アウディの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

アウディの最近発表・発売された車種

アウディの人気・注目ランキング

アウディの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

アウディの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
    21〜40位
    41〜60位
  • SUV
    コンパクトカー
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    オープンカー
    ハイブリッド
    電動自動車
  • 300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
  • 英数字
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
    21〜40位
    41〜60位
    61〜80位
  • SUV
    コンパクトカー
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    オープンカー
    ハイブリッド
    電動自動車
  • 300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
    価格情報なし・販売終了
  • 英数字

アウディの新着レビュー

2019年にフルモデルチェンジを行ったアウディのスポーツコンパクトである「A1スポーツバック」。2020年は国内外を問わずBセグメントの当たり年とも言えたのですが、改めてA1スポーツバックに試乗してみました。 撮影の都合で写真は2019年12月1日に発売された「ファースト・エディション」ですが、同じエンジンを搭載する「35TFSI Sライン」も含めての試乗になります。 前述したように2020年は欧州だけでなく国内でもトヨタ ヤリスやホンダ フィットも発売。この原稿を書いている段階で日産 ノートが発表されるなど来年に向けてこのセグメントの販売が期待されます。 プラットフォームはVW ポロと共有ですが、ホイールベースはA1の方が10mm長い以外はパワートレーンなども共通する部分が多いのが特徴です。 ただポロとの比較ではやはりデザインやマテリアルなどの質感はプレミアムコンパクトとして享受できるもので、1980年代に人気だったスポーツクワトロをイメージさせるデザインなどはその表れと言えるでしょう。 旧型との比較で一番の進化はやはりサイズアップによる実用性の向上でしょう。 全長で55mmのほか、圧倒的なのがホイールベースを95mmも延長していることです。これは室内全体と同時に後席の足元スペースの余裕、さらにラゲージ容量の拡大に繋がります。 見え方によっては旧型のキュッとしまったエクステリアもスポーティですが、プラットフォームの共有化も含め、この時代では今まで以上に居住性を含めた実用性が求められます。 ハンドリングに関してはSラインもファーストエディションも17インチアルミ&ブリヂストンのトランザT005を装着していましたが、セッティング自体はSラインの方がやはり締まった乗り心地でした。もちろんSラインには「ドライブセレクト」が搭載されますので当然なのですが、どちらも共通して言えるのは狙ったラインに対し、極めて忠実にトレースする能力の高さ。ここに関しては誰が乗っても驚くほどスムーズに曲がれることが体感できるはずです。 1.5Lの直4直噴ターボは150PS、250N・mを発生、素性の良さはすでに先行して発売されているポロの「TSI R-Line」と同じもの。組み合わされるトランスミッションも7速のデュアルクラッチ式になります。 また燃料消費を抑える「ACT(気筒休止システム)」もポロと同様ですが、こちらもそれが作動していることは走行時にはまずわかりません。それだけスムーズなフィーリングと言えるでしょう。 この試乗の前に6月に追加された主力販売グレードとも言える「25TFSI」にも少しだけ試乗したのですが、これもまたポロ同様、ややパワー不足は否めません。価格面での訴求は魅力的ですが、やはり車格や走りのバランスを考えると「35 TFSI」をオススメします。 ただ、走りも含めBセグメントのトップとも言える実力を持つA1スポーツバックですが、不満点もあります。まず1つ目が昨今では軽自動車にも装着が増えてきている「EPB(電動パーキングブレーキ)が非設定である点です。特にストップ&ゴーの多い日本では運転時の負担を減らす機能として人気があります。今後とのことはわかりませんが、このクラスとして、ましてやプレミアム要素も強いアウディゆえにこの部分はぜひ装着を期待します。 そして2つ目がオプションの豊富さゆえの車両価格のアップです。今回試乗したテスト車は車両本体価格に対し、メーカーオプションが多く、約100万円位高くなっていました。 これ自体はイメージを訴求するためのテストカーゆえなのですが、さすがに100万円高となると他の選択肢も出てくる可能性もあります。A1スポーツバックを購入する際は本当に必要な装備をよく吟味することが重要です

【エクステリア】 かっこいい、それに尽きる 【インテリア】 派手さは無いが、落ち着いた高級感。 【エンジン性能】 ディーゼルだが、190ps400nmは必要十分。高速への合流はSモードだとラグなくスムーズな加速 【走行性能】 quattroシステムの安定感は豪雨の日などに痛感。 【乗り心地】 静音性が高い。風切り音は100キロ以上でも無音に近い。 【燃費】 下道12.3km、高速16km前後(ディーゼル) 【価格】 高い、、 【総評】 走行性能、燃費、静粛性は高いが、2019年春に納車して現在まで、リコール2回、エアコン故障2回、データ接続出来ない不具合、バックモニター故障、アウディプレセンスが何もないのに作動して心臓に悪い不具合など。 とにかく品質が悪すぎる。憧れで乗ったアウディだったが、もう二度と乗ることは無いだろう。 リセールも悪い。 個体差があるのか分からないが、 猛暑日にエアコンが故障したら命に関わる。 大人しくレクサス乗っとけって事なのだろうか。

素晴らしい車。 ボディ剛性やカーブの安定性、走行に関してほとんど悪いところが見当たらない。 若干サスが柔らかすぎるのかちょっと酔いそうなときがあったが慣れました。 しかも結構車内も広くて、四人で使ってちょうど良い。 DCTの一速からのつなぎと故障報告数だけが気になる笑

アウディの新着クチコミ

  • 返信数8
  • ナイスクチコミ23
  • 2022年8月13日 更新

A5スポーツバック TFSI クアトロ、2年落ち考えています。ほとんどフル装備ですが、Sラインではなかったです。革シートは茶色でいい感じでした。 やはり、狙うならSライン必須ですか? じゃないと買ってから気になりますか?

  • 返信数7
  • ナイスクチコミ10
  • 2022年8月10日 更新

電気自動車デビューを考えており、Q4のスペック、デザインが魅力で購入を検討しています。 イベント等で試乗された方がおられましたら、乗り味はどんな感じでしたでしょうか?例えば●●に近かったなどお教え頂けると有難いです。 期待としては、上質な乗り心地・しっかりとしたハンドリング・安定したコーナリング・EV特有の低重心化による安定性など達成されていれば是非購入を進めたいと思っています。 よろしくお願いします。

  • 返信数5
  • ナイスクチコミ3
  • 2022年8月7日 更新

そろそろブレーキパッドの交換時期が近づいてきました。 純正のブレーキダストが気になるので、社外品をリサーチ中ですが、ブレーキ鳴きも気になるところです。 おすすめのブレーキパッドがあれば教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 返信数8
  • ナイスクチコミ20
  • 2022年7月28日 更新

2019年9月登録車です。 初めての車検なので購入店(アウディ)で車検を受けるつもりですが、税金別でどのくらい掛かるものでしょうか? うまく、安く受ける方法やコツはありますか? 先日、車検見積もり(無料)のハガキが来たので、8月中に事前見積もりをうけるつもりです。 タイヤの前後のローテーションとかされましたか? 2年10カ月乗って11000Kmです。 4月にバッテリーは交換しました。

  • 返信数3
  • ナイスクチコミ10
  • 2022年7月19日 更新

自分の納期は一応10月から11月です。状況が不透明なので教えて欲しいです。

アウディの人気中古車ランキング アウディの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止