スバル WRX STI 2014年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

WRX STI 2014年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
ベースグレード2018年6月7日/マイナーチェンジ386万円 253〜770万円     5人 9.4km/L 1,994cc 1,490kg 308ps
Type S2018年6月7日/マイナーチェンジ406万円 227〜828万円   4WD 5人 9.4km/L 1,994cc 1,490kg 308ps
S2082017年10月26日/特別仕様車626万円 549.0万円   4WD 5人   1,994cc 1,510kg 329ps
S208 NBR CHALLENGE PACKAGE Carbon Trunk Lip2017年10月26日/特別仕様車689万円

-

  4WD 5人   1,994cc 1,510kg 329ps
S208 NBR CHALLENGE PACKAGE Carbon Rear Wing2017年10月26日/特別仕様車710万円 669.9万円   4WD 5人   1,994cc 1,510kg 329ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
ベースグレード2017年6月20日/マイナーチェンジ

386万円

253〜770万円   4WD 5人 9.4km/L 1,994cc 1,490kg 308ps
ベースグレード2016年5月11日/マイナーチェンジ

379万円

253〜770万円   4WD 5人 9.4km/L 1,994cc 1,480kg 308ps
ベースグレード2015年6月30日/マイナーチェンジ

379万円

253〜770万円   4WD 5人 9.4km/L 1,994cc 1,480kg 308ps
ベースグレード2014年8月25日/フルモデルチェンジ

379万円

253〜770万円   4WD 5人 9.4km/L 1,994cc 1,480kg 308ps
Type S2017年6月20日/マイナーチェンジ

406万円

227〜828万円   4WD 5人 9.4km/L 1,994cc 1,490kg 308ps
Type S2016年5月11日/マイナーチェンジ

411万円

227〜828万円   4WD 5人 9.4km/L 1,994cc 1,490kg 308ps
Type S2015年6月30日/マイナーチェンジ

411万円

227〜828万円   4WD 5人 9.4km/L 1,994cc 1,490kg 308ps
Type S2014年8月25日/フルモデルチェンジ

411万円

227〜828万円   4WD 5人 9.4km/L 1,994cc 1,490kg 308ps
S2072015年12月1日/特別仕様車

599万円

-

  4WD 5人   1,994cc 1,510kg 328ps
S207 NBR CHALLENGE PACKAGE2015年12月1日/特別仕様車

631万円

-

  4WD 5人   1,994cc 1,510kg 328ps
S207 NBR CHALLENGE PACKAGE YELLOW EDITION2015年12月1日/特別仕様車

637万円

-

  4WD 5人   1,994cc 1,510kg 328ps

WRX STI 2014年モデルのレビュー・評価

(35件)

WRX STI 2014年モデルの満足度

4.55

(カテゴリ平均:4.31)

    WRX STI 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • WRX STI 2014年モデル スバルのWRXの本命となるがWRX STIだ。今回のモデルはインプレッサから独立した形になり、WRX S4を従えての登場となった。

      WRX STIには、スバルが富士スピードウェイ(FSW)で開催したメディア関係者向けの試乗会に出席し、用意された試乗車に本コースで試乗した。グレードはSTIとSTIタイプSの両方に試乗した。

      一般道を走るのと違って、サーキットでは走りのパフォーマンスを存分に確かめることができる。逆に一般道を走っていないので分からない部分もあるのだが、WRX SRIはサーキットで評価するのがふさわしいクルマである。

      搭載エンジンはEJ20型の水平対向4気筒2.0L
      続きを読む のインタークーラー付きターボ仕様だ。S4には新世代のFA20型が搭載されたのに対し、STIは従来からのEJ20型を継承した。S4がパワーとともに燃費にも配慮したエンジンにであるのに対し、STIは完全に走りに徹したモデルであるからだ。

      EJ20型エンジンの動力性能は227kW/422N・mの実力だ。数値的にはFA20型とそれほど大きな違いではないし、また従来のモデルと同じ数値でもある。

      でも、FSWのピットレーンを走り始めた瞬間から、S4との違いがびんびんと伝わってくる。本コースに入るところでアクセルを踏み込むと、文字通り背中を押されるような強烈な加速が盛り上がってくる。さすがはWRX STIである。

      加速の伸びもスムーズで、ガタ付きをなくすなどの改良を加えられた6速MTを操作していくと、これまで以上にスムーズに加速に乗っていく印象があった。FSWの長い直線では、リミッターが作動してメーター読みで190km/h程度までしか加速できなかったが、実際にはまだまだ加速していける感じがあった。

      加速の力強さと同時に挙動が安定しているのが大きな特徴だ。S4でも触れたようにボディや各部の剛性を高めることなどによって、極めてしっかりかつ安定した走りが得られる。コーナーでのロールが少なく抑えられるので、その分だけアクセルを踏み込める。

      コーナーでは切れ味の鋭いステアリングに加え、内側のタイヤにブレーキをかけるトルクベクタリングによって回頭性が高められているので、ハンドルを切り込んでいけば、それに合わせてぐいぐいとノーズを内側に向けていく感じがある。もう終わりかと思うようなところからまだ切り込んで行ける感じなのだ。

      FSWの本コースを汗だくになって走らせたが、サーキットで走らせても楽しいクルマである。走りのパフォーマンスは感動モノであった。

      ブレンボ製ブレーキの安定した効き味も好感が持てる要素のひとつ。剛性感があって安心してブレーキが踏めるからだ。

      WRX STIは本体価格が410万円を超える。簡単には手が届かないクルマだが、これだけの性能を持つクルマがこの価格で買えるのは、外国車などでは考えられないこと。考え方によってはバーゲンプライスともいえるのだ。

      少しばかり残念なのは、WRX STIにはアイサイトの装着車が設定されていないこと。マニュアル車に設定するのが難しいのは理解できるが、それを乗り越える技術力を発揮して欲しい。

      参考になった 26人
      2014年11月25日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 5
      走行性能 5
      乗り心地 3
      燃費 2
      価格 3
    • 試乗車として、使われていたものが中古車とし出ていたので、S2000(AP1-110)からの乗り換えです。
      決めては試乗して、動力性能を気に入ったことです。

      【エクステリア】
      外見は、個人差があるので、詳しくは言及しません。個人的に、好きな点はフロントの厳つさです、この厳つさは他の車種にはない魅力ですね。イマイチなのは、インプレッサのときに比べるとフェンダーの張り出しが抑えられている点ですね、あと車体に対してタイヤが小さく見える点です。

      【インテリア】
      この価格帯としては、もう少し頑張って欲しいところですが、機能的には全く不満はないのでとくに文句はありません。むしろ、上質さのた
      続きを読む めに重量がかさむことのほうが、嫌ですね。
      重量に関係ない点なので、ぜひ改善してほしいところは、ステアリングのボタンの安っぽさ、ステアリングの把持部の革、もっと握ってる感を演出してほしいです。ドライバーズカーとして最低、ステアリングはどうにかしてほしいです。
      S2000から比べるとだいぶ同乗者を意識した作りですね、エアコンのボタンの配置など。

      【エンジン性能】
      文句なしです。3000回転からのトルクの膨らみは凄まじいです。比較車両としてGolf Rを出しますが、それに比較するとこちらのほうが暴力的ですね加速感は、しかしごく低速域はレスポンスもトルクも全くだめです。
      これはフリクションの大きいボクサーの宿命かもしれません。。。(ECUチューンでレスポンスは少しは改善するみたいですが)
      余談ですが、ボクサーは面白いエンストをします笑(F20Cでは粘った回転域500回転くらいでもストンとエンストします)
      パワーは2500回転、5500回転で段付きを感じます。まるで二段ロケットですね。このパワー変化が体感的に凄まじいパワーが出ていると感じる要因でしょう、昨今のターボ車(先に述べたgolf)はあまりにパワーの出方が線形過ぎて体が自然と予測してしまう。やっぱ、加速感を演出するのは、パワーの変動、非線形なエンジン性能曲線に依りますね。(とどのつまりVTEC)
      SIドライブのインテリジェントモードはいらない、レスポンスも悪いし燃費も変わらないです。

      【走行性能】
      題目通り、スタビリティモンスター。仕事でEPSの研究をしており、様々な車の走安性をのって比較するのですが、よくいいと言われる外車のそれを遥かに凌駕していますね。(個人的主観)まぁここは官能評価も関わってくる領域なので詳しくは言えませんが。
      EPSを研究している身で言うのもなんですが、油圧パワステは素晴らしいですね。一番差を実感するのが、高速での微操舵域(レーンチェンジなど)この部分が、電動に比べるとリニアに反応します。
      コーナにおいては、ヨーモーメントの立ち上がりはS2000に軍配が上がりますが、侵入、定常旋回、脱出と全てにおいて安定しています。安定しているから速いとはいえないですが、安心はします。落ち着いて速いと言ったほうが正確ですね。S2000は目を三角にして走る必要がありますね、あれはあれで楽しいですが。
      ブレーキは、予想したほど効かないですね、剛性感もそんなにですね、ブレーキホースをステン製に変えたら変わるかもしれません。

      【乗り心地】
      硬いという評価をよく目にしますが、個人的にはちょうどいいくらいです。このパワーであまりに、柔らかいと怖い気がします。ちなみにビル足はKYBでOEM生産しているらしいです。海外ブランド、生産中国とかよくあるので、安心ですね!!
      同乗した友だちによると、後席のほうが乗り心地良いそうです。リアはそういえばダブルウィッシュボーンなのでそれが影響かもしれません。フロントはラリーを意識してかストラットですね。サス形式を気にしている人はストラットのことをとやかくいいますけど、耐久性と走行性能とったらストラット一択でしょ!!!
      しーとは腰高、ホールド性悪いです。変えたい、、、

      【燃費】
      街乗り6 高速10
      【価格】
      このスペックでこれなら安いです。
      【総評】
      ながなが書きましたが、いい車です。試乗して、是非S#にいれて回してあげてください。
      同価格帯の外車なんてはっきり言って話ならないくらいいいですよ。
      【追記項目 18年12月現在】
      長距離ドライブで、神奈川から九州へ運転中静岡あたりでエンジンチェックランプが点灯しました。
      原因はTGV(タンブルジェネレータバルブ)の故障。症状としてはSIドライブの変更不可とエンジンの吹けの悪化です。とりあえず道中のディーラーの見解では、エンジンが壊れるということは無いとのことでしたので走りきりました。その後、正式にディーラーで無償修理して頂きましたが、プラグ交換が保証に含まれて無いのは頂けません。燃調が狂っててかぶっていたため、S207純正の7番に交換しました。まだ2万キロも走っていないのに、壊れるなんてスバルの品質はこんなものなんでしょうか?少し残念です。
      因みに保証なしであれば、10万以上の出費でした。
      しかし、ディーラーでの対応は大変満足のいくものでした。スバルは昨今の問題が示すとおり、規模の拡張に品質が追いついていないと感じます。

      最後に、定番のライトチューンということでHKSスーパーターボマフラ+SARDキャタライザ+強化ブローオフバルブでt-getフラッシュエディターを入れました。結果としては定量的なデータはありませんが体感で最低でも20馬力はパワーアップしたと感じます。サイトに書いてあるような大幅なパワーアップはしてないかな…
      DIYやろうとしてる人はキャタライザーの交換はプロに任せたほうがいいです。とても苦労しました…。
      定番と言われてるだけあって費用対効果は抜群と感じました。
      駄文失礼しました
    • VABのC型に乗り換えてから2年間経過し走行距離が
      28000キロとなったのでここらでレビューしたいと
      思います。中古のランサー]とWRXで最後まで
      悩みましたが新車で買えるのと設計の新しさと
      営業さんの熱意でWRXに決めました。
      【エクステリア】
      ガンダムみたいな感じですが私は好きです。賛否ありますがボンネットのエアバルジが気に入っています。
      ただフロントオーバーハングが長くてイマイチ四輪の
      踏ん張り感が無いのと全高が高いのが不満です。
      スタイルパッケージを付けると格好良くなります。
      次期モデルはWRXコンセプトに近づけて欲しいです。
      【インテリア】
      プラスチックバ
      続きを読む リバリのプリウスG'sから乗り換え
      なので比較すると高級感があります。シルバーの
      パネルがイマイチなのでオプションのカーボン調
      パネルに交換しています。ビビリ音は結構します。
      トランクスルーがあるのでなんとか身長179センチの私でも車中泊できます。(寝づらいですが)
      【エンジン性能】
      素人なので難しい事は書けませんが生粋の
      スポーツエンジンです。良い音で STIのマフラーに
      変えてから排気音も満足しています。
      気になる所は、低速のトルクです。トルク充分と評判ですが素人の私には、もう少し低速トルクがあるほうが運転しやすいです。
      【走行性能】
      これは、文句の付けようがありません。ボディも
      ガッチリしておりゴリゴリと曲がります。
      【乗り心地】
      純正のKYB脚は、硬いはことは硬いですが硬さの中に
      しなやかさがあります。純正脚からビルシュタインのB16に交換していますが純正に比べてそんなに
      乗り心地は変わらないです。フレキシブルサポートサブフレームリヤを付けたら乗り心地が良くなった気が
      します。ただあまり人は、乗せたく無いです。
      【燃費】
      ハイパワーターボ、四駆、ハイグリップタイヤと燃費にとってプラス要素皆無です。街乗りで7キロ高速で
      11キロ位です。エンジンを回すと燃費はガタ落ち
      します。ただ2007年発売のランサーより悪いのは
      頂けないです。
      【価格】
      性能に対してなら安いと思います。一括での購入でしたが22の若者には、高い買い物でした。 当初
      は純正で弄らずに乗ろうと思っていましたが結局弄りに結構金を使いました。
      【その他】
      @エンケイのホイールは、格好良いですがスポークが
      多くダストも凄いので清掃が大変です。BBSの
      RGーRに交換してから清掃が若干楽になりました。
      A純正シートは、あまりホールド感は無いです。
      街乗りは問題無いですが、いずれレカロのSR6に
      交換したいと思います。
      Bフロントオーバーハングが長く擦りやすいです。
      私はフロントスポイラー+スカートリップと
      車高調で10ミリ車高を落としているので擦りやすく
      なっています。急坂なんかは、斜めにゆっくり進入
      していますがリップはガリガリです。
      Cシフトフィールは、ガチッとしているがストローク
      はやや長めである。 STIのクイックギヤシフトに交換したら硬く締まった感じになりましたが直ぐに慣れてしまいました。
      D全幅が1795ミリありますが私はこれ位で止まって
      ほしいです。私のスキル不足ですが狭い道はすれ違いが結構きついです。
      【総評】
      不満点は色々とありますが良い車です。前の車
      に比べて走行距離が2〜3倍に増えました。
      かなり気に入っております。しっかりとメンテをして
      10年は、乗りたいと思います。
    • 【エクステリア】
      スポイラー無しはお世辞にもカッコいいといえない。大型スポイラーは最低限装着したい。
      何にも無いと芋虫みたいでダサい。
      D型からはTYPESでもオプション設定になり残念だが+5万乗せなら装着したほうがいい。
      さらに言えばスタイルPKGにして下部スポイラー装着すればかなりマシになる。
      デイライトもあったほうが顔つきも更にマシになるし、他車からの視認性も向上するので事故も減るかも。
      あまり知られていないが、D型よりフィックスポイントが復活しルーフキャリアの装着がスタイリッシュ・容易になったのも購入の決め手。
      ブレーキ黄緑でカッコいい。

      【インテリア】
      内装は落
      続きを読む ち着いていてよい、メッキ多様でごまかしてないので上品。
      メーターが白地になったので視認性が良くなった。
      電動RECAROはカッコいいが高すぎ。
      シートベルトが赤紫ぽいのはカッコいい。
      8インチのナビも見やすい操作しやすい
      MFDも変わって見やすくなった。

      【エンジン性能】
      確かにいいが、EJ系の限界が見えるのも事実。限定のS208を見ても標準車+20PS上乗せなので限界が低いのは明らか。
      俗にゆうドッカンターボ系。パワーバンドに入った瞬間は面白い。あくまで2ℓターボとして。

      【走行性能】
      AWDは理屈云々より、乗って初めてその走行安定性を確認できた。
      強い横風でもへっちゃら。

      【乗り心地】
      もちろんサス・ボディー硬い。
      ファミリーカーとして使うなら家族の同意は必要。(特に奥さん)
      あとTYPES19インチはヨコハマ(ADVAN V105)タイヤ。

      【燃費】
      街乗:高速 7:3 8〜10km/ℓ

      【価格】
      オプションをある程度入れると500万超える。が
      GOLFRと比べれば安いし、CIVIC TYPERと比べれば馬力は低いが、4WDで装備が良い分この車を選んでしまう。

      【総評】
      FAエンジンが搭載されたら購入しようと考えていましたが、D型の大幅改良の際にもエンジン変更が無かったので当分出ないことを悟り購入。
      レガシィーのときは最終型でFAに変わったので、もしかしたらと思い待っていましたがありませんでした。
      ブレーキ6POD化・ステアリング連動ヘッドライト等の装備の充実による車体完成度の高さも決め手。

      最後に…
      この車両の購入を考えている方は、必然的に限定車のSシリーズやtsシリーズraシリーズの購入を考えている方も多いかと思う。
      特にスバル御新規様。
      しかし考えてください。
      今回のS208NBRGTウィングでは販売価格710万、乗り出し800万でしたが、馬力はたったベース20PS上乗せ。
      WRXSTIが400万、S208が700万として差額300万で数値でわかる部分(馬力)で20PSはいくらなんでも高すぎるということは肝に銘じてほしい。
      EJエンジン自体設計が古すぎる。ただでさえ同時期のライバル車ランエボ4G63と比べてもチューニングの余裕がないといわれたエンジン。
      そのランエボも10年前にエンジンを4B11に変えて車を出したのにスバルが出来ないのはエンジニアの怠慢ではないのかと思う。
      しかも毎年限定車と称してポンポンだす割りに性能は変わらない。
      そのときの最高の性能を提供するという本来の趣旨は形骸化している。R205あたりまではその理念にかなっていたが。
      ランエボ無き今国内では直接のライバルが居ないのでやりたい放題。
      また800万あれば車格・性能ともに上のBMWM2やGTRの程度の良い中古など選択肢もありますし、そちらを購入されたほうが幸せだと思います。
      「しなやかに」というカタログのうたい文句にそんなにお布施は出せない。(少なくとも私は)
      言っておきます、ベースは300万のレヴォーグです。
      もう一度言います。ベースは300万のレヴォーグです。
      もちろん納得されて購入されている方には当てはまりませんが、限定商法である意味射幸心をあおり購入させるやり方は本来あるべきでは無い。
      以上、個人的な意見。

      まとめ…
      素のWRXSTIは買い。

    WRX STI 2014年モデルのクチコミ

    (1421件 / 105スレッド)
      • ナイスクチコミ3
      • 返信数7
      • 2019年6月15日 更新
      こんにちは
      日々みなさんの投稿拝見しております。

      WRX STI Type S購入検討しています!
      これらのオプションでどこまで値引きできますかね?
      • ナイスクチコミ3
      • 返信数1
      • 2019年5月27日 更新
      こんにちは
      乗り換えを考えており、有名買取店に査定に出したところ、
      G社:社外パーツ込みで270万円
      O社:社外パーツ込みで280万円
      C社:ノーマル戻しで260万円
      トヨタディーラー:ノーマル戻しして240万円(値引きの代わりに増額あり)

      クルマの状態として
      走行距離:5万2千キロ
      グレード:タイプS(フルMOP)
      カラー:WRブルーパール
      社外品:ク
      続きを読むスコ車高調
           柿本改マフラー
           プローバブローオフ
           フラッシュエディター
           テールランプ
           灯火類フルLED

      走行距離が3万キロ台であれば300万近くつくと言われましたが、走ってしまったものは仕方ないですね(笑
      査定を出された方がいれば、情報を共有したいです。
      また、何かアドバイスがある方もよろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ29
      • 返信数2
      • 2019年5月11日 更新
      本日注文入れてきました♪

      タイプS
      クリスタルホワイトパール
      トランクリップスポイラー
      ASP
      オプションレカロシート

      14日発表のF型のカタログも見せてもらいました。発表前なので、今日は持ち帰りNGでしたが。
      カラバリにマグネタイトグレーが追加なのと、ホイールのカラーリングが若干変更、フロントバンパー左右のダクトの意匠変更位しかE型との差はないみたいです
      続きを読む(今日時点ではDの営業マンも詳しくはわからない様子)。

      夏休みは現愛車のBL5と最後の思い出作りで、9月(自分の誕生月)の連休は新愛車と最初の思い出作りをしようと思います♪楽しみです(^^)

    WRX STIの中古車

    WRX STIの中古車相場表を見る

    WRX STIとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止