スバル スバル XV 2017年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

スバル XV 2017年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
1.6i EyeSight2018年10月19日/マイナーチェンジ213万円 205〜259万円   4WD 5人 16.2km/L 1,599cc 1,410kg 116ps
1.6i-L EyeSight2018年10月19日/マイナーチェンジ226万円 179〜255万円   4WD 5人 16.2km/L 1,599cc 1,410kg 116ps
2.0i-L EyeSight2018年10月19日/マイナーチェンジ250万円 208〜275万円   4WD 5人 16.4km/L 1,995cc 1,420kg 154ps
2.0i-S EyeSight2018年10月19日/マイナーチェンジ270万円 196〜298万円   4WD 5人 16.0km/L 1,995cc 1,440kg 154ps
2.0 e-BOXER Advance2018年10月19日/マイナーチェンジ282万円

-

  4WD 5人 19.2km/L 1,995cc 1,550kg 159ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
1.6i EyeSight2017年5月24日/フルモデルチェンジ

213万円

205〜259万円   4WD 5人 16.2km/L 1,599cc 1,410kg 116ps
1.6i-L EyeSight2017年5月24日/フルモデルチェンジ

224万円

179〜255万円   4WD 5人 16.2km/L 1,599cc 1,410kg 116ps
2.0i-L EyeSight2017年5月24日/フルモデルチェンジ

248万円

208〜275万円   4WD 5人 16.4km/L 1,995cc 1,420kg 154ps
2.0i-S EyeSight2017年5月24日/フルモデルチェンジ

267万円

196〜298万円   4WD 5人 16.0km/L 1,995cc 1,440kg 154ps

スバル XV 2017年モデルのレビュー・評価

(130件)

スバル XV 2017年モデルの満足度

4.39

(カテゴリ平均:4.31)

    スバル XV 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • スバル XV 2017年モデル 2.0i-S EyeSight 「名前以外は全て新しい」。いきなりですが、このキャッチコピーは某国産メーカーで大ヒットしたモデルのもの。

      「他メーカーのコピー出してどうすんだよ」と思わずツッコミが入りそうですが、約5年ぶりにフルモデルチェンジを行ったSUBARU XVの最上位グレード(取材時:理由は後ほど)である「2.0i-S EyeSight」に試乗すると、ひしひしとその進化を感じるのです。

      XVは元々、先々代のインプレッサをベースにSUVテイストを加えたモデル。初代となるGH型は車高もインプレッサと同じで正直「なんちゃって感」もありましたが、2代目(GP型)からは最低地上高のアップや専用エクステリアなどを採用
      続きを読む することで一気にヒットモデルの仲間入りを果たしました。

      3代目(GT型)は2018年4月に登場、社名が株式会社SUBARUに変わってからの最初の記念すべきモデルでもあります。

      少々話は脱線しましたが、XVの魅力はそのボディサイズにあります。都市部でも扱いやすく、それでいて高速走行時の安定性、さらにSUVに求められる乗員&荷室の広さや使い勝手なども非常にバランスが良いのが特徴です。

      基本的な考えとしてはヒットした2代目のコンセプトを継承し、ブラッシュアップしたものと考えて良いでしょう。

      搭載するパワートレーンは2.0&1.6Lの水平対向4気筒DOHCにリニアトロニック(CVT)を組み合わせたもの。2L車のみエンジンに直噴機構が搭載されます。

      まずXVの良さは乗り込む瞬間にわかります。最低地上高が上がっていることで当然シートポジションも高くなります。スッとお尻を落とした位置にシートがある・・・こんな感じでしょうか。日々乗り降りするクルマゆえに、この感覚はとても楽に感じるものです。個人的には腰痛持ちで背が低いこともあり、地面からシートまでが低いクルマだと腰をかがめて乗るようなスタイル、一方大型のSUVなどでは「よっこらしょ」と乗り込む感じはそれなりに身体へ負担がかかります。その点でもXVの乗降性は高得点が与えられるものなのです。

      インテリアは基本インプレッサと共通で細部の質感を微妙に変化させている点で多少ではありますが差別化を図っています。

      またいつも感じるのがSUBARU車の「おもてなし感」言い換えれば装備の充実ぶりには感心します。最上級グレードということもありますが、運転席&助手席の8ウェイパワーシートと両席シートヒーターが装着されています。これらは最上位グレードのみ標準装備ですが、1.6L車の“Lグレード”などでもオプションで「ブラックレザーセレクション」を選べば装着することができます。

      もちろんその分、出費は増えるわけですが、このクラスのクルマの中にはパワーシートやシートヒーターも「運転席だけ」というモデルは少なくありません。その点、SUBARUは「標準または選択の自由」を残してくれている点でも選ぶ価値は十分にあります。

      肝心の走りの方ですが、そのフィーリングは新たに採用されたSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)による部分が大きいと感じました。最近のクルマの特徴にシャシーやプラットフォームを最適化することで走りの質感を向上させる。メーカーによっては“体幹”という表現を使うケースもありますが、SGPを採用したXVはとにかくサスペンションがスムーズに動きます。同時にボディがロールした時なども不可解(余分)な動きがうまく抑制されることで加減速、またはコーナーに侵入から脱出するまでの動きに一体感があることは誰が乗ってもわかるほどハッキリしたレベルに仕上げています。

      また今回とは別の機会に雪道、特に滑りやすい坂道(ほとんど泥濘地)を試乗しましたが、新搭載の「X-MODE」の効果は絶大です。もちろん限界はありますが、モードオフ時では登坂できなかった路面もオン状態でスルスルと登れますし、下り坂ではヒルディセントコントロールのおかげで安心して降りることができた点も追記しておきます。

      一方で少し気になるのがCVTの制御です。現行インプレッサが登場した際も前述したSGPの良さなどは十分感じることができましたが、CVTに関しては(特に)フル加速時における独特の「回転は上がるけど車速が気持ちにシンクロしない」感覚はもう少し煮詰めて欲しいところです。正直に言えば、SUBARUは将来CVTをやめてコンベンショナルな多段式ATに戻してほしいのです。燃費&環境性能はもちろん大事ですが、マツダがCVTではなく6ATを採用することで走りの良さをアピールしたようにSUBARU車にもレスポンスに優れた多段式ATの復活を期待したいのです。

      さて、最後にADAS(先進安全装備)の領域ですが、やはりアイサイト(Ver.3)が標準装備されている点は安全面での大きなアドバンテージになります。事故は起きない方がいいに決まっていますが、普段使いでもACC(アダプティブクルーズコントロール)は全車速対応の追従機能付きなので渋滞時などでのストレスは大幅に解消されます。

      また最近特に注目が集まっている「車両後退時」や「車線変更時」における事故を未然に予防する警戒支援システム、SUBARUでは「スバルリアビーグルディテクション」として設定していますが、これを含む「アドバンスドセイフティパッケージ」はメーカーオプションとして絶対装着をオススメします。

      最後にこの原稿を書いている間にXVにも新型フォレスター同様、「e-BOXER(いわゆるマイルドハイブリッド)搭載モデル」が追加されることが発表されています。価格差はまだ見えてきませんが、もしXVを真剣に購入しようというのであれば、これが搭載する「Advance」を見てからでも遅くないと思います。
      参考になった 42人
      2018年9月30日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 3
      エンジン 3
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 3
      価格 4

    • 【インテリア】
      プラスチックが軽量化のためかキズがつきやすく安っぽいです。

      【エンジン性能】
      良く走るしマイルドな加速感です。エンジン音はほぼ聞こえません(フォレより静か)

      【走行性能】
      なにしろスムースな走りです、この車はCVTがマッチングしています。

      【乗り心地】
      かなり良い印象をうけます、疲れません。

      【燃費】
      給油していないので実燃費はわかりませんが14.5kmと表示されています。

      【価格】
      CH-Rやベセルと比較したのですがCH-Rは値引き額でOUT
      ベセルとは質感と乗ったフィーリングでXVに決定。

      【総評】
      気に入っていますの
      続きを読む で楽しいですね。
    • 【エクステリア】
      意外と外装のデコボコが多く、洗車する時大変です。
      リヤのデザインは旧型の方が好みです。

      【インテリア】
      Advanceなので、ブルー内装とブラック内装を選べますが、シルバー外装のためブラック内装の方かしっくりくるのでブラック内装を選びました。
      しかし、レザーシートを選べないのは不満です。
      それ以外はほぼ満足してます。

      【エンジン性能】
      アイドリングストップからエンジンが掛かる時多少ショックがあります。
      又、試乗車と比べてアイドリングストップ時のショックは無くなりました。3月以降納車の車はプログラム変更がありました。エンストしづらいとのことです。
      続きを読む 、Sモードに切り替えるとスーパーチャージャー付きみたいな走りになります。

      【走行性能】
      今まで乗っていたのが、ただのガソリンエンジンなのでハイブリッドは初めてですが、違和感はあまりありません。
      タコメーターの針が0になってもあまり違和感はないのですが、スタート時だけEVからエンジンが掛かる時の制御が悪く、アクセルの踏み込みが多いと違和感がありましたが慣れました。
      EVでのモーター駆動時間を5秒増やして、エンジンを掛けると違和感が無くなると思います。


      【乗り心地】
      乗り心地はとても良いです。
      足回りは、以前のスバルとは別物です。
      動きも良く、段差のショックも少なくドイツ車に乗っている感覚に近いです。
      ただ、シートのサポート調整がいまだに決まりません。そのため、長時間乗っていると腰が痛くなります。
      【燃費】
      最初なのでまだ分かりませんが
      市内だけ燃費はリッター11キロ台
      市街地燃費はリッター13.5キロ
      長距離燃費はリッター14.5キロ
      高速でエコクルーズでリッター18キロぐらいです。
      期待していなかったので満足しています。

      【価格】
      本体とメーカーオプションは安いかなと思いますが
      それ以外は高すぎです。
      ナビは安いのを選んでも、8インチナビと3万円ぐらいしか差が無くなるほどオプションが必要だったりするので今回はダイヤトーンナビを選びました。
      ドライブレコーダーとエンジンスターターなどで総額380万ぐらいになりました。
      メンテナンスオイル車検パック5年を入れたのですが他のメーカーより高めなのが不満です。


      【総評】
      満足度は高いのですが、EVからエンジンが掛かる制御がイマイチです。
      秋までにリプロがあるようです。
      それが治れば100点をあげたいです。
      燃費も期待してなかったのですが、リッター10キロ走れば良い方だと思っていましたが以外と燃費は良かったです。
      又、スイッチ類が多く覚えるのが大変です。
      シートのポジションメモリー機能と、
      シートヒーターやステアリングヒーターがオプションでも良いので選べれば120点を挙げたいぐらいです。


    • 経年再レビュー

      警告ブザーが時々鳴るが、何の警告か解らない。音声で警告希望。HDDのようなカリカリガリガリ音が聞こえる時が無い?
      見慣れると、小さなボディ???
      この車体車重には、2.0Lエンジンの方が良い。DOHC要らないレッドゾーン回転数。バルブスプリング柔い?
      SW多いが未だに何のswでどう使うのか、解らないの多い。

      フック類が多い。出来れば助手席側にコンビニフック欲しい。
      USBとシガーソケット多くて助かる。

      更にアドベンチャーな人には、ジムニーのような小さなクルマのほうが、アドベンチャー出来る。

      SUVなんで仕方ないのでしょうが、高速道で足が柔らかく法
      続きを読む 定速度内が良さそう。
      まあまあ、良い車です。
      燃費も高速なら良い方だと。AWDガソリン車として。
      水平対向の横揺れは、全く感じません。残念といえば残念。

      -------------------------------------------------------------
      評価感想は、小型車からのステップアップなので評価は個人差有ります。
      今年は暑い夏ですが、エアコンはパワフルです。
      良く効きます。アイドリングストップ時は、送風ですが、暑いとか不快に思うことは有りません。

      燃費ですが、クルコンで高速走行時18km/L付近で走行します。勿論エアコンONで。
      下道のちょい乗りでは10km/L位でしょうか。
      毎日車を使う方には、HV車と比べれば、渋滞時等、気になるかも知れませんね。

      アイサイトですが、守られててる安心感があり満足です。
      XVですが、乗り心地も良く、走行フィーリングも良好で、高速クルコンは疲れ知らずです。
      私の使い方では、満点ですが、ガソリン代は増えました。
      よく曲がる車で、コーナーも速いが、故に超えたときが不安。ややオーバーステア?

      燃費検査不正と言われてますが、遠乗りでの燃費には、満足しています。
      ただ車重は重めで、スポーツカーのような加速はしませんが、落ち着いて乗るには十二分です。

      国産でアイサイト+AWDが320万位です。ここから値引き?
      アイサイトというよりクルコンが優秀です。

      内装の異音は、無しです。試乗のままです。
      ペラペラな薄っぺらい某国産車とは、違う車です。

      純正ナビの音声認識には、少々苦笑いな評価ですしょうか・・・。
      CMで若い女性が乗ってますが、あのデカイ車体とあの操作ボタンの数で選ぶのは、少数派でしょう。

      CR-Vや特にVEZELやCH-Rのデザインがダサイと思うAWD志向な人向けな車かな。

    スバル XV 2017年モデルのクチコミ

    (6719件 / 323スレッド)
      • ナイスクチコミ14
      • 返信数15
      • 2019年7月21日 更新
      XVに限っての話ではないですが、
      ワイパーのレバーを上に上げて一回だけ動かす時なのですが、偶に10センチくらい動いて止まってしまう時があります。
      レバーを下げて間欠にすると止まった事はありません。
      ディーラーにてワイパーのモーターを交換していただきましたが再発してしまったのですが、何か原因は考えられますか?
      • ナイスクチコミ437
      • 返信数36
      • 2019年7月21日 更新
      レボーグは途中でツーリングアシストが標準設定されました。
      新型フォレスターには当初からツーリングアシストが設定されたいます。

      ツーリングアシストを知って、XVのアイサイトVer3では満足できなくなり購入をためらっています。
      販売員さんからはD型で設定されないと多分XVはVer3で終了と言われました。

      そうなるとショーモデルで発表された、黒いマスクのバットマンみた
      続きを読むいなSUVが早く発売されないかなぁと願っています。
      その記事のタイトルはXVでは戦えない。とありました。

      確かに海外老舗ブランドまでSUVを発売する昨今。インプレッサの車高をあげプロテクターでSUVに仕上げたXV。
      ご意見のある方いらっしゃいますでしょうか?
      • ナイスクチコミ5
      • 返信数4
      • 2019年7月21日 更新
      基礎的な質問なのですが、Advanceの場合、i-stop状態からブレーキを離すとエンジンの始動音はするのでしょうか、
      それとも数メートル走ってからエンジンがかかるのでしょうか?

    スバル XVの中古車

    スバル XVの中古車相場表を見る

    スバル XVとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止