メルセデス・ベンツの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

メルセデス・ベンツの最近発表・発売された車種

メルセデス・ベンツの人気・注目ランキング

メルセデス・ベンツの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

メルセデス・ベンツの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
    21〜40位
  • SUV
    コンパクトカー
    ミニバン
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    オープンカー
    ハイブリッド
    電動自動車
  • 400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
  • 英数字
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
    21〜40位
    41〜60位
  • SUV
    コンパクトカー
    ミニバン
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    オープンカー
    ハイブリッド
    電動自動車
  • 400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
    価格情報なし・販売終了
  • ハ行
    英数字

メルセデス・ベンツの新着レビュー

メルセデス・ベンツの中核モデルであるEクラスがフルモデルチェンジを受けた。レーダーセーフティパッケージを中心にした最新の運転支援技術をふんだんに盛り込んでいるのが特徴だ。 新型Eクラスには、メルセデス・ベンツ日本が木更津市のかずさアカデミアホールをベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードはE200アバンギャルドスポーツだ。 外観デザインはCクラスとほとんど見分けがつかないくらいに良く似ている。ボディがひと回り大きいので近くで見れば存在感の違いなどが分かるが、遠くから見たのではどちらだか分からないようなデザインである。 運転席に乗り込むと、今度はCクラスとは大きく異なる印象だ。Sクラスに近いともいえるような高い質感のインテリアである。インパネには2枚のワイドな液晶パネルが配置され、右側は速度計や回転計、左側はナビゲーションの画面となる。メーターパネルのデザインやカラーなどは自由に変更が可能だ。 夜間に室内を間接照明で照らすイルミネーションも64色の設定があって自由に選べる。そんなに多くの色が必要なのか、ユーザーが切り換えて楽しむものなのか疑問だが、いろいろなことができるクルマである。 特筆されるのは運転支援装備だ。将来の全面的な自動運転に一歩近づく部分的な自動運転が実現されている。 前車との車間距離を確保しながら追従走行をするアダプティブ・クルーズコントロールは、車線がはっきり書かれていないようなシーンでも、ガードレールや車両などを検知して追従走行が可能。渋滞などで停車した場合には、30秒以内に前車が発進したなら自動で発進して追従していく。 先進緊急ブレーキは、先行車だけでなく、歩行者、自転車、前を横切る車両、それ以外にも路上にある物体などとの衝突の危険を検知するとしっかり作動する。しかも交差点などで飛び出してくる車両にも対応する。 車両の周囲の状態を常時監視しているので、側面からの衝突の危険を感知すると、シートのサイド部分が膨らむとともに、ドア遠ざけて衝突による被害を軽減するインパルスサイドと呼ぶ世界初のシステムも搭載されている。 ドライバーが気を失うなどして運転操作をしなくなった場合には、緩やかに減速して停止する。衝突時に乗員の鼓膜が破れるのを防ぐPRE-SAFEサウンドも装備されている。 もうひとつアクティブレーンチェンジアシストが自動運転への歩みを進める注目の装備だ。高速道路で時速80km以上で走行中にステアリングパイロットが作動しているとき、方向指示器を2秒以上点滅させると、斜め後方を中心に周囲の安全を確認した上で、隣の車線へ移動していく。周囲の監視がしっかりしているからこそ実現できる機能である。 84個のLEDが使われるヘッドライトも特筆モノだ。84個のLEDを自在に点灯/消灯させることで、カーブでは進行方向の先を照らすのはもちろんのこと、ハイビーム時に対向車を幻惑しないようにしたり、歩行者にまぶしさを与えないようにする。ほかに標識への照射を制御したり、路面からの反射がないように照らすなど、実にきめ細かい作動をするのだ。 このように最新・最高の安全装備・運転支援装備を備えているのがEクラスである。現時点ではSクラスを上回る仕様であり、ほかのメーカーがとても追従できないようなレベルにまで達している。 今回試乗したE200アバンギャルドスポーツは、直列4気筒2.0Lのターボ仕様エンジンを搭載したモデルで、135kW/300N・mを発生する。同じエンジンでチューニングが異なるエンジンを搭載したモデルはE250とされ、ほかにディーゼルエンジンを搭載したE220dやV型6気筒3.5Lのツインターボ仕様エンジンを搭載するE400 4MATICなどがある。 試乗車には19インチタイヤが装着されているのでどうかと思ったら、想像する以上に乗り心地が良かった。路面がベルジャンロードのような石畳の道だったのに、ゆるゆると走り出していくと快適な乗り心地である上、ロードノイズも抑えられていて、とても好ましい印象だったからだ。 メルセデス・ベンツはCクラスで、ランフラットタイヤを採用したが、その乗り心地が硬くて閉口させられたものだが、今回のEクラスはそんな不満を感じさせない性能だった。 路面にマンホールのふたが出っ張ったようなシーンでは、やや強い突き上げを感じたりしたので、全面的に好感の持てるものとまではいえないが、全体として快適であったのは間違いない。 E200が発生する135kW/300N・mの性能は、Eクラスのラインナップの中では最も低いものながら、動力性能に特に不満は感じなかった。車両重量は1700kgで決して軽くはないのに、そのボディの重さを感じさせるより、むしろ軽快さを感じさせるような走りだったのだ。 これには9Gトロニックの変速フィールが良くしつけられていることも関係していると思う。9速のギアを変速ショックを感じさせることなくシフトチェンジしながら、何速で走っているのかが分からないようなスムーズな加速を見せるからだ。 ただ、このATは9速のギアがあるのに、自動変速に任せていると、時速80kmでは7速、時速100kmでは8速までしか入らない。9速が使えるのは時速110km以上なので、日本市場での使い方に合わせて変速スケジュールを変更して欲しいところである。 試乗したE200アバンギャルドスポーツの価格は727万円。最新の運転支援装備など、クルマの中身を考えたら高い買い物ではないが、絶対的には安いクルマではない。E200がとても良いクルマだっただけに、すべての人が幸せになれるような、誰にでも買えるメルセデス・ベンツは作れないものかと思う。

サイズはマンションのパレットに置くことができ、それなのに佇まいはボクシーで迫力がある。 メッキと巨大なスリーポイントスターで飾られたエクステリアは、正直GLC以上に威厳を感じる。 インテリアは、ピアノブラックと大画面液晶、これでもかとド派手なアンビエントライトで加飾されており、わかりやすい先進性とお値段以上の高級感が感じられる。また荷物が積めて7人乗りで実用性が高い。 ディーゼルはトルクがありストップゴーが多い日本の日常域で扱い安い。 さらに軽油で低燃費だから、エネルギー自給率が低い日本ではハイブリッドと並んで経済性が高い。 このGLBは、日本人の為に開発された「ベンツ」なのではないかと本気で思わされるモデルだ。 しかし、冷静になってよくよくエクステリアを見ると、タイヤからフロントドアまでの距離で、一見してFFベースを図体だけデカくした、軟弱なアーバンSUVであることが露呈するのである。 またインテリアについても、マテリアルは合皮と樹脂で埋め尽くされており、派手なアンビエントライトや液晶メーターといったギミックの数々で脚色された「バカでもわかるハリボテ」という厳しい現実を突きつけられる。 走行性能についても、ディーゼルでトルクはあるものの、低回転域やアイドル時のディーゼルノックは隠しきれない。 またFFベースのシャシーは、高速走行時の直進安定性や旋回時の操縦安定感など、FRベースのGLC以上にほど遠く及ばない。 それでも発売以降、日本ではベストセラーとなっているメルセデスはGLBなのだ。 つまるところ、走行距離はせいぜい1000km/月、最高速度120km/h程々のスピードしか出せない日本人のクルマ選びにとっては、まさに最適解な「メルセデス」ということだ。 なぜかと言えば、日本人の高級車選びというのは、ブランドと実用性(笑)とコスパ!が全てだから。 要は200km/h以上で安定して走れる走行性能や、その性能に裏打ちされたエクステリア、長距離を心地よく過ごせるインテリアといった「高級車の本質」よりも、個人の所有物としてどれだけ見栄を張れるかということ。 逆に言えば、どんなにコストを費やしても、それ以外の部分は日本市場ではあまり評価されないのが現実なのだ。 その点このGLBは、日本人が600万払うに値する、高級車の全てを満たしていると言える。 すなわちGLBは、メルセデスという輸入車でありながら、アルファードやハリアーやレクサスRX並ぶ、日本人にとって非常に魅力的な「極めて日本車的な高級車」ということだ。 そう考えると、乗り出し600万以上のガイシャにもかかわらず、日本人の幅広い層から支持されるにも合点がいく。 だからこそ、これまでのメルセデスの敷居を跨ぐことなかった、カジュアルな客層も取り込むことにも成功したのでは。 その弊害として、故障や納期遅れや年次改良による仕様変更と言った輸入車での常識をいたずらに騒ぎ立てる、悪質なクレーマーが湧くなど、これまでにない事態も発生しているようだが。 ともあれ、グローバルで展開する天下のメルセデスが、GLBのような日本人にとって万人受けする「大衆メルセデス車」を開発したことは、日本市場もまだまだ捨てたものじゃないと思わされるのである。そういう意味では、ある意味日本人であることを誇りには思えるクルマなのだ。

【エクステリア】 スポーティーなスタイリングが大好きなので大満足。 パールホワイトのカラーリングも高級感あって良いですよ 【インテリア】 このモデルからシフトレバーが廃止されて、ステアリングコラムレバーに... その点は違和感あり。でも、慣れました。そんなもんです。 ナビは使い勝手良くないです。国民性の違いが反映されてるのかな? 【エンジン性能】 1.5Lのレシプロエンジン、電動アシストなしってのがいいから選択。 小排気量だけどトルクがあるから、W204末期モデルの1.8Lエンジンと比べてもそれほどパワー不足感は感じません。 ノーマルエンジン搭載車はこのモデルが最後...そう思うと感慨深いです。 【走行性能】 GWに神戸〜能登半島をまわって約900km走行。燃費は15km/L以上?? 途中、渋滞があったからですが驚き W204よりも2割強の高燃費。 【乗り心地】 メカサスで乗り心地も足回りの堅牢感も秀逸。 自分好みに設定変更も出来るし、十分満足です。 【燃費】 上述してるので割愛。 【価格】 2020年10月登録 39kmしか走ってない車を今年3月に購入。 漸く、6000kmを超えました。 新車比だと恐ろしいほどリーズナブルな価格で購入。 (新車のジムニーが買えるくらいの価格?を引いた程度の安さ) メルセデスは末期モデルを中古で買うのが一番。 でも、タマ数ないけども… 【総評】 W203,W204とずっと末期モデルを中古で乗ってきました。 大きなトラブルは皆無。 ヤナセでいつもメンテしてもらってます。 車検も定期点検も高くないですよ。 交換して欲しくない部品は省いてもらうように交渉してます。 融通効かせてくれるサービス担当の方なので助かってます。 話が分かる人で嬉しい。 メルセデスはCクラスしか乗ってませんが、末期モデルに不満は皆無。 僕は設計段階からの国産メーカーに新型車両向け搭載部品のセールスをしてました。 その経験から新型車両の初期型なんて恐ろしくて買えません... ということで末期モデルはトラブルシューティング完了済みですし、安心出来るのでお勧め。 拙いコメントですみません。 W205 C180アバンギャルド AMGパッケージモデルはホントにお勧め(^^)

メルセデス・ベンツの話題のクチコミ

盛り上がっているトピックをチェック

w205からw206に乗り換えました。 w206にお乗りの方で、下記の症状はありますか。 @ アクティブレーンチェンジアシストが使えません。  動きますが使えません。 w205では、ウインカーレバーを車線変更位置まで押し下げる(または、押し上げる)と、アシスト画面で大きく矢印が出て、シグナルを出しながら車線変更してくれました。 w206では、ウインカーレバーを通常の交差点を曲がるときの位置まで押し下げ、≪瞬時≫に手動で元の位置に戻します。それからレーンチェンジアシストが作動します。 ≪瞬時≫に上げ下げしなければならず、作動したりしなかったり、戻しすぎて逆方向にシグナルを出してしまったりで、使い物になりません。安全装備のはずが危険です。 A 毎回確認メッセージが出ます。 ロービームヘッドライト設定を“左側通行用”に設定しました。すると、エンジン始動時に『ロービームヘッドライト設定(左側/右側通行用)確認』しろと、毎回確認メッセージが出ます。 鬱陶しいので今度は、ロービームヘッドライト設定を“自動”にしますと、『右側通行用』のメッセージが出ます。もちろん『左側通行用』の時もあります。一度も対向車からのパッシングを、受けたことはないのですが安心して乗れません。 B 自動ブレーキの誤作動が多すぎます。 何もないのに急にブレーキが働きます。停車まではしませんが、後続車がいたら、あおり運転と間違われるくらいガクッとかかります。 狭い駐車場に手動で駐車する際、警報もならずに止まります。ぶつけたと思って、降りて確認します。 障害物の警報もしょっちゅう鳴ります。特に雨の日は鳴ります。何もないのに、モニターに赤いラインが出ます。本当に有ったときは、多分ぶつけます。 C ナビのアイコンが消えません。 全消し設定をしても、決まったアイコンが残ります。コンビニやガソリンスタンドくらいでいいのに。 近くに、こんなにお寺が有ったのかと、びっくりしました。勉強にはなりますが、アイコンが邪魔です。 納車後すぐに、ディーラーに上記の点を指摘しました。 納車一か月後、3日間かけてソフトウェアのアップデートを行いましたが、ひとつも解決していません。 ディーラーは、 @⇒動くのだから、故障・不具合ではありません。慣れてください。 A⇒確認メッセージがすぐに消えるのであれば、問題ありません。 B⇒良くあることです。故障ではありません。 C⇒バグです。メルセデスに改善の要望を出します。 これが、大手ディーラーの回答でした。

メルセデス・ベンツの人気中古車ランキング メルセデス・ベンツの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止