BMWの新車情報・自動車カタログ

タイプから探す
SUV
コンパクトカー
ミニバン
セダン
ワゴン
クーペ
オープンカー
ハイブリッド
電動自動車
価格帯から探す
300〜399万円
400〜499万円
500〜999万円
1000万円以上
スペックから探す
スペック検索
お役立ち情報・コンテンツ
自動車購入ガイド
自動車の取得・維持費
関連カテゴリ
中古車検索
自動車保険
車買取・中古車査定
カー用品
車検

注目のコンテンツ

BMWの最近発表・発売された車種

BMWの人気・注目ランキング

BMWの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

BMWの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順

BMWの新着レビュー

2019年8月に発表・発売を開始したBMWのエントリーモデルである1シリーズ。今回販売の中心になるであろう「118i Play」に試乗しました。 3世代目となる新型ですが、最大のニュースはこれまで頑なに守ってきた駆動方式をFRからFFに切り替えたことにあります。 「駆け抜ける歓び」を標榜するBMWにおいて、旧型までの1シリーズのハンドリングの素直さはファンだけでなく多くの人からも評価されてきました。実際、新型が出る前に旧型のラストとなる在庫を狙って購入する人も見かけたほどです。 FFに変更した理由はこのクラスに求められる居住性や快適性を重視するとFF化は最も速効性があるからでしょう。またFFに関してはMINIからのパワートレーン他をキャリーオーバーできるので、その点でも圧倒的に生産効率を上げることができます。 それでもFFのネガが気になる人も多いはず。筆者も事前に最後のFR(F20型)となる118dに試乗し、改めてその素直なハンドリングに惚れ惚れしてしまったほどです。 その前にFF化によって得られたメリットをおさらいしてきましょう。 基本的なサイズに大きな差はありません。個人的には日本の道路事情を鑑(かんが)みると全幅はなるべく短い方が良いと考えています。 旧型の1765mmに対し、新型は1800mmまで拡大してしまいましたが自分の中ではギリギリ許容できるサイズです。最小回転半径も旧型より数値的には増えましたが実際の取り回しではそれほど目くじらを立てるレベルではなく及第点というところです。 その分というわけではありませんが、後席の乗降性や足元の余裕、さらにラゲージの容量増大やサブトランクの設定など使い勝手は向上しています。本来ホイールベースが20mm短くなったので居住性の点ではどうかと思いましたが、その点ではパワートレーンの配置位置やドライブシャフトを持たないFF化のメリットも出ています。 試乗グレードの118iには旧型にも設定していた1.5L直3DOHCターボをリファインして搭載します。旧型とは駆動方式が異なりますし、8速ATから7速DCTに切り替えたことはそれほど気にしなくて良いと思います。 全体的な乗り心地はマイルドで誰もが快適に走れるセッテイングとなっています。もちろんよりスポーティな仕様を求めるのであれば同じ118iでも「M Sport(413万円)」も設定されています。 ただ今後BMWがこのクラスを拡販していくのであれば、従来のハンドリングに強いこだわりがある層だけでなく、女性層やファミリー層も取り込んでいかなければなりません。その点ではこの「Play」の足回りは誰もが満足できる万能とも言るセッティングです。 パワー的にも決して速いというよりは必要十分+αと言った感触です。この辺のスムーズな加減速フィールはDCTによる部分も大きいでしょう。 そして何より気になる駆動方式の違いによるハンドリングですが、ことアンダーステアに関しては新搭載の「ARB」が効果的に利いているようです。ARB自体は日本のBMWとしては初の搭載になりますが、従来のDSCに頼らずエンジンコントロールユニット側でスリップ状況を検知する機能です。要はドライバーが電子デバイスの恩恵にあずかっていることすら気がつかないほどにスムーズにコーナーを走ることができます。 純粋なFRと電子制御化されたFF、前述したようにこだわりの強い人であればそれでも気になるかもしれません。ただ基本的にクルマを動かすという考えに関してBMW側のブレはないと思います。多くの人がより楽しく走ることができる環境を手に入れられた点は評価していいと思います。 またBMWと言えばオプションが豊富で何でも付けてしまうと車両価格もそれなりに上がってしまいますのでその点では注意が必要です。 それでもカーナビを含めた最先端のテレマティクスサービスである「iDriveナビゲーションパッケージ」はまず必ずチョイスすることをオススメします。この中には10.25インチのディスプレイを2つ備えた「BMWライブコックピット」やテレマティクス機能である「BMWコネクテッドドライブプロフェッショナル」などが満載です。内容から考えてもこれを選ばないというのはあり得ないでしょう。 ただ昨今話題になっている音声認識によるコントロールですが、過大な期待は禁物です。1シリーズの場合も「OK、BMW」が発話トリガーになっていますが、何でもできるわけがなく、また個人差によって反応は異なりますのでこれはディーラーで実車で試してみることをオススメします。 最後にこの原稿を書いている間に欧州ではディーゼルモデルの最上位である「120d」が3月に発売されることが発表されています。もし日本にディーゼルモデルが導入されればそれなりの売り上げも見込めますし、旧型のディーゼルオーナーからの乗り換えやダウンサイザーへの取り込みにも有利になります。 日本は全くの未定ですし、もし導入するとしても1年はかかるはずですので、ただ「待ち」というのも無責任ですが興味のある人は追いかけてみる価値はあると思います。 メルセデス・ベンツAクラスやVWゴルフなども含めこのセグメントのハッチバックモデルはまた活気づいてきました。その点でも最新先進装備も含む1シリーズのベストグレードはこの「Play」です。

F31 320iから乗り換え。 まず意外に大きいです。その分室内も広いのですが。 そしてF31後期から燃費は良くなりました。 ネットに情報少なかったですが、街乗り短距離メインで13、高速メインで17以上。 まだ1500kmくらいの走行距離ですので、参考に。 走行性能ですが、やはり背の高い車なのでツーリングのような身のこなしは無理です。【SUVとしては】フラットにしっかり曲がります。その辺はGLCよりいいですね。 しかし、重さもあるので前後の揺れは要改善です。 Z4や3シリーズに乗ってきましたし、G22の4シリーズクーペもありますが、ファミリーカーとしてはすごく良いと思います。後期はまだ価格は高いので、その点を除けば1000kmを無給油で走行でき、セレクトパッケージ装着したお陰で、静粛性も非常に満足できます。 シートは少し硬いですが、ハンズオフも速度関わらず常時可能に改造したこともあり、精度も高く満足しています。 長く乗ることになると思います。

以前乗っていた先代モデル(F80M3前期型)との比較です。所有したこともない人が "サーキット使用の限界域" と題したレビューは巷に沢山あると思うので、あくまで素人が所有した日常ユースにおける視点で記述させていただきます。 【エクステリア】 ・皆さまご存じのとおり、例の巨大グリルは賛否両論なわけでございますが、  濃色系ボディならば目立たないのは事実です。 ・F80M3は前期が電球のテールランプだったため、後から無理やりLED仕様 にしたデザインに変更されましたが、G80M3は最初からLEDのため、 流行りの薄型かつ横長なテールランプになり、よりワイド感があるデザインとなりました。 ・F80M3前期型はドアグリップに照明はついていませんが、G80M3は初期型から ついていて高級感もあります。 ・どちらの車もカーボンルーフが標準装備ですが、G80M3のが凹凸のあるより凝ったデザインでカッコよいと思います。  しかしながらマイナス点もあります。 ・F80M3は本当に開いていたフェンダーダクトですが、G80M3はただのプラスチックがフェンダーに貼ってあるだけで、これではそこら辺の国産車のオプションと同じようなレベル。 ・G80M3の純正リアスポイラーはF80M3のそれよりもデザインはカッコ良いですが、洗車機で洗うとリアスポが傷だらけになるのはF80M3時代にはない経験です。。。そういう点ではF80M3の方が庶民的かもしれません。 ・ドアミラーが特徴的なデザインなのはF80M3もG80M3も兼ね備えているのは一緒だと思いますが、窓を開けて走行していたときに前者では風切り音はまったく感じなかったのですが、後者は「ヒューヒュー」と鳴ってかなり不快です。ちゃんと風洞実験したのか?!と疑問に思うようなレベル。結構ショックです(泣) 【インテリア】 文句なしにG80M3のが質感は高く、洗練されています。F80M3のときは、内装をオプションのフルレザーにしないとかなり残念な内装でしたが、現行モデルは標準仕様でも頑張っていますね。十分満足です。 個人的には弱点もあって、そもそもG20に言うべきことなのでしょうが、 DVD/CDプレーヤーが廃止になったのは、子持ち家庭には辛いです。。。 室内空間はだいぶ広くなりました。 【エンジン性能】 F80M3もG80M3もどちらもロングストロークエンジンなので、低回転域でのトルク特性に優れているなと感じます。車重は後者の方がある分、日常使用域におけるべた踏みレベルならば加速感はさほど変わらないと思います。 【トランスミッション】 ZF製の8速オートマチック(8HP76)の性能が非常に良く驚きます。ロックアップ領域が広いと各種メディアで記述されている通り、すぐにギアが直結するのがわかります。ATとしてのトルクコンバーターの基本性能の高さも相まって、F80M3時代のDCTとは少なくとも0発進性能は一日の長がありますし、公道走行レベルならば中間もDCTと遜色ないと思います。 【乗り心地】 F80M3前期型はアダプティブサスペンションでないモデルに乗っていましたが、昔自分が学生時代に乗っていた安いローダウンスプリングを純正ショックアブソーバーに無理に組み込んだ車のような劣悪な乗り心地でした。G80M3はアダプティブ・サスペンションが標準なのでその時の乗り心地に比べたら日常域ではかなり良好と感じています。 【燃費】 都心3区(千代田区、中央区、港区)を走るのがメインなのでリッター5キロ前後です。信号待ちストップ&ゴーをで繰り返す環境なわけですが、そこらへん走っているランボルギーニやフェラーリと同じようにきびきび(笑)走っても、この燃費ならば満足です。 【走り】 燃費のところにも記載させていただきましたが、六本木あたりを走ってるランボルギーニやフェラーリのようなきびきびした走りをストレスなく実現できるのはATのG80M3です。DCTのF80M3で同じ走りをすると、疲れるのが正直なところです。走り方については個人の嗜好性や考えがあると思うので正解があるわけではないのでしょうが、マルチな走り方に対応できる点ではG80M3に軍配があがりますし、運転していても楽しいです。信号に引っかかって止まっても、0発進が気持ちよいからです。 【ブレーキ】 F80M3はフロントもリアも対向キャリパーですが、G80M3はフロントのみ対向キャリパーで、リアは片押しです。これはパーキングブレーキ等のテクニカル的な要因により対向キャリパーを奢れなかった事情があるようですが、G80M3所有者にとってみれは少なくとも見た目に関してはWRX STIに余裕で負ける劣等感があります(泣)  【価格】 F80M3よりも価格はアップしましたが、各種運転支援システムの商品力を考慮すると破格なのではないでしょうか。わたしはG80M3を吊るしで買ったレベルの人間なので、比較すらおこがましいですが実はG80M3コンペティション日本仕様と同じ仕様でALPINA B3を見積もると1,600万くらいする事実があります。ALPINA B3乗ってる人はすごいですね(笑) 【将来性】 確実にF80M3の方が名車として中古価格が逆転もしくは同等になるような時代は目に見えていますね、GT-RのR32とR33がそうであるのと同じようにです。性能や数値だけでは車は語れません。 コーディングのしやすさはもちろんのことF80M3の方がシンプルで弄りがいがあります。 【総評】 デザインの賛否両論や価値の将来性はともかく、車の基本性能がF80M3と比べてこれほど違うものとは想像していませんでした。M3固有というよりかはベースのG20の性能のボトムアップがすごいという評価の方が適切なのかもしれませんが、わたしはG80M3に乗り換えて良かったです。内燃機関がいつまで乗れるかもわからない時代における良い思い出になりそうです。

BMWの新着クチコミ

  • 返信数3
  • ナイスクチコミ5
  • 2022年6月27日 更新

最新型のロットでは最初から黒に塗装されているようです。ここが気になって購入に踏み切れない人や購入後に塗装してる人もいると思いますので、bmwももっとアナウンスすればいいのにと思いますね。

  • 返信数7
  • ナイスクチコミ2
  • 2022年6月20日 更新

BMW Japanのサイトでは既に新型のプレオーダーを受け付けているようですが、価格や寸法の情報が見当たりません。 ・日本での価格 ・サイズ、特に全高が155cmに収まるかどうか についてどなたか情報お持ちでしょうか?

  • 返信数14
  • ナイスクチコミ62
  • 2022年6月16日 更新

5シリーズジーゼルのラグジュアリーで購入を検討しておりますが、数パーセントしか値引きが有りません。 皆さんは、どの程度値引きをして頂きましたか?

  • 返信数4
  • ナイスクチコミ3
  • 2022年6月15日 更新

新車購入を検討しています。 今現在多くのディーラーで決算フェアを実施していますが、みなさんの値引きはおいくらぐらいでしょうか?

  • 返信数19
  • ナイスクチコミ33
  • 2022年6月15日 更新

オイル交換は走行距離15000kmもしくは1年が目安だそうですが これはガソリン車もディーゼル車もですか? よくディーゼル車のオイルは汚れやすいと聞きますが。 あと118dのオイル交換は118iより1回どのくらい高いのですか? オイルフィルターの価格はどちらも同じだと思いますが。

BMWの人気中古車ランキング BMWの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止