マツダの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

マツダの最近発表・発売された車種

マツダの人気・注目ランキング

マツダの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

マツダの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順

マツダの新着レビュー

2018年8月30日に発売されたマツダ・デミオの改良モデル(6速AT車:FF)に試乗しました。 これまで年次改良を含め、魅力的かつ高いクオリティを付加した特別仕様車などをリリースしてきたデミオですが、この年の改良における最大の話題は従来まであったガソリンエンジンを1.3Lから1.5Lに拡大したことです。 元々同社の「スカイアクティブテクノロジー」を搭載するデミオですが、試乗する前は「わずか0.2Lのスケールアップだから走りについてもある程度イメージできる」と考えていました。しかしそれは良い意味で裏切られました。 単純にエンジンだけでなくトランスミッションとの協調制御も煮詰めていることは実際の走行でも感じ取ることができます。 特に市街地などの「ストップ&ゴー」が多い領域での発進時や流れの良い郊外路での加速時などいわゆる日常領域での走行フィールが大幅に向上しています。さらに速度域によっては1.3L車時代に比べシフトダウンの頻度も減ることでギクシャクした感覚も少なくなっています。 また驚いたのが実用燃費です。デミオのガソリン車はWLTCモードで19.0km/L、燃費の良さでは定評のあるクリーンディーゼルよりはもちろん数値的には落ちますし、そもそも燃料代が安いディーゼルに対しては不利になります。しかし、今回高速道路を約60%、市街地40%で約400km走った数値としてはマツダコネクトの燃費計で18km/Lを超える結果でした。もちろんアダプティブクルースコントロールを多用したこともありましたが、高速では22km/Lを超えることもあり、カタログ数値以上の燃費もマークすることもありました。 またディーゼルエンジンに比べフロント周りが軽いことも走りに寄与しています。このクルマにもGVC(G-ベクタリングコントロール)が搭載されていますが、コーナリング時のボディのふらつきも抑えられ、スムーズな回頭性を得ることができます。ディーゼル車の走りも魅力ですが、市街地などを中心に軽快に走るのであればガソリン車を選択する理由は十分にあると感じたわけです。 また今回の試乗車は前述したようにデミオが定期的にリリースしてきた特別仕様車のひとつである「ミスト・マルーン」です。これまでも人が触れる部分の触感や視覚的な上質感をうまく演出してきたデミオですが、この特別仕様車もシートやインパネのデコレーションパネルにグランリュクス(人工皮革)を採用するなど触れてみると上質な風合いを感じることができます。 シートやインパネだけでなく、エアコンルーバーのベゼル部にもダークシルバー/防眩サテンクロームメッキの採用、コンソールサイドにも専用の仕上げが施されています。そして何より良いと感じたのがステアリングヒーターが搭載されていること。前に紹介し現在も継続販売されている「ノーブルクリムゾン」にはこの装備は付いていません。 ガソリンエンジンを搭載する15Sは同じ特別仕様車比較ではディーゼル車よりも28万円以上車両価格が安くなります。長距離は乗らない、街中から郊外路程度までの走行がメイン、ひと月の走行距離も少なめ、と言った人にはトータルの初期導入費用の安さも含めるとガソリン車のほうがコスパは高くなるケースも十分考えられます。ただ、モデル末期であるデミオだからこそ商品に「プラスα」の要素が欲しい。その点でもシックな風合いを持ちセンスの良さを感じ取れる大人のための1台に仕上がったこの特別仕様車こそが今、買いのグレードと言えるでしょう。

2022年4月に納車、1ヵ月で1500q走りましたのでレビューします。 【エクステリア】 色はプラチナクウォーツメタリックを選択。 最後までスノーフレイクホワイトパールマイカと悩んだんですが、街で見かける過半数がホワイトなのと、追加料金がかからない点、汚れが目立たない点からこちらを選択。 思ったよりベージュではありますが、太陽光が当たればシャンパンゴールドっぽく輝きます。 そして、やはり汚れが目立たない。 上級グレードしか選べませんが、意外と見かけるようになったのはちょっと想定外。 デザインは今さら言うまでもないでしょう。 もう見慣れたデザインとは言えますが、シンプルで美しいとは思います。 新しさはないけれど、妙に凝ってゴテゴテするよりはずっと良い。 フロントのデザインや、サイドの伸びやかなデザインはかなり好きです。 黒い樹脂パーツも、ボディを薄く見せる効果が大きいと感じます。 【インテリア】 赤い革シートや、メモリー付の電動シートなど、装備は十分。 質感も基本的にはかなり高く、ソフトパッドが多用され、安っぽいプラ部はほとんどありません。 ナビも高さこそ少し足りない印象ですが、極めて高画質で見やすい。 各種カメラ機能も非常に見やすく、重宝します。 マツコネに関しても、操作感を含め不満は特にありません。 一方、小物入れが絶望的に少ないのはマイナス点。 センタートレイは開け方が独特で、中を覗きにくくいですね。 幅の広いシフトノブ周りや運転席右下あたり、サングラスホルダー付近などにもちょっとした小物入れがあればもっと便利になったと思います。 ラゲッジルームは底面積はいいんですが、やはり床が高い。 セカンドシートを倒した際も、かなり高さ方向が狭い印象があります。 一方、タップリ容量のラゲッジアンダーボックスは非常にありがたい。 BOSE標準のLパケですが、わざわざこの為に外して正解でした。(安くもなるしね) その他、ステアリング周りのスイッチの質感が少し気になります。 使用されている素材自体があまり上質ではなく、クリック感も安っぽい。 このあたり、普段よく触れる部分ですので、改善されると良いでしょう。 ピラーやルーフがブラックなのはカッコいいですが、雨の日などは非常に暗い印象。 それもあって赤シートを選択しましたが、実際明るくなった印象はあります。 そうそう、ヘッドアップディスプレイは非常に見やすく、便利です。 【エンジン性能】 ディーゼルですが、音や振動もかなり静か。 車内にいる限り、いわゆるディーゼルっぽさはほとんど感じません。 走りだしは、じわっと出るとかなり重さを感じます。 踏み込めば巨体に似合わないかなり豪快な加速をしますが、やはりディーゼル、上までの伸びは期待できません。 それでも普通に走る分には十分以上ですし、中間加速の反応の良さはさすが大トルクのディーゼルと言った感じです。 【走行性能】 やはり重さ、大きさを感じますね。 ステアリングがクイックではないという面が大きいのかな? ただ、安定性はかなり高く、重心が高いはずなのに、結構なスピードでコーナーに入っても何事も無いように曲がっていく印象です。 ここも、平均以上、いやこのサイズのSUVとしてはかなり上の評価が出来るでしょう。 ACCは走行中の加減速は過剰感が無く、かなりスムーズ。 一方、カーブでの追随性や前車が停止した際のブレーキ制御などは少し弱い気がします。 レーンピープアシストも、やたらと中央車線側に寄る印象があり、あまり役に立ちません。 このあたりはアイサイトXとは雲泥の差と言わざるをえないですが、比較せず普通に使う分には大きな不満が無いのも事実。 【乗り心地】 基本的にはかなりいいです。 巨体ですがゆすられ感がほとんど無く、四輪の接地感も良い。 カーブでのゆすられ感も少ない気がします。 静粛性もかなりいいですね。 一方で、おそらくタイヤの影響だと思いますが、路面のちょっとした段差での突き上げ感がかなり大きく感じます。 タイヤが固く、空気圧も高すぎるんじゃないかと思うくらい。 (もちろん、納車直後なので空気圧も適正だとは思います) 乗り心地面の不満はこの点だけですかね。 居住性の面は、車体サイズの割には横方向にそこまで広々感が無いという点がマイナスかな。 ミニバンではないのでそこが目的ではなく、むしろこのくらいが良いという人も多いとは思います。 私の場合、5人乗車の機会が多く、2列目に3人座ると広々感はあまりありません。 特に2列目中央席はかなり盛り上がっており、座ると落ち着かない。 【燃費】 市街地6:郊外4くらいの環境で、12.5q/L程度。 今はエアコンのほとんどいらない季節ですので、夏や冬はもっと悪化しそうですけどね。 高速を使っての遠出もしましたが、15q/L程度で、そこまで良くはなりませんでした。 5人乗っていたからというのもあるでしょうけど。 ただ、12.5q/Lだとしても航続距離が900qにはなります。 高速を使っての遠出なら1000qを超えると思われ、給油の回数がかなり減る&軽油でお財布にもやさしいというのは大きなメリットですね。 【価格】 オプションや点検パックなどを付けると、乗り出し530万円近く。 決して安くはないですが、他の車も高くなっていますので、このクラス、この内容なら妥当と言える気がします。 輸入SUVと比べるなら明らかに割安ですしね。 なお、値引きは期待以上に頑張って頂けました。 【総評】 総じて、突出した点も少ないけれど、マイナス点はもっと少ない、全体的に高いバランスでまとめられた「いいクルマ」という印象です。 モデル後半に入ってきましたが、FMCすることなくまだ延命されそうな流れ。 CX-80はサイズや同様の装備比でかなり価格がアップすると思われ、むしろ今が買い時かもしれません。 見た目の新しさや電動化・自動運転にそこまでコダワリが無ければ、今でも強力にお勧めできる車だと思います。

4月9日に納車され1か月で2000キロ超えました! 安定性は最後です 1000キロ超えたら 燃費が伸びました、 少し飛ばしてるからかな?

マツダの話題のクチコミ

盛り上がっているトピックをチェック

  • 返信数20
  • ナイスクチコミ40
  • 2022年5月20日 更新

ユーチューブの動画眺めている限り走るが、楽しそうです。 実際乗ると法定速度そんなスピード出せないけど。

マツダの人気中古車ランキング マツダの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止