スズキ スイフトスポーツ 2017年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

スイフトスポーツ 2017年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
ベースグレード (MT)2020年5月25日/マイナーチェンジ201万円 109〜289万円   FF 5人   1,371cc 970kg 140ps
ベースグレード2020年5月25日/マイナーチェンジ208万円

-

  FF 5人   1,371cc 990kg 140ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
ベースグレード2017年9月20日/フルモデルチェンジ

194万円

-

  FF 5人 16.2km/L 1,371cc 990kg 140ps
ベースグレード (MT)2017年9月20日/フルモデルチェンジ

187万円

109〜289万円   FF 5人 16.4km/L 1,371cc 970kg 140ps

スイフトスポーツ 2017年モデルのレビュー・評価

(124件)

スイフトスポーツ 2017年モデルの満足度

4.67

(カテゴリ平均:4.3)

    スイフトスポーツ 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • フィットシャトルとR32GT-R(Vspec2)を所有していて遠出がしにくいので、我が家のファーストカーとして車探しをしました。
      WRX Final Editionの抽選に外れ、レヴォーグSTIはすぐに型落ちになるから諦め、R35GT-Rも以前買おうと思ったときより値上がっていて魅力が減って諦め、結局通勤車を探そうと気が変わり、ふとスズキに立ち寄って試乗したらツボにきて価格も納得なので買いました。
      全方位モデルです。
      【エクステリア】
      カーボン調がいい感じに見えます。

      【インテリア】
      赤のラインを多く使っていて、スポーティーです。
      不満を強いて言うなら、メーターの意味不明な2
      続きを読む 60kmスケールによる常用速度の表示位置が気に入らない程度です。あと、シートがホールド性はいいのですが、若干腰に来ます。あと、軽量化とコストダウン?の影響か、ロードノイズが他社コンパクトカーより煩く、高速道路だと音楽の音量をかなり大きくする必要ありです。この車にデッドニングは意味なしです。

      【エンジン性能】
      低速トルクが太く、このクラスとしては十分すぎる速さです。ブーストの立ち上がりも良いです。
      5千回転くらいまでがメインなので、高回転好きの方には、ちょっと合わないかも。

      【走行性能】
      アクセルのレスポンスが悪すぎるのがマイナス点。普段は影響ないですが、ヒールアンドトゥやるときはかなりアクセル踏まないと回転が合わないです。なのでスロコン入れてみます。
      動作性能は、スポーツ走行レベルならタワーバーなしでも満足できます。エンジン性能がよいので、デフ入れたらもっと楽しくなりそうです。

      【乗り心地】
      コンチネンタルタイヤの影響か、ゴツゴツ感じがあります。ショックやサスの型さは、他のスポーツ車と同じくらいで不快ではないです。

      【燃費】
      片道30kmの通勤メインで、実燃費が17km/Lです。高速道路は100km巡航で17.5km/L、田舎道を60km巡航で21km/Lです。
      エンジン性能を考えると、良いと思います。

      【価格】
      2019年12月に購入し、本体値引き20万、オプション値引き8万、ナビ+スピーカー取り付け無料(3万相当)、Gzoxコーティング無料(4万相当)、23万キロのVitz RS下取り10万で、乗り出し200万でした。

      【総評】
      エンジン性能良し、安全装備も満足できるものが付いており、2ランク上の車のようでコスパがとてもよいです。
      はっきりいって、他社のコンパクトスポーツより明らかに良いです。
    • 【エクステリア】
      純正ワイド化されているのが評価出来る
      元から3ナンバーなので、オーバーフェンダーにしても問題が無い
      ただ、スズキのコスト意識高すぎて
      エンジンにボンネットサイドから雨水入りまくり
      コネクタ防水にしてるから問題ないやろ感ありまくりです

      【インテリア】
      今時必要な物はだいたいついてるし、ヘッドクリアランスもある
      元からリア窓とリアハッチのガラスは暗くなるようになってる
      シートはスポーツっぽいですが、たいしたホールド性は無いです
      ヘッドレスト一体の為、無理やり4点ベルトとかがつけにくい問題がありますので
      走るならバケットに変更するのが良いかと
      Dシェイプ
      続きを読む のステアリングはウザいです、丸の方が全然良いです
      ピアノブラックがツルツルで滑り感があるので
      タイトコーナーで回すときどうしても違和感が付きまといます
      かといってステア変えると、ステアリングスイッチが使いにくくならざるを得ないので
      嫁から交換禁止令が出て、我慢して使ってます(涙


      【エンジン性能】
      1400ターボなのでパワーはあるが、そんなことみんな知ってる
      電スロなのだけど、ある一定以上の回転数とアクセル開くとスロットルが全開となり
      タービンのアクチュエーターでブーストを逃がす事でパワー制御している
      その為、アクセルに対してのレスポンスが悪く感じられる
      特に中回転ハーフアクセル時に出るので
      低速コーナーの立ち上がりや、180度以上のサイドターンでのアクセルコントロールが難しい

      オイルが減る傾向があり、調べてみると、エンジンのバルクヘッド側のブローバイPCV配管側から
      インマニ側に結構オイルが吸われています
      4000qで100t弱位です、
      https://minkara.carview.co.jp/userid/216272/car/2754380/10374965/parts.aspx
      高負荷時では無く、低負荷時にも吸われていますので
      PCV配管側にキャッチタンクが必要なのですが、結構大変ですが
      リフトが有ればやれない事は無いです
      https://minkara.carview.co.jp/userid/216272/car/2754380/5565245/note.aspx

      直噴ターボなので、エンジンに煤が多めに出ます
      論文によればポート噴射の5〜10倍だそうで
      結構オイルの汚れが早いです、SNプラス規格のオイルを、こまめに交換が良いかと思います
      LSPI問題もありますし、タイミングチェーンの煤摩耗による伸び問題もありますので

      【走行性能】
      軽いので、パワーと相まって、加速は逸品ですが
      パワーを生かすにはLSDは必須です
      純正足にLSDでは、コーナリング速度が上がる為、ロールが過大になる事と
      S時コーナーでの揺り返しが大きく、操舵の修正が必要になる為怖い
      足を固めていくと、ストラットのせいか足つきが悪くイン側が浮きやすくなります
      ヘルパーを入れると足つきは良くなるのですが、ロールが増えてイマイチとの情報アリ

      リアはかなりの安定方向で、あまり動いてくれません
      リア柔らかめの足でも動かない感じ

      エンジンが軽いせいか、リアが比較的重い様な動きに近い印象です

      車の乗り方的には、軽量コーナリングマシンとするより
      特にタイトコーナーは我慢の立ち上がり重視ですね

      【乗り心地】
      純正は、スポーティな演出なのか、少しコツコツした固そうな感じがありますが
      演出程度でサス全体としてはそこまで固くはありません
      ボヨンボヨンな感触は無く、収まりは良いので
      ショック固めでスプリング柔めでバランス取ってる
      ※LSDとか入れると、スプリングが柔らかすぎてロールが過大になるのかな

      【燃費】
      この手の車両の割には良いです
      アクセルでアクチュエーター制御なので、ポンピングロス減らしているとかいろいろありそうです
      直噴ターボ(ダウンサイジングターボ)なので流石といった感じですが
      郊外の下道の50〜80q程度だと燃費16〜19とか出て燃費良いのですが
      高速だとたいして変わりません
      これは、ギア比の問題で100q6速で回転が上がりすぎるからと思われます
      海外用の6速を組みたいですね・・・


      【価格】
      スポーツカー並みのパワーウェイトレシオで200万は安い
      パーツも元の車が安いし、適度なパワーのせいか、そんなに高くなくて弄りやすい

      何となくですが、スズキの手持ちパーツをかき集めて、安いスポーツ車種作りました
      って感じの車ですね
      エンジンは高回転捨て去ってるカウンター少な目クランク、
      バルタイ制御もインテークのみ
      ターボ分のコストをキッチリ調整してますね
      足回りも部品数少ない、ストラットと、ラテラル無しのトーションビームですから
      NDロードスターとかとは、足回りのコストは雲泥の差ですね
      でも、出来る範囲でベストは尽くしているのかなとは思いますが
      突き詰めた時の差はいかんともし難い感じは有りますね

      【総評】
      軽くて パワーがあり 安く ファミリー使用も可能な5名乗車でソコソコ速い
      細かい所は安っぽい
      安くて人気なので、パーツも沢山選べる

      次のモデルチェンジ辺りから、安全運転の自動制御が標準化になりそうですが
      現時点ZC33Sでは、「必ずオプションで設定しなければならない」過渡期の為
      ESPなどの自動制御を、切る事が可能です
      切れないと、競技等で鍛え上げた老練な旧世代の運転技術を生かせないので

      僕の様な、運転以外取り柄の無い愛すべき馬鹿なオッサンこそが、
      今、買うしかない車の1台かと思います
    • セーフティパッケージ装着車・6MTです。

      【エクステリア】
      賛否両論ありますが、私は先代の丸々としたデザインよりもZC33Sの筋肉質ボディが好きです。
      また、ワイドトレッド化により標準スイフトとの差別化が図られていて、存在感があります。

      【インテリア】
      高級感は、言ってしまうと無いです。
      200万以内のクルマですからはなから高級感を求めてはいけませんね。
      専用シートの座り心地はすこぶる良いです。丸1日乗っていても疲れません。

      【エンジン性能】
      低回転域からトルクがあり、発進操作がやり易いです。繋がりやすいクラッチと相まって、運転のストレス軽減に一役立っています。
      続きを読む

      【走行性能】
      スポーツカーですので、相応の走りをしてくれます。60km/hでコーナーを曲がっても何事もなく曲がり、安心感があります。

      スポーツ走行時の運動性能に目が行きがちですが、MT車になれていない身としては繋がりやすいクラッチがこのクルマの美点だと考えています。トルクフルなエンジンと相まって、日常の運転がしやすいです。

      【乗り心地】
      スポーツカーですので、良くはないです。
      しかし、スポーツカーにしては悪くない、が私なりの感想です。

      【燃費】
      私の場合ですが、
      燃費は、上り坂が続く郊外路を走って大体14km/Lをマークしています。
      基本な運転を心掛けていれば、そこまで悪くないのではないでしょうか?

      1ヶ月ほど乗っていて気づいたことが一つ。
      燃料計の動きについてです。

      スイフトスポーツに限ったことではないと思いますが、平均燃費の値に応じて、航続可能距離の値も変化します。ここまでは普通です。

      しかし、それに燃料計まで連動させるのはいかがなものかと思います。
      どういうことかというと、平均燃費の値が上がると、燃料計の残量表示も上がり、平均燃費が下がれば、残量表示も下がるということです。

      このように動かされてしまうと、給油タイミングが掴みづらいです。
      昨今のクルマはこれが普通なのでしょうか?

      【価格】
      無評価とさせていただきます。

      【総評】
      私自身もそうでしたが、MTの運転に自信が無い方、ブランクがある方にオススメです。
      上述したように、とにかくクラッチが良いです!気になっている方はオリックスレンタカーで1日レンタルすることや、ディーラーで試乗することをオススメします!

    スイフトスポーツ 2017年モデルのクチコミ

    (6551件 / 352スレッド)
      • ナイスクチコミ63
      • 返信数52
      • 2020年6月3日 更新
      スイフトのグレードについてお聞きします。
      現在購入を検討しているのがスイフトのフラッグシップモデル(最上級グレード)とエントリーモデル(最下級グレード)です。

      スイフトXGリミテッドというものがこれまであったようなのですが、新車価格幅として約50万円程あります。

      内装に関してはグレード差が余り感じられないようですが、この価格差は外装や走りの面で使われている材料の品
      続きを読む質が違うのでしょうか?
      どちらがよりコストパフォーマンスに優れているのかがイマイチ分かりません。

      せっかくの車購入なのでスイフトスポーツをと思ったりするのですが、50万円となるとそこそこ大きいと思いまして。この価格差は支払うべき価値があるのかどうかをご教示下さい。
      • ナイスクチコミ29
      • 返信数7
      • 2020年6月1日 更新
      ディーラーにちょいと寄ったら新しいカタログを頂けたので、手持ちだったマイチェン前のカタログと見比べてみました。まぁ自粛生活で時間が有ったので。

      明らかにカタログの厚みが増えていたので、どの内容が増えているのか見てみたら、安全装備に関する内容が圧倒的に増えていました。前カタログでは2ページほどでしたが、新カタログでは7ページ近く割かれています。
      安全装備は今回のマイチェン
      続きを読むで一番進化したところですから、その通りのページ割りですね。

      それ以外で違いを確認しましたが、まるで間違い探しゲームのようです。型式を除き、細かく見れば以下の違いが・・・
      1.エアコンの冷媒がHFCからHFOに
      2.燃費の基準がJC08からWLTCに
      3.ATの後退変速比が3.193から3.192に

      1と2については理解できますが、3は何なんでしょうかね?

      新色のフレイムオレンジパールはブラックルーフとの組合せしかありませんが、単色でも選べたら良いと思うのですが。

      小生のディーラーでこれからの発注での納期を聞いたら、新型コロナの影響もあり9月になりそうとのことでした。
      買い替えて貰えますか?と聞かれたので、乗り潰す予定なのであり得ませんとお応えしました(笑)

      ディーラーさんも今大変そうなので、こんな社会状況下で若干でも余裕のある方は是非ご購入のご検討をしてみて下さいませ。

      低レベルネタで申し訳ございません。
      • ナイスクチコミ12
      • 返信数12
      • 2020年5月30日 更新
      パナのスタンダードプラスとパイオニアのスタンダードで迷っております。ナビとしてはパイオニアのほうが使いやすいのかなと思うのですが、TV画面の綺麗さや、オーディオとしての音質の良さはどちらが良いのか判りません。近くのディーラーではパナの現物が無い為。スピーカーはアフターマーケット製に交換する予定ですが、ナビはトータル値引きとの関係で純正を選ぶ必要があります。ハイレゾは対応CDの手続きを読む持ちが無いのであまり気にしませんが、普通のCDを聴くうえでどちらが良いでしょう?

    スイフトスポーツの中古車

    スイフトスポーツの中古車相場表を見る

    スイフトスポーツとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止