スズキ アルトの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

スズキ アルトの新型情報・試乗記・画像

アルトの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

アルトのモデル一覧

アルトのレビュー・評価

(91件)

アルト 2014年モデルの満足度

3.91

(カテゴリ平均:4.29)

    アルト 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 【エクステリア】
      かなり個性的ですね。原因は、ボンネット後端をワゴンR等のハイト系と同じ高さにしてエンジンルーム容積を確保しエンジンルーム長を削減して室内長を長く取るパッケージングの為のようです。
      ウエストラインが高いのに天井を低くしてグラスエリアを小さくするのはやはり軽量化の為でしょうが極端ですね。

      【インテリア】
      Lリミテッドはワークスと同じ内装パーツでブラックに統一してあるので落ち着いた感じで自分の好みです。
      シートの出来が良いのか長い時間運転してもどこも痛くならないですね。ホールドも申し分有りません。
      但し例のボンネット後端に沿って高い位置に有るインパネに合わせてあるの
      続きを読む かハンドルの位置がかなり高いのでシートを前方に合わせる必要が有りかしこまった姿勢を強いられます。
      カップホルダーが四つともに車体の中央に有る為全て運転席から手が届き余った飲料スペースを小物入れとして使えるので便利です。

      【エンジン性能】
      副変速機付CVTなので制御が失敗した時にカクつくのですが走りに影響するほどてはないです。
      30km/h以下では少し踏み込んだだけでメーターのグリーンランプがブルーに変わってしまう為気を使いますが30km/h以上では踏み込んでも簡単にはブルーにならない上にアクセルに対する反応も良いので運転しやすいです。

      【走行性能】
      このアルトの最大の欠点がDレンジとLレンジの間にエンジン回転数を高く保つレンジが無いことです。
      急な勾配の登りではカーブでアクセルを戻した時など回転数が落ちると低い回転を保つように制御されているようで再加速がなかなか始まりません。
      又、下り勾配ではエンブレが効かずフットブレーキを多用することになりフェードしないように気をつかいます。
      Lレンジでは回転数が上がりすぎてかなりスピードを落とすことになり他車に迷惑です。
      ゆるい下り勾配ならばエンブレの代わりにエネチャージが効いてアクセルだけでスピードコントロールが可能なだけに残念でなりません。
      せめて30km/h以上でLレンジに入れた時にはスピードに合わせた適切な回転数に落ちるように制御出来ないものかと思いますがコスト優先のアルトですから無理なんでしょうか?

      【乗り心地】
      燃費優先で高圧指定の硬いタイヤなのでそれを補う為かバネがかなり柔らかく簡単にフルボトムします。強いショックが伝わってきますがシャーシがしっかりしているのでふわついたりする事は有りません。
      タイヤを快適性優先の14インチに交換してみましたがアルトよりも重い車に合わせているようでアルトでは細かい段差を拾います。但し50km/hを超えるとフラットな乗り心地になり安定感が違います。
      快適性優先のタイヤですがアルトの車重のお陰でかなりのスピードでコーナーに進入してもあっさり曲がってしまいます。
      バネが柔らかいので大きくロールしますがシャーシがしっかりしていて安定感は失われません。
      アルトは、変わったバリアブルギアレシオを採用していてハンドルを切り込んでいくとタイヤの切角が少なくなりアンダーが出たような錯覚が起こります。
      この時は余計にハンドルを切って行けば良いので減速する事なくカーブを曲がってしまえます。

      【燃費】
      だいたい22km/Lですね。ほぼ市街地しか走らないのでこの程度なのではと思います。

      【価格】
      Lリミテッドは、一年落ちの試乗車だったのですが表示価格はオプションのディスチャージベッドランプとオプション車体色のピュアホワイトパール、フロアマットが付いて74万。
      契約時は、サイドバイザーと持ち込みのオーディオ取り付け他諸費用込みで総額78万でした。
      かなり安かったと思います。

      【総評】
      初めての軽自動車で初めての中古車でしたが今では安全装備がある程度出揃ったので17年乗ったABSとエアバックしか無いカローラランクスから乗り換えました。
      コストダウンの結晶のように言われているアルトですが軽く作った事で全てが報われているような気がします。
    • 52021年5月1日 投稿
      【エクステリア】
      フロントは慣れれば良いですが、リアビューは好きになれません。
      【インテリア】
      チープとは思いますが、落ち着いた色合いでよいと思います。最安グレードですがCDプレーヤーが標準搭載されているのはうれしいです。
      【エンジン性能】
      これは期待以上でした。車体の軽さとあいまって軽快に加速していきます。我が家には初代ハスラーの5MTもありますが、違うエンジンを積んでいるようです。(同じR06AのNAですが)
      【走行性能】
      最安グレードのFでミッションは5AGSを選択しました。これがビックリするくらい快適です。ただし、マニュアルモードを選択した場合です。
      クラッチがないのが
      続きを読む まず楽ですが、加速フィールはマニュアルのそれです。変速も動かす手足が少ないせいか、マニュアル車よりスムーズと思います。
      特筆すべきは減速時のシフトダウンです。ブレーキを踏みながら3>2と落とすと、勝手にエンジンの回転数をシンクロしてくれます。マニュアル車でいうところのヒールアンドトゥを機械が勝手にやってくれる感じです。これにより立ち上がりの加速がスムーズになります。何か自分の運転技術が上がったのかと思わせてくれます。
      【乗り心地】
      車体が軽い割には剛性が高いようで、段差の超え方も悪い感じではないです。
      【燃費】
      まだ給油1回分も走っていません。平均燃費はじわじわ上がっていくようで、もうすぐ19キロに乗るところです。20キロは普通に超えそうです。
      【価格】
      メンテナンスプランに入っても90万ちょっと。値段以上に満足感は高いです。
      【総評】
      訳あって、13年以上乗った2008年モデルのアルト(5MT)から乗り換えました。先代は日常の足としては十分でしたが、今回のアルトは値段そのままで、こんなに乗って楽しい車になっているとは思いませんでした。
      家族で乗ったりする方には厳しいかもしれませんが、この値段、このサイズの車に、これだけ車の楽しさを凝縮できるものなのかと、感心しました。特にAGSのデキは素晴らしい。AT免許の人には厳しいかもしれませんが、楽にマニュアル車に乗りたい人にはお勧めです。2ペダルのシーケンシャルシフトのマニュアルと考えれば、少し違った見方でアルトを捉えなおすことができます。
    • 社用車です。
      ブレーキが最悪です。(一日合計3時間20キロ程度走行)
      【徐行時にエンストした時のようなビクンビクンという挙動があり一定の速度で走るのが難しい】(故障ではなく仕様です。)

      外見やエンジン性能、価格はよいです。

      【だが、徐行がし辛いのは、車として基本性能の欠落だと思うので低評価になりました。】
      回生ブレーキが悪さをしてる様です。
      停車直前に回生ブレーキのダイナモが駆動系から離れて発電を停止する仕組みです。そのため、止まろうと思った目測の距離が狂いやすく、容易に停止線をオーバーしそうになります。危険過ぎる。どうしてこんな設計をした、こんな完成度で発売できたのかが謎
      続きを読む

    アルトのクチコミ

    (3587件 / 270スレッド)

    クチコミ募集中

    アルトのクチコミ対象製品を選択してください。(全5件)

    アルト 2014年モデル

    アルト 2014年モデル

    アルト 2014年モデルのクチコミを書く
    アルト 2009年モデル

    アルト 2009年モデル

    アルト 2009年モデルのクチコミを書く
    アルト 2004年モデル

    アルト 2004年モデル

    アルト 2004年モデルのクチコミを書く
    アルト 1998年モデル

    アルト 1998年モデル

    アルト 1998年モデルのクチコミを書く
    アルト

    アルト

    アルトのクチコミを書く

    閉じる

    アルトのクチコミ対象製品を選択してください。(全5件)

    アルト 2014年モデル

    アルト 2014年モデル

    アルト 2014年モデルのクチコミを書く
    アルト 2009年モデル

    アルト 2009年モデル

    アルト 2009年モデルのクチコミを書く
    アルト 2004年モデル

    アルト 2004年モデル

    アルト 2004年モデルのクチコミを書く
    アルト 1998年モデル

    アルト 1998年モデル

    アルト 1998年モデルのクチコミを書く
    アルト

    アルト

    アルトのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ32
      • 返信数37
      • 2021年4月30日 更新
      現在15年式走行6万弱を乗ってます。今後長く乗りたいのでCVT オイルを交換しようと思い、購入は中古でトヨタからでしたが一応スズキに問い合わせると、案の定無交換で大丈夫とのこと。そこで販売店のトヨタに聞くとOK でしたが、オイルはCastroのオイルかワコーズでどう?と言われました。
      うちでは交換はみなこれを使うし粘度合わせれば問題ないとのことでしたが、個人的にはスズキの指定
      続きを読む品じゃないと不安です。
      ネットでは純正でないと故障するとか?
      この辺についてのアドバイスをお願いします
      • ナイスクチコミ36
      • 返信数8
      • 2021年4月21日 更新
      LグレードCVTを新古車で購入し1ヶ月ほど乗りました。
      スタイリングもさることながら、軽とは思えぬ走りと快適性で非常に満足しております。

      ただ未だに20km/h〜10km/hのみ減速時に掛かるぐぐぐっというエンブレような感じがどうも慣れません。
      また10km/h以下になるとスっと抜けるので停止時に前車両と近づきすぎると少々怖いです。
      試乗時と乗り始めの頃はエネチャー
      続きを読むジの回生ブレーキの特性かと思いましたが、回生ブレーキ時に聞こえる「フィーン」という音がしない、充電表示にもなっていない、回生ブレーキ時より強く感じるので「?」状態です。

      今まで比較的大きめのAT車に乗っており、CVTの軽は初めてなもので車重による挙動特性なのでしょうか。
      それとも表示されていない時でもエネチャージが充電されているのでしょうか。

      この現象が何か分かる方おりますか?
      宜しくお願い致します。
      • ナイスクチコミ26
      • 返信数21
      • 2021年3月25日 更新
      この車に限らず現在はテンパータイヤが無くなり修理剤が搭載されるケースが増えてますが、でも、タイヤのサイドを擦ってのパンクやその他薬剤ては対応不可のケースも考えられる為、ネットでは後部のスチロールを加工しテンパータイヤを載せてるユーザーもいるようです。
      そこで伺います。この点についてどう考えてますか?

    アルトの中古車

    アルトの中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較

    アルトとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止