マツダの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

マツダの最近発表・発売された車種

マツダの人気・注目ランキング

マツダの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

マツダの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順

マツダの新着レビュー

2018年8月30日に発売されたマツダ・デミオの改良モデル(6速AT車:FF)に試乗しました。 これまで年次改良を含め、魅力的かつ高いクオリティを付加した特別仕様車などをリリースしてきたデミオですが、この年の改良における最大の話題は従来まであったガソリンエンジンを1.3Lから1.5Lに拡大したことです。 元々同社の「スカイアクティブテクノロジー」を搭載するデミオですが、試乗する前は「わずか0.2Lのスケールアップだから走りについてもある程度イメージできる」と考えていました。しかしそれは良い意味で裏切られました。 単純にエンジンだけでなくトランスミッションとの協調制御も煮詰めていることは実際の走行でも感じ取ることができます。 特に市街地などの「ストップ&ゴー」が多い領域での発進時や流れの良い郊外路での加速時などいわゆる日常領域での走行フィールが大幅に向上しています。さらに速度域によっては1.3L車時代に比べシフトダウンの頻度も減ることでギクシャクした感覚も少なくなっています。 また驚いたのが実用燃費です。デミオのガソリン車はWLTCモードで19.0km/L、燃費の良さでは定評のあるクリーンディーゼルよりはもちろん数値的には落ちますし、そもそも燃料代が安いディーゼルに対しては不利になります。しかし、今回高速道路を約60%、市街地40%で約400km走った数値としてはマツダコネクトの燃費計で18km/Lを超える結果でした。もちろんアダプティブクルースコントロールを多用したこともありましたが、高速では22km/Lを超えることもあり、カタログ数値以上の燃費もマークすることもありました。 またディーゼルエンジンに比べフロント周りが軽いことも走りに寄与しています。このクルマにもGVC(G-ベクタリングコントロール)が搭載されていますが、コーナリング時のボディのふらつきも抑えられ、スムーズな回頭性を得ることができます。ディーゼル車の走りも魅力ですが、市街地などを中心に軽快に走るのであればガソリン車を選択する理由は十分にあると感じたわけです。 また今回の試乗車は前述したようにデミオが定期的にリリースしてきた特別仕様車のひとつである「ミスト・マルーン」です。これまでも人が触れる部分の触感や視覚的な上質感をうまく演出してきたデミオですが、この特別仕様車もシートやインパネのデコレーションパネルにグランリュクス(人工皮革)を採用するなど触れてみると上質な風合いを感じることができます。 シートやインパネだけでなく、エアコンルーバーのベゼル部にもダークシルバー/防眩サテンクロームメッキの採用、コンソールサイドにも専用の仕上げが施されています。そして何より良いと感じたのがステアリングヒーターが搭載されていること。前に紹介し現在も継続販売されている「ノーブルクリムゾン」にはこの装備は付いていません。 ガソリンエンジンを搭載する15Sは同じ特別仕様車比較ではディーゼル車よりも28万円以上車両価格が安くなります。長距離は乗らない、街中から郊外路程度までの走行がメイン、ひと月の走行距離も少なめ、と言った人にはトータルの初期導入費用の安さも含めるとガソリン車のほうがコスパは高くなるケースも十分考えられます。ただ、モデル末期であるデミオだからこそ商品に「プラスα」の要素が欲しい。その点でもシックな風合いを持ちセンスの良さを感じ取れる大人のための1台に仕上がったこの特別仕様車こそが今、買いのグレードと言えるでしょう。

SUVは280馬力のフォレスター(XJG)→CX-5(KF)と乗り継いできました。 いずれの車も満足してましたが、家族でキャンプ行ったり、たまに一人で遠出したりする私にはCX-8は最高の車ですね。 21年MC後モデルは360度カメラの画質も良くなってて、取り回しの際に安心ですし車体の大きさを全く感じさせません。 3列シートでありながら高速道路での静粛性とカーブでの吸い付くような安定感は鳥肌モノで他の車ではなかなか得られ難く、「ミニバン買わなくて良かったー!」と思う感動の瞬間です。笑 燃費も夏の都心部ではさすがにリッター10くらいに落ちますが、信号のない郊外や高速であればエアコンオンでもリッター20に届くこともあります。 シンプルかつ高級感がある赤シートの内装も大好きですね。 無意味に一人で車中泊に出掛けることも増えましたし、非の打ち所がない車だと思います。^_^

カーシェアで3時間ほど試乗しました。1.5Lガソリンエンジンで、グレードは最も低いものだと思います。 まず、ステアリングのチルト&テレスコ調整があるのは嬉しいです。手足が長めな体型のため、テレスコ調整できないとストレスを感じる運転姿勢になりがちなので。 乗降性は悪くないです。 コーナーでは「思った分だけ曲がって行く」感じです。ステアリングの重さも良い感じ。 曲がる事について、ちゃんと仕上がっている印象です。 路面のうねりによる車体の安定性は少なく、コンパクトカーの範疇かと。 但し、フロア振動が多く、あちこちから騒音が入って来ます。 100km/h程度での荒れめの路面では、会話したくならない騒音です。 ボンネットが見えず、Aピラーが気になる。左後方視界も良くないです。 エンジンノイズは、気持ち良い種類のものではないと感じました。エンジン出力としては概ね必要なだけはあると思います。 フロントガラスの映り込みが気になりました。 最近のMAZDAにはCX-30、CX-5、MAZDA3など試乗して好印象でした。 コンパクトクラスでも、MAZDA2にとびぬけた品質を期待しての試乗でしたが、ちょっと期待しすぎだったかな、との印象でした。 カーシェア用に低いグレードであったことは考慮すべきとは思いますが。良いタイヤを履き、内装やインフォティメントが高グレードの仕様であったなら?

マツダの話題のクチコミ

盛り上がっているトピックをチェック

  • 返信数43
  • ナイスクチコミ173
  • 2022年7月5日 更新

全幅1890mm大きいですよね。最小半径5.4mは良いですけど。ミラーtoミラーはハリアー、CX5より小さいと見た気がします。ミラーTOミラー小さいけど結局は全幅1890mmがネックですかね?

マツダの人気中古車ランキング マツダの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止