レクサス RX ハイブリッドの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

レクサス RX ハイブリッドの新型情報・試乗記・画像

RX ハイブリッドの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

RX ハイブリッドのモデル一覧

RX ハイブリッドのレビュー・評価

(41件)

RX ハイブリッド 2015年モデルの満足度

4.29

(カテゴリ平均:4.3)

    RX ハイブリッド 2015年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • RX ハイブリッド 2015年モデル レクサスRXのハイブリッド車450hは、RXの中での売れ筋モデルだ。ハイブリッドによる低燃費によってエコカー減税が受けられることから、ガソリン車の200tよりも多く売れ、RXの販売の6割以上がハイブリッドという状況だ。

      今回が4代目となるRXのハイブリッド車450hには、レクサスがヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルをベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードはRX450h“Fスポーツ”とRX450h“バージョンL”(FF)の2台だ。なお、ガソリン車のRX200tについては別に項目が立てられているのでそちらを参照して欲しい。内外装
      続きを読む のデザインなどはそちらに書いてあるので、このハイブリッドの項では省略している。

      RXのボディはまたひと回り大きくなった。かつてはレクサスのSUVといえばRTXだけだったが、今では下にNXが存在し、上級にはLXが存在して日本でも販売されるようになったため、中間に位置するモデルとしてのサイズである。いずれにしても、フルモデルチェンジをするときにはクルマを大きくしなければならないという既成概念から逃れられていないクルマである。このボディサイズや5.9mの最小回転半径は日本では扱いにくいのも確かである。

      内外装のデザインはレクサスブランド車らしい高級感を備えていて、ハイブリッド車には専用のバンパーロアガーニッシュが採用されるなど、ガソリン車との差別化が図られている。内装では、メーターがハイブリッド車専用のタコメーターのないタイプになることなどが相違点だ。

      RX450hに搭載されるのは、V型6気筒3.5Lの2GR-FXSの自然吸気DOHCエンジンと、6JM型の電気モーターの組み合わせだ。4WD車ではリヤに2FM型のモーターも加わる。エンジンが193kW/335N・mのパワー&トルクを発生し、モーターはフロントが123kW/335N・m、4WD車用のリヤは50kW/139N・mを発生する。システムとして発生できるのは230kWである。燃費は18.8km/Lで、ガソリン車に比べると格段に優れた燃費を実現する。

      動力性能はガソリン車よりもハイブリッド車のほうが優れているのだが、実際に走らせた印象はハイブリッド車のほうが明確に優れているというほどではない。これはハイブリッド車がざっと150kg程度重くなるほか、トランスミッションが電気式CVTで走りのダイレクト感に欠けることなどが影響している。

      思い切りアクセルを踏み込めば相当な加速が得られ、重量級のボディを力強く押し出していくことになるのだが、意外なことにそれがスポーティという印象を与えない。これはハイブリッドならではの電気式CVTによる切れ目のない伸びやかな加速ではあるものの、6速ATが変速していく加速感とは異なるものであるため、スポーティな印象が薄められるのだろう。

      発進時にはモーターだけで静かに走り出し、走行中にハイブリッドモードに切り替わってエンジンが始動した後も、全体的な静かさでガソリン車を上回っている。スポーティさが薄い分だけ走りの質感が高いというのがRX450hの全体的な印象だ。

      “Fスポーツ”は、ある意味でメルセデス・ベンツのAMGやBMWのMスポーツなどのビジネスモデルをまねたものだが、レクサスのスポーツモデルとしてだんだんに定着してきた。引き締まった感じの乗り心地やきびきびした印象のステアリングフィールは好感の持てるものだ。

      メッシュのフロントグリルを採用するなど、外観デザインにも違いを持たせているほか、インテリアにも専用のメーターを設定するなど、存在を際立たせている。ただ、“Fスポーツ”の価格はベースのRX450hに比べると、4WD車同士の比較でも114万円も高い。この価格差は相当に大きいといえる。豪華装備の“バージョンL”よりも高い価格設定なのだ。

      “Fスポーツ”は4WD車だけの設定で、走行状態に応じて後輪用のモーターが駆動して4WDになる。この駆動力配分も電子制御で最適な配分が行われるから、4WDであることを意識しないで走らせることができる。

      安全装備はレクサスセーフティシステム+というトヨタの上級の運転支援装備が標準となる。これは人間を見分けるタイプのプリクラッシュセーフティシステムと、レーンキーピングアシスト、オートマチックハイビーム、全車速追従機能付きのレーダークルーズコントロールなどが含まれている。

      試乗車の本体価格はRX450h“バージョンL”(FF)が702万5000円だが、試乗車にはマークレビンソンのオーディオやリヤエンタメシステムなどが装着され、合計の車両価格は760万円を超えていた。“Fスポーツ”は742万5000円だが、マークレビンソンや安全装備などの追加で817万円ほどになっていた。ハイブリッド車はガソリン車に比べても格段に高いクルマである。


      参考になった 22人
      2016年5月23日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 4
      インテリア 5
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 5
      価格 2
    • ホンダヴェゼルハイブリッドZから乗り換えで、2年経ったのでレビューをさせていただきます。



      【エクステリア】
      450Hはマフラーなどオプションで選べてたのに初期の450HLは選択できなかったので、後ろから見た際ちょっと寂しい感じがします。
      ※マイナーチェンジ後のはいろいろ付けれるので改善されてますね〜

      【インテリア】
      前車と比べるとかわいそうですが、値段も2倍以上違うので、当然素晴らしいですね〜

      【エンジン性能】
      他の方もよく言ってますが、ちょっと古いかな〜
      走り出したら問題ありませんが、信号待ちからのスタートは結構踏まないと。。。。
      なので、後ろに車が多く
      続きを読む 並んでる場合は信号待ちからのスタートはスポーツモードで法定速度までもっていきます。

      【走行性能】
      高速でクルーズコントロールを使用するといつも腕相撲をしてるみたいなw
      居眠り防止にはなってますねw

      【乗り心地】
      すごくいいわけではないのかも〜妻は大きな不満はないことの褒め言葉も。。。。

      【燃費】
      2トンの車にとっては良いほうではありませんかね〜
      ガソリンがレギュラーだったら尚更GOODですけど〜
      週末私が、13〜4キロにしておくと、平日妻が10キロ以下にしてくれてるw
      コツがわかって穏やかに運転すれば、伸びるはず〜

      【価格】
      日本高級車はやはり高いです。
      が、装備などは衰えてるような気がします。


      【総評】
      初の高級車なので、比較する対象もありませんので、「あ、こんなもんか〜」の一言ですね〜
      オーナーズデスクはかなり良いサービスだと思ってます。
      インテリアの全体的にはいいけど、ところところにケチってるところが残念。
      ベンツ、BMWなどを見習ってレクサスなら。。。。前車種にこれとかにしてください。
      あと、2,3年で乗り換えを考えてますけどレクサスならどれもいまいちで悩んでます。
      レクサスの今後に期待します。
      男気チェンジをしましょう!



    • 3年乗った平成28年式ハリアーハイブリッドからの乗り換えレビューです。
      当方そこまで専門的知識はなく、あくまで一般的なにわか車好き(トヨタメインで外車には疎い)ですのでご了承下さい。

       購入に至った経緯はハリアー購入1年後、興味本位で寄ったレクサスディーラーでRX200tの試乗をすすめられました。
      乗った瞬間から降りるまで、昔は共通モデルだったはずなのにハリアーとRX、ここまでかけ離れたのかと驚愕しました。
      ハリアーが悪いわけではなく、上を知ってしまったばかりにもうRXから頭が離れなくなりました。
       それから3年後、マイナーチェンジするという情報を知り購入したわけですが、マイナー
      続きを読む チェンジでより熟成され、満足しております。

      【エクステリア】
       非の打ちどころなし、エアロレスで完成されている。これにハーフを半端につけるほうがかっこ悪くなると感じます。
      デザインはマイチェンNX寄りではあるが、前期と比較するとエッジの効いたヤンチャな荒々しさが消え、とてもスマートかつスタイリッシュでフロント、リアともに洗練されたなめらかな美しさがとても好印象。写真で見るより実物の迫力は素晴らしい。
       恋をしていきたい。
      【インテリア】
       評価が分かれるところであるセンターのプラスチック感とごちゃごちゃとしたスイッチ類ですが、自分的には気にならない。
      それよりもハリアーとの比較になるが室内空間の見通しの良い広さ、触れる部分のソフトタッチ感、落ち着いたインテリアデザイン。派手さはないかもしれないけど落ち着いた空間に私は大満足です。後期になり前期と比較し各装備の改良及びFスポーツでブラック&アクセントホワイトを選択し、アクセント部分にのみホワイトを使ったことによりシートの触れる部分の白の汚れも気にならなくて済むのでありがたいです。

      【エンジン性能】
       ハイブリットなので静寂性に優れており、またエンジン音もハリアーハイブリッドと比較するとV6の良いサウンドとなっております。
      2リッターターボとはもちろん方向性が違うので比較もあれですが、踏み込めば十分快適にクルージングできる素晴らしい性能だと思います。

      【走行性能】
       走りを求めるならセダン、クーペかなぁと思いますので、そこまで走行性能には比重を置いてませんが十分です。
      図体のでかさをハンデと感じず、スムーズな走りで不満はありません。逆に国内の道路ならそこまで攻めるところもありません。

      【乗り心地】
       感無量、何これ。と、いうのが最初の感触。無音すぎて危なく何度も寝落ちしてしまうところでした。
      スーっと静かに絹のカーペットの上を滑っていくかのどこく、体をゆだねると意識までもっていかれそうなるくらい私にしてみたら静寂性と快適性の極みでした。Fスポーツのシートの硬さが私には好みです。
      そこにマークレビンソンのオーディオとなるとこれを贅沢と言わずしてなんというレベルでした。

      【燃費】
       そこまで期待していなかったのですが、エコモードでだらだら走ると14〜13kmなので、十分満足です。

      【価格】
       安くはないですが、これだけの装備とレクサスのおもてなしを考えると妥当だと思います。
      むしろ、これを購入して思ったのがハリアーがコスパ良すぎると感じました。

      【総評】
       あー、もうちょっとここがこうだったらなぁ・・・というところがないくらい自分的には完成されていると思います。
      基本的に車をいじるのが大好きなのですが、不満がありません。
      この程度の良さをキープするべく、大切にしていきたい、そう思わせる名車だと思います。
    • 7年8万キロを越えたので再評価

      2013年MCの450h F-SPORTを購入。ハリアーがベースモデル車。ボディ幅変更他あり正直別物。しかし現在フルモデルx1、マイナーx2を経ても専用設計はGSからとなりそれ以下のグレードは特別感が薄い。特にサスペンション形状がフロント/ストラット、リア/コイル式なのは競合他社に大きく劣るし、安定性にも影響していてどうにかしてもらいたい。経年劣化としては、ショック周りブッシュにヒビが認められる。またショックも寿命のようで、伸び/戻りの塩梅が劣り、段差越えで異音もでるようになった。交換すると約20万くらいかかる。以前はビルシュタインのショックとスプリングが
      続きを読む あったが現在は販売終了しており残念。

      密閉性や遮音性が高いLEXUSにあって、RXはさほど高くないことを感じる。ドアの開閉でわかる。それは現行も同じ。そもそもSUV全般にいえることだが、ユーティリティを確保する目的からリアシートが可倒式となっているため、ハッチで塞がれている車種に比べるとノイズを拾いやすいことも密閉性や遮音性が確保できない要因となっている。それでいてヘンに遮音性が高いものだから、とにかく異音が耳につく(笑) ちなみに全面デッドニングをするとガラリと変わる。

      車体は現行に比べ構造が弱く、言い換えればしなやか。最初にリアピラーの溶接がやられることが多いようだが、今のところは問題ない。サスペンションについて酷評したが、アクティブサスが装着されることで、車高の高いSUVにあって抜群の安定感がある。それは高速コーナーで特に感じる。現行はいくぶんマシになったが、高級感は薄い。なんというか、やっぱり日本車。安心はできるが、よそが眩しく感じることがある。

      駆動がFFベースのAWDなのもなんちゃって4躯で印象が悪いが、適切なシーンで後輪の駆動が効くので雪道でも不自由しない。また、エンジン3500ccにあってCVTなため、同乗者の乗り心地はピカイチ。ギア数をどれだけ増やしても変速ショックは不快で、トルクステアが出ることや、高トルク発生時に内部で滑ったりすることがあるが、低価格で実現されるハイブリッドと共に、購入の大きな決め手となったポイントとなる。

      広大な室内空間はLexusで他の追随を許さない。NXはコンパクトで乗用車を少し大きくした感じだが、RXはとくにかくデカい。最小回転半径も大きい駐車場所、抜け道は慎重に選ばなければならなくなった。また、外出先ではドアパンチに遭遇しやすい。見切りも悪く、保険の車両等級が高いことからもわかるように、油断するとヒヤリとすることがある。主に幅広なことが影響するリア巻き込みが原因となるため、さらにホイールベースが長くなる3列シートはどうなることやら。プレリュードにあったAWSのような感覚で気をつける必要がある。

      よく売れているRXシリーズ。今も人気だが、1850mmの車幅は買う前に扱えるか、利用シーンにあっているか考えてから買ってほしい。LXやLCが登場するまではLSよりも幅広。おかげで室内も広々。肩から窓まで10cm近くあるし、頭の上もそれ以上にある。レーンキープアシスト、全車速クルコン共に以前は高級車にしかなかった装備が軽自動車にまでつくようになって差別化が難しくなっているが、ずっと乗り続けていると感じる出来のよさはあって、オススメできる。

    RX ハイブリッドのクチコミ

    (389件 / 61スレッド)

    クチコミ募集中

    RX ハイブリッドのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    RX ハイブリッド 2015年モデル

    RX ハイブリッド 2015年モデル

    RX ハイブリッド 2015年モデルのクチコミを書く
    RX ハイブリッド 2009年モデル

    RX ハイブリッド 2009年モデル

    RX ハイブリッド 2009年モデルのクチコミを書く
    RX ハイブリッド

    RX ハイブリッド

    RX ハイブリッドのクチコミを書く

    閉じる

    RX ハイブリッドのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    RX ハイブリッド 2015年モデル

    RX ハイブリッド 2015年モデル

    RX ハイブリッド 2015年モデルのクチコミを書く
    RX ハイブリッド 2009年モデル

    RX ハイブリッド 2009年モデル

    RX ハイブリッド 2009年モデルのクチコミを書く
    RX ハイブリッド

    RX ハイブリッド

    RX ハイブリッドのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ1
      • 返信数0
      • 2020年5月3日 更新
      スマホを使用して、レクサスRX(マイナチェンジ後)のナビの基本操作から裏技までできるだけ多くの操作方法を教えて下さい。
      • ナイスクチコミ2
      • 返信数0
      • 2020年2月17日 更新
      田舎に住んでいるため通信のマークが出る程度でしたが。先日高速道路を走行中、現行LSとレーダークルコン中に初めてITSコネクトがロックオンしました。普通のクルコン時との体感差はわかりませんでしたが、メーター横に現れたギミックがゲームみたいで少し感動しました。
      • ナイスクチコミ192
      • 返信数53
      • 2019年7月6日 更新
      建設業の内装工事を家族で経営している者です。 
      仕事で使っているエルグランドが来年3月で車検の為 
      RX450に乗り換えようかと検討中です。 
      税理士の先生に相談した所、荷物が積めて実際に使うなら 
      問題はないが、税務署がどう判断するかは分からないと言う事でした。 
      もし、同じ様なケースで購入された方がおられましたら 
      アドバイスなどよろしくお願いします。

    RX ハイブリッドの中古車

    RX ハイブリッドの中古車相場表を見る

    RX ハイブリッドとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止