X モード・プレミア2017年9月1日/マイナーチェンジ

221万円

137〜209万円   FF 5人   1,198cc 1,230kg 79ps
X モード・プレミア2016年12月12日/ニューモデル

220万円

137〜209万円   FF 5人   1,198cc 1,230kg 79ps
シーギア2017年10月30日/特別仕様車

223万円

149〜218万円   FF 5人   1,198cc 1,230kg 79ps
MEDALIST2017年9月1日/マイナーチェンジ

232万円

108〜229万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,220kg 109ps
MEDALIST2016年11月2日/ニューモデル

224万円

108〜229万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,220kg 109ps
MEDALIST ブラックアロー2017年9月1日/マイナーチェンジ

240万円

179〜238万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,220kg 109ps
NISMO2017年10月17日/マイナーチェンジ

246万円

145〜259万円   FF 5人   1,198cc 1,250kg 79ps
NISMO2016年12月12日/マイナーチェンジ

245万円

145〜259万円   FF 5人   1,198cc 1,250kg 79ps

ノート e-POWER 2016年モデルのレビュー・評価

(165件)

ノート e-POWER 2016年モデルの満足度

3.97

(カテゴリ平均:4.31)

    ノート e-POWER 2016年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • ノート e-POWER 2016年モデル NISMO 2016年11月に新しいコンセプトである「e-POWER」を搭載し、販売も絶好調の日産ノート、その中でも翌12月に追加発売したスポーティな「ノートe-POWER NISMO」に試乗しました。

      今回の大幅改良前からモータースポーツブランドであるNISMOのチューニングによる「ノートNISMO」はラインナップされていましたが、今回e-POWER仕様を含め、1.2L&CVT仕様のNISMO、1.6L&5MT仕様のNISMO Sの3タイプのモデル構成にすることで同ブランドを高めようという戦略もあります。

      今回、このモデルをあえて選んだのはノーマルのノートe-POWER車では味わえないハンド
      続きを読む リング性能があったからです。

      このクルマは日産の関連会社である「オーテックジャパン」が手がけています。これまでも「ライダー」シリーズなどのカスタムカーや「ライフケアビーグル」に代表される福祉車両など幅広い領域のクルマを世に送り出しています。

      その同社がこれまでに培ったノウハウなどをつぎ込み内外装はもちろん、足回りやボディを含めた走りの部分へのこだわりが詰まったモデルに仕上がっています。

      エクステリア&インテリアは写真を見れば一目瞭然です。専用のフロント&リアバンパーやエキゾーストテールエンドなど停止状態からでも走りに対する期待が高まる仕様になっています。インテリアに関してもステアリングホイールやメーター類も専用設計、今回はメーカーオプションのレカロシートが装着されていましたが、標準状態でもスエード調のスポーツシートやアルミ製のスポーツペダルが装着されています。

      そしてポイントは走りの部分のチューニングにあります。オーテックジャパンが得意とするボディ補強、パワステの専用チューン、足回りではNISMO Sと共通となるフロントの強化スタビライザーや専用サスペンションなど多岐にわたります。

      そして個人的にはVCM(Vehicle Control Module)に注目しています。すでに電気自動車であるリーフ(エアロスタイル)にもこの手法は採用されており、いわゆるコンピュータチューニングを行うことでe-POWERが持つ3つのモードのうち「NORMAL」「S」の2つにおいてよりスポーティな走りを可能にしているわけです。

      その違いは高速道路などでの走りで一目瞭然です。その前にe-Power車のセールスポイントの中に「ワンペダルで発進から減速まで行える」があります。ECOモードとSモードのふたつがアクセルオフで強い減速力を発生します。これが日産でいう「e-POWER Drive」に該当するわけですが、特に市街地ではECOモードによる走りが有効だと感じました。正直、最初はこの感覚を掴むのに戸惑いましたが少し走ると慣れも出てきますし、最終的には自分でブレーキを踏んで停まるにせよ、渋滞などでは頻繁なペダルの踏み替えが減る、などメリットも感じます。

      一方、高速走行ではECOモードよりノーマルモードが気に入りました。アクセル操作に関してやや敏感な部分もありますが、こちらも慣れの問題、モーター駆動ならではのどこまでもスムーズな加速により追い越しなども非常にスムーズ、いやかなりスポーティ、この部分も前述したVCMのチューニングが大きいと感じました。

      足回りに関しても当初はガチガチではないかという勝手な?イメージを持っていましたが、実際は専用ダンパーやベストセッティングとして選んだ「ヨコハマDNA S.drive」による部分は大きく、路面からのショックもうまく吸収していますし、高速域での直進安定性はハイレベルで手応えもしっかりしています。ノーマルのe-POWER車と比べるとここが一番顕著に表れる部分だと感じました。

      さて、このノートNISMO e-POWERはどんな人にオススメなのでしょうか。まずNISMOに代表されるスポーティブランドが欲しい人は当然ですが、私としてはこのクルマを購入する際「高速道路を走る機会が多い」のであればぜひオススメします。逆に市街地中心の走行であればノーマルのノートe-POWERでも十分です。売れ筋のe-POWER Xグレードとの価格差は約50万円あります。もちろんここには多くの装備差があるわけですが、そのハンドリングや所有する歓び、さらに将来の売却時のリセールバリューも考えるとNISMO e-POWERはかなり魅力的な選択です。

      それでも「このデザインはちょっと恥ずかしい」と思う方がいるかもしれません。実はオーテックがリリースしているカスタムカーの中に「ノートe-POWER モード・プレミア」というモデルがあります。これはノーマルのノートに専用のエクステリア&インテリアを採用したメダリストとは異なるテイストで仕上げたモデルです。このモデルにはメーカーオプションで「Touring Package」が設定されているのですが、この足回り関係はNISMOと同じセッティングになっています。つまり「NISMOの走りが欲しいけどデザインは少し大人テイスト」を希望する人にはドンピシャです。

      気になる燃費も高速、一般道それぞれ約200kmづつ走って21.4km/Lと走りを考えるとまずは満足できる数値です。今後は先進安全装備のさらなる充実やシステムの進化なども期待したいところですが、現状でも新しい運転感覚を持つクルマとして十分オススメできます。
      参考になった 78人
      2017年5月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 4
      価格 3
    • 発売してすぐに購入しました。
      走りは大満足です。買ってから【インテリア】に不満がつのります。
      @ドリンクホルダーが両サイドに無い。また中央も出っ張りがありペットボトルが置きずらい、取りずらい。(シフトレバーとエアコン操作部分)
      A後部座席を倒してもフラットにならない。
      Bマップライトが昔の軽自動車みたいでショボい!暗い!(ホンダ車と比較)
      Cエンジンスタートボタンが左側にありはハンドルで見えずらい!メーター類が見にくい!
      ※インテリア、内装はマーチやジュークの物と共通で古い感じです。
      D小物入が浅いのでたくさん入らない。
      ※充電中のエンジン音が小型発電機みたいでうるさい!!
    • 日産レンタカーでノートEパワーを24時間ほど借り乗りました。以下の事から購入前にレンタカーを借りて、一定時間以上の試乗を勧めます。
      私の場合は乗って20分もしないうちに、両足に変な感じというか違和感が生じました。2時間くらい乗ったら両手も足ほどではないけど、同じような違和感を感じる。どういう感じかというと、フワッとした感じで軽くシビレたような、言葉で伝えるのが難しいが、これと似たような経験をかつてしたことがあったので言えば、健康治療器の電気椅子に乗った感じを桁違いにパワーアップしたというところか。私はカローラ・アクシオなどハイブリッド車も何回か乗ったことはあるが、とくに異変は感じなかったが、
      続きを読む ノートEパワーは直ぐに体に異変を感じだ。借りて4日〜5日経った今も足や体に異変が残ったままです。学校の勉強を思い出し考えてみれば、人体は微弱な電気で繋がった分子が集積され構成されたもの。強い電気による磁力を受けたら、どうなるかハッキリしない。それが良い影響ならいいが、逆なら大変である。日本は電磁波に無頓着というより目を背け逃げてる。私は体に異常が起きたので、これから電気自動車もハイブリッド車も乗らないことにする。たとえ田舎の貸し切り列車でも電車に乗ると気分が悪く嫌いなのは、電磁波のせいだったのかもしれない。目に見えない電磁波で確かな証拠を提示できないし、人によっては私が言ってる事が神経質過ぎる被害妄想だと思われるでしょうが、この件を取り上げるか打ち捨てるかは各自に任せる。

      一般的なレビューは他の人に譲るが簡単に。
      チープな見た目から想像もできないが、とてもパワーがある車です。意外だったのは、見た目のチープさから心配した足回りは動力性能に合わせた固めでカチィと付いてくる、しっかりした物だったのに驚いた。コンパネ中央のピアノブラック・プラスチック素材は、光を反射して落ち着かず安っぽく、この車に限らず全ての車に合わない。凝った?シフトレバーは使い難いことこの上ない。私が知る限りで一番使い難いシフトレバーで、他がどんなに良くても、このシフトレバーなら車を買わないくらい最後まで慣れなかった。ギアチェンジはブレーキをしっかり踏まないと出来ない、つまり走行中にDからBへシフトダウンなどはできない。走行中は走行モードセレクトしか変更できない。これをエコモードにすると、オートブレーキが作動するアクセルだけのワンペダル運転を実際に乗って理解した。借りる前にレンタカー係員が説明してたが、ワンペダル?なんのことで理解できなかった。しっかりブレーキを踏まないとDにも入らないので、使いにくいシフトレバーと重なって、電車待ちなどでPに入れてたのを、さあ発進でサッサとDに入れようとすると入らない事が何回もあり焦って危険だった。シフトレバーとシフトチェンジは他の車と同じようにしないと運転がし難くてしょうがないので早急の修正要。運転席前のメーターの光の色、というか光の波長が眩しく感じて目がとても疲れた。明るさを調節し1番暗くしても不快な色というか光の波長である。メーター内のシフトポジション表示が小さ過ぎるし、表示場所も良くなく、老眼が始まった世代以上は大変見え難く、実際ほとんど見えずに使えない。トヨタと日産の違いは人間工学、運転がし易いか、人に優しいか、の違いです。やればできる日産はできるとおもうし頑張ってもらいたい。

      追記
      もう既に言われてるでしょうが、レシプロエンジンのようなブロロオォォォーという運転していて爽快感がまったくありません。
      ですので楽しくないし、はっきりいって気持ち良くないというより悪い。慣れれば違うのかもしれないが、味がしない異質な物を食べてる感じで不味いと体が言ってる。日本人の感覚で言えば、レシプロが白飯なら、ノートEパワーや、おそらく電気自動車の多くは食パンを食べてる感じに近いかも。燃費は冬でしたが20km以上は軽く超えて大変よいです。動力に合わせサスが固めでしっかりしてるから安い車に多いフワフワフニャフニャもなく、ハンドリングに癖もなくしっかり走る。悪点を目をつぶれば良い車です。
      だからこそ、良い点も、電磁波など忘れがちな悪い点も、如実に併せ持ったノートEパワーは、電気自動車の 酸いも甘いも、良いことも問題も気づかせてくれたので大変勉強になり感謝してる。当分はハイブリッド車を含めた電気自動車は乗らないし買わないだろうが、今後の発展に期待する。
    • 【エクステリア】
      Bセグメントクラスの車なので、高級な感じはありません。
      見た目は好みがあると思いますが、他の国産コンパクトカーと比較すると比較的スタイリッシュなのではないでしょうか。
      「リーフ」と比較すると、見た目の格好良さは完全に「リーフ」の勝ちかなぁと感じました。


      【インテリア】
      車内は広いです。
      他の国産コンパクトカーとの比較してももちろん広いですが、SUV、「リーフ」や「カローラスポーツ」などのCセグメントクラスの車と比較しても同程度か、むしろ「ノート」の方が広くなっています。後部座席も広めです。
      ラゲッジスペースも比較的広いですが、後部座席を倒した際にフラット
      続きを読む にならないのは気になりました。

      ただ、運転席(インパネ)周りの安っぽさはかなり気になりました。
      Bセグメントクラスの車なので仕方ない気もしますが、他の国産コンパクトカーと比較しても安めな内装であることは否めません。


      【エンジン性能】
      加速性能は素晴らしいです。
      他の国産コンパクトカーと比較すると、1・2を争う加速性能だと思います。
      「リーフ」の方がパワーはありますが、時速100km程度までならそこまでの差はなく、車両重量が軽いためパワーも十分です。

      「e-POWER Drive」の「Sモード」にすると加速性能が上がるというよりは、減速力が上がる感じでした。
      ブレーキいらずのワンペダル操作ができるため非常に便利です。
      減速力は「リーフ」と比較するとそこまでないため、逆に扱いやすいかなぁという印象を受けました。
      ※「リーフ」の減速力は凄まじいため、慣れるのに時間がかかりそうなイメージです。


      【走行性能】
      特別優れているわけではないと感じましたが、普通に走る分には全く問題ありません。


      【乗り心地】
      特別優れているわけではありませんが、逆に特別乗り心地が悪いという印象もありませんでした。
      期待していなかった分、思ったより普通だなぁと感じました。
      当然ですが、「カローラスポーツ」などのCセグメントクラスの車、「CR-V」などのミドルサイズSUVと比較すると、乗り心地は悪いです。
      その分安くなっているので、仕方ないと思います。


      【燃費】
      実燃費で19.5km/L前後です。
      ライバルのトヨタ「アクア」やホンダ「フィット」のハイブリッドモデルは23.0km/L前後なので、比べると若干劣っていますね。
      ※使用環境により異なると思います。


      【価格】
      国産コンパクトカーで、同レベルの装備にして比較すると、20万円程度高くなる印象です。
      前述の通り、実燃費(維持費)でもトヨタ「アクア」やホンダ「フィット」のハイブリッドモデル、マツダ「デミオ」のディーゼルモデルと比較すると若干劣っているので、良い装備で安くしたいということであれば、「ノート」は少し不利ですね。


      【総評】
      「ノート」はスムーズな加速性能と安全性能の高さが素晴らしいです。
      安全装備は、国産コンパクトカーの中だとマツダ「デミオ」が最も充実していますが、次いで充実しています。

      燃費性能は、他の国産コンパクトカーと比較すると若干劣っているものの、比較的優れているため、
      あとは"運転席(インパネ)周りの安っぽさ"が許容範囲かどうかで、買いかどうか決まってくると思います。

      「リーフ」と比較すると、もちろんほとんどにおいて「リーフ」の方が優れていますが、「ノート」は価格の安さだけでなく、バッテリーの持ちや劣化、充電時間、充電器設置箇所などを気にする必要がないので、「ノート」を選択する方が無難だという考え方はあると思います。

      ※安全装備、その他項目の比較は、以下のサイトを参考にしました。
      ・ノート、アクア、フィット
      https://bluesky-sheep.com/note-aqua-fit-2018
      ・リーフ、ノート
      https://bluesky-sheep.com/leaf-note-2019

    ノート e-POWER 2016年モデルのクチコミ

    (5487件 / 249スレッド)
      • ナイスクチコミ724
      • 返信数158
      • 2019年2月22日 更新
      試乗してみたが、e-powerの単純技術を凄い技術の様にCMする技は凄い。ワンペダルで操作で運転出来るって言うけど、実際には回生コントロールを人間に頼ってしようとしているだけ。さすがCM技術の日産。
      それでもかなりの一般人が騙される程のCM技術は自動車業界日本一。
      実際に日産を買った事も有るが、他国産メーカーに比べ異様に故障率が高いのも、比べてみるとよく分かる。
      一般車は
      続きを読むコストカットしてゴーンの財産になって、本当に技術の日産なのはGTRだけなのに早く気がついた方が良い。
      ゴーン追放で、本当の技術の日産に変わる事を期待したい。
      • ナイスクチコミ8
      • 返信数8
      • 2019年2月22日 更新
      今日なんとなく思ったのですがタイヤの減り方とブレーキパットは他社を含めて普通のガソリン車より消耗品の減り方が少ないですか?
      • ナイスクチコミ17
      • 返信数8
      • 2019年2月17日 更新
      私は、エコモードで主に片道12km位の出勤で使ってます。岩手県なので冬場はかなり冷えます。
      通常26km/l
      夏場21km/lエアコンケチりながらです
      冬場16km/lエアコン25度設定
      高速23km/l平均速度110km位
      でした。
      燃費良くなるコツとかもあれば情報欲しいです。

    ノート e-POWERの中古車

    ノート e-POWERの中古車相場表を見る

    ノート e-POWERとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止