アウディの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

アウディの最近発表・発売された車種

アウディの人気・注目ランキング

アウディの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

アウディの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • SUV
    コンパクトカー
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    オープンカー
    ハイブリッド
    電動自動車
  • 200〜299万円
    300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
    価格情報なし・販売終了
  • 英数字

アウディの新着レビュー

2019年にフルモデルチェンジを行ったアウディのスポーツコンパクトである「A1スポーツバック」。2020年は国内外を問わずBセグメントの当たり年とも言えたのですが、改めてA1スポーツバックに試乗してみました。 撮影の都合で写真は2019年12月1日に発売された「ファースト・エディション」ですが、同じエンジンを搭載する「35TFSI Sライン」も含めての試乗になります。 前述したように2020年は欧州だけでなく国内でもトヨタ ヤリスやホンダ フィットも発売。この原稿を書いている段階で日産 ノートが発表されるなど来年に向けてこのセグメントの販売が期待されます。 プラットフォームはVW ポロと共有ですが、ホイールベースはA1の方が10mm長い以外はパワートレーンなども共通する部分が多いのが特徴です。 ただポロとの比較ではやはりデザインやマテリアルなどの質感はプレミアムコンパクトとして享受できるもので、1980年代に人気だったスポーツクワトロをイメージさせるデザインなどはその表れと言えるでしょう。 旧型との比較で一番の進化はやはりサイズアップによる実用性の向上でしょう。 全長で55mmのほか、圧倒的なのがホイールベースを95mmも延長していることです。これは室内全体と同時に後席の足元スペースの余裕、さらにラゲージ容量の拡大に繋がります。 見え方によっては旧型のキュッとしまったエクステリアもスポーティですが、プラットフォームの共有化も含め、この時代では今まで以上に居住性を含めた実用性が求められます。 ハンドリングに関してはSラインもファーストエディションも17インチアルミ&ブリヂストンのトランザT005を装着していましたが、セッティング自体はSラインの方がやはり締まった乗り心地でした。もちろんSラインには「ドライブセレクト」が搭載されますので当然なのですが、どちらも共通して言えるのは狙ったラインに対し、極めて忠実にトレースする能力の高さ。ここに関しては誰が乗っても驚くほどスムーズに曲がれることが体感できるはずです。 1.5Lの直4直噴ターボは150PS、250N・mを発生、素性の良さはすでに先行して発売されているポロの「TSI R-Line」と同じもの。組み合わされるトランスミッションも7速のデュアルクラッチ式になります。 また燃料消費を抑える「ACT(気筒休止システム)」もポロと同様ですが、こちらもそれが作動していることは走行時にはまずわかりません。それだけスムーズなフィーリングと言えるでしょう。 この試乗の前に6月に追加された主力販売グレードとも言える「25TFSI」にも少しだけ試乗したのですが、これもまたポロ同様、ややパワー不足は否めません。価格面での訴求は魅力的ですが、やはり車格や走りのバランスを考えると「35 TFSI」をオススメします。 ただ、走りも含めBセグメントのトップとも言える実力を持つA1スポーツバックですが、不満点もあります。まず1つ目が昨今では軽自動車にも装着が増えてきている「EPB(電動パーキングブレーキ)が非設定である点です。特にストップ&ゴーの多い日本では運転時の負担を減らす機能として人気があります。今後とのことはわかりませんが、このクラスとして、ましてやプレミアム要素も強いアウディゆえにこの部分はぜひ装着を期待します。 そして2つ目がオプションの豊富さゆえの車両価格のアップです。今回試乗したテスト車は車両本体価格に対し、メーカーオプションが多く、約100万円位高くなっていました。 これ自体はイメージを訴求するためのテストカーゆえなのですが、さすがに100万円高となると他の選択肢も出てくる可能性もあります。A1スポーツバックを購入する際は本当に必要な装備をよく吟味することが重要です

諸事情で前乗っていたお気に入りのSUVから急遽ステーションワゴンに乗り換える必要が出てきたため中古車を購入。2年ほど乗っています。 【エクステリア】 シンプルで上品なイメージ。良い意味でも悪い意味でも目立ちません。 購入当時は流れるウィンカーが割と珍しかったのですが、それも今なっては普通ですし。 飽きはこない感じだと思います。 【インテリア】 エクステリアと同じくシンプルで上品な感じかな。 私が乗っている年式はナビがタッチパネルではないです。 かつ、左ハンドルを前提に設計された感じがして、運転席からナビに文字を打ち込むことは非常に難しいです。左利きの人なら大丈夫かも。 【エンジン性能】 素晴らしいですね。文句なしです。 【走行性能】 こちらも同様。 【乗り心地】 静かですし、長時間乗っていても疲れません。 【燃費】 あまり良い印象はなし。 【価格】 私は中古車で購入しましたが、新車の値段設定はとてもとても高いと思います。 【総評】 前の車が非常に気に入っていて、どうしても変えないといけない事情があって泣く泣く購入した中古車なので正直あまり思い入れがないのですが、車としての完成度は高いと思います。

【エクステリア】 最近のアウディの特徴的なデイライトもカッコよくプレスラインもシャープに入り、なかなかにスタイリッシュであり、ドイツ車らしく後席に普通の175cmくらいの男性が座って正しいポジションをとっても頭上空間に多少のゆとりがあります。 ドアの開閉感も素晴らしく重厚で高級な感じです。 流れるウインカーは好みもありますが、やや流行遅れな感じもします。 【インテリア】 試乗車は限定車で必要装備が全て揃って約450万ですが、アウディらしいシンプルな高級感もあります。残念なのは、後席のドア回りのトリムがハードブラなこと。プレミアムカーなら、そこはソフトパッドにしてほしいところですね。 大人四人しっかり乗れて、それなりに長距離も問題無さそうです。 床のボードを下げてトランクは300L程度。特別広くはありません。 【エンジン性能】 1Lで110psのマイルドハイブリッド付きは、大人2人くらいなら十分なパワーでターボなしの2Lくらいのトルク感ですね。 踏み込んでもエンジン音の高まりの割には速度は出ていません。 これをアンダーパワーと見るか、十分と考えるかは人それぞれですが、気になるのは2,500回点くらい回さないと十分な加速が得られない事。この問題点は実は実燃費の悪化に関係するので、その点は注意が必要です。 【走行性能】 直線試乗なので、よくわかりませんが、限られたパワーで楽しめそうな感じでした。 【乗り心地】 試乗車は18インチのためか、やや角のある乗り心地でした。 【燃費】 【価格】 この限定車で車両価格て400万くらいになると、良い感じですね。少し時間が経ち時期によって値引きが50万くらいあったら、アリでしょうか。 【総評】 先行して刷新されたSUVのQ3ほど旧型との差はありませんが、なかなか良い感じのクルマに仕上がっています。 気になる点としては相変わらず採用されるデュアルクラッチシステムのトラブルが懸念点とはなりますね。 まあ国産の同クラスにあたるシビックも総額400万くらいになるので、1Lなので総額450万くらいで、限定車の内容のクルマなら、十分にアリだと考えますね。 アウディに限りませんが、相変わらず310万からとか、実際にはオプション入っていて最低でも、400万近い価格のクルマからしか在庫が無いのに、そんなクルマは本国に注文しないと買えない上に、2021年の安全装備も揃わないクルマを一見キャッチーな価格設定するのは姑息な感じですね。 しかし、クルマの出来は悪く無いので、この価格が気にならない富裕層の方のセカンドカー、サードカー以降にはオススメの一台かもしれません。

アウディの新着クチコミ

  • 返信数9
  • ナイスクチコミ28
  • 2021年6月11日 更新

2018年新車購入A5スポーツバック(FF)です。現在走行距離は8000kmくらいです。 エンジンかけてる時の車内の異音ですが、購入時は停車時にしか聞こえなかった「チチチ・・・」というアナログ時計の針の音の ようで、もっとテンポの速い音が、最近では走行中でも聞こえるような音量になり少々ストレスが溜まってます。 エンジン停止後も2,3分でしょうか、チチチ・・・と音は続いて、そのうち止まります。 もちろんディーラーにもみてもらい営業さん、サービスさんにも確認してもらい車両診断まで行って頂きましたが 結局原因不明のためこれまで対策ができておりませんです。 ネットで同様の原因を探し続けてきましたが見つけられませんです。 この車両特有の症状でしたら音楽の音量上げるなどして諦めますが もしどなたか同じような症状を解決できたならばその原因と対策方法を教えてください。

  • 返信数2
  • ナイスクチコミ20
  • 2021年6月10日 更新

はじめて投稿します。よろしくお願いいたします。 A5SBをオナーの方、アウディ車に詳しい方等のご意見いただきたいです。 1年程前より、A5SB 白の購入検討しており新車での購入も考えましたが、予算の都合で中古?試乗車上りでの購入を検討しております。 ブラックスタイルサンルーフ付き又はSラインサンルーフ付きか、Sラインサンルーフ無しかで迷ってます。 サンルーフ付きは確かにカッコイイですが、サンルーフ無しに比べるとかなり高くなりますし、故障が心配です。 実際のところサンルーフの故障や雨漏り、気密性、異音、社外音などどうなのでしょうか? ※何人かの営業マンとサンルーフについて話をしましたが、営業マンの6割はサンルーフ付きは故障やトラブルが多い為、やめておいた方が良いと薦められました。 又、サンルーフに限らず、電気系が不具合を起こしやすいと聞いてますが、どうでしょうか? 購入時は保証を新車保証プラスで2年付けようと考えています。 あと、購入したら、ダウンサス、FR/SIDE/RRスポイラーを付けたいと考えていますが、純正以外を付けるとディーラーでの点検や車検、保証がきかなくなると聞いたので悩んでいます。 足回りが電子制御の為ダウンサスは嫌がられるのはわかるのですが、スポイラーもやはり嫌がられますかね?

  • 返信数3
  • ナイスクチコミ18
  • 2021年6月10日 更新

Audi A1スポーツパック 2021モデルを、妻の通勤用に3/末に購入 車内でWiFiが使えるのも購入の動機でしたが、My Audiについては納車当日に、ドイツ本国のサーバーに不具合があるので解決後に登録して下さいとの説明。(その時点で解決の時期は示されず) それが、2週間経っても一向に解消されないのでカスタマーセンターに照会したところ、解決の見通しが見えないとのこと。 我々受益者が不利益を被る事について問いただした結果、ようやく来週中に何らかの回答をすると引き出した。 以上の不具合に関しては、HPにも販売店からも、一切の情報が得られていない。つまり情報開示がなされていない。 以上を消費者情報センターに伝えることにしました。 A1最新モデルを購入検討の方、十分ご注意ください。

  • 返信数0
  • ナイスクチコミ0
  • 2021年6月6日 更新

こんにちは。 私は年式2017年11月のバーチャルコックピット装着車に乗っています。 こちら、エンジンを起動するとバーチャルコックピット周辺から常に小さい音で"ブンブンブンブンブンブン"と、ファン?機械音?のような音がなっています。こちらエンジンをオフにしてmmiやバーチャルコックピットがオフになった後も数分間鳴り続けたのちに止まります。 バーチャルコックピットを付けている方で同じような音が聞こえる方はいらっしゃいますでしょうか?

  • 返信数7
  • ナイスクチコミ6
  • 2021年5月24日 更新

新型A3の価格をweb試算したのですが電動シートの項目が見つかりません。 皮シートの項目も見当たらずちょっとガックリ。 ひょっとしてオプションがないとか? ご存じの方はお教えください。m(_ _)m

アウディの人気中古車ランキング アウディの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止