スバル レヴォーグ 2014年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

レヴォーグ 2014年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
1.6GT EyeSight2019年6月27日/マイナーチェンジ291万円 76〜269万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,540kg 170ps
1.6GT EyeSight Smart Edition2019年6月27日/マイナーチェンジ300万円 125〜277万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,540kg 170ps
1.6GT EyeSight V-SPORT2019年6月27日/マイナーチェンジ313万円 269〜294万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,550kg 170ps
1.6GT-S EyeSight2019年6月27日/マイナーチェンジ313万円 85〜294万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,560kg 170ps
1.6GT-S EyeSight Advantage Line2019年8月29日/特別仕様車341万円 177〜344万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,560kg 170ps
1.6STI Sport EyeSight Black Selection2019年6月27日/特別仕様車363万円 319〜353万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,560kg 170ps
2.0GT-S EyeSight2019年6月27日/マイナーチェンジ368万円 115〜321万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,570kg 300ps
2.0STI Sport EyeSight2019年6月27日/マイナーチェンジ412万円 199〜374万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,570kg 300ps
2.0STI Sport EyeSight Black Selection2019年6月27日/特別仕様車412万円 401.5万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,570kg 300ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
1.6GT2014年6月20日/ニューモデル

266万円

56〜144万円   4WD 5人 17.4km/L 1,599cc 1,520kg 170ps
1.6GT EyeSight2018年6月1日/マイナーチェンジ

286万円

76〜269万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,540kg 170ps
1.6GT EyeSight2017年8月7日/マイナーチェンジ

282万円

76〜269万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,540kg 170ps
1.6GT EyeSight2016年6月10日/マイナーチェンジ

277万円

76〜269万円   4WD 5人 17.6km/L 1,599cc 1,530kg 170ps
1.6GT EyeSight2015年4月21日/マイナーチェンジ

277万円

76〜269万円   4WD 5人 17.6km/L 1,599cc 1,530kg 170ps
1.6GT EyeSight2014年6月20日/ニューモデル

277万円

76〜269万円   4WD 5人 17.4km/L 1,599cc 1,520kg 170ps
1.6GT EyeSight Proud Edition2015年6月8日/特別仕様車

286万円

112〜259万円   4WD 5人 17.6km/L 1,599cc 1,530kg 170ps
1.6GT EyeSight Smart Edition2018年6月1日/特別仕様車

294万円

125〜277万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,540kg 170ps
1.6GT EyeSight Smart Edition2016年12月12日/特別仕様車

290万円

125〜277万円   4WD 5人 17.6km/L 1,599cc 1,530kg 170ps
1.6GT EyeSight S-style2018年6月1日/マイナーチェンジ

292万円

109〜348万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,550kg 170ps
1.6GT EyeSight S-style2017年8月7日/マイナーチェンジ

292万円

109〜348万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,550kg 170ps
1.6GT EyeSight S-style2016年6月10日/マイナーチェンジ

290万円

109〜348万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,540kg 170ps
1.6GT EyeSight S-style2015年12月10日/特別仕様車

291万円

109〜348万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,540kg 170ps
1.6GT EyeSight S-style2015年1月13日/特別仕様車

289万円

109〜348万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,540kg 170ps
1.6GT EyeSight V-SPORT2019年1月15日/特別仕様車

307万円

269〜294万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,550kg 170ps
1.6GT-S EyeSight2018年6月1日/マイナーチェンジ

307万円

85〜294万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,560kg 170ps
1.6GT-S EyeSight2017年8月7日/マイナーチェンジ

307万円

85〜294万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,560kg 170ps
1.6GT-S EyeSight2016年6月10日/マイナーチェンジ

305万円

85〜294万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,550kg 170ps
1.6GT-S EyeSight2015年4月21日/マイナーチェンジ

305万円

85〜294万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,550kg 170ps
1.6GT-S EyeSight2014年6月20日/ニューモデル

305万円

85〜294万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,550kg 170ps
1.6GT-S EyeSight Proud Edition2015年6月8日/特別仕様車

299万円

119〜198万円   4WD 5人 17.6km/L 1,599cc 1,530kg 170ps
1.6STI Sport EyeSight2019年6月27日/マイナーチェンジ

363万円

169〜363万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,560kg 170ps
1.6STI Sport EyeSight2018年6月1日/マイナーチェンジ

356万円

169〜363万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,560kg 170ps
1.6STI Sport EyeSight2017年8月7日/マイナーチェンジ

356万円

169〜363万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,560kg 170ps
1.6STI Sport EyeSight2016年7月21日/マイナーチェンジ

348万円

169〜363万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,550kg 170ps
2.0GT EyeSight2015年4月21日/マイナーチェンジ

334万円

138〜229万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,550kg 300ps
2.0GT EyeSight2014年6月20日/ニューモデル

334万円

138〜229万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,560kg 300ps
2.0GT EyeSight V-SPORT2020年1月23日/特別仕様車

346万円

-

  4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,570kg 300ps
2.0GT-S EyeSight2018年6月1日/マイナーチェンジ

361万円

115〜321万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,570kg 300ps
2.0GT-S EyeSight2017年8月7日/マイナーチェンジ

361万円

115〜321万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,570kg 300ps
2.0GT-S EyeSight2016年6月10日/マイナーチェンジ

356万円

115〜321万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,560kg 300ps
2.0GT-S EyeSight2015年4月21日/マイナーチェンジ

356万円

115〜321万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,560kg 300ps
2.0GT-S EyeSight2014年6月20日/ニューモデル

356万円

115〜321万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,560kg 300ps
2.0STI Sport EyeSight2018年6月1日/マイナーチェンジ

405万円

199〜374万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,570kg 300ps
2.0STI Sport EyeSight2017年8月7日/マイナーチェンジ

405万円

199〜374万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,570kg 300ps
2.0STI Sport EyeSight2016年7月21日/マイナーチェンジ

394万円

199〜374万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,560kg 300ps

レヴォーグ 2014年モデルのレビュー・評価

(406件)

レヴォーグ 2014年モデルの満足度

4.41

(カテゴリ平均:4.3)

    レヴォーグ 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • レヴォーグ 2014年モデル スバルから新発売されたレヴォーグは、日本市場に向けて専用に開発されたステーションワゴンという触れ込みで登場してきた。といっても、スバルがたくさんの引き出しを持っているわけではなく、インプレッサをベースに作ったステーションワゴンにレヴォーグという名前を付け、新しいクルマとして発売した形である。

      レヴォーグはスバルとしてはかつてのレガシィツーリングワゴンの大ヒットよもう一度、という意気込みで開発したクルマだけに、新型車として相当に力が入れられた。搭載エンジンのうち1.6Lの直噴ターボ仕様はスバルとして初のものだし、人気の安全装備であるアイサイトは新しい制御を取り入れて安全性を高めたバージョン
      続きを読む 3という最新仕様が搭載されている。

      そんなレヴォーグには、スバルがミュゼオ御殿場をベースに開催したメディア関係者向けの試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードは1.6GT-Sアイサイトと2.0GT-Sアイサイトの2台だ。この日は箱根のワインディングを中心に走らせた。

      外観デザインは古典的ともいえるくらいにステーションワゴンらしいものに仕上げられた。あまりにも当たり前ワゴンでありすぎて、どうにも新鮮な印象に欠けるのが物足りない。ターボのインタークーラーに空気を取り入れるために設けられたボンネットフード上のエアインテークは、いかにも古さを感じさせるデザインの典型ともいえるものだ。

      インテリアに関してはインプレッサと共通である。レヴォーグは走行モードを切り替えるSIドライブが設定されて、その操作ボタンがステアリングに設けられたことがわずかな相違点だが、これもXVハイブリッドではすでに採用されている。

      ラゲッジスペースはたっぷりした容量があり、分割可倒式のリヤシートによって自在な使い方ができるほか、そのリヤシートの背もたれは後方に設けられたスイッチによって簡単に倒せるなど、使い勝手を高めている。

      走りはけっこう良い。というか十分に良かった。特に良かったのは新開発の1.6Lエンジンである。1.6Lの直噴ターボ仕様エンジンは世界の多くのメーカーが採用しているが、125kW/250N・mの動力性能はほかのメーカーのエンジンに負けていない。

      また1.6Lエンジンには、直噴ターボ仕様として世界初のレギュラーガソリン仕様とされたり、アイドリングストップ機構が装着されるなどして、燃料経済性を高める技術がいろいろと盛り込まれている。

      ハンドリング性能もとても良かった。レヴォーグでは1.6L車と2.0L車で異なる4WDシステム(どちらもフルタイム4WDだが)を採用していて、どちらかというと1.6L車のシステムのほうがアンダーステア傾向が出やすいのだが、実際に走らせて見ると想像する以上に回頭性に優れていた。

      これはトルクベクタリングという機能が全車に標準で備えられ、コーナーでは内側のフロントタイヤに軽くブレーキをかけ、外側のタイヤの駆動力を高めるようにしていることが貢献している。

      2.0Lエンジンはすでにレガシィなどに搭載されているのと同じエンジンだ。レヴォーグ用は微妙にチューニングが異なるが、221kW/400N・mという動力性能は圧倒的なもので、豪快な加速フィールが味わえる。ただ、トルクの立ち上がりなどに洗練された感じが薄く、優れた動力性能であるとはいえ、ちょっと過剰な印象である。

      トランスミッションはリニアトロニックのCVTで、1.6L用と2.0L用ではトルク容量の違いで異なる仕様が搭載されている。金属チェーン式のリニアトロニックは騒音が出やすい面があるが、レヴォーグの静粛性は相当に高いレベルにあった。さまざまな形で騒音対策が施されたことで、静かなクルージングが可能なクルマとしている。

      試乗車が両方ともビュシュタイン製のショックアブソーバーを採用したGT-Sだったので、標準車の乗り味が分からないのだが、試乗したGT-Sについていえば乗り心地、操縦安定性ともとても良かった。

      レヴォーグは全体として良くまとまったクルマであり、新エンジンを搭載し、定評あるスバルのシンメトリカルAWDや最新のアイサイトを採用するなど、さまざまな魅力を持つクルマだが、何か足りないように思う。

      多くのユーザーがミニバンを志向するのが今の時代だが、そんな時代にユーザーがもう一度ステーションワゴンを振り返ってみたくなるような、そんな魅力に欠けているように思うのだ。もっと強烈なインパクトが欲しいところである。

      価格も高めの印象だ。試乗した1.6GT-Sアイサイトは本革シート付きで320万円弱、2.0GT-Sアイサイトはほとんどオプションなしで360万円弱の車両価格だった。レヴォーグは発売前に大量の予約注文を集めていたが、この価格帯では安定した売れ行きを長く続けるのは難しいのではないか。

      参考になった 62人
      2014年8月17日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 3
      インテリア 3
      エンジン 5
      走行性能 5
      乗り心地 4
      燃費 3
      価格 2
    • 【エクステリア】
      少しフロント周りがゴテゴテしてるところがありますが、
      スバルの中では、まあまあかと思います。
      ただフロントグリルが標準では大人しい感じがします。
      オプションのメッシュタイプにしていますが、私的には必須アイテムです。

      【インテリア】
      インパネはインプレッサやフォレスターに比べると、プラスチック感が押さえられると
      思います。あと1.6もシートにアルカンタラが選べたらよかったです。
      またB型なので当時からカーナビが8インチ9インチが付けられるとよかったです。
      オーディオはディーラーオプションのサウンドナビとダイヤトーンスピーカーにしていましたが、
      全く持って
      続きを読む 音質が気に入らなかったです。(価格が高い割にイマイチな感じ。)
      過去レガシィのマッキントッシュには足元にも及ばないです。
      上を見たらきりが無いですが、ケンウッド彩速ナビとスピーカーの方が、
      コストも安いし音の聴かせ方も良いと思います。
      (現在このケンウッドの組合せに変えました。)
      装備については、今時の軽自動車にも負ける部分がありますが、
      次期型で期待です。

      【エンジン性能】
      CVTを守る為か、発進にタイムラグがあります。
      今は慣れましたが、駐車場の微妙な坂を上がる時など、
      アクセルコントロールに気を遣いました。
      1.6ですがパワーには満足しています。
      昔レガシィGT-B260psに乗っていましたが、比べても街中では不足感無く走ります。
      高速では法定速度を超えると差が大きくなりますが、あくまで260psと比べた場合です。
      お金があれば余裕ある2.0にしたいですが、一般的には充分なパワーだと思います。

      【走行性能】
      1.6GT-Sですが、3万km位で程度の良いstiスポーツの足回りに変えてあります。
      スティフナーも変えていますので、見た目以外現状ほぼstiスポーツです。
      これはかなりよかったです。
      GT-Sは路面が悪いと突き上げがあったり、高速域ではリヤが一旦揺れると収束しない
      現象があったり、セッティング不足を感じさせます。
      どうしてもダメでは無かったですが、より良い走りを味わいたくて変えました。
      純正タイヤも古くなったので、ミシュランPS4に替えたら更に良くなりました。
      駐車場出て走り出しただけでも良さを感じるので、ニンマリしてしまいます。
      1.6と2.0のAWDのシステムの違いは、余程振り回して走らない限り、
      1.6のシステムで充分です。

      【乗り心地】
      特にビルシュタイン装着車は全般的に固めですが、
      このクルマを分かって買う人は問題ないと思います。

      【燃費】
      燃費は高速はアイサイトクルーズを駆使すれば13km/l位は行きます。
      街中では、9km/l位です。
      もう少し良くしたいですがマイルドハイブリッドでも付けないと
      無理ですかね。

      【価格】
      高いけどそれなりに付加価値はあるかと思います。
      ただ昨今、クルマ全体が高くなっているので、
      頑張って欲しいです。

      【総評】
      レヴォーグ買う人は、走行性能を求めたりしているので、
      高いけど価値は感じているのでは無いでしょうか。
      形状がただステーションワゴンが欲しいだけの人は
      合わない可能性があります。
      ファミリーでも使えるスポーツカーみたいです。

    • A型が安くなっていたので昨年中古で購入。
      半年乗った感想を記載します。

      【エクステリア】
      元々レガシーに乗っており、なくても問題ないと言われるエアーインテイクもスポーティで個人的には大好きです。
      ファミリーカーでありながら攻撃的な外観はとても気に入っています。
      不満は電動格納ミラーがロック連動ではない点ですかね。
      後発のシリーズは連動できるようですが、初期型は出来ないため社外パーツを導入するなどしなければなりません。
      また、先日助手席側ミラーが格納しなくなる故障が発生。この年代のスバル車では頻繁に発生している故障らしく、購入元で補償修理となりました。

      【インテリア】
      続きを読む スポーツカーに乗ってるかのようなメカニカルな運転席は良い。やる気になれます。
      Aピラーの構造が良く視認性が良い。
      メーターも0が真横向いているのがデザイン的にとても良い。
      リアシートをトランクルーム側から自動で倒せるのも地味に便利な機能です。
      シートを倒すとフルフラットになるので車中泊も余裕です。
      グレードによってオプションの様ですが、メモリー付パワーシート、シートヒーターも使い勝手が良い。
      運転席・助手席共バイザーにライト付きミラーがあるのは良いですね。
      マイナスポイントとしては
      ・ハンドルと一緒に回ってしまうパドルシフト
      →ハンドルが少しでも回っているとどっちが+でどっちが−か解らなくなる。
      ・ドリンクホルダーの位置
      →ドア部もセンター部も使い勝手がイマイチ。センターはアームレストを使っているとドリンク取りにくい。
      ・ルームランプが全体的に暗い
      →床まで光が届かないので、夜なにか落とすと多分探すのは不可能。
      ・アイサイトの関係で、フロントガラスおよびダッシュボードの使用可能域が狭い
      →ドライブレコーダーや各種計器類を設置するときに気を使います。
      ・初期型純正パナナビがイマイチ
      →デッキの位置が若干低い為、走行中に画面を見るのは困難。純正ナビならMDF対応で画面を見なくてもナビ情報が見られるのは良いですが、Bluetooth経由でオーディオ音声を飛ばせないのは凄く不便。他の機能は悪くないだけに残念ですね。

      マイナス点いっぱい書きましたが全体的には良いです。

      【エンジン性能】
      1.6とは思えないほどパワフル。
      特に1.6は低回転域のトルクを重視しているため、街乗りでの操作性が非常に優れているように感じます。
      また、レガシィや他のステーションワゴンに比べサイズが小さいので、ハンドル取り回しなども楽ですね。
      CVT特有の「加速時のもたつき」ですが、確かに一瞬遅れるのは気になります。
      しかし他のCVT車よりも反応は良く、かつあれだけのトルクが出せるのは素晴らしいですね。
      良く遅い遅いっていう人が居ますが、速さを求める人は2.0を選ぶかそもそもスポーツカーを選んでください。この車は「ファミリーカー」です。
      それでも1.6Lステーションワゴンでありながらフル加速0-100が7秒台前半は必要十分でしょう。

      【走行性能】
      前期型のアイサイトでも十分現行車に負けない性能を持っています。
      全車速アクティブクルーズコントロールは一般道でも十分使用できますし便利です。
      ビルシュタインダンパーのお陰か、急な旋回も車体がブレることなく安定しています。
      総じて走行性能は高いと思います。

      【乗り心地】
      スポーツカーではないと言いながら乗り味はスポーツカーライク。
      硬めのダンパーは特に初期型では際立っているとの話。
      実際段差などの突き上げは乗っててびっくりするほどの衝撃です。
      またロードノイズも結構大きいですね。
      静穏性については後期型で多少改善されているとの事ですが、静穏性や居住性を優先する方はあまりお勧めできない車です。

      【燃費】
      CVTなのに悪いと評判。
      実際私は街乗り中心で9〜10km/lですから現行車としてはずばり「悪い」と言えます。
      というよりやはりターボエンジンなので、運転手の乗り方で相当違うのは否定できないでしょう。
      事実、高速道路で長距離移動した際は16以上に伸びました。
      他の方を見ると長距離中心でACC依存なら20まで伸びるとの事ですがどうなのでしょうか…。

      【価格】
      新車価格は350万ほどですから決して安くはないと思います。
      2020年6月の時点で走行距離によりますが中古車で100万円切るものも出ているようです。低走行車でも150万前後で購入できるものもあります。
      この性能でこの価格はズバリ買いと言えます。

      【総評】
      ステーションワゴンの運搬性能。
      ターボエンジン+ビルシュタインダンパーのスポーティな走り。
      アイサイト搭載で高い安全性能。
      レギュラーガソリン。(実はここが一番のセールスポイントかもしれない)
      これらが共存しており、世のお父さんも家族を説得できるオールラウンダーな車。
      事情によりスポーツカーは買えないけど、やっぱり時にはやんちゃしたいんだよねって人に超おすすめ。
      運ぶ・走る・遊ぶが全部楽しめるいいとこどりです。
    • 以前代車として100kmほど乗りましたので、レビューします。
      代車はレヴォーグ1.6GTのC型でした。

      【エクステリア】
      カッコイイと思います。現在所有している4台目フォレスターXT(SGJ)よりも都会的で洗練された感があります。ただ、スバルのターボ車の特徴であるボンネットのエアインテークは無い方が個人的にはよりカッコイイと感じます。
      ちなみにフォレスターXTにはこれがありません。XTもターボ車ですがボンネットの内側から空気を取り込むようになっています。

      【インテリア】
      スバル車はインテリアが共通なので代り映えしませんが、エアコンの操作スイッチがフォレスターに比べるとちょっ
      続きを読む と安っぽい。
      それとレヴォーグのメーターは燃料計や水温計がゴチャゴチャしていて見にくいですね。

      【エンジン性能】
      フォレスターの2.0ターボから1.6ターボの代車でしたのでパワー不足かなと思っていましたが、まったくそんな感じは無いですね。街乗りには十分だと思います。が、中高速域の伸びは2.0ターボのフォレスターXTが圧倒しています。

      【走行性能】
      ここが一番の良いところでしょう。素晴らしいと思います。コーナリングが楽しいですね。この車の一番の売りなんでしょうね。

      【乗り心地】
      マイチェン前のC型だからなのか、下からの突き上げがひどい。(マイチェン後は改善しているかも知れません)
      それと代車の個体が悪かったのか走行中に常時、右フロントドアガラスからビビリ音がしました。ガラスの建て付けが悪いのかガタガタと音がして安い車のよう。
      これで300万円オーバーは無いですね、、、

      【燃費】
      レギュラーなのが良いですね。燃費はいわゆるスバル車の普通の数値でした。

      【価格】
      新車だと1.6のターボ車でも300万円を超える価格。2.0ターボは360万円を超えてきます。
      人気があるのか少し価格設定が高めと思います。

      【総評】
      個体が悪かったのであまり良い印象がありませんが、ドライブするには楽しい車と思います。
      またマイチェン後はアイサイトツーリングアシストも標準装備されているので、そちらに乗ってみたかったです。
      今年、新型が出るようなのでこちらはかなり期待しています。

    レヴォーグ 2014年モデルのクチコミ

    (45563件 / 2256スレッド)
      • ナイスクチコミ178
      • 返信数40
      • 2020年7月14日 更新
      よろしくお願いします。

      レヴォーグの新型の情報で、燃費・内装(社外ナビ導入できるか?) ・価格など、ディーラーから聞いた方いたら教えて下さい。
      • ナイスクチコミ197
      • 返信数91
      • 2020年7月5日 更新
      E型1.6GT-Sなのですが、たまに路面の段差などで底付きしたような衝撃があります。
      何かにぶつかった?と思うぐらい激しく、ストレスを感じます。
      妻にもストレスになるって愚痴られました。
      調べるとショックのストローク不足だからみたいな事が書かれていました。
      足回りを社外品に交換して改善された人とかいらっしゃいますか?
      もしくはSTIの純正ショックに交換すると改善された
      続きを読むりしますでしょうか?
      車高は現状より下げる気はありません。
      過去の質問も読んでみましたが、明確な改善策を見つけることが出来ませんでした。
      他には特に不満もなく、車自体はお気に入りなのですけど・・・。
      変更点は純正タイヤのまま純正サイズの社外ホイールとSTIサスぐらいです。
      よろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ296
      • 返信数66
      • 2020年7月5日 更新
      昨年の7月に2.0GT-Sを納車しまして11ヶ月が経過し、6月中旬に暖かくなってきた際、エアコンの効きが悪くなりディーラーに持ち込んだところ「エアコンのガスが抜けている。調査したが原因不明。ガスの補充は無料。調査の為に特殊な薬剤をガスに混ぜた。また効きが悪くなったら持ってきて欲しい。」との事でした。
      7月上旬に12ヶ月点検を行った際は「ガスは抜けていないので原因不明のまま。今
      続きを読む後発生しても保証期間内に発生しているので対応する。」との事。
      7月下旬に遠出した際は問題なし。
      8月11日に遠出しようとしたところ、エアコンが効かずディーラーに電話したところ「お盆休みです」とガイダンス。担当さんの携帯に電話するも出てくれず今日まで折り返しなし。
      仕方なくガソリンスタンドでガスを補充、8月14日に再度効かなくなり補充。

      修理工場に持ち込めばいいのでしょうが、有償修理になるのが嫌で我慢しています。ガスの補充も保証してくれるのかも判らないまま既に1万円以上掛かっております。
      お盆休みなので仕方ないかもしれませんが相談くらいさせて欲しかったですね(-ω-;)
      情報というか愚痴で長文、失礼しました。

    レヴォーグの中古車

    レヴォーグの中古車相場表を見る

    レヴォーグとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止