BMWの新車情報・自動車カタログ

タイプから探す
SUV
コンパクトカー
ミニバン
セダン
ワゴン
クーペ
オープンカー
ハイブリッド
電動自動車
価格帯から探す
300〜399万円
400〜499万円
500〜999万円
1000万円以上
価格情報なし・販売終了
お役立ち情報・コンテンツ
スペック検索
自動車購入ガイド
自動車の取得・維持費
関連カテゴリ
中古車検索
自動車保険
車買取・中古車査定
カー用品
車検

注目のコンテンツ

BMWの最近発表・発売された車種

BMWの人気・注目ランキング

BMWの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

BMWの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順

BMWの新着レビュー

2019年8月に発表・発売を開始したBMWのエントリーモデルである1シリーズ。今回販売の中心になるであろう「118i Play」に試乗しました。 3世代目となる新型ですが、最大のニュースはこれまで頑なに守ってきた駆動方式をFRからFFに切り替えたことにあります。 「駆け抜ける歓び」を標榜するBMWにおいて、旧型までの1シリーズのハンドリングの素直さはファンだけでなく多くの人からも評価されてきました。実際、新型が出る前に旧型のラストとなる在庫を狙って購入する人も見かけたほどです。 FFに変更した理由はこのクラスに求められる居住性や快適性を重視するとFF化は最も速効性があるからでしょう。またFFに関してはMINIからのパワートレーン他をキャリーオーバーできるので、その点でも圧倒的に生産効率を上げることができます。 それでもFFのネガが気になる人も多いはず。筆者も事前に最後のFR(F20型)となる118dに試乗し、改めてその素直なハンドリングに惚れ惚れしてしまったほどです。 その前にFF化によって得られたメリットをおさらいしてきましょう。 基本的なサイズに大きな差はありません。個人的には日本の道路事情を鑑(かんが)みると全幅はなるべく短い方が良いと考えています。 旧型の1765mmに対し、新型は1800mmまで拡大してしまいましたが自分の中ではギリギリ許容できるサイズです。最小回転半径も旧型より数値的には増えましたが実際の取り回しではそれほど目くじらを立てるレベルではなく及第点というところです。 その分というわけではありませんが、後席の乗降性や足元の余裕、さらにラゲージの容量増大やサブトランクの設定など使い勝手は向上しています。本来ホイールベースが20mm短くなったので居住性の点ではどうかと思いましたが、その点ではパワートレーンの配置位置やドライブシャフトを持たないFF化のメリットも出ています。 試乗グレードの118iには旧型にも設定していた1.5L直3DOHCターボをリファインして搭載します。旧型とは駆動方式が異なりますし、8速ATから7速DCTに切り替えたことはそれほど気にしなくて良いと思います。 全体的な乗り心地はマイルドで誰もが快適に走れるセッテイングとなっています。もちろんよりスポーティな仕様を求めるのであれば同じ118iでも「M Sport(413万円)」も設定されています。 ただ今後BMWがこのクラスを拡販していくのであれば、従来のハンドリングに強いこだわりがある層だけでなく、女性層やファミリー層も取り込んでいかなければなりません。その点ではこの「Play」の足回りは誰もが満足できる万能とも言るセッティングです。 パワー的にも決して速いというよりは必要十分+αと言った感触です。この辺のスムーズな加減速フィールはDCTによる部分も大きいでしょう。 そして何より気になる駆動方式の違いによるハンドリングですが、ことアンダーステアに関しては新搭載の「ARB」が効果的に利いているようです。ARB自体は日本のBMWとしては初の搭載になりますが、従来のDSCに頼らずエンジンコントロールユニット側でスリップ状況を検知する機能です。要はドライバーが電子デバイスの恩恵にあずかっていることすら気がつかないほどにスムーズにコーナーを走ることができます。 純粋なFRと電子制御化されたFF、前述したようにこだわりの強い人であればそれでも気になるかもしれません。ただ基本的にクルマを動かすという考えに関してBMW側のブレはないと思います。多くの人がより楽しく走ることができる環境を手に入れられた点は評価していいと思います。 またBMWと言えばオプションが豊富で何でも付けてしまうと車両価格もそれなりに上がってしまいますのでその点では注意が必要です。 それでもカーナビを含めた最先端のテレマティクスサービスである「iDriveナビゲーションパッケージ」はまず必ずチョイスすることをオススメします。この中には10.25インチのディスプレイを2つ備えた「BMWライブコックピット」やテレマティクス機能である「BMWコネクテッドドライブプロフェッショナル」などが満載です。内容から考えてもこれを選ばないというのはあり得ないでしょう。 ただ昨今話題になっている音声認識によるコントロールですが、過大な期待は禁物です。1シリーズの場合も「OK、BMW」が発話トリガーになっていますが、何でもできるわけがなく、また個人差によって反応は異なりますのでこれはディーラーで実車で試してみることをオススメします。 最後にこの原稿を書いている間に欧州ではディーゼルモデルの最上位である「120d」が3月に発売されることが発表されています。もし日本にディーゼルモデルが導入されればそれなりの売り上げも見込めますし、旧型のディーゼルオーナーからの乗り換えやダウンサイザーへの取り込みにも有利になります。 日本は全くの未定ですし、もし導入するとしても1年はかかるはずですので、ただ「待ち」というのも無責任ですが興味のある人は追いかけてみる価値はあると思います。 メルセデス・ベンツAクラスやVWゴルフなども含めこのセグメントのハッチバックモデルはまた活気づいてきました。その点でも最新先進装備も含む1シリーズのベストグレードはこの「Play」です。

【エクステリア】 非常にかっこよく、アウトドアにも、シティードライブもどっちも似合う。そうな車です。 私はX3 XDrive 20d MSportのメタリックブラックを購入しましたが、黒が引き締まっていてかっこいいです。特に、夜、鍵を開ける際、ウェルカムライトでヘッド・テールライトやウェルカムライトカーペットの点灯により、高級感と存在感をより引き立たせます。男性の方じゃないと乗れない!と言う車ではなく、女性の方、奥様などでも非常に上品にエレガントにかっこよく乗れる車です。 【インテリア】 ほぼ文句ありません。私のX3はハイラインパッケージとアンビエントライトを装備しています。その為、ヴァーネスカレザーシート・後席シートヒーター・ウッドパネル・アンビエントライトなどの装備が備わっていて、非常に高級感があります。レザーも質感が良いので家族はよく走行中に寝ます(笑) サテンメッキを多くの操作スイッチに使用しているのでより一層の高級感があります。 何より、アンビエントライトが非常にかっこよく、色も6色11パターンから選ぶことができ、気分で変えられるところも気に入っているひとつです。 【エンジン性能】 BMWはもともと、飛行機のエンジン製造会社だっただけあって、性能は抜群です。ディーゼル車ですが、これホントにディーゼル?と思ってしまうぐらいの静粛性と走りをみせてくれます。フルタイム四輪駆動車なので、非常に力強く走ってくれます。 【走行性能】 アクセルを少し踏んだだけで滑らかに加速します。小回りもきいてくれますし、ジャンクションのようなコーナーの際に特に感じるのですが、車が路面に張り付くような感じで曲がってくれるので国産車よりも非常に安定感があります。ほぼ言うことなしです。 ひとつ言うとするならば、いつの間にか速度が結構出ている!ってなることが多々あります。 高速道路では注意が必要なので、レーダー必須です(笑) 【乗り心地】 非常に良いです。この車を購入する前もBMWを乗っていて、その時でさえ、乗り心地サイコー!と思っていたのにこれを超えるファミリーカーがあるなんて(笑)ってなりました。 みんな車に乗る時は寝ます(笑)それほど乗り心地が良いです!サイサポートなども備わっているので体をしっかりと支えてくれます。何よりシートベルトまで自動で締めつけるので非常に安全です。振動もそこまでなく、ロードノイズもほぼ聞こえません。 【燃費】 欧州車にしてはいい方かと(笑) ディーゼルなんだから、もう少し良くなるといいなーって思います。 リッター14km 【価格】 この充実した車でこの値段はお得です! ハイラインパッケージ アンビエントライト ヤナセコーティングセット BMW純正ドライブレコーダー 等 プラス諸経費コミコミで約800万円程。 コストパフォーマンスはいいと思います。 【総評】 ほぼ文句なし! BMWの駆け抜ける喜びは欠けてませんね! もし、この車を検討されている方はぜひぜひ1度正規ディーラーに行かれてください!私のおすすめディーラーはヤナセBMWです! 何より、担当の方が非常に良い接客と対応で感動しました。購入のきっかけも担当の方が素晴らしいということも大きな理由です。 BMWオーナーの方なら分かるかもしれませんが、一度BMWに乗ると、これからもずっとBMWに乗りたい!って思うほどの車になっています。私のX3は主に妻用ですが、妻もこの車すごく良い!とすごく高評価でした! この車は安全性能もすごくよく、ハンズオフアシストはありませんがそれ以外はほぼ備わっています。特に使うのが運転支援のアダプティブクルーズコントロールです。そして、ドライバーサポートデスクです。ドライバーサポートデスクは車にコンシェルジュがついており、目的地の設定や、ホテルやレストランの予約、飛行機の取り押さえなど、様々な要望に応じてくれます。その機能もこの車には装備されています 以上のことを長々と書かせていただきましたが、下手な説明で大変申し訳ありません。 検討されている方の少しのお役に立てれば幸いです。 私はこの車を購入して、後悔は全くありません!むしろサイコーです!

【エクステリア】 一見ビーエムだぁ〜感の希薄なエクステリア。しかし各ポイントはしっかりBMW。 今回の車選びのポイントが内装と走りで、エクステリアはそれほどこだわりなし。 【インテリア】 キャンベラベージュ最高。内装を最優先で購入。なんの不満もなし。 間接照明のようなアンビエントライトも好評。 【エンジン性能】 ビッグトルクで追い越しも一瞬です。官能的なサウンドがないのが少々残念。だが慣れた。 この走りでハイブリッドを同等もしくは上回る燃費含め高度なバランスが取れた性能。 【走行性能】 2年半で70000キロ走行。大型比ではさすがに横縦の揺れに細かさを感ずるもロングクルーズで疲れ知らず。 【乗り心地】 ランフラットはロードノイズも大きめ。超高速になると静粛性を感じていたものが、いよいよ前から目をつけていたビューロ304に交換。大正解と感じている。 【燃費】 北海道で観光地巡りのルートで27キロ/リットルを記録。 時速60〜70キロで走行して32〜34の燃費を記録。 【価格】 コストパフォーマンスは極上 【総評】 地デジがなく、TVを追加設置。妻から不評で取り外す。 ビューロー304に交換し、今一つだった点が解消。 めざせ20万キロ

BMWの新着クチコミ

  • 返信数5
  • ナイスクチコミ4
  • 2021年5月7日 更新

昨日m40iを契約しましたが、オプション等在庫車から選んだ結果、私には使うイメージがわかなかった「ジェスチャーコントロール」と「アクティブベンチレーション」がついてます。そこで、先輩方にお聞きしたいのですが、ジェスチャーの使って便利な点や、ベンチーレーションのあってよかった点をご教示していただければと思います。納車まで約1ヶ月イメージしながら楽しみに待っていたいと思います。

I-drive7にて、DVDプレイヤーがなくなり音楽を登録する方法はUSB経由だけ?になと思いますが 私の方法が間違っていて、この様になるのか?質問させてください。 例えば、USBメモリにアルバム3枚分を入れた時に、次に同じUSBメモリを使って違う曲をアルバム分2枚をインポートすると 前の3枚分が消えてしまいます。。。 この様に、上書きされてしまいます。 以前のタイプでは、その様な事はなかったのですが、皆さんはどの様に運用されていますか? もしくは、やり方次第で上書きされないでしょうか? 取説にはこの辺りの記載がなく・・・・ すみませんが、よろしくお願いします。

  • 返信数11
  • ナイスクチコミ49
  • 2021年5月6日 更新

2021年3月にBMWX3 XDrive 20d M Sportを購入しました。X3は現在の生産車両にはディスプレイキーが廃止になり、在庫車両も装備が無いです。と担当の方から商談時に言われました。 ※(私が少し会話の内容をまとめめ話してます。一部私の話の解釈に誤りがあるかもしれませんが、担当の方には全く誤りはないと思いますので誤りがありましたら担当の方に対しての指摘ではなく、私にご指摘お願いします。何卒ご了承ください。) オプションで備わっている中古車や新古車などで購入すればいい話だったのでしょうが、一部改良で、メーターパネルが現代モデルになったり、ナビゲーションシステムも最新型になったりと、色々と新しくなっていたので、旧型を買いたくありませんでしたし、何より新車でその担当の人で買いたかったので諦めました。 ですが、ディスプレイキーがあると、多少便利でしょうし、何より高級感があってとても欲しい気持ちがおさまりません。それで皆様ににお聞きします。 ディスプレイキーは後付け可能でしょうか? もちろん純正で後付けしたいのですが、誤作動を起こしたり、故障する可能性が高まるようであれば諦めます。ですが、そのような問題もなく、純正で後付け可能なら値段はあまり気にしていないので購入したいと思っています。どなたか詳細について教えて頂けると大変嬉しいです。宜しくお願い致します。

スマホ用アプリが新しくなり「My BMW」になりました。BMWの紹介サイトではRemote 3D Viewが使えることになっていますが、どう探してもそのメニューがありません。以前のアプリ「BMW Connected」では問題なく使えていたのですが。。。使えている方がいたら教えてください。

2018年のG31(5シリーズツーリング)に乗っております。 純正装着タイヤの情報を知りたくて調べているのですが、インターネット上に情報が無いので困っています。☆マーク付きで、サイズが合えばすべてG31の新車装着タイヤ、、、というわけではなさそうな気がしています。 ★確認できているモデル★ ミシュラン Primacy3(MOE☆)←現在使用中 グッドイヤー イーグル F1 AS3(☆)←試乗車で経験済み 質問@ スターマーク☆が付与されているタイヤでサイズが合うものはすべて新車装着タイヤという認識でOK? それともG31用に適した新車装着タイヤの設定がある? 質問A ミシュラン Primacy3(MOE☆) をディーラーから購入するのと、平行輸入品を扱うタイヤ屋さんで購入するのとで仕様が異なるのか? ディーラーのWEBサイトでは「日本の道路事情に適した設定」であることがPRされていました。ということは、日本用に製造されるタイヤは、同じ承認タイヤでもコンパウンドや溝の構造などが日本用にカスタマイズされているということなのでしょうか? 質問B G31に設定されている新車装着タイヤの一覧表など情報をお持ちの方がいらしたらご教示いただけましたら幸いです。 ★インプレッション★ ミシュラン Primacy3(MOE☆) の比較 グッドイヤー イーグル F1 AS3(☆) グリップ  Primacy3(MOE☆)<グッドイヤー イーグル F1 AS3(☆) レスポンス Primacy3(MOE☆)<グッドイヤー イーグル F1 AS3(☆) 直進安定性 Primacy3(MOE☆)>グッドイヤー イーグル F1 AS3(☆) コーナーでの修正舵の少なさ Primacy3(MOE☆)>グッドイヤー イーグル F1 AS3(☆) 静かさ Primacy3(MOE☆)>グッドイヤー イーグル F1 AS3(☆) ハンドルの重さ Primacy3(MOE☆)<グッドイヤー イーグル F1 AS3(☆) 、、、ということで、プライマシー3は基本的に気に入っているのですが、 もう少しハンドル操作に対するレスポンスを上げたいという希望があります。 グッドイヤー イーグル F1 AS3(☆)でもいいのですが、もう少し上質なタイヤの方が好みです。 PS4に☆マーク付きの承認タイヤがあって、適合サイズもありまして、実は興味を持っていますがG31に設定されているのかも含めて情報を収集しています。 ご存じの方がいらっしゃったらご教示いただけましたら幸いです。

BMWの人気中古車ランキング BMWの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止