フォルクスワーゲン ティグアン 2017年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

フォルクスワーゲン ティグアン 2017年モデルの新型情報・試乗記・画像

ティグアン 2017年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
TSI Active2022年4月1日/マイナーチェンジ

422万円

-

  FF 5人 15.5km/L 1,497cc 1,520kg 150ps
TSI Elegance2022年4月1日/マイナーチェンジ

500万円

479.9万円   FF 5人 15.5km/L 1,497cc 1,520kg 150ps
TSI R-Line2022年4月1日/マイナーチェンジ

521万円

198〜485万円   FF 5人 15.5km/L 1,497cc 1,520kg 150ps
TSI First Edition2021年5月12日/特別仕様車

524万円

489.9万円   FF 5人 15.5km/L 1,497cc 1,520kg 150ps
R2022年4月1日/マイナーチェンジ

708万円

-

  4WD 5人   1,984cc 1,750kg 320ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
TDI 4MOTION Comfortline2020年5月1日/マイナーチェンジ

456万円

278〜325万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION Comfortline2020年1月1日/マイナーチェンジ

451万円

278〜325万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION Comfortline2019年10月1日/マイナーチェンジ

447万円

278〜325万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION Comfortline2019年1月16日/マイナーチェンジ

417万円

278〜325万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION Comfortline2018年8月29日/マイナーチェンジ

408万円

278〜325万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION Highline2020年5月1日/マイナーチェンジ

519万円

287〜403万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION Highline2020年1月1日/マイナーチェンジ

514万円

287〜403万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION Highline2019年10月1日/マイナーチェンジ

508万円

287〜403万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION Highline2019年1月16日/マイナーチェンジ

498万円

287〜403万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION Highline2019年1月1日/マイナーチェンジ

498万円

287〜403万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION Highline2018年8月29日/マイナーチェンジ

494万円

287〜403万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION R-Line2020年5月1日/マイナーチェンジ

550万円

315〜518万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION R-Line2020年1月1日/マイナーチェンジ

544万円

315〜518万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION R-Line2019年10月1日/マイナーチェンジ

539万円

315〜518万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION R-Line2019年1月16日/マイナーチェンジ

529万円

315〜518万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION R-Line2019年1月1日/マイナーチェンジ

529万円

315〜518万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION R-Line2018年8月29日/マイナーチェンジ

524万円

315〜518万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION R-Line Black Style2020年5月26日/特別仕様車

554万円

369〜428万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION R-Line Black Style2018年8月29日/特別仕様車

554万円

369〜428万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION R-Line Black Style DYNAUDIO Package2020年8月7日/特別仕様車

596万円

-

  4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TDI 4MOTION R-Line DYNAUDIO2020年5月26日/特別仕様車

592万円

438〜489万円   4WD 5人 17.2km/L 1,968cc 1,730kg 150ps
TSI Active2021年10月1日/マイナーチェンジ

413万円

-

  FF 5人 15.5km/L 1,497cc 1,520kg 150ps
TSI Active2021年5月12日/マイナーチェンジ

407万円

-

  FF 5人 15.5km/L 1,497cc 1,520kg 150ps
TSI Comfortline2020年5月1日/マイナーチェンジ

408万円

205〜298万円   FF 5人 13.0km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI Comfortline2020年1月1日/マイナーチェンジ

403万円

205〜298万円   FF 5人 13.0km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI Comfortline2019年10月1日/マイナーチェンジ

399万円

205〜298万円   FF 5人 13.0km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI Comfortline2019年1月16日/マイナーチェンジ

369万円

205〜298万円   FF 5人 13.0km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI Comfortline2018年8月22日/マイナーチェンジ

363万円

205〜298万円   FF 5人 16.3km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI Comfortline2018年1月1日/マイナーチェンジ

363万円

205〜298万円   FF 5人 16.3km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI Comfortline2017年7月20日/マイナーチェンジ

360万円

205〜298万円   FF 5人 16.3km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI Comfortline2017年1月17日/フルモデルチェンジ

360万円

205〜298万円   FF 5人 16.3km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI Elegance2021年10月1日/マイナーチェンジ

491万円

479.9万円   FF 5人 15.5km/L 1,497cc 1,520kg 150ps
TSI Elegance2021年5月12日/マイナーチェンジ

483万円

479.9万円   FF 5人 15.5km/L 1,497cc 1,520kg 150ps
TSI Highline2020年5月1日/マイナーチェンジ

471万円

180〜349万円   FF 5人 13.0km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI Highline2020年1月1日/マイナーチェンジ

466万円

180〜349万円   FF 5人 13.0km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI Highline2019年10月1日/マイナーチェンジ

460万円

180〜349万円   FF 5人 13.0km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI Highline2019年1月16日/マイナーチェンジ

450万円

180〜349万円   FF 5人 13.0km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI Highline2018年8月22日/マイナーチェンジ

449万円

180〜349万円   FF 5人 16.3km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI Highline2018年1月1日/マイナーチェンジ

439万円

180〜349万円   FF 5人 16.3km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI Highline2017年7月20日/マイナーチェンジ

433万円

180〜349万円   FF 5人 16.3km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI Highline2017年1月17日/フルモデルチェンジ

433万円

180〜349万円   FF 5人 16.3km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI R-Line2021年10月1日/マイナーチェンジ

511万円

198〜485万円   FF 5人 15.5km/L 1,497cc 1,520kg 150ps
TSI R-Line2021年5月12日/マイナーチェンジ

503万円

198〜485万円   FF 5人 15.5km/L 1,497cc 1,520kg 150ps
TSI R-Line2020年5月1日/マイナーチェンジ

502万円

198〜485万円   FF 5人 13.0km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI R-Line2020年1月1日/マイナーチェンジ

496万円

198〜485万円   FF 5人 13.0km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI R-Line2019年10月1日/マイナーチェンジ

491万円

198〜485万円   FF 5人 13.0km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI R-Line2019年1月16日/マイナーチェンジ

481万円

198〜485万円   FF 5人 13.0km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI R-Line2018年8月22日/マイナーチェンジ

479万円

198〜485万円   FF 5人 16.3km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI R-Line2018年1月1日/マイナーチェンジ

470万円

198〜485万円   FF 5人 16.3km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI R-Line2017年7月20日/マイナーチェンジ

463万円

198〜485万円   FF 5人 16.3km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI R-Line2017年1月17日/フルモデルチェンジ

463万円

198〜485万円   FF 5人 16.3km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI R-Line Black Style2020年5月26日/特別仕様車

506万円

-

  FF 5人 13.0km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI R-Line Black Style DYNAUDIO Package2020年8月7日/特別仕様車

548万円

-

  FF 5人 13.0km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
TSI R-Line DYNAUDIO2020年5月26日/特別仕様車

544万円

428〜451万円   FF 5人 13.0km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
DYNAUDIO Edition2018年2月1日/特別仕様車

471万円

267〜361万円   FF 5人 16.3km/L 1,394cc 1,540kg 150ps
R2021年10月1日/マイナーチェンジ

695万円

-

  4WD 5人   1,984cc 1,750kg 320ps
R2021年5月12日/マイナーチェンジ

684万円

-

  4WD 5人   1,984cc 1,750kg 320ps

ティグアン 2017年モデルのレビュー・評価

(51件)

ティグアン 2017年モデルの満足度

4.11

(カテゴリ平均:4.29)

    ティグアン 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • ティグアン 2017年モデル TSI Elegance 本国より約1年弱遅れての日本導入となったVWティグアンのマイナーチェンジモデルに試乗しました。

      2021年5月導入時には後述する特別仕様車を含めた4グレード構成でしたが、その後、最もハイパフォーマンスの「ティグアンR」を投入しています。試乗は快適装備等をバランス良く搭載した「TSIエレガント」。導入時は483万9000円でしたが、この原稿執筆時では491万1000円に価格改定されています。

      ボディカラーに関しても導入時に新設定された3色のうち、試乗車は「キングズレッドメタリック」となっています。

      ティグアン自体はフォルクスワーゲンのSUVビジネスのコアとなるモデルです。日本法
      続きを読む 人の発表によればグローバルにおける人気は高く、参考ですが2019年の生産台数は91万926台と毎年増え続けているそうです。

      今回のマイナーチェンジではエクステリアの造形変更や最先端のADASの搭載など細かなアップデートが行われていますが、その中で一番驚いたのはこれまで販売の牽引車的モデルであった2L直4ディーゼルターボが廃止され、ガソリンエンジンのみ、但し1.4L直4ターボから1.5L直4ターボに一本化されたことです。搭載する1.5L直4ターボエンジンは1497cc、110kW(150ps)/5000-6000rpmの最高出力と250Nm(25.5kg-m)/1500-3500rpmのスペックを持ち、ACT(気筒休止システム)を搭載します。型式は異なりますが、ポロのR-Lineにも搭載されており、スペックも同じです。

      VWのファンでなくても、ディーゼル特有の低速域から発生するトルクの太さは重量のあるSUVにはピッタリのパワートレーンだったはずです。技術適合も含め、今回導入は見送られましたが、これに変わるのが1.5Lエンジン(のみ)と聞くとやはり「非力なのでは」と多くの人が感じることでしょう。もちろん私も同じ気持ちで試乗車に乗り込みました。

      くどいようですが、ファイナルギア比なども異なりますが、それでもポロとの車両重量差は300kg以上あります。今回のマイナーチェンジでDSGを6から7速にアップグレードさせることでエンジンをより効率良く使えるようにするなどきめ細かなチューニングされています。

      そして公道に出た瞬間、あまりにもボディがスルスルと加速していくことに驚きます。当時、試乗ポイントは山道と高速道路を設定してありましたが、フォルクスワーゲン側もここで走らせても十分以上のパフォーマンスが体験できると自信があったのでしょう。なるほど、ワインディングでもトルクは瞬時に立ち上がり、前述したDSGとのマッチングの良さもプラスして2名+機材(ほぼ1名分)の状態でもアクセルを半分くらいの開度で余裕を持って駆け上がります。

      驚いたのはフロント部分の軽さによる回頭性の高さです。2Lディーゼルエンジンよりはもちろんフロント周辺の重量は軽くなっていますが、ステアリングをスッと切り込んだ際の応答遅れの少なさ、特にロール自体も適度に抑えられており、全体的なフットワークは軽快と言う表現がしっくりきます。

      また高速道を走行してもADAS制御がレベルアップしていることを体感できました。現在発売されている新型ゴルフ(ゴルフ[)も同様ですが、いわゆるACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を進化させた「Travel Assit (トラベル アシスト)の制御が非常に上手く、前走車への追従だけでなく、減速時の自然なGの利き方、またレーンキープ性能に関しても満足できるものです。

      インフォテインメントシステムに関しても搭載される「Discover Pro」は徐々に日本の市場に向いた設計になってきました。正直、ルート設定などの操作上の階層などの作り方はそこに「文化の違い」を見ることもありますが、通信モジュールを搭載したことで、スマホ側からドアの解錠や施錠なども含めた「We Connect」が使えるようになった点も利便性を高めています。

      もしこのナビが気に入らなくてもAppleの「CarPlay」やGoogleの「Android Auto」にも対応していますので、それらも用途に応じて使いこなせば良いでしょう。

      インテリアに関しても新型ゴルフ[にも採用されている,パネルにタッチ&スライドするように操作するエアコンパネルも最初は慣れない部分もありましたが、コツはすぐに掴めますし、操作に対する反応も十分と言えるでしょう。

      後席に関しても足元&頭上周りも余裕があり、ラゲージの収納力も満足できるものです。

      グレードに関しては導入時に設定されていた「TSIファーストエディション」が約40万円高いながらもそれ以上の装備を搭載していました。一部のディーラーではまだ購入できるようです。

      ただ、そうは言っても乗り出しで550万円以上のSUVですから、なるべくコスパも重視したいところです。その点ではこの「TSIエレガント」はレザーシートこそオプションですが、前席パワーシートや前後席全てにシートヒーターを内装するなどバランスが取れています。もしオプションの「ハーマンカードン製」のプレミアムオーディオや電動パノラマスライディングルーフが欲しいのであれば、ひとつ上の「R-Line」一択になりますが、その分、乗り出しも600万円前後になりますので、その辺は予算との相談になります。

      しかし、今回のティグアンのマイナーチェンジで、「T-Cross」「T-Roc」とセグメントごとの商品が明確になり、よりユーザーニーズにマッチしたことは間違いないでしょう。
      参考になった 11人
      2021年10月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 無評価
      価格 4
    • 【エクステリア】
      フロントはよりパサートに近い形になり、個人的にはマイナー前よりも好みな形で満足。
      メッキが多く、マイナーチェンジ前よりも高級感がアップしています。
      X1と比較して高さがある分、大きく感じます。
      【インテリア】
      X1、NX(現行)と比べると高級感は劣るが、デジタルコクピットやオンライン連携は上。
      ナビの行き先設定はオンライン経由で検索しているのか候補が出るまでに3、4秒かかる。
      検索後のルート候補が3つ程度しか出ず、かつ有料道路有無別での候補は出ない(有料道路利用なしを選択して、再検索が必要)ため、使い勝手はあまり良くない。改善してほしいところ。
      シートは程よい
      続きを読む 硬さで疲れにくく、長距離も安心。後部座席は広く、運転席をよほど下げなければ、身長170cm程度で足も組めます。
      レーザーシートオプションは付けていないため、シートセッティングは手動です。
      テレビはディーラーOPで対応できるそうです。(後付予定)
      【エンジン性能】
      X1ディーゼルモデルと比較すると加速は劣るが、踏めばグイグイ加速していくので、高速道路の合流・追抜きはスムーズにできます。
      4気筒から2気筒への切り替りは運転していて分かりません。インパネ上、ecoの文字が出て初めて気づく感じです。
      【走行性能】
      Travel Assistは非常に便利。高速道路走行、渋滞走行の負担が格段に軽減した。車線変更後も引き続き機能が維持される。
      DSGの変速は滑らか。低速時はまれにギクシャクするが許容範囲。
      ハンドリングは軽めだが、設定をスポーティにすれば少し重くなり好みな感じになりました。
      パドルシフトがついており、エンジンブレーキの利用頻度が増えました。
      背が高い割に重心は低いらしく、少々のスピードを出して曲がっても安定しています。
      IQ.LIGHTは前方車両を認識するとヘッドライトを下げたり、高速走行中は眩しくならないよう車両へのハイビームのみを避けて周囲のみハイビームにしたりと賢いです。
      【乗り心地】
      突き上げもそれほどなく快適。遮音性も高いです。
      【燃費】
      市街地:10.0km/L程度
      高速道路:16.0km/L程度(距離50km走行)
      ※エアコンは23℃オートモード
      高速はより長距離走るとさらに伸びると思います。
      なお、アイドリングストップをオフにすると、0.5km/L程度燃費が落ちます。
      【価格】
      値引きを頑張ってもらえたので満足だが、このクラスの車種は全般的に500万程度するところは致し方ないのかなと。
      ※ディラーとのお付き合いもあるので、値引き額は非開示とさせて頂きます。
      【総評】
      強い特徴はないが、総合的に安定しているところが良かった。
      運転も疲れにくく、スポーティに走ってくれるため、運転するのが楽しい車。
      各アシスト機能のおかげで長距離ドライブの負担も減りました。
    • 【エクステリア】
       国産とは違うデザイン。外車〜ッ的雰囲気が強すぎず、控え目感が気に入っています。ウインドーやルーフバーに使われるメッキモールについて、評価で色々書かれていたので、納車後直ぐにホールZEROというコート剤でコート。ディーラーで白錆び対策のコーティングがありましたが、施工しても経年で出ますよ、とのことでした。また前車にも施したレンズコーティングで黄ばみ予防をしました。フォグはLEDに交換済です。
       パワーテールゲート機能は便利ですが、上手く作動しないことが多々あります。私の操作が悪いのか、キーロックの解除施錠も反応があまり良くないです。携帯と一緒に持ち合わせているから、と指摘
      続きを読む されていますが、はて。

      【インテリア】
       シンプルで好きです。シートの脇にあるドリンクホルダーは、ホルダー部分が収納でき小物入れとしても使えます。グラスボックスは乗員数分確保できます。一方で目の行くところに時計がないので両面テープでデジタル時計をつけています。
       ドアポケットやグローブボックスの内側はむき出しプラスチックなので、物がカタカタいいます。起毛貼りにして欲しかったなぁ。アームレストを兼ねたセンターコンソールは高さが調整できて便利です。
       あと、グローブ、ラゲージ共に電球だったのでLEDに取り替えました。GOLFもそうでしたが、残念な点です。
       ナビを兼ねたディスプレイは物理スイッチがなく、全てタッチパネルで操作するものです。ドライビング時はグローブをしている私には少々操作しにくく不便です。エアコンもGOLFではスイッチ1つでOFFにできたのに、強弱のダイヤルで消すしかありません。
       ディスプレイやコックピットビューに表示される項目も増えていますが、私の使いたい表示はカットされていて、残念。
       ナビは元々苦手で事前の紙の地図かメインで、走行中のサポートとして利用する程度なので、余り不満はありません。
       ヘッドアップディスプレイに賛否あるようですが、あって損はないと思います。家族はスピードをデジタルメーターで確認したいらしいので、HUDでの確認が楽なようです。私はコーティングで交通標識を出すようにしているので、その機能も重宝しています。
       シートの好みはファブリックなのですが、本革シートです。革は暑い時期に肌に張り付くので、シートカバーを掛けてます。本革シートなので運転席のみ電動シートも付きます。3つのシートメモリーやコーディングでエントリーアシストを入れたので乗り降りは快適です。DCCはオプションで本革シートをセレクトしないとつかないのですが、もう少しオプションを柔軟に組み合わせることが出来るといいですね。

      【エンジン性能】
       ディーゼル四駆が欲しくてこのモデルを購入しました。もっとエンジン音がうるさいかと思いましたが、車中では遮音性が高いのかそんなに気になりません。ただ加速が悪いです。車線変更時アクセルペダルべた踏みでも上手く加速せず、ホーンを鳴らされることも度々です。しかし加速が乗ると軽く流れに乗ります。

      【走行性能】
       GOLFと比してステアリングが軽いです。ステアリングそのものの太さだとか質感はいいです。でも調整は手動です。まぁ、攻める走りをすることもないのですが、コーナリングの安定性はGOLFの方がよかったかな、でも十分です。
       ブレーキの効きもGOLFの方が良かった。かなり強く踏み込んでも効きが甘いです。またクリープ現象がないので、ブレーキを外してソロソロ…ができません。

      【乗り心地】
       DCC付なのでカスタマイズして固めに設定して乗っています。ノーマルやコンフォートはふわふわしてしまい、感覚的にマッチしません。DCC付だと20インチタイヤになるのですが、乗り心地は悪くないです。GOLFよりオートホールド機能が向上し、以前は切り返すとオートホールドが入ってしまい手動で解除したりしていましたが、ペダルの操作のみでリリース出来るようになりました。エンジン始動時もレバー解除が不要で、そのままアクセルを踏み込んで発進できるようになりました。路面の凹凸を拾い、警告音がピピッとよく鳴っています。が振動はうまく吸収してくれて不快感はありません。座面も高いので見切りはいいし、運転しやすいです。運転年数が浅い家族が運転しても、思ったより大きくなくて運転しやすい、と評していました。ただ背の低い私がタイトスカートで乗降りすると、足を上げるのがつらいです。

      【燃費】
       前車GOLFの街乗り燃費が12q/L、今回の乗り換えで街乗り13q/L(殆ど基本は通勤片道10q)。タンク容量が63Lあることは家族の推し点の1つですし、軽油なのでかなり家計に貢献してくれています。コロナに伴う自粛が解除されたら遠出したいです。常時アイドリングストップ機能を停止させています。然程燃費の向上に役立たないし、バッテリーへの負荷が多いだけだからです。イチいちスイッチを押すのが面倒でこの機能もコーディングで封じました。

      【価格】
       同じVWの中では高いですし、中古で購入したのですが、思いの外値が落ちていませんでした。結構性能の割には価格が高いと評価されていますが、様々なパーツを後付けで購入する必要もなかったので、私的には妥当です。人と違うものが欲しかったので、それにお金を出したということで納得もできています。又MC後のタイプはフロントが好きになれない上ディーゼルがなく、選択肢は中古しかありませんでした。
       今後のメンテナンスコストはある程度覚悟していますが、GOLFもそんなに手がかからなかったので、然程心配していません。メンテナンスパックは所持する限り継続するつもりです。

      【総評】
       女性ならではのスタイル推し、外見重視で購入です。家族も口出しすることもなく、交渉を含め全て自分の選択です。GOLFで学んだので、基本的なコーディングは全て入れています。評価も今までのGOLFと比較しているから、又車に詳しくないからかも知れませんが、様々なドライビングサポートも進化しているし、乗っていて降りて眺めて、とても満足しています。
    • 2021年5月ビッグマイナーチェンジがあったので、これを機に総括を。

      最近のクルマは一般的にはどれも大きな破綻は無いので、良し悪しというよりは好き嫌いという尺度で。


      ●クルマ歴(好みのバックグラウンド)
      レガシィを2世代乗り継ぎ16年。
      その前に初代CR-Vを買ってすぐ売却、二度とSUV(当時RV)など乗らないというほどSUVを嫌いになったはずだったが、2017年新型ティグアン(CL)を同年に購入、続けて2019年モデル(HL)に買い替え。

      ●ティグアン2019年モデルの特徴
      2017新型時に付いていたアイドリングストップ機能、シリンダ休止機能、回生ブレーキが無くな
      続きを読む った。カタログ値では燃費が大きく落ちたが、両方乗った測定結果として、実測燃費はまったく変わらない。
      一方HLに買い替えたので、装備はほぼ全部乗せに。

      ■気に入っている部分
      ・とにかく全方位的にそつのない優等生ぶり。
      ・外寸は、狭い街中・機械式駐車場でギリギリの許容範囲。
      ・室内は、左右・頭上も広大で、荷室も広く、使い勝手が良い。
      ・シートも大きくアンコが詰まっていて、膝裏の支えも良い。
      ・デジタルメーター、アダプティブハイビーム、オートテールゲート等、
       装備が出し惜しみしないで何でも付いている。
      ・ステアフィールが非常に良い。スッキリしつつビシッとして路面にとられない。
      ・エンジンパワーは1.4Lでも不足はなし。
      ・6速湿式DSGは、シフトショック云々よりダイレクト感が心地よく、
       MT歴が長い人間にはしっくりくる。
      ・ゴルフと同様、ガッシリしつつも軽快にスルスル、スーッと走る。
      ・安心感のあるブレーキ。
      ・適度にパキッとして、細部に良いもの感が漂うルックス。

      ■気になる部分
      ・80q/h程度から急にウインドウ周りから風切り音が出る。
      ・瞬間的な出足で、DSG保護のためかもたつくことがある。
       少しだけ直前に上手にクリープさせてやる必要がある。
      ・行先入力が恐ろしく使いにくいナビ。
      ・パワーシートが付いていない。
       ただし我が家のように1人しか運転しないならマストではない。
      ・ベストなドライビングポジションの決定は意外とシビア。
      ・優等生ゆえに、「味」に乏しい。
       BMWのX1などは、明確なネガもある一方でキャラは立っている。

      ■総合して
      ・ドイツ車らしい精度感を醸しながら、カッチリスッキリした良いクルマ。
      ・価格が、VWにしては高いと思われてしまうのが難点。
       日本だと「ビーエムが買える価格なら」と、そっちに流れがち。
       しかし、内容はぜひ乗り比べてみて欲しいところ。
       濃いクルマが欲しいならX1、合理的なクルマならティグアンという感じ。

    ティグアン 2017年モデルのクチコミ

    (790件 / 76スレッド)
      • ナイスクチコミ27
      • 返信数14
      • 2022年5月8日 更新
      6月末頃には納車ができそうとの事でやっとティグアンに乗れるのかと楽しみにしてましたが又、納車遅延の連絡がありました。
      ウクライナ情勢、半導体、部品製造の遅れ等致し方ない事ですが流石に嫌気がさして来ました。
      発注してから2度の値上げ、度重なる納車遅延、トヨタ、ランクルなどは中東などへの供給優先で日本向けは10%程度との事、ワーゲンもTクロス、Tロック等の商品群以外は軒並み入っ
      続きを読むて来てない様です。
      国産メーカーでさえ日本重視してないのですからVWが日本市場を軽視し海外諸国納車優先しても不思議ではないかと。
      納車待ちの皆様、状況は如何でしょうか?
      ティグアン発注以後、魅力的なSUV
      が国産、外車共に発表されています。(納期はかかるでしょうが)
      納車待ち1年までを期限とし、この度はキャンセル、現車の車検を取り、各メーカー納期が正常に戻った時点で再検討する事としました。
      非常に残念ですが苦渋の決断です。
      • ナイスクチコミ8
      • 返信数10
      • 2022年2月22日 更新
      I'm in the process of buying a second-hand Tiguan TDI 4motion R-line (2020 registration) with about 21000km. The condition seems good however there are big scratches on the wheel and around 続きを読むwheel cover (plastic area).

      I don't know if there can be a chance of price bargain/discount because of that?

      Please help to guide if someone has ever bought a used car and had some experience in price bargain.

      [please excuse any mistakes this is my first post here]
      Thank you.
      • ナイスクチコミ46
      • 返信数24
      • 2022年2月15日 更新
      題名に記載したとおり、ティグアンRを購入された方から、購入の際にどのくらいの値引きで購入されたか、教えて頂きたいのです。

      理由は、現在2019年式 ゴルフ7.5 GTI performanceを所有していて、担当セールスマンから、見積もりを出してもらうと、発売後、あまり時間が経過していないせいか、大幅に値引きして売る車ではないのか値引き10万円、下取り300万円とサービス
      続きを読むで約20万のボディコーティングが、無料と言うことでした。
      よろしくお願いします。

    ティグアンの中古車

    ティグアンの中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較

    ティグアンとよく比較される車種

    • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止