ホンダの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

ホンダの最近発表・発売された車種

ホンダの人気・注目ランキング

ホンダの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

ホンダの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
    21〜40位
  • SUV
    コンパクトカー
    ミニバン
    軽自動車
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    ハイブリッド
    電動自動車
    商用車
    福祉車両
  • 100〜149万円
    150〜199万円
    200〜299万円
    300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
    価格情報なし・販売終了
  • ア行
    サ行
    ハ行
    ラ行
    英数字
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順

ホンダの新着レビュー

2代目となるホンダ N-ONE、その中でも注目度の高い「RS」の6MTとCVT車に試乗しました。10秒でわかるこのクルマの特徴は @6MTはシフトの位置も含め、とにかく運転が楽しい AMT車でもホンダ・センシングを搭載している BS660が家庭の事情で買えないオトーサンにこそオススメ といったところでしょうか。 フルモデルチェンジを行ったN-ONEは「タイムレスデザイン」、つまり変えないことによる飽きのこないデザインを提唱しています。開発陣に話を聞いても「さらっ」と「ルーフやパネル類は同じ形状です」とのこと。 ただ、目につく部分のヘッドライトやバンパー類は新規デザインですし、何よりもエンジンを含めたハードウエアやインテリアは全て新設計です。また何よりも待望の先進安全装備である「ホンダ・センシング」が全グレード、もちろんRSの6MTにも標準装備されている点が大きな魅力です。 まずボディサイズですが、FF車は全グレードの全高が1545mmになりました。旧型でも2015年7月のマイナーチェンジの際にLOWDOWNモデルが設定されましたが、今回はFF車であればすべて都市部やマンションに多く設置されている立体駐車場に入庫することができます。ちなみに4WD車は1570mmとなります。 搭載するエンジンは658ccの直3のNA&ターボ車。RSはターボのみ「プレミアム」系はNAとターボの両方がグレード別に設定、そして最もプレーンな「オリジナル」はNAのみにすることでグレードごとの個性を出しています。 全体的に走りの質感がどのグレードでも向上しているので「オリジナル」にもターボモデルが欲しいところですが、グレード全体をバランスよく販売するためにも現状ではこのようなグレード設定にしているのでしょう。 さて、RSですが、先に試乗したCVT仕様の走りに関してもCVTの制御自体を専用に設定することで、なかなかスポーティに走ることができます。 プラットフォームの刷新などにより、サスペンションのストロークなどは思った以上によく取れています。ゆえに段差を乗り越えた際の突き上げも間違いなく減少していますし、路面への追従性もNシリーズの中では一番優れていると感じました。 そして待望の6MT車です。ズバリ言います!「コレ、凄く良いです!」。シフトストロークの短さやカチッと入る手ごたえに関しては予想通りの出来だったのですが、何よりもシフトレバーの位置が高めに設置されていることで左腕をあまり伸ばし切ることなく肘が軽く曲がった状態で的確なシフト操作ができるのです。ターボのMT車と言えば、やはりスズキのアルトワークスがライバルとして挙がってきますが、こちらは前述したようにRSよりはレバー位置が下のほうにあるので、操作性ではRSのほうが上だと思います。もちろんワークスの設計自体が古くなってきていますし、MTも5速ですから比較するのはやや酷なのかもしれません。 エンジンに関しては吹き上がりのスムーズさはもちろんですが、全体の静粛性が高まっていることは高く評価したいです。旧型もパワフルでしたが、回転の上昇より、高速クルーズ時の音量や音質が少し気になりました。その部分ではエンジン単体だけではなく、遮音性も技術的に高めていることによる相乗効果と言えます。 小気味良く決まるシフトにより市街地からワインディングまでの走りは「昔MT車に乗っていた」という人にも満足のいく仕上がりです。一方で高速道路に入ると標準装備されるホンダ・センシングのACCやLKAS(車線維持支援システム)を搭載しているので快適性は一気に高まりました。ただ、ACCには渋滞追従機能も搭載されているのですが、これだけはCVT車のみになることは覚えておく必要はあるでしょう。 車内の快適性はサイズ以上に高く、特に助手席の前方を大きくえぐる設計により(エアコンユニットなどの位置等を変更)足元が旧型とは比較にならない位、広くなりました。一方で運転席ですが、CVTならばある程度我慢できるのですが、背の低い筆者(160cm)がMT車のペダルに身体を合わせようとシートを前方にスライドさせると左足の膝下辺りがぶつかるのです。実はN-WGNに試乗した際にもエンジニアに意見をぶつけて見たのですが、N-WGNはCVT車のみでさらにテレスコピックステアリングも装着されるので許容範囲でした。実際ディーラーに行った際には確認して欲しい部分です。 後席にはスライド機構こそありませんが、ホンダ車ではおなじみの後席チップアップ機構は搭載されています。これを使えば高さのある荷物も積載できますが、意外と便利なのが、2L×6本のペットボトル飲料を積載する際にラゲージまで持ち上げると12kgの重さは結構、腰に負担がかかります。しかしチップアップした床面はラゲージより低いので上手く活用すると利便性も高まります。 N-ONE RSの車両本体価格は6MT/CVTとも199万9800円です。試乗車の2トーンカラーは6万500円だったので本体だけで200万円超え、ホンダ・センシングが搭載されていてもやや高めに感じるかもしれません。それでも6MTのRSをオススメしたい理由は「本当はS660が欲しいけど、家族に了承してもらえない可能性が高い」というMT車大好きオトーサンにぜひオススメしたいからです。RSのMT車であれば家族とのドライブにも使えますし、1人で純粋に走りを楽しみたい要望にも応えてくれます。少々オーバーな言い方ですが「4人乗れるS660」として考えるとこの価格も納得できるはずです。 最後にディーラーオプションで販売されているホンダアクセス製の「デカールセット」はぜひオススメしたい商品です。いわゆる昔流行った「ステッカーチューン」に代表される商品ですが、企画したのが同社の20代の社員とのこと。特に「TURBO」の文字が反転しているので前方車のルームミラーからだと正しく見える仕様になっています。これも昔スカイラインなどで使われた手法で昭和生まれの筆者としては「やるなあ」と思わずニヤリとしてしまいました。

【エクステリア】 アメリカンなフォルム。 【インテリア】 時代的にまずまずで上品。 【エンジン性能】 名機K24Aのスムーズさ。 【走行性能】 車重からして充分。 【乗り心地】 純正タイヤのBSデューラは硬くいい足も残念。 【燃費】 普通。 【価格】 まずまず。 【総評】 バランスよく運転しやすいSUVも国内では受けなく日本人好みでないスタイル。アメリカや海外受けでは大人気だか。3代目からの乗り換えに5代目ブラックエディションが候補に上がるが価格がお高くハイブリッドならてんこ盛り装備で500万円超え?一番のネックは4代目以降、運転席と助手席でスルーできなく残念。3代目から輸入車にいく方々も多いが国産車で唯一似たような車を上げればニッサンアリア。補助金使用で5代目のブラックエディションより価格がお安いし、運転席から助手席がスルーできて静寂性や上品さ高級感は別格。トヨタ車みたいに被りたくなくEV車としてのインフラ不足がネックでまだ被りが少ない?他社のプラッキー内装がなくブラックエディションなみの高級感あり。

【エクステリア】 2015年に発売された車ですが、今見ても惚れ惚れするような造形だと思います。現に最近JADEを知りエクステリアに一目惚れして購入してしまいました。 【インテリア】 インテリアは2022年となった今では1世代前感は否めません。乗り込んでみると随所に高級感を持たせてるのは分かるのですが、もう少し全体のデザインがどうにかならなかったのかと思います。ただ、実際に乗ってみると古くはあっても、チープではないことが分かると思います。 【エンジン性能】 今は亡き、i-dcdエンジンですが、低速域で確かにギクシャク感はあります。ただそれは、CVTなどに乗り慣れてる人からするとといった感じです。こんなものかと思えばそこまで気になるものではありません。ただこのギアに関してはリコールが出ていますので、改善済みの車両での評価になります。加速に関しては、高速などの合流でもう少し力が欲しいなと感じます。 まぁ、Sモードがあるのでそれを使用すれば問題ないのですが。他の方も書いていましたが、踏み込んだ際の反応は2秒ほど無反応の領域があります。しかし、高速以外では全く問題ありません。 【走行性能】 直進安定性は抜群で、低重心、ダブルウィッシュボーンのから得られるロールの少なさも抜群。高速では120kmで走っていても、60〜70kmで走ってるかのようなフィーリングで運転できます。 【乗り心地】 問題ありません。とても良いです。 【燃費】 ハイブリッドと考えると物足りないかもしれませんが、トヨタのハイブリッドと比較するのは間違っていると思います。 【価格】 先日中古で購入しました。 ハイブリッドXのオプションてんこ盛りの車両が手出し130弱で購入できました。 当時はオプション含め380万ほどの車両だったと考えると、お買い得感が半端ないです。 少なくとも130万で買える車のクオリティではありません。 【総評】 廃車になるまで乗っていくつもりです。 そのぐらい魅力の高い、満足度の高い車です。

ホンダの話題のクチコミ

盛り上がっているトピックをチェック

  • 返信数29
  • ナイスクチコミ171
  • 2022年7月3日 更新

スパーダe-HEVが納車しました とても嬉しい気分で家に帰り、フロントガラスに ガラコを塗ろうとワイパーを上げようとしたら 事件が起こってしまいました なななんとボディにワイパーが当たり塗装が 剥がれて大ショック 直ぐにディラーさんへ連絡 しましたが、担当者の方からメンテナンスモードに しないとあたりますねとのこと 私が説明書を見てないのが悪いのですが ワイパーの上げ方があるなんて知りませんでした ので皆様はお気をつけくださいね その後私はお願いして無料で塗装して貰えました エンジンOFFでワイパーレバーを2秒上に上げると ワイパーが動き上げられるようになりましたが 甘いかもですが納車時に一言教えて

  • 返信数40
  • ナイスクチコミ55
  • 2022年7月2日 更新

先日ニュースで流れた雹害で現在のクルマがボッコボコになってしまったため、乗り換え候補としてシビック6MTを検討しています。 予期せぬ乗り換えのため、少しでも安く中古で前型後期モデルか、現行新車か迷っています。 新型は内装の質感が前型のそれに比べて向上したのは分かりましたが、かといって前型の内装でも不満はなかったです。 質問なのですが、前型と新型、運転して楽しむならどちらが良いでしょうか? ユーチューブではジャーナリストが絶賛してますが、新旧で大きく変わっているものなのでしょうか?

ホンダの人気中古車ランキング ホンダの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止