スバル インプレッサ スポーツ 2016年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

インプレッサ スポーツ 2016年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
1.6i-L EyeSight2018年11月2日/マイナーチェンジ194万円 115〜207万円   FF 5人 18.2km/L 1,599cc 1,300kg 115ps
1.6i-L EyeSight S-style2018年11月2日/特別仕様車210万円 194〜226万円   FF 5人 18.2km/L 1,599cc 1,300kg 115ps
1.6i-L EyeSight 4WD2018年11月2日/マイナーチェンジ216万円 148〜237万円   4WD 5人 17.0km/L 1,599cc 1,360kg 115ps
1.6i-L EyeSight S-style 4WD2018年11月2日/特別仕様車232万円 230〜249万円   4WD 5人 17.0km/L 1,599cc 1,360kg 115ps
2.0i-L EyeSight2018年11月2日/マイナーチェンジ218万円 138〜237万円   FF 5人 17.0km/L 1,995cc 1,320kg 154ps
2.0i-L EyeSight 4WD2018年11月2日/マイナーチェンジ239万円 154〜245万円   4WD 5人 16.8km/L 1,995cc 1,370kg 154ps
2.0i-S EyeSight2018年11月2日/マイナーチェンジ239万円 138〜251万円   FF 5人 16.0km/L 1,995cc 1,350kg 154ps
2.0i-S EyeSight 4WD2018年11月2日/マイナーチェンジ261万円 149〜256万円   4WD 5人 15.8km/L 1,995cc 1,400kg 154ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
1.6i-L EyeSight2017年10月5日/マイナーチェンジ

194万円

115〜207万円   FF 5人 18.2km/L 1,599cc 1,300kg 115ps
1.6i-L EyeSight2016年12月20日/フルモデルチェンジ

192万円

115〜207万円   FF 5人 18.2km/L 1,599cc 1,300kg 115ps
1.6i-L EyeSight 4WD2017年10月5日/マイナーチェンジ

216万円

148〜237万円   4WD 5人 17.0km/L 1,599cc 1,360kg 115ps
1.6i-L EyeSight 4WD2016年12月20日/フルモデルチェンジ

213万円

148〜237万円   4WD 5人 17.0km/L 1,599cc 1,360kg 115ps
1.6i-L EyeSight S-style2018年4月24日/特別仕様車

210万円

194〜226万円   FF 5人 18.2km/L 1,599cc 1,300kg 115ps
1.6i-L EyeSight S-style 4WD2018年4月24日/特別仕様車

232万円

230〜249万円   4WD 5人 17.0km/L 1,599cc 1,360kg 115ps
2.0i-L EyeSight2017年10月5日/マイナーチェンジ

218万円

138〜237万円   FF 5人 17.0km/L 1,995cc 1,320kg 154ps
2.0i-L EyeSight2016年10月25日/フルモデルチェンジ

216万円

138〜237万円   FF 5人 17.0km/L 1,995cc 1,320kg 154ps
2.0i-L EyeSight 4WD2017年10月5日/マイナーチェンジ

239万円

154〜245万円   4WD 5人 16.8km/L 1,995cc 1,370kg 154ps
2.0i-L EyeSight 4WD2016年10月25日/フルモデルチェンジ

237万円

154〜245万円   4WD 5人 16.8km/L 1,995cc 1,370kg 154ps
2.0i-S EyeSight2017年10月5日/マイナーチェンジ

239万円

138〜251万円   FF 5人 16.0km/L 1,995cc 1,350kg 154ps
2.0i-S EyeSight2016年10月25日/フルモデルチェンジ

237万円

138〜251万円   FF 5人 16.0km/L 1,995cc 1,350kg 154ps
2.0i-S EyeSight 4WD2017年10月5日/マイナーチェンジ

261万円

149〜256万円   4WD 5人 15.8km/L 1,995cc 1,400kg 154ps
2.0i-S EyeSight 4WD2016年10月25日/フルモデルチェンジ

259万円

149〜256万円   4WD 5人 15.8km/L 1,995cc 1,400kg 154ps

インプレッサ スポーツ 2016年モデルのレビュー・評価

(129件)

インプレッサ スポーツ 2016年モデルの満足度

4.31

(カテゴリ平均:4.31)

    インプレッサ スポーツ 2016年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • インプレッサ スポーツ 2016年モデル インプレッサには、5ドアハッチバックのスポーツと、4ドアセダンのG4という2種類のボディが設定されている。カカクコムのサイトもそれに合わせてふたつが設けられている。

      5ドアのスポーツが先に発売されたため、4ドアセダンについては、雪上試乗会で試乗した分を別途紹介している。そちらも参照して欲しい。

      インプレッサスポーツには、スバルが伊豆サイクルスポーツセンターで開催したメディア関係者向けのプロトタイプ試乗会に出席したほか、愛知県で開催した市販車の公道試乗会、さらに千歳で開催した雪上試乗会にも出席し、用意された広報車両に試乗した。伊豆と愛知での試乗会の試乗車は2.0Lエンジンを搭載するA
      続きを読む WD車のみだったが複数のグレードに試乗し、雪上試乗会では1.6Lエンジンを搭載するFF車にも試乗した。ここでは2.0L車を中心にレポートしたい。

      スバルは今回のインプレッサの開発に合わせて新しいプラットホームを開発した。スバルグローバルプラットホーム(SGP)と呼ぶプラットホームがそれで、これによって走りの性能を大きく向上させている。スバルに言わせれば“感動レベルの動的質感”ということで、その仕上がりに対して自信を示していた。

      外観デザインはダイナミック&ソリッドをテーマに存在感のあるデザインに仕上げたとのことだ。ただ、実際にクルマを見ても際立って特徴的なデザインとは思えない。というか、従来のインプレッサとからの変更感がそれほどでもないように思える。旧型モデルと間違えそうとまでは言わないが、キープコンセプトの正常進化の範囲にあると思う。

      インテリアについても質感の向上が図られているものの、これまた斬新なデザインというほどではなく、スバルの言う“心を奪われる大胆なデザイン”というのは、ちょっと大げさに過ぎると思う。

      まあ、発売する新型車について悪く言うメーカーがあるはずはないので、スバルの主張もそうしたものと考えたら良いだろう。

      デザインはともかく、走りに関してはその完成度の高さに驚かされた。プロトタイプ車の試乗会では、従来モデルと新型モデルの両方が用意されていて、それを乗り比べることができたのだが、乗り比べた確認するまでもなく、新型車は画期的に良くなっていた。新プラットホームSGPの効果が極めて大きいことが良く分かった。


      SGPをベースにした新型インプレッサのボディ剛性は、従来のモデルに比較すると最大で2倍にまで高められているという。同時に、衝突時のエネルギー吸収量も1.4倍に高められるなど、これまでのプラットホームやボディに比べて次元を超えた性能の向上が図られている。

      ボディ剛性の高さは操縦安定性の高さや乗り心地の良さにつながるので、走り始めるとすぐにその良さが分かる。じかりした足回りとボディ構造によって、ボディやフロアに入る余分な振動が遮断されているので、とても快適な走りが得られる。さらにコーナーでのロールも良く抑えられていて安定した姿勢でコーナーを抜けて行ける。しかもタイトなコーナーでの回頭性に優れるのも特徴だ。

      エンジンは水平対抗4気筒の1.6Lと2.0Lの設定があるが、いずれも基本的に従来のモデルからのキャリーオーバーである。もちろん細かな改良は加えられていて、アクセルワークに対するレスポンスが向上するなどの効果は得られているのだが、性能の向上はごく小幅なものにとどまっているのが実情だ。

      またトランスミッションもチェーン式CVTのリニアトロニックCVTで従来と変わらない。このCVTは名前こそリニアトロニックだが、その変速フィールはリニアリティに欠けるのが実情であり、パワートレーンに関してはもうひとつ物足りない印象がある。

      ただ、新プラットホームの採用によるボディとシャシーの向上幅が大きく、それによる走りの質感向上が大きいので、新型インプレッサは高く評価できるのだ。

      インプレッサスポーツの2.0L車では、2.0i-Lアイサイトに205/50R17タイヤが装着され、2.0i-Sアイサイトには225/45R18タイヤが装着されている。それだけでなく足回りのチューニングも18インチタイヤ装着を基本にチューニングされていて、走りの良さという点では2.0i-Sアイサイトが断然上位にくる。

      タイヤが大きくなる分だけ乗り心地がちょっと硬くなる感じはあるのだが、引き締まった感じの乗り心地はむしろ好感が持てるものである。

      なので走りを重視して選ぶなら2.0i-Sアイサイトのほうがお勧めなのだが、話はそう簡単ではない。価格は2.0i-Sアイサイトのほうが20万円以上高くなり、さらにタイヤが大きくなったことが影響して燃費が悪くなり、エコカー減税の対象から外れるので、燃費の減税分のダブルパンチで高くなる。

      18インチタイヤの装着車は、ステアリングのフィールに関しては、操舵に対してやや敏感過ぎるような感じもあったが、これは操舵に対して素直に反応する良さということもできる。

      インプレッサには最新世代のアイサイトが標準装備されるほか、ボルボに次いで歩行者エアバッグという安全装備も全車に標準で装備されている。これらを含めて車両価格は1.6LのFF車が200万円を切るところから始まる割安な水準に設定されている。今どきのクルマ選びとして、けっこうお勧めできるクルマである。

      参考になった 57人
      2017年3月12日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 5
      乗り心地 5
      燃費 3
      価格 5
    • 還暦を過ぎ、11年連れ添ったBP5 レガシィT/Wターボからの乗り換えです。

      【外観、外装品】
      見た目通りです。個人的にはテールランプの角張った造形はもう少し大人しい方が好みかな。

      【内装、装備】
      本革シート仕様と言う事もあってか一見質感は高いのですが、シートの厚みは薄いし(特にリアシート)、ステアリング含め革材の品質は宜しくない。シートは座りも良くなく滑る。
      ビルトインのパナナビは機能、性能はともかく大きな存在感。しかし Apple Car Play 対応モニターがあればそっちの方がナビよりありがたかった。またモニター類が多すぎる。こんなに色々と確認しないとまともに走らない
      続きを読む のか?? 年寄りは視線を動かすだけで危険なのに。。
      あと、ルームランプの位置が少し前方に寄り過ぎていると思う。後席足元には光が届かない。
      ドアカーテシランプも無いし、後席用の送風口すら無い。

      【カーゴルーム】
      カーゴ下の収納は思ったより少ない。カーゴフックの位置も数も不満がある。仕上げも雑。
      良い物感は希薄だ。

      【走行性能、乗り心地】
      ここの評価はすごく迷う。
      先ずエンジン始動時のアイドリング音がかなり騒がしい。いきなり2000rpm位でアイドリングが始まるが、そんなに回す必要があるのだろうか?
      スタートは1900rpm位までスムーズに回転は上昇するが、その後シフトアップ(CVTなので減速度変化??) で1100rpm位まで下がる。まるで1速から4速に飛んでシフトアップされた様で凄い違和感がある。低速領域でアクセルを少し入れたり抜いたりする際に 1100rpm付近でスロットルが開いたり閉まったりする様な妙なギクシャク感がある。
      Sドライブにするとかなり緩和される事からも CVT制御の問題だと思う。
      中速領域は過度なアクセルワークでもスムーズに変速して好感度。エンジンの低速トルクも有るので走りやすい。
      高速は怖いくらいに力がない。90km/h以上は「壊れてる??」と思うくらい。まぁ2.0NAだから相応の性能だと理解しているが、やはりもうちょっとシャキーンと力強く回って欲しい。
      フィーリング的にはディーゼルみたいだ。

      乗り心地はなかなか優秀だと思う。足が良く動いていると感じるし衝撃のカドは少ない。4駆だから高速でも安定しているし一定速度で走っている分には申し分ない乗り心地。しかしやはり欧州車の様な「フリクションの少ない、よく動くサス」という感じにはあと一歩かな。
      でもまぁ日本車の中では本当に優秀だと思う。試乗した国産の車の中では一番だった。普通の道でもボディ剛性の高さを感じる。
      欲を言えば、後 10mm 位サスのストロークを増やして、もう一段サスを柔らかくしてくれたら更好なのだけど。
      走行音/遮音性についてはネットの評判ほどではない。結構なノイズが車内に入ってくる。BPより若干マシって程度。
      視界はスバル車の例にもれず素晴らしい。ドラポジもOK、ステアリングは凄く軽い。BPが重かったから比較するのがおかしいかもしれないけど。

      【燃費】
      購入してからの累計で(一般道70、高速30)で 7.8km/l 。
      ギクシャク感がイヤで常にSドライブ、アイドリングストップも off なのでこんなものかと。

      【アイサイト】
      インプに決めた大きな要因の一つががアイサイトだった。実際に高速などは非常に便利なのだけれど、いろいろな要因で支援制御が解除された際のアラートが分り辛くて混乱する。
      簡単な音声か何かで通知してくれる方が困惑しないと思う。
      前車をロックオンするのに少し時間が掛かるのが少し気になる。

      【総評】
      素晴らしい部分と「何だこれ」と思う部分が混在している。見方によって凄く評価に迷う車。
      インプに決めるまでにレガシィ、レヴォーグ含め 30車種位色々な車に試乗したのだけれど、本当に今の日本車に「欲しい車」が無かった。各人ライフスタイルも違うし車に対する望みも違うと思うのだけど自分にとって一番大事な要素である駆動系のドライバビリティの部分で「いいな」って思ったのは欧州車だった。
      パッケージングやメンテ・コストなどを考慮して国産コンパクトを探しても日本では コンパクト=下位車種の定義で本当のプレミアムコンパクトは存在しない。
      インプのキャラクターを持った上位車種がスバルに設定されないならば、インプを下位車種と見なさないで一つの確立された車種として育てるべきなのに適当にまとめてしまった感が払しょく出来ない。
      素地が良いだけに残念でならない。
      レヴォーグもそうだけど、もっと万人のニーズに応えられる様なグレード設定、仕様設定が必要ではないのか?
      スバルを選ぶユーザーは、単に安価な車を求めているのではないと思う。
      同様にスポーティさだけを求めているわけでも無いと思う。
      たまに後席に乗る高齢の母の車への昇降性の問題から契約直前でBMW/アクティブツアラーを諦め、インプに決めたのは、初代、3代目、4代目と25年に渡ってレガシィワゴンのターボ車に乗り続け、「ダサイけど丁寧に作られている」と言うスバル車に対する期待と言うか信頼と言うか、ともかくスバルらしさを求めてのものだったけれど、裏切られた気分だ。
      価格などから見た相対値は非常に高いけど、絶対値では大衆車。そこが評価の難しいところなのかもしれない。
      インプレッサ 良い車だと思います。そう思うだけに残念な車かな。。。CVTであり続けるなら最後のスバル車になると思います。。。
    • 前車はマツダプレマシー、2013年式FWDです(最終型)。プレマシーは車両重量1500kg、全高161.5cmと一回り大きい低背スライドドアミニバンでした。

      購入時はマツダアクセラスポーツの1,5Lガソリンと比較検討しました。アクセラを諦めた理由は3つ。

      ガソリンだと1.5Lしか選べませんが、街乗りレベルでも明らかに非力と感じました。
      後席、荷室の狭さ。4-2-1排気システムによるものと思いますが、ノーズが長く、キャビンと荷室を圧迫。さらに荷室は高さも低い。
      電動パーキング、全車速クルーズコントロールなどは、アクセラは選べず、モデル末期でこの値引き?という感じでした。

      続きを読む ンプレッサに決めた後は、グレードは.2.0iL、FWDにしました。当方名古屋でほとんど降雪はないので、車重が軽くて安いFWDが良いと思いました。またi-Sは走りに振ったモデルなので、そこまでは不要となりました(扁平率40タイヤ、アルミペダルが特に引っかかりました。アルミペダルだと雨の日靴底が濡れていると滑る気がしたので。)。もし、i-Sにレスオプションがあり、50%扁平タイヤと普通のペダルに変更できたら、i-Sにしたかもしれません。

      試乗インプレッションはAWDの2.0i-S、あっても1.6Li-Lとの比較で、このグレード(2.0i-L FWD)の試乗レポートは皆無でしたが、結果的にはこのグレード、駆動方式でよかったと思っています。1.6Lと2.0Lの差は、アイサイト運転支援等のMOPを装着すると価格差は13万円程度とかなり小さくなります。

      先日代車でGTインプレッサ1.6i-L FWDに乗ったので比較をしました。
      http://kenken92.synology.me/wordpress/car/impreza/1440.html

      MOPは、レザーシート以外全てを選択しました。そういえば某評論家がテスト走行でレザーシートが滑ると苦言を呈していましたね。DOPはダイアトーンサウンドナビ、ベースキットなどです。

      【エクステリア】
      アクセラに比べると無難、悪くいうと平凡なデザインです。アクセラは好き嫌いが分かれるでしょうが、存在感あるデザインです。

      【インテリア】
      質感はまずまずだと思います。気になる点があるとすれば、純正ETCの取り付け位置がグローブボックスの中(しかも運転席から遠い左の方)というのは今時いただけません。

      荷室はアクセラと比べると、奥行き、高さ共に広いです。アクセラはエンジンルームが長いのと、エクステリアデザインも手伝って、室内(特に後席)、荷室が窮屈でした。後発のカローラスポーツとの比較でも同様で、インプレッサが後席、荷室が広くファミリーカー的です。

      【エンジン性能】
      エンジン始動時のノイズは大きいです。これはアイドリング回転数が1800rpm程度と高いからです。始動直後はクリープ現象が強く出るので要注意です。パワーは必要十分です。比較したアクセラ1.5Lは街乗り試乗でも明らかに非力だったので。

      アイドリングストップの特に始動時の挙動は、マツダプレマシーの方が俊敏な印象です。

      【走行性能】
      ハンドリングは良好で、車体の剛性の高さを感じます。STIフレキシブルタワーバーをつけたら更にステアリングが正確になりました。

      プレマシーが6速トルコンATでしたので、インプレッサのCVTにはやや違和感を感じます。やはりトルコンATの方が、運転していて自然に感じます。但し街乗りではCVTのほうが好燃費なようです。夏場にエアコン全開でiモードでじんわり加速するとどうもギクシャク加速します。

      【乗り心地】
      ボディー剛性の高さと相まって、しなやかでなかなかよいです。Cセグメントであることを考えればなかなかだと思います。

      【燃費】
      正直褒められません。燃費の悪さと相まって、燃料タンクが50Lしかないので、航続距離は長くはありません。前モデルのGPインプレッサの同等モデルは、JC08が最終的に17.6km/Lだったようです。今どきFMCをして、カタログ燃費が落ちるというのはいかがなもんでしょう?しかも燃料タンク容量も、GPインプレッサが60Lだったのに、GTインプレッサでは50Lに減っています。プラットフォームの一新で、ボディ剛性は上がりましたが、重量が増し、燃料タンクも小さくしたのでしょうか?

      【価格】
      安全装備、運転支援は充実しているので、リーズナブルと思います。

      【安全装備】
      アイサイト3は、現状ではトップレベルですし、その他装備も充実しています。

      アイサイトは出来が良く、疲れたときに一級国道や高速道路を半自動運転(もちろん、安全上機械に全ては任せられません)出来るのはすごいと思います。但しやはり一般道ではACCに任せっきりはちょっと問題ありそうです。カーブ走行時に前走車を見失い加速する、赤信号で自社レーン前が積んでいる交差点で、前が空いているレーンに車線変更すると少し先に停車車両がいても急加速します。一方、前走車がブレーキをかけて右左折してレーン前が空いた時は、加速までの時間が遅いです。

      一方ルームミラーが自動防眩じゃありません(米国向けと違う)。年次改良でレヴォーグに搭載された自動防舷 or スマートリヤビューミラーの選択になると思われます(発表されたXVのB型はそうですし。)。あと英国仕様には存在する助手席ニーエアバッグも日本仕様では省略されていて、残念です。スバルは安全を売りにしていますし、仕向地向けで安全装備は同等のものをつけてほしいです。

      難点があるとすれば、アイサイトにより、ドラレコなどの装着をカー用品店で断られること。

      その他細かな不満(スバルに簡単に解決できる程度)は以下にまとめています。一部は純正オプションの不満です。

      http://kenken92.synology.me/wordpress/car/impreza/1114.html

      【総評】
      いろいろ書きましたが、トータルではとても気に入ってます。コストパフォーマンスを含めて私の志向ではライバルが見当たりません。
    • レヴォーグのレビューを書いたこともあり、せっかくなので、2年前の夏に北海道旅行で借りたこの車にも触れたいと思います。

      【エクステリア】
      レヴォーグ同様、あまり尖ったデザインでなく、個人的には好きです。
      先代のインプレッサの角が少し丸くなったデザインかなって思いました。

      【インテリア】
      レヴォーグで触れたのですが、質感は上位車のレヴォーグとあまり変わらない印象でした。
      なので、価格帯からすると、レヴォーグよりもお得感を感じてしまいます。

      【エンジン性能、走行性能】
      1.6リッターエンジンは平坦地で走る分には十分なパワーだと思います。
      坂道はやっぱりもう少しパワーが欲
      続きを読む しいなぁ、と思う場面はありました。
      2リッターはこれより当然余裕があって、坂道もスムーズに走るのではないかな、と思います。

      【乗り心地】
      レヴォーグと比べたらベースグレードということもあるのか、好感の持てる乗り心地でした。
      実は先代インプレッサもレンタカーで乗った事があったのですが、プラットフォームが新しくなった事もあってか、先代より大きく向上していると感じた点です。
      レヴォーグもあれ位のサスペンションセッティングしてくれたら、と思ってしまいました。

      【燃費】
      2年前に乗ったレビューなので、記憶の彼方へいってます。

      【価格】
      価格帯としてはやや高いかなぁ、と感じてしまいますかね…

      【総評】
      新型プラットフォームに変わってどうなの?と思いながら乗りましたが、乗り心地に関していうと、この後に乗ったレヴォーグや先代インプレッサからは大きく向上していると感じました。

      北海道旅行で当初はノートe-Powerを予約していましたが、かなりの距離を自分一人で運転することもあって、アイサイトの付いたこの車にしました。

      おかげで4日間、約800キロだったと思いますが、快適に運転出来ました。
      長距離を運転する場合、アイサイトもそうですが、クルーズコントロールの偉大さを実感しています。
      時が流れて、アダプティブクルーズコントロール搭載車が増えた今ですか、アイサイトのコントロール技術は他社より上をいっていると思います。

      ただ、そのアイサイトのバージョンアップが危機に瀕しているという情報を耳にしており、昨今のスバルを見ていると、その行く末が心配でなりません。

      いろいろ問題があるのでしょうが、その問題を克服して、予防安全分野で他社をリードするような技術を取り入れて欲しいと思います。

    インプレッサ スポーツ 2016年モデルのクチコミ

    (6801件 / 464スレッド)
      • ナイスクチコミ2
      • 返信数4
      • 2019年4月24日 更新
      G4 2.0i−S(DBA−GK6)ですが、「スポーツ」への口コミが多いのでこちらで質問します。
      SI−DRIVEについてお聞きします。
      取説によると、[I]モードは、市街地走行などの日常走行、[S]モードは、高速走行時などに適しているとあります。
      基本的に普段の走行では、[I]モードを使っていますが、出足などが重い気がして[S]モードで市街地を走ることが多いです。
      続きを読むイッチで切替えるのですが、エンジンOFFにすると、[I]モードに切替わってしまいますので、できれば常時[S]モードにしたいのですが、無理でしょうか。
      市販のパーツで自動で切替えができるものを見つけましたが、アクセルの開閉度によって自動切替えするシステムで、常時[S]モードにはならない様子です。
      「横着しないで、スイッチで切替えれば良いじゃないか」と言われそうですが、便利さにはなかなか勝てないものです。
      また、常時[S]モードになったとして、ディラーでの1年点検や車検は大丈夫でしょうか。
      よろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ120
      • 返信数17
      • 2019年4月23日 更新
      レビューを読んでいると、「予算が許せば2.0i-を選ぶことを勧めます。」という書き込みを時々見受けますが、私が1.6i-L を選んだ理由は、予算が足りないからではありません(笑)。予算はたっぷり有ります。1.6i-L が購入目的を性能的に充分満たし、気に入ったからですよ。以上です。
      • ナイスクチコミ4
      • 返信数5
      • 2019年4月22日 更新
      社外品のデジタルインナーミラーを装着している方いますか?
      ちなみに自分はAUTO-VOX X2という商品を購入して、車屋に持ち込んで取り付けをお願いしようと考えてます。

    インプレッサ スポーツの中古車

    インプレッサ スポーツの中古車相場表を見る

    インプレッサ スポーツとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止