スズキ ワゴンR 2017年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

ワゴンR 2017年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
FA2018年8月30日/マイナーチェンジ107万円 59〜119万円   FF 4人 26.8km/L 658cc 750kg 52ps
FA (MT)2018年8月30日/マイナーチェンジ107万円 87〜96万円   FF 4人 25.6km/L 658cc 730kg 52ps
FA 4WD (MT)2018年8月30日/マイナーチェンジ119万円 99〜105万円   4WD 4人 23.4km/L 658cc 780kg 52ps
FA 4WD2018年8月30日/マイナーチェンジ120万円 79〜119万円   4WD 4人 25.4km/L 658cc 800kg 52ps
HYBRID FX2018年8月30日/マイナーチェンジ117万円 69〜149万円   FF 4人 33.4km/L 658cc 770kg 55ps
HYBRID FX 4WD2018年8月30日/マイナーチェンジ129万円 89〜161万円   4WD 4人 30.4km/L 658cc 820kg 55ps
HYBRID FX Limited2018年9月10日/特別仕様車131万円 104〜140万円   FF 4人 33.4km/L 658cc 770kg 55ps
HYBRID FZ2018年8月30日/マイナーチェンジ135万円 89〜178万円   FF 4人 33.4km/L 658cc 790kg 55ps
HYBRID FZ Limited2018年9月10日/特別仕様車142万円 116〜160万円   FF 4人 33.4km/L 658cc 790kg 55ps
HYBRID FX Limited 4WD2018年9月10日/特別仕様車142万円 129〜155万円   4WD 4人 30.4km/L 658cc 820kg 55ps
HYBRID FZ 4WD2018年8月30日/マイナーチェンジ147万円 105〜155万円   4WD 4人 30.4km/L 658cc 840kg 55ps
HYBRID FZ Limited 4WD2018年9月10日/特別仕様車154万円 139〜184万円   4WD 4人 30.4km/L 658cc 840kg 55ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
FA2017年2月1日/フルモデルチェンジ

107万円

59〜119万円   FF 4人 26.8km/L 658cc 750kg 52ps
FA (MT)2017年8月23日/マイナーチェンジ

107万円

87〜96万円   FF 4人 25.6km/L 658cc 730kg 52ps
FA 4WD2017年2月1日/フルモデルチェンジ

120万円

79〜119万円   4WD 4人 25.4km/L 658cc 800kg 52ps
FA 4WD (MT)2017年8月23日/マイナーチェンジ

119万円

99〜105万円   4WD 4人 23.4km/L 658cc 780kg 52ps
HYBRID FX2017年2月1日/フルモデルチェンジ

117万円

69〜149万円   FF 4人 33.4km/L 658cc 770kg 55ps
HYBRID FX 4WD2017年2月1日/フルモデルチェンジ

129万円

89〜161万円   4WD 4人 30.4km/L 658cc 820kg 55ps
HYBRID FZ2017年2月1日/フルモデルチェンジ

135万円

89〜178万円   FF 4人 33.4km/L 658cc 790kg 55ps
HYBRID FZ 4WD2017年2月1日/フルモデルチェンジ

147万円

105〜155万円   4WD 4人 30.4km/L 658cc 840kg 55ps

ワゴンR 2017年モデルのレビュー・評価

(32件)

ワゴンR 2017年モデルの満足度

4.02

(カテゴリ平均:4.31)

    ワゴンR 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • 10年以上乗っていたムーヴがもう動いてるのが奇跡みたいな状況でしたので買い替えに。買い替えの条件として

      1.乗り心地が良い車が欲しいが、費用はなるべく抑えたい。
      2.一度信号待ちでよそ見してしまいぶつけてしまったので自動ブレーキ等の安全面は現時点で良いものを選びたい。
      3.車中泊しやすい車が良い。災害時にも便利。
      4.1日の運転時間が長い(2時間前後)のでフロントドアガラスのuvカット機能が高いもの,IRカット機能があるものにしたい
      5.スライドドアの分値段が高くなるし、重量も重くなればその分燃費が悪くなるので今回はスライドドア非搭載車に

      以上の5点で絞り込み、ワゴンR F
      続きを読む Xリミテッドに決定しました。以下感想

      1.乗り心地、実用性に関してはNBOX等のスーパーハイトワゴンが登場するまではムーヴとのトップの売り上げ競争していただけあり、評判も良く、とても良いです。エンジンの回転数が2000回転ぐらいまでであれば静かで、坂道等のエンジンパワーが必要な場面以外はとても快適です。

      2.自動ブレーキに関しては現時点では軽自動車ならスズキかホンダの2択かなと思いました。ダイハツは数値的にも一歩劣る感じでした。スマートアシスト4になれば変わるとは思いますが。

      3.シートアレンジの豊富さと後部座席のフラットのやりやすさはスズキが一番良いと思いました。ワゴンRであれば片側フルフラットが容易なので、マットを引いてお一人様車中泊も簡単にできました。画像も貼っておきます。片側フルフラット にマットだとこんな感じです。上記のは厚さ3センチのマットですが、快眠には厚さ8センチ以上のほうがよいと思います

      4.日中の運転が1時間以上であれば普通のUVカットガラスでは不十分であると思っていましたので、ほぼUVをカットしてくれるスーパーUVカットガラスはとてもありがたいです。少し前だと高級車ぐらいしか搭載してませんでしたしね。

      5.燃費と値段を取るか、NBOX等のスーパーハイトワゴンの高さとスライドドアを取るかかなり悩みましたが、結局ワゴンRにしました。 自分にはそれで良かったと思います。
      納車がとても早く、購入から10日ほど経っていますが、スライドドアにしておけばという場面は今のところありません

      上記以外でワゴンR FXリミテッドを買って良かった点
      、残念な点

      ・FXと比較して大分お得、内装外装もちょっぴり豪華に
      ・シートリフターのお陰で、シートを高くすれば付属のサンバイザーのみで太陽が眩しさ軽減できた。ムーヴ に乗っていた頃にはサングラスでもかけないと無理な時がありました。
      ・ものぐさだったので、夜間オートハイビームが超便利
      ・鍵を取り出さなくても解錠、施錠できるワンタッチボタンが便利
      ・2005年式のムーヴ からの買い替えだったので、比較すればほとんどのことで向上していてる

      残念な点
      ・ アームレストに収納ボックスが無い
      ・サイドエアバッグが無い、オプションでも選べない
      ・スペーシアにある後方ブレーキサポート機能が無い。発進するつもりがバックしてたなんて場面は一度もありませんが、この手の安全機能はあるにこしたことはないので少し残念

      の以上です。燃費の良い車に乗りたいけど、ある程度の広さは欲しいという方には是非オススメの一台です! コストパフォーマンスも現行トップクラスだと思います。
    • 主に仕事用で使っていたアルトが、1回目の車検後10万kmを走破してしまい、軽とはいえ腐っても日本車w、2回目の車検ぐらいまでは大丈夫じゃないかな〜、大きな故障等出て欲しくないな〜、と思っていたところw、オイル交換で立ち寄ったデーィラーの店長から乗り換えのお勧め(思わぬ好条件の下取り価格w)を受けてしまいw

      今回は、ワゴンRを選びました。

      普通のFXでも良かったんですが、カタログで観た 25th anniversary FX LIMITED の紺メタ(ノクターンブルーパール)が、やけに気に入ってしまい・・・・w
      普通のFXとの装備比較で高いと感じず、仕事で長距離運転が多いので、年齢
      続きを読む 的にもw安全装備はあった方がいいだろうと。
      ま、結局は、ボディカラーで買っちゃった感が強いですねw
      ワゴンRの前に乗っていた「ミラクル」シビック以来の紺メタ、初代のワゴンRも思い出させw、いい感じです。
      最近の車の中では、紺メタが似合う車の1位2位を争うんじゃないか?などと思っていますw

      【エクステリア】
      ま、ワゴンRですねw

      初代〜2003年モデルまでのフロントグリルのイメージを継承しつつ、凸っとはみ出したフロントウィンカーで差別化を図ってるのかな〜とw
      ブレーキランプの形状・位置も、初代〜1998年モデルを継承している感じがします。

      末広がりのBピラー、乗ってみるまでは、運転席から左後ろを確認する際に死角が大きくならないかちと心配でしたが、問題なかったですね。
      今のワゴン車全般の流行りと、傘置きを兼ねてますw

      アルトの車検の時、代車で現行スペーシアに2、3日乗りましたが、たしかに開放感はあるものの、車体の重さ、「むだに空気を運んでる」空虚感みたいなものを感じてしまい・・・・w
      個人的には、ワゴンRの車高ぐらいがバランス良いように思いますね。

      【インテリア】
      黒を基調として、なかなか落ち着いています。ちょっと軽とは思えないようなw

      ただ、センターメーターは、「差別化の為の差別化」感が強いかな〜とw
      昔、ヴィッツか何かがセンターメーターを採用した際、その理由として「左右どちらのハンドルでも部品が共用出来るので、コストダウンに繋がる」というのを何かで読んだ記憶があり。
      軽のワゴンRを、左ハンドル文化圏に輸出するのかな?とw
      おかげで社外ナビは、ヘッドアップディスプレイと積み替えたコムテックのレーダー探知機に被らないようw、ハンドル前のインパネアッパートレイに鎮座させることになりw
      センターメーターは、瞬間燃費を確認する時とガソリンの減り具合を確認する時しか見ませんねw

      また、他の方のレビューにもありますが、たしかに収納が少ない気もします。
      アームレストはアームレスト以外の何物でもないしw、以前乗っていた2003年モデルには付いていた、ルームミラー上のサングラス等を入れる収納もないしw、結構便利だったんですよね、あれって。
      もし「原点回帰」を目指していたのなら、もう少しワゴンRらしく収納が多い方が良かったかな、と。

      【エンジン性能】
      アルトよりも若干トルクが落としてあるようですが、アルトと同じく実用域で滑らかに吹け上がり、マイルドハイブリッドのおかげでトルク感もあり、低回転数のおかげで至って静かです。十分ですね。

      【走行性能】
      アルトと同じく、2,500回転も回せば街乗りでは十分です。
      あまりアップダウンがないエリアだったら、発進から2,000回転以内で事足りますw 
      アクセルを一定で踏み続けていると、知らぬ間に80km出そうなこともありw

      また、アルトより直進安定性が高い印象があります。
      高速走ってて横風が強い時でも、アルトより安心感がありますねw
      アルトより車重が120kg増えているメリットでしょうか?w

      また、たまに「車線逸脱警報機能」が、横断歩道を検知?してw、ピピピピッ!と鳴り響きますw

      【乗り心地】
      アルトよりも、静かです。

      アルトには車重の軽さからくる軽快感を強く感じていましたが、ワゴンRはしっかりしたハンドリングや上質な乗り心地の印象が強いですね。
      アルトより高い分w、コストかけてる感じがしますw

      【燃費】
      納車から約1ヶ月、慣らしも終わって3,000kmを越えましたが、停止⇒発進加速で回転数を上げ過ぎないようにすれば(私の場合、理想は2,000回転w、上限2,500回転w)、大体カタログ値の8掛け、26km/Lはいきます。

      【価格】
      残価設定クレジット(5年)で購入したので定価(バイザー、マット、AM/FMラジオCD、SGコート付き)。

      【総評】
      久しぶりに乗るワゴンR、上質な方向に進化した印象が強いです。
      アルトよりも着座位置が高いので、高速走行が多い時は疲労が軽減される感じがします。

      後席スライドドアが必要ない人、自転車等高さのある荷物を積む機会が少ない人、「むだに空気を運んでる」空虚感を感じたくない人にはw、良い選択肢になると思います。
      アルトより120kgも重い770kgですがw、スペーシアが870kg、N‐BO●が890kg以上とw、それでも100kg以上軽いんですよね。
      この軽さのメリット、結構大きいんじゃないかなと思います。
    • 【良い点】
      ・広い車内
      ・無音アイドリングストップ
      ・実燃費22.5km/l(満タン法、表示23.3km/l) ※ただし33.4km/lからは程遠い。
      ・乗り心地の良さ

      【気になる点】
      ・エンブレ効き過ぎ&非力なモータークリープ
      前方が赤信号でアクセルオフにするとエンブレが強すぎて急減速、後続車は相当迷惑な様子。かといって、信号赤なのが見えてるのにアクセル踏み続けるのもエコでない。後続車が無い場合に限り、クリープが動作するまで速度を落とすが、クリープ速度は亀かと思うほどゆっくりである。モーターで自走は可能とはいえ実用性の観点から不満。

      ・ベンチシートのホールド性の悪さ、
      続きを読む 収納の少なさ
      運転席と助手席の間のクッションを収納に活用できないのか?
      (蓋付き収納ボックスなど。)ただし、ライバル車も同様のベンチシートのようである。なお、腰当クッションを使えばすわり心地の悪さは多少改善された。

      【まとめ】
      微妙なハイブリッド機能であるが、モーターアシストが働く際の加速にはメリットを感じるものの、電池が充電されていることが条件だし冬季はエンジン温まるまで、モーターアシストが働かない。それなら他の方のレビューにあるように、+10万でハイブリッドにするより、+15万でターボにしたほうが圧倒的に走りはよくなるのではないかと思う。ハイブリッドで実燃費27〜8ならともかく、複雑な仕組みの割に実燃費22ではそれほどメリットは無いのかなと。

      まあ、気になる部分もあるものの、走り自体は以前の軽自動車とは次元が違う上質な感触なので満足度は5点です。

    ワゴンR 2017年モデルのクチコミ

    (365件 / 43スレッド)
      • ナイスクチコミ33
      • 返信数17
      • 2019年2月17日 更新
      この度母親のクルマを買い替えるにあたり、現在、先々代ワゴンR、NA MT4WDに乗っていて、今回現行ワゴンRFA MT 4WDを考えています。
      そこで、このクルマ、センターメーターになっていますがその視認性等ユーザー様のご意見をお聞かせ頂きたくよろしくお願い致します。
      • ナイスクチコミ1
      • 返信数2
      • 2019年2月16日 更新
      購入検討中なのですが25th限定車のFZは標準で15インチタイヤになりタイヤサイズも165/55/15になるみたいですがタイヤメーカーの記載がありません。どなたかわかる方いらっしゃいますか?
      • ナイスクチコミ29
      • 返信数12
      • 2019年1月24日 更新
      FXグレードには、FZや、スティングレーには付いているスタビライザーが付いてないようですが、日常使いでは問題ないのでしょうか?

    ワゴンRの中古車

    ワゴンRの中古車相場表を見る

    ワゴンRとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止