アルファロメオの新車情報・自動車カタログ

タイプから探す
SUV
コンパクトカー
セダン
価格帯から探す
300〜399万円
400〜499万円
500〜999万円
お役立ち情報・コンテンツ
スペック検索
自動車購入ガイド
自動車の取得・維持費
関連カテゴリ
中古車検索
自動車保険
車買取・中古車査定
カー用品
車検

注目のコンテンツ

アルファロメオの最近発表・発売された車種

アルファロメオの人気・注目ランキング

アルファロメオの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

アルファロメオの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • SUV
    コンパクトカー
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    オープンカー
  • 300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
    価格情報なし・販売終了
  • ア行
    サ行
    ハ行
    マ行

アルファロメオの新着レビュー

2017年9月に発表された新世代アルファロメオの先兵であった「ジュリア」。この発表会の際に「来年にはこのクルマを投入する」とサプライズで登場したのが新型SUVである「ステルヴィオ」です。 翌年の7月には日本への導入第1弾として「ファーストエディション」が400台販売されましたが、今回はこのモデルの試乗になります。 昨今この手の輸入車は「ファーストエディション」と銘打って、限定販売をするケースが他社でも見受けられますが、総じて感じるのが標準モデルでは設定の無い装備等の組み合わせなどからも希少価値や多少価格が上がってもトータルとしてのコストパフォーマンスが高いことが挙げられます。 ステルヴィオの場合も同様で、エクステリアには専用デザインの20インチアルミホイールやブレーキキャリパーをレッド仕上げにするなどアルファロメオファンで無くてもグッとくる仕様に仕上げています。またインテリアではプレミアムレザーシートやウッドパネルが採用されます。 ボディサイズとしては全幅も1905mmと日本での取り回しを考えるとそれなりの制約はあると思いますが、何よりもアルファロメオが目指すプレミアムSUVとしての立ち位置は他社がすでに販売を行っているモデルとは大きく異なるイメージ、言い換えれば非常に目立つし、ユーザーも所有する満足感(差別感)が得られるテイストを持っています。 着座すると運転席前のスピード&タコメーターの上部が盛り上がっている以外は横方向に拡がるシンプルな造形。エクステリアが攻めのデザインなので一瞬拍子抜けしましたが、これは自分のヨミが甘かった、と反省。ウッドパネルをうまく使ったシンプルながら欧州の家具を連想させるような風合いはもちろんですが、シートの着座フィーリングも含め、クルマというよりは身体にスッと身体に馴染む上質な応接チェアのような感覚すら覚えます。 搭載するインフォテインメントシステム(Connectシステム)に関してはあえて専用ナビを搭載していません。「プレミアムSUVなのにカーナビが無いなんて!」という意見もあると思いますが、逆に言えばアルファロメオやフィアットも今はいわゆるディスプレイオーディオという概念をメインに考えているようで、iPhoneであれば「Apple CarPlay」、Androidであれば「Android Auto」が利用できます。ディスプレイも8.8インチと十分以上なサイズ、昨今、iPhoneもグーグルマップが使えるようになり利便性が一気に向上しましたのでこの割り切りはアリでしょう。 パワートレーンに関してはジュリアで採用されたFR系のプラットフォームをベースに2L直4SOHC直噴ターボを搭載、これにフルタイムAWDの「Q4」システムとZF社製の8速ATを組み合わせます。 最高出力280ps(206kW/5250rpm、最大トルク400Nm(40.8kg-m)/2250rpmと2Lエンジンとしては高く、ワンランク上のクラスと競えるスペックと言えます。さらにこのクルマのキモは1810kgというこのクラスとしては軽量のボディを採用している点です。 最初に試乗して驚いたのは「これは本当にSUVなのか」という事、特に強く感じたのがステアリングの操舵フィーリングが驚くほどクイックな点です。これをどう取るかはユーザーの判断になりますが、個人的には高速道路を走った際にはもう少し落ちついたフィーリングでも良かったのではないか、という点です。 もちろんこれがダメというわけではなく、同クラスのSUVにありがちな、ゆったりとした走り出しがあまり好みでない。もう少し突っ込んで言えば今まで乗っていたスポーツカー的なフィーリングが欲しいというユーザーには非常に新鮮、これまでには無かったチョイスと言えるでしょう。 先進安全装備もひと通り搭載し、ラゲージルームの容量は525Lと実用性も十分。限定車以降は3グレードを基本とした構成になりますが、文字通りスポーティ志向ならば「2.0ターボQ4スポーツパッケージ」、ラグジュアリー志向ならば「2.0ターボQ4ラグジュアリーパッケージ」がベスト。圧倒的パフォーマンスを持つ「2.9クワドリフォリオ」は別格として(価格も1167万円と高額)、メルセデス・ベンツGLCクラスやアウディQ5などを購入候補に考えている人にとっては新たな選択肢としてオススメできます。

【エクステリア】 従来から変わらないアルファロメオらしいボディラインをSUVとなっても維持されています。 【インテリア】 2眼のアナログメータは変わらず。メータ周りのデザインもアルファロメオらしさを残したデザインとなっています。 これを古いと感じるかアルファロメオとして捉えるかで人によって評価は変わるのではと思います。 【エンジン性能】 2.2のディーゼルターボのモデルでの評価です。 以前に乗っていた156 V6 2.5と比較すると、ディーゼルらしさがタコメーターから感じさせられます。 が、マフラー音は本国では156の時から調整されていたのか分かりませんが、アルファロメオらしさを感じられます。また、ディーゼルだけに踏み込んだ時のトルク感は楽しさがあります。 【走行性能】 ステアリングギア比が12:1というだけ有り、クイックな操作がSUVボディなの?と思わせられます。 この辺りは、従来のモデルから量産車モデルでもクイックなギア比を維持していたこだわりなのかと思います。 【乗り心地】 試乗で18インチのスプリントを試乗し、購入したのは20インチのスポーツパッケージなので… 乗り心地は18インチのが振動も少なく乗り心地は良いですが… 20インチだと結構硬いので人を選ぶかと思います。 自身は満足ですが、人によっては硬すぎると感じるかもです。 あとは、梅ホイールに拘るなら現行の20インチよりマイナーチェンジ前の19インチのが、まだ良いのかもしれません。 【燃費】 まだ、慣らし走行中のため割愛します。 【価格】 自身では、マキシマムケア5とエクステンデッドワランティーの加入+ディーラーOPのを含めた金額から割引と下取り車の金額が想定より良かった為、想定予算に綺麗に納まったので満足しています。星での評価は割愛します。 【総評】 アルファロメオ初のSUVモデルというのも有りましたが、それでも従来からの設計思想が活かされており運転の楽しさは変わらないと感じました。 ただ、外観のデザインがジュリアベースにという点が万人受けするのかに評価が分かれるかなと感じますが、恐らくステルヴィオを購入される方にはその点については心配はないかと感じます。

エクステリアのデザインは文句なしです。本当に美しくフロントからリアまで好みの車です。 この車でいろんな場所に行って撮影するのも面白いし絵になると思います。 インテリアもエクステリアほどではないですが、そんな悪くはないと思います。 試乗してみて気づいたのですが、試乗車の時点で既にビビり音がしていました。 そして残念ながら走りは他のメーカーの一世代前の車とあまり変わりませんでした。 アイドリングストップからの復帰もイマイチですね。。そのため星は少しマイナス ただ、最上位クラスは違うのかもしれません。私が乗ったヴェローチェに限った話です。 金額について。イタリア車がこの価格で買えるのかとちょっと感動を覚えました。 維持費も思ったほどではないですね。無料での消耗品の交換も保証期間中は付いてきます。 ディーラーは昔と違って壊れないって言いますが、やはり不安は払拭できませんでした。 近所にディーラーがあればいいのですが、ちょっと遠方なので今回は断念しました。 試乗での車内のビビり音がなければ結果は違ったかもしれません。 ただ、それらのネガティブ面を覆ってしまうくらいのデザイン性です。 そこら辺に沢山走っている車とは違いますし、こだわりのある人には良いのではないでしょうか。

アルファロメオの新着クチコミ

  • 返信数2
  • ナイスクチコミ1
  • 2021年5月13日 更新

いまでは発売中止になってしまったようですが後期Q4の諸元表では、タイヤサイズが2駆モデルと同じで前後で異サイズになっています。 私はQ4前期に乗っていますが4駆の回転差によるロスを無くす理由で前後同サイズしか使えないと思っていたのですが。 後期型になって駆動配分が完全に後輪駆動に変わるなどの仕様変更があったのでしょうか? 前期からもジュリアのQ4は普段走行時は前後比0:100に近い走行状態だと聞いていましたので。 ちなみに今はクワドリフォリオのフロントサイズで8.5J×19インチのホイールを前後につかっていますが、それだと後には10mmのスペーサー入れて良い具合です。 見た目的にも前期のQ4にQ2の前後異サイズのホイールが使えれば選択肢が広がるんですが。。

  • 返信数7
  • ナイスクチコミ10
  • 2021年3月7日 更新

現在、BMWの3ツーリング・ディーゼルに乗ってます。ステルヴィオ、ディーゼル検討中です。 先日、ディーラーにて試乗しました。 スタイリング、ハンドリング共に気に入りました。 ですが、イタリア車に故障の心配がよぎります。 実際に乗ってる方、お話を伺えませんか? それとディーラーにですが、メンテパックの年1オイル交換とは別に半年に1度はオイル交換を推奨されました。現在のBMWでは言われたことがなく、?という感じです。 すいませんが、お教えください。

  • 返信数8
  • ナイスクチコミ12
  • 2021年3月7日 更新

今回、ステルヴィオの購入にあたりディーラーに赴き試乗及び見積もりをとりました。 で、欲しいボディカラーが日本に在庫がなく本国発注となりました。 そこまでは良かったのですが、現在本国で日本向けのステルヴィオの追加生産は既に止まっており。急ぎの場合は日本に在庫のある色からと話がありました。 そこで、考えられるのが本国で既に受け付けているヴェローチェの日本導入に向けての可能性が1つあるのかなと思ったのですが… 欲しい色を優先し生産再開を待つのか、導入されるであろうヴェローチェの情報を待って、その情報次第で日本に残っている色から考える。 の2点で悩んでおります。 本国のサイトを確認すると確かにスポーツモデルの記載はなく、現在日本のジュリアと同じ設定のスーパー,ヴェローチェに導入予定のヴェローチェTiと他日本には導入されていないグレードの情報となっており、輸入車の情報ではヴェローチェTiの日本導入の情報しかありませんでした。 ヴェローチェの設定がステルヴィオにも導入されるならADASも導入されるので待とうかとは考えてはいるのですが… 皆様なら、このような状態の場合は、欲しい色を優先せずに現状のある色から購入か、正式な情報を待ってから考えるかどちらをされますか? また、自分の心配事として現在のスポーツグレードの代わりにヴェローチェの設定が入り、ヴェローチェTiが追加グレードとして設定されれば予算的には問題ないのですが… スポーツグレードの代わりにヴェローチェTiの設定となると恐らく予算的に厳しくなりそうと予想をして心配をしています。

  • 返信数3
  • ナイスクチコミ14
  • 2021年2月2日 更新

現行Aクラスに乗っていますがハンドリング、装備、外観、内装、ボディー剛性、アフターサービスにおいて至って満足しています。特にメルセデスケアは消耗部品まで無料で保証してくれるので安心して輸入車に乗る事ができます。 以前試乗した159や147が官能的なエンジン音でFFでアンダーステアも出るのですがダイレクト感のあるまるで自分の手足になった様に車を操る事が出来てとても楽しい車だったと記憶しています。ジュリアは未だ試乗はしていませんが官能的でしょうか?またアルファはやっぱり故障しますか?またアルファにメルセデスケアの様な消耗部品まで見てくれる手厚い保証はありますか?

  • 返信数5
  • ナイスクチコミ3
  • 2020年11月11日 更新

ディーゼルQ4 スポーツパッケージの購入を考えております。 オプション等つけて、総額750万位です。 マイナー後すぐなので値引きは少ないような気もしますが、いくらぐらいを目安に交渉すればいいのか、検討もつきません。BMW X3 やAUDQ5は一発目で軽く3桁値引きは出ました。ステルヴィオもこのぐらいは軽くでるのでしょうか? 今週末に2回目の商談です。 体験談等あれば宜しくお願い致します。

アルファロメオの人気中古車ランキング アルファロメオの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止