日産 ノート e-POWER 2020年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

日産 ノート e-POWER 2020年モデルの新型情報・試乗記・画像

ノート e-POWER 2020年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
S2022年秋/マイナーチェンジ203万円 179〜233万円   FF 5人 34.8km/L 1,198cc 1,220kg 116ps
S FOUR2022年秋/マイナーチェンジ229万円 239.8万円   4WD 5人 28.2km/L 1,198cc 1,340kg  
F2020年12月23日/フルモデルチェンジ205万円

-

  FF 5人 38.2km/L 1,198cc 1,190kg 116ps
X2022年秋/マイナーチェンジ221万円 165〜378万円   FF 5人 34.8km/L 1,198cc 1,220kg 116ps
X FOUR2022年秋/マイナーチェンジ246万円 189〜328万円   4WD 5人 28.2km/L 1,198cc 1,340kg  
X エアリーグレーエディション2021年11月4日/特別仕様車262万円

-

  FF 5人 34.8km/L 1,198cc 1,220kg 116ps
X FOUR エアリーグレーエディション2021年11月4日/特別仕様車288万円

-

  4WD 5人 28.2km/L 1,198cc 1,340kg  
AUTECH2020年12月23日/マイナーチェンジ250万円

-

  FF 5人   1,198cc 1,230kg 116ps
AUTECH CROSSOVER2021年10月7日/フルモデルチェンジ253万円 273〜315万円   FF 5人   1,198cc 1,240kg 82ps
AUTECH FOUR2020年12月23日/マイナーチェンジ276万円 259〜309万円   4WD 5人   1,198cc 1,350kg 116ps
AUTECH CROSSOVER FOUR2021年10月7日/フルモデルチェンジ279万円 229.0万円   4WD 5人   1,198cc 1,360kg 82ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
S2020年12月23日/フルモデルチェンジ

202万円

179〜233万円   FF 5人 34.8km/L 1,198cc 1,220kg 116ps
S FOUR2020年12月23日/フルモデルチェンジ

228万円

239.8万円   4WD 5人 28.2km/L 1,198cc 1,340kg  
X2020年12月23日/フルモデルチェンジ

218万円

165〜378万円   FF 5人 34.8km/L 1,198cc 1,220kg 116ps
X FOUR2020年12月23日/フルモデルチェンジ

244万円

189〜328万円   4WD 5人 28.2km/L 1,198cc 1,340kg  

ノート e-POWER 2020年モデルのレビュー・評価

(98件)

ノート e-POWER 2020年モデルの満足度

4.16

(カテゴリ平均:4.28)

    ノート e-POWER 2020年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • インプレッサgh8の4WDターボからの買い替え
      登録未使用車で購入し
      ディーラーにて登録して新車扱いでの購入になりました
      主に通勤用
      燃費良くなり給油は月1回でガソリン代が月4500円くらいになりました
      インプレッサなら毎月一万円越え
      なのにターボの加速よりモーターの加速の方が速いのに燃費良い

      ノートは色々種類があるが質は良くても燃費がいいわけではないので
      ガソリン高騰やタイヤの毎年のような値上げ、ガソリン補助もいつまでもあるわけではないので燃費と維持費と冬の雪も考えて4WDのSFOURにしました
      冬は除雪が間に合わないくらいに雪が短時間で降り
      朝はアイスバーンの氷の上
      続きを読む での走行みたいになるから
      後輪のモーターが強いこれにしました
      もちろん錆止めの下回り処理もしてもらいました
      そして燃費は以下の通り

      ノートe13 SFOUR
      4WDのタイヤ15インチでアルミホイル

      条件
      同じ道で以前のインプレッサと同じ走行の仕方
      1ヶ月目ガソリン満タン時からエアコン常に使用
      2ヶ月目ガソリン満タン時からエアコン不定期使用
      エコモードでの走行
      ノート
      1ヶ月目で570キロ走行
      ガソリン26L使用
      リッター21キロ
      2ヶ月目でリッター23キロを越えて
      WLTCモード達成
      もう少し走行を気をつければリッター24はいくかなと、航続距離は伸びて750キロくらいから830キロくらいまで伸びました
      ちなみにですが通勤時間はインプレッサの時とほぼ時間は変わらなく無理ない運転での走行
      4WDでこの燃費なら満足です
      目標はリッター24多分25は無理かも

      ただしXFOURで同じように燃費が良くなり航続距離が伸びるかは別なので装備が違うので

      給油ランプは多分残り10L以下になると表示し、電灯しても80キロくらいは走れるのはわかりました

      加速
      出だしはターボでは絶対に出来ないくらいに速い
      回転数上げてターボで加速した時にはもう遅い
      多分ランエボとWRXのガソリンターボでは絶対に出
      来ない加速
      アクセス踏むと静に自然に加速するからストレスな
      く気持ちいい、MT車だったら絶対にエンストして
      るし加速するスピードが速い
      スポーツ車乗ってた方から言えば認めたくないが
      認めないといけないくらいに加速は良い
      ターボで加速する時間よりモーターの加速が速いか
      ら気をつけないと思いました
      多分燃費や加速はSFOURが良いかと

      以前の車にクルーズコントロールが付いてたが使わなかったのでいらないからこのグレードにしました

      外見は車高の高さはあり、車高が高いから冬でも安心だなと思いました
      ヘッドライトのLEDは明るくオートライトがこれは便利で使える
      いちいちつけたり消したりなく、無駄にデイライトつける事とかないから良いし安全
      LEDは虫を寄せ付けないから良い

      車内は質が良く内装がヤスリクロスのような安っぽさがないから良い
      ヤスリクロスも考えたが内装やシートが残念なくらいに残念でいかにも安っぽさ目立つからやめました
      スピーカーが見えるデザインなのもまた良い

      ストラーダの10インチのナビも対応してたから良かった
      多少XFOURと装備に違いはあるが確実に燃費重視なのでこれで満足です

      本来新車で違う車を購入するつもりでしたが納車が長いのとかあり色々探してたら大手中古車販売店で登録未使用車での売れ残りがあり30万円分のオプションがついていながら売れてなくかなり安くなってたから思いきって購入しました
      中古車販売店で購入しましたが車は新車です
      中古車販売店でも登録未使用車とは言えかなり限界の金額で買い取りしたらしく安くなってたんだと思います

      色とオプションが合いました
      色は特別色のピュアホワイトパール
      個人的にはノートに合う色はこれが一番でした
      そしてこの色の良いのは事故にあいにくい色も白で
      しかも煽られにくいのも白
      おかけで煽られる事がなくなりました

      夏は白が断然良かったです、光を反射するから暑くなりにくくエアコンの効きが良かったし前の車は青でしたがそれでも炎天下のエンジンかける前の車内の温度差に違いはありました

      それと車を売却したさいに買い取り価格が高いのも白
      前に車種は違うが新車で白の車を購入して数年乗って売却した時に買い取り価格が高く売れた経験からこの色にしました
      買い取り店でも4WDの白は高めに売れると教えてくれてたので白にしました

      そして新型ノートe134WDの情報は少なく特に加速や燃費とかの情報が少なかったために参考にもなれば

      ノートは色々ランクにより質が違いがありますが燃費を見るならSFOURでした
      維持費と乗り心地を考えてタイヤは純正の15インチで正解でした
      鉄ホイルでは不満だったのでアルミに交換して乗ってますが16インチと比べるとやはり燃費にも乗り心地にも差があり段差なんかのショックなんかがかなり和らいだしロードノイズも軽減されかなり快適になりました

      インプレッサgh8の4WDターボからの乗り換えで加速はやはりモーターが強く少なくてもガソリンターボの加速は越えました
      チューニングしたエボ3にも乗ってましたがノートは怖いくらいに速く加速が良いからMT車やAT車のガソリンエンジンでの4WDターボの時代は終わったなと感じました
      出だしはターボだと回転数上がらないとターボきかないがモーターはそれとは違いスピード上がるのが速いからこれはモーターでないと味わえない気持ちいい加速
      ターボ車よりも速いから最初は怖くてアクセスを踏めませんでした

      維持費とか考えるとタイヤも15と16インチではかなり金額がちがく純正で15インチサイズがSFOURだけで、シートやサスペンスだけでなくタイヤでも乗り心地は変わるので全てをみてこれに満足してます
      フィットは始めら論外だしトヨタは燃費は良いが車の質は種類によりバラつきがあるために
      個人的には一番バランスがとれてるのはノートかなと感じました
    • XグレードFF車
      主に前車プレミオと比較して

      【エクステリア】
      SUVっぽい見た目がカッコいい
      人によってフロントの格子の好き嫌いが分かれる

      【インテリア】
      近未来的なデザイン
      前席のドリンクホルダーの設計は秀逸。ドリンクとスマホを同時に収納しつつエアコンの風で冷却できる
      ドアのポケットはいろいろと有用。ドリンクホルダー部は現在消火器置き場に。
      後部座席のリクライニングは角度は小さくても乗り心地改善に効果的
      特定の角度の日光で計器などの表示が見にくくなる
      Aピラーは致命的ではないけれども死角ができる
      光沢のあるブラックは高級感がある反面、汚れが目立つ
      シートと
      続きを読む の相性があるのか、時間とともに運転・同乗者ともに腰と背中が痛くなる
      シートレイアウトの自由度と完成度がFITに比べて低い
      センターパネルの下段はティッシュ置き場として有用だが、
      上段が高くなるため少し邪魔
      ワイヤレス給電はスマホが横滑りしやすくて給電エリアから外れる、
      短時間で高温になって充電が止まる、冷却ファンを取り付ける空間的余裕がない。

      【エンジン性能】
      基本的に非常に静か
      新東名で時速120qだと騒がしくなるが、路面からのノイズの方が大きい

      【走行性能】
      力強くもコントロールしやすい加減速
      ステアリングややはピーキー?
      プロパイロットの速度設定が時速135qまで対応しているので新東名高速道路でも走りやすい

      【乗り心地】
      加速が非常に力強い
      プロパイロットのACCのカーブで減速する機能でカーブでの乗り心地がいい
      足回りが固く、突き上げが強い
      ワンペダルに慣れないと乗り心地が悪いが慣れると今までにないくらい快適
      プロパイロットのACCはNORMALモード”以外”で渋滞時に時速8~12qの範囲で走行すると、
      急ブレーキと加速を繰り返し、前後にガックンガックン揺れて非常に不快。
      (NOTEが低速時にやたらと荒いブレーキ操作でランプをパカパカ点滅させているという現象?)
      ロードノイズが大きいため、余裕があればサイレントタイヤにタイヤ交換したい

      【燃費】
      街中で20q/l後半、高速道路(120q/h区間あり)30q/lくらい
      暖房による燃費の悪化はシートヒーターのおかげか見られない

      【価格】
      全安全装備に加え、オプションをかなり付けたので350万円ほど
      安全装備フル装備または素の価格では他社の同等車種と変わりなし。

      【総評】
      コンパクト、小回り、力強い加速、ワンペダル操作、静粛性、安全装備は◎
      (ワンペダル操作は慣れた状態での評価)
      シートレイアウト、硬い乗り心地で×
      価格と燃費は○
      ただし、安全装備はプロパイロットの有無のみなので
      細かくオプション選択で安全装備のうちいくつかを削って価格を抑えるということはできない。

      特定の速度で乗員をシェイクするACCは時速8~12qと限定的なのでそれほど問題ない?
      対策としては反応するかしないか微妙にアクセルを踏むかプロパイロットを切るか。
      (日産からの情報:走行モードをNORMALに切り替えれば解決する。それでも少々ガクつくが…)
    • オーテック クロスオーバー 4WD 11,000km走りました。
      単なる見た目だけの派生と思われがちですが、実際は山道と雪道に適した実用的な車です。

      【エクステリア】
      好みの問題ですが、先代の丸型ミニバン風味のフォルムから一転してエッジを効かせたデザインになっていますね。
      ベース車との比較では、前から見ると車高アップの分、視点とボンネットの距離が近いせいで、かなり大きく見えます。
      リアは樹脂バンパーでもともとSUVっぽいデザインだったので、(少なくとも4WDは)最初からこっちをベース車にした方が良かったんじゃないかとも思えるくらい車高アップが似合っています。

      【インテリア】
      続きを読む
      オーテック専用の合皮のシートは滑り難くて見た目も良いです。本革→合皮は世界のトレンドでもありますね。またインテリア全体が汚れにくくて掃除も簡単な素材なのでアウトドアにも適しています。
      スペース効率を重視するなら大きなセンターコンソールは無い方が良いと思いますが、それは今後ミニバン型の派生?で実現されるのでしょう。
      電制シフトは、放すと元に戻るので、感触だけでは状態が分からない点を懸念していましたが、基本は前(D)と後(R)の切り替えだけなので思ったより使いやすいです。(N)の存在を意識させないようにしたのが正解だと思います。
      ただし、(D)→(B)のつもりが逆になってしまうことがあるので、そこは例えば昔のODオフスイッチのように指先で(D)か(B)かが分かる方が良いと思います。
      Aピラーの死角は改善して欲しいところ。またドアガラスの丁度ドアミラーのど真ん中辺りにインパネのメッキモールが映りこむのは疑問。

      【エンジン性能】
      e-powerのエンジンは駆動系と繋がっていないので振動や音が室内に伝わり難いのが良いですね。
      他のハイブリッドに比べてバッテリー容量が1.5〜2倍あるおかげでエンジンの稼働時間も短いです。

      【走行性能】
      エコモードでも十分すぎる加速力、登坂力があります。また、マニュアル車でシフトダウンしているかのようにアクセルだけで速度が自在にコントロールできます。惰性で走るガソリンオートマ車とは雲泥の差。特に山道をBレンジで下るとこれまでのオートマ車が何だったのか?思うくらい気持ちが良く走れます。
      カーブの途中からアクセルを踏み込んでいってもFFのように外に膨らまず、狙ったラインをキープできます。
      またリアモーターの制御が秀逸で、圧雪の急な上り坂など本格SUVが発進に苦労するようなところでも結構普通に走れます。

      【乗り心地】
      4WDの美点で加速時、減速時の姿勢変化が少なく乗員の頭が振られません。ノート系の中ではタイヤのゴム部分が一番厚く、角が無い比較的マイルドな乗り心地。剛性感と重厚感があってリアが跳ねることもありません。
      着座位置が高いので乗降しやすくて視界も良好です。横揺れやロールは、SUVよりも普通のコンパクトに近く、車高アップによるネガティブな印象はあまり感じません。

      【価格】
      高いですが、ざっくり言ってハイブリッドの乗り味はバッテリーの容量で決まる部分が大きいですね。この車の場合はバッテリー(とその周辺回路やボディの補強)にコストをかけているんでしょう。加飾やインテリアは控えめにしてバッテリーにお金をかける選択肢だと考えればアリですね。
      ノート4WD(ベース車)は最初から車高アップして価格を抑え、オーテックやSUV風加飾の方をオプションにしておいてくれた方が有難かったです。

      【燃費】
      長期間で平均すると20km/l弱くらいですが、タンク容量はもう少し欲しいところです。

      【チェーン装着】
      フェンダーとタイヤの隙間は、思ったほど広くなく普通(指四本分)くらいです。4WD+スタッドレスでもチェーンが必要なケースはあるので雪道を走る人は事前に要チェックです。

      【総評】
      見た目のSUVっぽさ云々よりもオンロードの山道/雪道の実用性を重視するならオススメです。
      前述したとおり、この車の価値はバッテリー容量が普通のハイブリッドよりも大きいところです。容量が大きいということは、大きな回生ブレーキ使用時でも電池のセルあたりでは急速充電にならず、結果的にバッテリーが劣化しにくいと言えます。(逆に言えば、もともとで容量に余裕のない車は、バッテリーの劣化が早く、経年でさらに余裕がなくなるのでは?)

    ノート e-POWER 2020年モデルのクチコミ

    (3704件 / 143スレッド)
      • ナイスクチコミ13
      • 返信数9
      • 2022年10月3日 更新
      本日、久しぶりに車内清掃していたところA・B・C各ピラー部分のグレー色の
      プラスチック内装がベトベトになっているのに気が付きました。

      一部だけなら何らかの溶剤等の影響も考えられますが、同一素材と思われる
      すべての部分が同レベルでべたついています。

      1年半ぐらい乗っていますが、ちょっと嫌です。パーツクリーナー等で拭き取れ
      ばべたつきは取れるかもしれませんが、ムラ
      続きを読むになるかもしれないのでやってい
      ません。ディーラーの休みと自分の休みが重なっているので暫くはディーラー
      にも行けないし・・・

      皆様のノートは大丈夫でしょうか?
      • ナイスクチコミ28
      • 返信数29
      • 2022年9月8日 更新
      皆様 こんなことは感じませんか?

      私の車両は2022/03納車の X-FOURです。

      最近、バイパス等を60-70KM/H で、巡航中
      エンジン発電が切れバッテリ駆動になる瞬間に、
      急に車両が、一瞬もたつき、パワー感がなくなる様な
      感じがします。(モーターへの電力供給が少なくなる?様な……感じ)

      エアコン設定は、風量 1、 設定温度 25度
      エコモード
      続きを読む運転です。

      こんなものでしょうか?
      言い回しが伝わりにくいかもですが…

      はじめの頃はあまりこのようなことは感じませんでしたが、先日、ふと アクセル踏込量変えてないのに、パワー感が落ちたなぁ…みたいな。

      ディーラー持ち込んでコンサルトか何かでわかるんでしょうかね?


      • ナイスクチコミ44
      • 返信数10
      • 2022年9月6日 更新
      完成しました。

    ノート e-POWERの中古車

    ノート e-POWERの中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較

    ノート e-POWERとよく比較される車種

    • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止