スズキ スペーシアカスタム 2017年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

スペーシアカスタム 2017年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
HYBRID GS2020年8月20日/マイナーチェンジ164万円 95〜203万円   FF 4人 28.2km/L 658cc 880kg 54ps
HYBRID XS2020年8月20日/マイナーチェンジ176万円 109〜215万円   FF 4人 28.2km/L 658cc 890kg 54ps
HYBRID GS 4WD2020年8月20日/マイナーチェンジ177万円 111〜188万円   4WD 4人 26.4km/L 658cc 930kg 54ps
HYBRID XSターボ2020年8月20日/マイナーチェンジ183万円 117〜249万円   FF 4人 24.8km/L 658cc 900kg 66ps
HYBRID XS 4WD2020年8月20日/マイナーチェンジ188万円 119〜203万円   4WD 4人 26.4km/L 658cc 940kg 54ps
HYBRID XSターボ 4WD2020年8月20日/マイナーチェンジ195万円 139〜210万円   4WD 4人 23.2km/L 658cc 950kg 66ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
HYBRID GS2017年12月14日/フルモデルチェンジ

160万円

95〜203万円   FF 4人 28.2km/L 658cc 880kg 54ps
HYBRID GS 4WD2017年12月14日/フルモデルチェンジ

172万円

111〜188万円   4WD 4人 26.4km/L 658cc 930kg 54ps
HYBRID XS2017年12月14日/フルモデルチェンジ

172万円

109〜215万円   FF 4人 28.2km/L 658cc 890kg 54ps
HYBRID XS 4WD2017年12月14日/フルモデルチェンジ

184万円

119〜203万円   4WD 4人 26.4km/L 658cc 940kg 54ps
HYBRID XSターボ2017年12月14日/フルモデルチェンジ

182万円

117〜249万円   FF 4人 25.6km/L 658cc 900kg 66ps
HYBRID XSターボ 4WD2017年12月14日/フルモデルチェンジ

194万円

139〜210万円   4WD 4人 24.0km/L 658cc 950kg 66ps

スペーシアカスタム 2017年モデルのレビュー・評価

(39件)

スペーシアカスタム 2017年モデルの満足度

4.39

(カテゴリ平均:4.3)

    スペーシアカスタム 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • ホンダゼストスパークからの乗り換えです。キャンバス、キャスト、ワゴンRスティングレーと迷い、結局、以前から気になっていたスペーシアカスタムの運転席に座って『これだ!』と即決、購入を決めました。本当はジムニーに乗りたかったのですが、奥さんから『今時、こんなに燃費が悪く使い勝手の悪い車はダメです』とNGが出てしまい今の車に………

      【エクステリア】
      この車に決めたポイントのひとつが厳ついフロントグリル!キャンバスなどとは対極的なエクステリアですが、その存在感は圧巻ですね。ただ、サイドにまわると、『あら何とも大人しい』と言わんばかりでパットしません。また、リアはというと『箱感』が強いですが、メ
      続きを読む ッキをうまくあしらい、高級感を持たせているところはいいですね。

      【インテリア】
      前席はラグジュアリー感に溢れていてgoodです。ダッシュボード周りはビアノブラックをふんだんに使い、上質感もあり、メーターやナビなどに遮られることのない広い視界を確保、最高にドライビングフィールを高めてくれます。また、ドアのデザインにはビックリしました。これ程手の込んだ造形のドアは初めてです。質感の異なる素材を使用し、プラスチック部分も何種類ものデザインを施しています。さすが『スーツケース』というわけですね。『ここまで遊ぶか!』と拍手です。シートは廉価グレードですが満足できるものです。また、後部座席のヘッドレストの後ろがレザー張りになっているのには驚きました。細部まで作り込まれているようですね。ただ、一点気に入らないのが助手席のガラスの『ビリビリ』というガタツキ音。車の異音は温度や湿度により生じることもあり、しばらくは様子をみていました。それでも治まらないので車屋さんに1週間、念入りに見てもらいましたが、ドア内部ではなくウインドウ周りから出る音なので何ともならないとのこと。残念です……
      ただし、今まで買った新車でこのての異音がしなかったことはないので、まあ仕方ないですねえ。

      【走行性能】
      違和感なく普通に曲がり、普通に走ります。基本性能は高いように思います。
      トールワゴンにしてはカーブでのロールも少なく、足回りはしっかり感があります。あまりこの車にそこまでは求めていませんが……

      【エンジン性能】
      トールワゴンなので期待はしていなかったのですが、まずまずです。エンジンそのものはゼストスパークの方が踏み込んだ際の反応が繊細で上質感があり好みなのですが、動力性能は車重のあるスペーシアカスタムの方がむしろ上。踏み込んだ分、エンジン音は高いものの加速していきます。また、non-turboなのですが、上り坂などはpowermodeで唸りながらも上っていきます。

      【乗り心地】
      65タイヤなので大人しくて良いですね。あまりバタバタするのが嫌いなので……

      【燃費】
      購入後1年間は何も考えず発進時にいきなり3500回転位までアクセルを踏み込んでいました。そしてルームミラーに見える後続車がついて来ないのを不思議に思っていました。そのため、平均燃費は18q位でした。しかし、最近は奥さんから『5秒で20q!』のエコドライブ指導を受け、発進時は2000回転、走行時は1500回転を意識して50〜60qの安全運転を心がけた結果、燃費が22〜24q程度まで伸びました。まあ、気が付くのが遅かったですね。ゼストスパークやNワゴンなどのアクセルのフィーリングとは全く異るため、要は踏み込み過ぎていたようです。はい!


      【価格】
      廉価グレードで160万円超え、少し高いですが他社のトールワゴンと比較して妥当なラインでしょうか。

      【総評】
      エクステリアとインテリアが気に入り購入した車です。ひとつ前のスペーシアを代車で乗っていたこともあり、試乗もせずに購入したのはちょっと無謀でしたね!踏み込んだ際のエンジンの吹き上がる音はゼストスパークの『ギューン』に対し、スペーシアカスタムは『ドォ〜ー』という感じ。エコドライブに心がけてはいますが、その部分だけはいまだに馴染めないですね。




    • 妻がワゴンRから乗り換え。10万キロ以上走行していた2008年モデルだったのでかなりガタガタしていたのでスペーシアカスタムXSハイブリッドにしたら感動していました。(他にソリオバンデット(2018年)、ポルシェカイエン(958/92A)を所有)

      【エクステリア】
      かなり上質で押しの強いデザインで、最初は普通のスペーシアにしようと考えていた妻も、「あおり運転被害に合う率がさがるよ」と助言したらすんなりOKしてくれました。実際、あおられることは少なくなったそうです。N-BOXなどもカスタムは実は女性比率が高いとディーラーでも聞いたのでこの効果のせいかもしれません。ただ、後ろからのデザインは
      続きを読む もう少しカスタム感が欲しかったです。
      それがこの車唯一の不満点です。

      【インテリア】
      基本的に上質なイメージです。自分がソリオバンデットに乗っているのですが、それよりも上質感があります。革スポークなので女性でも運転しやすそうです。
      後部席は家族2人が180センチ以上あるのですが楽に乗れています。荷物の出し入れも簡単です。

      【エンジン性能】
      ともかくスムーズの一言です。低速トルクもあり、モーターのアシストはソリオより絶妙に効くので一般道でのモタモタ感はまず感じません。山道だと若干トルクが細い気がしますが、PWRボタン押せばちゃんとカバーして走れます。必要にして十分です。「これはもう軽じゃないな」と思います。
      スムーズ感は試乗したN-BOXより上だったのでスペーシアにしました。

      【走行性能】
      足回りも良く締まってて、背が高い割にはロール抑制も効いています。ハンドリングの操作感もポイント押さえてて、しっかり感がありスムーズです。俊逸なのはブレーキのフィーリングで、とても剛性感のあるカッチリとした踏み心地で、好印象でした。これが悪い軽は多いのですが、スペーシアカスタムはほとんどソリオと同等レベルの出来でした。ポルシェオーナーとして、ここのチェックは一般の人より厳しいと思いますが。走る、止まる、曲がるは全く違和感感じません。かなりスズキの本気度が伺える仕上がりです。

      高速は走行してないのでわかりません。

      【乗り心地】
      タイヤとサスペンションのセッティングがうまいのでゴツゴツした感じは無いです。
      こちらもスムーズ感が強いです。
      家族が大きい(180センチ以上)のでサーキュレーターは重宝です。後部席から不満が出たことはありません。

      【燃費】
      郊外で24km/L(田舎なので)
      町中では18Km/Lですが
      マイルドハイブリッドは電気製品(エアコンやシートヒーター)を使うと
      一気に燃費が悪化しますのでご注意ください。

      【総評】
      一言で言えば「これはもう軽じゃないな」です。

      走行性能も、居住性も軽以上のクオリティを感じることができます。
      お値段もそれなりですが、コスパは高いと思います。

      候補としてはN-BOXカスタム、タントカスタムがありましたが

      タントは試乗時に車体の剛性が足りない感じでギシギシいってたのでやめて

      N-BOXはすごくよかったのですが着座した状態での
      メーターの位置が妻には不評だったのと低速からのスムーズ感で
      スペーシアカスタムになりました。
    • 先日、スペーシアカスタムハイブリッドXSターボ(2型)が納車されたので
      一週間乗ってみて感じたことを記します。(あくまでも個人的な感想です)

      【結論】
      購入にあたり、ほかの車を乗り比べていないのでよくわかりませんが
      私としては満足です。

      【エクステリア】
      やはりフロントグリルはカッコいいです。せっかく前がカッコイイのですが、後ろがイマイチです。
      スズキさん、前のタントカスタムに似ているフォグランプまわりや、N−BOXカスタムに似ている歯ブラシブレーキランプは何とかしてほしかったです。

      【インテリア】
      ・スーパーハイトワゴンだけあって、天井が高いです。
       カタログ
      続きを読む の写真を見ると大したことがないのですが、いざ乗ってみると
       サンバイザーは手を伸ばさないと届かないくらいです。
       今思うと、スーパーハイトワゴンじゃなくてもよかったかな?と思いました。
      ・スズキさん、スリムサーキュレーターはプラズマクラスターだったら良かったです。
      ・シートは(バケットシートでは無いので)ホールド性はあまり良くありません。
       カーブでは体が揺れてしまいます。

      【運転性】
      ・マイルドハイブリッドだけあって、キュルキュル言わないのがいいです。
       通常のアイドリングストップだと、発進がワンテンポ遅れるのですが、
       この車はブレーキペダルから足を離してアクセルペダルを踏むと直ぐに発進します。
       ただ、渋滞などで頻繁にアイドリングストップを使っているとバッテリーが減って
       アイドリングストップが作動しなくなります。
       スズキさん、もうちょっとリチウムイオン電池の容量があったら良かったと思います。
      ・ブレーキングはコツがいります。
       特に、時速20〜30km/hで先の信号が赤になってアクセルペダルから足を離すと
       ブレーキペダルを踏まなくてもCVTの減速と回生(充電のための減速)があるので、それだけでもかなり減速します。
       ここでブレーキペダルを踏むと結構ブレーキがかかります。
      ・夜間の運転では、LEDヘッドランプだけあって明るいです。
       たまに、対向車からパッシングされます。
      ・夜間はガラスコーティングのせいか、窓ガラスに外の景色の明かりが映りこむので運転しづらいと感じました。
      ・左折してコンビニに入るときの段差はスーパーハイトワゴンだけあって、のそっと乗り越えます。
      ・納車次の日にドライブにでかけたのですが、最初アイドリングストップが作動しなくて何か設定がいるのかと思いましたが、運転しているうちに作動しました。
       (リチウムイオン電池が3目盛り以上充電されないと作動しないようです)
      ・燃費については納車次の日に平均燃費メータを見たら8km/lでびっくりしましたが、運転していくうちに上がっていき、今は18km/lまで来ました。
      ・加速については、前の車がATだったので走行中にアクセルペダルを踏むとエンジン回転数が上がって加速しましたが、この車はCVTなので時速30km/hくらいでアクセルペダルをじわじわと踏んでもあまり加速しません。その代わり、踏み込むと加速はいいです。
      ・停車からの出だし(信号が赤から青にかわった時など)アクセルペダルをちょっと踏むだけでモータアシストのせいか軽とは思えない加速をしますが、時速20〜30km/hくらいで今までの加速はどこに行ったんだろうかと思うくらいおとなしくなります。(じわじわと加速はしていますが)
      ・全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールがついているはいいのですが、これに電動パーキングがついていれば完璧でした。
      ・ガソリンタンクは27リットルしかないので、もう少しあったらいいかと感じました。


      【便利な点】
      ・先行車お知らせ機能が何気に便利です。
       渋滞で停車しているときにナビを触っていたりすると先行車の発進に気が付きにくいので便利です。
      ・ヘッドアップディスプレイは便利です。
       いちいちメータを見る必要がないのでいいです。
      ・USB充電ポートが2つあります。
       前の車ではシガーソケットにアダプターを差し込んでスマートフォンの充電を行っていたのですが、この車はUSB充電ポートがあるのでケーブルだけでスマートフォンの充電ができます。

      【不便な点】
      カバンを置く場所がないこと。
      以前乗っていたコンパクトカーでは、運転席と助手席の間にカバンや小物を置く場所があったのですが、この車はシートがつながっているので置く場所に迷います。
      (小さい物であればアームレストの小物入れに入りますが)

    スペーシアカスタム 2017年モデルのクチコミ

    (1097件 / 100スレッド)
      • ナイスクチコミ6
      • 返信数5
      • 2020年11月20日 更新
      マイナーチェンジで全車速クルコンが付きましたね
      これでNbox以上にはなったのかな?
      しかし、レーンキープはついて無いですが‥
      • ナイスクチコミ4
      • 返信数1
      • 2020年10月30日 更新
      当方 スペーシアカスタム HYBRID XSターボ 走行約.8.000kmです。
      買って2年半ほど経ちますが ここ1年程前からスタート直後にカックンとなる頻度が多く 
      最近ではスムーズな発進が出来るのは稀になってしまい ディーラーへ相談したら 
      ECUのアップデートをしてくれて その後100%直りました。
      もっと早く見てもらえばよかったです。
      皆さんはそんな症状出な
      続きを読むいですか?
      • ナイスクチコミ1
      • 返信数4
      • 2020年10月6日 更新
      スペーシアカスタムxsターボ4wdに乗っています。
      純正ドライブレコーダーを付けていますが、どなたかバックカメラを後方ドライブレコーダーにしている方いらっしゃいますか?
      無理でも無いような気がしています。

    スペーシアカスタムの中古車

    スペーシアカスタムの中古車相場表を見る

    スペーシアカスタムとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止