プジョーの新車情報・自動車カタログ

タイプから探す
SUV
コンパクトカー
ミニバン
セダン
ワゴン
ハイブリッド
電動自動車
価格帯から探す
200〜299万円
300〜399万円
400〜499万円
500〜999万円
スペックから探す
スペック検索
お役立ち情報・コンテンツ
自動車購入ガイド
自動車の取得・維持費
関連カテゴリ
中古車検索
自動車保険
車買取・中古車査定
カー用品
車検

注目のコンテンツ

プジョーの最近発表・発売された車種

プジョーの人気・注目ランキング

プジョーの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

プジョーの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
  • SUV
    コンパクトカー
    ミニバン
    セダン
    ワゴン
    ハイブリッド
    電動自動車
  • 200〜299万円
    300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
  • ラ行
    英数字
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
    21〜40位
  • SUV
    コンパクトカー
    ミニバン
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    オープンカー
    ハイブリッド
    電動自動車
  • 200〜299万円
    300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
    価格情報なし・販売終了
  • ラ行
    英数字

プジョーの新着レビュー

2020年7月に発売を開始したBセグメントの新型プジョー208。BEV(電気自動車)であるe-208の販売開始前に主力となるガソリン車、さらにその中核となる「アリュール(車両本体価格:259万9000円、オプション除く)」に試乗しました。 世界的に大ヒットとなった205や206に続くこのシリーズですが、先代モデルも208。プジョー自体もモデルチェンジ毎に数字を変える方式は辞めたそうなので208は2代目ということになります。 グループPSAの新世代プラットフォームであるCMPをベースに開発した208ですが、コンセプトのひとつに「パワー・オブ・チョイス」というものがあります。 今回の208はCMPを使うことで(正確にはEVは専用のeCMPを採用)ガソリン車でもEVでもキャビンやラゲージスペースに差を付けることなく、選べる点をポイントとしています。 エクステリアの印象は鍛えられた美しいアスリート的。言いたいことは写真ではこの良さが伝わりづらい程、ダイナミックな造形を持つ点です。 寸法的には全長と全幅が拡大、一方全高が下がったことでよりワイド感が強くなっています。特に旧型のフロントノーズは前方に大きく下がっているのに対し、新型は大型グリルと相まって良い意味での自己主張も強い。そして車幅も掴みやすいです。その点では視認性も優れているのですが、歩行者保護の観点から見てもこのボンネット形状は理にかなっているのではと感じました。 ドアを開けて着座する瞬間、筆者的には地面からのヒップポイントが低いことを感じました。腰痛持ちなのでちょっとコツは必要ですが、最低地上高が旧型より25mm高くなっているので乗降性は向上しているのかと錯覚してしまったのが自分の判断ミスです。 一方で特筆したいのはシートです。アリュールはファブリックとテップレザーで仕上げたコンビネーションシートですが、上位グレードのGT LINEでなくても身体の中心や臀部、腰の辺りをしっかりと支えてくれていることがわかります。それでいて固くなく、しっとりとした座り心地は長距離走行はもちろん「身体をクルマに預けられる」という安心感もプラスします。 また前述したシートの柄に関しても同様です。筆者は比較的国産車派ですが、どこのクルマとは言いませんがシート表皮の幾何学模様などのデザインセンスにはガッカリすることがあります。もっとシンプルで上質感も含めて商品化すれば良いのに、と常々感じていますが、208のマテリアルデザインなどは触れる部分だけでなく、目に見える部分のセンスも上手いと感じました。 今回の目玉のひとつにプジョーが提案する「i-Cockpit」の進化が挙げられます。特に「3Dヘッドアップインストルメントパネル」が注目されていますが、旧型がステアリングとメーターの干渉が気になっていたのに対し、新型は視認性、言い換えれば必要な情報を直感的に把握できる点は良いと感じました。 ただ、このシステム自体、好みがあるのも事実。これに関しては実際のディーラーで確かめることをオススメします。 また従来から展開する7インチのタッチスクリーンは基本UIの変化は少ないですが、画面の発色や照度、さらにタッチパネルを始めとする動作レスポンスが向上しています。 基本はスマホ連携ですので、iPhoneであれば「Apple CarPlay」、Android携帯であれば「Google CarPlay」を使えますので使うアプリにもよりますが十分な性能と言えます。 ただどうしても普通のカーナビが欲しいという人のためにも今回カロッツェリアのAVIC-RA801をベースにした商品がディーラーオプションで設定されていますのでそれを候補に入れても良いでしょう。但し、価格が高い(ガソリン車の場合、23万6500円)のがネックです。ディーラーオプションですから、まずはスマホナビで自分の利用にフィットするか、を確認してからでも遅くはありません。くどいようですが、スマホナビを試す際、所有のスマホとこのユニットとの接続情報を確認しておく必要もお忘れ無く。 走りに関しては非常に好印象でした。昔のプジョーは「猫足」とか言われていましたが、ボディの剛性向上も含め、ロール感はしっかり出しながら接地性も十分、安定感もあり普段使いからちょっと走りを楽しみたい時でも十分応えてくれる仕立ての良さが魅力に感じました。 1.2Lの3気筒ターボは確かに3気筒ならではの振動などは感じますが、国産の3気筒エンジンに比べると音質面でも角が尖ったような音の発生は上手くマスキングされていると思います。発生する最大トルクも1750回転と低く、何よりもATの変速フィーリングと相まって素直に運転が楽しいです。 この他にもADAS(運転支援システム)も充実しています。ただ個体差なのかもしれませんが、搭載する「レーンキープアシスト」の認識が常に右側に寄せようとするのが気になりました。もちろん機能には限界がありますが、多くの高速道路を走った印象でも変わりがなかったので個体差やクセ、またはプログラム上の考え方なのかもしれません。 正直、このクルマで筆者的に注目しているのはe-208です。ただガソリン車に乗って感じたのは「降りるのがイヤになるほど楽しいクルマ」「ずっと乗っていたいクルマ」だということです。 同セグメントのライバル車などは見かけの車両価格は安いのですが、これに各種オプションを追加していくと支払総額が多くなってしまう点が見受けられます。しかし208の場合は有償ボディカラーを選ばなければ、車両本体価格259万9000円にディーラーオプションやメンテナンスパッケージ、諸経費だけで購入できます。 筆者的には大型のパノラミックガラスルーフが欲しいところですが、この装備は上位のGT LINEにしか設定はありません。しかしそれをガマンしても現状においてはコスパの高い「アリュール」は208の中では一番オススメです。

【エクステリア】2016年のGTLINEはスタイルが大変良く7年近く乗っていますが、いまだに飽きることがありません。 【インテリア】豪華ではありませんが、安っぽくなく非常に好感が持てます。 【エンジン性能】静かで、私の運転では不足ありません。 【走行性能】滑らかに滑るように走る感じです。でも4万キロ位でタイヤが仕事しなくなったように感じます。この車はミシュランタイヤの滑らかな走行フィーリングで走行性能の価値が高まっているように感じます。今年の春にディーラーがエンジンのプログラムを書き換えましたが、それからドカンと発進し、カックンと停止するようになりました。変速時も不自然さを感じます。 【乗り心地】4万キロ位までは、非常に好ましく感じました。600km走っても疲れません。 【燃費】エアコン使用で12、それ以外で14くらい走ります。 【総評】もう一台所有しているカローラクロスよりも満足度が高い

ずっとBMWでしたが、デザインに嫌気がさして別メーカーを探していたところプジョーがヒット ファミリーカーが欲しかったのですが、ミニバンの形状が受け付けずスタイリッシュな大きめのSUVを探していたのでこの車に行きつきました。 外車にしてはめちゃくちゃ安く、それでいて内装・外観も値段の差を感じません。 ハイオクからディーゼルになったので燃料費も大満足。軽油は安いので燃費を気にせずブイブイアクセルをふかしています。 車内はかなり広く、後部座席チャイルドシートを3つ搭載していますが広々としています 荷室も広いです。ベビーカーが余裕で2台入ります。 あとフロント部分がかなり短いので、車体は大きいのに軽自動車のような感覚で運転できます。 私の妻もBMWのSUVは運転できませんでしたが、プジョー5008は毎日平気で乗り回しています。 現状特に不満点はないですが、空調はちょっと弱い気がします。

プジョーの新着クチコミ

  • 返信数15
  • ナイスクチコミ7
  • 2022年7月7日 更新

初投稿です。 2.0ディーゼルの不具合で同じような方がいたら教えてください。 当方2018年式の2.0ディーゼルに乗っています。 走行距離20,000qを超えたころにアドブルーの警告表示が点灯したため、ディーラーへ持ち込んだところ アドブルーを吸い上げるポンプの不具合でアドブルータンクユニットの交換が必要とのことで17万円ほどの修理見積もりを提示されました。 ディーラーのメカニック曰く、アドブルー関係の不具合は2.0Lのモデルと1.6Lのディーゼルでは よくある不具合とのことで、交換品は不具合対策をしているので再発の心配はなさそうとの説明を受けました。 ディーラー側で不具合を認識しており、メーカー側も対策部品を用意しているのに リコールがかからないことはあるのでしょうか?  ※ちなみに2.0モデルだけでもこの1年で8件の不具合が報告されています。 (自動車不具合ホットラインより) https://carinf.mlit.go.jp/jidosha/carinf/opn/search.html?nccharset=0DC7CDA3&selCarTp=1&lstCarNo=3470&txtFrDat=1000%2F01%2F01&txtToDat=9999%2F12%2F31&txtNamNm=&txtMdlNm=&txtEgmNm=AH01&chkDevCd=7%2C9 幸い自走が可能なため、修理は一旦保留にして帰宅しましたが、 このまま修理に出していいものか、リコールになるのを待った方がいいのか決めあぐねています。 同じ不具合が出た方がいらしたらご教示くださいますようお願いいたします。

  • 返信数13
  • ナイスクチコミ49
  • 2022年7月6日 更新

「EV出荷停止」が明るみにでて、はや1か月強。これだけ危険な状況が続き、オーナーには多大な不安を抱かせているのに、リコールはもとより輸入元(Stellantis ジャパン)から何のコメントも出されていません。 プジョーのEV2車種(DSやシトロエンも同様と思いますが)には、以下4点の重要な問題があると認識しています。 @場所と時を選ばず、不具合で突然停止し、Pレンジに入ったままとなる。(突然停止問題) A回生ブレーキのみでも、一定以上の減速度ではブレーキランプの点灯義務があるものの、これを満たしていない。(保安灯火問題) B停車してPかNレンジに入れ、10分何もしないと、勝手にアクセサリーモードとなる。説明書に記載がない。(10分システム落ち問題) C冬季、急速充電の速度が遅くなる。カタログ値と大きくかけ離れた速度になることもある。(急速充電問題) @からBは人命にも関わるような問題です。自身や同乗者だけではなく、全く罪のない周囲の人を巻き込む可能性も十分にあり得ます。 この掲示板本来の使い方ではないかもしれませんが、あまりにも関係者の動きが遅いことに我慢の限界を感じました。今後、数日にわたってこれらの問題につき、潜在的なリスクなども含めてコメントさせていただきます。 輸入元やディーラーさんからの反論は大歓迎です。

  • 返信数18
  • ナイスクチコミ21
  • 2022年7月6日 更新

私の1.6ディーゼルもアドブルーポンプ不具合によりタンクAssyを交換しています。 一回目の交換が納車から3年半経過(45000キロ位) 二回目の交換が5年半経過(7万キロ位)です。 もちろん1回目の交換の際、不具合対策品へ交換したのですが同じ不具合で二回目の交換(有償)になりました。 ディーラー曰く相当数の車で不具合による交換をしている事案で、2回交換している車も出始めているそうです。 私の場合、二回目の交換の対策品のポンプの方が走行距離が短いのに故障しました。 おそらくこのまま乗っていたら今のポンプも故障するだろうと思って乗っています。7年目の車検までもてばいいかなと。

  • 返信数26
  • ナイスクチコミ84
  • 2022年7月4日 更新

e2008ですが3回目の走行不能によるレッカー搬送。 1回目は去年12月、2回目は今年4月、そして5月に3回目の走行不能。 原因は1回目と同様のエアコンコンプレッサーかな?との事。ただ再発なのでドライヤも交換したいが部品が無くはや4週間待ちとなりました。 今回はなかなか動きが悪いので国交省の不具合情報ホットラインにアップしときました。

  • 返信数4
  • ナイスクチコミ10
  • 2022年7月2日 更新

タッチスクリーンのファームウェアが096Cが配信されてました (e208では096Cl?) 一応、日本でナビゲーション機能が使えるかもしれないので期待を込めアップデートしてみたいと思います。 →アップデート完了後追記します

プジョーの人気中古車ランキング プジョーの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止