ルノー キャプチャー 2021年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

ルノー キャプチャー 2021年モデルの新型情報・試乗記・画像

キャプチャー 2021年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
インテンス2021年2月25日/フルモデルチェンジ

309万円

305〜310万円   FF 5人 17.9km/L 1,333cc 1,310kg 154ps
インテンス テックパック2021年2月25日/フルモデルチェンジ

332万円

318.9万円   FF 5人 17.9km/L 1,333cc 1,310kg 154ps

キャプチャー 2021年モデルのレビュー・評価

(9件)

キャプチャー 2021年モデルの満足度

4.38

(カテゴリ平均:4.29)

    キャプチャー 2021年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • キャプチャー 2021年モデル インテンス テックパック 欧州SUV販売台数No.1の実績をひっさげて2021年2月に日本でも販売を開始したルノー・キャプチャーに試乗しました。
      1分で分かるこのクルマの魅力は
      @美しさと実用性を両立させたデザイン
      A新開発プラットフォームによる卓越したハンドリングやパワートレーンの出来の良さ
      B日産とのアライアンスがADASにも生きている

      といったところでしょうか。

      初代の日本導入は2014年からですが、当時から非常に使いやすいコンパクトSUVとして評価が高かったクルマです。またボディカラーやシートを含めたマテリアルのセンスの良さ(これは当時日本人の女性の方が担当されていたと記憶しています)もあり
      続きを読む 、デザイン性の部分でも注目されていました。

      新型もその流れを継承していますが、まずボディサイズ、特に全幅が+25mm拡大したことは駐車時には気になる部分ですが、ルノー/日産/三菱のアライアンスで開発された「CMF-B」プラットフォームを採用することでホイールベースも35mm拡大し、特に後席の快適性や何よりもハンドリング性能を大きく高めている点が魅力と言えます。

      パワートレーンはすでにルーテシアで搭載されている1.3L直4ターボに7速AT(EDC)を組み合わせます。駆動方式はFF、右ハンドルのみの設定となります。

      グレード構成はベーシックな“インテンス(299万円)”と上位モデルとなる“インテンス テックパック(319万円)の”2グレード構成。先に言っておくとこのクルマは20万円高くても“テックパック”を絶対オススメしたいのです。

      前述したようにボディサイズが拡大したことで取り回しの部分が心配でしたが、最小回転半径も5.4mに抑え(それでも少し大きい)着座後の視界も十分確保されているので使いにくいということはありません。

      筆者は身長160cmと小柄なのですが、テックパックには運転席パワーシートが標準装備されているので電動で座面を上げれば小柄な人でも十分なシートポジションが調整できます。ちなみにこのシートは前述したように本革仕様(前後席とも)で着座感、特に着座後まず沈み込むようにシートがたわみながら、その先でしっかとボディを支えてくれる点が国産車とひと味違う出来。サイズ以上に大型のシートに身を委ねるような快適性があります。

      走りに関しては非常に好印象でした。ルーテシアと同じパワートレーンながら車重増(110kg)の分は出力&トルクとも向上させることでバランスを取っていますが、街中だけでなく、高速域でも余裕が感じられます。言い換えれば排気量が少し大きめのエンジンを運転している感覚です。

      足回りに関してはこれはもうある意味、このクラスでは“絶品”と言える出来です。個人的にはこれまで試乗したフランス車とはひと味違う印象です。ハンドリング自体もロールは伴いますが、これがまた従来までのユラッとした感覚ではなく、最初から腰の据わった正確さを感じ取ることができました。

      そしてADAS(先進運転支援システム)に関しても非常に高いレベルでまとまっているのも魅力でした。テックパックをオススメする第2の理由としては、このグレードのみ「ハイウェイ&トラフィックジャムアシスト」が搭載されているからです。すでにご存じの方も多いと思いますが、日産との関係からもこのシステムのハード系は基本「プロパイロット」を採用しています。但し、制御に関してはルノー独自のチューニングが施されており、全車速対応のACCやレーンセンタリングアシスト、レーンキープアシスト、レーンデパーチャーウォーニングも搭載されています。もちろん「インテンス」にも“普通”のACCやレーンキープアシストなども装備されていますが、冒頭に述べたように20万円の価格差で本革&電動パワーシートや上位機能を持つADASが標準装備されている点からも「テックパック」を絶対オススメしたいのです。

      室内に関しては旧型より質感はかなり向上しました。特に昨今、樹脂系のパネル等を採用している同クラスのクルマが増えている中、ソフトパッドを多用している点、スイッチの適正配置(ステアリングスイッチでACC等も操作可能)など大きく進化していることがわかります。

      標準装備される7インチのタッチスクリーン、正直言えばもう1インチ上げて欲しい部分はありますが。視認性も十分。ただかなり細かな設定ができるのは良いのですが階層などの“クセ”は少し慣れが必要です。

      またカーナビに関してはディーラーオプション(カロッツェリア製で24万2000円から)が設定されていますが、まずはお手持ちのスマホでApple CarPlayやAndroid Autoのカーナビアプリで使い勝手を試してみてから購入することをオススメします。ただETCユニット、できれば2.0は購入時にオーダーしたほうがいいでしょう。価格も2万8600円と2.0の中では比較的低額で購入できます。

      また嬉しいのはBOSE製の専用スピーカーシステムが表重装備されていること。外気からの空気を取り込み、それを活用して低音スピーカー(サブウーファー)を鳴らすという、コストを抑えながら良質な音が楽しめるという、BOSEらしい独創性溢れたシステムは抜群のコスパと言えるでしょう。

      室内に関してはボディサイズ以上の広さ、特に後席の快適性は優れています。一体式とはいえ、シートスライド機構により、積載量を変えられる点、荷室の床面自体をボードで上下分割できるダブルフロアシステムも使い勝手に優れます。

      価格としてテックパックが300万円を超えますが、デザイン、走り、安全装備など基本抑えておくべきものはフル装備ですのでコスパ自体は納得できるものです。ただ、ひとつ言えば、ボディカラーは魅力的なラインナップを持ちながらほとんどのグレードが4万4000円高の有償となる点は考えて欲しい部分です。

      リアルライバルとしてはプジョー2008SUVやマツダCX-30辺りですが、走りやセンスの良さも含めればなかなか魅力的な1台に仕上がっています。
      参考になった 43人
      2021年7月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 5
      乗り心地 5
      燃費 無評価
      価格 3
    • 【エクステリア】
      最近ルノーはヘッドライトのデザインが個性的で、プジョーと並んでかなりアグレッシブなエクステリアですが、結構カッコいいですね。
      ヤリスクロスと同クラスのクルマですが、それを超える存在感というかオーラみたいなのを感じますね。
      【インテリア】
      質感はまずまずなんですが、ノート並でお洒落さや新しさでは、プジョーには勝てません。
      メータパネルが四角い液晶で左右は燃料計などの固定表示。ルーテシアもそうでしたが、何でイマドキフル液晶にしないのかはナゾですね。個人的な見解ですが一世代前のモデルのようでスマートではありません。
      ただ、室内空間設計の巧みさは見事なもので、全長4.2m
      続きを読む 強の空間に大人の男性4人しっかり乗れるという当たり前と、四人分の一泊旅行の荷物がラゲッジにおさまるという基本がしっかりしています。175cm程度の男性が後席に座ってもヘッドクリアランスは大丈夫です。
      【エンジン性能】
      一言でいうとこのクラスで一番パワフルでかつ、気持のよいエンジンです。
      【走行性能】
      しっかりしたシャシーのおかげで150ps出すエンジンをしっかりと受け止め、旧型ヴェゼルのような安定感の無い素振りを見せることはありません。
      そこは、シャシーとパワーのバランスを取るのが上手いルノーですね。
      【乗り心地】
      しっかりとした足回りで、ロールも少なめですが、路面の凹凸も良くいなして良好です。
      【燃費】
      試乗で燃費に気をつかいつてで10km/Iと良くはなさそうです。
      営業の方によると、街乗りで12km/l、高速でも15km/l程度のようです。
      【価格】
      ヴェゼルのターボ仕様相当と考えたら、旧モデルとの比較となりますが、それより安いくらいとヴェゼルと比較したら、明らかに割安だと感じます。
      【ナビ】
      いろいろな意見があるので、個人的見解ですか、スマホナビと連携してセンターディスに表示するCarPlayで三年以上不便なく使っている経験からすると、もう専用ナビなど通常利用では要らないと感じています。
      Captureにはスマホナビ接続が標準対応されているので、それで十分な時代です。
      まだ、未体験の方は使ってみることをオススメします。
      【総評】
      走りの楽しさで言うと、ヴェゼルクラスのBセグメントモデルとして、国内外のモデルのなかでイチバンなのではないかと感じます。
      走行性能と楽しさでは、もはやヴェゼルあたりは比較対象にすらならないレベルの差を感じました。
      これと比較できるレベルにあるのはプジョー2008とヤリスクロスあたりでしょうか。
      しかも、居住性と積載性と乗り心地を両立するあたりはまさにルノーの真骨頂で、フランス車の合理主義がよくでていますね。
      残念な点は、室内にプジョーやシトロエン、DSの様なエスプリを感じないこと。
      ただ、それを考えても、この走りの良さと居住性、積載性と乗り心地を考えたら、このクラスでは文句なしにオススメの一台ですね。
      因みに、このクラスこオススメは他にはヤリスクロス、プジョー2008、DS3クロスバックあたりでしょうか。
      オススメでないのはヴェゼルとTクロス、AudiQ2あたりですね。
      クルマはブランドイメージに惑わされずに本質を見極めた選択が大事です。
    • BMW218からの乗り換え検討で試乗しました。

      【エクステリア】
      まったくの私見ですが、この車に他社のエンブレムが付いている姿を想像できません。
      派手さが無く没個性のようでいて、そこはかとなく華やかさを感じられる流麗なデザインではないかと思います。
      日産のマークが付いていたらキックスになるのだから不思議です。

      【インテリア】
      テックパックの試乗でした。
      革シートは滑らかで座り心地が良く、パネルにプラスチック感丸出しの部分も少なく、物理ボタンを押した感触も気持ちよいです。
      これで白や茶のシートがあればさらに特別感が増すように思いますが黒一色なのが残念。
      後席も広くて良い
      続きを読む のですが、真ん中の席の背もたれが下がって、ひじ掛けとドリンクホルダーになれば本当に良いのにと思ってしまいました。

      【エンジン性能】
      車重1,300kgで270N。しかも4気筒。
      軽く踏んで必要な速度にあっという間に到達します。
      かといってパワーを持て余すようなことはなく、自分の意思と車速がしっくりと一致する気持ちよさがあります。
      この車を選ぶ人は意識が成熟した大人で、ゆとりのあるパワーをゆったりと使うような情景が目に浮かびます。
      少なくとも私が乗っている218よりもパワフルです。

      【走行性能】
      悪路やきついカーブが試乗コースにありませんでしたが、走行性能に不満が出るとは思えません。
      減速を促すカマボコが並んだ場所を走った時に、こういうシーンこそルノーの本領発揮なのかもしれないと思うほど不快な振動を抑えてくれます。
      18インチではなく、17インチだったらもっと良いのかもしれませんが、デザインとのバランスなのでしょうね。

      【乗り心地】
      静粛性が高く、路面のざらつきを拾ってゴーという音になりそうなところがコーという感じ、エンジン音も遠いところから聞こえてくるような印象。
      後席の閉塞感はこのサイズなので仕方ないところですが、後席に乗った妻は快適であと2時間乗っていても平気だと思うと言っていました。

      【燃費】
      無評価

      【価格】
      Bセグで400万円か〜!と叫びたくなりますが、車体がボリューミーでBセグ感が薄く、とても大きく見えます。

      【総評】
      アンガス牛のステーキをガッツリ食べて、明日もバリバリ働くぞ!という人に選ばれる車ではなく、上質なA5の和牛ステーキをシェフが目の前で焼いてくれて、ちょっと美味しいワインと一緒に楽しむような人が選ぶ車のように思います。
      言い方を変えると鼻水を垂らした子供を「早くしなさい!」と母親が大声で叱りながらディスカウントストアの黄色いレジ袋を持って乗り込むような車ではなく、上品なお母さんに連れられた紺のワンピースを着た女の子がケーキの箱を抱えて乗り込むシーンが似合いそうな車だと思います。

      Cセグから乗り換えるダウンサイザーの受け皿と評されていますが、その言葉通り希望する項目のツボを押さえているような印象を受けました。

      買う寸前まで悩んだ末にキャプチャーを候補から外しました。
      ここで楽な車に乗ってしまったら、一生このサイズの車に乗るしかなくなる怖さを感じました。
      そのくらい運転がしやすいと感じました。
      車両感覚は人それぞれ違いますが、私の場合は数日乗ってようやく左にギリギリ寄せられるようになります。
      でもキャプチャーは乗った瞬間に左側の壁を指でなぞるかのように車幅間隔の把握が容易でした。

      たった30分の試乗で何が分かるの?と叱られそうですが、良いとしか言いようがありません。
    • 【エクステリア】
      リアがかなりおしゃれ、顔は最近の普通のルノー顔で可もなく不可もなし
      【インテリア】
      安っぽさもなく質感高い

      【エンジン性能】
      ハイブリッドからの乗り換えだが意外に静寂で驚き
      【走行性能】
      まだ高速には乗ってないが、街乗りでもコンパクトで走りやすい
      渋滞でもオートブレーキホールドあるからストレス軽減

      【乗り心地
      静かで快適だが、路面の凹凸を結構拾う気が。360度モニタあるも、ミラーだけでも充分なコンパクトさ。
      あるにこしたことはないが。


      【燃費】
      こちらも意外に良い
      街乗り14くらいか
      【価格】
      テックパック購入だが、高速あまり乗
      続きを読む らないのでインテンスでも良かったかも。


      【総評】
      絶妙なサイズ感で運転しやすい
      アイストからのブレーキ解除もややつっかかる感は否めないが、許容範囲
      切れば問題なし。
      シフトバイワイヤなんできちんと黙視するのを推奨します。
      細かい点は後席ドリンクホルダーなし、後部座席アームレストなし
      AndroidではGoogleナビしか使うない。


    キャプチャー 2021年モデルのクチコミ

    (130件 / 16スレッド)
      • ナイスクチコミ11
      • 返信数11
      • 2022年5月15日 更新
      キャプチャーを検討中の者です
      私の住む市にはルノーディーラーがなく 車で約1時間ほど掛けて行く必要が有ります 定休日も私の定休日と同じでなかなか行くのが大変です
      試乗や契約など数回は仕方ないと思うのですが 点検や車検で車を預けた場合交通手段が電車になり片道1時間半ほどになります。

      ルノー車を日産ディーラーで購入可能とネットで見たのですがこちらの真偽についてお答え頂きお
      続きを読む願いします

      それとルノーディーラーで購入しメンテナンスパックの点検を近所の日産で受ける事は可能なのでしょうか?


      • ナイスクチコミ4
      • 返信数4
      • 2022年4月29日 更新
      ドアを開けると「洗車機の機種により、ブラシが干渉し後部ナンバープレートを損傷させる場合があります。損傷を防ぐ為にナンバープレートの保護措置(テープで留めるなど)を行ってください。」とのステッカーが貼ってあり躊躇しています。

       キャプチャー2で洗車機使ったことある方いらっしゃいますか?
      • ナイスクチコミ10
      • 返信数12
      • 2022年4月11日 更新
      もうすぐ、納車なのですが、純正のドラレコが高価だったため、ディーラーに持ち込みでドラレコを、つけてもらうことに なりました。
      ドラレコ搭載の目的は やはり、事故の時の解析と、
      後は駐車監視に、重点を、置きたいと思い
      現在コムテックの360度タイプを、考えているのですが、やはり リヤにも、カメラは、必要でしょうか??
      クルマはいつも、シンプルイズベストで、あまりごちゃごち
      続きを読むゃさせたくないのですが、
      キャプチャー乗りの皆様はどのような、ドラレコを、
      装着されましたでしょうか?
      ご意見 お願い致します。

    キャプチャーの中古車

    キャプチャーの中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較

    キャプチャーとよく比較される車種

    • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止