ミニの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

ミニの人気・注目ランキング

ミニの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

ミニの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順

ミニの新着レビュー

今回試乗したMINI ジョン・クーパー・ワークス・クラブマンは、実用性を備えながらも、レーシング・スピリッツを受け継ぐ直系モデルです。 現在、BMWグループは、このJCWブランドのコンサルタントとして、ジョン・クーパー氏の息子であるマイク・クーパー氏を招聘しているというから、スピリッツばかりか流れる血も本物なのです。 明らかに、ノーマルのクラブマンのそれとは異なるエクステリアは、専用エアロキットで武装されています。 フロントバンパーの大型エアインテークや、下げられた車高をはじめ、JCW専用のアロイホイールからチラリと覗く真っ赤なブレンボ製4ピストンキャリパー、左右に突き出る大口径ツイン・エグゾースト・パイプなど、単なる飾りではなく、このクルマのレーシング・スピリッツから受け継ぐ動力性能を支えるものなのです。試乗車はメーカーの広報車両ですが、オプションの大口径19インチホイールがより一層迫力を感じさせます。 ダウンサイジングエンジンが多い中、2.0リッターと意外と大排気量な直列4気筒直噴ツインパワーターボを搭載。最高出力は231ps/5200-6000rpm、最大トルクは320Nm/1250-4800rpmを発生し、ALL4ドライブにより、0-100Km/h加速は、6.1秒とスポーツカー顔負けのパフォーマンスを発揮します。 インテリアは相変わらずミニらしい個性あふれるものですが、速度計、レブカウンターのデザインは、先代モデルの方が個性的という声も多いの事実です。 センターコンソールのトグルスイッチでエンジンを始動させますと、オオッ!と思わず声を上げてしまうほど威勢のいいサウンドがドライバーに単なるミニではないことを教えてくれます。 市街地走行は、先代モデルでは、ダンピングが強く、終始硬い乗り心地という印象があったJCWですが、最新モデルでは、実にしなやかで、乗り心地も良好。荒れた路面でも車体剛性の高さが際立ち、試乗車が装備していたオプションの19インチ、35扁平タイヤでも、ボディは岩のようなガッシリ感を実感できます。 高速道路に合流し、アクセルを踏み込むと、今時珍しいほどのどっかんターボで、パワーが一気に炸裂し、時速100Km/hまでは、一瞬で到達します。無論これ以上加速することはできませんが、この勢いでアウトバーン領域まで弾丸のように速度を上げていく様は、容易に想像できました。 走行モードをスポーツに切り替えてみると、マルチインフォメーションのライトが真っ赤に点灯し、ドライバーを刺激させてくれます。アクセルレスポンスは、まるで運動神経と直結したかのような”電光石火レスポンス”となり、腹に響く重低音サウンドは、スポーツカーそのもの。シフトアップをするたびに「バフッ!」と響くサウンドもド迫力です。ステアリングはパワーアシストがないクラシカルミニのような手応えとなり、カミソリのようなクイックなフィーリングです。 追い越しのため、時速70Km/hからアクセルを踏むと、蹴飛ばされたかのようなロケット加速を演じてくれます。ほんと、このクルマってアツイです。 今回の試乗では、本領発揮のワインディングでの試乗はできませんでしたが、高速道路から一般道に合流するタイトコーナーでも、クルマは路面に張り付いたままのまさにゴーカートフィーリング。 退屈なクルマがますます増える中、ここまで刺激的な気分にさせてくれたクルマは久々でした。 3ドアJCWには、散々試乗しましたが、このクラブマンJCWでも、その血統には変わりありません。 なめると火傷するクルマとは、このクルマのためにある!のではないでしょうか。

2011年式JCW(MT)4年4万キロ乗ったレビューです。 【エクステリア】 エアロ、ブレンボ赤キャリパー、センター2本出しマフラー、赤黒JCWカラーとスポーティー特徴的で個人的に○です。 【インテリア】 オプションのベージュレザーだったので、上質感も高かったです。 この型までは伝統のセンターメーターも好みでした。 その他ミニらしい遊び心のあるインテリアはオシャレで○です。 最新の安全機能、便利機能(自動ブレーキ、アダプティブクルーズ、オートバイビーム等)はないですが、必要十分で、操作性も問題ありませんでした。 3ドアなので後席は子供or荷物置きですね。 1度男4人で30分ぐらい乗りましたが、きつそうでした。笑 通常は後席倒してフラットにしてラゲッジルームにしていました。 2人でゴルフ、キャンプは問題なく出来ます。 【エンジン性能】 1.6ターボ211hp。 とにかくパワーがあって楽しいの一言! マフラー音も重低音、スポーツモードにするとバブリングもします。 今時の低回転から効いてくるターボではなく、中回転域からくるドッカンターボ系だと思います。 なので低速域はややトルクが薄い感じで、やや癖があるように感じますが、それも車を操作する楽しさですね。 【走行性能】 ここがミニの1番の魅力です! 車と一体で”運転してる”と感じさせてくれる楽しさがある。 とにかくハンドリングがクイック。 遊びが全くない感じ。 まさにゴーカートフィールといった感じです。 普段の運転から常に楽しい。 それなりに色々試乗しましたが、ミニの感覚はやはり独特で一体感があって好きです。 この感覚が忘れられず、また乗りたいと思わせてくれます。 【乗り心地】 JCWなのでかなり固いです。 アバルトの1番スポーティーなモデルも試乗しましたが、JCWの方が断然固い。 メガーヌRSよりもやや固いかなといった印象。 ただ乗り心地悪いなーと思ったことはないです。 片道200キロの帰省を何度もしましたが、助手席の妻から乗り心地悪い、疲れたと言われたこともないです。 【燃費】 ノーマルはレスポンスが悪いので、常にスポーツモードでかなり回して走っていましたが、11q/lは切りませんでした。 (高速5割、郊外3割、市街地2割) 【価格】 新車500万はさすがに高すぎですね。 3年落ちのとても綺麗な個体を350万で購入。 【総評】 結婚を機にE250ワゴンに乗り換え4年経ちましたが、今でも乗り換えなければ良かったと思えるような常に楽しい魅力的な車でした。 2人までなら十分実用的で、燃費も悪くはない、故障も少なく4年乗って1度イグニッションコイル交換(たしか約3万ほど)程度でランニングコストも悪くない。 どんどんDCTに変わりつつあるなか、希少なMT設定は大きな魅力です。 いつか新型のJCWに乗り換えたいと思っています。 ホットハッチ好きなら絶対に乗るべき1台です!

営業さんのご厚意で2回試乗させて頂いていたが、兄弟車で同一プラットフォーム使用するBMWX1、自車所有のx2を交えてレビューする。 【エクステリア】 大きくても可愛らしい独特な雰囲気をした部分はやはりminiだ。なるほど女性陣に好まれるのもわかるし、それでいて大人の男性が所有しても違和感はない。 見栄を張りたくないがお洒落な車が欲しい方にはうってつけだろうと思う。 【インテリア】 クラシックでシンプルなインテリアだが、オプション次第でかなり様変わりする。 このオプションが相当に多岐に渡るのでやり過ぎるとオプション費用が相当に高額となるので必要性の見極めが必要だろう。 【エンジン性能】 試乗車はcooper DのALL4であり、BMWX1と共通。車格にして必要充分なスペックだろう。 エンジン種類はoneからJohn cooperまで多種あるが、装着可能オプションを鑑みるとcooper以上のグレードがお勧めだ。 【走行性能】 上述のようにディーゼル等BMW共通の部分が多いが足回りの味付け等は異なる。 シフトレバー等基本的な操作はBMWと共通。 BMWX2であれば車内にいるうちはアイドリングストップからの再スタートも振動、音もわずかだがこの車は振動とスタート音も相当にでかい。シフトダウンでの音の入り方を見ても遮音性へのコストは削られている。 直進性ひとつを見てもランフラットタイヤを標準とするBMWとの違いははっきり見てとれるが良くも悪くも優しい乗り味を基本としているだろう。 【乗り心地】 上述のように標準ではランフラットではないラジアルタイヤということなどもあり、BMWに比較すると優しい乗り味。 但しシートのオプションが多く、素材等により大きく変わるのでしっかり確認して注文したい。 【燃費】 ディーゼルであるならまずまずな燃費。使用用途に合わせてエンジンを選択できるのは便利なので此方も実際の試乗にて確認してもらいたい。 【価格】 BMWと異なり、エクステリア、インテリア共にオプションが青天井にあるのでこれにより価格が上がりやすい。ライバルが少なく、指名買いが多いブランドでもあるのでBMWに比較すると値引きは少なそうだ。 【総評】 性能より見た目を選び、唯一のオリジナルな雰囲気を気に入ったなら買いだろう。 但し上述のようにcooper Dグレードでもオプションあると簡単に乗り出し500を軽く突破してしまうため、兄弟のX1x2との差異は微々たる物となる。 しかしインテリアやオンリーワンの所有欲は本車以外にライバルが見当たらない。主力として売れるのも納得する内容だ。

ミニの新着クチコミ

アクティブ・ブレーキ・コントロール(ACC)作動中は、、 ブレーキペタルに遊びがなくなり、ACC解除のためブレーキを踏み込と ブレーキフィーリングが少し硬い感じます。 ACC起動中は速度と車間を自動制御するため、ブレーキの自動制御が 掛かっているせいとは思いますが、この挙動が正常かどうか判断できす、 マニュアルにも詳細な説明が見当たらないため、どなたか詳しい方が いらっしゃれば教えてください。

  • 返信数7
  • ナイスクチコミ6
  • 2022年4月29日 更新

5ドアクーパーdの購入を考えています。 YouTubeなどで検索でしてみると、クーパーdのディーゼルエンジンは信号待ちの時の、アイドリングストップは非常に気になるとの指摘が多くありました。本日、ディーラーに問い合わせると現行モデルはかなり改善しており気になるヒトはほとんどいないとの回答でしたが、改良型に乗っている方のご意見が聞きたく、投稿しました。宜しくお願い致します。

  • 返信数1
  • ナイスクチコミ1
  • 2022年4月20日 更新

最近クラブマンクーパーD 2022年式のオーナーになりましたMINI初心者です。BluetoothオーディオでiPodを繋いでいるのですがランダム再生の解除方法が分かりません。やり方をご存知の方、ご教授いただけますと助かります。よろしくお願いします。

中古でジョンクーパーワークスモデル 2017年モデル(231ps)、又は2019年モデル(306ps)のものを検討しています。 金銭面で考えて231psになるかと考えています。 試乗でクーパーDは乗った事がありますが、JCWは近県に試乗車が無いそうで実際の外観や内装、そして乗り心地を確かめる事が出来ていません。 実際に購入して普段乗っている方に聞きたいと思い書き込みさせていただきました。 知りたいのは ・ オプションのアダプティブダンパーではない標準の足回りで運転モードを切り替えても乗り心地が変わりますか? ・ 変わる場合、エコモードとスポーツモードの固さは国産車でこの車くらい、みたいな表現で教えてもらえますか? 又は前に乗っていた、この車よりも固い、柔らかい、などでも結構です。 その他、乗っていて不満点、気を付ける点などなんでもいいので感想を聞かせて欲しいです。 サーキットで乗ったりはしません。 通勤にも使います。 距離走ります。 現在は国産のSUVに乗っています。 一応YouTubeなどで試乗レビューは見ているので、今回は実際に普段乗っている方にお聞きしたいです。

  • 返信数0
  • ナイスクチコミ1
  • 2022年4月5日 更新

F54で車高調入れられている方に質問です。 前後同じダウン量ではリアの方がフェンダーとの隙間が小さくなりませんか? フロントが上がっているのではなくそもそもリアのフェンダーが低い位置にあるのかとも思いましたが。

ミニの人気中古車ランキング ミニの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止