日産 ノート e-POWER 2016年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

ノート e-POWER 2016年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
S2018年7月5日/マイナーチェンジ190万円

-

  FF 5人 37.2km/L 1,198cc 1,190kg 109ps
X2018年7月5日/マイナーチェンジ202万円 82〜216万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,220kg 109ps
X ブラックアロー2018年7月5日/マイナーチェンジ211万円 149〜212万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,220kg 109ps
X FOUR2018年7月5日/マイナーチェンジ223万円 213〜227万円   4WD 5人 28.8km/L 1,198cc 1,300kg 114ps
X シーギア2018年12月10日/特別仕様車225万円

-

  FF 5人   1,198cc 1,230kg 79ps
X シーギア リミテッド2018年12月10日/特別仕様車227万円

-

  FF 5人   1,198cc 1,230kg 79ps
X FOUR ブラックアロー2018年7月5日/マイナーチェンジ233万円 240.3万円   4WD 5人 28.8km/L 1,198cc 1,300kg 114ps
X シーギア ツーリングパッケージ2018年12月10日/特別仕様車234万円

-

  FF 5人   1,198cc 1,230kg 79ps
X シーギア リミテッド ツーリングパッケージ2018年12月10日/特別仕様車235万円

-

  FF 5人   1,198cc 1,250kg 79ps
X FOUR シーギア2018年12月10日/特別仕様車247万円

-

  4WD 5人   1,198cc 1,310kg 79ps
X FOUR シーギア2018年7月5日/特別仕様車247万円

-

  4WD 5人   1,198cc 1,310kg 79ps
X FOUR シーギア リミテッド2018年12月10日/特別仕様車248万円

-

  4WD 5人   1,198cc 1,310kg 79ps
MEDALIST2018年7月5日/マイナーチェンジ235万円 88〜239万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,230kg 109ps
MEDALIST ブラックアロー2018年7月5日/マイナーチェンジ242万円 152〜219万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,230kg 109ps
MEDALIST X FOUR2018年7月5日/マイナーチェンジ256万円 195〜258万円   4WD 5人 28.8km/L 1,198cc 1,310kg 114ps
MEDALIST X FOUR ブラックアロー2018年7月5日/マイナーチェンジ264万円 236〜254万円   4WD 5人 28.8km/L 1,198cc 1,310kg 114ps
NISMO S2018年9月25日/マイナーチェンジ267万円

-

  FF 5人   1,198cc 1,250kg 83ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
S2017年9月1日/マイナーチェンジ

190万円

-

  FF 5人 37.2km/L 1,198cc 1,170kg 109ps
S2016年11月2日/ニューモデル

177万円

-

  FF 5人 37.2km/L 1,198cc 1,170kg 109ps
X2017年9月1日/マイナーチェンジ

196万円

82〜216万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,210kg 109ps
X2016年11月2日/ニューモデル

195万円

82〜216万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,210kg 109ps
X シーギア2018年7月5日/特別仕様車

225万円

-

  FF 5人   1,198cc 1,230kg 79ps
X シーギア ツーリングパッケージ2018年7月5日/特別仕様車

234万円

-

  FF 5人   1,198cc 1,250kg 79ps
X ブラックアロー2017年9月1日/マイナーチェンジ

209万円

149〜212万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,210kg 109ps
X モード・プレミア2017年9月1日/マイナーチェンジ

221万円

137〜218万円   FF 5人   1,198cc 1,230kg 79ps
X モード・プレミア2016年12月12日/ニューモデル

220万円

137〜218万円   FF 5人   1,198cc 1,230kg 79ps
シーギア2017年10月30日/特別仕様車

223万円

162〜218万円   FF 5人   1,198cc 1,230kg 79ps
MEDALIST2017年9月1日/マイナーチェンジ

232万円

88〜239万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,220kg 109ps
MEDALIST2016年11月2日/ニューモデル

224万円

88〜239万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,220kg 109ps
MEDALIST ブラックアロー2017年9月1日/マイナーチェンジ

240万円

152〜219万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,220kg 109ps
NISMO2017年10月17日/マイナーチェンジ

246万円

155〜259万円   FF 5人   1,198cc 1,250kg 79ps
NISMO2016年12月12日/マイナーチェンジ

245万円

155〜259万円   FF 5人   1,198cc 1,250kg 79ps

ノート e-POWER 2016年モデルのレビュー・評価

(169件)

ノート e-POWER 2016年モデルの満足度

3.98

(カテゴリ平均:4.31)

    ノート e-POWER 2016年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • ノート e-POWER 2016年モデル NISMO 2016年11月に新しいコンセプトである「e-POWER」を搭載し、販売も絶好調の日産ノート、その中でも翌12月に追加発売したスポーティな「ノートe-POWER NISMO」に試乗しました。

      今回の大幅改良前からモータースポーツブランドであるNISMOのチューニングによる「ノートNISMO」はラインナップされていましたが、今回e-POWER仕様を含め、1.2L&CVT仕様のNISMO、1.6L&5MT仕様のNISMO Sの3タイプのモデル構成にすることで同ブランドを高めようという戦略もあります。

      今回、このモデルをあえて選んだのはノーマルのノートe-POWER車では味わえないハンド
      続きを読む リング性能があったからです。

      このクルマは日産の関連会社である「オーテックジャパン」が手がけています。これまでも「ライダー」シリーズなどのカスタムカーや「ライフケアビーグル」に代表される福祉車両など幅広い領域のクルマを世に送り出しています。

      その同社がこれまでに培ったノウハウなどをつぎ込み内外装はもちろん、足回りやボディを含めた走りの部分へのこだわりが詰まったモデルに仕上がっています。

      エクステリア&インテリアは写真を見れば一目瞭然です。専用のフロント&リアバンパーやエキゾーストテールエンドなど停止状態からでも走りに対する期待が高まる仕様になっています。インテリアに関してもステアリングホイールやメーター類も専用設計、今回はメーカーオプションのレカロシートが装着されていましたが、標準状態でもスエード調のスポーツシートやアルミ製のスポーツペダルが装着されています。

      そしてポイントは走りの部分のチューニングにあります。オーテックジャパンが得意とするボディ補強、パワステの専用チューン、足回りではNISMO Sと共通となるフロントの強化スタビライザーや専用サスペンションなど多岐にわたります。

      そして個人的にはVCM(Vehicle Control Module)に注目しています。すでに電気自動車であるリーフ(エアロスタイル)にもこの手法は採用されており、いわゆるコンピュータチューニングを行うことでe-POWERが持つ3つのモードのうち「NORMAL」「S」の2つにおいてよりスポーティな走りを可能にしているわけです。

      その違いは高速道路などでの走りで一目瞭然です。その前にe-Power車のセールスポイントの中に「ワンペダルで発進から減速まで行える」があります。ECOモードとSモードのふたつがアクセルオフで強い減速力を発生します。これが日産でいう「e-POWER Drive」に該当するわけですが、特に市街地ではECOモードによる走りが有効だと感じました。正直、最初はこの感覚を掴むのに戸惑いましたが少し走ると慣れも出てきますし、最終的には自分でブレーキを踏んで停まるにせよ、渋滞などでは頻繁なペダルの踏み替えが減る、などメリットも感じます。

      一方、高速走行ではECOモードよりノーマルモードが気に入りました。アクセル操作に関してやや敏感な部分もありますが、こちらも慣れの問題、モーター駆動ならではのどこまでもスムーズな加速により追い越しなども非常にスムーズ、いやかなりスポーティ、この部分も前述したVCMのチューニングが大きいと感じました。

      足回りに関しても当初はガチガチではないかという勝手な?イメージを持っていましたが、実際は専用ダンパーやベストセッティングとして選んだ「ヨコハマDNA S.drive」による部分は大きく、路面からのショックもうまく吸収していますし、高速域での直進安定性はハイレベルで手応えもしっかりしています。ノーマルのe-POWER車と比べるとここが一番顕著に表れる部分だと感じました。

      さて、このノートNISMO e-POWERはどんな人にオススメなのでしょうか。まずNISMOに代表されるスポーティブランドが欲しい人は当然ですが、私としてはこのクルマを購入する際「高速道路を走る機会が多い」のであればぜひオススメします。逆に市街地中心の走行であればノーマルのノートe-POWERでも十分です。売れ筋のe-POWER Xグレードとの価格差は約50万円あります。もちろんここには多くの装備差があるわけですが、そのハンドリングや所有する歓び、さらに将来の売却時のリセールバリューも考えるとNISMO e-POWERはかなり魅力的な選択です。

      それでも「このデザインはちょっと恥ずかしい」と思う方がいるかもしれません。実はオーテックがリリースしているカスタムカーの中に「ノートe-POWER モード・プレミア」というモデルがあります。これはノーマルのノートに専用のエクステリア&インテリアを採用したメダリストとは異なるテイストで仕上げたモデルです。このモデルにはメーカーオプションで「Touring Package」が設定されているのですが、この足回り関係はNISMOと同じセッティングになっています。つまり「NISMOの走りが欲しいけどデザインは少し大人テイスト」を希望する人にはドンピシャです。

      気になる燃費も高速、一般道それぞれ約200kmづつ走って21.4km/Lと走りを考えるとまずは満足できる数値です。今後は先進安全装備のさらなる充実やシステムの進化なども期待したいところですが、現状でも新しい運転感覚を持つクルマとして十分オススメできます。
      参考になった 78人
      2017年5月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 4
      価格 3
    • e-POWER nismo sを購入し、1カ月経ちました。
      採点ではエンジン性能に星5をつけていますが、評価基準にトルクや
      パワー、滑らかさ、技術と書かれているので、星5をつけています。
      (発電機エンジンとしては星3です)
      エクステリアやインテリア、乗り心地の評価は高いですが、Xモデルでは星3を
      つけていたと思います。(そのかわり価格は星5をつけます)
      フィットハイブリッドやプリウスを試乗しましたが、POWモードでも停止状態から
      時速50kmまでの加速が正直だるかったです。
      ましてや、プリウスのエコモードは渋滞気味の右折時、後ろの車が怒り出さないか
      心配なくらいです。(エコモ
      続きを読む ードは後続車にとってはエゴモード??)
      その点、この車の燃費は程良く、動力性能は感動ものです。
      (燃費9km/リットルくらいの車を乗っている感覚なのに、燃費が良いとは魔法のようです。)
      息継ぎなくグングン加速するのを体感すればほかの車に乗れない気がします。
      室内灯が暗いと他の人のレビューにありましたが、その通りだと思います。
      ただ、Amazonで3千円程度で簡単に自分でLED交換でき、ネガティブな
      意見ではないと思います。
      リーフが現在の性能で120万安ければリーフにしますが・・・、まだまだ先ですよね。
    • レンタカーを6時間借りて200Kmばかり走ってみました。走行距離をみると600Kmくらいでした。
      加速、乗り心地、スタイル等に不満はありません。ただ、上り坂道でエンジンがパタパタと異音を発しました。アクセルをちょっと緩めると音がしなくなるのでエンジンに過負荷が掛かっていると感じました。
      せっかくいい車」を作られたのにもったいない感じがします。
      エンジンを駆動系に使用していないので、フライホイールをつけてエンジンの回転を安定されたらいいと思います。
      矢沢永吉が好きなので、購入したかったのですが残念です。
    • レクサスIS250Fスポーツから乗り換え、10日間、700km程走りましたので、比較しながらコメントしたいと思います。
      【エクステリア】
      ちょっと歳を考えると恥ずかしいデザインですが、大いに気に入っています。
      【インテリア】
      レクサスに比べれば落ちますが、このランクの車であれば全く不満はありません。
      【エンジン性能】
      レクサスに比べて、ひと回り力強さが違います。アクセスレスポンスの良さは比較になりません。アクセルを踏み込むのは怖いくらいです。
      【走行性能】
      ステアリングの切れはFFですので、思ったより大回りするのは仕方ありません。ただサイズが小さいので取り回しは楽です。峠道を走
      続きを読む るのは本当に楽しいです。また市街地でも、ワンペダル走行をすれば渋滞とか全く苦になりません。燃料もほとんど食いませんし。
      【乗り心地】
      適度に締まった足回りはレクサス同様気に入ってます。
      【燃費】
      エコモードを使わなくても20Ikm/lは十分でしょう。
      【価格】
      こんなに楽しい車がレクサスより200万円程安く買えるのはありがたいです。
      【総評】
      運転を楽しむために車を選ぶなら、この車は最高です。この車で生涯20台目ですが、もう打ち止めにしても良いと思っています。

    ノート e-POWER 2016年モデルのクチコミ

    (5657件 / 258スレッド)
      • ナイスクチコミ6
      • 返信数12
      • 2019年3月21日 更新
      ヤフオクのハイブリッドモニター付けている人います
      不具合有りませんか?
      • ナイスクチコミ20
      • 返信数11
      • 2019年3月20日 更新
      みなさん後部座席の座り心地ちょっとでも、
      マシにするために何か工夫されてますか?
      後部座席しんどいなぁとか家族、同乗者の方に
      いわれないですか?!
      初代ノートのほうがマシな感じがしたのは気のせいかなぁ(・_・;)

      行きの運転は俺がして。
      帰りは嫁が運転。
      やはり後ろは苦です^^;

      ちょい乗りにはほんまに最高な車ですが♪
      30分以上は運転したいとは思いま
      続きを読むせんし
      高速道路なんかは走りたいとは思いませんが^^;
      • ナイスクチコミ29
      • 返信数16
      • 2019年3月20日 更新
      昨年12月末頃にニスモe-powerを納車しました。 走行モードは色々試してノーマルのBレンジが私にはベストで、何時もこの設定で走っています。 燃費もアベレージで21.3と大満足ですが、色々読んでみてもBレンジで走っている方が少ないようですが何か問題があるのでしょうか。

    ノート e-POWERの中古車

    ノート e-POWERの中古車相場表を見る

    ノート e-POWERとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止